馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

大型車を弄る

2019-06-30 13:11:34 | 首都散策・夏季

後悔ばかり

二年前から持ち越していたラジエーター修理
遣りたくないのと短い夏と査証問題で先送りしていた

修理工場へ出せばいいじゃないかと思われますが
それが大問題なのです

米国式修理をする(ネジ・パーツを抜く・他が故障する等)
今回、自分で解体するとネジが出鱈目に取り付けられている

  大航海)後悔( 

昨日午後1時から地下駐車場でコソコソと解体しだしたが
室内が暗くエンジン側のネジが見えない

そこへ馬鹿なマンション職員が来て此処で修理するなと
注意をしてきた、誰にも迷惑かけていなし、貴女たちとて

自動車の修理や洗浄をしているじゃないかと返事すると
無言で立ち去る(ケチの着き始め)

表へ車を出し解体
明るくて最初から表で解体すればよかった

しかし、最後の難題が発生
ラジエーターの下部ホースが外れない

結論から言えば昨日は機械に負けて撤退
修理完了とは行きませんでした

持ち越し

  手前にクーラーラジエーター・奥に空冷ラジエーター

経験してみないと分からないことばかりである
古希過ぎて無知な事、甚だしい事ばかり

文化も歴史・機械修理も自分の目で見たものが真実である
他人の著書など読んで理解したつもりなんておこがましい

メーカーも簡単に分解・修理出来ないように工夫している
ネジが全て同じ太さのネジじゃない

ドライバーとペンチで解体は出来ないようになっている
何度、諦め後悔したことか、これじゃ修理より泣き言ばかり

心を鬼にして一人でやり遂げると誓う
今日も記事書きしたら始めます

ホース外しだけです
分解して理解できました色々なものが緩んでいたり

取り替えなきゃならない物が見えてきました
格闘すること7時間で判定は車の勝負あり

私はといえば先ず手がしびれ体中の筋肉が
バリバリで手が一番痺れています

本当の気持ちは遣りたくない

深夜の散歩

  

疲れていても体は散歩するだけの気持ちを残していました
それでも体には歩けば歩くほどボディーブローのように

容赦なく体に与え歩くのも辛い状態
こういう時、車でスイスイ散歩する心地よさをしみじみ感じる

明日こそ外すぞ!

トボトボ

  

鉄橋を渡りビール工場裏手へ来ると
煙突が笑っているように見えた

笑われるような事をしているのだから
こういう事をしていると日本という国が

なんて素晴らしい国なんだと理解できる
他人に任せていても安全・安心・難修理を

納得できる範囲で気持ちよくしてくれる

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

梅雨?

2019-06-29 12:08:41 | 首都散策・夏季

夕方になると

先週から一日に必ず雨が降り出す
車の修理をしたいが修理が出来ない

地下駐車場内では眼が見えず修理不可能
明るい屋外で解体をしたいのだが雨が邪魔をしている

  午後9時半の首都

昨日も雨を避けながら散歩をした
行きはよいよい帰りが怖い

帰り道、自宅方面は真っ黒な雨雲に覆われ
急ぎ足を止めさせる!

傘を持参していない
如何したもんか
濡れたくはない心境である

雨雲が

  可笑しな天気

如何にか自宅まで辿り着くという状況
なんと自宅近くに来ると雨雲から太陽が燦燦と降り注いでいる

3地区の大通りでは悪寒のする風が吹く
突然の大雨前に吹く不気味な涼しい風です

嫌だ嫌だと言いながら足は自宅へ駆け足状態
傘を持参していないから雨に遭いたくない一心

西から

  午後9時半、ベランダから

午後6時頃、散歩に出掛けた
空を仰ぎ見ながらの散歩である

散歩の3時間だけは降らないで
といいながら無事に散歩を終えた

散歩も楽じゃない
疲れるね!

夜景

  午後11時の夜景

帰宅早々、HNK国際放送を見る
トランプ・プーチン・習・安倍ちゃん

内容は無いが巨頭三人の揃い踏みは珍しい
窓を眺めながら太陽が落ちても明るい

北のシベリア方面がしらじんで(白夜)見える
7月初旬まで太陽が遅くまで沈まない季節

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

雨の中の散歩

2019-06-28 11:12:36 | 首都散策・夏季

いざ出発

午後6時17分にロービー玄関まで来る
ここから踏切まで30m程だが雨が降っている

自宅から此処までエレベーターでB1へ行き
地下駐車場から別のエレベーターでロービーへ出てくる

  30分も待てば止むだろう

20分待機したら小降りになったので出発!
その間、御用カシミア方面から30歳代の若き女性が

雨に濡れやってきた
30分も待てば雨は止むと宣言しびしょ濡れの女性に

テッシュペーパーを差し上げた
当たり前の如く受け取りお礼も言えない

これが共産主義の教育である
無闇矢鱈にお礼を返すのは問題を生じるという思想

知らない人からの世話やお節介を安易に
受け取らない事が問題を持ち込まないと教育されているのか

プーチンが自由主義は時代遅れだと宣った
馬鹿こくなと言いたい(大泥棒めが)

彼ら共産主義国家の権力どもは自国民や他国民を
家畜や虫ケラと思っている(他人の親切を虫(無視)する)

日本にも多くの馬鹿が共産思想や組織に憧れている
所詮、大菩薩峠の殺戮が彼らの本性なのだ

気に沿わなきゃ平気で仲間でも殺戮(解体)してしまう

映える

    

私は折りたたみ傘を持っていたのであるが
ズタ袋に入れて小雨の中を歩き出した

踏切まで30mしかないのだが本格的な雨に変わった
仕方ない傘を取り出し傘での散歩に早や代わり

雨は日本人の肌を優しくしてくれる
鉄橋では河川敷の緑が雨で萌えている

線路内もしっくりして気持ちいい
なんといっても雨に濡れた枕木のみずみずしさ

乾燥の激しいモンゴルで日本を堪能する

煙る

  

跨線橋までノンビリと歩いてきた
雨に煙る霊山が雨と雨雲で霞ヶ関

そう言えば昨夜のNHKクローズアップ現代で
福祉大学の留学研修生の特集をしていた

理事長が教授会の席でガッポガッポと
錬金術の話をしていたテープを公開していた

この話って霞ヶ関キャリアの話なんだよね
人間って最後の詰めが甘いんだよ

黙って登り詰め成ないんだよね
そこがエリートと馬鹿が学ぶ教育の差なんだよ

私の将来予測では福祉大学は5年か10年以内に
一流私立大学に成り代わると考えている

雨で頭を冷やされ冴えたかなぁ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

マーキング

2019-06-27 12:38:06 | 首都散策・夏季

違うー!

昨日は電気代をエネルギー省火力発電事務所へ
徒歩で10分ほどの場所へ電気料金支払いでいく

そこにはエネルギー省があり隣に事務所がある
そこから徒歩で10分程の場所に太陽橋がある

高架橋入り口にバス停があり今日は国鉄中央駅方面へ行きたかった
待つこと5分位でバスが来た飛び乗ったら首都中心地へ行くバス

いつも私の気持ちを裏切る乗り合いバス

ガンダン寺の下を通るバスで寺下で下車しガンダン寺へ向かう
久しぶりのガンダン寺境内を横切る・・お祈りはしません

効能・祈願がゼロの寺である

  所詮、他力本願は無理ですなぁ

15年前から建設していた新宮殿(本殿)が完成していた
開眼法要が9月に開催されるとガードマンが言っていた

内部を見たいから少しだけでもと頼んだが無理でした
仕方ない斜め横断で西の出口へ向かう

見上げるようなTVタワーが目の前に現れた
いつも跨線橋からネオンを写しているTVタワーである

昨日はガンダン寺から
我が家まで歩きました

そびえる

  跨線橋からTVタワーを見る

一年前からコースにしている跨線橋がこの頃はしっくりする
私は烏賊・蛸じゃないかと思うときがある

釣り好きだから魚介類に思考が走る
光物に飛びつく癖がある

女性と同じで山吹色が大好きなんです

縄張り

    

ガンダン寺から3地区大通りを東から西へ2kmを歩きました
植え込みに郊外山岳地帯で咲く植物をみる

ここを歩けば必ず靴屋さんに立ち寄る
月下美人やセントポーリアの花を咲かせている

昨日も月下美人が咲いていた
従業員さんたちも美人ばかり

ここが一番

  

