馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真夜中の出来事!

2015-11-30 11:28:43 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

夜中のNYだ!

人生しみじみ味わう!
若い頃、老人が夜中に徘徊するドキュメントを見て老人とは
こんなものなのかと想像しながら40年が経過した・・

その間に色々な人生経験を経過し今に至る

             

先週だったかNHKで痴呆症・アルツハイマー症の方のドキュメント放送
かなり真剣にTVに見入る・・思い知らされる事ばかり・・

団塊世代の我等は深夜族!昔はやった音楽を独り深夜に聞き入る
最愛の妻を亡くし自殺した加藤和彦・北山修の音楽を聴く

Paul Mauriat/ Franck Poucel /James Last/caravelli等の音楽を深夜に聞き入る

我等の世代は恵まれていた・・全てにおいて・・しかし、老いの今は如何だろう!

深夜3時に風呂など入る老人が居るだろうか・・独りが故、入れる贅沢な遊びであり人生である!

これを日本で家族や三世帯家族と生活しいてすれば病院送りか特別老後施設送り二なりそう

そこに待ち受けている老人への虐待生活!・・かなり真面目な子供が親にする行為! 

これが人生

    

爺さんは今日の花の如く異常な花である!季節はずれというか自然界では有り得ない花!

深夜の3時・5時に平気で風呂に入る・・そこで妄想を働かせながらる・・風呂を楽しむ!
先週のNHK放送番組で痴呆・アルツハイマーの方にも感情があるという事が調査で判明した・・

介護する相方や家族が
そこで初めて老人や痴呆症の本心を知る!好きで発症した病気ではないが病気以外は
健康体なのであるという事実を・・

昔、徘徊老人と言われた人たちは私のような人だったのではないか

    いま、我が家で咲いているセントポーリア

夜は静かに睡眠するものだという概念は一般社会の基本的社会参加をしている労働者や秩序を
重んじる多くの人の常識であるが

そんな社会から足を洗った退職者や孤高な人には関係ない社会

爺さんもその一人であるが一人で生活しているが故、出来る贅沢な生活行動である 

ながら生活者

    私を見ているようで切ないね

そこで昨夜というか今日の午前3時に風呂に入りいい気持ちで妄想していると
プチンと電気が切れる!

モンゴルじゃ当たり前の事だが新居じゃ初めて!

何時もは直ぐに通電するが、今回は10分待つが30分待つが点かない
妄想どころじゃない・・

爺さんも年相応に目が悪くなり真っ暗ななか、30分も風呂の中!

電気が消えた途端、妄想は出来なくなる・・メクラ同然!如何に目の見えない人!
音の聞こえない人の苦労が分かるかである・・一言!なりたくないね!

本人たちは好きでなったわけではない・・親切にしなきゃならない

爺さんはこんな時に限り近場にバスタオルを置いていない・・指先に神経を尖らせ
バスタオルを手繰り寄せる・・・目が見えづらくなる不便さ!

少し時間が経過すると何となく周りが見える・・整理整頓していない爺さんの家

床に雑然と置かれた不用なものの事を始めて知る・・でも爺さんうまく不用なものを
避けて移動している・・かなり運動神経・反射神経などは健康体である

それはライトを探し当てライトを当てて気がついたのである

いつまで経っても点かない電気に痺れを来たし寝る事にした!

それから1時間ほどして電気が点いた!時間からすれば午前5時頃か!
起きる気分にもなれず寝てしまった・・ 

老人の生き方を思い知らされた深夜であった!

ほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村


コメント

一番寒い日に歩く

2015-11-29 03:03:27 | 自然科学・現象・地球

月曜日の散歩で!

月曜日は車を運転できない日(ナンバープレートの番号で)

毎週、日曜日から月曜日が一番寒くなる!何だろう・・巡り会わせなのか
こんな寒い日に態々と思われるかもしれないが機械も寒いと動きが悪くなる

軽快な走りをしなくなる・・何となくダラダラと走る・・ブレーキの利きが悪くなる
暖房も利きが悪い!3000ccクラスでも冷たくなる・・ランクルは流石である

自宅から直ぐ獣道を歩き出す・・高圧電線の上を歩くのだから度胸がいい!

爺さんのやる事じゃないが現地人の抜け道みたいで・・
爺さんはこんな道じゃない所を歩くのが好きなんじゃ!

セレベ川という二級河川だが昔はよく氾濫したという言い伝えがある 

        

鉄パイプの中には何千ボルトの電流が流れている電線が入っている
その鉄パイプの上を起用に爺さんは平行バランスを取りながら対岸へ渡る 

日中マイナス25度のなか

気温がこの程度になると呼吸困難が起きて来る・・・
鼻呼吸は当たり前だが鼻の中が刺すように痛くなる!

口で呼吸しようものなら肺を遣られてしまう!

現地人の顔の特徴は頬骨が発達している(骨が隆起している)

日本人でも東北地方や北海道の人たちは頬骨が隆起している
顔相学では酷寒地方の人たちの頬骨は発達しているといわれる

鼻腔で冷たい空気を頬の中で一旦、暖め肺へ入れる役目をしている 

        

左写真は自宅近くから火力発電所を写す(低気圧が強く煙が真横に流れている)

右の写真は対岸(3地区市内)3kmの地点から火力発電所を写す

この日は寒くて1kmを1時間かけて歩く!普段は30分で歩ける距離
何故かと言えば呼吸の問題が一番である

標高1500mの高地で寒さがマイナス25度という条件!
早く歩くと沢山、肺に呼吸を入れなきゃならないが上手くいかない

ちなみに昨日も市内まで徒歩で散歩した!
外気温度マイナス7度

春風の如く!春を感じさせる暖かさで1kmを30分で歩ける!

当然!下着は汗をかいて体温調整で苦労する!

マイナス世界で5度から10度の気温差は冬と春の違いを感じさせる 

今も頬が炎症中!

一番寒い日に二度、徒歩で出掛けたので現在、爺さんは顔全体が
軽度の凍傷に掛りヒリヒリして熱を持っている・・・

睡眠中!炎症で起きる事がある、例年の事だから平気というか
気にしていないが日本では大騒ぎする事だろう

春になれば炎症も治まるので気にならないが身体にはよくない!

こんな事を気にしていちゃ生き残れない! 

        

左の階段だが傾斜で30度くらいで高低差40m程である

爺さんはこの階段を二段飛びで駆け上がる!(年寄りの冷や水)
上に着くと息が出来なくなる(毎度の事である)

ここでその日の健康状態を診ている(標高1500mの場所で40m駆け上がる)
山登りをされている方なら辛さは理解できるだろう!

でも夏場は駆け上がっても平気なのに冬は息苦しくなる

まぁこんな所を毎日、散歩している・・・高地トレーニング?

昨日は暖かかったので10kmの散歩を4時間で完走!
歩きだけだと2時間かな・・可愛い子ちゃんと会っている時間がある

寒い日は5時間から6時間掛かる・・歩きだけだと3時間! 

ほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村


コメント

しばれた10日間!

2015-11-27 04:09:09 | 自然科学・現象・地球

辛かった!

15日に振り出した粉雪!翌日の月曜日から昨日まで一番寒い時期に
遭遇する寒さであった!現地人は何故、寒さを予想できるのか?

例年2月に三度くらい今回のような寒さが来て春がやってくる!

昨日などもう春が来るンかいなぁと勘違いするほど気温が緩んで温か!
マイナス13度でね!・・・前日まで昼間でマイナス24度ですから

マイナス13度は本当に温かなのだ!

一番寒い日を選んで徒歩で往復10km以上歩く雪中行軍を試みた!
爺さんが若い時には考えられない事を今、体験している・・・

体育会系クラブ最高学年者の熟練者が禊を一人前の証として行う!

モンゴルの厳寒期に散歩する事がこれに該当する!・・ただの散歩なのに?

そうなんです!・・歩くだけで禊の経験ができる 

         鉄道ザハ横に暖房送水管が渡っている

上記の写真は信号旗を操作する貨物車誘導鉄道員!寒さの中!列車の誘導をしている

でも見ていると寒さで大丈夫と声を掛けてやりたいほど寒かった!
マイナス24度の中・・勤務中

右の写真奥の歩道橋が日本政府援助の太陽の橋である・・
爺さんあそこの高架橋を渡り暖房送水管橋にいる 

でも抜け道発見

         

本来は暖房水を首都に送る大型パイプを線路を通す為に作られた
火力発電所作業員専用通路を一般市民が利用させてもらっている

便利な抜け道を発見・・爺さんのように歩かないと分からない町の詳細図である

上記左写真の奥へ歩くと爺さんの自宅方角へ行く事が出来る 

これから利用するぞ!

         

よりによって一番寒い日に徒歩で歩く馬鹿が居るか?・・居ます爺さんです!
好きなんです・・ぎりぎりの状態が・・どうなるんだろう・・この先は!!!

マイナス12度までは普通の人でもかなり生活できる環境である・・

でもマイナス15度になると身体が寒さから防御本能を示してくる
身体にも変化が起きて来る・・頬がヒリヒリしだす!

鼻呼吸しないと肺が痛くなり出す!背中や身体に変化が出だす

マイナス20度になると厚手の手袋をしていても指先が痺れてくる
呼吸が困難になってきて息をするのが難しくなる

鼻の奥が刺すような痛さを感じる・・これが呼吸を困難にする原因!
爺さんも手袋を外し鼻に当て口呼吸をして息を整える・・手袋外した手が痺れだす

長い距離を続けて歩くのが困難になる!

爺さんも300mから500mを目途にマーケットや知り合いの店に飛び込んで体調を整える
寒い10日間の内、二回徒歩で往復10km以上自宅から市内までを往復したが辛かった!

何処にも立ち寄らないで歩き通しだと散歩など出来ない !

草原などでこのような状況が発生すると危険な状況になる
寒さで体温を奪われる・・汗をかいている足や手・下着が一番に被害を受けだす

酷寒地での一番の敵は人間の汗である・・歩けば足に汗がたまる・・寒さが靴底から来る
汗ばんだ下着が体温を奪いだす・・手袋も同じで指先が痺れだしてくる

動かないと足が凍傷になり出す・・

しかし、モンゴルは百万都市!首都圏内は何処にも暖房のある場所がある
歩いていて身体に異常を覚えればビルに飛び込めば解決する!

温度が5度から10度違えば天国に早代わり・・・体は元通りになる

現在、我が家は室温プラス27度である・・ちなみに屋外はマイナス25度を示している
室内は日本より快適かもしれない!

隣の火力発電所から暖房が直に流れているから最高の環境である 

ほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村


コメント

野良公も歩いていれば

2015-11-26 03:41:00 | 美女特集

美女の卵に出会う!

散歩していると金の卵に出会う事が珠にある!
爺さん!このタイプに弱い性格なので何時も溜息だけ吐いて

独り言!あぁいい女だなぁとブツブツ言いながら残念がる!

どうかして声掛け写真でも写させてもらえれば・・
万一、友達になれればなぁ
 

   振り向いた女の子は何と!

日本語を話すじゃないか!丹波笹山に短期留学をしていたという!
野良爺さん・・その方と何かの縁で知り合いじゃ!ジェジェじぇ!

この子・・序に男言葉を話しちょるじゃん!おマンさの言葉・・男言葉じゃて
笑って誤魔化す!・・

よしゃ!おいドンがおマンさの日本語直しちゃル

おいドンに後日、連絡してきんしゃい!直しちゃるけんなぁ・・・

嗚呼!なんちゅ事になってしもうた!本命は何処へ!
たまに出くわす美女の卵!

卵ちゃん自分が美女なのを知っている

野良爺さんのデジカメから逃れようとうろたえている・・
もう少ししたらこの子も世間から隔離されてしまう・・

爺サンたちは見られなくなる 

ツイ越えかけて市も歌!(つい声かけてしもうた)

この日は最高に寒かった昼日中でマイナス24度!

丹波笹山の留学生と話していると彼女寒さで震えながら話している

爺さんも寒さを忘れて話したかったが寒さには負けた!
電話番号だけ交換して分かれたのが辛い! 

   左の子が丹波笹山!右がバイリンガル女子

野良爺さんかなり図々しい奴なんです!美女を見ると話しかけないと

損するというつまらぬ考え方を持っている・・

悪い癖でつい声をかけてしもうた!

世話している丹波の会長さん
また、機会があれば乗馬しましょう!

彼女、寒さの中頑張ってます!

ほんブログ村 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

寒さと疲れで!

2015-11-25 13:42:35 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

車を使わずに

今年4月に引越しして自宅から繁華街へ徒歩で出掛けたのがはじめてである
建設中の工事現場を何度も見学に来たことはあるが!

気合を入れて歩き始めました

下記の写真は日本政府が建設した高架橋下を東西に走る
モンゴル国鉄レールが複数に走る

火力発電所への石炭輸送もここから支線が出ている 

         

可愛い子がバス停でバスを待っていたが来ないので歩き出した!
爺さんと娘は抜きつ抜かれつである・・昔は寂しい道だったが

今は所狭しと高層ビルが建ち並び東京並みになってきた

爺さんが抜かれるのは途中でデジカメ撮影しているからである

娘さんは爺さんが立ち止まる度、警戒する!・・怖いんです
モンゴル人は危ない民族です・・特に若い女の子は襲われる 

雪道は安全

         

表紙の温度計は昼日中20度を表示している

太陽橋の下にある建設省のビルの表示は12度を・・・
表紙掲示板は川の傍に立て掛けられてある、隣がセレベ川・・

川の傍は何処も5度前後気温が低い!何故かは考えてください
自然科学の不思議です・・自然を肌で感じられる・・目で見ることが出来る

冷凍庫の中でモンゴル人及び爺さんは生活している事になる

台所で食事の準備をされている方は想像をめぐらしてください
冷凍庫の中から見知らぬ爺さんが声を掛けてくるかもしれない

車の走る音が聞こえてくるかも知れません

心配しないで下さい・・生きてますから   

埃がなくなる

         

何故、こんな寒い時によりによって歩いたの?

雪が降って積雪していると普段、ゴミと埃が舞う国道・市道や歩道は綺麗になる
雪道を歩いているようなもので靴も汚れないし、空気も少しは綺麗である

こういう時を逃すと歩けなくなる・・・雪がなくなると埃を巻き上げ我が物顔で走る車

普段は何時死んでもいいと言いながら本心は健康に留意しながら生活している
爺さんが・・・可愛い! 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

寒さに負けて堪るか!

2015-11-24 02:41:01 | 学校教育・義務教育

子供は元気!

昨日は車を運転できない日・・番号で月曜日から金曜日まで一日運転できない日が
一日だけある

そこで爺さんは自宅から歩いて5km先の3地区まで散歩に出かけた!

昨日は日中マイナス20度・・日当たりのいい場所はマイナス12度ほどになる
歩いて2km先に国鉄中央駅沿いに市場がある・・そこで一時、体調調整の為

知り合いの店へ飛び込み暖を取る!喜ばれます!久しぶりだから・・
帰路にもう一度立ち寄り買い物をする

12時に自宅を出て帰りは17時だったから約5時間の散歩となる
総歩き距離は10km前後というところか
 

         

第54学校の生徒が二人、段ボール箱を利用してソリ遊びをしていた
写真を写した代わりに怪我をしないように楽しんでと忠告した

見ていると急斜面で下はコンクリート・・勢い余り歩道に着くとドンと
凄い音をたてて尻餅をつ突く!尾骶骨を強打している

子供は柔らかいから大丈夫? 

何処の国の子供も同じ

         

ここは54学校の校庭内の土手!大勢の子が遊んでいる
急斜面を靴底を利用して滑り落ちる・・

一人下に落ちた時、頭を強打し唸っていた子がいた!
大勢で馬乗りになり助けているのか殺しているのか分からない

子供の遊びを見ていると残酷である!大人が心配するのが理解できる

見ていると頭を抱えて起き上がって、また、遊びに加わる・・・
寒いのによく遊んでいる・・見ている爺さんの足と指が悴んで来た

昨日はそれ程、寒かった!昼までマイナス20度前後だから寒い 

   

見ていると高低差5mぐらいだが子供の駆け上がりじゃ登れない
登れそうで登れない!大人だとやらない遊びだが子供は何度も

挑戦して喜んでいる・・ここが子供と大人の違いである

それにしても今年の気象は何だろう?例年にない寒さが襲い掛かっている

もしかすると春が早くなる?・・昨年も同じだった・・ 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

モンゴル人の 日常生活の一コマ(自家用車版)

2015-11-23 02:44:05 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

自家用車管理

日曜日も寒いだろうと早めに散歩する『花燃ゆ!』を見ようという魂胆!
昨夜というか明け方午前5時頃、気温が一番下がる時間に
外気温度がマイナス32度!

エンジン掛かるかなぁと心配しながらかけるとがかかってくれた!

これなら屋外駐車場で充分!

爺さんは厳寒期用カバー(カバーの中に綿入り)を掛けて
屋外駐車場に置いている、バッテリーを外し自宅で温め保管!・・
これでバッテリーの上がりを防ぐ

自宅から5km離れた3地区を散歩してると爺さんと似たような車が
沢山、屋外に駐車されている
 

          夜中に風が吹いたりする

余りにも大らかと言うか物臭な持ち主!

そこらへんの石をカバーの上に、カバーも安上がりのカバー!
泥棒もこれじゃ盗まないだろう!

爺さんは作りたてのカバーを半日で盗まれた!盗んだ奴は駐車場の

雇われガードマンをしている番人から・

駐車場の持ち主に談判すると当日勤務の管理人と爺さんは地区の警察署に行かされた
警察で書類作成!当日勤務の管理人が全額爺さんのカバー代金を弁償!

ガードマンがカバーを安く販売していたら赤字になったことだろう!

翌月、解雇された・・可哀想に!

一般的な持ち主は自宅前の空き地に青空駐車!

自宅から車が見える場所に皆さん駐車して見張っている! 

   爺さんもカバーした車のようにして駐車している

モンゴルの駐車実態!

金持ちはマンション地下にある駐車場に駐車している(暖房完備)
自家用車一台分のスペースは買い取り価格で2m×6mで百九十万円くらい!

爺さんは購入しなかった車庫を都心の中心地に一つ所有しているのと減価償却を
考えると無駄な経費である(減価償却18年)車が持ちません!

また爺さんの命が有るか、この世に存在しているかも保証無し!・・なので!

自宅マンション地下駐車場は厳寒期だけ一日500円で利用できるスペースが有る
いざと言う時は臨時で借り受けられる!

一番寒い時期の1月2月だけ利用するか!

爺さんが住んでいるマンションは24時間警備員が常駐しているマンションで警備が厳重!
至る所に監視カメラ、友人を連れてくればガードマンが面通しをする

特に女性を自宅に招くと次回から女性は来たがらなくなる

住人の自家用車登録もされているので屋外でカバーをしていても盗難の心配はない

毎日、カバーを外したり被せたりバッテリーを家まで運ぶ手間と面倒を苦にしなけりゃ
何でもない!爺さんは運動の一環で行っている 

ズボラな持ち主!

   フロントガラスに氷が張り付くと氷を落とすのに30分は掛かる

かなりズボラな持ち主だが見ている爺さんが心配する!エンジン掛かるのかなぁ!

自信家なのだろう!中には何もしないで翌朝、エンジン掛けて出勤する人がいる
自家用車が新品の時はエンジンは簡単に掛かるそうである 

爺さんの車は何もしないで一昼夜置くとエンジンは掛ません!
いま、ブログ書いている時間、マイナス26度である・・車には昨夜よりまし! 

   爺さんの自宅は煙突の傍だから5km離れている  

爺さんも好きです!散歩というか毎日、現地人と交流する為、人の居る
市内を散歩しているだけ!

爺さんは外国人だから孤立する事は死を意味する

惚けにも繋がる・・だから必死に人との交流を欠かさない!

野良公と同じで至る所にマーカー(小便)を付け回っているのである

爺さんが小便しているわけじゃない!犬は電柱にマーカー付けるが!
爺さんは電柱代わりに可愛い女の子が働いている店で友達を作っている

ニ三日顔を見せないと心配してくれる!嫌がられる事もあるが負けない!
話術で撃退している・・・爺さんは日本語・・可愛い子ちゃんはモンゴル語で 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

今期最低の気温記録

2015-11-22 04:53:33 | 自然科学・現象・地球

陽が沈むと!

首都中心地から3km離れた郊外へ住宅を変えて生活に変化が現れた!
夏には気がつかなかったが3kmの距離はやはり想像以上に厳しい場所である

以前は散歩していても帰りは首都へ戻るという意識があったが
今は逆に首都から郊外へ出て行くという感じがしてならない

今週は気温が下がりマイナス30度になりそうだから注意しろと現地人が言う!
何処から仕入れているのか彼らの言う通りである

サラリーマンも仕事が終われば早めに自宅へ戻る・・

爺さんも忠告に従い真面目に自宅へ速く帰ることにしている 

           

以前は市内に時計と温度計が殆どなかった!
今は何箇所か設置され時間と外気温度を確認する事が出来る

自宅近くの外気温度表示がマイナス21度になっている
寒い割には寒さを感じない・・車の中だが、散歩中も温度ほど感じなかった

爺さんは現地人化しているか

昨日、散歩へ出掛ける前に火力発電所の煙を写真に写して出掛けた
散歩から自宅へ戻り煙突から出ている煤煙の色違いに驚き証拠写真撮影

市民の目が煩い昼間は石炭の良質を燃焼させ!太陽が沈むと・・・
ご覧のように石炭質の悪い物を使うから一目瞭然! 

一気に気温が下がる

             

上下掲載の写真を見比べてみてください

明らかに見え見栄の違いを、これが首都の煤煙傘になる
この汚い煤煙は風が吹かない限り首都上空から消え去らない 

           

写真には最高の被写体になるが健康被害を考えると空気のいいのが一番

異様な雰囲気がするが厳寒期のモンゴル首都はこのような汚れた環境に陥る

現在マイナス33度、窓から眺めると死の世界・・・(日本時間午前5時半)
爺さんの部屋はプラス27度をキープしている(スチームの温度は40度)

外気温度と室内温度差は73度の違いである

新居の生活環境は以前、首都の自宅より快適な環境を誇っている 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

彷徨えるシベリア連峰

2015-11-21 03:22:44 | 自然科学・現象・地球

北風太郎連峰

余りの寒さと心の片隅で鬱々と燃焼する虫の性で遣る瀬無い日を過ごしている
とっくに体は枯れている、寒くなると膝がガクガクして人生の終着駅の近い事を
私に悟らせようと懸命に身体が知らせている

にも関らず何処か突き止めようもないところで鬱々と燃えているものがある
枯れてます!でも異性にだけは死ぬまで肉体が冷たくなるまで燃えるのか!

太陽が顔を出す昼日中でもマイナス15度の世界に突入する・・

移動に使っている車までが悲鳴を上げる、軽快さがなくなってくる

新車ならいざ知らず爺さんと同じ様な骨董的愛車である

爺さん同様に
愛車までがキシキシ・キュルキュルと音を上げて苦しんでいる・・・

愛車も若い子を求めているのか・・スクラップにされるまで 

         

散歩も夏まではいい加減で夜中でも行ける・・・時間も行動もウダウダ状態だった

しかし、今は違う!爺さんも時間厳守である・・昔、サラリーマン時代に戻って!
体内時計の時間厳守は錆びていない!早い!短い!・・あッ何かアッたなぁ!

休まず・遅刻せず・働かず?・・これの遣り過ぎで爺さんは首になってしもうたわい!

早めの散歩から帰り鬱の如く!窓をボンヤリと眺める毎日!
そこにふと目の前に異様な光景が現れた!・・・あれ!あの山は何だ!

あんな山が有った?目測で標高4千㍍級の連峰が出現した!

枯れた爺さんだが何処かで沸々と燃える異様な燃焼が妄想を掻き立てる!
何か乙女の胸のような山まで出現!爺さんの目がどうかしている・・いや見える

富士山にも見えてくる・・望郷までが重なって・・妄想・望郷の念!

でもあの連峰は西にある・・日本じゃない方角である・・

太郎が住んでいるシベリア方面か 

石炭雲連峰

   

それにしても素晴らしい自然美である!

あれだけのものを作り上げる力が人工であろうか!
近場では1地区の火力発電所?

遠くでは300km離れたダルハンの雲?

爺さんにはシベリアの北風小僧が作った砂の楼閣?
太郎も粋なことをしやがる! 

タダの積乱雲

         

昼間マイナス15度、日陰に行こうものならニ三度は低くなる・・
なるべく日当たりのいい場所を求めて歩く

この寒さになると鼻腔の中が痛くなる・・何かに刺されるような痛さである
露出している顔の皮膚が少しだけヒリヒリしだす!我慢できる範囲で・・寒さを認識する

皮膚に優しい軽いダウンジャケット!日本で頬に当てると皮膚の肌触りのするジャケット

そのジャケットがカサカサバリバリと音をたてる
安物のビニール袋のような音がして肌に当てられない

コットン使用のジャケットを着用すると皮膚が擦り切れてしまう寒さである

長く歩くと靴先・靴底が汗で冷たくなり足が冷えてくる・・10分以上、停止すれば足が寒さで痛くなる
こうなると何処かのビルや店に飛び込まないと凍傷を起こす

そんな日が今週は月曜日から続いている・・・

この季節にモンゴル観光も最高である!ダウンジャケットを持っていれば來蒙OK!

来年1月末から3月までに来るればトーラ川で氷上クルージングが楽しめる! 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

天下を取ったら人事と宗教は慎重に

2015-11-20 03:57:42 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

中東には村八分制度がない

【パリ同時多発テロ】武器密売横行、地下モスク…
「容疑者は友達。聞かないでくれ」ベルギー・モレンベーク地区ルポ

産経新聞記事を読んでいたらベルギーの中東難民が暮らしている
地区のレポートが掲載されていた

記事をコピペしようとしたら近頃、コピペできないように操作されている

中身を読んでいると爺さんには理解できない

日本には昔、村八分制度があり村の掟に違反すると日常生活では無視される
冠婚葬祭だけは最低限参加できるがそれ以外は無視である・・

大半はいたたまれなくなり村を出るしかない

しかしである

ベルギーの難民地区の集会所がテロの巣窟になっているという
大半の中東難民は一部のテロ組織の若者を迷惑がっているというか仲間じゃないという

なら、何故、地区の長老共が地区から祖のような若者を排除できないのか?・・

このあたりの神経というか心使いが難民受け容れをしてくれたベルギー国に出来ないのか
ベルギー国にお世話になっている、平和な生活が営まれているのではないか

助けてもらっている立場である・・

自国にいると殺されるか追い出された身分の難民たちである
その難民がベルギーや受け容れた諸国でテロ組織の受け入れ窓口になっている

難民が自国から追い出され受け入れ先国で至れり尽くせりの待遇を受けている

その受け容れ国に対して追い出された国の戦闘員兵士養成所化していると言う

若者の言い分はこうである、仕事がない、差別を受けている・・

親たちは子供に受け容れてくれた国家への感謝の気持ちやその国の国益になるための
レクチャーをしないのだろうか

日々生活の不満や受入国のやり方に難癖をつけてたり
子供に日々、受入国に対する悪口でも言い聞かせているのか 


   

爺さんには理解できない!受け入れ先国で至れり尽くせりの生活を望む中東諸国難民は?

差別されたり職業差別は当たり前!自国で殺されるより差別されても努力して
這い上がる力がないのか

日本もこんな難民を受け容れていたら大変な事になる・・
昨日、記事にしたの韓国人記事の二の舞になりかねない

親切は他民族にはするものではない・・
努力できない一部難民は親切をした日本国に敵意を抱く

親切とはこんなものである

難民が受け入れ先で成功すれば受入国に感謝するが
差別を受けるような立場の生活しか出来ない難民は追い出された国の尖兵になる 

受け入れは断固拒否!

米国も二百年の歴史を作り始めてその事に気づき始めた!

昔は1万人の中から一人でも国を救う難民が現れれば難民受け入れなんて大切な事と
ほざいていたが今は米国も様変りしだした

ツインタワー爆破事件以来、弱気の三度傘!

キシンジャー・ジョブスを輩出した頃までの話である

ベルギーと言えば爺さんは世界のダイヤモンド国と思い浮かぶ・・

ハイカラでセンスのある国と思っていた
ところが今じゃ西欧の弾薬庫と化しているという

日本国も名指しを受けている!受けるだけの中身は沢山ある・・

それでも中には難民受け入れを強面に叫ぶ馬鹿が要る・・それも知名人である

人間は全て性善説の人ばかりではない・・韓国人・中国人を見れば理解できるだろう
中国から支配されていた韓国民族・英国からいいように支配されていた中国民族たち

それを国家として独立に導いたのは紛れもなく日本国である・・・

その経過には多少の問題や残虐行為はあっただろうが独立できたのは日本のお蔭である

感謝される事はあっても批判や世界中に今なお軍国日本と喚き散らされるいわれはない! 

   毒を吐き過ぎたか

現在(午前4時45分)、モンゴルはマイナス30度まで下がっている、
今期最大の最低気温で爺さんの部屋はプラス27度だが足元がヒンヤリしている

今年はやはり寒さが早い!例年だとマイナス30度は来年1月2月に記録する温度
現地の人は何処から情報を取り入れているのか知らないが寒さ対策が早い!

こんな日には隣に湯たんぽ代わりのペットがいるといいなと爺さんは一人で思う! 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

自然界では死活問題

2015-11-19 08:45:54 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

群がる雀

爺さんは散歩中!誰かが菓子等を歩道や道路に落としていると踵で菓子類を
粉々にする癖がついてしまった

これにはちゃんとした理由がある、目にいい野鳥は石のようになった菓子類を
嘴で啄ばむ光景に出くわすからである・・・野鳥である雀・ハトは真剣である

時間と危険を死と比較しながら食物を探す日常活動! 

        

それをブログ記事にさせてもらっている爺さんにはせめて菓子類を
食べやすくするぐらいのゆとりと考えが浮かぶ!

それにしても餌になる菓子類を落とす現地人の心優しい気持ちには
爺さんも真似は出来ない・・・何処から来るのか底辺への心使い!

宗教心だと思われるが・・彼らの気持ちの少しを爺さんにも向けてほしい!
爺さんも結構、偏見に悩まされながら生きている事に

何処の国でも皆同じで外国人排斥者はいるものである

昨日も車の通りが激しい場所、以前、子犬の棲家だった場所近くでの一コマ 

逃げない野鳥

  

ここでも首都メイン通りで植え込みの中、枯れ草に群がる雀!
枯れ草の実を啄ばんでいるのだろう、爺さんの目には見えない枯れ草の実?

誰かが通る度、逃げ惑い四方に飛び去りまた戻ってくる!これの繰り返し・・・

餌がなけりゃこんな人通りの多い場所の枯れ草に群がらないだろう 

人混みで熟睡中

        

野良公も歩道の直ぐ脇に枯れ草がありこれが絶好の寝る場所になる
日向ぼっこを兼ねた安全な睡眠場所!

野良公同士の縄張りというか喧嘩を避ける一番の知恵!

夜は彼ら(野良公)は寝ない!餌探しと共食いから逃れる為
野良犬を散歩コースで観察していると平均寿命が極端に短い

爺さんの観察では4・5年という所か、それともそれ以上か判別がつかない
爺さん散歩コースを毎年、同じ場所に設定している・・

野良犬も縄張りは広範囲だが顔ぶれは大体、同じである!
でも群れをなして行動している顔ぶれが三年と続かない!

爺さんのわからない所で何かが起きているとしか考えられない

常に集団のリーダーは若い集団で構成されている
動物学を研究されている学生さんにはいい研究テーマだが現地の
学生が研究テーマにしている様子もない

共食いという現実逃避をしているのかもしれない

中国や韓国の犬食い習慣を記者も報道関係者も記事にしないのと同じか
現に中国では町の繁華街中心で犬肉専用レストランが在るくらいだから

韓国も同じである堂々と犬を食べる日(祭り)まで国が指定しているくらいである

日本もそんな犬食習慣のある国にキャンキャン有る事ない事で保障など等を
要求され続けているから堪ったものではない!

