馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

特別プレゼント

2019-08-28 16:35:49 | 首都散策・秋季

鍋蓋

雨は止んだのだが雨雲は毎日のように現れ
首都を覆い気分を塞ぐ

破れ蓋からもれる太陽が外界を連想させる
蓋のない国は素晴らしい国だろうと

いや行けば分かるモンゴルたい

  カビが生えそう

荷物になるカサを持つべきか手ぶらで行くか
手ぶらがいいにきまっちぇるが降られたらヤワゃい

手ぶらで出掛けます

帰路

    

帰路は寒くて風邪を引きそうなくらい寒い
綿の下着にハイキング用Yシャツの姿

これでも早足するとお汗が出るんです
その汗が外気で冷えるんです(体を殺すような冷気)

我が家に冬と夏の間の秋・春の洋服がないだけ(貧乏人)
現地人はダウンジャケットの袖無しを着込んでいる

私は夏用と真冬用しか上着がない
真冬用には早いし笑われちゃうし

震えながらビール会社の裏手まで来ると
機関車がビール会社から出てきて操車場へ向かう場面に遭遇した

これは記事になると喜び勇んでバチバチと写す
帰宅途中のOLさんも写しこんで華を添える


喜び

    

良かったとばかり踏み切りへ向かうと真正面から強烈なライト
機関車チュウチュウが睨んでいる・・・来るなぁと言わんばかりに

元の場所まで下がり待っていると重油タンク空を積んだ貨車を
なん十連と操車場へと運んでいく

薮蚊も寒さで飛び交っていない真夜中に
二重の喜びをプレゼントしてもらった

今日の散歩の喜びは何かなぁ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント