「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

乞食と○○は三日やったらやめられない。

2015-06-30 15:21:39 | 戦争


【今日の写真】 
 今日の写真は、少し前の撮影です。我が家の庭に昨年植えた「紫蘭」です、ピンク色の紫蘭は田舎へ行けばあふれるほどあるのをみますが、「白花」はあまり目にしていなかったので、買い求めました。


【私的な出来事と体調】
 今日は、雲の多い「梅雨空」が戻ってきました。裏の藪に生えている「真竹」を採って、姉に送ってあげる作業をしました。序でに「ブルーベリー」も収穫しました。
「ニューコンデジ」は明日入荷との通知が届きました。六月も本日で終わりになります、そして今年の半分が終了ですね。
マイコンディションは体重が76.1kg{(+400g)、体脂肪率24.0P(-0.2P)です。


【三日やったら辞められぬ】フジテレビ系(FNN) 6月30日(火)13時41分配信
 『国会議員所得公開 1人あたりの平均2,427万円、3年連続で増加』
国会議員の2014年の1年間の所得が、30日に公開され、1人あたりの平均は、2,427万円と、3年連続で増えたことがわかった。
衆議院と参議院が30日に公開した報告書で、2014年の1年間を通じて議員だった644人の1人あたりの平均所得は、前の年に比べて、146万円増の2,427万円で、3年連続で増えた。
東日本大震災の復興財源の確保などのために2割削減されていた議員歳費が、2014年、満額支給に戻ったことなどが、平均額を押し上げた形となった。
個人別では、外食産業大手ワタミ創業者の自民党の渡辺美樹参議院議員が、外国株式の売却などによって、12億8,109万円の所得を得てトップで、2位は、自民党の鳩山邦夫元総務相の2億9,491万円、3位は同じく、自民党の高木宏寿衆議院議員の1億7,118万円だった

* こんな事ですから、「国会議員」がハレンチ罪だろうが「やめない」訳ですね。こんな高額所得の議員に「年金生活」の境遇など分かろうはずがないでしょう。

コメント

口永良部島の噴火から一か月。

2015-06-29 17:16:14 | 天災


【今日の写真】 
 今日の写真は、我が家の「ガクアジサイ」です。
未だ咲き始めです。これから次第に美しさを増してきます。


【私的な出来事と体調】
 今日も、昨日に続き晴天です。朝の冷え込みは、今日も「ガラス窓」に結露が着いていました。
気温が20度を下回って「寒い」と言う感じでした。
とうとうデジカメを注文しました。バッテリータイプが同じなのを発注しました。「福沢諭吉」さんとのお別れです。
マイコンディションは体重が75.7kg{(+200g)、体脂肪率24.2P(+0.6P)です。体脂肪がやばいです。


【帰島の見通し立たず】 TBS系(JNN) 6月29日(月)14時6分配信
 『口永良部島、爆発的噴火・全島避難から1か月』
 鹿児島県口永良部島の新岳で爆発的な噴火が起き、住民全員が避難してから29日で1か月です。
 口永良部島の新岳は先月29日、爆発的噴火が起き、住民130人あまりが避難しました。
 現在も火山活動が高まった状態が続いており、噴火警戒レベル5の「避難」が継続しています。
 地元・屋久島町によりますと、28日現在で35人が避難所で生活していて、そのほかの住民は公営住宅などで暮らしています。町では仮設住宅の建設を急いでいて、来月末に完成し、8月初旬に47人が入居する予定です。一方、生活支援のために、町は見舞金の支給を始めています。
 また、屋久島町は29日、住民の一時帰島について説明会を開いていますが、島に帰れる見通しは立っていません。


* 「火山噴火」と言う天災に遭遇している「口永良部島」の人達、不便な避難生活から、いつ我が家に帰れるのでしょう。なかなか辛抱できるものではないでしょうが、「天災」と諦めるしかないのでしょうかね。

コメント

女子W杯ベスト4へ・・・・。

2015-06-28 15:02:32 | 国際


【今日の写真】 
 今日の写真は、先日買物に出かけた店頭風景です。
良く熟れた西瓜が並んでいました。夏を表現するものの一つが西瓜ですね。まだ表面には「粉」が着いていて、いかにもとれたての新鮮な感じを表現していました。


