馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

禊修行も終わりか!

2016-02-29 03:14:33 | 自然科学・現象・地球

餓鬼の散歩か

自宅を出て200mほどの場所でコンボイ(大型トラック)を見る事が出来た!
古希に近いというに大型トラックを見上げて喜んでいる爺さんを運転手が見下して

怪訝そう!   なんか嬉しくなった!ボルボのコンボイ!デカイ!高さ4mはある

   家を出てから暑くなった!コンボイ見て

何時もの電光掲示板見てさらにヒートアップ!時間は午後3時半近く

散歩時間は何時も3時間から4時間で歩行距離6km前後!

気が緩む!

        役所の温度計はマイナス3度

この時期が一番、体温調整が難しい!薄着じゃ寒いし厚着だと汗が出る

また、厳寒期に出ていた汗がダウンジャケット・着っぱなしの下着に汗が沁みこでいる
その汗の臭いが室内に入ると暖房の暑さで臭いを発散する時期でもある

特に老人の汗は臭いのだ?本人は判っていない!臭わないから
自分で自分の臭いが判ったら最悪状態!

ソロソロ下着もダウンジャケットも洗濯するか

心は穏やか?

   私にも吼える頼り甲斐のある番犬

職員がいなかったので子犬たちを写してきました

一人前に爺さんに向かって吼えまくる2匹!
よくよく見て・・何だ!爺さんかと・・黙り込む

日向ぼっこ中!

言えない悩みが一つ

   腹が減っているのか情けない顔

帰りに覗いてみたらドアの前で重なり合って番犬中!

丁度、午後6時半頃、日本時間で7時半である
全行程、歩きっぱなしだと2時間ほどだろうが爺さんは目的が邪悪!

あちらこちらでマーキングしているから30分から1時間は休憩を取っている

それが何年も散歩できる秘訣なのかもしれない

それにしても長かった厳寒期の禊修行も終わりに近づいている
これからは陽気な散歩になりそう

寒さがなくなると周りの景色がよく見え出した

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

世界中が共食い状態

2016-02-28 13:35:03 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

モンゴルも例外じゃなくなる

此の頃、景気のいい話など聞かない!
まして現地の市民は情報を知っていても他人には話さない

知り合いの邦人に聞けば国の金庫に金がないという噂だぜ!
それを現地人に伝えるとそうなんですよ!

誰もが持ち金を使わなくなり出したのか、それにしても不穏である

20世紀までの各国(リーダー国)が途上国家の地下資源搾取・奴隷で
成り立った政治・経済延長線上の社会

先進諸国・途上国家も今は情報も政治も人的交流も昔とは格段の違い!
中東だって貧民街で生活している人でもスマホで世界が読める

白人中心社会による有色人種の奴隷と世界中の途上国からの地下資源
人的供給で繁栄した社会が

21世紀にはそうそう上手いようには行かなくなってきている

原油搾取でも中東地域にはなんら恩恵はなされていない
中東王族の一部だけが恩恵を受け白人社会のリーダーと栄華を謳歌しているだけ

中東王族の言葉を借りれば市民に恩恵と資金が行渡れば国を維持できなくなると言う
そうだろう!(王族廃止で国を追われる恐怖)

今や世襲制の王族国家や政治・経済での世襲じゃ世の中、成り立たなくなっている
モンゴルも然りであり、国家内で金持ちと貧乏人の社会を作り上げ貧乏人を搾取して
国を維持している

          市民の動きが鈍くなっている

私も例外ではない!此の頃、野暮用で無駄な経費を使わされてきだした
国にしちゃ有る所から吐き出させろ主義か金が湯水の如く蒸発しだした

もともと、この国に財産を消費しているわけだが理不尽な蒸発が起き出した

毎日のように首都中心へ行く事が多くなった

首都中心地のシンボルと言われる場所に人影が無い

私も食われ始めた

   歩く姿にもウキウキした感じがない

そう見えるだけなのだろうが気になる、

株価の乱高下!戦闘機による航空ショーではない!何が原因でそうなっているのか
中東だけじゃないアジア諸国もオカシナ国が騒ぎをワザと作り出しているように

思えてならない!

裏で大国同士が騒ぎを演出し金儲けをしているとしか思えない

こんな社会を作り出している白人社会をこのままにしてなるものかと
アラブ人たちが覚醒した21世紀の出来事が次々と起きている

アジアの大国も昔から白人による煽動で政治・経済が個人欲だけで動いている

穏健な他の多くのアジア諸国が迷惑している

笑い事じゃない

   いまじゃ地球裏の騒動が社会に影響している

モンゴルも例外じゃない、地下資源豊富な国家ではあるが世界中の経済が低迷しだすと
地下資源国家も最終的に減算抑制で一気に経済が落ち込んでしまう

途上国と元共産主義国家制度の煽りで身動きできないほど国家財政に落ち込んでいる

何年続くやら知れぬ経済不況が一刻も早く回復する事を願うしかない

21世紀の地球は一部の人間が潤うような社会じゃなく底辺で苦しんでいる
地球人の底上げをし豊かな社会仕組みが出来あがる地球を考えたい

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

コメント

我が家にも春一番

2016-02-27 03:14:39 | 黄葉・紅葉・四季の花々

残酷な栽培者

我が家には二種類の植物が春に花を咲かせわたすを勇気付けてくれる
ひとつはセントポーリアもうひとつはウンベラータ(別名・中国のバラ)

4月になる前に新枝が多く出て枝ぶりや成長を妨げる為、選定をしている
選定した小枝は挿し木で根を出させ

4月頃に土植えにして花が好きな現地人にプレゼントしている

こういうわけで栽培のわたすは残酷極まりない栽培者なんです

        育て方の上手なわたす!

