「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

沖縄米軍基地のクラスター。

2020-07-12 13:28:11 | 基地問題


【今日の写真】
今日の写真は、「梅雨」空の続く、マイルームの窓から眺めた光景です。
お隣さんのガレージと作業場、そして下の赤い屋根のお家、雲が垂れ込める「菅生山」、そんな平凡な山峡風景です。


【身近な話題】
今日も、朝からの小雨模様の空です。今朝は小止みの合間に昨日剪定をした梅の小枝の整理とごみ溜めに山積していた草の始末をしました。一輪車に2回ですみました。
体調は体重77.6 KG[前日比-100G]体脂肪率33..4[前日比-0.1P]


【目に止まった話題】2020年7月12日 09:51配信テレビ朝日系(ANN)
『「イメージ悪い」沖縄の観光影響を心配 米軍基地のクラスター』
 米軍基地内で60人規模の新型コロナウイルスの感染者が判明した11日、沖縄県内の経済団体から、県民へ感染を広げないため「感染者数や行動履歴など詳細を公表すべきだ」との指摘が相次いだ。観光客に「沖縄が危険な場所」と受け止められると関連産業にとって致命的とし、開示に消極的な米軍へ「詳細な情報を県民に伝えてほしい」と求めた。
 県商工会連合会の米須義明会長は「基地内でクラスター(感染者集団)が発生しているのであれば、あり得ない事態だ」と憤る。基地の外に感染を広げないため、基地のロックダウン(封鎖)は必要とした上で「感染者数や感染経路の情報が公表されなければ対策の取りようもない。国、県は米軍に詳細情報の開示を強く求めてほしい」と述べた。


【私見】*この事件でまた「日米地位協定」が問題となるのでしょうね。困った協定です。もういい加減に見直しして、日米平等協定」なんてのを締結するような政府が出てきてもいいと思うのですがね。

コメント

辺野古基地建設工事再開。

2020-06-12 13:44:24 | 基地問題


【今日の写真】
今日の写真は、草丈30㎝くらいの「カラスビシャク」というマムシグサのような形をした変わった形の植物です。マムシグサと比べると小型です。
『サトイモ科の多年草。畑などに生え、高さ約20センチ。葉は3枚の小葉からなり、長い柄の中ごろと上端とに1個ずつむかごをつける。6月ごろ、緑色の仏炎苞(ぶつえんほう)をもつ花穂をつける。根茎を漢方で半夏(はんげ)という。すずめのひしゃく。』とサイトにありました。


【身近な話題】
 今日は、朝から霧雨が降ったりして、今は止んで鈍く太陽が雲の上です。
買物と雑用を済ませてきました。
体調は体重77.7 KG[前日比+100G]体脂肪率33..8[前日比+0.3P]


【目に止まった話題】6/12(金) 12:29配信テレ朝 news
『辺野古の新基地建設工事が再開 コロナで2カ月中断』
 沖縄県名護市辺野古の新基地建設工事は新型コロナウイルスの影響で2カ月近く中断されていましたが、政府は12日に工事を再開しました。

 キャンプシュワブのゲート前には新基地建設に反対する市民たちが集まり、工事の再開に抗議の声を上げていました。大浦湾には朝から土砂を積んだ大型の船がやってきて小型の作業船に積み替えていました。防衛局は午後にも海に土砂を投入する埋め立て工事を再開させたい考えです。
 玉城沖縄県知事:「真っ先に申し上げたいことは工事の再開は遺憾である」
 新基地建設反対の民意が改めて示された県議選からわずか5日後の工事強行に県と国の対立の激化は避けられません。


【私見】*また、「国対沖縄県」との争いの火種に国は、着火しました。もう一度国も初心に帰って、「何が目的」なのか、再検討すればならないとおもいます。「辺野古移転」は普天間基地の危険を排除という手段でしかありません、沖縄県の中でどこへ移動させようとしても住民の「危険度」は軽減されないでしょう。「米軍の基地全面撤去」しかないですね。

コメント

沖縄ヘリからの落下物。

2019-08-30 14:08:47 | 基地問題


【今日の写真】
今日の写真は、貧弱な「百日紅」です。去年の1/30くらいしか開花してくれなかったです。剪定時期が悪かったようです。
それでも希少価値があるので画像に収めました。


【身近な話題】
今日は、午前中、定期の医院診断です。
血液検査の結果、ドクターから「以前よりだいぶ良くなってきていますね」とのことでした。まあ、安堵しています。
体調・体重77.6kg(前日比+100g)体脂肪率23.0P(前日-0.3P)


【目に止まった話題】8/29(木) 12:15配信 テレ朝 news
『米軍ヘリからの窓落下に強い憤り、沖縄県副知事』
8/30(金) 12:27配信 TBS News i
 沖縄県にあるアメリカ軍普天間基地所属のヘリが今月27日、窓を落下させていたことが明らかになり、謝花副知事は30日朝、強い憤りを示しました。
 沖縄防衛局によりますと、今月27日、普天間基地所属のCH-53ヘリが沖縄本島沖の海上でおよそ1キログラムの窓を落下させました。防衛局から沖縄県などに連絡があったのは、落下から2日経った29日夕方で、謝花副知事は30日朝、強い憤りを示しました。

 このヘリの同型機は、おととし12月にも宜野湾市の小学校に窓を落下させています。地元の松川市長も強く反発していて、30日、説明に訪れた防衛局の職員に対し、原因が究明されるまで同型機の飛行を自粛するよう求めました。


【私見】*例え1キロの重量物といえども、高高度からの落下は危険極まりない衝撃でしょう。それが空から降って来る不安な気持ちが人々のストレスとなることは容易に理解できます。こんなことがあってはいけません。やはり「沖縄の米軍基地」がある限りはそんなリスクと毎日、いつも対面しなければならないのは、ただちになくすべきでしょう。

コメント

米大統領の健忘症。

2019-08-11 09:42:44 | 基地問題


【今日の写真】
今日の写真は、近所の空き地に咲いていた「アカツメクサ」です。
淡いピンクの小さなぼんぼりのようで可愛い花です。
シロツメクサのように群生しているのはあまり見かけないように思います。


【身近な話題】
今日は「山の日」国民の休日ですね。帰省ラッシュが始まりましたね。どこかへ出かける予定もなく、ただひたすらパソコンとの対話です。ワイヤレスマウスの動きが変なので、とりあえず古いワイヤ付きマウスを臨時に使用しています。
体調・体重77.6kg(前日比±0g)体脂肪率21.5P(前日-1.4P)


【目に止まった話題】8/9(金) 23:28配信 テレ朝 news
『米軍経費「他国より多い」と総理 米大統領けん制』
 安倍総理大臣は在日アメリカ軍の駐留経費を巡り、「日米双方の義務のバランスは取れている」と強調しました。

 安倍総理大臣:「日米双方の義務のバランスは取れていると考えています。従来から米国政府関係者は、日本の駐留経費負担を高く評価しています」
 在日アメリカ軍の駐留経費については、トランプ大統領が日本側にさらなる負担を求めてくるとの見方がありますが、安倍総理は日本の負担割合が他国より「はるかに多い」と述べ、トランプ大統領を牽制(けんせい)しました。また、日米貿易交渉については「日米双方にとってウィンウィンとなるよう早期の成果を目指す」とし、合意に意欲を示しました。一方で、具体的な合意の時期についての明言は避けました。


【私見】*「病的健忘症」と、うがった噂の米大統領「トランプ氏」多額の経費負担を従来から日本が負ってきている。対日経費普段増額要求は、選挙目当ての動きなのでしょうが、何度も経費負担額は適当としているのに、なぜか、それを主張する。これだけのことではない、どうも「病的」過ぎる物忘れが激しいようです。次の大統領選挙は、怪しい空気のようです。

コメント

沖縄慰霊の日。

2019-06-23 10:36:28 | 基地問題

【今日の写真】
今日の写真は、雪の下でも緑が鮮やかでした。「ヒメナデシコ」です。苗は3年ほど前に園芸店で求めました。
ポツリポツリと咲き始め今は、鉢一面に咲き出しました。
形はしっかり「撫子」しています。


【身近な話題】
今日も、結構涼しい朝です。朝早くから畠仕事しているのでしょう、遠くの畠から煙が静かに立ち上っているのが長閑です。
中国の「ハーウェイ」が巻き返しに出たようです。次々と電子機器を開発しているようです。ここでも「米中の戦い」が見えますね。
体調・体重77.9kg(前日比±0g)体脂肪率23.6P(前日+0.1P)


【目に止まった話題】テレ朝 news6/23(日) 7:39配信
『沖縄訪問の河野大臣 米軍基地負担軽減取り組む考え』
 沖縄県を訪問している河野外務大臣は玉城デニー県知事と会談し、アメリカ軍の基地負担軽減に取り組む考えを改めて示しました。
 沖縄県・玉城デニー知事:「直ちに(辺野古移設のための)埋め立て工事を中断し、問題解決のために沖縄県との真摯な対話の場を作って頂きますよう、河野大臣からもぜひご尽力を頂きたい」
 河野外務大臣:「安倍総理からも沖縄の負担軽減について、政府としてできることはすべてやるようにという指示を得ていますので、政府としてしっかりとやれるところは一つひとつきちんとやっていきたい」
 また、玉城知事は日米地位協定の見直しを改めて求めました。河野大臣は改善に取り組む意向を示し、「粛々とやっていく」と述べました。


