エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

9月21日(金)東京都稲城市でみんなが元気になる農作業イベント!

2012-08-31 14:43:07 | Weblog

この農作業イベントはエコフェアネットワークが、行政から委託を受けているワーカーズコープが運営するしんじゅく若者サポートステーションやオアシスと連携して行うものです。

前回は8月の暑い炎天下の中でしたが、9人で楽しくいい汗を流せました。

このイベントは、農作業を通じた自然と共生する生き方を体験する活動と、体を動かすことで元気を取り戻したり、農作業を通じて仲間とのコミュニケーションを身につけたり、畑で振り返りをします。

日頃なかなか体を動かす機会がなかったり、孤立してパワーが出ないという方は、一緒に農作業して体を動かし、きれいな空気や自然から治癒力をもらって、いろいろな人と協力して作業して元気になりましょう!

なかなか働けない方や、メンタルの問題で悩んでいる方や、孤立して寂しい方や、元気に生活している方や、自然体験に興味がある方など、どなたでもお気軽にご参加ください。

皆さんが参加しやすい雰囲気作りを心がけます。

よろしくお願い致します。


詳細
9月21日(金曜日)
午後2時 京王線稲城駅改札口集合 (新宿駅から京王線で30分 片道280円)

14時から17時まで3時間程、農作業をします。
夏物の野菜の作業をします。

終了17時予定

雨の時は中止です。その場合は前日までにお知らせします。

正社員などの経済的に余裕のある方 非正規労働者、主婦、学生の方 500円 
無業者の方 無料

参加される方はお手数ですが、以下まで名前と連絡先を知らせてください。
連絡先
office@eco-fair.net
090-3963-9265
小林史晃

メール、携帯どちらにでも連絡頂いても構いません。

農作業するので、日差しが強いのであれば帽子は必要で、汚れてもいい服、靴で来てください。
軍手も必要です。
もしあれば、おみやげの野菜を入れる袋

水分は多めに持っていくといいと思います。

農作業はこまめに休憩を入れますし、
仕事ではないので、無理のない範囲で、楽しんで作業することを考えています。

よろしくお願いします。

コメント

新宿に京浜ホテルの従業員がユニオンで闘争して、自分達で経営しているバーがあります。

2012-08-27 17:54:33 | Weblog

新宿駅南口から徒歩5分位のところにフォーエバー707というバーがあります。

このお店は、上記の様に京浜ホテルで働いていた人達が、ユニオンを通して債権者達と闘争して、新しい仕事場作りとして現在自分たちでバーを自主経営しています。

今日行ったら、おいしいアイスコーヒーを出してくれたり、親切なスタッフさん達でした。

よかったら、皆様も行かれたらいいかと思います。

ホテルで修行した料理人達のおいしいメニューを食べれます。

社会的にも意味のある事業ですので、応援して頂けたら、嬉しいです。
コメント

脱原発を主張する超党派の政治家達と市民が意見交換するイベントが開かれます。

2012-08-21 23:08:51 | Weblog

エネシフジャパンという脱原発を唱える超党派の国会議員や学者や市民で構成された政策勉強集団でロビイスト活動もする団体が以下のイベントを行います。

ここまでの現在の脱原発の運動の中心者が一同に期すことは、見たことがないので、貴重な機会だと思います。

今の環境問題、脱原発などの新たな動きの今後の萌芽がここにあると思います。




【脱原発と総選挙】

8月23日(木)15時半~17時
「脱原発と総選挙」
国民の脱原発の思いを受けとめる政治は可能か
国会議員と一般市民の討論会

場所:衆議院第一議員会館大会議室(地下一階)
参加予定:山田正彦議員・辻惠議員・阿部知子議員・橋本勉議員・山崎誠議員・川田龍平議員・中沢新一氏・田中優氏・竹内昌義氏・丸子安子氏・小島敏郎氏・すぐろ奈緒氏・坂田昌子氏・マエキタミヤコほか


どなたでも入れます。
15時から衆議院第一議員会館の入口でパスを配ります。15時半までにお越しください。



企画:グリーンアクティブ・eシフト・虔十の会
お問合せ・取材お申込みはこちらまで:サステナ  03-5465-1704 info@sustena.org 担当:古橋 090-9962-7852


お問い合わせ

お申し込み
コメント

8月19日(日)に「厳しい現代に、どういう生き方、働き方、社会を作るべきか」の勉強会を開きます。

2012-08-09 17:44:10 | Weblog
8月19日(日)に14時から18時まで、エコフェアネットワークが、東京都新宿区の自由と生存の家で「大変な時代を生き抜き、どう生きるべきで、どう働くべきか、どのような希望の持てる社会を築いていくべきか」を学び合う勉強会や、自由に話し合う皆さんとの協働によるデモクラシーな交流会を開きます。

しんじゅく若者サポートステーションの利用者の方達もお招きして、居場所サービスとしての意味でも開きます。

以下の文章が案内文です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現在の日本は経済が右型下がりで、少子高齢化、非正規労働者が全労働者の3分の1を超えて、自殺者3万人超え、せまりくる環境問題の温暖化や原子力の脅威など、厳しい時代を迎えようとしています。

1950年には生涯未婚率が数%だった割合が、現在は2030年には20から30%に及ぶと言われ、無縁社会が流行語になり、多くの孤独に悩む人が多く、メンタルクリニックに大勢の人たちが通っています。

この状況を生き抜き、社会の一員として責任を果たし、それなりに幸せになり、時代をよい方向に向けるためには、どのような生き方、働き方、社会へのあり方が必要か、自分なりに勉強して実践してきたことをお伝えして、よかったら皆さんと自由闊達に話し合い、共有する時間を作りたいと思います。

私は答えは一例を言えば、実学の自己啓発書などを読み、特に古典的な名著を読み、できるところから実践することが、大きいと思っています。二宮尊徳、自助論、安岡正篤、松下幸之助、7つの習慣などの古典と、勝間和代などの現在の本を合わせて読んで行うことは大きいと思います。

今の時代は、ただ生き抜き、いい大学、いい会社で働き大金稼いで、結婚して、大きな家に住めば、人生上がりなんてことで済む時代ではありませんので、環境、経済の低迷、格差、超高齢社会の到来、金融資本主義に代表されるグローバル経済の明暗など21世紀の諸問題を踏まえて、どのような生き方、働き方があるべきで、どういう社会をこれから作るべきなのかを、考えていきたいです。

ふつつかながら、一応講師は、私(小林史晃)が勤めさせて頂きます。

【小林史晃プロフィール】
社会的企業エコフェアネットワーク代表
自由と生存の家 自治会長
高校時代に友達もいなく、いじめに遭い、メンタルクリニックに通う日々が始まる。
専修大学で環境問題や南北問題を学び、そこに志を立てて、この解決を目指す活動を始める。メンタルの問題を抱えながら大学時代に青年環境NGO A SEED JAPANでNPOバンク作りに取り組む。
6年かけて大学を卒業後、正社員の仕事を半年で辞めて、バイオマスのコンサルタントの会社でアルバイトで働いたり、廃棄物処理、リサイクルの会社で働く。
体の調子からニートや日雇い派遣をしていた時期も長く、エコビレッジや国の就労支援施設K2の合宿訓練を受けて、再び働けるようになる。
そんな就職、退職を繰り返す中で、大変感謝はしているが現在はしていない某新興宗教の活動をえて、新興する非正規労働者を中心にする労働組合で活動をする。主体的市民育成の一新塾や、いのちや環境を大切にするスロービジネススクールなどに通い、環境NPOなどで活動する。
長年自己啓発書やビジネス書や心理学の本を読み、できるところから実践して、現在32歳で独身ながら、低所得者向けの社会的企業の一種のシェアハウスに住んで、野菜販売の仕事もしている。貧乏などに悩みながら、学んできたりボランティアなどで活動してきた経験を活かして、エコフェアネットワークと言う社会的事業を立ち上げ、その仕事、活動に勤しむ。

皆様お気軽にご参加ください。

何卒よろしくお願いいたします。

イベント詳細8月19日(日)14時から18時まで


開催場所 自由と生存の家B102   東京都新宿区愛住町3 自由と生存の家B102  

丸ノ内線四谷三丁目駅A2出口 徒歩3分
(自由と生存の家とは、反格差運動の中から生まれた社会的企業で、経済的に苦しい非正規労働者や失業状態に陥った人達に格安で住居を提供している団体です。私はそこに住み、有機野菜などの販売の仕事作りもしています。)

参加費
金額は、このイベントに参加して、その感想でお支払いする金額は、皆様の自由にします。
エコフェアネットワークは寄付も募集しています。


参加される方はお手数ですが、以下まで名前と連絡先を知らせてください。
連絡先
office@eco-fair.net
090-3963-9265
小林史晃

どなたでもお気軽にご参加ください。
よろしくお願いします!
コメント

8月25日(土)に東京都稲城市でワーカーズコープと協働で農作業イベントを開きます。

2012-08-03 13:06:20 | Weblog

この農作業イベントはエコフェアネットワークが、行政から委託を受けているワーカーズコープが運営するしんじゅく若者サポートステーションやオアシスと連携して行うものです。

前回は雨が続く天気の中、農作業イベントの時は、雨がやみ、涼しい中で15人の方と楽しく交流しながら、いい汗を流せました。

このイベントは、農作業を通じた自然と共生する生き方を体験する活動と、体を動かすことで元気を取り戻したり、農作業を通じて仲間とのコミュニケーションを身につけたり、畑で振り返りをします。

日頃なかなか体を動かす機会がなかったり、孤立してパワーが出ないという方は、一緒に農作業して体を動かし、きれいな空気や自然から治癒力をもらって、いろいろな人と協力して作業して元気になりましょう!

なかなか働けない方や、メンタルの問題で悩んでいる方や、孤立して寂しい方や、元気に生活している方や、自然体験に興味がある方など、どなたでもお気軽にご参加ください。

皆さんが参加しやすい雰囲気作りを心がけます。

よろしくお願い致します。


詳細
8月25日(土曜日)
午後2時 京王線稲城駅改札口集合 (新宿駅から京王線で30分 片道280円)

14時から17時まで3時間程、農作業をします。
夏物の野菜の作業をします。

17時から18時まで振り返りとカラオケなどの交流会をします。
カラオケは任意です。
(カラオケの時は部屋代は無料でもお酒やジュースなどの飲み物代は別途各自払って頂きます。)
終了18時予定

雨の時は中止です。その場合は前日までにお知らせします。

正社員などの経済的に余裕のある方 非正規労働者、主婦、学生の方 500円 
無業者の方 無料
(あとカラオケ屋さんでの部屋代はかかりませんが、飲み物代は各自かかります。)


参加される方はお手数ですが、以下まで名前と連絡先を知らせてください。
連絡先
office@eco-fair.net
090-3963-9265
小林史晃

メール、携帯どちらにでも連絡頂いても構いません。

農作業するので、日差しが強いのであれば帽子は必要で、汚れてもいい服、靴で来てください。
軍手も必要です。
もしあれば、おみやげの野菜を入れる袋

水分は多めに持っていくといいと思います。

農作業はこまめに休憩を入れますし、
仕事ではないので、無理のない範囲で、楽しんで作業することを考えています。

よろしくお願いします。
コメント

エコフェアネットワークはSNSを作りました。よかったら、ぜひどなたでもお気軽にお入りください。

2012-08-01 12:20:51 | Weblog

この度、社会起業エコフェアネットワークは独自のソーシャルネットワーキングサイト(SNS)を作成しました。

SNSとは、人と人が出会える機会を提供する、インターネット上のサービスです。

エコフェアネットワーク SNS

だれでもお気軽に入ることができますので、よかったらぜひよろしくお願いいたします。

メールアドレスを入力すれば、承認制ではないので、簡単に登録できます。

このSNSの目的は、エコフェアネットワークの理念である「自然と人が共生でき持続可能で、公正な機会のある、助け合いのコミュニティーのある社会を作る。」という理念を実践するためが目的です。

また、エコフェアネットワークの関係者に限らずですが、皆様の円滑な交流を促進し、環境、格差、助け合いコミュニティー作りの活動ができたり、幅広く、生活、仕事、ボランティアなどのきっかけになれたり、またエコフェアネットワークの活動のスタッフでの情報共有を目的としております。

不正や犯罪行為の利用はきつく禁止します。

お気軽に登録いただければ幸いです。
ぜひよろしくお願いいたします。

数日以内にエコフェアネットワークのメールマガジンも発行開始いたします。
案内はおってこのブログでお知らせします。

重ねがさね、よろしくお願いいたします。
コメント