昨年暮れ最後の花が終わると新しい小枝を沢山出してきた
成長の早い丈夫な枝で不ぞろいな小枝を選定した

何となく枝振りを整えて美しい花を咲かせようと考えているわたす!

何気なく見ると

  挿し木ばかりに神経を使い小枝の先は無視していた

ところが何気なく葉の部分を見ると蕾どころか花のがくが出て開花寸前!
挿し木なので水分だけじゃ開花は遅く・・ヘタするとこのまま枯れる可能性がある

咲いたら嬉しいし・・今年最初の開花宣言

清楚な一輪

  嬉しい!我が家の宝

現地人の意地悪な美女(本人が思い込んでいるだけ)が言うには
この花は気難しい植物だと言う・・何故だと質問すると

美人が栽培すると花を付けないと言う(この家にも我が家の挿し木を上げている)
何年前だろう!葉は青々と繁り勢いはいいが花を付けない(日当たりも好し)

我が家のは沢山花を付けてわたすを喜ばしていると自慢する
何故、君の家の花は咲かないのだろうと言う?と言うと・・・

上の言葉が返ってきた次第である

要するに私が美人だから植物が焼餅焼いて咲かないと言うのが彼女の自説!

わたすは心の中で叫んだ!間違っている・・

毎日、アンタが毒を吐くから花芽が枯れるんじゃ!

でもわたすはレディーファーストである・・

私がブ男だから我が家のは咲くのかと・・

喜んだねー!こうしてわたすは相手を持ち上げる天才でもある

でもわたすの本性は小悪魔である!

彼女の家を後にすればチエッと舌を鳴らし
○スめと罵るのが癖になっている・・

イカンいかん口汚い言葉は禁物じゃ

植物も心優しい人を見抜く力を自然と備えていると自負している

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

モンゴルも雪が降る

2016-02-26 13:30:45 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

早朝、呼び出し

午前8時半に電話が鳴る!寝ぼけ眼で出ると役所から呼び出しである
9時までに来いとのこと・・急いで役所へ急行・・いや特急か超特急!

モンゴルも昨夜からの雪で道路も歩道も雪で美しい

現在、滞在査証の審査手続き中である、財政難のモンゴル国の財布は空っぽ!
笑っている場合ではない

そこで偉い方が考えただした妙案は外国人滞在者の財布

両目が飛び出し抜け落ちるような金額を提示してきた、問答無用!法律が変わった
支払いたくない・・支払えない方は・・どうぞ!・・・

お引取りを願います!

今回は支払うしか方法は無い!

来年も同じ金額を請求するなら此方も考え!検討しなきゃならない

知り合いの邦人に事情を収集したら現地人と結婚しているから除外?・・話にならん

   自動車制御基盤不正操作のVW者の奥に役所がある

自宅から歩いて20分の場所に査証役所がある

行くと副学長がロビーで待っていてくれた!
国会で議決された法律だから役所に文句を言っても始まらない!

昨日、全額国の銀行に入金済み!手続き審査が例年いなく厳しい!
政府発行の協会証まで嘗め回すように調べピーを写す!書類に添付しているのとは別に

如何にかと言うか金さへ入金すれば関係ないが一応、厳格な審査をしているフリをしてる

二人で腹だ立たしい口をブツブツいいながら諦める!

        雪の跡の朝は清清しい

急ぎ足で20分かけて役所へ到着!

要するにお金を支払ったか・・・支払えば滞在させてやる・・生意気な対応に・・悔しい!

起きて20分で急行!事務所で入金の確認!10分・・事務官僚(完了)・・

3月1日・許可書を取りに来い?・・二人で唖然とし口・・・ポカン・・ポンカン・・ぁホンだれ

雪景色はいい

        悄然と帰る道なれど雪道は清清しい!

今、わたすは自宅窓から眺める景色は太陽が出て道路・歩道の雪は融け!黒いドロドロした
景色が目に飛び込んでいる

経済破綻?財政破綻?如何でもいいけど宵越しの金は残さない主義国家はヤメロ!

塗炭の苦しみを味わうのは何時も底辺の国民・滞在外国人じゃないか!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

コメント

ともに裏街道を生きる野良公とわたし

2016-02-25 01:52:44 | 犬・番犬・野良犬・狼

邪の道は蛇

今じゃ馬特集は皆無に等しい!グレーが行き先も告げずお隠れになった
いつ出てくる事やら・・

ほとぼりが冷めた頃、電話が掛かってくるまで馬はお預け!