でも今回のお隣さんヒステリー雌犬大統領との初めての会談で在日本大使館前や
米国等に設置されている従軍慰安婦像撤去を申しいれ受け容れなきゃ問題解決は
ないと突っぱねた安陪首相は立派である!

まさに現在、ヨーロッパで起きている難民問題と同じである

原因の根の最初の部分(もののはじめ)を辿ればヨーロッパ諸国がアフリカ大陸で
植民地政策で全アフリカ国民を植民地化し甘い汁を吸い続けた挙句の後始末が
現在のつけとして現実化しているに過ぎない・・・

博愛主義は隣国や弱い立場の国にお節介をする事から将来、招かなくていいものを
背負う事になるといういい事例でもある・・

日本国家も韓国から神代の時代から何かあれば助けを求める韓国に手助けしていた
祟りが今に大きな問題を起こしている!

中国の諺に溺れている犬は助けるなという名言がある・・     

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

雪道を馬力で行軍!

2015-11-18 04:46:11 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

体力勝負!

馬鹿と何とかは年を取らないというがまさに爺さんに当てはまる言葉である!
表紙の爺さんと坂下で前後関係になる・・爺さんが下側・・・

モンゴルの爺さんが目の前をダルそうに坂道を歩いていた
日本の青い馬鹿爺さんは闘争心をかき立てた・・つまらぬ事で!

若い時に学問で闘争心をかき立てていれば異国で馬鹿な真似などしない 

       
かなり勾配の急な場所と緩やかな場所で散歩するには最適

俺って妙な事で闘争心を起こしたりする・・少し変だよね!
爺さんは外国で浪費ばかりしている

疲れと汗が出るくらい・・坂道を抜いたからなんだろう?     

空気のいい昼間に

  一昨日から寒さが本格化しだした

昨日もエンジンをかけようとしたら一発でかからなくなった!

首都中心と温度の格差が有り過ぎ!心配になりカバーを準備!
ランクルのカバーは準備したが

ステーションワゴンのカバーは泥棒に盗まれたままで・・
新しく作り直さなくちゃ・・

それとも来年五月まで車を寝かせるか・・冬眠させる 

乗らなきゃいいだけである!

        

元々、海抜1500mの山岳首都だから高低差200mの坂道を上りきるのは辛い
早足で歩くと汗と息が上がる・・

思い出した!日本にいる時、爺さんは口で息をしていた、モンゴルに来て口で
息をするのを自然に止められた・・今は鼻呼吸をしている・・自然の力は凄い!

來蒙当初は口で息をしていた、何年か厳寒期を体験すると冬になると背中に
痛みを感じ出した・・心臓が悪くなったのか?・・誰かに打たれたのか

冷たい空気を肺へ直接入れていた・・・肺に何らかの問題があるのか・・肺癌とかね

でもよくよく考えると口呼吸していることに気がつく・・意識的に鼻呼吸をしだす
死にたくない一心で・・・出来るもんです・・やれば・・死という恐怖は意識改善に繋がる

それ以降、背中の痛みが無くなった・・・鼻毛の成長が早まる 

  

首都には色々な歴史的モニュメントが建設されている
歴史的な建国者や英雄のモニュメントである

一度、解説されたが忘れた・・歴史には興味ない!

興味深深なのは可愛い女の子だけ! 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

美人だろう女性たち

2015-11-17 03:32:37 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

若けりゃてき?

モンゴルは将来、オリエンタル世界で一番美人が多い国と言われる
今は経済発展で過渡期であるが間違いなく世界的に美人が多い国である

でも今が最高かもしれない・・ヒステリー国家から導入した整形で美人がブスに
変身している・・爺さんは止めなさいと啓蒙しているが女は止めない!

歴史的に美しい一重瞼を二重瞼にする整形である・・世界で一番整形の多い国家
韓国人とお金に欲深い一部の整形医者が手を組み首都大半の女性が二重に変身!

韓国は日本だけに毒を吐き続けているのじゃない・・世界中に毒を撒き散らしている 

爺さんはモンゴルの農耕馬を対象に話をしている、先祖からの受け継ぎ物は大切にする事

馬も女も同じで値段の天上が天文学的なサラブレッドは上を見ればキリがない

農耕馬も酷使するに耐えうる馬は評判がいいが使えないのは馬肉にしかならない 

  自宅までチェック?呼び込まれそうだったのだ

モンゴルで目を見張るような美人は街中を歩いたりしない・・・
変に思われるかもしれないが不思議な社会がある

町をウロウロしている女性は農耕馬のようなものである

爺さんは農耕馬を美人と見て喜んでいるだけ

競馬だって同じである、見たけりゃGIレースでTV観戦か
雑誌等で見るしかない!

競馬場だって入場料払って観客席からでしか見る事ができない

パドッグで見たけりゃ特別許可か別料金がかかる

馬も美人もそれなりのものをタダじゃ見れない・・見せてくれない 

いいじゃないか

  人口の少ないモンゴルでの恋愛は不幸

人口1億以上の国では恋愛も仕事も思うところと満足感で幸せが手に入る

モンゴルでは優秀でも仕事に有り付けない事はザラである
恋愛も同じである、若い時の恋愛は不幸が待ち受ける!

愛してるいるからだけで充分という方程式は成立しない
恋愛も夢も希望も生活基盤である仕事あっての方程式

爺さんは神の如く若者に言い伝える・・

恋愛より学問を優先しなさいと

大半の子供に無視され軽蔑される・・外国人の馬鹿爺さんと!

でも長く滞在していると見えてくるものがある!

若い時に結ばれて幸せな生活を送っている人は
ほんの一握りの人たちだけである

大半の人は別れたり苦しい現実に夢破れ喘いでいる! 

幸せになるなら

  自宅から北側3km先から南方角を望む

総人口3百万人弱では経済の基盤である産業が成立しない・・
家庭内産業に毛が生えたような国だから働き場は身内で独占される

他人を排斥する慣習が根付き身内で全てを処理する・管理する!

身内でも結婚した相方の身分で組織内から排斥されるような事もある 

  世界中の貧困・民族紛争も根は皆同じ

21世紀は平和な世紀になるといわれていたが真逆のようである
紛争と戦争の世紀になりそうな気配である

何故なんだろう!特に若い日本人はよく考えるべきである
それも日本列島内で考えるのではなく外国を体験して考える事!

観光旅行での見聞じゃ駄目だぞ!

何年か滞在してその国の生身の実社会を見ることが出来る見聞!

日本の文部省も教育制度を抜本的に見直す必要がある 

  

住めば都で・・可愛い子をからかいながら生きるのも
面白いものである! 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

一日中粉雪が降る

2015-11-16 05:26:46 | 首都散策・風景・冬期

クリスマスイブを味わう!

念仏を唱えるように早めの散歩・散歩と自宅を出る!
エンジンをかけアイドリング中も粉雪が降っている・・

今日からバッテリーを自宅へ持ち込むか・・・

エンジンが暖まり!

さぁ出掛けるか!少し走らせていると粉雪が本格的になる 

  3地区に着くころ路面は粉雪で白く

爺さん雪を見ると季節(時期)に関係なくクリスマスを思い出す!
爺さんは無宗教だが念仏を唱える事ができる・・門前の小僧ならぬ

爺さんが子供の頃、何処の家でも親が朝昼夕の三回仏壇に念仏を

これが耳に焼きつき困った時の神頼み!神様・仏様・稲生様と自然と声が出る
その後、大鵬・巨人・卵焼き・・王ォォ金(だ)田!広(拾おう)岡か

何せ子供の頃から調子モンだった!

その爺さんも雪の降る日は山下達郎のクリスマスソングなど口ずさみ・・
いない彼女が傍に居るつもりで切ない歌など口ずさみ・・

きっと君はこない一人だけのクリスマス・・なんて・・独りで一ヶ月先のことを
思い込みながら 

爺さんだけ

昨日も寒かった、車の運転も慎重になる・・

何処で刷り込まれたクリスマス!

人生一度も女性にもてたこともない爺さんだから妄想だけは
イケ面に負けないくらいもててもてて疲れてしまう!

クリスマスイブなんて嫌だ! 

  なんか雪を見るとクリスマス気分!

昔はクリスマスキャロルやイブモンタンのクリスマスソングで夢を見ていた

彼女・・欲しい!

今は山下達郎だ・・名曲だね

ルンルン気分で

  ODA援助の太陽橋を渡りながら岐路に着く

雪降る景色は何ともいえない・・やはりクリスマスソング画自然とでてくる!

日本的に雪降る景色で妄想すると赤穂浪士47士しか思いつかない
これも怖い刷り込みである・・子供の頃から講談やTV・ラジオでこの季節になると

赤穂浪士しか思い浮かばない・・ 

刷り込みの怖さ

  

自宅に近づく頃、爺さんは一人で生き抜いている現実に
呼び戻される・・・しっかり独りで生き抜けよ!

お前さんには一人が一番似合う!

きっと誰も来ない独りだけの人生!
サイレンとないと・・・サイレンとないばい・・・アぁひとりじゃ! 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

お隣ほどじゃないけれど!

2015-11-15 12:32:50 | 首都散策・風景・冬期

忘れてた!

毎日が寒さと煤煙でこの冬を如何生き抜くかという事ばかり!
デジカメ持参で毎日ベストショットを写そうと苦労する散歩である

可笑しなもので何か写さなきゃと思うと被写体がなくなる
一日の大半がブログ記事の被写体のネタ探しで終わる・・これって病気?

頭の片隅からグーグルが離れない・・忌々しいグーグルである
爺さんを完璧に支配している・・爺さんは支配されている状態だ!

熟睡している時も夢に出てくる・・記事如何したと!

何という忌々しいグーグル・・・こうして今、記事を書いている 

        

デジカメでモンゴル首都のいまを広報しているが空気が汚い!
これは隠しようのない事実であるがお隣さんよりは少しだけマシ!

隣は科学工場や何を燃焼させているかわからないが

モンゴルの燃焼物は火力発電所の石炭から出る煤煙と
お山に住んでいる住人が夕餉の支度や暖房に要する石炭や薪

タイヤ・科学合板を燃やすくらい!それに車から出る複合排気ガス!

今日の映像がよく見えるのではないかと如何ですか!空気の汚れ具合は 

如何でもいいけど

        

如何にかして汚れ具合を写したくていいものがかけないかと悩んでいた

早めに帰宅した昨日、開かずの窓ガラスの結露が消え外の景色を
見ることが出来た

しかし、ご覧の通り外側の窓ガラスが汚らしい

霞んで見える首都の風景!

爺さんはニコンを持っていたのを忘れていた?
ニコンは花を写すものと決め込んでいた

怖いね!老人の執念というか思い込みは・・柔軟性がなくなっている 

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント