馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

昨日もバスは私の目的地を無視して

2017-09-30 12:52:47 | 首都散策・風景・冬期

目的地まで10分

昨日は自宅から歩きで疲れました
戻るなり今日のお昼まで熟睡(病気カモ)

老人が寝過ぎるのは病気だろう(恋ィ病)

先週まで深夜族だったが普段の生活に戻すと
夜九時以降に起きているのが辛い

昨日は駅前のガード下で冷たいビールジョッキ片手に
御えねちゃんーん手羽先・舌3本塩で!

という夢を見た

自撮りしている可憐な乙女を見て写したのだが
御免ね!

  師範大学の学生か

バス遊びをして疲れた姿で歩いていると
天使が前方でほほ笑んでいる

目的地まで直線道路を10分で行くところ
ガンダン寺前でブンブンクリーザハ(市場方面)へ向かい

そこから3地区へ行くかと思いきや右折し中心地へ向かう
しめしめこれで大学街へ行ってくれるならラッキー喜んだが

途中からモンゴル中央委銀行方向へ右折ムぬ
向かう先はボぐト山(霊山)か

ロシア大使館前で下車し

国会議事堂前広場を見ながら師範大学へ
モンゴル外務省前公園を横切り

写すわけにはいかない
優しい顔してほほ笑んでくれた

30分もバス遊び

    

堂々とした建物は師範大学の校舎
これも日本軍捕虜による建造物

公園内で老人が生活費を稼ぐため
体重計で荒稼ぎ(日本円で10円)

挙句歩かされ

    

大学生たちも疲れた様子

黄葉の樹木下で恋人同士も下向き加減
元気なのは彫刻像だけ

旧自宅の児童公園で

    

旧自宅近くまでくると子供たちの雄叫びが聞こえてくる

今日は乙女一色

というより世の中、種を残せる雌が多くなるのは自然界の理なるか

元気がいい!

そこらへんに吐き散らされている元気の源を
吸いこむのに忙しい

お陰で自宅まで戻れるエネルギーを
満タンにして

まま事遊び

    

ベンチでまま事遊びの最中
カメラを向けると写真撮影モード

面白くない!

自然のままがいいのだが
第50学校前の縁で一人遊びをしている幼子

まま事遊びかな

帰宅は1時間超過

    

バス停へ向かう薄暮の首都は山頂生活者が
夕飯で使う石炭ストーブの煤煙で

キリが掛ったようにぼやけている
空気は言わずと知れた石炭の臭いに変わっている

3地区を回り1700mの丘を下り1500mまで下山すると
そこは冷たい空気の吹き溜まり

一昨夜の降雨の残りカスが厚い氷になり
寒さをより引き立たせる

自宅まで残り2km
ガス欠寸前!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

毎日がワンダーランド

2017-09-29 01:02:42 | 首都散策・風景・冬期

駐車場に脅かされて

先月からマンションの駐車場が満杯になり
今までのように好きな時間に戻ってきて

楽々駐車が不可能になった

毎日が苦になり散歩もオチオチできなくなった

  目的地へ行かないバスに飛び乗り

車を置きっぱなしで徒歩で歩くことが多くなった
歩くとなると早く出て早く戻ってくる

たまには車を動かさないといけないと昨日は
3km離れた場所まで車で行く

そこから徒歩で歩き帰りは車で戻ってくる

寒くてバス停で待つ辛さから
最初に来たバスに乗ると

  

行き出した方角が違う
TV局の方へ走るじゃないか

仕方ないTV局前で下車し
徒歩で目的地修正

オドオドした生活をしている人がいる

  30分のロスタイム

現地人も乗り間違えて歩く人が

外国人の私にこの住宅地内を歩いて
西の方へ行くことができますか

私についてきなさい
間違いなく貴女を希望の地へ

導いていくことができますよ

野良爺さんの野性的土地勘は健在

バス乗り間違い

  中国やロシアへ行くこともない

早く目的をこなし早く自宅へ戻る

バスがガンダン寺て前からTV局方面へ行く

今は気分的に散歩を楽しんでいる
バス路線を乗り間違えても

中国やロシアまで行く訳でもなし

田舎風の中年女性と一緒に軌道修正
連れがいた

54学校で大学生と

    

その後は自動車を置いている場所までいつものコースを歩く

第54学校の薄暗いブランコ乗り場で二人の大学生が
写真を写していた

こんな暗い場所で写してもいい写真は写せないと話しかける
首にニコンとキャノンをぶら下げて撮影している

太陽の光を利用して写せば美しく写せるよ

美人はより美しく
そうでない人もそれなりにと

ジョウークを飛ばしながら

まだ太陽が西に沈む前だったので西日が当たる場所で
立ち位置とか顔の置き方など説明して写して上げた

序に私のデジカメにも彼女たちを写させてもらった
授業料としてブログ掲載を了解してもらう

昨日もいい日だった

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント (2)

平地で初雪・初氷を観察する

2017-09-28 03:29:27 | 首都散策・風景・冬期

初雪を経験

昨日は運転できない日でした
寒いから早出して早く帰宅しようと出かける

    

自宅前の道路はもともと土手の産業道路

大型トラックやバスが行き交う埃舞う道路
自分本位の運転手は人が歩いていると

ワザと車道と歩道ギリギリを猛スピードで走る
現地人は根っから根性悪に生まれている

日本にも時々います
水溜りのある場所を猛スピードで走り去り

歩行者に泥飛沫を掛けて喜ぶような馬鹿を

そんな道路を歩いていると猛吹雪

歩き始めてこれだから気が滅入る

初氷を見る

  

太陽の橋を上がる階段前に水溜り
そこの水溜りも薄氷が張り

寒さを一段と際立たせる

日が当たらない場所は余計に寒い
毎日が禊みたいな生活

私は密かに千日行の修行をしていると
心の中で思い自分に言い聞かせている

標高1500mの高地で中央大陸の中心
毎日10kmから15kmを走破しているのですから

まさに千日苦行を10年間続けている事になる

高野山の千日行と違うのは私は時々
焼うどんを食ったり若い乙女と

話し込んだりするところが荒行と違う

初雪を記録する

    

首都中心地に入ると植え込みに初雪の痕跡が有る
証拠写真とばかり写す

此処は首都で唯一、本格的カレーを食することができる
レストラン前・・修行中何度か立ち寄り食する

これも荒行の一つで
異国の食べ物を食すれば如何様になるかの試練

結論は美味かった!

茜を撮る

    

六根清浄をと念仏を唱えながら3地区へと向かう

此処にも荒行にはよくないKFCなる修行によくない
匂いがする場所が有る

現地人は唐揚げが好きで魔日満席で繁盛している

私は此処だけは一度も食したことはない

そこから自宅に向かい足を進める

壁で数を数えている女の子を発見
コンんなぁ夜遅くに鬼ごっこをしている

デジカメを出してモタモタしていると
数を数え終え振り向いて鬼のような形相で

内をしているんですかと言わんばかりの形相

〆は撮り鉄

      

何時もの場所で機関車を写す

三連連結の機関車は初めて
寒さと鉄の冷たさに痺れながら

連結機関車が一台になるのを写す

自宅に戻った時には身も心もシバれていた

昨日、住宅街の植え込みにいた子犬の
姿は消えていた

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

とうとうマイナス世界になった

2017-09-27 05:48:57 | 自然科学・現象・地球

長雨のせいで

  

例年、八月九月は秋晴れが続き冬前の準備期間

今年はいきなりというか早すぎます
現在午前七時前(日本時間)

マイナス6度ですよ

昨夜も散歩から帰宅時は-3度くらい?
雨合羽では寒くガクガクガタガタしながら帰宅

肌着の下にカシミアのベストを着こみ雨合羽姿
それで寒くて堪らなかった

野良公の大変

  

一時的だろうとは思いますが早すぎだ!

散歩中、太陽橋近くに住宅街で野良公を見る
親もいないようだし大丈夫なのか

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

軍用車

2017-09-26 11:43:45 | 首都散策・風景・冬期

今日も早く出かけるぞ!

なんだかんだ雑用をしていると
出かけたのが午後4時(日本時間5時)

15km歩くと5時間はかかる
歩くだけじゃなく雑用もこなすから

  二歳児と同じ

オンボロ家屋も可愛い絵で再生!

ちゃんとこの家、生きていますよ

昔は怖くて近寄れなかった場所 

1km15分で

  鉄道の壁に

此処に日本のODAで作られた
太陽の橋が架けられている

陸橋に上がる螺旋階段から写す

二歳児が世の中を始めてみる
全ての物に好奇心を抱くような気持ちで

私は歩いている

帰りは御覧の通り

      

後姿をみた時は英国のレンジローバーかと思った

横を通り過ぎる時はハマー軍用車?

フロントを見て(@_@。(*_*;ビックリ・・ポン!
トヨタじゃありませんか

もう一度、後ろに回り写真撮影
如何でもいいことに好奇心が沸く

明るい時間に遭遇したかった

陽が落ちるのが早い
自宅に戻ったのは午後九時(日本時間10時)

疲れてごろ寝

起こされました
ニュースチエック11の青井実君に
香香パンダで

長尾香里キャスターと二人で
盛り上がっているのに起こされた

TV番組は制作担当者で決まるのか
桑子真帆を見なくなった

ニュース9は面白くないね

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

寒いのに祭りだワッショイ

2017-09-25 14:56:17 | 首都散策・風景・冬期

雨後の散歩

昨日も全行程歩きでした
膝が笑っちゃいました

疲れて今日の散歩も遅くなります

  秋晴れ

歩くのが辛い年になってきてしまいました

でも歩くぞ! 

徒歩では時間がかかる

    

距離が有る

出発したばかりの地点

ぉッ騒いでいる

  テキテク歩き

陽が落ちるのも早くなっつた

何処かで騒いでいる45学校前

行ってみれば

    

ミニスカートの乙女が眩しい

写したくなるのが理解できる

絵描きコーナーもあるぞ

祭りだ!

      

宇宙映像や世界の景色を3D映像で写す小屋を見つけた
中へ入ろうとしたら入り口で目眩がした

部屋中の映像に圧倒され足が竦む

入ると異様な経験をする

帰りは深夜になりました

  疲れたし

膝は笑っているし

帰りの一人だし
周りは真っ暗だし

寒いし!

こういう時
傍に温か蕎麦がいるといいなぁ

若命出汁のきいた

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

如何でもいい

2017-09-24 13:45:58 | 首都散策・風景・冬期

異常を越して

モンゴル大地は寒暖の差が極端だから
異常な気温には敏感に反応する

春先の雪解けシーズンのような気象状況

    

八月から九月にかけ長雨はモンゴルじゃ歓迎されない
秋が早い大地では秋晴れと言って

実りの植物・食菜・果樹が熟す時期

今年は地球が無視して我儘を貫いている

通学に長靴

  可愛い長靴姿

ノストラダムスの大予言を教科書に生きてきた時代

その時々の大事件を楽しみながら60余年が過ぎた

異国で異常気象を楽しんでいる

ダムスの大予言は満更、間違っていない
何時も予言が外れるから楽しい!

予言者って
世界中の政治家・報道機関とよく似ている

予言が当たらなくても責任を取らないし
予言者としての地位を返上しない

朝日新聞社で働いている社員みたい
嘘出鱈目新聞を発行し儲けているところなど

著書は売れて懐具合も快適

予言者を止められない(乞食と同じ)

川は春先状態

    

半年間凍結した川の氷が溶解し流れだす
上流から溜りにたまった溶解した水で川は氾濫する

いままさに川は氾濫状態

秋は夏まで満水の水量が減り
川底の石ころがみえる季節である

今年は川幅一杯に水をたたえ滔々と流れている

支流だから今頃は水枯れして水なし川なんですがね

ただ寒い

    

値段だけは一人前の雨合羽と長袖では寒くて
散歩に支障をきたす

山歩きをされている方は分かるだろう

ゴム雨合羽の利点と悪い点は

雨を体から守るが

こう寒いと汗を逃がせないから下着が濡れ
冷気と汗を吸い込んだ下着が低体温症状を引き起こす

ゴムほど熱伝導の早いものはない

昨夜は寒さとゴムの寒さで二重苦だった
厚着すれば汗が出るし薄着じゃ寒い

樹木まで戸惑い

    

秋の枯れ葉を観賞すれば
岸洋子【枯れ葉】の歌も口ずさみたくなる

善き季節です

そよ風と枯れ葉が落ちる音に晩秋の声を楽しむ

そんな具合じゃない

どうなってんの

自然界の樹木も戸惑っています

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント (2)

煽られやすいわたし

2017-09-23 13:20:16 | 自然科学・現象・地球

今日地球は滅亡?

昨夜のMSNニュースサイトはニラが地球に接近中で
北米大陸は真っ二つに裂け

地球の地軸が変動すると
地球の貧乏一般市民を煽っていた

地球最後の日に呑気に眠ってなどいられなかった

貧乏で一番感じやすい私は昨夜、一睡もせず

夜明けの明け六つ時頃まで
明星の西空を眺めていた

煽られやすいわたしなんです

    

一昨日の初冠雪の峰々
昨日の秋晴れで全て融けてしまいました

大地には素晴らしい恵みでした

地軸が激変?

    

仮説では英国あたりへ地軸がズレているというから
出来ればエリザベス女王が生きているうちに

英国が北極点になれば私は幸せ

昭和天皇が死んだ時、地獄へ落ちろと
言ったとか言わなかったはずはない

世界の植民地政策を解放した
昭和天皇だからね

とすればモンゴルあたりは赤道に近い土地に
貧乏な爺さんは裸生活ができ

経済的に助かる

バナナやマンゴー・コーヒー豆が栽培できるぞ
明るい明日の夢が開かれる

一人寂しく

    

まんじりともせず夜明けを迎え
何事もない23日の朝に感謝した

インスタントコーヒーを啜り乍ら

夜明けの幸せをかみしめた

異変なし

  

自然とは人を裏切る

何でもない大地が裂け
写真の様な何でもない山が

大爆発を熾す

でもあの山は違います
あの山が大爆発したら

私は如何なる

せめて嘘を平気で喚き散らす
北京とか
ソウルあたりで熾してヨ

兆候なし

  

世界の有名な予言者は昔から予言をしてきた

私も生まれてこの方70年近い年月の中
夢や願望を努力しないで願い続けました

その結果は何も起こらなかった

大予言者と私は似た者同士ということ?

何時もの大好きな音楽を音量2倍にして
聴いています

Sarah Brigthmanの音楽を飽きもせずに

ふと窓の外を見るとなんと
今までの秋晴れが激変し

冷たい晩秋の驟雨が降っているではないか
23日の終わりまで残り10時間が残されている

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

初冠雪

2017-09-22 10:39:45 | 自然科学・現象・地球

一昨日深夜からの雨が

この歳になり
神からお前には清きものが一つでも有るかと

誰何された

一つだけ清い心を持ち合わせています
お金を得ることが出来ず文無しの身ですから

それ以外は清い心などとうの昔に失くしました

それなら霊山でも見て心を清い心に清めよ

  階下を見れば

昨夜からの霙も一段落

ベランダを開ければ寒くてハイビスカスから
寒いでしょう!

心根のない人だこと‥(#^ω^)

可愛い子を見ると変わり身の早いこと
全ての万物に見透かされる

分かり易いわたしである

雪へと変わり

  

神から禅問答を受け

清き心を失った御身には初冠雪でも眺め
己が身の汚れた心を清めるがよいと

神は宣った

朝には霊山も冠雪

  

神はもう一言忠告をしてくれた

心清きものを見たのだから序に
昨日の青き柿は

まだ渋柿じゃよ

徳と心せ( ^ω^)・・・分からん

実らせれば実るほど美味じゃと
神様は何を言いたいのかのぉ

汚れたわしには分からん

実らせろと言われても
この国じゃ渋でも食べる悪ガキが

ウジャウジャいるじゃが

早い者勝ちの国じゃけんのぉ

熟させていると野鳥にまで
食われるんじゃけんのぉ

いや・・
神様に見せなきゃよかった

帰宅時も

    

一日中!

寒くて陰湿な一日となった

太陽が出てもプラス8度まで
早く帰らなきゃ

帰宅したら疲れで今朝まで
熟睡

目覚めても心の清さなど

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

サブリナから会いたいと

2017-09-21 04:17:28 | 首都散策・風景・冬期

不思議な現象

此の頃は生活習慣を替え早めに睡眠を取りだした
それでも午前3時半ぐらいか

早朝寝ていたら携帯が鳴り響く
此の頃は誰からも電話などないのに何だろう

人妻から会いたいという電話( ^ω^)・・・
週末の昼間、人妻の自宅前で

次は知らない人から電話・・・誰何すると切れた

三度目にサブリナから電話( ^ω^)・・・会いたいと

      

寝て居るどころじゃない!
広場へいかなくちゃ(*`艸´)ウシシシ

何年ぶりだろう5年?

風の便りじゃ大木に育っているという
私は二十歳から成長が止まってしまった

      

待ち合わせ場所にサブリナ親子が待っていた
5年ぶりの再会である

サブリナはお姉さんも抜いて杉の木になっている
母親も抜き去っている(親は176㎝)

今に2mを超すのではないか

お姉さんは3年前に首都へ来ていたが私と会うのを嫌っていた
大学に通いながらモデルのアルバイトをしていると聞く

親子三人で揃うと168㎝の長女が小さく見える

サブリナから

      

何年も合わなくても見れば分かるものである

最後に有ったのは2012年7月・ナーダム祭の最終日に
ナーダム会場でピクニックしたのが最後である

首都から千㌖離れた地方がサブリナの故郷

18歳になり首都の大学で勉強する為、上京
姉は薄情な娘だがサブリナは私の事を想ってくれていた

おおォ愛しのサブリナ

美しくなって!

広場で

  5年ぶりの再会

サブリナは美しい

薄情な姉も愛想笑い

目立つ姿

    

モデルをしているというからポーズを取れと注文する

手慣れたもので如何ような位置で写されるといいのか
心得ている

一緒に歩いていると男どもが集まりジロジロ見ている
こういう経験がないから私の方が恥ずかしい

デジカメで写していると

此方がオリの中の動物みたいで
気恥ずかしい

人目が気になり一緒に歩きたくない

一日がこんなに幸せになるとは

      

お姉さんに教わったのかサブリナもかなり仕草を心得ている
女の子はこんなにも化ける(イや失礼!)

美しく成長するものなのだろうか

5年前にナーダム祭でピクニックした時の思い出写真

食事をして

  何時もの学食で

4人で学食の定食をいただきました

食堂でも学生たちの注目を集め落ち着かない
何時もは私一人で貧乏たらしい姿の爺さんが

美女を連れてきたから店主もビックリ(*_*;ポン

週末、またサブリナと会える

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

愛しのサブリナ

2017-09-20 01:48:47 | 首都散策・風景・冬期

生活環境を変えました

我がマンションも入居者が全室入居し
広場の駐車場が満杯です

ノンビリ深夜の11時過ぎに帰宅すると
車を駐車できなくなってしまう

そこで昼前後に出かけて夕方7時までに
帰宅すればすきな場所へ駐車できる

  早く出かけて

早く帰る

  愛しのサブリナ

私が一番好きな女性です
先月、頻繁に話しかけていたら親御さんから

サブリナが怒られたらしい

如何も親御さんは私とサブリナの関係を危惧している

何週間も顔を見せなかったが昨日は久しぶり
サブリナから声を掛けてきた

彼女は何を着せても美しい

昨日も話しをしていたら親御さんが(#^ω^)
私は見つからないようにサブリナの傍から離れた

愛してるよ!( ^ω^)・・・また明日・・会おう

出会う人も変わる

  現地人は好きなんです

特に女性は体にタトーを彫り込むのが好きなんです

花をあしらった可愛いタトーだが
日本じゃ女性がタトーを入れると普通の女性には見られないと

忠告すると笑っていた

機会が有ればタトーの特集を組みたいが
写させてくれるか

のちの楽しみに

写せなかったものが

      

早く散歩していると3地区の保育園管理人から声がかかる

大型の花が咲いたから写して行けと
3mは有ろうか見上げるように成長

九月も中旬になり長雨で咲くのかなぁと
心配していたが見事に咲きました

関係者以外は入れてくれないが
特別に入れさせてくれる間柄

写して行けよ

    

直径20㎝以上の大輪が咲き誇っていました
花芽が三個ぐらいあり、管理人に一個にすると

もっと大きくなるねというと

11月頃、枯れると種を採取し
保育園児と一緒に種を煎り食べるのだそうだ

種の大きさより量を確保したいようだ

中国じゃ貴重な食料です
炒るとナッツの様な香りと味がします

刈られる前に記念写真

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

天高く馬肥ゆる

2017-09-19 01:53:05 | 首都散策・風景・冬期

壁を越える馬

  大学街芸術大学校舎

モンゴルの馬は現地人から自然界に存在する
他の動物に表現されることが有る

特に競走馬は伝説の馬にするために

さしずめこの馬は壁を駆け上がる黒ヒョウとでも言おうか

ナーダム祭で優勝すると今年の優勝馬は
狼の様な駿馬とか草原を飛ぶガゼルの様な駿馬というように

新聞の第一面を飾るに相応しい表現をする

黒ヒョウか

秋です

  

昨日は一日秋晴れで素晴らしい日和でした
でも秋用のコートを着ないと過ごせなくなり

記事を書いている現在(19日午前3時半)屋外温度は0度

郊外の草原ではマイナス5度ぐらいになって
霜や薄氷が張ているかもしれない

夕方は寒くて早く家に帰りたいという気分

厳寒期に備え

  

第五学校付近で飼い犬君と久しぶりのご対面
散歩させているお嬢さんも犬君も顔見知り

厳寒期に備え冬靴履いて寒さ対策

でも水虫にならなきゃいいが

ビル建設も暖房対策

  

役に立たないが小煩い爺さんである
こそこそ除くながらいちゃもんを付けているさまは

屋上暖房工事に直コンクリートの上に発砲スチロール材を張り
そこへ早朝から生コンを流し込んでいる(有りです?専門家さん)

発泡スチロールは何年か経過すると縮小したり無くなりません
セメントを流し込んで乾くとコールタールで防水をするつもりか

見なかったことにします

肥ゆるには

  ツーワンを食べる

昨日はシングルヒットというところか、まぁまぁの味でした

此の頃、モンゴル焼うどんにハマっております

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

黄葉が始まりだした

2017-09-18 05:19:25 | 黄葉・紅葉・四季の花々

もの悲しさ

  

昨日も自宅を出るのが遅くなったので
歩いて出かけました

秋風で気持ち良い散歩でしたが
モンゴルは晩秋の佇まい

日曜日という事で人影もまばら

ふと並木道を眺めると

枯れ葉舞う

  

写真でもとカメラを向けると
風と車のスピードで落ち葉が舞う

秋というより冬景色

なに恐竜?

    

国立音楽大学前で信号待ちしていると
真後ろに気になる鳥が飛んできてヤドリギ

写そうか迷い

躊躇いながら逃げられてもともとで
デジカメ向けても動じない

チャンスとばかり何枚か写す

獰猛なんです

  

来蒙した時から気になる存在の鳥
私は勝手にオナガと思い込んでいる

大きさは25㎝程で紅口カラスほど

木の実や草とか動物タンパク質も食す

厳寒期にはカラスと肉の取り合いをするほど
獰猛な野鳥です

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

日本は男女不平等で暴走国家なり

2017-09-17 13:35:46 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

斉藤由貴負けるな

    

一般社会人が住んでいる下界と特殊な芸能社会という壁が低くなったのか
それとも昔から壁などなかった(都合のいい時だけ魔法の壁を作り上げてた?)

日本の社会は男性が浮気しても許された社会
でも此の頃は女性が男と同じ事をすると叩かれる風潮が有る

報道関係機関は男の腐ったような家畜職業社会

国内情報はもちろん世界中の報道も正確に報道しない
この社会現象は昔からで、いざという時に盲動的に暴走する大和民族

今に北朝鮮国家と同じような国家になる可能性が大きい

大好き

斉藤由貴が個人的に大好きでデビュー当時から
彼女が歌手でデビューしたことも知らないで

最近の作品では【お母さん私娘止めてもいいですか】
うっとり由貴ちゃん眺めていました

大好きなんです(守らなきゃ)

彼女は独身の頃から私は一人の男だけじゃ生きていけないと(公言)
女性が男を食べたら大パッシング

大和撫子だって肉食系女はいるんだ
私も批判覚悟で記事を書いていますよ

私が嫌だったらブログから離れて行ってください

女だって好みの男と遭遇すりゃ
男を食いたい時も起きるさ

私は女性心の胸の内など分からないが
同じものを食い続けるほど女も

馬鹿じゃないという事

そんなに大事な奥さん彼女なら
男は死ぬほど女に尽くさなきゃ

大事な女はよそ見しますぜ!

馬鹿な男よ!
そこのアンタの事さ(* ´艸`)クスクス

知らない所でいい男を食っているぞ
奨励しているわけじゃないけど

男だってクズでだらしない男が沢山いる
つまみ食いされたくなきゃ男らしくあれ

    

モンゴル社会は如何なの

大半の男性には生き辛い社会である
度胸と寛容さがなけりゃ男はタダの玉なし家畜

  

モンゴル男性も女が好きな種馬みたいな男どもだが
奥さんに浮気がばれると殴り蹴り倒されるか離婚だね

その時は身一つで家から追い出される(覚悟がいる)

夫婦・彼女の喧嘩は凄味が有る
日本の女のように泣いたり泣き寝入りはしない

男と同じファイティングポーズで喧嘩をする
女性と言えど身長が有る1m65cm以上がザラだから

喧嘩は凄いよ!
柔な男はビビる

大衆の面前で二人の秘め事を堂々と罵り合うから
旦那なぞ二度と自宅付近をウロウロできなくなる

お隣さんや知り合いに会うとニタニタ笑われ
挨拶を受ける羽目になる(*`艸´)ウシシシ

素チンで包茎で超早漏などと
ありとあらゆる二人の秘密をバラされてしまう

私など記事を書いていて恥ずかしくて穴が有れば
逃げ込みたいほどである

これだけじゃ済まされない

やり返される

  穴が有った

奥さんも彼女も遣られたら遣り返すのがモンゴル女性の流儀
旦那の前で昔ボーイフレンド・旦那の知り合いの男に電話して

私を抱いて!
私は貴方と今日、会いたいのと実行する度胸が有る

遣られたら遣り返す
こんな言葉が何処かに有りました( ^ω^)・・・何処の宗教だったか

狂っている報道機関

      

日本の報道機関の怖さは昔から変わらない
情報操作を空気を吸うように意図も当たり前にしてしまう

明治から世界第二次大戦まで権力者の言いなりになり
そう言いながら報道の自由なんて家畜の様な主張をする

家畜は自分の庭の草も他人の庭の草も区別がつかない

今年、国連婦人団体がフランスで女性人権の国際会議を行った

そこで例の朝鮮売春婦が日本軍にレイプされたと宣ったそうである
世界中でキチ外のように叫びまくる売春婦・・

日本にも来て叫んでいる売春婦です

福島・辻元が連れ歩いている売春婦ですよ

フランスの会場で売春婦が演壇で事実を話したそうです

私たちは韓国半島戦争時、ジープに乗った来た
大量のヤンキー軍隊がやってきて

私たちをジープに載せて売春宿に拉致していったと

ベトナムでも同じような事になったとサ聴衆はキョトン(〃艸〃)ムフッ

フランス人や会場に居た出席者は会場で静寂になり
勇気ある婦人が発言したそうです

この話は日本軍人に拉致された話じゃないのではないかと

こんな事実を報道機関はなに一つ日本国民に真実を伝えない

これが今の日本の報道機関の事実じゃないかと私は思う

出過ぎた杭は叩く

それも権力者と関係ない杭だけ

序に若い時、我が蜜部のインケ゚を晒し有名になったタレントが
演出家として舞台を作ったが脳タリンだから相手役を罵倒したと

堪りかねた相役は舞台をご辞退したと

如何だろう、辞退した二人の女優さんを溺れた犬のように
叩きまくる報道機関はさしもの中国人そっくりである

権力機関におもねる人を見たり聞いていると
悪寒が激走する

演出家になりたくて舞台を作るのなら自分で台本を書き上げろ
そして好きな俳優を使い公演しろと言いたい

馬鹿俳優などこの時こそ正義と言わんばかりに
大組織におもねて卑屈になって二人の女優に
激怒する

お前じゃ梅沢素チンと高橋裏門君

男がだらしなきゃ女だって好みの男に惹かれるのは世の常
と妙に此の頃、心騒ぐ日々である

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント (2)

寒い一日だった

2017-09-16 10:57:55 | 首都散策・風景・冬期

この寒さ東京の1月

15日から首都集中暖房が入りました
家から出たくない気持ち(室内温度27度)

知り合いから外は寒いよと忠告有り

雨合羽でよかろうと安易な馬鹿予測

      

昨日は雨雲が厚く首都を覆い空は灰色模様

太陽が出ないとこんなに寒いのか思いながら歩く
子供たちは皆、ダウンジャケットを着こんでいる

標高1500mの高山だからね

私の雨がっぱは有名なメーカー
雨時サウナ状態((´∀`))ケラケラ

少し寒くなると拷問ガッパ
出た汗が寒風にさらされ悪寒がしてくる

山登りした人には理解できる駄目用品
デザイン・配色抜群だが用途的に最低

何処で着ると快適なんだろう
(The Noeth Face製)通風性ゼロガッパ

歩きました

      

1kmも歩くと汗が出だしたので合羽を脱ぐと寒くて風邪引きそう
汗を乾燥させ雨合羽っを着ないと寒い

チャックをしないで風通しをよくし歩き出す

汗が出そうになると鳥のように両手で雨合羽を
大きく羽立たせ背中の空気を入れ替える

メタボガチョウの如くパタパタさせながら歩く

屋外は寒い

    

一昨日は久しぶりの快晴だったが急に寒くなるなんて
ブツブツ言いながら歩いているが

冷静に考えればマイナス世界のある国じゃ当たり前
それもマイナス世界になる前に異常な長雨である

寒くならないほうがオカシイ

でも記事を書いている今
屋外は晴天です

これから出かけますが
気温は保証できかねない

一度気温が下がると
東京のように元に戻ることはない

震えながら帰宅

      

出かける前、車の出入り口を大型車が塞ぎ看板の付け替え中

どかせと脅かすが流石、獰猛民族
逆に逆襲を食らい(〃艸〃)ムフッ・・退散させられる

仕方ない歩くしかない

ケチは出かける前から始まっていた

二足歩行だから時間はかかる
帰宅前は御覧のようにとっぷりと陽が落ちている

寒さとやりきれなさと空きっ腹で震えが止まらない
朝から何も口にしていない

寒いんです(標高1500m高地)

3地区から自宅まで4kmぐらい

看板のケバブはトルコ料理(肉の丸焼き)
注文すると肉を薄切にして出してくれる

トルコ風BBQである

実際は食べていません(紹介しただけ)
私は子供の頃から欲しくても我慢できる

モンゴル人はこんな私をケチという
ケチじゃないんだけど(節約家)

無駄と余計な支出はしない(出入を考えて)
安易な生き方をしない

小銭であろうと緊急時には役立つ

現地人とは真逆な人間だから合うはずがない

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント (2)