馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

日常の有り触れた散歩

2016-04-30 02:42:15 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

不思議な描写

日本という特殊環境で生活している人に世界中で日常的に起きる
出来事を簡単に紹介すると余りの衝撃に拒絶反応が起きる

余りに常識を逸脱しているから理解できないのか

でも明治時代まで日本各地では自慢にならないような奇習が沢山あった
我々が第二次戦後に両親や地域社会から無理やり忘却させられた産物

でも世界中に今もその不思議な出来事は自然に起きている

         気持ち悪

ここは貧しい地区にある遊歩道・・早朝や夕暮れは浮浪者・飲んべーで危険地帯!
そんな場所を爺さんは散歩コースにしなきゃならない事情が出来た

爺さんの自宅から繁華街へ行くにはどうしても此処を通らなきゃ首都へは出られない

昨日人影が少ない時分、嫌な物を発見した・・高級な靴が樹木の傍に揃えて置かれていた
その場所近くに欄干や断崖・鉄道などが走っていれば一大事である・・身投げ!

でもここは緑がある歩道である・・貧困国の歩道や遊園地は人気がなくなると危ない

これ以上は想像の世界である

癒される姿

         相変わらず我儘な番犬

この姿を眺めるだけで心が安らぐ・・従業員は爺さんを揶揄する・・

写真を写していると邪魔な犬だから自宅で飼えと・・

丁重に断ると作業員は笑っている

この写真後の翌日、顔から前足にかけコールタールを被ったように汚れていた

私を見て喜び勇んで飛び掛かろうとしている・・やめろー!
ジーンズが汚れる・・離れろー・・

作業員たちが喜んでいる・・

寝顔の悪い番犬である・・口を閉じて昼寝しなさい!

この子たちは矢張りセパードと見知らぬ雑種の子犬と判明!
どうも成長はこれで終わりのようである

胴長の雑種である・・親のどちらかはセパードに間違いない

春を感じる

  外気温度は16度まで上昇

きついゆるゆる坂を齷齪しながら登ると全身汗だらけになる

皮ジャンは暑くて着れなくなった・・そこで有名ブランドの
雨合羽を着込んで散歩に出かけた・・正式名称はゴム製パーカー?

真っ赤(小豆色)で派手でnowいウエアーだが日本流に言えば
雨合羽である・・太陽が照り付けるとサウナ服を着ているようで

下着がビショビショ・・メタボには痩せるパーカー

しかし、汗が冷たい風で冷や冷やして風邪を引きそうになる

帰宅後、自宅でパーカーを脱ぎ捨てると下着とパーカーは汗でBB
恥ずかしい事に塩分採り過ぎが判明!

下着に岩塩がびっしり!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

我が家の植物

2016-04-29 14:41:52 | 野鳥・自然動物・植物等

一挙公開

近頃のデジタル一眼はお任せが一番である!
下手な操作より科学の進歩を信じる爺さんはお任せ派

アマチヤ使用で最高級カメラを所持しているが猫に小判

ところが長く持ち続けると弄りたくなるのが人の常
近頃、MASPを弄って加羅かっている

TVのスマップじゃ有りませんよ・・・カメラの操作!

今月24日から28日まで撮りためた写真から選抜!

        Aで写しました

お任せSCENEとは段違いに鮮やか!鮮明!美しい!

しかし、光加減ではシャッターが押せない時もある
要するに写せないのである

近頃は理解しているというか未熟さを理解しているから素直です
まだ、光量の少ない場面では写せない素人さん

お任せからAへ

    Aで写すとコントラストがいい

お任せだとフラッシュが作動し全てが美しく映る
今まではそれで満足していたが

近頃、生意気になりだした・・・陰陽が欲しいと

爺さんはドチラカトいうと陰の人間かな
でも大勢といると一番前に出ているタイプ・・気が付くと

Aもオートだろう

     寿命短いウンべちゃん

この二枚は確かお任せモードです・・色が褪せて見える

もしかしたらMかもしれない

sceneから少しだけ進歩

      お任せと右A撮影の違い!

表紙の花はAで写しました!あまりの美しさに自画自賛”

毎日、日替わりで花を眺めています

この時ほど植物を育てていて良かったと思う時はない
一番付き合いが長いセントポーリアも咲いていますよ

一年間の苦労が報われる時です

老化の脳を少しづつ刺激

  い命だが素晴らしい!

この植物は全ての葉に水飴を付ける面白い習性がある
爺さんは小指で水飴を小指の皮膚に付けて舐めています

自然の甘さで砂糖を舐めてるのと同じ

養分過多なのか水飴を採らないと下の床に落ちている
床がベタベタしている時がある

また、葉と茎の付け根に白く結晶している時がある
これを剥がして口に入れると氷砂糖である

植物は嘘をつかない

  しい花である

この植物は挿し木で簡単に株分けが出来るので私も誰かに
分けてもらった・・

誰だか忘れたのが悔やまれる

厳寒期の緑を増やそうとして5年前ぐらいだった

頂いた時の植物は花を付けておらず葉が厳寒期でも
勢いよく緑の葉を茂らせていたのを記憶している

インターネットカフェだったかもしれない

寒い時期でダウンジャケットの中に入れて持ち帰り
花瓶で挿し木し根が出て春先に鉢植えした

花を付けるのは二人だけ

  じゃ我が家でデカい存在

挿し木で簡単に枝株が出来るので植物を愛する人には
プレゼントしている

時々、レストランなどで水をやらないで枯らしているのを見ると
まだまだ
植物を愛するより自分の胃袋を満たす段階の国なのかと考える

裕福で生活も満足されている家族にもプレゼントしている
何年経っても花が咲かない?