今じゃ野良公特集である!雨後の筍のようにノキョノキョと
行く先々で野良公とバッタリ!鉢合わせ!

相手も私を見るなりお前か!と言わんばかりの顔をして無視!

       写真に気がつきませんか

今月9日記事の集団が今日も登場!?・・どうも同じ道を生活コースにしている
相手も爺さんも獣道を散歩コース・縄張りにしている

雪のある土手でレスリングの特訓をしたり沢の底で日向ぼっこをしていた集団
彼らの塒が獣道のフェンス越しに有りそこを見知らぬ人が通ると威嚇している

犬の声で声のする方へ行くといるいる!集団で若い男を威嚇している
私が現れると威嚇を止めた!・・お互い顔見知りだからバツが悪そう

子犬たちは態々、抜け穴から此方へ出てきてご挨拶!

野犬も此処まで来ると愛情を感じる!可愛い顔をしている

共通点が多い

  何時もの土手で暇つぶし

爺さんは反対側から写真を写し3地区の大通りから裏道へコースを変える
野良公たちは何処をどうして歩いているのやら

時間差と言うか待ち合わせしたように何時もの場所ですれ違い!

裏人生

  見覚えある場所でしょう

そうです!裏道と言うか獣道を歩いていると相手も同じ場所へ反対方面から
集団で遣ってきた!声を掛けても知らん振りして通り過ぎる

写真を出したら早足だからはるか遠くとズームで引っ張り馴染みの場所で写した
1km四方を縄張りにしているようで棲家は有料駐車場を本拠地にしている

駅前で

         一昨日、国鉄中央駅前で写す

丁度、太陽が燦燦と当たっているビルの壁で昼寝中を写して立ち去った
この時は子犬が単独で日向ぼっこぐらいに思い!記録写真として写す

このときは可愛いという気持ちで!

1kmはなれた場所で

         怯えた様子!

駅前の写真は一昨日の写真!偶然、この場所を縄張りにしている集団と
すれ違ったばかりで距離は50mほどの場所、獣道を歩くから獣に遭遇する

後姿で子犬が座り込んでいる、此処にも野良公がと写しすれ違いざま!
あら!昨日の子犬ちゃんじゃありませんか!・・如何したの???怯えた様子

声掛けると見たような人?見たいな顔しているが動けない

座っている場所は氷の上!

この氷、立ちションの尿である
ここは有名な立ち小便横丁なんです

これから暖かくなると臭うんです!
ここ一面にアンモニア臭がに立ち込めて

そんな氷の上から動こうとない!何かに怯え!
腰が抜けたように

ここは君の生活する場所として相応しくないと言うのがせめてもの忠告
別の場所へ行って強く生き残りなさいと

でも駅前から此処まで1kmは離れています

犬の行動範囲は広いものである

いい親分にめぐり合うことを祈るのみ

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

縄張り争い!

2016-02-24 02:38:38 | 犬・番犬・野良犬・狼

悠然と構えるボス

昨日、鉄道の高架橋を渡っていると線路内で縄張り争いの最中!
右側4匹が他犬の縄張りに割り込んできた

左側線路内で悠然と座り込んでいる3匹が縄張りの持ち主集団

   奥の高架橋が太陽の橋

近頃、暖かくなったので何処からとも無く湧き出てきた野良公集団

今まで何処に雲隠れしていたのか、人間より野良公の方が目に付く

縄張りに侵入してきた集団は4匹でNO2らしき若い犬が威嚇している
寒さの中、暫く見ていたが侵略組みの方が分が悪そう!

後方で構えるボス

   NO2が引き返しボスに報告?

親分!相手は俺が脅しているにも関らず悠然と座り込んでいて
余裕すら感じますぜ!・・

親分!如何致しましょうか

馬鹿野郎!襲い掛かるんじゃ!一咬みで奪い取れ!

俺一人でやれと言うんですかい!

親分は如何するんですか
俺たチャ・・此処でお前の暴れ具合を見学させてもらうぜ!

此処の縄張りは最高だぜ!・・マル暴だって簡単ニャ手が出せない場所だぜ

親分!俺一人じゃ・・相手は3匹もいますぜ!・・・

このような会話があったかどうか?

縄張り死守!

         帰りには元の集団がいました

簡単には縄張りを取れるもんじゃない!
住み慣れた場所を簡単に奪われるほど柔な野良公じゃない

それにしても保健所の捕獲員も簡単に手が出せない場所を縄張りにしている
白と黒の3匹は喧嘩に自信が有るのか座り込んで悠然と対応している

素人目には侵略組みの方が威勢がいいように見えたが喧嘩だけは分からない

犬も人間も地の利と言うものがあるし奪われるとそれこそ死活問題だから
簡単には縄張りを明け渡すことはない

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

 

コメント

賢い子犬

2016-02-23 11:02:23 | 犬・番犬・野良犬・狼

寒さのぶり返し

旧正月の週から二週間続いた暖かさも終わり4週目の昨日から
寒さが戻ってきた、外気温度はマイナス15度前後だが北風を引き連れて

一度、暖かい外気温度を味わった体に寒のぶり返しは身に凍みる!

   首都へ繋がる裏道は未舗装道路?

此処は言わずと知れた工業地帯で首都とはセレベ川と鉄道で区切られた郊外!

見てください!日本の60年前の面影を残したような風景

毎日、歩く度、靴が埃まみれになり、靴磨きをしなきゃ履けない有様
写真には写っていないが右側に日本ODA援助の『太陽の橋』があります

太陽の橋の側道を歩けば少しは靴にはましだが車が
巻き上げる埃で、身体(肺)には最悪の歩道

何をしなくちゃならないか

          職員に付いて回り

番犬に徹している2匹の子犬たち!自分たちの役目をちゃんと心得ている

場所はコンテナヤードだから外部から構内へ荷物を運び出す貨物車が頻繁に来る
その度、守衛が出入りをチエックする為、出てくる

それに付いて子犬も守衛に付き添い護衛役
見ていると部外者にも評判がいい

彼らに餌を頂いている・・骨か弁当のお裾分け

ちゃんと心得ています

          時間があるとレスリングで特訓中

仲が良いと言うか何時も一緒である、守衛さんに聞くと隣の家の子犬じゃなくて捨て犬だそうだ
オバサンが生まれたばかりの2匹をここへ連れてきて置いていったそうである

それにしてもオバサンは賢い!

ここに捨てれば子犬は生き延びると?
この事務所で働く人たちの身分を知り尽くしている

野良公でも養えるゆとりのある人たちであることを見抜いて

無心に遊ぶ2匹も此処にいれば生きられる事を知っている

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

60%の生存率

2016-02-22 02:47:23 | 犬・番犬・野良犬・狼

よしとするか

人間も出生率が1.8を切ると国として没落していく運命に有ると言われている

もしモンゴルの野良公出生率が低いと
自然界の野生に近い環境ではすでに絶滅している野良公たちだろう

しかし、10匹前後を出産して60%の生存率であれば種を後世へ残していける

まさにモンゴルの野良公集団は種の保存を実践しているのである
昨年の10月頃に生まれた野良公は6匹が元気に生き残っていました

ちなみにモンゴル国の国民年代別比率では10代・20代・30代の人口比率が一番高い
20代・30代夫婦の家族構成平均は子供が3人から4人家族である

日本の団塊世代時の構成に似ている・・散歩していると子供たちに必ず遭遇する

          生き残りの子犬と河川敷

上の写真で白い子犬が素晴らしい体格で彼方を見ています
昨年末の寒さの中、何時まで生きていられるのだろうと心配した1匹です

2匹いたが1匹しか見当たらないが逞しくなって生存している
弱弱しかった姿は無い!凛々しいまでの姿!

見とれてしまった

   オス親の逞しい体!貫禄がある

何処でこれだけの食料を手に入れ逞しくなったのか!

脂肪だろうが体中にいきわたり見るからに逞しくなり
横たわる姿はライオンの様にも見える

子供たちも逞しくなり親に似てきだした・・一大勢力集団である

声を掛けたら子犬も親犬も爺さんを知っていた!
不思議そうに爺さんを見つめていた

良かった!

   1匹だけ心配な子犬!

餌不足で死ぬようなことはなくなるが右の写真の成犬に咬まれていた
鳴き声も弱弱しく何故、一人で此処にいるのか心配!

黒い丸々した成犬に比べ他の子犬より貧弱に見えるのは取り越し苦労?
折角、ここまで生き延びたのだから頑張りなさい・・声を掛けたくなる

これからも時間と閑があれば観察を続けたい!
春先に河川敷は中州になり場所として生活空間じゃなくなるので

彼らも何処か別の場所へ移動するだろう

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

コメント

多産系野良公集団

2016-02-21 03:20:28 | 犬・番犬・野良犬・狼

ビックリポン!

週末で外気温度も苦にならなくなったので久しぶり河川敷を覗いてみました!

居ました!河川敷野良公集団が日向ぼっこ!

前回は昨年暮れに生まれたベージュ系の子犬が10匹中2匹しか居なくて
最悪の事を考えてしまいました

生き残りが5匹か6匹生存している事を確認!丸々太り健在です!

中の1匹は相変わらず離れた場所で親犬に虐められていましたが

         クロ子犬の棲家(穴倉)

河川敷には両岸に高層マンションが林立し高島平化している
我がマンションも一番離れ場所に建設されているが近い将来!

マンション群に埋没する運命なのか

それともマンション群に飲み込まれるのを防げるのか?

①火力発電所へ石炭を運び入れる引込み線が存在する限り飲み込まれない
②隣に首都で一番人気の飲料水工場がある(ビタジュース会社)
③その隣に火力発電所から流されている電気集中管理敷地(火力発電施設)がある
④一面は工業道路の中核を担う国道が走っている
⑤国道の反対側にも首都最大のウオッカ酒造会社がある

上記の条件でマンション群団に飲み込まれる事はないと考えられる

またまた子犬が6匹?

   生まれて1ヶ月位の子犬たち?

どうもこの野良公集団のオスは精力絶倫なのかメスが多産系の犬なのか
10匹近く産む子宝さんに恵まれた野良公集団のようだ!

今度はクロで統一した子犬で生き残り容易い!

人間も暖かくなったのか家族や赤ちゃんを抱いた親が日向ぼっこ中!

今度はクロで胸に白の印で統一(野生の証なのか月の輪熊とか)

   昨年暮れに生まれた子犬が子守中

すっかり大きくなり丸々太っている!これで一安心!

昨日、数えた限り5匹から6匹は生存している事が判明!
生存率50%である・・あの寒さを乗り切ったのでベージュは

これから集団の中心的な役割をしていくことだろう!
(衛生局の捕獲員に捕まらない限り)

私としては人間と野良公が共存共栄している珍しい社会現象なので
無闇に野犬狩りをして人間と野生犬の共存関係現象を絶滅させないで欲しい

野生狼と人間が共に生きて来た最後の楽園都市(自然環境)の実態地

前回の子犬も生きていました

   子育てをしているんです

野良犬と言っても人間と一定空間離れた森や草原で暮らし食料調達時だけ
人間集団地に現れて狩りをするという狼と違い

野良公たちは態々、人間の傍で生活して生き延びている

時には人間の食料にもなっていることだろう
でも野良公も狼や他の獣から人間を守っている番犬の役割もしている

私が一番感心したのは

野良公たちには人間と共存共栄を営む為の一番ルールが存在する事
①人間と共存できない強い犬を自然淘汰している
②病気に掛かった犬を自分たちで処分している事
 狂犬病・病気した犬・
③人間に吼えかかったり威嚇する仲間を集団で本能的に排斥(処分)している
④野良公集団のボスは必ずしも強い犬じゃなく人間と共存できるボス犬(オス)
 をリーダーにして縄張りが存在している
⑤野良公だから狂犬病ワクチン等などはしていない犬が存在している
 それも首都で多くの人間が生きている環境内で

私も現地人より一番危険だと考えられる野良公の環境に一番近い場所で
野良公を観察しているが危険な犬や病気に掛かっている犬を殆ど見かけない

10余年の間に何度か危険なリーダーを中心にした野良公を見たり
実際、威嚇されたりした事があるが、大半は保健省の係官から捕獲されたり
していなくなっているのが現状である

生物学科で動物行動学を専攻している学生さんや研究者の皆さんには
研究対象としては面白いテーマだと考えていますが問題点もある

研究は年間を通して何年間も野外観察が主になるので問題もある
半年間、マイナス20度・30度の環境で相手は半野生だから生活範囲が複雑

野外観察・追跡調査が出来るかどうかである

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

後のない食事をした

2016-02-20 11:41:42 | 健康・家庭医療・医療事情等

野球食?

昨日は自家用車を使う必要が出来て散歩は自動車で散歩コースを廻った!
用事とはつまらぬ事だが目的地が散歩コースから離れている

以前、住まいにしていた場所付近で用事ができ歩いて行くのも気が重い!
こういう時だけ車を使う!

元々、尻が軽い人間だから便利なものを使えば無限の思いが湧き上がる
普段いけない場所、会えない人にも会いに行く!

大体が空振りである

昨日も完全に三振状態!アポ無しで行けば会えるわけがない

ツーワン(後がない)が食べたくなった

   999レストランの定番メニュー食

毎日、孤独で一人飯をしている爺さんである!食事に偏食あり

一昨日まで三日続けてハムステーキを自宅で食べ続けた
女性の一人暮らしと違い健康を考えた料理など作らない

野菜も使わない!手間のかかる料理はしたくない!

座右の銘は簡単で一品料理と決め込んでいる

でも心の中では人一倍、健康を気にかけている爺さんである
でも性格は全てにおいて大雑把!

市場で健康を考えてこまごまと品数を増やす購入などしない

卵が食べたいっと思えば!

30個纏めて買う!
自宅に着けば即、茹で卵を8個茹でて!
チンチン茹で上がった卵を左右の手に載せお手玉しながら殻を剥く
粗塩をふりかけ4個をペロリト食べる!

満足した腹が夕食を拒否する・・

まぁいいか腹は満腹になったし・・TV見ながら転寝して深夜から朝まで起きてしまう

こんな調子で三日前、無性にハムステーキが食べたくなった!
市場で1200g購入して三日で平らげた!一晩400gを食べた計算になる

厚さ5cm程の塊をフライパンで中火で焼きながらハムの中まで火を通す!
生姜とニンニクを摩り下ろし醤油・昆布だし醤油とみりんで味付けして出来上がり

ハムはそのままでも食べられる加工食品(サンドイッチ用とかサラダに)

中火で焼くのは強火だと表面がパリパリに焼けて不味くなる

ホームランか

昨日は車で出掛けたので何でも有り!
歩いていけないレストランにも・・久しぶり野球食が食べたくなった・・・

レストランは999という不思議な名前の貧乏人専用レストラン!
ここの名物料理はホーショル・坊主・ツーワンという野球食

ツーワンを注文するといきなりバッターは追い込まれる・・
三振か死球・子宮を狙われる・・免げば塁に出られる

爺さんは子宮を持たないから

三振か!

