馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

困ったトランプは可愛い

2019-12-19 12:01:20 | 首都散策・冬季

黒煙で蓋?

下院議会でトランプが弾劾訴追された
初めてシュンとした顔を拝見し笑っちゃいました

普段いつも小馬鹿にした話し方・態度が今日は
政策参謀を片っ端から首切る姿からは想像できない

脳ちゃんが幼いのだろうか
上院議会で訴追を免れたら自由世界の為に頑張れよ!

日本の野口健さんも普段、環境活動している割には
言葉狩りに遭い反省させられています

口は災いの元です
皆さん汚い言葉は慎みましょう

グレタお譲よ温暖化を言うなら歩けよ
これからは二足歩行で世界中を歩き回り温暖化を訴えろ

馬車や馬だって温暖化の原因なんじゃ

陽が落ちると

  霞に咽ぶ首都

午後5時半頃、散歩に出掛け2時間強歩いて中央駅前まで来る
ご覧のように化石燃料の煤煙で埃の中を歩くさま

煤煙で30m先がボンヤリと見えます
原因は何かを追究したい

今の時間帯で外気温度がマイナス20度以上
肺へ吸い込む冷たい空気が痛い

上空にはマイナス40度以上のシベリア寒気だ座りこんでいる
冷気で盆地の首都に蓋をした状態である

火力発電所で燃焼した石炭が上質だと暖かい空気幕が作れない
そこでワザと少し質の悪い燃料を燃やし煤煙で上空の冷気が地上まで

降りて来ない様にバリアーフリーを意図的に作り上げた?
煙突から出る煤煙が煙突と同じ高さから南側へ流れている

濁った空気

  普段は綺麗な夜景が

何処を写しても同じような粉が漂うような空気感
肺へ入れたくないと思いながら寒さの中、ボタンを押しまくる

吸い込んだ冷たい空気が鼻の中で悪戯をする
空気が冷たすぎて鼻腔が痛い

マイナス20度以上である証拠
自宅で温度を測ると20度を越えている

深夜にはマイナス30度越えた・・・

冷気に押し付けられ

  ゴビカシミア工場

羊毛の毛を洗浄する工場から白煙が濛々と出ている
温水を使っているからだろう

いつもは上空へ一気に上昇し消える白煙が
昨夜は工場の周りに漂い不思議な感覚

まんべんなく

  煤煙を見ればかなりの黒さ

踏み切り近くまで帰ってきました
ビール工場の裏も外灯を消し薄暗い

何故、外灯を消す
よく観察してくださいライトの周りが埃の舞う状態に見える

全て煤煙なんです
早く家に戻りたいと言いながらデジカメを写す

記事を書いている昼間でマイナス29度だった温度が
1時間足らずでマイナス23度まで下がりました

今日も早く出掛けなきゃ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« プレゼントを抱え | トップ | 寒気団の蓋 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トランプ (ハブグレジュンタのマミー)
2019-12-20 11:35:18
トランプさん、最初はいやな奴と思っていましたが、最近は親近感を覚えてきました。トランプさんはガキ大将なんです。言ってることとやることが同じ人。他の政治家と違うところでいいところと思っています。
昨今の民主党からの弾劾は、かえって民主党の株を下げたと言われています。ウクライナ疑惑が証明されなかったため、弾劾理由が職務乱用ですから。なんか、日本の野党みたいなことをやっています。政治家なんてどこの国もおんなじだと思わせてくれます。今度は共和党がバイデンの息子の中国やウクライナとの関係を議論してほしいです。
真実を知らせる義務 (馬とモンゴル)
2019-12-20 16:47:43
ハブグレジュンタのマミーさん

こんにちは!

貴女の仲良し三人組には馬鹿なリベラル派を演じ続け来世へ行きましょう。(孤立する事は苦痛に繋がる)

国民が1億・3億といると自国の政治も経済も分からなくなります

モンゴルのような総人口が3百万人ぐらいだと誰が善人で誰が悪人か分かるモンなんです

見たくなくても見えてしまう。

今も世界では目に見えない場所で一部の金持ちと権力者が円卓を囲んで次は何処で紛争や小さな戦争を起こし互いの馬鹿を利用して武器弾薬を供給し訓練させ解決できない状態を作り出すか知恵を出し合って金儲けをしている事でしょう

その尖兵が各国の大統領であり国家元首なんです

私が以前からトランプ大統領が実現するのを応援したのはトランプが米国の実体を曝け出してくれるからです

ヒラリーや共和党でも幼少時代から西欧諸国や米国の権力者しか学べない大学で学べば世界の情勢がどうなっているか一般市民は分かりようがない

その証拠にヒラリー一家はクリントン財団を作り貴族生活を謳歌しているんです

昔、米国映画で西欧の貴族階級女学校で生活している学園映画がありました

世界中の金持ち娘が寮生活をしているんです

自由国家の権力者・アラブの王子・貴族等(共産主義国家も含む)とスキーや旅行で知り合い恋愛する映画でした

現在も現実に西欧・米国・ロシア・中国の特別大学は世界中の権力者たちの子供の学ぶ場所として存在している(蓮方が北京大学で学ぶ)

卒業し世界各国へ戻っても何らかの強い繋がりで世界を動かすようになっている

モンゴル人も権力者の子供たちは西欧・米国諸国の大学で学んでくる

トランプにはそれが無いからホワイトハウスを世界中に公開してしまう勇気がある

其処に世界の真実が垣間見られる

民主党次期大統領候補バイデンの息子がウクライナで政府系の職場で仕事をしていた事実、これなどトランプ以上の弾劾問題でしょう

米国人だって少し賢ければ理解できます

その証拠に民主党議員から三人に反対票がトランプに流れたことです

共産主義国家や軍国国家等の怖さは言論統制・自由行動の抑止・職業選択の自由が無い事ですよ

如何に自由な国家が良いかを世界中に発信しているトランプを馬鹿なリベラル民主党国民こそ米国に必要ない国民なんです(トランプもやりすぎる所がある)

時の大統領を槍玉に挙げ目の前で反対意見や行動しても銃で直射砲を放たれたりガス弾・ゴム弾を撃たれる心配も要らない・・・これが自由国家の証なんです

中国の香港事件然りチベット・新疆ウイグル事件でも一言反対を言えば黙殺・謀殺・叩き殺す行為です

ロシアも政治が大統領に叛旗を翻せば毒殺・銃殺され経済界で金儲けしている企業の経営者が強引に会社を略奪され抵抗すると殺されているんです

簡単に法律を変え無理に法律違反者にされる

これが共産主義国家の実体です

共産主義国家にも良いところもありますが自由と職業選択が少なく権力者の家族や子分の子供たちで組織を固めてしまう

私も日本にいる時は何も分かりませんでしたが日本を外部から見ていくと世界の実態と日本国が見えてくる

自由が如何に大事かと言う事がヒシヒシと理解出来ます

現在の日本国も安倍首相と言うおもろい人物が首相でいるから日本の政治が見えてくる

これが東大や賢い人物だと国会を公開などしません

まして霞ヶ関など開こうなど考えないでしょう

そう考えて世界を見れば霞の向こうで何かが蠢いている人物像が浮かんでくる世界は面白い!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・冬季」カテゴリの最新記事