馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

小宇宙を眺める

2019-03-14 07:53:25 | 首都散策・風景・冬期

一足先に

我が家の植物たちには四季がない
常に室温が26度前後有るから

水分と栄養を与えればルール無視で
飲めや歌えの大競演をしている

それでも二ヶ月ほどは疲れて
声掛けしても無視している事が有る

    

先月から咲き始めているが紹介する私が草臥れ果てて
花どころじゃなかった

昨日は朝から一日中、欠伸ばかりして夕方には
寝てしまった

起きたのは深夜手前
寝る前にお米を洗い夕食の準備だけして寝たので

起きた時、ご飯を炊き南高梅でおにぎりご飯を食べる
(和歌山県産・一昨夜の現地人から頂戴した)
 彼の家には我が家より日本食が揃っている

温かご飯を腹に詰め込みまた寝ました
昨夜は12時間ほど前後不覚で熟睡した

8時に目覚めブログ記事を書いています

青い空

    

昼間は朦朧としながら首都を歩いていたので
気が付けば一昨日と同じような場所を写真にしていた

記事写真が二枚しかないので似たような写真です
首都で一番、スモッグが酷い場所の上空も青空です

疲れは寝て取るしかないとばかり
この足で自宅へ帰りバタンキュウです

宇宙を見る

  

起きると深夜前で炊飯器をオンして布団の中へ
でも腹が減ると眠れない

TVは付けっぱなしだったがニュースの記憶がない
疲れていると映像も音も関係なく眠れるのである

でも腹が減ると眠れないという事も分かった

モンゴル首都は高地(1500m)に位置する
春先の今、大気層が👀で眺めることが出来る

宇宙を身近で観察できる
宇宙の壁を見ることも出来る大自然!

人を除けば素晴らしい場所なのだ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

二面六臂

2019-03-13 02:13:44 | 首都散策・風景・冬期

我慢のしどころ

昨年暮れからのひと騒動に区切りがつきそうである
まだ色々あるが外国生活の一番の泣き所(滞在査証)

  

朝から西へ走り北へ飛び交いながら一日が過ぎた
睡眠不足でコックリさんに成り下がっている

温かさで緩んだ一級河川敷きのトーラ川は
水枯れして一昨日の雪が残るのみ

西に

  

見渡す限り山に樹木もなく水源地も湧水地もないから
一級河川でも川底が丸見え

地下水脈が有れば厚い氷に覆われ氷に恐怖を覚えるが
枯れて川底の砂利が丸見えじゃ迫力もない

入管で滞在カードを受け取り北へ向かう
今は大人しく次の滞在査証準備期間

北に

  

北に位置する3地区へ来るとスモッグが晴れて
青空が眩しいくらい見える

人のいない時間帯なのか北から南に向かい
旭鷲山ビル方角へ向かう

下りてまた、山登りをし愛車に跨り
東へ10km走らせ会いたい人の元へ向かう

私が泣きを入れりゃメールしても電話かけても
無しの飛礫である

相手が困り私にすがれば所かまわず電話に出るまで
脅迫のように迷惑もなんのそので出るまでコールしまくる

そんなお国柄ですから

私も事務所まで押し掛けると
居ました

不味そうな顔して含み笑い
経営中期・長期計画案を渡すと

態度が一変する
夕食は日本食をご馳走になる

帰宅したのは丁度、零時でした

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

半年間の始末

2019-03-12 00:03:15 | 首都散策・風景・冬期

始末記

月曜日は車を動かせない日
別に乗る予定はないが、こういう日に限って

出掛けるのが遅くなり慌てる
10時20分が過ぎて飛び出す

  

何故か昨夜から気温が急激に下がり寒い
氷上はカチカチになり急ぐ足元でツルツルと

歩きづらい
焦りますがツルツル氷上をヒョコヒョコと歩き

朝は川歩き

  

鉄橋まで如何にか辿り着く
鉄橋を寒そうな姿で歩く現地人を盗み撮り

絵になる一枚である

手を合わせ

  この国のかたち

鉄橋の傍に半年前から番犬が眠っています
首都が冷凍庫の中のようなものだから半年前でも大丈夫

以前は後ろ足が片足上がっていたが今は自然体
現地人の犬好きには敬服するが処置が如何も野蛮過ぎる

ロシアの獰猛なクマやトラ狩りをする時の猟犬です
あのナターシャと同じ犬種

それにしても酷い扱い方である
毎日、私は行きと帰りに対面しているんですが

今じゃ無感情というか早くハゲワシ(コンドル)に
始末してと願うだけです

飼い主は道を挟んだ会社の管理人である
死犬に対する愛情など微塵もないのだろう?