何故だと言うと

家に美人がいるとこの花は咲かないのよと言う?
その場は聞き流すが爺さんは如何もしっくりいかない

育てている人の心が植物に反映するのじゃないかと思っている

引っ越しの時、植物の大半を日本大使館に引き取ってもらった
今じゃ大使館の玄関内に元気よく成長している植物を見ると

植物は大切にする場所・人には誠意を見せる

もう一人、現地のお年寄りに預けた!
引っ越し後、受け取るために

その方に預けた月下美人とウンベラータは昨年の春先に

返して欲しいと訪問し預けた植物を見て驚いた

私の家以上に元気よくスクスク育ち返してと言われなかった

そこで成長著しい小枝の何本かをを切り取って退散した

先日、我が家のウンべの開花した写真を見せたら
我が家も花盛りと気持ちい花談義をした

傍にあった月下美人も羨むほど青々と成長している姿に焼き餅気分

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

郊外は楽しい

2016-04-28 02:04:01 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

新しい仲間

グレーとの再会は昨年6月以降だから10か月である
日曜日に行く予定だったが土曜日に変更

早朝に行くと言いながら到着したのはお昼頃になった
郊外も久しぶりで川渡も出来ず山越えの道を選んだ

私が到着して1時間後に私には初めての家族も到着!
相手はグレーから私の情報を入手しているようで

グレーの友達は私の友達でもあると何やら親し気に挨拶

早速、グレーの家で38度のアルヒで酒盛りをし出した!
今日はお泊りで来たらしく荷物を大量に運び入れていた

     

グレーには私より酒飲み友達の方が大切のようである
写真の旦那は首都で商売を成功させた人物のようである

彼らは首都から500㎞以上離れた所に実家を持つ成功者
彼らはグレーのような牧民に取り入り家族同士で付き合う

私などより気前が良くグレーには最高の仲間のようである

番犬にも変化

  表紙の番犬は生後7ケ月という

首都で買い付けてきた子犬と自慢してくれた
何処の国で何という名前だと聞くとヨーロッパの国の名を言っていた

図鑑で調べるとドイツが原産地であらゆる大型犬を掛け合わせた犬のようである
名前はレオンベルガーという犬らしい!

モンゴルだから雑種になっているのだろうがレオンベルガーに間違いない

大型だが大人しく番犬には向かない犬で吠えないという
そういえば初めての私にも吠えないし不思議そうな顔をして眺めていた

吠えない咬まないにしろ飛び掛かられたらひとたまりもない!
獰猛な姿だがよくよく見ると目が大人しい目をしている

猫も健在

  三年前だろうか子猫だった

今じゃ牧場の古参級になり牧場を我が物顔で歩き回る

食糧をネズミから守る大切な猫である

猫蚤アレルギーの私には触るだけが関の山!

そういえば写真のお客さんたち到着早々、強い酒を飲んで
私が乗馬から戻ってきたらご主人はぶっ倒れていて

爆睡中だった!
奥さんも奥さんが連れて来ていた仲間も車中で酔っ払っていた

ご機嫌だったのはグレーと隣のゲルの牧民三人だけ!
三人は私が帰る時も強い酒を飲み続けていた・・

何本空にしたら気が済むのか・・恐ろしい牧民である

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

雪解け時期の郊外

2016-04-27 13:01:18 | 春先の乗馬

最高の景色

モンゴルの
一年で一番美しい時期が今の時期じゃないかと自負している

モンゴルを訪問する青葉が芽吹く7月から晩秋の9月もいいが
厳寒期の三か月間(12月から2月まで)がモンゴルを代表すると思う

JACシニアボランテアの爺さん婆さんを乗馬教室と言って
引き回した裏テレルジ!

きっと紳士淑女には死ぬまで最高の遊びになったのではないかと思う
外気温度マイナス32度の乗馬を体感させた

首都を出発する時は躊躇っていたがイザ!乗馬となれば気合い入れて出発!
途中、泣き言も聞こえたが戻るに戻れない距離を走ると脱落者もなく完走

牧場へ引き返す頃には泣き言を言われていた人ほど楽しそうだった

  観光地テレルジより眼下の森まで乗馬

昔の話である、中央奥の山の裾から左へ6㎞に観光地中心のテレルジ
奥から直線でこの森(秘境)まで乗馬で毎週のように通った過去の話

今は牧民だけが家畜の餌探しで森を彷徨う秘境でもある
爺さんは一人でこの眼下に見える森を一年中(週末)
愛馬と連れで乗馬をしている

今回は川の氷が解けだして森の中へ入るには無理があった

愛馬も10ケ月のブランクで走りを忘れている?
走れないし、無理もしたくなかった

爺さんも往復20㎞以上走らせることになる
膝が持つか?馬より爺さんの体力を心配した

案の定!
散歩で歩けなくてアヒルのような歩き方をしている

自分だけの世界

      冬の森は温室効果抜群

この森に通いなれない現地人が入り込むと迷子になり出られなくなる
爺さんも最初の頃、方向感覚がなくなり迷子になり森の中で生活している

牧民に牧場まで連れ戻された事が何度かある

まして森の樹木が緑の葉を出し外界を遮断すると樹海と化す!
何度も乗馬ガイド(現地人)が道に迷い出られなくなったのを外へ出してやった

森の中で乗馬ガイドを見れば道に迷ったガイドと
そうでないガイドは一目でわかる

現地人であろうと森で迷子になれば子犬や家畜と同じで
落ち着きなくむやみやたらな行動をしている

足りないものが

      森の中で狼と遭遇

この場所は観光地・テレルジの裏側である・・爺さんが好きな裏社会

表の荒らされた観光地より牧民主体の裏観光地の方が全てにおいて素晴らしい!
観光客に荒らされていないのが一番であるが

今は荒らされた表観光地を避けて
ここも観光客が多くなり施設も建ちだした

爺さんに付き合うような奇特な人もおらずいつも爺さんは一人旅というか乗馬

わが人生と悟りの境地であるが稀に変人(違います正常な人)が同行し歓喜する
そうだろう・・道なき道を散策させるのだから喜ばない方が可笑しい!

でもご婦人が稀に同伴という事もあるが乗馬より
別の事で心配されている方もいる

大丈夫ですよ!
爺さん好みの人は乗馬できない、郊外が好きじゃない

一人旅

  こんな森に二人きりじゃ心配です

テレルジは東西150㎞南北60㎞はある広大な国立公園
その中心地の狭い地域で爺さんたちは遊ばせてもらっている

厳寒期積雪の森は道が消えるので誰も怖がって入らない

野生動物と狼の足痕ぐらいである

牧民の冬宿営地も森の中と南山麓の北風が当たらない場所
写真の眼下の森はこのままだが支流は氷に閉ざされ白一色になる

爺さんだけの世界である

乗馬に連れ出した馬の行動も面白い!

牧場が分かる場所では馬もしたり顔
でも知らない土地に連れ込むと馬の激変・豹変は笑っちゃう!

飼いネコより可愛くなる・・
引綱・手綱を離していても忠犬いや忠馬に変身!
何処までも主人に付きまとい忠実なペットである

昔の生き残り軍人さんに聞いた話だが激戦中!
一番困ったのは主人が銃撃や砲弾に当たり落馬しても
軍馬が主人から離れようとせず馬も被弾してしまう話でした

そんな昔話を思い出すような行動を馬がしてくれる時は
馬ほど可愛い動物はいないと思う

普段、牧場近くで落馬しようものなら主人を見捨てて
仲間のいる方へ立ち去る薄情な馬だが

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

草原も活気づきだした

2016-04-26 01:41:54 | 春先の乗馬

当分、川渡はお預け

愛馬と久しぶりの再会と乗馬をしてご機嫌の爺さん!

現在、首都で散歩しながら乗馬の快楽を味わっている
普通に歩けない?

両足の付け根が痛くチグハグな歩き方

痛くて歩行困難中!・・

これもいい刺激なのだ!

        完全に雪解けはしてな

牧場へ行く前にグレーに川渡が出来るかどうか確認したら氷が割れて
川渡は出来ないという

そこで回り道して牧場へ行く

帰り道、川傍の悪路を走り川の様子を見て帰路に就く

何時も川渡をしている場所は両岸の氷が割れて半年間氷っていた水が
解けて赤黒い水が流れている

川底にはまだ、氷の塊が有り黄色く写っているのが氷の塊
黄色く見えるのは水の色である・・汚れと水のアクだそうだ

餌探しに必死

       羊の餌を求めて

モンゴル事情に詳しい人なら今の現状が分かる写真である

草原に青い草が有れば羊とヤギの放牧は長閑な草原の風物詩

老人か子供が草を食む羊番で徒歩で家畜を管理・移動させている風景だ!

ご覧の通、牧場の主人が乗馬姿で羊とヤギを移動させている
これはテレルジの草原に枯草・餌がない証拠である

牧民が徒歩で移動させながら家畜の腹を満腹させるだけの草が無い証拠

だから主人自ら馬を操り広範囲を移動させているのである

子供が自転車で移動させている・・

牧民は家族総出で餌探しに必死なのだ
まだ、草原には新芽が出ていないので

家畜も牧民も必死なのである

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

縁起のいい一日でした

2016-04-25 02:36:28 | 春先の乗馬

春一番を見つけた

まだ、春一番のヤルゴイが咲いているとは思わないから殺伐とした
山腹をゲルに向かって下っている・・ヤルゴイが二輪咲いていました

紫の可憐な蕾と一輪の花!  心の中でやった!
下馬して丁寧に写真に収めた

           

愛馬の走りが今一と久しぶりの乗馬は膝と下半身の筋肉には苦痛!
途中から近道をしてゲルへ向かう・・馬には二重の苦痛だったかも

でも愛馬も10か月ぶりの鞍付けだろう・・走りを忘れている
馬も日常から乗っていないとタダの駄馬!

右足をただただ蹴躓く仕草ばかり

背骨を見ると長い間、鞍を付けていない
厳寒期の間、枯草ばかり食わされて健康状態はいいが筋肉が落ちている

目のいい爺さん

          春一番を見つける

モンゴルでは縁起のいい植物で、これを手を使わずに花弁だけを食べると
一年間、風邪を引かないと言われている

爺さんも昔、やれと言われたが馬・牛・羊じゃ有るましやれるはずがない
現地人に・・じゃ!お前さんたちはやるのかと逆質問すると

おいらは風邪など引かないから関係ないという・・やれと無理強いすると
なんだかんだと言い訳ばかりしてやらなかった

でもモンゴル人は迷信深く仏教的だから人の見ていない処じゃ
何しているか分からない・・這い蹲って食べている可能性大!