最終コースはやはり線路道
いまはここが一番の散歩コース

急いで帰る我が家でもない
だれか愛おしい人がいれば話が別ですが

出迎えてくれるのは花達だけです
昨日も餓鬼みたいにブラブラ道草食いながら

歩いていると後ろから女性保線員さんが来た
話しかけてくれる唯一の女性である

日本が好きなようである

踏切まで一緒に歩く
旦那と三人のお子さんがいるという

二人が男の子で一人が娘という

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

雨上がりの散歩

2019-06-26 11:32:17 | 首都散策・夏季

綿雲を頭上に仰ぎ見ながら夕暮れの散歩に出掛ける
日本とモンゴルには1時間の時差がある

モンゴルは1時間日本より遅い時間
昨日、散歩へ出かけたのは午後5時56分

日本時間では午後7時頃です
モスクワは日本時間でお昼です

線路を歩くよ

  気持ちいい枕木跳び

モンゴル時間で会社の終業時間帯である
しかし、昨日は誰一人歩いている人は居ない

人が居ない方が気持ちいい
散歩は一人で自分のペースで歩くのが一番

早く歩きたい時、線路際に咲く植物を
心往くまで眺めたり話し掛けたり

一人じゃなければこうは行かなくなる
先駆者の教えを学ぶなら散歩は一人に限る

『枕木跳び』
枕木の幅は50cmから60cmが標準

私の歩幅は80cmから1mぐらい
疲れた時は一歩一歩歩くには丁度好いが

普段の歩幅だとかったるいと言うか歩幅が違い過ぎる
枕木を一本抜かして二本目の枕木に足を伸ばすと

これが厄介で歩幅に多少無理がくる
走ると丁度よい幅だがそれをすると汗が滴り落ちてくる

線路を歩く人を観察していると線路の脇の小道を
大半の人は普通の如く歩いている

私は不恰好な姿で枕木をピョコヒョコ枕バの如く
枕木を歩き終えると体の不調を感じる

右足を軸に右足だけを使うと右足筋肉だけが痛む
左足を軸に左足だけを使うと左足筋肉だけが痛む

ヒョコピョコと不規則な歩き方になる
時々
アマガエルたちが腰伸びしているのを思いだす

帰り道

  3地区から4地区へ下る坂道

モンゴル時間20時25分(21時25分)の写真です
我が家の裏手にある霊山に夕陽が映えている

高層住宅ビル群に西日が遮られ暗く見える
人の目でも夕方の明るさ

働いています

  上の写真と同じ場所から

カメラアングルを操作し人間の目と同じ明るさで写す
時間は上と同じ時間で午後8時25分明るい時間です

陽が落ちて暗くなるのは1時間後くらいになる
モンゴルは夜が短い時間に突入

地下マンホールで作業している

仕事帰り

  鉄道会社の職員

日本時間で10時前ですがやっと太陽が西の連峰に
隠れた時間です(20時52分)

私が30分以上道草を食いながら跨線橋まで戻ってきました
真面目に私の早足で上記の写真撮影場所から普通に歩くと

跨線橋まで10分ぐらいの距離なんです
3倍近く時間を掛けて自宅へ戻っているわけです

昨日は跨線橋上で高校生らしき女性が二人で
スマートフォンで自画像を楽しそうに写しこんでいた

筆草?

  踏み切りで21時17分の写真

やっと踏切まで戻ってきました
周りの風景は一昨日と変わりなく特に写すものもない

踏み切り手前で鉄道の踏み切り業務をしている
女性保線区員さんに抜かれてしまった

抜かれ際、挨拶し機関車が走らないんですかと質問
そうなんですよと急ぎ足で抜かれてしまった

踏み切りに着くと例年の如く
やわらかい筆草がそよ風に気持ちよさそう

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

雨に濡れて

2019-06-25 15:33:05 | 首都散策・夏季

残り

記事ネタが無く困っている時こそ最高の日々
幸せって何も起こらないこと

  跨線橋から帰路を写す

左上空に雨雲が有る
これは雨を降らしている証

鉄橋手前でいつもの番犬が待ち受けていた
少し遊び相手をしていたら雨がボトボトと落ちてきた

本能的にヤバイと思い番犬に声を掛けて帰る
ビール工場の裏に来たときは背中から雨が当たる

踏み切りを渡り残り50mという所で土砂降り
一昨日の分もとばかり雨に叩かれた

お陰でびしょ濡れ
相手しなきゃ濡れなかった

今朝も雨

  朝から雨です

雨の日は心地よい睡眠がとれる
10時過ぎまで起きないことにした

朝の珈琲とMSNニュースを読む

午後の晴天

  午後1時過ぎに止む

明るい太陽が燦燦と降り注ぐ
これがモンゴルの空だ

気持ちいい青空が有るから
モンゴルを離れられない

我が家

  

我が家には一日しか持たない花と
かなり執拗に咲き続ける花がある

甲乙つけがたい花たち

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

雨雲と駆けっこ

2019-06-24 13:22:34 | 首都散策・夏季

新参犬

昨日は日曜日という事で裏道?(線路歩き)は
人っ子車も走らない静かな午後

出かける前から雲行きが悪く如何しようと悩んだが
モンゴルの雨は一時的な雨なので徒歩を決行

踏切まで来ると上空で稲妻が光りドカンと音がする
ボグド山沿いに西から東へ雨雲が流れる

雨雲が地上に向かって縦に白く立っているのが
雨を降らしている場所です(二箇所)

  隣の子犬を睨み付ける

ロシアの老犬を川の土手に投棄した工場の番犬
私の方へ来るのを何時もの番犬が阻止している

私は雨に遭わないように北の方角へ
3地区へ早足で線路を歩く

後ろから雷と光がひかる

公害

  周りの空気がが臭くなる

体によくない重油の排気ガスを力一杯吐き出す
今は排気を風が分散しているが厳寒期は排気がその場へ落ちる

ハンカチで鼻と口を押さえ早足で立ち去る

ミツバチ

  大丸ハナ蜂

3地区第54学校の地盤沈下跡に咲くレンゲ草の花に
オオマルハナバチが花から花へと飛び回る

足と体に花粉を絡ませ飛び交っている

目立ちたがり屋

  欲しがりません勝つまでは

結果、雨に遭う事はなかったし帰りも早く帰宅できた
鉄橋手前の土手に一際、鮮やかな原色植物が咲き乱れ

思わず駆け下りてしばし観賞に耽る
健康を気にしているせいかブロッコリーを思い出す

白か緑ですが緑黄色野菜は体に良いと言う
これを食すると健康を取り戻し若返るか自問自答

天麩羅にして食する?
油がよくないんじゃよ 

生だよ・・食べるなら

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

他犬とは思えなくなってきた

2019-06-23 11:53:04 | 首都散策・夏季

五月蝿いけど

近頃、散歩に出かけるのが楽しい
鉄橋を渡り本線へ出るカーブに差し掛かると

必ず親子犬が私の来るのを待ち受けて私を見つけると
駆け寄り楽しそうに私の周りを全速力で駆けずり回る

眺めていて私まで幸せにしてくれる

    

私は女性には可らしき持てない
しかし、動物のメスには結構、モテルというか好かれる

動物じゃなく私が一番愛してやまない女性だと幸せなんだが
昔、求愛の歌を何十通と送っても返事一つ返してこない

釣れない川で釣り糸を何時までも垂らし続ける馬鹿な太公望も居ないだろう
そんな初歩的な愛の綾もできず愛だの恋だの叫べば

臍が茶を沸かすだろう事も理解できないご中年美女どの

それに比べ写真の親子犬は可愛い!
実に可愛い!

私の周りで愛を思い切り振りまいてくれる
女性もこうでなくちゃ生きている価値など無いだろうに

遠く離れた場所から知的愛を語るがあなたの人生などの邪魔はしない
それともモンゴル女性と同じでお金の綾取りがお好きなのか

そちらの方じゃとしたら私の方がお金に枯渇している

ぁのう

    

家の傍に自動車工場がある
そこのヘンスに猫がいた

老人の癖に動くものには敏感である
猫の毛並みと雑草と塀の汚れ色がよく似合う場所に猫がいた

突然、声を掛けたから猫が狼狽した
ぁのう・・礼儀正しく返事をしたいんですが身動きできなくて

土手へ飛び降り私のほうへ向きを変えれば楽なんじゃないですか
そう言われても私は飼い猫じゃないような立場でして

ましてあなた様に挨拶などする間柄でもないですし
何故!

急に場の悪い処で声など掛けられるんです可
迷惑千番とはこの事ですよ

爽快!
お前さんのシドロモドロの姿が好きなんだ
そういうのを偏屈爺の悪趣味というんですよ!

不思議な

  

昨日は散歩時間が早かったので
帰りも汚点等(お天道)さんがお隠れになる前に鉄橋まで来た

私が好むくすんだ紫色の小花が咲き乱れている
毒々しい花色に心を奪われる

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

線路端に咲く花

2019-06-22 12:39:29 | 首都散策・夏季

危険なものなし

散歩するのも大変です
車道脇の歩道を歩くのが一番ですが

馬鹿がワザと側道スレスレに猛スピードで走り去る
その後には粉塵が濛々と前後から巻き上げる

謂わずと知れた歩行者への嫌がらせ快楽である
私にだけではない歩いている人全てにだ

  線路脇に咲く花たち

私は車の通らない道を探す
そこが線路である

線路は近道でもある
昭和30年から40年代の日本を思い出させてくれる

人の数より大地の広さのほうが大きい国である
春から夏になり順番よく花が次から次に咲き始めている

今までは機関車ばかりでしたが
今は野良公・野良猫ちゃん飼い猫ちゃんと忙しい!

線路には馬鹿な暴走運転手はいない

奴らも

  野良犬も礼儀を弁えている

私はこの地区の隠れボスである
私はかなり執念深い性質を持っている

私に逆らうと棲処にしているこの地区で生きていけなくする
徹底的に追い出すワルである

そういうところは米国の権力者に似ている
近所の餓鬼どもにこ奴は噛むぞと言い触らす

ある日、保健所が来て掃除してくれる
ジョウー苦ですよ!イラン心配しないで

野生の動物たちは人間をよく観察している
歩けない場所を平気で歩く凍結した川を歩くとか

そんな変わりモンには彼らも手を出さない

黄色・白

    

私も線路道を無作法には歩かない
雑草だろうがむやみには踏まないようにしている

枕木を歩くのもそんな理由もある
喜寿を過ぎたがレールの上を器用に歩くことも出来る

共存共栄というルールか
保線員や司令塔の職員にも認知されている

私が線路を愛していることを見せているからね

空腹でチュぅ

  からかわれているんじゃ

第54学校の傍でお腹を空かせた番猫が
敷地内侵入の雀を縄張り侵略で狙っている

敷地内は2歳児からの保育園で
その敷地内でアルバイト中の猫ちゃん

捕まりっこないと言うに
猫君本気度100%です

お腹が空いているようで
何が何でも捕まえたい様子

相手は今期生まれた雛ちゃん雀です
猫の怖さを知らないのか友好的な子雀ちゃん

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

長い一日だった

2019-06-21 14:49:25 | 首都散策・夏季

夜明けの行動

例年の行事であるが我が地区だけ一週間温水が出ない
23日には出るとの事だが毎日、風呂に入らなきゃ調子が悪い

子供の頃の躾は死ぬまで直らない

  我慢できない

昨日は明け前に目が覚め行くぞとばかり
車に飛び乗りホテルへ向かう

24時間営業だが早朝の時間に利用している奴などいない
ホテルに到着してサウナ部屋へ行くと受付嬢は仮眠していた

申し訳ないが起こして料金を支払いサウナ室へ向かう
サウナ室でも従業員が清掃とお湯と冷水を入れ替え

二箇所のサウナ室(乾室・湿室)も清掃され
暖め直しで少し温度が低いお客さん待ち

サウナ室の男性従業員も更衣室で仮眠中

私のサウナ流儀は体を洗い場で頭から体を石鹸で洗い綺麗にしてから
サウナや温水・冷水を利用するというのが私の流儀

日本の時から銭湯もサウナも観察しているが
私のような人は少数派である

よく観察していて大半の男はサウナも温水風呂も
体を洗わずにそのまま入る

私はそんな奴に体を洗ってから入りなよと言いたいが
そんなことを言うとお互い気まずくなるので心の中で馬鹿と軽蔑する

中には威勢のいい男が体ぐらい洗って入れよと言う大尽がいる
そんな時、その大尽の背中でも流してやりたいほどである

サウナで汗を流してもそのまま冷水や温水風呂には飛び込まない
まずシャワーで汗を流し綺麗にして利用する

まぁこんな他人の事を気遣うような奴はたまにしか居ない
でも何人かは居ますよ

すっきりして出てきました
利用時間2時間で帰り道も出勤前で道路はスイスイと快適

自宅でクラッシック音楽を聴きながら珈琲とパンで朝食
午後まで音楽を聴きながら優雅に過ごします

河川敷

  一日音楽を聴いて過ごす

日本時間では既に太陽が落ちた午後7時半頃(時差1時間)に散歩へ出かける
モンゴルは一番太陽がジリジリ暑い時間帯である

ハンカチで汗を拭きながらの散歩
鉄橋下の河川敷は緑の世界

郊外の草原ではまだ新芽が少しだけしか出ていない
お腹を空かした家畜に食べさせてあげたいほどの成長

子を紹介

  子犬を紹介してくれた

私が鉄橋を渡り本線へ行く枕木を歩いていると
お調子モンの犬が走ってきた二匹で

角地の番犬と分かり声を掛けると一匹が横っ飛びをした
よく見るといつもの番犬の子犬のようだ

よく似ているが毛色が若干違う
初めてのご対面だから私を警戒しての横っ飛び

親子で仲良く!

麦穂

  

本線へ出ると先週から夜に雨が降るためか
線路脇の大地に小麦が花を咲かせている

サイロに入れる小麦が落ちたのか
季節はずれの成長

実がみのるといいね
冬の野鳥の餌になるから

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

癒されます

2019-06-20 15:31:05 | 首都散策・夏季

今日から夏

モンゴルという極寒地国には冬と秋のような夏があるだけ
春と冬の区別が明確じゃない(氷が解けたとき春である?)

夏もわからない春かと思いきや秋になっている
春・夏・秋が5月から11月まで三季やってくる

    

駅前レストランの飼い猫ちゃん
私を友達と認識したようである

飼い主は私を猫泥棒と思い込んでいる
私の日本語が嫌いなようで猫と話していると

家族が全員出てきて猫を家の中に入れてしまう
猫好きな人に言わせると猫種名・メインクーンという猫の雑種という

何せ誰にでも穏やかというか優しく人懐きのいい猫
昨日調べたらオスです(私は三毛猫と思い込んでいた)

三毛猫のオスは3千万円というから飼い主が
私が来ると猫を家に入れるのが理解できます

私は猫種が分かるまで、この猫を3千万円と
思い込んで眺めていたんです

宝石の種

  

国鉄中央駅前にある遊歩道の植物植え付けが完了し
夏観光客のための整備が完了しました

厳寒期になると大半の植物が凍死・水不足枯れで死滅します
松科の樹木が植えられています

松ぼっくりが鮮やかで宝石のようです
このまま何かの異変で化石化すると高価な宝石になる

何十万年先になるわけで私は生きていないか

爽やか

  

跨線橋からの眺めです
この景色を見て春から夏に季節を変えました

今日から夏です

欠陥建築

  

旭鷲山ビル・ホテルの隣にある集合住居の最上階壁面が
老朽化で壁が崩れ落ちている

レスキュー隊員が壊れ落下しそうな壁面を
ハンマーで落としている

これも消防レスキュー隊の役目・訓練の一つなのか
下では交通警官が車の通行整理をしていた

夜汽車

  

3地区で様子を見ていたり学生と遭遇しタカラレタり
していたら遅くなった

鉄橋まで来ると後ろから機関車が
見張り役の保線員の爽やかな姿にもう夏なんだと

やはり夏だなぁ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント

春から夏へ?

2019-06-19 12:57:36 | 首都散策・春季

早朝の景色

誰もが7月早々に始まる国家行事・ナーダム祭に向け
猪突猛進中(参加者は出場資格・観客は入場証明書確保)

競馬・弓競技・相撲と出場者も参加者も忙しい!

  

企業も春から夏にかけ稼げる時に稼げとばかり
馬力をかけ全力操業

現地人からおもろい話があると連絡
何処かの省の役人が特権を悪用し御用となった話

そんな国へ日本もディー人が4人も來蒙したという
その一人が省専用機を欲しがる奴という

臭うなぁ・・
そんなマズゴミの話を聞かされて夜になる

午後の様相

  

雨が降りそうな模様の中でかけました
我が家が位置する場所だけ大雨でした

東側方面は快晴
何なんだよ

先程の特権悪用事件は嘘じゃないようである
報道機関が省庁の前で実況報道をしている映像を見せてもらった

先週の話のようだからそろそろ日本にも到着するだろう
昔の中国・科挙制度・・韓国・両班(韓国版科挙制度)

共産主義国家の社会組織はこれだ!

夜景

  

帰りは深夜午前様で疲れました
何が疲れたかといえば聞く耳が疲れた

まず金ありきの国は疲れる

  

花たちもまずは水ありき
水をあげなきゃこんな綺麗な花を咲かせない

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

美女と怪獣

2019-06-18 09:51:19 | 首都散策・春季

餓鬼と遭遇

この頃、散歩に出かける時間が遅くなっている
その分、家で芋虫のようにモソモソしている訳だが

知識・健康的な事でもしているかといえばノーである
脳を腐らせているような事しかしていない

    

何も考えず青空の下を颯爽と歩くのが一番である
跨線橋で先日の餓鬼とバッタリ遭遇した

操車場の入り口には片割れの餓鬼が待ち受けていた
大きな声で連絡しあい橋を小走りで掛ける

飼い猫をやっつけていた餓鬼である

イチゴ好き

  天女と怪獣

自宅に帰りブログを整理していたら昨日の満月を
ストロベリームーンという記事が満載中である

私が写真を整理していたら美女と怪獣が現れた
写真を写すときから満月と雲の構図がよかった

令和になって二度目の満月だが最初の満月は
査証問題で満月どころじゃなかった

昨夜は線路歩きも九ちゃん歩きをした
踏み切りを過ぎ自宅に続く歩道まで

上を向きっぱなしで歩いたのである
ここ何年前から月を異常に見ている

サークル・ゲーム

    

タイトルはイチゴムーンなんて呼び名があることを知り
記事を書くときに味付けならぬ色付けをしただけ

イチゴと掛ければサークルゲームと出てくる脳ちゃん
何でか知らないが脳に焼き付いている歌である

パンチと切なさと軽やかな歌に引かれる
内容は70年代学園紛争を映画化したもの

私の青春は学園紛争とは無関係な青春だった
私の個人意見だが日本での学園闘争は

遠い昔から日本へ違法入国し日本家族に背乗りし
世界第二次大戦の大敗で日本国民が辛酸を舐めているとき

今までの親の恨み辛みを今こそ晴らそうと日本国家を
破壊した事に
他ならない行為が学園紛争ではないかと考えている

その子や孫が二重国籍やセクトの親分として
国会でデカイ面して野党を牛耳っている

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

どんなドラマが待ち受けているか

2019-06-17 12:52:49 | 首都散策・春季

夢を乗せて

昨日も午後7時に出かけるかと重い腰を上げ散歩の準備
ところが西の空がにわかに暗雲となり雷を伴う雨嵐に

二時間自宅待機!

      

出かけたのは日本時間午後9時過ぎでした
踏み切りを渡り線路へ入り込み散歩の始まりである

雨の線路は私をロマンの世界へといざなう
今日も何かしら素敵なロマンが待ち受けているか

踏み切りで物憂げな女性とすれ違う
跨線橋の上でロシア方面へ帰省する列車と遭遇

列車旅の醍醐味は駅を出たばかりが一番ロマンチックである
列車内からデジカメを持つ爺さんを見つめる客たち

素敵な夢と物語を!

アッ海が

    

跨線橋を降りた先に海原が広がる
先程の嵐の後の夢物語

首都で一番、海原になる場所である
寄せては引く波の音にロマンが感じられる
海洋を持たぬ民には私のロマンなど解るはずもない

あァドブ騒の臭いがする
江ノ島・相模・湘南・鎌倉・下田・焼津の匂いだ(釣りに行った場所)

潮騒の音

    

いま問題を起こしているプラゴミもきちんと映し出されています
日本だけじゃありません世界中の海洋が汚染されているんです

引いては打ち寄せる波に私の心は翻弄させられる
我が家で珈琲をがぶ飲みした体が冷やされ

出なくていい現象が私を襲う
歩いて2分の場所に私の現象を解決してくれる場所がある

しかし、今はその場所さえ遠くて不可能に感じる
ロマンなどとっくに吹っ飛んでしまう

どうして海原を渡るか

    

現地人ほど厄介な生き物は居ない
対岸へ渡ろうと浅瀬を歩くとワザと私の横を勢いよく走り去る

小型船舶!忌々しい安モンの船舶め!
海岸のゴミ溜め目掛けてワザと走り去るボロ船舶

こういうことに機転が利く民族である
行きたい場所は直線で100mはないが回り道するしかない

回り道して

    

回り道して中央駅前に戻ってきました
なんとここも海原です(青い屋根の場所)

昨日の嵐で倒れた遊歩道のシンボル(手抜き工事)
いま来た道へ逆戻りし飛び越えられる場所が無いものか探す

因幡の黒ウサギを思い出す
目の前に小型サメが行き交う

要領いい言葉を掛けてただ乗りし対岸へ渡ろうとしたが
ここのサメは小賢しいサメだから私が逆襲に遭う確立が大きい

そこで私はイワンの馬鹿に出てくる神様の真似をして
対岸へ渡ることにした

踵歩きをすれば簡単に海原を
渡れることに気がついた

目的地に着いた時には私の我慢も限界点に達していた

海原を再現させるほどの大雨を降らした
ドドドッド ドドッドジョージョー賢治の波音だ

いゃ注文の多い料理店だったか
私は呆けてしもうた

深海の恐怖

  

深夜の高地トレーニング
寒さは感じないが一昨日と同じで

小雨が降り出した
大した程じゃないが

風で今日は背中がびしょ濡れ
ロマンのあった夜の散歩だった

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

春台風?

2019-06-16 14:23:00 | 首都散策・春季

暗雲

朝から西の空は暗雲が立ち込め首都へ次々と流れ込む
前日ブログで換気扇が逆流し大変だったと記事にした

今は眼がゴロゴロして気力を失くさせる
塵のせいにしているが性格的なもの

  言い訳が多い(男の癖に女々しい)

こういう時こそ賢い人は車で散歩するものである
馬鹿は反対で何の対策も立てずノコノコ出かけていく

散歩に出られないから出かけたのは日本時間午後8時半過ぎである
風が台風なみで何だまだ風やんでいないのかぐらいの馬鹿モンです

散歩に出かける

  監視の役目をしてません

鉄橋に来た頃には眼に塵が入り嫌な状況
そういえば写真の監視員も伏せ目がちです

口の中で砂を噛む状態になっていた
きっと鼻から吸い込んだのだろう

小悪魔のようにペッペッと唾を吐く
品位の無い馬鹿である

番犬?

    

鉄橋を渡ると番犬が入り口で勤務中です
余分なことをする馬鹿です

呼び掛けると尻尾フリフリやってきました
私は近所の悪餓鬼と同じです

ワルが仲間を呼び寄せる仕草と同じ
ノコノコとやってくる犬も犬です

お前番犬?
本線入り口まで付いて来ました

こうして悪は仲間を作り組織を大きくする

被害甚大

  バックリ剥がれてます

跨線橋の傍にある製粉会社のビル壁が剥がれています
安普請のビルであることが証明されます

首都に建つ高層建設ビルは皆同じ建築方法です
我がマンションも同じです

嫌な予感

  跨線橋殻西を見る

乾燥が激しいから一度、強風が吹くと土埃が荒れ狂う
防塵メガネが欲しい

臨時休業

  三毛猫の自宅です

中央駅前のレストランも臨時休業中
張り紙がして有ります

路上には街路樹がゴロゴロ落ちています
トタン屋根も剥がれて路上で暴れています

歩道橋のコンクリート柱が折れ曲がり
ポプラの木の枝は凶器です

枝の幹(直径)が10cm以上ある枝が上から落ちてくる
頭や体に当たると死ぬ恐れがある

散歩するため歩道を歩いているのが怖くなる
3地区に行った頃、雨になり止みません

馬鹿はびしょ濡れで帰り着きました
帰り道、キノコを収穫しながら

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント