エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

4月23日の湘南で幸せ×経済×社会について考えるイベントの動画を無料で公開します。

2017-05-07 13:42:25 | 勉強会
4月23日に湘南で幸せ×経済×社会について考えるという会を、エコフェアネットワークは茅ケ崎のコワーキングスペースのチガラボさん主催で、幸せ経済社会研究所の新津尚子さんと、ウミンド代表の大田謙太郎さん達と行いました。

イベントの趣旨はこの様な内容です。
今の温暖化や原発などに悩む非持続可能と言えるだろうグローバル経済が進む現代社会です。
また過度に市場原理を追う中で、格差社会などで多くの人達が生きづらさに悩んでいます。

そんな中で求められる持続可能で皆が幸せになれる生き方や経済や社会を、学び皆と考えることを目的としたイベントです。

私から近年に心理学でポジティブ心理学という普遍的な幸福のあり方を研究することが進んでいて、私なりにいろいろ学んで研究してきた内容などをお伝えしました。

また幸せ経済社会研究所の新津尚子さんに持続可能なエコな経済として、地域内循環のいわゆるローカル経済である漏れバケツ理論とイギリスでの実践例を教えてもらいました。

その後コワーキングスペースのチガラボさん主催の会場で、ウミンド代表の大田謙太郎さんによる漏れバケツ理論のあり方を各自が実践するあり方を探るワークショップと、その後に全体での発表と共有をしました。

よかったら皆様観られる範囲で一部だけでも観て頂けたら幸いです。

イベント詳細はこちらになります。

動画はこちらになります.
1 小林史晃氏講演 幸福学について

2新津尚子氏講演 地域経済について前編

3 新津尚子氏講演 地域経済について後編

4 大田謙太郎氏 ワークショップ

5 大田謙太郎氏 ワークショップグループ発表

6 総括【チガラボTalk】
コメント

環境経済学の泰斗 寺西俊一先生による環境運動のあり方について

2017-01-07 19:04:50 | 勉強会


私は1月5日にがんばろう日本!国民協議会が行う、
環境経済学で公害対策をずっと研究し、実践してきた日本環境会議理事長、一橋大学名誉教授の
寺西俊一先生による
「環境、平和、自治、人権。
(反公害運動からの社会運動の歴史)
の講演を聴いてきました。

主な内容はこちらになります。

2017年トランプが大統領になり、欧州ではフランスはオランドの次の大統領選挙で、ルペンの様な極右、排外主義勢力が国民の四分の一の支持を得ている状況で、戦後民主主義と社会運動が連携して比較的健全であった欧州も、ナショナリズムの台頭が起こりそうな、先の見通せない時代になっている。

日本の公害史を振り返ると、一般的には日本は公害対策に成功したと言われているが、実際は成功、失敗の両方がある。
その両面を正確に伝えることが、今の公害問題に深刻に悩むアジアへの国際協力的な取り組みに重要だ。

汚染を図るデータは、濃度規制ではなく、排出量の総量で図るべきだ。
中国はまだ濃度規制をしている。

寺西先生達は、公害対策のために、日本環境会議を作り、アジアと協力して、現在爆発的に増えている途上国において、石炭発電によるCO2増加などに歯止めをかける技術移転などを進めてきた。

しかし2013年石原慎太郎が尖閣の土地を買い取り国有化することを言い出して、中国側が態度を硬化させて、今は合同会議の開催はストップしている。

また寺西先生がほぼボランティアでやってきた日本環境会議は膨大な公害対策などのデータを持っていて、それをインターネット上で公開すれば、いいかもしれないと私は個人的に思いました。

寺西先生は、これからの社会の価値ベクトルは、環境、平和、自治、人権が重要だとおっしゃっていました。

中でも人権が守られれば平和になり、ひいては環境も守られる、それを支えるのは自治であるとおっしゃっていました。

今の日本の若者の18歳から20歳の7割が自民党支持だという現実に対して、寺西先生は相当強い危機感を感じている様で、地方分権を進め自治をもっと行い、上記の人権、平和、環境が守られるあり方を作っていくことが重要とおっしゃっていました。

また近年のインターネットによる若者の情報収集をうまく活用して、今の安倍政権に支持が集まる傾向を変えていく方法を模索しているとおっしゃっていました。

私は全体の話しを聞いて、自分が住む山梨で自治を行える様に、自然エネルギーのご当地電力のあり方と合わせて、公民館などを起点に、勉強会や今の社会や政治を話し合うイベントを開催など、いろいろ考えています。

民主党政権時代に地方分権がかなり実際面でも進みましたが、自民党政権になりまた霞ヶ関中心主義に揺り戻しがありましたが、これからの時代には、現場を一番よくわかっている市民や地元行政が協働して自治を進め、例えば沖縄の様に、国策の経済成長至上主義などから、人権、平和、環境を守っていくことが重要だと思います。
コメント

サイエンスわかる・かえるカフェ「私、市民が共に作る農業と太陽光発電所。」

2016-12-19 14:20:17 | 勉強会
ダウンシフターの高坂勝さん、市民による太陽光発電事業の草分けである大友哲さんの講演!

健康で 幸せに 生きる。
産業と 仕事を 目指して。

テーマ 「私、市民が共に作る農業と太陽光発電所。」

農業の世代交代も進まず、限界集落という危機も広まっています。
日本の食料自給率の低さに、国の自立さえも危惧する状況です。
そこに自由な喜びの仕事、自給の喜びを広めている高坂勝さんに、新しく楽しい生き方を伺います。
福島原発水素事故は、いまだに詳細は明らかにならず、その後も日本列島は、地震列島と思える状況が続いています。
石油依存、原子力依存から脱却して、自然エネルギーの利用システムに変えようと今、市民の手で市民発電所が続々に誕生し、希望の明かりを広げています。
その先駆者の大友哲さんにお話を伺います。

12月23日(金)祝日。
13時30分から17時まで。講義とディスカッション。
17時15分から19時まで。交流会。

参加費 2000円。  交流会参加費 1000円。
参加予約。事前の参加費振り込みにご協力ください。

振り込み
社団法人 命、地球、平和産業協会。
中央労働金庫 銀座支店 普通口座3646583
当日は振り込み票をご持参ください。

【会場】スペースLEPIA(東京都渋谷区代々木2-23-1 ニューステートメナー337号室)
動画「レピアへの行き方(JR新宿駅南口から編)」


【講師】

◎ 大友 哲(おおとも・さとる)

株式会社北杜星(自然エネルギー発電所)社長

清里で歯科医院開業中。山梨県で個人として初めて、手作り太陽光発電システムを取り付け売電。「星空の街・あおぞらの街」全国協議会長賞。 山梨自然エネルギー発電株式会社社長として、農地の太陽光発電開発と農業活性化に取り組む。NPO太陽光発電所ネットワーク理事。北杜市地球温暖化対策・クリーンエネルギー推進協議会理事。

◎ 高坂 勝(こうさか・まさる)

オーガニックバー店主
大企業を退社して旅をし、世界社会フォーラム等社会活動に参加。池袋のオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」店主として、こだわりの料理・酒を出したり、ギターを弾いたり、大好きなことを生業としている。千葉匝瑳市で自給自立・経済のダウンシフトを目指すNPO法人主宰。著書『減速して生きる』『次の時代を先に生きる。』

◎社会的企業や団体の支援・資金調達を広めるために:コメンテーター依頼中。





コメント (2)

無料で動画公開!9月22日高坂勝さんも講演、自分らしく社会に貢献して明かりを灯す勉強会!

2016-10-21 15:10:38 | 勉強会
このイベントの詳細はこちらのブログの記事にあります。

Youtubeで一遍10分位で編集されています。
興味あるところだけでもお気軽に観て頂けたら幸いです。

現代の温暖化を引き起こざない、原発に依存しない、格差社会を乗り越えていく、生き方や働き方や社会のヒントがあると思います。
よろしくお願いします。


1 代表小林挨拶 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

2 髙坂勝氏講演その1 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

3 髙坂勝氏講演その2 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

4 小林史晃氏講演 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

5 渡辺ビタミン和子氏講演 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

6 大田謙太郎氏講演 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

7 四者対談その1 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

8 四者対談その2 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

160813 幸せのあり方 里山資本主義勉強会
(約18分)
内容。
心理学に基づく幸せのあり方について。
幸せの四つのクローバー(因子)とは?
人が長生き(幸福感にもリンク)できるあり方とは?
コメント

里山資本主義学習会の動画を無料で公開します!

2016-08-28 07:06:18 | 勉強会
8月13日に山梨県富士河口湖町の公民館で行った「里山資本主義」学習会(現代の社会に求められて、皆が幸せになれる姿を求めて)のイベントの動画を無料で公開します。(部分ごとに短く編集されています。)

全部でなくても、ご関心あるところだけでも観て頂けたら幸いです。
内容は現代社会に共有されるべき重要な情報で、皆が幸せになれうる、これからの時代に必要なコンテンツだと思います。

イベントの概要

160813 1小林自己紹介 里山資本主義勉強会(約5分)

内容。
イベントの予定について。
富士河口湖エコ研究会について。
講演者 社会企業エコフェアネットワーク代表 小林 史晃の自己紹介。


160813 2現代社会の現状 里山資本主義勉強会
(約11分)

内容。
現代社会の現状について。
グローバル化の進行とその明暗。
日本の状況。


160813 3対策、解決策 里山資本主義勉強会(18分)

内容。
それらの問題への対策、解決策。
これからの時代に求められる生き方。
具体的なあり方。
半農半Xやダウンシフターな生き方。
全国の具体的な活動例。
これから河口湖でしていきたい活動、事業。


160813 4幸せのあり方 里山資本主義勉強会
(約18分)

内容。
心理学に基づく幸せのあり方について。
幸せの四つのクローバー(因子)とは?
人が長生き(幸福感にもリンク)できるあり方とは?

ライフバランスワークショップ講師大田挨拶 里山資本主義勉強会(約5分)

内容。
社会企業 海心人(umind)代表
大田 謙太郎さんによるワークショップの説明。

この勉強会の内容と合わせて、9月22日に東京の新宿で、
「激動の大変な時代に自らで明かりを灯す!
高坂勝さんも講演!自分らしく世の中に貢献して希望を生むワークショップ。」
という内容で限定20名でイベントも行います。

皆様どうぞよろしくお願いいたします(^_^)


コメント

Youtubeで動画を録画配信!8月13日(土)無料「里山資本主義」学習会(人間復興の経済を求めて)

2016-08-07 12:16:07 | 勉強会


皆様も持続可能なもっと人間らしい、皆が幸せになれる生き方や働き方や社会を、学び考えて一緒に作りませんか?

現在のアベノミクスにより、金融立国を目指し、金融緩和と国債の発行でマネー資本主義を加速して、確かに一時は株価の高騰、円高の改善はありましたが、実際は大企業と投資家ばかりが栄え、一般の庶民にはほとんど恩恵は降りてきていません。

また最近は株価が低迷して、EUからのイギリスの離脱による危うさ、厚生労働省の年金資金5兆円を投機でスッてしまったことや、前途が危惧される昨今です。

また今の日本は、1000兆円の借金、少子高齢化、超高齢社会の到来、格差社会、原発再稼働、温暖化、TPP,地方の衰退、9条を含む憲法改正の可能性など、前途は暗澹たる状況です。

私はつきつめて言えば、相変わらず日本はアメリカの主にグローバルスタンダードの元であるウォール街の資本家の論理を、鵜呑みにして従属しているからだと思います。

いい意味でも悪い意味でも共産主義、社会主義の国家が実質的に消滅した結果、現在の世界はタックスヘブンに代表される様に、「グローバル企業、金融資本家が栄えて、国、市民滅ぶ。」の様な事態になっているかと思います。

そこからテロ、南北問題、人口爆発、極右政党の台頭、排外主義、自公政権やトランプなどの大衆迎合に見せかけた国家主義政党の蔓延などが、これからの社会へ影を落としています。

そこで求められる代替案として、持続可能な公正な人間復興の経済を求めています。

具体的には北欧のような社会民主主義、アメリカの大統領候補だったサンダースさんが言っているあり方に近いです。

具体的にはアベノミクスの様な金融操作ばかりではなく、実体経済の成長や改善、金融富裕層への課税と分配、それによる内需の拡大を図る政策です。

さらに具体的には環境、IT、農業、福祉、教育、プラスアルファとして金融による新産業の勃興を図り、今までの中央集権型から分散ネットワーク型社会への移行を図ります。

そのあり方の一つとして、ご当地電力(電力自由化や発送電分離による、自然エネルギーによる地域の活性化の可能性は、かなり強くあります。)、里山資本主義、ダウンシフター、半農半Xや、地方創生などによる、地域からの受益者市民から主体的市民への意識の転換による、身近から、あるべき21世紀のイノベーションを、主に市民による協働で作る動きは、もう始まっていて、静かに広がっています。

ぜひ皆様、この勉強会に参加して、いろいろ自由に話し合いながら、「Innovate local connect global」(地域から革新して、ネットなどで世界に繋がる。)で、新しい持続可能な人間復興の経済、社会を共々作っていきましょう!

当日は勉強会の途中でワークショップもします。

「あなたは自分らしく生きていますか?」
「自分らしさを活かせていますか?」

各人の方達の得意なこと、好きなことを社会に活かすための気付きを得る機会となるワークを行います。
「自分の使命を世に活かす」きっかけとなる時間を共有出来ることを楽しみにしています。

ワークショップは9/22のダウンシフター(経済成長より減速して自分らしく生きる生き方)の髙坂勝さんとの東京の新宿でのイベントでも行う予定です。

今回のワークから更に踏み込んだ内容となりますので、こちらもご都合宜しければご参加くださいませ。

8月13日(土)。
13時から15時まで 講演とワークショップと質疑応答。
15時から16時まで。交流会。(任意)

参加費無料。

申し込み。
nobu1980@gmail.com
090-3963-9265
小林まで。

主催。
富士河口湖エコ研究会。

共催。
社会企業エコフェアネットワーク。
http://eco-fair.net/
猫の手クラブ発足準備会。

学習会と質疑応答の模様をインターネットで後日に無料で録画配信します。
(ワークショップは個人情報を含むので動画では流しません。)

会場の住所。
富士河口湖町中央公民館、視聴覚室。
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1747
0555-72-0001
河口湖から徒歩約20分。
富士急行線河口湖駅から徒歩25分。
高速バス 新宿や渋谷や東京駅から片道約1800円 約2時間。」
コメント (2)

長野県飯田市の飯田自然エネルギー大学に通い始めました!

2016-05-30 18:25:02 | 勉強会

私は5月28.29日に長野県飯田市にある飯田自然エネルギー大学の入学式と初めての通学をしてきました。

飯田市長さんの、市民との活発な共創を行う、メインは市民による飯田市の公民館活動や、地域自立の経済のあり方などの講演と、
環境経済学の泰斗である京都大学教授の諸富徹先生の「再生可能エネルギーによる地域再生 飯田市を事例に」という講義と、
明星保育園というおひさま進歩エネルギーがまだNPO時代に寄付で作った市民太陽光発電所の現場見学や講義を受けました。

簡単な詳細はまたこちらでもアップします。

双方向型の授業で、いわゆる今流行りのアクティブラーニングに近い、課題図書を元に事前にレポートを提出して、当日は講義とディスカッションを行う形です。
ディスカッションは皆さんがかなり活発な話し合いをして、共に学ぶやる気ある多くの方達とも出会えて、通えてよかったと深く思います。

通学期間は二年間という長丁場ですが、これからの再エネの潮流を学び、息長く私は細く長くしぶとく通えるかと思い、不安もありますが楽しみです。

私の地元でのご当地電力の試行錯誤にも、スタッフの方達が丁寧な相談にのってくれて、深く感謝します。

学んだ重要な情報などは、この様なインターネットでも、皆様にシェアをできるだけさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

自然エネルギー事業の起業家を育成する、飯田自然エネルギー大学が開校と生徒募集中!

2016-05-03 05:59:53 | 勉強会


ご当地電力の草分けであり、常にこの業界のフロンティアを疾走している、長野県飯田市のおひさま進歩エネルギー株式会社が、地域に根ざした自然エネルギー事業をする人を育成する飯田自然エネルギー大学を開講します。

募集要項

5月6日までに応募締め切りで時間があまりないですが、私は応募します。

二年かけて月に一泊二日で理論と実践と起業のフォローアップまでしてくれる様です。

しかもこれだけの内容で、受講料は無料のようです。
宿泊費は自己負担です。

私もこれからダウンシフターや半農半X的な、主に個人による自営のためや協同組合みたいな、ご当地電力の普及や施工事業や、そういうあり方の事業をサポートする環境銀行のような起業をしたいと思っているので、応募しようと思っています。

ご当地電力の理念にある様な志に共鳴できる方は、ご応募されたらいいかと思います。

これはチャンスですよ!
コメント (2)

3月13日(日)平和学び舎カフェ [新しい電力の選び方]

2016-03-08 13:34:27 | 勉強会
第23回平和学び舎カフェ(毎月第2日曜定例)
[新しい電力の選び方]
3月13日(日)13:00~17:00

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
4月から、電力自由化が始まります。
けれども、電力会社が多く立ち上がっているにも関わらず、消費者には、その特徴や違
いが、まだよくわかっていないのが、現状ではないでしょうか。
◉電気代はどこが安いか、高いか?
◉電源は、火力・水力・風力?
◉原子力安全性を信じて良いの?
◉自然エネルギー推進で、電力は足りるの?
◉ 売電はどうなる?採算は大丈夫?
等々、ご質問は、様々にお有りと思います。
そこで、学習会やシンポジウムを各地で回を重ねて開催し、電力地産地消を目指し現実に市民発電所を作り上げた、生活感覚が強みの女性、NPO法人こだいらソーラー
理事長、都甲公子さんが答えて下さいます。

参加費 1000円(コーヒー、紅茶、緑茶等飲み物とお菓子付き)
    ◆年金の方は600円。大学院大学生500円、高校生以下は無料。経済的に厳しい生活の方は自由カンパ。

会場  渋谷区代々木2-23-1 ニューステートメナー337号室 スペースLEPIA
地図

講師  都甲公子( とこうきみこ) 氏 NPO法人こだいらソーラー理事長

1998 年、モニター事業に応募し、自宅に太陽光発電を設置。2001 年、クリーンエネルギーライフクラブ設立。発電量計測を続け、新エネルギー財団より新エネ賞受賞。3.11 後、エネルギーシフトを目指し、こだいらソーラーを立ち上げる。2012 年10 月、NPO 法人設立総会開催。49 人から460 万円を集め、2013 年2 月、市内の設置業者により工事完了。発電・売電開始。3月に点灯式を開催し、市民共同発電所のスピード立ち上げに成功。パワーシフトキャンペーンの運営委員も務める。

主催:社団法人 命・地球・平和産業協会

共催 社会企業エコフェアネットワーク


受け付け担当渡辺  Eメール: lepia999inochi@softbank.ne.jp
コメント

動画公開!「地域からの新エネルギーなどによるイノベーション実践例の勉強会」

2016-02-06 20:48:30 | 勉強会

1月31日の「地域からの新エネルギーなどによるイノベーション実践例の勉強会」の動画の全リストはこちらです。

トピックごとに動画は5分から10分位になっているので、長くないのでお気軽に観て頂けると、太陽光発電の状況や、地方での暮らしや働き方の実践例がおわかり頂けるかと思います。


イベント詳細。

1概説1__現代社会の課題 地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会_20160131
2_概説2 あるべきイノベーション_地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会_20160131
https://youtu.be/_6olzC0oHpk


大供哲プロフィール
(株)北杜星、山梨自然エネルギー発電(株)代表取締役 大友哲。
(歯科医の仕事のかたわら、山梨県で初めて太陽光発電の実践をして、NPOを作り上記の株式会社化への変遷をえて、小水力発電、自然農も取り組む。趣味として天体観測、星空を守る運動なども行う。)

3_大友代表前編_地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会_20160131

4_大友代表後編_地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会_20160131


大田謙太郎。
(神奈川県鎌倉や茅ヶ崎での地域活性化の仕事や活動に取り組む。ITを活用した民泊の事業、鎌倉ダイコンを通じた農作業体験やコミュニティー作り。サーフィンの講習、コーチング、自然エネルギーの仕事(地熱発電)など行う。)
社会企業 海人

5_大田前編_地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会_20160131
6 大田後編 地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会 20160131


投資家S・A氏。
(過酷な仕事の会社での勤務の中で、太陽光発電所の建設や所有を行い、現在では会社を辞めて独立して、4つの発電所から月に100万円前後の売電収入を得て、自身でも太陽光発電の新規事業を茨城で始めている。)

7 S・A氏その1 地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会 20160131
8 S・A氏その2 地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会 20160131
9 S・A氏その3 地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会 20160131
10 S・A氏その4 地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会 20160131


小林史晃。
(株)北杜星、山梨自然エネルギー発電(株)で働く。社会企業エコフェアネットワークも立ち上げていて、これから太陽光発電所を作り農業も営み、ITを活用して中間就労の場を作り、地方と都市を結ぶコーディネートをする予定。環境問題や民主主義の再生についての勉強会もしている。現在山梨県北杜市松向に太陽光発電所と農地の所有の機会を、移住希望者の方に提供するために準備中。)

11_小林前編_地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会_20160131

12_小林後編_地域からの新エネルギーなどを活用したイノベーション実践例の勉強会_20160131


コメント