走れない愛馬

  愛馬です

10か月ぶりのご対面!元気にしていたようで何より

昨年は痩せて死ぬんじゃないかと思われたが今年は
餌の豊富な山奥で過ごしたのか肋骨が見えないから一安心

グレーは厳寒期、使役に使わなかったようである

捕まえるのに一苦労

  随分と馬を預かっているようだ

モンゴルでは馬を捕獲する方法が4種類ぐらい有る

日本や米国・西欧の様に馬小屋で管理していないから捕獲するのが大変
①柵に入れて捕獲する方法
②捕獲棒で一頭だけ捕獲する方法
③投げ縄で捕まえる方法
④餌で誘き寄せ捕獲する方法

これは泥棒対策でもある!

モンゴルじゃ人になついた馬は生き延びられない
爺さんは他人の馬を簡単に捕まえたりするが

これを見ると牧民は嫌な顔をする

でも見知らぬ人が餌や声だけで他人の馬を捕まえるのは
特殊能力者じゃなきゃできない

馬が余程、腹を空かしているか馬が騙されるほど扱いなれた人か
以前、捕まえた馬と顔見知りでなきゃ捕まらない

弟馬も健在

  右の顔だけ写っているのが弟馬

一昨年、鞍付けしてレースに出した弟馬
面が愛馬によく似た馬である

元気そのもの!

柵に入れられたが暴れて飛び出してきたところ

春は散髪時期

     起用に散髪しています

毎年、春先には鬣が伸びた分だけ刈り取りひもを作るようである
切った髪は袋に入れて集めていた、

普段は切り取った髪はその場に捨てているが今年はどうした事か
袋に保管している、預かり馬がいるので依頼主に渡すのか

昨日は歩くと痛いわ痛いわで鞍に跨っていただけなのに筋肉痛
10か月のブランクは矢張り筋肉痛という事になる

グレーは散髪していた馬を私に準備していたようである
愛馬が走らないのを知っていたようである

でも愛馬との乗馬が最高である・・
走る走らないじゃない

一緒にいる時間が大切なのである

ブラッシングでダニを二匹撃退(潰した)
顎で皮膚に食らいつくと離れない・・

無理に引っ張ると体だけ引きちぎれてしまう
顎は皮膚にくっ付いたままになる・・恐怖のダニ

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント (2)

行って参りやした

2016-04-24 15:20:14 | 野鳥・自然動物・植物等

いいねぇ

愚図ㇻの私が記事を書き始めました!午後3時半である
昨日の夕方から今まで寝ていやした・・疲れ果てて!

筋肉痛ってやつで股ぐらのリンパ球が腫れて背筋が引きつり膝関節はガクガクである
起きて何かをしようって気にはなれません!

朝の冷え込みで小便に二度、起こされた

習慣ていう奴は怖いものでブログだけチエックするから中毒もここまで来ると

乗馬してきました・・・
乗馬の話は明日ぐらいにしようかと思って!

  カモがネギ背負って他人様の馬を写す

見ての通りテレルジのやせた草原には枯草もない
まして新芽など出てきてはいない

冬の宿営地に枯草がなかったのだろう・・
他人様の馬とはいえ痩せてみるに堪えない

背骨が浮き出し・牧民はこれに鞍付け乗ります
だから馬の背骨の皮が破れ傷ついた飼い馬が多い・・食糧不足の牧民には

私はこの馬を見て昨年の愛馬を思い出した・・
昨年の愛馬がこの有様だった

でも郊外は素晴らしかった!

雪解け

      何時もの崖からトーラ川の支流を写す

これは私が愛馬の馬上から写したものですから乗馬をしたのですよ

高い所から見下ろす景色は最高である
見下す思考的なものにもつながる景色

厚い氷が割れて下流域へ流れるさまは何とも言えない

この氷と水は下流域にある首都までは到達していない
現在は首都から上流域35㎞に位置するナライハ町近辺まで流れている

そこで大きな堰になっている、そこで溜まったエネルギーが一瞬に首都を通過し
全河川が雪溶けを完了する

カモがネギ背負って

  爺さんも10か月ぶりの乗馬

まさに爺さんはカモである!

グレー・エリカにお土産持参で訪問する姿こそ!

牧場について繋がれている馬を見てがっかり!
愛馬がいない・・

グツグツ文句を言うとバイクで馬を集めに出かける

来ました10か月ぶりの愛馬とご対面!

記事は明日に!

山登り

      

愛馬も昨年から人を乗せていないようで野生に戻り
元気そのもの

爺さんが鞍付けようとすると引綱を引きちぎらんが如く暴れまくる

柔な爺さんは右手で重い鞍を持ち左手で愛馬をなだめるが力尽きてしまう
鞍が重くせいぜい持っているのは5分位、止む無く鞍を置いてグレーに

泣きを入れる・・グレーはザマぁー見ろと言わんばかりの顔をしている

彼奴だって馬にてこずっている・・別の牧民と二人掛かりで如何にか
鞍を付けることが出来た!

どんなに関係を持っていても長い時間、鞍を付けないと何かと同じになる
暴れて手なずけるのに時間ばかりかかり目的を達成できない

さしずめ昨日の爺さんは一人じゃ鞍付けだけで夕方になった気がする
ランクルの後ろへ連れて行くと愛馬は分かっている

前足を踏ん張り近づかなくなる・・こういうところだけ賢い
何度か引き回しして騙し騙し近づけ鞍を見ると飛び上がらんばかりに

暴れまくる!じゃじゃ馬・・
いやいやこ奴は奸臣(感心)馬だった

乗れば素直な癖に乗るまでが大変一苦労!

そういう事情で疲れ果て今まで寝ていたという次第である

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

家内工業に勤しむ

2016-04-23 01:25:27 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

頑張れ!

最新のウインドーズ10をインストールし順調・快調に
動きが良くなり気分は最高!

調子に乗って弄り回している・・そのうち機械はぴたりと止まるだろう!
そんな気配が今している・・今まさに機会がブロックし動かなくなった

素人は機械を弄り回すもんじゃない・・爺さん何かと勘違いしている

今月13日!10か月ぶりにグレーから電話が有った・・何時もの冬宿営地に戻って来たと

  番犬の石松君家・・家内工業してんだ

爺さん!
もしかすると石松君家の誰かに殴り殺されるんじゃないかと心配になってきた

散歩に出かけると最初に会うのは石松君である・・家のドアーが開いてないと!
大きな声で石松君を呼び出す!  石松君も迷惑なのか無言で爺さんを眺めている

家の人がいると石松君は爺さんに向かって吠えたりしない

でも誰もいないと尻尾ふりながら顔は怒った顔で吠え始める

その石松君家は家内工業をしているんだ!  偉いなぁ・・・

よく夜店やアクセサリー売り場に貯金箱売ってるよね
豚の貯金箱?  石松君家の貯金箱は高価な貯金箱を作成している

金箔の貯金箱だ!

爺さんは、こういう家の人間が好きである!コツコツと貯蓄するタイプの人
モンゴル人とモンゴル国は浪費・散財・消費国家である

中には地味だが頑張っている家族もいるんだ!

縄張り争い

     そこを通り過ぎるとギャングがいる

セレべ川支流の河川敷を中心に三組のギャング集団が生息している
一番の勢力は南側に勢力を持っている建設資材組のメンバー16組員を要する団体

二番目が河川敷に勢力を築いている写真の集団である
チビ組員が多いが将来が楽しみな集団である来年かそれ以降は最大勢力になりそう

三番目は現在一番の土建屋勢力の分派ともいうべきハグレ狼的存在の組織・・組員三匹!
しかし、自宅近所の勢力図というか河川敷も構成員三匹の地区へは怖くて行けないようである

時々、声を張り上げて勢力拡大をしているが縄張り以外は怖くて河川敷団体は勢力拡大はならず

愛馬に会うぞ!

  半年で一人前になるんだから

今日は早朝から愛馬に会いに行ってきます!

乗馬できればいいが昨年のようであれば騎乗できないだろう
やせ細っていれば乗馬どころじゃない

10時には牧場へ行きたいが如何なることやら

会うのが楽しみである!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

根が好きなもんで!

2016-04-22 13:06:51 | 黄葉・紅葉・四季の花々

チョイ見せよ

ウインドーズを新たにインストールして10を無料予約した
最初から10を購入する手はあるが8.1から手習いで始める

慣れれば10を新たに購入すればいい

マイクロソフト社から執拗に10のインストールを勧誘する
仕方ないから昨夜、インストールの予約をしていた

凄いというか簡単にインストール出来たが、全ての初動動作を再入力
ところが如何しても検索文字が入力できない

キーボードから検索へ文字入力が出来ない!

爺さんには普通の事が乗り越えられない壁になる
昨夜は諦めて不貞寝した・・

明日朝、知り合いに教わろうと

     深夜に咲きますよと

朝起きてみると鉢植えのウンベラータが咲いています!

見過ごすともう駄目よ!と言わんばかりに・・・

早く見ないと二度見は有りませんよとばかり

爺さん好きなんです・・咲いたばかりの花をじっくりと眺めている・・・妄想もしている
三日しか咲かない花だけあって実に美しい!

椿の花に似てポトリと落ちる様まで似ている・・・

昔から縁担ぎの武士は嫌う!

爺さんは百姓出身だから関係ない!
ポトリと落ちるところなど潔いと感じるほどである

爺さんは寒さに弱いから春一番の沈丁花が好きで庭先からあの何とも言えない
香しい匂いがしてくると堪らなく血が騒ぐというか雄たけびが出る!  

春が来たっ!と

三日の命

  切り枝先にも

散歩に持ち出せないニコンで記録写真だけは大量に映しこんでいる

何時か撮影会が出来るほど貯め込んでいる

後でスライド写真で見るのもいい鑑賞になる
人様に見せるだけの腕はないが見ていると過去を思い出させてくれる

別のところで

         セントポーリアも

昨夜予約通り23時前にカウントダウンが始まった
画面にあなたのインストール時間まで15分前です・・

始めますか?  指示通りクリックしてください

クリックすると電源切らないでね!・・
優しいがその後に待ち受けている

ID/パスワードの復旧作業が大変で今まで躊躇していた・・

胆の小さい爺さんである・・

案の定!インストール終了後キーボードから文字が打ち込めなくなった

こんな些細な事が簡単に修正できない程
ITから馬鹿にされている
馬鹿爺さんだから深夜は使わずに不貞寝した

早朝起きてキーボードを弄繰り回していたら文字が打てるようになった
何故だかわからないが

灘タラ癇タラという画面が出てきた!

爺さんには灘タラ癇タラ画面は偶然の賜物!

マイクロソフト社は爺さんに難癖付けて面白おかしく喜んでいる!
爺さんは癇癪起こしながら爆発寸前にタラタラ汗を流して文字復帰を成した

もう一度画面を出せと言われても出来ないだろう

文字が書けるようになればサラサラと早く簡単操作!

ヤッタゼよv!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

ものぐさ爺さんになる

2016-04-21 02:38:54 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

怠惰な人間

モンゴルの日照時間が長くなるにつれて爺さんの
生活時間も比例して後へ後へと間延びしだした

要するに散歩する外出時間が遅くなりだしたこと
要するに以下に書き出した欠陥人間である事を表明したいのだ

何故なんだろう?起きるのは決まって午前6時とか7時である
現在はとと姉ちゃんが見たくて8時15分まで元気である

その後、少し布団の上で瞼を閉じたりして遊んでいる

  外国から来たコンテナの傍で寝る醍醐味!

声を掛けても知らんぷり!お腹をヒクヒクさせて気持ちよさそうに爆睡中

爺さんも散歩前、自宅で同じような格好で爆睡中だったのだ!

欠陥生物

    爺さんが欠陥生物

散歩に出かける前から(お昼頃から)布団の上で瞼を開けたり閉じたりしていたら
知らないうちに眠りこけてしまった。目が覚めたら屋外の様子が一変!

西の彼方から黄砂が首都目がけて襲ってきた・・散歩するの嫌だなぁ・・なんて思っていたら
午後5時ごろになってしまった・・この間、ケーブル局からクラッシック音楽を借用して聞く!

チャイコフスキー・バッハ・ヘンデル・ビバルデイー・k音楽等々(3時間位)
散歩へ出かける準備に体をその気にさせるのに時間がかかる

エレベーターホールから眺める外は誇りの世界!
目にゴミが入るのが分かって出かける勇気は凄い!

今も目から大量のごみが出てくる・・眼を洗ったくらいじゃごみは取れない!

今日も車で散歩!

ぐうたら

  散歩から戻って来てもこのありさま

要するに砂塵舞う中を散歩しなきゃならない可哀想な爺さんである

もういい加減!モンゴルに執着する事を諦めなさい!

人は歴史の教育で簡単に変わるものではない
変わりようがない人間・国・地域
だってある

ずぼら(家から出たくない)

  太陽までが

強烈な砂埃である

以前だと三日後には日本へ行きますよと記事に書いたが
今はそんなことも憚られるほど日本は自然災害に遭遇している

自然災害だけは何ともしがたいことである
熊本・大分県民の皆様には励ましようの言葉もない

自然災害が収まるまで待つしかない

10分おき30分おきに突然起こる地震の揺れは怖いだろう
爺さんも今まで経験したことはない

東京に居た頃は頻繁に経験していた
震度4程度の地震を(単発で)

でも震度5とか6という震度を一週間も続けて何度も受けると
まして16日の揺れで大半の家屋が倒壊してしまった

一日も早く地震の終息が来ることを願うしかない

  オイ!塀の傍で昼寝は危ないぞ

記録写真だけはしっかり写しています
鉢植えのウンベラータは沢山、花芽を開きそうです

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

コメント

頑固一徹?

2016-04-20 07:03:15 | 黄葉・紅葉・四季の花々

誰に八つ当たりするか

私の長期滞在査証も今年から難題に直面
詳細な問題解決を望んだが申請に同行させた当事者

私の明快な説明を拒んだ

政府発行の証明書を昔、私が指示して認可された貴重な財産

しかし、いつの間にか私の分からないまま
当事者の私を設立人から外したようで

私は現地では洋ナシ人間にされたようである

今年も滞在期限が切れるギリギリで申請に行った事が何となく理解できた

問題に納得できない私は
埒が明かないので在日本大使館で調査をすることにした

大使は立派!理路整然とからくりを解明してくれました
あなたの信頼していた人物の裏切り行為が原因である事を突き止めてくれた

やるんですよ現地人は最後の最後で裏切り行為をする・・・

日本国にも恩ある者が・・・簡単に裏切り行為を行う

  お父さんお母さんお兄ちゃんお姉ちゃん

危ないんですよ!
こういう呼ばれた方をされているのは

呼ばれている方はカモがネギを背負っている姿です

呼ばれている方は気持ちいい響きがします!
私のお父さんお母さんお兄さんお姉さんと呼ばれりゃ

尽くします!誠心誠意・・何処までも・・行着く所まで

食べつくされて初めて気が付く哀れさ!

二月に株分けしようと切り枝をしたウンべちゃん
花のない時期に頑張ってくれました

4月に入ると鉢植えのウンべが花芽を大量に付けています
これから先が楽しみです

セントちゃんも花芽を付け始めました

過ぎ去れば

       セントです

若い子(貧乏な家庭の子)が日本から自動車の部品を輸入して頑張っている

たまたま知り合い!

協力しようという事になった
頭は生きている時に使うものと

彼は国の仕組みがほとんど理解できていない

国の偉い方は確かに知能が高い仕組みを構築している
また学校では教えていない

税金の納入方法だけはしっかり教育している
見上げたもんである

法人設立のレクチャーをすることに

如何にかなる

       時間かかりそう

国益につながる為に経営者同士が協力事業母体を設立し輸入に関する
情報や便宜等を集約する為の法人設立である

しかし、彼は税金納入のための設立と勘違い!