フォアボールかホームランを狙う!

この店一応、痴漢ーン店で地区に必ず一つあるレストランである
昨日も午後8時を過ぎていたのでお客は爺さんだけ

料理を注文したらきましたいきなりツーワンが・・きしめん風で美味しそう!
好きなんです!爺さんはこの痴漢ーン店のツーワンが

今日の料理はセンターとレフト間を抜ける三塁打である!
きし麺の焼き方が今一だが味は最高!

この店に婆さん(調理人)がいてその婆さんが料理すると面をコンガリ焼き上げる

絶品である・・これがホームランであるが今日は若い子が料理担当!

ポ点ヒットじゃな

こういう風に時々、肉が食べたくなったりハムやしゃぶしゃぶを食べたりして
人生を謳歌している!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

 

コメント

高架橋は三次元世界

2016-02-19 01:28:39 | 犬・番犬・野良犬・狼

高い所が好き

毎日の散歩で一昨日までマイナス6度でウキウキ気分でした
ツイツイ本音が出て喜んだのも束の間、三寒四温である

熱燗じゃ有りませんよ!寒くなったのです・・冷です・・ビンビンに

記事に書かなきゃっよかったと後悔!

昨日は風と気温がマイナス13度まで下がり何だよと言う気分!
マイナス20度・30度の時はマイナス13度は春風なんですが

マイナス6度が三日ぐらい続くと今度はマイナス13度、辛い!

堪えられない事は無いが寒い!

何時もの事務所前に来ると子犬の事が気になる、覗くといない
構内作業場の前で作業員と遊んでいる・・

手を振るが無視された

そこから100m先の高架橋を渡っていると眼下の線路内を子犬を連れた母犬が
市場の方へ子犬を連れて行くのが目に入る

平地では観察できない出来事である・・
得をしたようで嬉しい!三匹いる

  ウンチ中のクロちゃん気張っているが出ないようだ!

そこへブチの犬がウロウロ!ここは野良の格好の棲家なのである
近所の番犬も合わせると10匹近くが線路を拠点に縄張りを持っている

食料調達は市場の残飯である・・中国・ロシアからの野菜・果樹類が中心!
でも市場には肉類も扱っているので棲むには都合のいい場所である

生きる知恵

  市場へ引込み線が入っている

ここはまさにモンゴル首都の台所と言った場所

中国・三連口とロシア・イルクーツクからの生鮮食料品
ここから首都全域にある公設市場へ流されている

そこを塒にしている野良公は飼い犬のように丸々太っている

ここにはゴミ置き場を生活の場にしている住民がいる

元々、路上生活者だろう!ゴミ清掃と管理を任され生活しているのだろう

そこにいるから野良公なのか番犬なのかは定かではないが元気がいい!

高い所から見ないと分からないものも見えてしまう三次元空間
二次元空間を眺めると面白いものが見えて得した気分になる!

仲良く

        

昼間は構内で無視した子犬も夜は玄関で夜警の担当か!
カーペットの上は冷たくないのだろう

二匹で包まって動かない

目だけ開けて挨拶すれば休めるうちに体力を蓄える
深夜、この場所は野良公や番犬の餌場と化する・・

子犬が生き残るにはかなり厳しい条件の場所である

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

コメント

燦燦と紫外線を浴びる

2016-02-18 05:52:45 | 自然科学・現象・地球

日焼け・しみ

モンゴルも春節(旧正月・テト)の前週まで例年にない寒さだった
昨年11月からいきなりマイナス30度以上と言う寒さが断続的に続いた

4ヶ月続いた事になる!

爺さんも郷に入れば郷に従えで寒さなんか
例年、大した事はないと考えていたが

今年は異常だったと思っている!

それがどうしたことか春節(旧正月・テト)から春のような陽気なのである
国道や歩道の雪もこの暖かさで完全に融けて普段の道路に早代わり

春の陽気なんていっているがマイナス6度ですよ

そこでデジカメでどれくらい陽気なのかを紹介!
昨日も紫外線が一番出やすい午後3時頃、自宅を出発

         

紫外線

日本も今が一番寒い時期のようで各地からマイナス7度とか寒風があって
寒いと言う記事がブログを賑わしている

日本のマイナス7度はモンゴルのマイナス20度・30度に匹敵するかも知れない
日本は湿度が高いから寒いだろう!

モンゴルも北海道と変わらない寒さである

この寒さを毎年、経験していたら紫外線とかしみとか関係ない!

太陽が燦燦と降り注ぐ幸福感は
寒さを半年間経験した人でないと分からないものがある

北陸地方冬特有の灰色の空とか北海道のシバレル寒さを経験している人たちには
太陽が青空から降り注ぎだす時ほど有り難いものはない

この時期特有の風で舞い上がる埃もなんのその!

  雲までが喜んでいるようで

一向に気になりません

これから何度かマイナス30度の寒さがやって来るだろうが大丈夫!

確実に春遠からずである

ブログを拝見させてもらっている一人から三寒四温(三燗四温)なる言葉が飛び出した
ツイツイ大声出して笑ってしまう!

これぞ最高の生き方である・・

晩酌だろう三日熱燗を頂、四日冷酒を頂くと言う!流石日本人である(本人じゃなさそう)
子供の頃、近所の小父さんの名言らしい!

そういや私も日本にいた頃、下戸だったが時々酒を飲みたくなる時があった
熱燗は湯気に酒気(アルコールの匂い)が鼻を突き飲めなかった

そこで一合ぐらい冷凍庫でビンビンに冷やしグィツと一気に飲むのが好きだった!
冷たい水を飲むような感じで、これだと飲めた!

飲みたくなっても飲めない物、食べたくても食べられない物を我慢する気持ち
今は食べ物・飲み物の有り難味に感謝している

太陽の暖かさもである

  散歩が心地よい!

日本にいたら感じたり気づかなかった事が多々感じる此の頃!

離れて失くしてみて初めて大切なものを知る!

日本の素晴らしさ!

大切にしたいものである!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

貧乏な家に生まれた子犬と爺さんの友情

2016-02-17 04:18:08 | 犬・番犬・野良犬・狼

犬も人間も親は選べない

犬も人間様も親だけは選ぶ事が出来ない!
何処で生まれようと人生嘆いちゃ生き残れない

日本で生まれりゃ子犬も人間様以上に可愛がられて最高の人生を送れる

モンゴルで生まれた子犬はマイナス30度・40度でも屋外で生きなきゃならない
本能だろう何処にいる犬も寝る時は固まって身を寄せ合って寝ている

今日も日中、暖かくて帰りが遅くなった!

昼間マイナス6度、夕方マイナス7度

だから写真は灰色と言うかキャンドルライトで写せるお任せダイヤルで

        居ました立派な玄関先に

マットが敷かれて子犬には最高の遊び場?二匹でレスリング中に爺さんが通りすがる
爺さんが市場の方から戻ってきたので鉢合わせ状態に!

爺さんには子犬が居る事は分かっていた!
子犬がじゃれている声が聞こえていた

爺さんが突然現れてので遊びを止めて番犬らしく吼えました!

そして爺さんだと分かると歓迎の挨拶!
嬉しそうに二匹で寄ってきて嬉しそう!
    
この会社紹介をしてみたい!

国にある唯一、外国からの貨物便引渡しコンテナヤード
国際貨物便引渡し場所にある国税管理事務所(ツーシン会社)と言われている

ここでは特別な機械や新車が引き渡されている
外国貨物も大型機械が専門のようである、管理は厳しく勝手に出入りは出来ない

        私も出入り口の隙間から中を覗くぐらい

事務所から今夜勤務の若者が出てきた!
子犬も跡を付いてコンテナヤードの方へ付いてゆく

私も如何するのか見るため入り口隙間から中を覗くと壁に沿った所に現場作業員詰め所がある

そこで子犬は二匹でじゃれあっている!・・爺さんを無視して戻ってこないだろうと思い

事務所の看板を見ながら写真を写す!
モンゴルでは世界へ扉が開かれている一流の会社若者が憬れる会社の一つである

立場では国税庁に位置づけされている勤務場所?

モンゴルでも簡単に勤務できる会社ではない、親のコネや能力がないと就けない職業・会社!
作業している若者も身なりも態度も立派である

爺さんが子犬と遊んでいても嫌な顔をしない

写真で見ると中国の天津港あたりまで繋がっておりヨーロッパは旧東ドイツの港まで
(中国は北京経由で支那海(渤海)ヨーロッパにはモスクワ経由でドイツの港まで?)

共産主義時代は世界と唯一関係が持てる職業だからモンゴルエリートたちの
憬れの職場だったのだろう!

家じゃ生き残れない?

       この子達の棲家になればと願っている

爺さんも引越しして散歩コースが変わってしまった!
以前は首都中心地のビルや商店ばかりの場所をグルグル散歩していたが

今は舗装されていない道や人のいない場所を歩く機会が増えた
爺さんも現地人と仲良くなるより同じような境遇である子犬や野良公と友達になった方が楽しい!

人間はお金で仲良くなったり無視される事があるが、特に犬は本心で仲良くなれる
此方が真心で接すれば野良公も真心で受け止めてくれる

打算的な事で反応しないのが好きである・・

何となく可愛い奴

         

デジカメで写していても自然な姿を見せてくれる・・
餌は如何も事務所から頂いているようである

痩せてもいなく丸まると太っている様子もない

でも子犬には10mほど離れた実家より居心地が良いように見える

見れば体から放されている雰囲気と言うかオーラが見える
天真爛漫!昨日の前足の痛みなど嘘のような雰囲気である

マットで仲良くじゃれあう姿が可愛い!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

コメント

犬社会も親犬による虐待

2016-02-16 04:11:51 | 犬・番犬・野良犬・狼

野良公じゃなかった

今日も日中屋外の気温はマイナス6度で歩いているだけで汗が出てくる
何時もの場所に差し掛かると子犬の鳴き声がしている!

居たかと安心とその後、異様な鳴き声で場所が特定できた
鳴き声は隣の自動車修理工場入り口の扉前・・子犬のウンチが散乱

この子らはここで野宿していたのか、それなら事務所のドア前で
寝ればいいものを・・実家の庭先から親犬の声がしている

    左隣に現地人のゲル住宅がある

悲しそうな鳴き声を出して鳴いている子犬、右前足を咬まれた様で
歩くと右前足をつけない!心配そうに相棒が見ている

近づいても鳴き止まない!余程、痛かったのか大袈裟な子犬なのか
でも自己主張と考えれば大した生き残り作戦の上手な子犬である

人間様の子供だと大泣きで手がつけられない状態?
爺さんも何度か慰めたが諦めて散歩に戻った!

正月三が日子犬が居なくなっていたので心配したが実家で過ごしていた
要するにこの子たちにはちゃんとした家があったのである

事務所から10mに実家?

    8日の記事で紹介した写真

爺さんの影と真上・左上に板塀があるゲルがどうも子犬の実家らしい

そこから大鳴きで二匹が飛び出してきた、親にしてみると可愛げのないわが子?
隣の玄関入り口で人目も憚らず大鳴き!

写真でも鳴き止まない・・・写していると尻尾振りながら近寄って来るのに無視

どうなる事やら

    事務所にも仕事している空気が有るが?

人通りがない!餌にありつけなくて実家に戻っていたようである

可哀想な顔して鳴いている・・日本の犬のように三度三度の食事など
モンゴルじゃ望めない!現地人は犬の特別な餌など上げない

肉を食べれば骨が出てくるが
骨に気持ちだけでも肉がついていれば上等だが

モンゴル人は骨についた肉など殆ど残さない!
日本人が魚を上手に食べるのと同じくらい綺麗に肉を食べる

ドックフードなんてしゃれた物等買わないし!
腹が減ったら何処かで調達して来いと言ワンばかり・・

親も腹を空かしているから親の機嫌が悪い時など近寄ると
食われかねない!

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

コメント

陽がだんだん長くなってきだした

2016-02-15 01:40:01 | 自然科学・現象・地球

散歩時間も

毎日の散歩も日中マイナス25度前後の時は陽が落ちる前に
自宅へ辿り着きたい一心で遅くても午後1時には自宅を出ていた

現在は寒さも和らぎ身も緩んで午後4時過ぎに出掛ける始末
これだけ人間が横着になるほど外気温度が下がったと言う事である

今日も散歩がてら植え込みの樹木の新芽を観察しながらまだ春遠し
がくが硬く閉ざしている!

今後何度か寒さのぶり返しが来る証拠!

植物は人間様より賢い!爺さんも心なしかがっかりした

春近しになれば新芽を保護しているがくが柔らかくなり
緑色に変化するからである・・・春よ!早く来い

帰り道の高架橋上でロシアから到着した列車を眺めながら
鉄道ファンが喜ぶロシア製ディーゼル機関車も序に写す

  これが毎日、石炭を運んでいるディーゼル機関車

表紙奥で光輝いているのがロシアから到着した客車!
線路のレールが夕日で輝いているのが印象的・・

寒いのだがのんびり写真が写せるほど暖かくなったのと
陽が沈むのが遅くなった

(日本時間7時10分)現地時間は6時10分

        夕日が美しかった

ロシアから来た客車から乗客が降りてきて閑散とした駅前をバス停へ向かう

駅前から夕日に照らされた樹木と中央駅の正面玄関が夕日で美しい

散歩も寒さから開放され気分は最高にダラダラ状態

日本時間午後7時半

  中央駅の時刻が・・日本時間午後7時過ぎを示す

明るいし簡単に太陽が西の峰に落ちなくなった

秋の釣る瓶落としではなくなり・・ネチネチと太陽が沈みだす時期に

暗くなる前に到チャコ

  駅前の遊歩道から高層マンションの窓に夕日が反射する

この時間帯が最も美しい!

散歩も終盤で後は1500mを残すのみ、気持ちにゆとりが出来て周りを見る
夕日が高層マンションガラスに反射する

夕暮と街路灯の光がコラボしている

心にゆとりが出てきた!厳しい寒さからもう直ぐ開放される喜び!

これからの寒さは苦にならなくなる、寒くなっても一時の辛抱で過ごせる

午後4時過ぎに出掛けて7時半には自宅へ到着する・・約3時間半の散歩
以前だと4時間過ぎる散歩も歩き易くなったのと気持ちの変化だろう

後、4ヶ月すると(7月)太陽が沈むのが午後11時頃までになる     

ほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

 

コメント