【私的な出来事と体調】
 今日は、久しぶりの晴天が巡ってきました。久しぶりに朝は「ガラス窓」に結露が着いていて、それだけ気温も低い状態でした。
久々の快晴でお隣の「秋本さん」は早速、「瓶ケ森」に出かけられている様子で現地からメールと写真が届きました。
私は「デジカメ」が御釈迦のようです。安くなったとはいえ、痛い出費になりそうです。
マイコンディションは体重が75.5kg{(±0g)、体脂肪率24.1P(+0.6P)です。体脂肪がやばいです。


【日本女子4強へ】 Soccer Magazine ZONE web 6月28日(日)7時58分配信
 『なでしこ佐々木監督が名采配 後半投入の岩渕が決勝弾』
「根気強いなでしこジャパンのサッカーが実を結んだと思います。よく頑張りました」
 気温35度を超える灼熱のエドモントンで迎えた女子W杯準々決勝オーストラリア戦で、なでしこジャパンの佐々木則夫監督の一手が勝負を決めた。
 決勝トーナメント初戦と同じメンバーで相手を圧倒し、ボール支配率は60パーセントを維持。数多くのチャンスを作りながらもゴールを奪えない状況で、ハーフタイムには「焦ることなく、じっくり90分でもしくは120分かかっても、君たちのサッカーなら絶対に行けるから自信を持って!」と指揮官はロッカールームでチームを鼓舞した。
 完璧なまでのクライマックス。脚本通りの展開に試合後、してやったりの表情だった指揮官は岩渕投入の意図をこう説明し、殊勲者を讃えていた。


* 今朝早朝の「サッカー女子ワールド杯」のテレビ中継を見ました。なかなかの緊迫した好試合でした。相手ゴール前でのめまぐるしいパス回しののちの決勝打、見事でした。ベスト4、決勝へ向けての苦しい戦いは続くことでしょう。頑張ってくださーい。

コメント

形ばかりの「更迭」か。

2015-06-27 15:14:45 | 戦争


【今日の写真】 
 今日の写真は、春先から3度目の「ミニ薔薇」の開花です。今咲いている花です。春先には色がこんなに色濃くはありませんでした。
薔薇の形の見本のようにきりりっと咲いてくれています。お値段を言うと笑われそうなので伏せておきますが、ワンコインでした。
こんなに楽しませてくれて申し訳ないくらいです。


【私的な出来事と体調】
 今日は、天気予報だと午後から快晴ということでしたが、はずれています。「雨」が先ほどまで降っていたり、風も木枯らしのようにピューピューと音を立てていました。
マイコンディションは体重が75.5kg{(-600g)、体脂肪率23.5P(+0.6P)です。


【かたちばかり】 TBS系(JNN) 6月27日(土)13時38分配信
 『自民、勉強会代表の木原青年局長更迭へ』
 自民党は、「報道規制」発言で党内外から批判が集中した勉強会の代表を務める木原稔党青年局長を更送する方針を固めました。

 安倍総理が国会で釈明に追われる事態となったことから、党幹部の1人は「総理を背中から撃ったことで負いきれない責任を負った」と木原氏を強く批判しています。

 こうした中、沖縄の野党の国会議員5人が27日朝、抗議声明を発表しました。声明では、普天間基地の軍用地料などに関連して「住民が商売のために基地を選んで住んだ」などとする百田尚樹氏の発言を「事実誤認で暴言」と厳しく非難しています。


* 何だか「形式的」としか言いようのない「更迭」。シッカリと反省させるのならば「資格停止」もしくは「除名」位な処分をしても足りないだろう。それと表面には出さないのでしょうが「百田尚樹」のばかげた言動を々とらえるかが問題でしょう。「百田」だけに百叩きなんて冗談もいえないですね。

コメント

「安倍ブレーン」の本音。

2015-06-26 15:22:58 | 政治時評


【今日の写真】 
 今日の写真は、我が家での「収穫」のブルーベリーです。比較的大粒の種類ですが、昨年まではほんの5~6粒程度、それも熟したころには「ヒヨドリ」が「ごちそうさん」と、人様の口には届かない状態でした。今年は「ご近所」のKさんの奥さんが「防鳥ネット」をかけて下さったついでに収穫もして下さいました。


【私的な出来事と体調】
 今日は、午前中は、かなりの雨でした。町に買い物に出かけました。午後は小止みになり、合間を見て、シバザクラの移植と草引きをしました。雲の元になる霧が山の中腹で停滞しているような光景です。
今日は「カラス」が子育て中なのか「くわーくわー」と野太い鳴き声を発しています。
マイコンディションは体重が76.2kg{(+100g)、体脂肪率22.9P(-0.2P)です。


【自民若手の暴走】 テレビ朝日系(ANN) 6月26日(金)11時47分配信
 『自民若手、マスコミ「広告収入なくなるのが一番だ」』
 安倍総理大臣に近い自民党の若手議員が立ち上げた勉強会でメディア批判が相次いだ問題で、自民党は、衆議院の平和安全特別委員会の理事会で野党側に陳謝しました。

 この問題は25日、安倍総理に近い保守系の若手議員が立ち上げた勉強会で、出席議員からメディア批判が相次いだものです。このなかで、出席した複数の議員から「マスコミを懲らしめるには、広告収入がなくなるのが一番だ」などの発言が相次ぎました。こうした発言について、野党側は、衆議院の平和安全保障特別委員会の理事会で「暴言だ」と批判し、自民党側が陳謝しました。
 自民党・谷垣幹事長:「批判反論するということは、私は当然、あっていいと思います。むしろ、なければいけないと思います。ただ、そこはやっぱりなんと言いましょうか、その主張の仕方にも品位が必要かな」  さらに、谷垣氏は「企業がどこのスポンサーになるかは、それぞれの企業の判断だ」と指摘しました。


* とうとう本性を現した感、「安倍晋三側近」の自民党若手が「言論の自由」を侵害するかのごとき姿勢を表しはじめました「言論統制」をあからさまにするような言動にはあきれ返るばかりです。

コメント

祖父(岸 信介)の時代とダブル

2015-06-25 15:23:16 | 戦争


【今日の写真】 
 今日の写真は、我が家の紫陽花です。まだ色染めはじめた時のものです。今ではもう老域に達して色濃くなって終わりに近い様相です。自然は「流転」し、世代交代しながら流れていきます。


【私的な出来事と体調】
 今日は、午前中、少しだけ日が射していました。やはり午後からは案の定また雲がせり出してきています。
山々の緑が濃緑に変化して、落ち着いた雰囲気です。「ヒヨドリ」が子育て中なのか「ピーピー」と五月蠅いくらい啼いています。
裏の土手に伸びてきた「真竹」の筍ですが、放っておくとどんどんと伸びてやがて我が家の屋根に掛りそうになるので、食べなくても伐採しています。
マイコンディションは体重が76.1kg{(+400g)、体脂肪率23.1P(-0.4P)です。


【安保阻止を思い出す】 TBS系(JNN) 6月24日(水)19時23分配信
 『国会前で安保法案に“3万人”が抗議の声』
 国会で審議中の安全保障関連法案に抗議して、国会議事堂を取り囲もうという大規模な反対集会が開かれました。
 国会議事堂を取り囲むように集まった人々。訴えるのは安保法案の廃案です。
 集会への参加を続けているという僧侶は・・・

 「(仏教には)人が人を殺しちゃいけないという教えがありますから、祈りを形に見せるということが大事」(僧侶)
 24日は、主催者発表で3万人が集まりました。


* 「安倍晋三総理」の祖父の「岸 信介総理」の時代、やはり、国会周辺および「総理官邸」へ「安保条約改悪阻止」の大型デモが組まれ、連日激しい活動が繰り返されたのをおもいだします。「樺さん」と言う東大の女子学生が、亡くなられた事件もその時でした。私も旅先へ要請があって2日間くらい「デモ」に参加したことをおもいだします。半世紀も前のことです。

コメント

理不尽な「日米地位協定」

2015-06-24 15:44:47 | 基地問題


【今日の写真】 
 今日の写真は、クリスマスに付きものの「ポインセチア」です。季節外れですが、戸外のプランターに移し替えたら、緑色していた葉が、次第に赤く色づいて「クリスマス」ころの色合いになりました。花のようなものも見受けられます。自然の作用なのでしょうが不思議です。


【私的な出来事と体調】
 今日は、少しだけ日が射して、「洗濯物」を乾かすには丁度いい陽気でした。しかし、午後からは案の定また雲がせり出してきています。
鶯が、長い鳴き声で谷渡りを奏でています。
マイコンディションは体重が75.7kg{(±0g)、体脂肪率23.5P(-0.2P)です。


【沖縄慰霊の日】 TBS系(JNN) 6月23日(火)19時27分配信
 『沖縄「慰霊の日」、遺族たちが平和への祈り捧げる』
 6月23日は70年前の沖縄戦の戦没者を追悼する「慰霊の日」です。70年前の沖縄戦では、アメリカ軍の火炎放射器による攻撃、そして集団自決、犠牲者20万人以上のうち半分近くは沖縄の住民でした。23日、糸満市で行われた70年目の追悼式典には安倍総理も出席。地元の高校3年生、知念捷さんが詩を朗読し、「今は平和でしょうか」と問いかけました。
今から70年前の1945年3月、アメリカ軍が上陸。沖縄では、3か月に及び一般住民を巻き込む激しい地上戦が繰り広げられました。この戦いで、沖縄県民の4人に1人が犠牲となりました。
日米の軍民問わず、犠牲者の名が刻まれた「平和の礎(いしじ)」。今年、新たに87人が加わりました。


* 「日米地位協定」と言う理不尽な協定によって、沖縄や基地のある地域は、まだ戦争が終結していない状態だといえる。「安倍総理」を始め「右翼的思想」の人達は、「平和」と口にする事さえ毛嫌いするようだが、戦後70年維持された日本の平和は、絶対に崩してはならない。継続は力なり。

コメント

沖縄慰霊の日。

2015-06-23 16:31:20 | 基地問題


【今日の写真】 
 今日の写真は、少し前に買い入れた花の苗です。白い花はご存じの「日日草」です。
薄いピンクの花は「アンゲロニア」(サマーラベンダー)と言うようです(サイトで確認済)、どちらかと言うと「植木鉢」が空いていたので買ったというものです。


【私的な出来事と体調】
 今日は、朝から曇り空、午後4時ころから小雨が降り始めました。お隣の「秋本さん」がこられたので、ちょっとしたPCのトラブルを解消してもらいました。PCと言えば先日地元で買い入れた「マウス」のホイールが重たくなったり空回りするので、アマゾンで発注したのが届きました。
マイコンディションは体重が75.7kg{(+100g)、体脂肪率23.7P(±0P)です。


【沖縄慰霊の日】 テレビ朝日系(ANN) 6月23日(火)13時40分配信
 『沖縄戦没者追悼式 翁長知事「基地は許容できない」』
 沖縄慰霊の日の23日、糸満市摩文仁で行われた沖縄全戦没者追悼式の平和宣言で、翁長知事は辺野古への新基地建設の中止を求めました。
 一般住民を巻き込み、20万人以上が犠牲になった沖縄戦から23日で70年。沖縄全戦没者追悼式で翁長知事は、「県民は恒久平和を切望している」と述べるとともに過重な基地負担に触れ、辺野古への新基地建設を中止するよう求めました。
 沖縄県・翁長知事:「『(普天間飛行場の)危険性除去のため辺野古に移設する』『嫌なら沖縄が代替案を出しなさい』との考えは、到底、県民には許容できるものではありません」
 続いて来賓あいさつをした安倍総理大臣は、「基地負担の軽減に全力を尽くす」と述べました。戦争体験の風化が懸念され、国会では安保法制案の審議が進むなか、沖縄は深い祈りの日を迎えています。


* 「安倍総理」も出席した沖縄で、その県の長である知事とは会談すらしなかった。こんなことでいいのだろうか、まるで敵地に乗り込むが如しの「安倍総理」国会の会期を長期に伸ばして、「安保法案」の成立をめざそうとしている。全くあきれ果てる仕業です。

コメント

日韓関係の改善

2015-06-22 16:00:59 | 外交問題



【今日の写真】 
 今日の写真は、少し以前(先月)に撮った画像です。
雲が縞模様に拡がっていました。今日は夏至ですが、このような空とは違い雲がグレーです。


【私的な出来事と体調】
 今日は、「夏至」です。家の周辺の「除草」をしました。どうして毎年こんなに草がはえるのでしょうか。自然の摂理でしょうがね。お隣の「秋本さん」が薪ストーブ用の材を運んでくださいました。「夏至」ですが、もうぼつぼつと「冬季対策」もひつようです。
マイコンディションは体重が75.6kg{(±0g)、体脂肪率23.7P(+0.4P)です。


【日韓両国】 TBS系(JNN) 6月22日(月)12時33分配信
 『日韓国交正常化50年、安倍首相が韓国外相と会談』
 日本と韓国の国交が正常化してから22日で50年を迎えました。安倍総理は、来日中のユン・ビョンセ外相と午前11時すぎから総理官邸で会談しています。また、午後には、両国の首脳が日韓双方の記念行事に相互に出席する予定です。総理官邸前からの報告です。
 安倍総理に対するユン・ビョンセ外相の表敬訪問は、午前11時15分頃から総理官邸で始まりました。
 会談の冒頭では、ユン外相から安倍総理の父、安倍晋太郎外務大臣(当時)の写真が贈られ、安倍総理は朴槿恵(パク・クネ)大統領とともに次なる半世紀に向けてさらに関係を改善させていきたいと語りました。

 これに先立ち、21日夜の日韓外相会談では、日本と韓国それぞれが登録を目指す世界遺産について、これまでの対立から一転、協力していくことで一致しました。


* 日韓関係の溝は深く、過去の歴史にもない「両国首脳会談」の未開催など、こじれてしまっている隣国関係、こんなことでは「近所づきあい」の出来ない居住者同士のような状態は好ましくないのは当然でしょう。一日でも早く「国交正常化に進んでもらいたいものです。

コメント

「安倍総理」そんなに急いでどこへ行く・・。

2015-06-21 15:01:56 | 戦争


【今日の写真】 
 今日の写真は、今、我が家の狭い庭に植えている「夏椿」です。
御存じのように「一日花」でして、儚い花の命です。花弁のフリルなど綺麗さはほかの花とは一味違うようです。


【私的な出来事と体調】
 今日は、「父の日」です。久しぶりの「初夏」の日差しが降り注いでいます。そして、気温も次第に上昇しています。
空の雲も、一部で積乱雲のようなもくもくとした雲が湧いてきています。この近くで「トンビ」が毎年決まって来ては啼いて、恋人探しをしているようです。
マイコンディションは体重が75.6kg{(-400g)、体脂肪率23.3P(-0.3P)です。


【国会は会期延長】 テレビ朝日系(ANN) 6月21日(日)11時53分配信
 『会期9月まで延長で最終調整…安保法制の成立最優先』
 国会は24日に会期末を迎えますが、自民党は会期を少なくとも9月上旬まで大幅に延長する方向で最終調整しています。

 政府・与党としては、安保関連法案の成立を確実にすることを最優先にしていて、7月上旬の衆院通過を図りたい考えです。こうしたなか、政府・与党内には「徹底審議して論点が出尽くせば採決の環境が整う」という声があり、会期を少なくとも9月上旬まで延長する案が出ています。また、自民党内には、法案が参議院に送られた後、60日経っても採決されない場合、衆院で再議決できるいわゆる「60日ルール」の適用も視野に入れるべきだという声もあり、法案の衆院通過の時期の見通しが立たなければ、延長幅は9月中旬から下旬にまで広がる可能性も出ています。


* 何をそんなに急いでいるのだろうか。考えられませんね。ある人たちが言う『幻想の妄想に追い立てられるような性急は、もしかすると「安倍晋三」の脅迫症の症状なのかもしれませんね』と、世論は、そんな無謀にはなびいていないでしょう。一部自民党の軍国主義者の思い通りにはさせないという声が高まっているようです。

コメント