私も毎日、見ては心の中で手を合わせ
南無阿弥陀仏と念じるだけです

帰りは

  一等地の市場

昨日は3月11日という悲しい東北大震災が8年前に発生した日です
個人的には色々言いたい事は有るが何故という疑問だらけである

地震と津波は致し方ないが福島原発のメルトダウンは何ともし難い問題
また三陸海岸の津波犠牲者には言葉にならない悲しみが有る

福島の帰宅こんな家庭の立派な家を解体する映像も辛かった

何故か昨日に限って旧散歩道を選んだ私である
自宅の米が枯渇したのも原因だが穀物市場へ足を向ける

穀物市場へ

  

小麦や海外の米が一堂に集荷される倉庫街
穀物卸市場へ行く、他の市場より3割がた安い

水晶のような米を見つける
昨日は寒気が戻り寒さが身に沁みる

現在、深夜2時過ぎでマイナス22度である
二重窓も春から夏モードに切り替えたので寒い

太陽橋をみて

    

久し振り太陽橋側の跨線橋を渡る
久し振りなので全てが新鮮に見える

何時ものマーケットで餃子を買います
本当は餃子ではないのですが

私が勝手に餃子と言っているだけ

隣の子と遭遇

  子供は氷の上が好きです

レタスとブロッコリー・餃子を購入し買い物袋を
ぶら提げ歩いていると私を呼ぶ子供の声

隣の子供が居るではないか
それも他の住宅地のブランコで遊んでいる

帰るぞと声を掛けると喜んで付いてくる
親がやらない遊びをさせる

此処でも手を合わせ

  

帰り道のここでも羊が一頭朽ちていた
何故だか分からないが可哀想な羊

旧正月と関係しているのか
隣の子供達も好奇心いっぱい

南無阿弥陀仏!

夕陽に感謝

    

自宅に着くと夕陽が落ちる時間でした
ベランダは寒かったが悴んだ手で夕陽を写す

この後が良くありません
TVを付けると午後7時のNHK放送中

特別番組とか言って午後11時まで東北大地震の
津波と原発事故特集で思い切り泣かされました

こういう時、一人暮らしはいい!
思い切り涙を流しながら放送を見ることが出来るから

タオルが濡れるくらい涙を流しましたから
👀の洗浄と活性化には良かったかもしれません

元々涙もろい爺さんですから思い切り涙を流しながら
特別番組を最後まで見てしまった

遠くにいる友も長年人生の伴侶として過ごしてきた愛犬を亡くし
落胆中である何と声を掛けていいやら思慮中である

身近なものの死というものは身に堪えます

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 

 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント

静かな日曜日

2019-03-11 01:13:44 | 首都散策・風景・冬期

誰とも会わない

金曜日(世界婦人日)のバカ騒ぎのせいか
日曜日の午後というに人の気配がない

  

国鉄も男女平等の社会で線路内には
何時も女性保線区員さんがいるのに昨日は見当たらない

男性保線区員も見当たらない
散歩コースで行き交う人ともでくわさない

世間から取り残された老人が一人
バカ騒ぎを批判したからシカトされたか

機関車だけが

  

西の方角からコンテナ車が飛び込んできた
機関車が引っ張るコンテナ貨車を数えていたが

数え間違いして途中から分からなくなった
一昨日は70台だったが40いくつかで数え間違いをし

分からなくなった

マーケット巡り

    

上の写真は同じ方角を行きと帰りに写した(タワー)
髭剃りの替え刃を購入しようと何処の店が安いかマーケット巡り

現地人経営の店2店舗と朝鮮人経営の1店舗
何時も利用している現地人店舗が安い

3地区は商店街の激戦区である
デパート・地下惣菜店を見て歩くのが好きなんです

東京にいる時から地下街めぐりが好きなんです
買い物しなくても経済が分かる

客層や品揃えで経済状況が分かる
販売員の掛け声やお客さんの態度などが決めて

不景気の時は地下街も静かなんですデパート並みに静けさ
景気がいいと店員さんお掛け声やザワザワとした雰囲気

地下街温度が何度か上昇するほど暑く感じる
熱気というやつですか、販売員さんと買い物客の声が入交り

ボアーンという一種独特の空気感
冷やかし客の私等こえかけようものなら叱られます

地下街惣菜店舗が静かで高級品売り場階の
様な時は景気が悪い時である

昨日は3店舗商品価格を見比べる為
1時間ほど楽しみました

夜になる

  

1時間分だけ帰りが遅くなり途中で
太陽が御隠れになり夕闇の中を歩くことになる

人もいない事だし寒くもなく暑くもない
素敵な散歩でした

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

記念絵葉書

2019-03-10 14:16:17 | 首都散策・風景・冬期

跨線橋で

昨日、跨線橋でプロカメラマンで撮り鉄ファン&オタク
持ち物は私が憧れているニコンD850(羨ましい)

    

彼が写していた新型機関車?
目的が同じなら民族も国籍も関係ない

不思議な関係です

彼のプロフィールを紹介します
名前・Temuulen・B 旅行会社名・RAILFANNING TOURS PHOTO TOURS
メール先・monrailpic@gmail.com  フェースブック先・monrailpictours

記念に

    

写真撮影後、愛車から絵葉書を7枚頂きました
7枚は全て素晴らしいものです

プロの👀と素人の👀違いです
彼の写している場所はUBからザミューウド間の鉄道沿い

見ていて(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪と
肯ける場所ばかり

表紙の絵葉書はUBからナライハ町へ行く途中の冬景色だ

頂いた

  

砂漠は南ゴビと言っていたがザミューウド駅に近い場所だろう
2000年頃まで早朝に野生ガゼルが列車と並行して駈けていた場所だろう

7枚が懐かしく素晴らしい絵葉書である
モンゴルカメラ旅を希望の方は是非!

彼との旅を楽しんでください

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

早朝、雪が降る

2019-03-10 11:47:54 | 首都散策・風景・冬期

雪景色

老人の癖に老人らしくない生き方をしている
ブログをしていると似たような老人が日本中にゥジョゥジョ居ることに

気付かされる

真夜中にブログ検索し記事を読まれているからである
此の頃は心の疲れで早く眠ることが多い

早く寝ると言っても深夜2時・3時だから笑っちゃう

    

早朝の冷え込みではだけた布団の寒さで起される
小学一年生頃までは所定の厠へ行かないで

我が布団に世界地図を芸術的に描いていた
近所の意地悪小母さんが昨夜も芸術作品を描いたのね

上手ねと褒めてくれていた
最初は理解できなかったが母が悲しそうな顔して

世界地図の意味を教えてくれた
それ以降、少しづつしなくなり芸術家の道を諦めた

そういう事で早朝に起こされる事が多く昨日も夜明け前
起こされ屋外を見ると辺り一面、屋外の景色は真っ白だった

起きてから雪景色を写そうと朦朧状態でバタンキュー
8時間睡眠で起きた時には

太陽の熱で雪景色は半分ほど融けていた

宴の後

  怪奇宴の痕

他人様の喜びを一言余計な記事を書くと如何も良くない事を学ぶ
事実だから気にはしていないが腹立つ事も有る

酒も同じである
程々に飲んでいる分には善いが度が過ぎると迷惑人間になる
タバコも然りである密閉空間で一人吸い続けられる者なら吸えばいい

喫煙者は自分の吐き出す煙に怒ると思うよ

咥えタバコで歩く馬鹿には迷惑この上ない
祭りのバカ騒ぎも同じである

昨日、午後にバス停に高価な贈り物が起き忘れられたのか
惨めな姿で踏みにじられ横たわっていた

我が儘祭りもこの程度のバカ騒ぎだったのだと再確認
贈ってくれた人の気持ちはこの姿じゃないだろう

家に持ち帰り花瓶に水を入れ大事に扱い感謝する
これが私が学んだ日本の美学である

私はバカ騒ぎが嫌いである

背後の気配

    

久し振りの雪の後を歩いた
氷上の醜さも雪が全てを消してくれる

真っ白な氷上を歩き気持ちよかった
鉄橋から線路内へ上がり線路を歩いていると

背後に異様な気配を感じる
振り返ると迫力満点の機関車が迫ってくる

手で触れるほどの距離で空石炭貨車を写す

鉄道オタク

      

跨線橋でユニホームを着込んだ人が写真を写している
鉄道関係者と思ひ跨線橋へ行き声を掛けた

プロのカメラマンで旅行会社も経営しているという
私は【撮り鉄ファンです】と日本語交じりで挨拶された

私もつい鉄道オタクと言ってしまった
私の場合は散歩コースにブログ記事に載せる特ダネがないから

鉄道でも写すかというくらいの気持ちで鉄道ばかり写している
説明がややこしいから鉄道オタク・撮り鉄で通している

彼はプロのカメラマン(職業写真家)
ニコンD850・望遠を付けたプロ仕様

撮りためた写真を見せてもらったが物が違う
D850の素晴らしを見せつけられた

自己紹介し名刺を頂く(私は名刺などない)
グーグル検索の【馬とモンゴル】を紙切れにメモし渡す

彼は写真ハガキを七枚くれた
素晴らしい記念ハガキを頂き感謝

世界中からくる鉄道ファンを観光ガイドしながら
モンゴル中を旅しているという(日本人も沢山来るそうです)

彼のプロフィールを紹介します
名前・Temuulen・B 旅行会社名・RAILFANNING TOURS PHOTO TOURS
メール先・monrailpic@gmail.com  フェースブック先・monrailpictours

鉄道ファン・オタク・世界の鉄道に興味のある方は上記へ検索をしてみてください
彼の旅行会社でモンゴル鉄道写真旅行をされた方も是非!

気さくで好い青年でした

英語が堪能なのでメール通信も可能です

新機関車?

    

彼が写していた機関車です
彼は列車時刻表を持っていて見せてくれた

夕陽

  愚図らな太陽

私は彼と別れ3地区まで足を延ばし帰りは
夕陽が落ちる寸前に跨線橋まで戻って来た

此の頃、太陽が私化して山の彼方へ落ちたがらない
家に着くとやっと西の彼方へ落ちて夕焼けを輝かせていた

ベランダから夕焼けが消えるまでボーッと
我が身の行き着くところを考えてしまった

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

昨日は世界我が儘ディーの日だった

2019-03-09 01:23:39 | 首都散策・風景・冬期

ハイカラな一日だった

昨日は世界婦人日という厄介な一日だった
こういう記事を書いていると国連の婆さん共からクレームが来るカモよ

若い時なら将来の事も考え婦人に心地よい言葉の一つもと
思うが人生の終着地点へ猛スピードで走っている私です

思うに走り過ぎて脱線するのではないかと心配している
ブレーキとアクセルの踏み間違い

スピードが出過ぎています
本音で生きよう!

    

二日前からマッチョな男どもがケーキを片手に
バラの花を添えて何処かえと立ち去っていく

似合わない光景だが今日もイソイソト歩いている

知り合いの事務所に立ち寄ると一昨日は婦人共が
愛想のいい言葉を投げかけてくる

明日は何の日か分かりますか爺さんと
知るかい3月8日だよ

それが如何したんだ
ボヤッと生きてんじゃねえよと言われてしまった

野暮な外人爺さんだよ( ^ω^)・・・
無智を笑われる((´∀`*))ヶラヶラ

男尊女卑の国から来た野暮な爺さんと
ごみでも掃くように追い出された

行かなきゃよかった!
後の祭りである

よくよく考えれば先月バレンタインデーの時
ワシにチョコレートをくれなかった奴共である

何が婦人ディーだ
私は嫌われモンです

  

私が女性にモテないで嫌われるのは
如何もここに原因が有りそうである

モンゴルは男女平等が行き届いているから立派な国
日本は男女平等国の評価では下から三番目に位置する

男尊女卑の国だそうだ
要するに平等という価値から言うと北朝鮮や韓国・中国より
民度の低い国家と位置付けられている

如何も世界の価値観では日本人は相いれられない国家のようだ!

私は女性や幼子の女の子には優しい
結婚してもDVや奥さんを悲しませるような事もしない

それでも私は女性に平等じゃないらしいから
嫌われるらしい

親の育て方に文句を言うわけじゃないが
育てられ方が悪かったとしか言えない

オイラの親は明治生まれだっから亭主関白だった

親の背中を見て反面教師で生きてきたんだが
女性を平等な👀で見ないような生き方をしてきた

観察力と好奇心が効き過ぎたのかもしれない

長閑な金曜日?

  

私の知り合いでサンキュウ課長がいた
心優しい好い男だった

何時もニコニコ心優しい頼りがいのある男だった
彼の職場へ行くと必ず妊婦が一人はいた

退庁の時間に駅前で一杯やるかと誘うと
必ず仕事が残っているから付き合えないと断られる

毎日残業ばかりしているから
彼は職場上司に評判が悪かった

残業ばかりして残業手当を稼ぐ課長という噂である
問いただすとサンキュウさんの分まで仕事をしているという

サンキュウさんは産前・出産・サンゴで二年間に及ぶ戦力外選手
特別休暇が有り(要するにドラフト上位で入団させても)

サンキュウさんになると戦力外選手になる
職場結婚が多くニコニコ課長はサンキュウ課長になったのである

彼の下では心置きなくサンキュウが可能という事で
彼は定年退職するまで欠員一人分をカバーしていたのである

そんな観察ばかりしていた好奇心の私は
彼をも反面教師的に見ていたのかもしれない

彼は今頃、如何しているんだろう
彼には息子と娘がいたから

二人の子供(孫)の世話をさせられているかもしれないなぁ

イジケてみても

    

私には如何考えてもできない話である
モンゴルでも男性は女性に優しい(結婚するまで)

我が家の隣の若い夫婦も時々、夜中に奥さんに
DVをしている行為が廊下越しに聞こえてくる

廊下に面している鉄製ドアから喧嘩の声が聞こえるのである
部屋に入れば聞こえないのだがドアからはマル聞こえ

私は昨日だけはどんな女性とも会わないように散歩した
捕まると何を要求(おねだり)されるか分からない

モンゴルは大変(女性にとって)なんですよ
結婚前までは優しいが結婚後の女性には地獄なんです

亭主は自分の物になると仕事せず酒ばかり飲んで
文句を言おうものなら容赦ない暴力の☂アラレ

離婚率もダントツ

私等、好奇心で観察しているから麗しき女性から
今日は何の日なんて声掛けられても

怖くて近寄れません
上手くいっている時はいいが別れ話などしようものなら

男と同じ喧嘩を仕掛けてくるからヤバいよ
日本の女性のように泣き崩れるなんてしません

酒をがぶ飲みしてきて蹴りパンチ蹴りの猛攻ですから

いじけて凍結した川の氷をパキパキと足で割って
遊ぶしかない情けない爺さんなんです

日本じゃ段ボール箱に貴重品が割れないように
クッション材に使うビニールに空気を入れたクッション材

指でプチプチ潰していると止められなくクッション材

ゲルが好き

  

昨日は首都全域で女性のための祭日だから
日曜日と変わらず静かな一日でした

散歩からの帰り道線路わきにあるゲルから
女性が酒を飲み大声出して騒いでいる声が聞こえる

傍を通り過ぎながら一日天下の日だから
我が儘の言い放題・し放題なんだろう

夕陽を眺め

  

私のような変化を好まない男性は女性にとって
物足りない男性にしか見えないらしい

酒は飲めない・タバコは吸わない・女性にも興味を示さない
決めた一日を静かにやり過ごすツマラヌ生き方は嫌われる

みたい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

夜明け

2019-03-08 05:47:13 | 首都散策・風景・冬期

マイナス6度

昨日も平穏無事で心穏やかに一日を過ごす
毎日、散歩コースはお決まりの川歩き

これも何時まで続けられるか未定である
凍結した氷の厚さは1m以上は有るから

当分は大丈夫だが氷上を水が流れ出してきた
要するに半年間の灰汁・動物(人)の糞尿が混じった水

    

写真記事は前後する
昨夜も夜になると疲れで深夜1時頃、バタンキュウで爆睡

子供の頃から秒単位で爆睡できる体質
死の時も秒単位で御臨終といきたいものです

4時間後(日本時間午前6時起床)美女の夢を見て起きる
単純な男なんですね((´∀`))ケラケラ( ^ω^)・・・押す

時々、嫌な夢見て(死の夢)飛び起きます
こういう時は一日イヤな気分で過ごす

今日の夢は最高の夢で現実で有って欲しいという
願いで記事を書いています

写真はベランダへ出て夜明け前の煙突を写す
人も動物と同じで環境変化で如何にでもなる

現在、外気温度はマイナス6度なんです
日本じゃ寒くて下着一枚でベランダへ出て写真など写しません

ここモンゴルじゃ寒くない!
出来ちゃうんです

復路は

    

此処からは昨日、爆睡した10時間前に戻ります(午後3時過ぎ)
朝一番、10時18分に飛び出しましから朝の写真はなしです

目的地へ11時には到着しなけりゃならない
早足で目的地まで35分で歩くことが出来る

写真など写しながら歩かなきゃ遅刻せずに行ける
そういう事で朝の写真は有りません

帰り跨線橋上で霊山を写しました
これも気持ちの安定が成せる業

先週までは針の筵状態ですから
全てが無味乾燥・無臭の世界でした

知識さえ持ち得ていれば無情・非常な社会でも
如何にかなるという事である

ノンビリと

  

国鉄職員はいつもと変わらず正確に機関車を動かす
規則正しく
レールの点検作業を行っている

私が思うにはこの国で一番の働き者は国鉄職員だろう
それも一番底辺で働いている縁の下の力持ちの職員さん

毎日、何も起きない事が当たり前の職場だが
素晴らしい働き場所である

氷上の上で

  

鉄橋から川へ下りて川を遡上しビール会社前まで歩く
今朝もここから鉄橋まで歩き跨線橋を渡り3地区へ

氷上の低くなった場所を水が流れている

自然の美

    

川の凍結は5㎝から10㎝程の厚みで何層にも氷が凍結し
川の流れを凍らせ全面凍結する

凍結した川の氷を切り取れば5㎝から10㎝の
バームクーヘンみたいな氷の層を見ることが出来る

しかし、川底には必ず水が流れている事を知ることもできる
時には湧水や水の多少差で凍結状況が変化する

水量の少ない川では川底が枯渇する事も有る

こういう川の状況は観察していれば自然と理解できるようになる
私が歩いている川の場所は川底が枯渇している場所です

川底には水が流れていない

氷が融け

  

此処は凍結した川の氷の方が車が走る道より高くなっている
先週から暖かくなり表面の氷が融け低い道路へ水が流れて

水溜りが発生し汚泥の凸凹道と化している
土盛りされているが氷が溶解すれば大変な事になる

記念写真として一枚、撮影しました

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

地リス生き残りの証明

2019-03-07 07:05:07 | 首都散策・風景・冬期

穏やかな風景

PC不良は日常管理の不備で自己責任
此処何日かの体調不良も今までの
生き方の

自己責任である

他人に厳しく自己に甘い生き方の産物
25歳から時間が止まってから45年の歳月が流れている

年相応の生き方をし早寝・早起きをし
午後6時に風呂に入り午後9時には消灯

遅くても午前6時には起床し
やるべき基本的なものは午前中に済ましてしまう

これが普通の人の生き方だろう

  煙りの流れで気温を計る(南風で暖冬)

私は真逆の生き方をしている
考えてみれば無駄・無理をする生き方である

若くないのだから無茶はイカン

お湯が二日間、出ないと癇癪を起しサウナに行った
久し振りの解放感で無茶をした

水分補給もしないで三度、水蒸気サウナを繰り返し
スッキリ状態で自宅へ帰り水分補給

これが如何も体調不良の原因らしい
一昨日は貪るように睡眠に励み死線を乗り切り

清々しい朝を迎えた
無茶しなきゃ何でもない健康体です

猛烈な蒸発

  氷が10㎝以上蒸発している

昨日は二足歩行で3地区まで散歩に出かけ
何時もの健脚を発揮し気持ちよい一日を過ごした

相変わらずPCの方はオン・オフが壊れているようである
外出やPCを使用しない時間は元電源を外し切っている

昨夜も時刻変更時間後ブログ更新をしようと電源を入れると
オン・オフの繰り返してばかりで記事更新はできなかった

諦めて深夜に不貞寝し午前6時に寒さと寝汗で起きる
如何だとばかりPCに切り替えるとPCが動いてくれる

これが私の生活だから老人らしくない
普通の老人生活をしていれば何でもない事なのである

何でもない生き方をすれ長生きは保証されるものを
何でですかね無茶をしてしまう

若くないんだから無理と無茶はダメなんです

齧り痕

  地リスに齧られ無残な姿

元気回復しました
ダイヤの乱れもなく正常運転中です

しかし、川の凍結状況は激変です
深夜は相変わらずマイナス10度以下に下がりますが

日中は+気温です
乾燥が激しい国ですから目に見えない蒸発で

川の中の柳の木の周りの氷も10㎝以上、氷が溶解しています
厳寒期に氷と氷の隙間に入り口を作ってあげたら

地リスたちはその空間を利用しエサ不足を解消
柳の樹皮を齧り飢えを凌いでいるとブログ報告をしました

その証が昨日の散歩で証明されました

陰陽

  陰を歩く男

自宅から目の前の川へ入り込み鉄橋まで川歩きです
この川歩きも時間の問題になってきました

今月まで氷上歩きが出来れば幸いです
陽が当たる場所は氷が蒸発し表面が凸凹になりだした

陽の当たらない陰は平らで歩き易い
私も陰の場所を歩いて鉄橋まで歩きます

異常行動もいつまで続けられるか
楽しみです

残土の痕

  厳寒期は白山だった三山

鉄橋まで記録写真を写しながら楽しい
氷上散歩です

普段見られない野生動物や植物を
観察できるのも時間の問題です

何時もの様に暴走車が行き交う
歩道を歩く日常に戻る時期が近づいています

駅と操車場

    

線路歩きも厄介な時期です
舗装されていない道路から雪が無くなり

土が乾燥でパウダー状態になりだしました
暖気と寒気で気流が発生し北風が起きています

北風は土埃を巻き上げ人間に悪さをします
私のべべみたいな大きな👀を攻撃するんです

微細な石や土埃が👀を直撃です
👀から毎日、小石が出てくる季節です

靴も厄介です
埃と汚れで靴とズボン裾が汚れる

イヤな季節が到来します

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

初めての経験

2019-03-06 01:36:12 | 首都散策・風景・冬期

やばい

昨年暮れからの戦いが先週の金曜日に終結する
緊張と疲れが一度に現れ週末は自宅で芋虫状態

自宅マンションはお湯が出たり出なかったり
欲深い建設主がマンション隣にホテル建設中

資金不足と馬鹿従業員が作業しているから
生活者の事など考えないで電源・飲料水をオン・オフする

日曜日に冷たい水しか出ないのでサウナに行き
サウナで根性だしたのも問題である

自宅へ戻るとチンチンに暑いお湯が出ている
なんなんだ!俺をからかっているとしか思えない

  

月曜日から昨日まで寝ても寝ても疲れが取れない
昨日は二足歩行で散歩する予定でしたが何かが変!

おかしいと思い車で出かけた
普通は散歩を中止し自宅で養生するのだが

そうもいかない時も有る

身体の具合が悪い時に車の運転をしますか
他人の事をいえた義理じゃありません

運転中に発作マグマが起きたら如何すんの
体調不良と歩きたくない症候群が出る

初めての経験である( ^ω^)・・・死ぬかもしれない
💊が欲しい!タウリン2千mgが欲しい!

元気の出る💊をくれ!
散歩に出かけたもののグタッーとした状態を見られてしまった

猛烈な眠気と気怠さは初めてである
こういう時、次から次と人が押しかけ帰れない

自宅へ帰り思いました
今日来た客は悪魔からの刺客軍団か

早々に

  

普段は午後3時には自宅へ帰れるのに今日は4時半過ぎ
兎に角、寝るしかないと言いながらチャッカリ夕暮れを写す

生真面目爺さん

ご臨終のときもチャッカリ一枚写して旅立つとかしそう
そんな冗談を言っている昨日では有りませんでした

3時間ほど熟睡したら元気になりました
TVで武士飯ドラマを見て笑い焦げました

でも確実に死が近づいているのは確かである
自分じゃ25歳のつもりだが4分の3は昇華している

残る四分の一は後何年だ!
それが問題である

帰宅

    

デジカメで写すものだけは几帳面に写しているところなど
昔の仕事姿そのものである

時間と記録と責任と役割は忘れていない
写し終わると寝ました

それも布団にきちんと寝たのではありません
ナショナルジオグラフィックチャンネルを見ながら寝ました

そういえば此の頃、世界第二次大山の映像が多く放映されている
ナショナルジオグラフィックの映像番組

武士飯ドラマまでにはちゃんと元気に目覚めました

夕陽を

    

明日(今日)からは元氣に散歩できるものと確信しています
矢張りPCの調子が悪い、記事を書いていても何度もPCが

オン・オフを繰り返す

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

試練は査証だけでは有りません

2019-03-05 00:51:13 | 首都散策・風景・冬期

踏切り

昨年の暮れから今まで入管に何度足を運んだことか
外国人は異国で自由に滞在する困難をしみじみ

スルメの如く噛締めております
これから先の目途も付いたのですが如何なる事やら

    

もがき苦しんでいると悪魔は私が苦しんでいるのが楽しいようで
私のPCまでおも悪戯して壊してしまったようで

昨日からPCが制御不能
修理屋に持ち込み金を取られたが治っていないようである

先ほども大切な人へメールしていたらプツンと切れた
これはヤバいとブログだけでもと怖ゴワ

記事を簡略に書いております

植物

    

昨日は朝、入管へ行き手続き完了
PCを抱きしめて入管から首都中心地へ行き

修理して3地区で夕陽を眺める
序にブンブクリーザハで風邪薬を大量に購入する

夕陽

    

夕陽を堪能するゆとりが出てきた

記事を書き終わるまで切れないで
PCにまで弄ばれています

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

薄焼き煎餅の上を

2019-03-03 10:21:50 | 首都散策・風景・冬期

外気温度が+に

日曜日の今日も穏やかな一日になりそうです
ここ三ヶ月間、俎板の上の鯉状態で生きた心地がしなかった

以前、カオス世界の国も乙なものと宣ったが
いざ我が身に問題が降りかかると厄介というか腹が立つだけ

無駄な時間と居心地の悪さだけが特出し
全てのものに拒否反応をする

  以前の平穏な時と同じ心境で踏切を見れる

如何に日本人には日本国が素晴らしいかを
再確認させてくれる

現地人が役所で無理難題を言われ泣き出すような国です
話しを聞いているだけで反吐が出る官庁仕組み国家

魑魅魍魎が棲みついている伏魔殿

そんな伏魔殿で見通しの立つ認可を受け取れそう
条件付き無し(勝利宣言)

海馬に鞭を当てた甲斐が有った
昨日は久しぶり凍結した表情を二足歩行で散歩に出かけた

きもち清々しは格別
 

パリパリと

    

氷上は外気温度がマイナスからプラスに変化した事も有り
氷上が薄い水分で覆われ歩き心地も最高

しかし、転倒すれば服・ダウンジャケット・ズボンは
びしょ濡れになります

そこを注意深く歩いて行くと激しい乾燥で2㎝から3㎝厚さの氷が
透き通るような薄さに変化し体重の軽い私の一歩でパリパリシャキシャキと

軽やかな音を立てて粉々に割れていく音は
子供時代の記憶を蘇らせてくれます

最大の難題を解決させた解放感と安堵が
童心に戻らせてくれる

滞在許可を得られず帰国命令を受け
滞在許可が切れた日数分の残務手続きをされていた

日本人女性と同じ場所に居合わせた
海外で生活する難しさを嫌というほど味わう

滞在国の法律から仕組みや国民感情まで
熟知し使いこなさないと魑魅魍魎の国では生き残れない

車道を

  

散歩に出かけた時間が段々と後ろへズレている
家を出たのは午後5時過ぎになる

太陽は落ちかけています
現在は線路から車道を歩いての鉄道観察散歩

線路内の土がパウダー状態なんです
歩くとボロ靴が土埃で真っ白になり

毎日の靴磨きが大変です
そこで硬い土道の車道を歩いています

第54学校から

  

泥棒土手から西の彼方へ沈む太陽を眺める
子供達・生徒の声を聞きながら校庭を横切る

目的の無い散歩が一番の幸せ

夕闇の中

    

遅く散歩に出た分、帰りはそれに応じて遅くなります
日本時間でいう午後8時半近くに線路内をトボトボと

太陽が落ち1時間は経過しただろう夕方の姿
深い青色と街灯の照らす光りが美しい

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

無智と飴と鞭

2019-03-02 12:30:16 | 首都散策・風景・冬期

まだ俎板の上です

老人になると切れやすくなると言われています
我が意が通らなくなると持ち得ている知恵をフルに出す

それが熾るとコンビニや病院やビル駐車場
高速道路に逆流し快適に走行するという行動に出る

フルにアクセルを踏み込んで仕舞うんです

私はまだまだ俎板の上で最後の審判を待つ身です
こうなると飛び跳ねる力も気力も失せています

為されるがままです(男身の爺さんですよ)