【私見】*今日は「沖縄慰霊の日」です。普天間野負担軽減を理由に「辺野古移設工事」を進める政府のかんがえは、この「河野外相」の発言からは、沖縄県民を無視した考えを継続する姿勢しか見えてこない。これでは、根本的な解決は無いだろう。

コメント

世の迷惑物。

2019-05-25 08:27:20 | 基地問題

【今日の写真】
今日の写真は、年々増殖していく「あやめ」たちです。
紫色や白色、それと昨日発見したのが淡い薄い藤色のあやめもあります。


【身近な出来事と体調】
今朝は、ここ数日の冷たい朝よりはましな温かさでした。
全国的には、もうすでに「夏日・真夏日」と敬遠気味の報道です。
今日も多くの地方で真夏日の予報です。
ここ久万は、これからが避暑地のように快適の日々が続くことでしょう。「厳寒」のみかえりです。
体調・体重77.4kg(前日比±0g)体脂肪率25.3P(前日比±0P)


【目に止まった話題】毎日新聞5/24(金) 13:14配信
『陸自のオスプレイ 木更津市に暫定配備を伝達 市長は可否言及せず』 
 陸上自衛隊に導入された垂直離着陸輸送機オスプレイについて、原田憲治副防衛相が24日、千葉県木更津市の渡辺芳邦市長と市役所で面会し、来年3月に同市の陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備する方針を示した。渡辺市長は受け入れの可否について明言を避けた。

 防衛省は、南西諸島の離島防衛を担うため、陸自相浦駐屯地(長崎県佐世保市)に新設された「水陸機動団」の輸送をオスプレイが担う計画を立てている。原田氏は、オスプレイが木更津駐屯地から無給油で相浦駐屯地まで飛行できる点などを挙げ、「市の了解が取れれば年度末までに暫定配備をお願いしたい」と述べた。


【私見】*行き場のない「オスプレイ」随分嫌われ者のようですね。そうでしょう「交戦時」には標的のトップにされるのですから、「迷惑物」ですよね。
どの地方もそうでしょう。「お荷物」ですね。

コメント

投票

2019-02-14 14:52:55 | 基地問題


【今日の写真】 
今日の写真は、先ほど散歩に出かけたときの一枚です。
「高砂百合」の種苞です。ここからたくさんの種子が飛び出したのでしょう。
もう残っていなかったようです。



【身近な出来事と体調】
 今日はどんよりと曇っています。久しぶりに山散歩に出かけました。
草木も今はまだ静かに冬眠している様子で、活動は見られなかったです。
しかし、庭では「クリスマスローズ」が沢山蕾を付けて開花を待っているようです。
「セントバレンタインデー」お隣さんと物々交換のようなことをしていたようです。
本日の体調は、体重が77.9㌔(±0g)体脂肪25.1P(+0.5P)でした。


【これこそ悪夢】テレ朝 news2/14(木) 11:46配信
『政府 “辺野古移設の方針”に変更なし』
 沖縄のアメリカ軍普天間飛行場移設を巡る辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票が14日に告示されました。

 菅官房長官:「辺野古移設を巡る問題の原点は市街地に位置し、住宅や学校で囲まれ、世界で一番、危険といわれる普天間飛行場の危険除去と返還ではないか」
 菅長官は、さらに「玉城知事にとっても普天間基地の固定化は避けなければならないことだ」と述べて投票結果にかかわらず、辺野古移設の方針に変わりがないことを強調しました。


【チクリ】*沖縄の辺野古工事の是非をめぐる県民投票の結果の見通しての、政府の見解だろう。しかし、沖縄県民の一部利害関係者を除き、「なぜ沖縄だけに基地を押し付け苦渋を嘗めなければならないのか」という率直な気持ちだろう。政府も攻撃の矛先を変えて「基地撤去」という県民の願いを聞くべきではなかろうか。

コメント

沖縄

2019-01-30 14:49:28 | 基地問題


【今日の写真】 
今日の写真は、玄関アートの「アオキ」です。
赤く熟れてきた「アオキ」を家内が切り花?に仕立てていました。
綺麗な色に染まっています。艶が美しいです。



【身近な出来事と体調】
 今日は、屋根に残っている雪の塊がどさっと落ちてきます。氷に育っていますので、もし下を通っていて頭上に落下したりすると大けがします。事によれば、命にかかわります。
今日の体調は、体重が77.9㌔(±0g)体脂肪25.6(+0.3P)でした。


【沖縄県民投票】テレ朝 news1/29(火) 23:30配信
『改正案可決も“全県実施”は不透明…沖縄』

 沖縄県名護市辺野古へのアメリカ軍基地移設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票をめぐり、沖縄県議会で29日、条例の改正案が賛成多数で可決された。改正案では、投票の選択肢は「賛成」と「反対」に「どちらでもない」を加えた3択になる。不参加を表明していた5市の市長は「全会一致なら参加する」としていたが、採決では自民党議員5人が反対したため、全県で実施されるかはまだ不透明な情勢となっている。


【チクリ】*政府自民党の横槍でとん挫しかけた「県民投票」、辺野古の埋め立ての是非を問おうとした計画に5市が不参加という事態の打開策として、「どちらでもない」という選択肢を付け加えての動議が提出された。結果が「知事の意向」と違った結果が出ると大変ですね。

コメント

軍国化

2019-01-10 15:10:23 | 基地問題


【今日の写真】 
今日の写真は、平成31年の「正月飾り」も納める「松の内」も終ります。
高齢者夫婦のささやかな正月気分を味わいました。
何とか無事お正月を過ごすことができました。皆様への感謝の心をそっとお伝えいたします。



【身近な出来事と体調】
 今日は、灰色の雲が覆っています。まだ雪はみえません。
「パスワード管理」の無料ソフトをインストールしていましたが、突然サービス打ち切りに合い、慌てました。昨夜から今朝にかけて修復をやっとのことでやり終えました。
今日の体調は、体重が77.7㌔(-100g)体脂肪25.1(-0.1P)でした。


【軍事化傾向】テレ朝 news1/9(水) 11:47配信
『米軍機訓練候補地 政府が馬毛島を160億円で買収へ』
 在日アメリカ軍の空母艦載機離着陸訓練の移転候補地となっている鹿児島県の馬毛島の買収を巡り、政府が近く約160億円で地権者と契約を結ぶ見通しであることが分かりました。

 馬毛島の買収を巡っては防衛省が土地の鑑定額として約45億円を提示したのに対し、地権者側が数百億円を求めて交渉が難航していました。政府は訓練施設の移転を早期に実現する必要があると判断し、今回、鑑定額に上積みして買収に踏み切ったとみられます。政府は引き渡された後、自衛隊とアメリカ軍が共同で使用できる施設を整備する方針です。


【チクリ】*国民の血税がトンだ芳香に使われるようで腹立たしい思いです。自然を破壊することは間違いないでしょう。米軍の航空機の発着訓練に使うとのことだが。これまた「吉問題」に関連思想です。

コメント

辺野古埋め立てへの怒り。

2018-12-15 15:57:34 | 基地問題


【今日の写真】 
今日の写真は、またまた、我が家の庭で展開する「シモバシラ」です。「シモバシラ」という植物の根元近くに付いた「霜柱」です。
なんだかおいしそうな質感をしています。
根元から切って、がりがりと噛んで見たい気がしませんか。



【身近な出来事と体調】
 今日は、師走も中日です。いうところの「平成最後」の師走ですね。お天気は最高です。よく見ると、もう杉の木の色が褐色を帯びて、「花粉」の生成が進んでいるようです。
 本日のコンディションは、体重が77.7キロ(±0g)、体脂肪率25.7P(+1.3P)です。



【辺野古移設】テレ朝 news12/15(土) 11:48配信
『玉城知事「諦めない」 辺野古“土砂投入”に抗議』
 沖縄県辺野古のアメリカ軍の新基地建設で国が14日に土砂の投入を開始したことを受けて、玉城知事が15日午前に抗議活動が続く現場を訪れ、「我々は絶対に諦めない」と話しました。

 キャンプシュワブのゲート前に到着した玉城知事は、新基地建設阻止に向けて連日、抗議の声を上げている人たちを前にして土砂を投入した国の姿勢を「暴挙」と非難し、「心を一つにして、諦めずに頑張ろうと」と語りました。
 玉城知事:「我々の闘いは止まりません。勝つことは難しいかもしれない。しかし、我々は絶対に諦めない。勝つことは諦めないことです」
 15日も土砂の投入作業は続けられていますが、埋め立て予定地の一部に存在する軟弱な地盤の問題などにも触れずに工事を行う国の姿勢には、沖縄県民以外からも疑問の声が上がっています。



【チクリ】*今、流行りのような言葉ですが…「カチンときた」のが、辺野古の埋め立て工事の再開ですね。菅官房長官の他人事を語るかのような談話。これには「カチン」と来た人たちは大勢いることでしょう。日本の自主独立はどうなっているのでしょう「戦後はまだ終わっていない」というのでしょうか。


コメント