説明しても理解できないようである

頑なに我を貫く気持である・・

会社で国へ納税している(県・区町村等へも)
また、新たに法人設立でこれにも納税をしたがっている

法人が新たな収入源になるのなら納税も致し方ないが

経営者のための
情報や輸入手続き等の便宜・簡易さを共有するための場所・事務所と

説明しても理解できない!

二重に課税対象の会社を作って如何するの?  

役人は喜ぶよ!
国家に税金が二重に入るわけだから・・役人は大歓迎です

疲れて私は昨夜、布団に潜り込み寝込みました

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

歩くのも楽じゃない(2w802r)

2016-04-19 01:57:32 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

厳寒期が懐かしい!

春先から12月までは舗装されていない工場地帯の道を
靴を埃で汚しながら散歩しなくちゃならないつらい散歩

厳寒期は雪が降り続くと悪路も雪で綺麗な道に変身する
車が走っても埃が立たないので散歩も楽である

  幼子のように列車を眺め

ロシア・イルクーツクへ向かう列車か頭が西側にあるので
ダルハンやロシア行きである

普段は中国行きばかり見ているから不思議である

西日の落ちるのが緩やかになり

散歩に出かける時間も比例し遅くなる悪い生活病

今日もいました

  実家へ帰る人

それとも仕事で買い付けに出かける人が乗り込んでいるのか

半日の旅である、ロシアの国境を越え買い物の町がる
名前は忘れたが汽車でも車でも多くのモンゴル人が行くという町

私も淡水魚の燻製をお願いしたことがある

高架橋から夢の列車の旅を空想しながら眺めるのが楽しい

幼子  2w802r

  ふと目を山に移すと雪山

五月までこのような景色を繰り返す

今年はやることが沢山ある

一日も無駄なく過ごしたいものである

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

やはり犬が好き!2w802r

2016-04-18 02:15:49 | 犬・番犬・野良犬・狼

人より犬がいい

実を言うとここに三日、散歩を車で済ましていた
年取ると時々、億劫になる時がある

要するに爺さんはズボラで愚図なのである
女の前じゃぇぇ格好したがるが自宅じゃ裸の大将

愚図ら愚図らしていると時間だけが経過し車を使う

今日は違うぞ!午後4時半に出かける、早足で歩けば如何にかなる

  国際貨物受け取り場にいました

今月は子犬に会う機会がなくたまに通っても居ないことが多く心配してた
今日も居ないかと構内を覘くと居ました!  声を掛けると吠えまくり

尻尾降り駆け寄り飛び掛かろうとします!その都度、止めろと制止する
一ちょらのジーンズを汚されたら堪ったものじゃない

ちゃんとカメラにも対応できるほど成長した

お金が絡むと如何様に

  こんなポーズは如何ですかと  2w802r

捨て犬の時は二匹は育つのだろうかと心配した、いくら有名な会社とはいえ
事務所の玄関前に二匹が捨てられて居た時は成長するとは思わなかった

如何も子犬はジャーマンセパードのようである・・・それも雑種じゃない

私が子犬と仲良くしていると警備員がやってきてお前と子犬の関係はと誰何する
だから現地人の人間は嫌いなのだ!

見りゃ分かるだろう  お互いが心と心で繋がれているんじゃ

無垢になれ

     番犬と野良公

人様の家の番犬に勝手に名前を付けて呼ぶ!不届きモンの爺さんである!

モンゴル人は犬に名前を付けないのが普通である
よく犬の名前はと質問すると不審な顔をされる

そこでこの番犬に爺さんは石松と名前を付けた!
石松は爺さんを知っているが何時の日か爺さんに咬みついてやろうと思っている

顔つきがそんな顔をしている・・石松の家に新たに子犬が飼われた
爺さんが思うには石松の寿命を考えての事だろう・・屋外で飼うから寿命が短い

今度、石松の子分を紹介したい・・可愛い似た子である・・大政と名前を付けるか

爺さんはいい加減な人間だから人間に嫌われるのかもしれない

でも石松の表情!爺さんを嫌っている姿じゃないよね

ポイントも上昇する  2w802r

  蚤がいじゃうじゃじゃいるよう

この子たちを何度か手で可愛がったのだが後で触った手を臭うと臭い!

帰り道、触った片手を離して家に着くなり石鹸でゴシゴシ洗う!

どう見てもセパードの顔をしているでしょう、顎が発達しており
咬まれると痛そう!

爺さん子供の頃、セパードにお尻をガブリと咬まれた事があり
それ以来、セパードと顔を合わせると相性が良くない

でも、この子たちとは相性がぴったり!生まれたばかりの子犬時代から
知り合いだから怖くないし・・二匹の性格も知り抜いている

メスは根性があり・・爺さんに馴れ馴れしい
オスは泣き虫で怖がり屋さん・・爺さんと一定の距離を置いている

爺さんの前で取っ組み合いで上になって咬みついているのがメス
犬の世界も女性上位>?

でも爺さんを見ると喜んでくれる・・

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

気がかりな事があって(2w802r)

2016-04-17 04:40:44 | 住宅事情

目の錯覚?

以前、住んでいた権力者専用の住宅も床にボールを置くと
あらぬ方向へボールが転がり悩んでいた

2部屋・台所・トイレ・浴室と廊下とかなり広い家だったが
ボールを置くと全ての場所でボールが転がる・・床が平行じゃないのだ

床も隙間だらけで床下の独特の臭いがして苦しんだ!

生活し始めは目まいがしたが慣れるとなんでもなくなる

  手前の建物が正常な建物

水平器はないが平衡か歪んでいるかは他の建物と比較すればできる

散歩中!ここを歩いているとどうしても気になる
中学生の子を捕まえて奥の建築中のビル水平じゃないよなぁ と

無理強いをする 2w802r

中学生は困って変な外人ぐらいに思って適当に逃げ出す

屋上のヘンスの平行と見比べると右に下がっている
厳寒期は2階で工事を中断していたが暖かくなり5階まで工事を増築中

水平じゃありませんよ!  大きなお世話じゃ

どうでもいい事だけどお

      こちら側から見るとマトモ?

モンゴルは室内の建材には生木を使用する、建築当初はぴったり隙間のない内装がなされるが
完成し引き渡した翌日から乾燥しだし、歪み反りひび割れ隙間が出来てくる

壁も床も生木だから乾燥しだせば当然である・・

素人の爺さんも子供の頃
近所の棟梁からよく話を聞かされた・・

一軒家を建てる時は建築材料は山を買うと? 

山買って家が建つの?って返事すると・・

教えてくれた、当時の棟梁たちは時間にユトリがあった?

家の材料に使う板は山で材料を買わないと良い家は建たないと教えられた

今思えば現在、苦労しているのも世間知らずだった

手に職(技)をつけて大工さんになっていれば苦労していないかも

木も山に立つ位置で太陽に当たる場所も時間差もある・・東西南北で
家も建てりゃ東西南北が発生する・・

東側には山の東側で成長した木を使う
東西南北で成長した材木を加工処理して使うということである・・

子供ながら分かったようで分からない程度に感心する

日本建築の強靭さはここで証明されると言われた・・

棟梁曰く!
お前さん!義務教育終わると弟子にしてやるから来るかと・・

棟梁から就職勧誘をされた!  

行きゃよかった!55年以上も前の話である

気になるなぁ!

  アベックの彼氏は賢い!

私が頭を傾げながら不思議にデジカメを撮るから彼らも気になったのか
二人で建築中のビルを見ながら彼氏が彼女にゼスチャーで教えている

傾いているのが分かったのだろう

モンゴル人でも理解できている若者がいる事に爺さんは喜んだ!

俺だけじゃないんだ!

でも完成後、ここで住む人が南側に頭を向けて寝ると頭に血が溜まる
金庫を南側に置くと金が貯まる?

床板で水平を調整する?  2w802rで調整するんじゃと

でも南側に排水パイプ(樋)を取り付けると
自動的に溢した水や汚水は簡単に流れ落ちるか

いい建築物かもしれない

少し気になったので・・・

眠れないくらい気になって

人様の事だが気になったので  まぁいいか!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

予測つかず!(2w802r)

2016-04-16 05:08:23 | 自然科学・現象・地球

べた雪が

昨夜、9時のNHK国際ニュースを見ていたら熊本で地震発生
熊本NHK放送局の揺れは凄かった

職員後ろの本棚から書物がボロボロと落ちるさまが地震の凄さを
見せつけてくれた

その後、空港と熊本城の映像が映る!城の映像は翌日の現実を見せてくれた
地震発生と直後の城は揺れたあと城から白い雲状の煙が左へたなびく

最初は分からなかったが、後で土煙だと分かった!
翌日の白昼の姿は瓦屋が吹き飛び瓦の下の土が土煙と化し雲に見えたのだ

     朝と夕方の景色

ブログ記事を書いて午前5時頃、布団に潜り込む!

TVをNHKにして仮眠をとる
とと姉ちゃんの声で目が覚め眠いのに見るから爺さんの気持ちが理解できない

窓の外を見ると雪が滾々と降っている・・

この雪の気持ちも理解できない
早く春が来ればいいのに寒くなったり雪が降ったりで・・

爺さんの身に堪える

要するに散歩したら風邪気味になり具合が悪くなった  2w802r

だらけた生活

     やっと雪が解けた山に雪が

年寄りの体が気候についていけない

朝の雪景色を写してまた、布団に潜り込んだ!
だらしない生活をしているが悩みも有る・・・

何かに生かされて・・今はだらしない生活をしているが何かのきっかけで
爆死するくらい働かされるやも知れぬ身・・

今は天と運に任せ・・爆睡中!

出かけようとしたら

     散歩には最高の雪

不規則な生活だが散歩時間にはキリッとしている

ビルから下りてくると駐車場に止めている自家用車だけが雪を被って
太陽の熱で溶けかかりだらしない恰好

家を出たのが遅かったので早く散歩を済ましたいが車を見ると手入れしなくちゃ

車の雪かきをしていると余計に遅くなる・・

仕方なく今日も車で散歩する羽目になる
気が緩んでいる爺さんであるからモンゴルの気候が爺さんを責め立てる

普段着で皮ジャン姿!

案の定というか戻ってきたら体がゾクゾクしだした・・

風邪引く前の前兆!

家でゴロンとしていたら午後9時前まで夢を見ていた(大体嫌らしい夢)
知り合いが友人を連れて我が家へ遊びに来た!  オナゴじゃないよ

32歳のオス達  オナゴだといいのだが昨年から縁が切れて久しい!
         これだけは早く回復・復帰させて欲しい!

こうなると何時もの時間帯というか生活パターン   2w802r
今夜も現在、5時前です

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント