エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

生きる勇気をくれるレジリエンス理論について。

2018-10-13 20:18:11 | 生き方



「朝仕事に出勤する勇気がなかなか湧かなかった私を、レジリエンス理論が行く勇気を出させてくれました!」

私は前夜に自堕落に過ごし自己嫌悪に陥ったまま眠りに落ち、睡眠のリズムが乱れがちで翌朝に寝坊して目覚めた時に、
「ああ、憂鬱な気分、どうせダメ人間なオレは仕事は上手くいかないだろう。苦しいからもう仕事休んじゃおうかな?」
などと一瞬ですが真剣に思ってしまいました。

しかし日雇いアルバイトから、さすがにあともう一回欠勤したら、もう仕事に入れなくなると言われています。
そんな中で眠気眼ながら、こちらの心理学の研究に基づいたレジリエンス(復活力)の5大原則を思い出しました。

1冷静な感情調整力、
2健全な自尊心、
3自己効能思考(自分は事態を改善して乗り越えられると思うこと。)、
4楽観主義(現実的な楽観主義)、
5支えてくれて、助け合える人間関係、

をなるべくできる点を実践したら、仕事に行く勇気がなんとか湧いてきて、迷いながら移動中の電車でこのブログの記事を熟読しながら、遅刻しながらもどうにか出勤できて、しかし意外に元気に楽しく働けました!
レジリエンスの勉強をしていて、本当に役立つ毎日でよかったと思いました。

ちなみに私なりに本に書いてあり私が実践して効果があった、心理学に基づくレジリエンス理論をまとめたブログはこちらになります。
なにかと悩みがちな方は読んでみると、なにか参考になるかもしれません。
コメント

怒りから進路を間違えかけた私を、松下さんの教えが正してくれました!

2018-10-13 19:49:56 | 生き方


私は先日に悔しいことがあり後で酔っぱらって沈んでいた怨念に駆られて、これまでの真面目な生き方を変えて、今のアベノミクスに乗って金融、IT、不動産でハイエナみたいに稼いで東京のタワマンに住む生き方を目指そうかと真剣に迷いました。
そんな時にフッと思い出した、私の人生の師である松下幸之助の教えを静かに噛み締めました。

松下さんの「自然の理、道理の大切さ。」(素直な心 私心にとらわれず、実相をあるがままに把握すると道理が見えて、何が正しく何をなすべきか見えてくる。)
を思い出して、我欲から歪んだ判断をしている自分に気がつき、これではいけないなと考え直しました。

私なりには松下さんから、
人間としてのあるべき生き方、
ビジネスマン、商売人としての真っ当にかつ成功できる「商道」を真摯に探求するあり方、
維新を起こす志士としての生き方、
を教えて頂いたと考えています。

また最近私はホリエモンの本を読んでいますが、彼は批判を恐れない過激なイノベーションへのアジテーターとしては素晴らしいです。
ただ松下さんは当たり前かもしれないが大切な、現実に合った時に厳しいが重要なことを教えてくれて、年齢の差もありますが深みや哲学が彼にはよりあり、松下さんの方が真の救いがあるかと私は思います。

また居酒屋の壁に掛けてあった格言である「親父の小言」の
「人には馬鹿にされていろ。」
を見つけて、スッーと怒りが薄れました。

一隅を照らせる様な、道理に合った進路を選びたいと思います。
コメント (2)

世界で一番幸せな国である、南国フィジーに幸福の秘訣を学んでいます!

2018-10-02 01:48:54 | 生き方


私はエコの同志のFacebook友達の方から、上記の様なフィジーの幸せの理由を研究したこちらの本を勧めて頂き、早速買って読んでいます。

世界でいちばん幸せな国フィジーの、世界でいちばん非常識な幸福論
著 永崎裕麻


ずばり幸福度が高いフィジーの幸せの秘訣の一つは「ケレケレ」という、周りの人達とお金や物を与え合いシェアする様な助け合いの文化と学びました。

それに影響された私は酔っ払っていて本にある様な「テキトー」(適当)に深く考えずにシェアハウスの友人達に、かなりこちらが譲歩するサービスする様な約束をしてしまいました。

それから寝てしまい酔いが醒めてからちょっと後悔しましたが、細かい生真面目な計算高い一匹狼的な私には、フィジーの学びはそのまま鵜呑みにはしなくても、こういう他人と助け合える様なまたスローライフみたいな姿勢は、ある程度もっと必要かなとプラスに考え直しました。

本は読みかけで、まだ内容をあまり深く理解していないですが、ちゃんと読みたいです。
コメント

松下幸之助の新書[運命を生かす]に刺激を受けて考えたこと。

2018-09-24 21:14:04 | 生き方


私は日雇いアルバイトで働いていて時に世間から「敗者」「ダメ」「かわいそう。」など心ない悪口を言われたりしますが、最近はかなりハッピーな充実した毎日を送っています。(正社員への就活もしていますが。)

私はなぜなら松下幸之助さんがおっしゃる「人間としての成功とは、地位やお金より自らの天分(素質や能力や適性など)を完全に生かしきることである。」という言葉を自分の信条にしているからです。

そうすると一般的には「敗者」と思われているかもしれませんが、自分なりには一週間を振り返り、よくベストを尽くして働いて活動したと自分の天分を生かしきった、人間としての成功者だと思っているからとも言えます。

またこういう考え方の方が松下さんの経営者としての人の可能性を生かしきる視点の鋭さに驚きますが、地位やお金は簡単には変えられませんが、自分の天分を生かすことなら精進次第で、自分で変えられることに目がいくので、より自己実現的に頑張れて成果が上がりやすいです。

そして私は残念なことながら各自が与えられた運命とは全然不公平でその運命に負けて、地位やお金などの他人との相対的な敗北感などから現実逃避やウツや自殺や犯罪に走ってしまう人も多いと思います。

しかし松下さんは貧乏人で学歴もなく病弱だった運命を彼なりに前向きに生かして、
貧乏人だから10歳から丁稚奉公をして、世の中で揉まれて厳しく商売人として鍛えられた、
学歴がないから、誰からでも質問して学びを受けた、
病弱だったから、自分で全部やらず積極的に人に任せたから人が育った、
などして、日本一のお金持ち、人生の成功者になっていきます。

松下さんの文章です。
運命を自分なりに前向きに生かしていくと、そこに一つの道がひらけてくる。

私は新刊がいわゆる「成功の方法」ではなく、「運命を生かす」とは現代社会に深く重要な考え方だと思います。

才能や健康や環境や機会などアンフェアな現実社会の中で、自分の与えられた運命を前向きに生かして、地位やお金より皆異なる自分の天分を完全に生かしきることは大切と思います。
そういう考え方や精進次第ならば、誰でも全ての人が自分の人生で成功できる(できうる)と思い、そういうあり方なら皆がもっと生きやすいより良い社会が作られるかとも思います。
ちなみにこういう考え方はポジティブ心理学の幸福学にもかなり重なる価値観です。

運命を生かす 著松下幸之助
コメント

よく働き、よく遊び、よい社会を作ろう!

2018-09-10 05:02:40 | 生き方


私はエコロジー運動でも言われる週四日働き、残り三日は休む「サンキューデイ」を実践しています。

週4日日雇いアルバイトを頑張り、一日は休日(遊び)、一日は自分らしい自己実現の活動、残りの一日は市民による自治で民主主義や社会を支え作る主権者運動の活動をする様にすると、生きる責任と自由や社会のあるべき必要性や人生のメリハリのバランスが、適切に取れるかと思います。

私はこういう「頑張り過ぎない。暇すぎない。」「現在を楽しみ、未来にも投資する生き方」というポジティブ心理学の幸福学の研究にも基づく様なあり方を実践している面もあります。
すると慢性的な疲労と不眠症も改善してムリなく体調もよくなり、最近はリアルライフは元気に充実感を感じられる日々を過ごしています。

注 写真にある団体「がんばろう日本国民協議会」はウァキペディアでは昔は「マルクス主義青年同盟」とありますが、現在は真の二大政党制を求めて立憲主義に基づく野党の支援をしていて、共産主義の団体ではありません。
コメント

人間の革命について。

2018-08-29 20:29:06 | 生き方


教育者の安岡正篤の言葉
「人間の革命
世の中の法律や制度を如何に変えてみても、イデオロギーを如何に振りまわしてみても、駄目である。人間そのものをなんとかしなければ、絶対に人は救われない。」

私は政治家や官僚が社会の法制度を適切に変えることは必要で、しかしそれは病気があるから手術して治療する様な対処療法であると思います。
しかし根本から治療するなら教育で予防医療を教えたり、その人が病気になる生き方やハマりがちな生活の習慣の問題などを見つめ直して改善して変えていく必要があると思います。

私はそれと似ている様にもっと根本療法をして本当に必要な社会の変革を起こすには、お金儲けと地位の競争を暗にあおる様な現状の教育のあり方を、かなり変える必要があると思います。

私はその変革に必要な教育の内容とは、
一燈照隅(世間の暗闇を嘆くより、片隅でもいいから自らで明かりを燈そう。)の精神や、
我欲から利他への命の転換や、
志や倫理を教えたり、
儒教で言う修身斎家治国平天下(まずは自分を律してちゃんとして周りや家が治り、ひいては地域や世界が平和になる。)の様な生き方を教えていくことが大切と思います。

端的に言うならガンジーが言う、
「世界に変革を望むなら、あなた自身がその変化になれ。」
と言う言葉に象徴されているかもしれません。

また現代なら松下幸之助の言う素直な心で、私心に囚われない視点で、あるがままの実相や真実から道理や自然の理を把握して、そこから何が正しいか何をなすべきか考える姿勢も重要と思います。

また合理的な研究から明らかになっている様にポジティブ心理学で物質的な富はあまり人を幸せにしないし、もっと心的なあり方の方が幸せに重要だとわかり、その発見から物質主義的な現代社会にパラダイムシフト(概念や価値観の転換)を起こす必要があると思います。

現状の地位と拝金主義的な殺伐とした競争社会、今後は経済の伸びがあまり望めないし、その経済活動のツケで温暖化や原発危機や、格差社会や少子高齢化や1000兆円の国の借金などに悩む現代です。

そんな中で皆様も自分ならどんな人間の革命が必要と考えるか、また自分ならどの様な変化の行動ができるのか思案して実践したいですね。

コメント

経営の神様 松下幸之助に大忍の大切さを学ぶ

2018-08-29 20:19:57 | 生き方

パナソニック創業者の松下幸之助の言葉。

「大忍」

松下さんが存命中に晩年よく弟子達に揮毫した、こちらの言葉の意味とは、
「大きな志を立てれば、実際はそれに伴い大変な忍耐が求められる。
しかし耐えて忍んで、そしてその先に志を果たしてほしい。」

松下幸之助は松下電気(パナソニック)を一代で大企業に作り上げましたが、60代位半ばからは政治運動を志して、のちに松下政経塾を作るなどしました。

しかし彼の存命中はたしか議員は松下政経塾からは輩出できていなく、政経塾は陰で「老人の隠居仕事」と呼ばれたり、結果が出ているとはあまり言えませんでしたが、死ぬまでその志を絶やさず精力的に取り組み続けます。

そして彼の死後に多くの塾生が議員や首長などになっていきます。
そしてそれまでのしがらみによる談合政治をやめさせたり、ムダをなくす財政の健全化や、必要な官から民への改革や、規制緩和による経済のイノベーション、権限を現場に移す地方分権や、環境税の導入などのイノベーションを起こして、21世紀に必要と言えるだろう改革を様々に行っていきます。

私はフッとこの言葉を思い出して、多いに励まされました!
コメント

マイナスの経験にもプラスの意味を見出せれば!?

2018-08-15 02:32:11 | 生き方


マイナスや逆境にもプラスの意味を見い出せる人は、かえって成長したり幸せも感じられる傾向があります。

私は昨日、今日と14時間位寝てしまいました。
最近仕事や活動や家事などでいろいろ忙しく疲れ果ててしまいました。
ボランティアも休ませて頂き家に帰り夕飯食べたらそのまま爆睡して、6時間後にしばらく起きてから、また9時間寝て起きたら午後になって15時前、、、。

今日はなんとなく憂鬱なダラダラした日になってしまいました。不幸感がかなりありました。

しかし夜に私の座右の書「幸せがずっと続く12の行動習慣」著ソニア リュボミアスキー(この本はアマゾンでも評価がすごく高い様に内容が充実していて、日本ではあまり知られていませんが、世界中でベストセラーになっている本です。)を読み返しました。


そこにこの文章のタイトルみたいな、人は苦しい、悲しい挫折や逆境やトラウマを体験しても、そこにプラスの意味や解釈を見つけることで、心理的外傷後成長という、ただ以前に回復するだけでなくかえって成長できることも多いと学びました。

私は、「あーあ半日ムダにしてしまい、生活リズムも乱れて、オレってダメだな。ひどい一日だった、、、。」という思いから、
「グダグダ14時間寝てしまったから、疲れがすごく取れた。」
「以前のニートの時に昼夜ひっくり返っていた時に戻らないための、ありがたい警告だ。」
「昼過ぎまで寝てしまう失望感や挫折感を思い出して、朝から起きられる健康的な日々のありがたさに感謝を感じられる。」
と思い直すと、気持ちも前向きに建設的になり、幸せを感じられてきて、スランプを抜けられました。

皆様も一見マイナスの体験にも潜むプラスの意味や解釈を見いだして、ぜひハッピーになってもらいたいです!

コメント

人生や人間としての成功とは何か?を7つの習慣や松下幸之助を参考に考えました。

2018-06-30 17:02:44 | 生き方

私は20歳位にビジネス、自己啓発書である「7つの習慣」を初めて読みミッションの重要さを学び、環境問題解決の志を立てて活動を始めました。

しかし私は7つの習慣は組織論をベースにした人生で大切なことを教えてくれる本とは思いましたが、著者のコビーさんの「人格的な成功」には若輩者の私は素直には納得できず、「7つの習慣で定義する成功とは、何なんだろう?」とずっと迷い考えてきました。

しかし数年前にリニューアルされた「7つの習慣ティーンズ」ではミッションの章でかなり腑に落ちる「成功」の定義が書かれていて、またその内容に深い感銘を受けました。


その内容は映画「プライド 栄光への絆」で、高校のフットボールのチームのコーチが、選手達にこう話す内容が引用されています。

「完璧であれというのは、あそこにあるスコアボードのことじゃない。勝つことではないんだ。君たち自身のこと、自分自身、家族、友だちとの関係のことだ。完璧であれというのは、友だちの目を見つめ、真実を話して、彼らを失望させないことだ。そして、真実というのは、君たちがやり遂げたことだ。できる限りのことをしたんだ。曇りのない目で、心に愛と喜びを抱き、その瞬間を精いっぱい生きることができるか?できるとしたら、君たちは完璧だ!」

またこの成功観とは、松下幸之助が「人間としての成功とは地位やお金より、自らの天分を完全に生かしきることだ。」と実質は同じかと思います。

私は極端な話し、いくら自分が獅子奮迅の努力をしても、必ずしも環境問題は解決しないし、ひょっとしたら全体から見たら微動打にもしていないのかもしれないと悩む時もあります。
しかし、マザーテレサもすべてのインドの飢えた人達を救えた訳ではないですが、彼女なりに自分のクリスチャンの信念に正直にベストを尽くせたなら、彼女は世の名声や地位が理由ではなく、成功した人生なのだろうと思います。

マザーテレサというと極端に聞こえるかもしれませんが、私は皆様が各自の人生や仕事などで上記の様に、自他共の心に照らしてなるべくやましいことなく、ベストを尽くすことができ、人生を通じてそれを貫けるなら、その人は人間として成功した人生と言えるかと思います。

(私は生きていくための、今よりもっと少なくとも必要最低限のお金を稼ぐ必要はありますが。)
コメント

勝ち組、負け組理論の問題点と、あるべきイノベーションについて!

2018-06-30 16:53:37 | 生き方


私は今の社会でよく雑誌などで特集を組まれることが多い「勝ち組、負け組」理論について、またあるべきイノベーションについて、自分なりにいろいろ考えてみました。

一般的に勝ち組、負け組理論はセレブ、下流、モテ、非モテなどいろいろな表現があります。
総じて社会人なら地位や年収が高い人が勝ち組で、社会的地位や年収が低い人が負け組と言われると思います。
また学生ならいわゆる「スクールカースト」が高い様な体育会系の強いイケメンや美人がモテで、オタク的な大人しい人が非モテとされると思います。

一般的に社会でも学校でも、こう言う価値観が広く浸透している様に見えますが、私はこういう価値観は安易で表面的な他人との相対評価で、かなり問題が多くいろいろな生きづらさを生んでいると思います。

なぜなら私は人生とは、公正な機会など現実には絵に描いた餅の様な、不公平なあり方が多いからだと思います。
各人の人生を形作る要因は、残念ながら本人の努力や頑張りのみではなく、健康や実力に差異はあるし、恵まれた教育を受けられるか、周りの応援や機会があるか、生まれた時代に恵まれたか、自分が生きる環境が有利か不利かなど、もっと言えば幼い頃に親に無条件で愛されたかなど、百人いれば百通りの生きてきた条件は異なると思います。

極端に言えば安倍首相みたいに生まれた時から政治家になる道が敷かれている恵まれた人間もいれば、スラム街に生まれ貧困家庭で親に虐待されてマイノリティーの民族として、満足な教育も受けられずに暴力団すれすれの生き方をなかば強いられる人間もいます。
この二人の人生を結果として地位と年収だけから比較するのは、非常にアンフェアな話しだと思います。
そこで私は自民党などがいう自己責任論の本人の努力と根性の不足だけで、すべてを単純に片付けられないと思います。

また人の生き方や価値観も多様化しています。

その代わりに私は今の勝ち組、負け組理論の他人との比較による相対評価でなく、ありのままの自分を受け入れて、またもっと北欧の教育みたいな昨日の自分や理想の自分と比べる様な、絶対評価の視点が重要と思います。

またポジティブ心理学の幸福学にある様な、自己実現的な自分にとって大切な価値観で生きられる様な、もっと多様性に寛容な社会にするべきと思います。
また人生の地位や年収みたいな結果の表れ方は上記の様に、努力以外にもかなりアンフェアなベースがあります。
そこで結果至上主義で測るより、各人で異なる自らの天分を生かし切ることを人間としての成功とする、またベストを尽くすこと尊ぶ様な、その人らしさや人事を尽くす様なプロセスや頑張りを大切にする価値観がもっと必要と思います。

また生物学的な自然界とは弱肉強食の面もありますが、基本は多様性とダーウィンがいう適者生存(これは誤解されがちですが、もっとも強い者やもっとも賢い者が生き残るのではなく、変化する環境にもっとも適応する者が生き残るという意味です。)で進化していると思います。

言うなれば人間界の適者とは、必ずしも強い者や賢い者ではなく、社会の健全なイノベーションに貢献する者とも言われています。
こういう発想ならば、過度の地位やお金の追求を煽る様な勝ち組、負け組理論や、「強い者だけが生き残る」幻想で滅びそうになっている人類が、まだ地球に適応する生き物として生き残れるかと思います。
コメント