  癇癪玉を抑え込み

でも少しだけ先が(イや)永久に安堵する身になりそうな気もしてきたー!
昨日は早朝から深夜まで心優しい爺さんを演じていました

昨夜は自宅に到着後、コメント欄を開きバタンキュウで長眠
永眠を願て寝たが足が攣って水を渇望して起きたり

水を飲めば寒さ(外気・マイナス23度)でトイレが私に来いと叫ぶ
起きてトイレの神様の小言を聞けば

((´∀`*))ヶラヶラ・・生かされているとガッカリ

昨日は一日中、老人性癇癪玉を堪忍させ
善玉の如く爺さんで一日を過ごした

これは神経を集中しなきゃ出来ない技
若かりし頃の勉強と同じである

絶対、無智には負けないという信念のみ
此処で鞭を晒(無知)せば帰国という判定が下るだけ

ただただニコニコ動画?老人を演じるだけ
生き残っているぞ

自己愛だけ

  時間に狂いはない

どんな条件だろうが時間だけは正確に動く
我が身を預けている現地人は孫と同じような年齢

この子には二人の子供がいる
私の事より子供優先で爺さんは二の次です
( ^ω^)・・・爺さんはジッと我慢の子

何度も役所へは余裕時間を持って提出しよう・行きましょう
ワザと思うくらい私の事を後送りして

役所の終業時間ぎりぎりで飛び込む
受付に行けば嫌な顔で対応される

こんな時間に来やがってという顔ですよ
日本のようにその場で証明書や許可は出しません

受け付けるだけで一週間後の受け取りなんです
これを何度も繰り返す

曲芸というか綱渡り的な事をして
私の忍耐力・感情を試しているように見える

こういう状況でもブログだけは
何事もないように書き綴って老いている私です

この地で感謝玉を破裂させれば
その時点で即退場なんです

( ^ω^)・・・チコちゃんが羨ましい

私は人生の終着点で悟りを拓きました
老人性癇癪玉炸裂症候群を完治する術を

私は忍耐強い寡黙な老人に化ける術を手に入れた
((´∀`*))ヶラヶラ( ^ω^)・・・エッ変ン人として

二枚だけ

  散歩も自家用車で

帰りは久しぶり午後九時である(日本時間10時)
精神的な疲れと朝から水も食料も一切取らず

精神力だけで一日を過ごす

車の中から
自宅近くの例の氷に押されている橋で一枚

ベランダら

    

腐りきった国には飴は通用しない
飴など渡そうものなら黄金の飴を要求される

無智を使おうものなら即退場(帰国するだけ)
飴を使おうものなら際限が無くなる

理不尽に鞭を使おうものなら会ってもくれない
そうなれば己の海馬に鞭を叩き込むしかない

自虐性・Masochismに
そこまでする価値ある棲み処かよ

そういう理屈じゃなく
負けず嫌いにはよくある症状なんです

私は馬に似ております

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

生きる

2019-03-01 08:44:09 | 首都散策・風景・冬期

狭義

人には無くて七癖なんていうが
人生最悪の時にいい癖ではなく悪い癖が出るものである

ネガティブ思想がムクムクと私を混乱させる
他人の事より我が身の大事さだけを優先させる虫が

    

多くの人達は狭い世界・社会で満足しながら
幸せな生き方を堪能されている

それは素晴らしく幸せな事なのかもしれない

しかし、地球には厄介な生きモンも多く存在している
幸せの尺度が違う生き魔モノとでもいうか

こ奴らが厄介なのである
平穏な社会を混乱させたり恫喝でかき乱し

金儲けをして喜んでいる

こういう時、狭義な生き方をしている素晴らしい人たちは
嵐の中の木の葉のように行き着く先を予見する事さえできない

広義

    

またインドとパキスタンがドンパチやりだした
中南米も自由思想と共産思想が鬩ぎ合いを何所かしらで続けている

碁や将棋じゃあるまいし国の支配勝負はお互いが命がけである
平和を愛する市民の住む所の安全と命など保障できない世界になる

太古の昔はドンパチをやらかしゃ何方かは滅び死ぬ運命
ところが近代社会は最後の一線で第三者なる人物が神の如く現れ

話し合いという魔訶不思議な現象が必ず起きる
これは自由思想のボスと共産思想のボスが遠隔操作で動かされている?

これを休戦協定と言う

休戦協定の中身は不足した人的補給と武器弾薬の再補給時間でもある
世界中の奴隷たちには無関係な休戦時間なので関係ないが

休戦協定という言葉は面白いのである

この無駄・エンドレスが現在の世界を支配している

如何に

    

昨日、混雑する市場に行ってきた
以前は買い物客と品物を入荷する車で人など歩けない車庫前に

赤白マークのポールが設置され違法駐車の車が皆無
素晴らしい光景である

私はこの先にある猫の額ほどの空き地に違法駐車して歩いてきた
いま私の心中は穏やかではないが少しだけ光明らしきものも射してきている

現にまだ、物騒な世界に滞在しているのが証拠である
でも歩いていて違法駐車の無い歩道は素晴らしくは見える

中の一本から白煙が舞い上がっている
これを微笑ましく見るか、
それとも憎悪の目で見るかの違いでは

今の私にはどちらで見る事もできない社会にいる

ひとは争い事が耐えなくなると全ての物に感情を無くしてしまう働きが起きる
社会に対して如何でもいい・無関心・社会を放棄しだす心が芽生える

怖い社会現象なんです

    

それでも地球は几帳面というか平和な社会都市にも
争いごとの耐えない社会都市にも規則正しく太陽は動く

朝日が昇り決まった時間に太陽は沈んでいく

約束の時間は過ぎましたが
しっかり私は俎板の上で呼吸をしてます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

二進も三進も

2019-02-28 03:08:32 | 首都散策・風景・冬期

これに乗って

ここ何年も俎板の鯉状態で
俎板の上に乗せられては暴れ狂って

料理するには暴れまわった魚は血生臭くて
食えた品じゃないと

その都度、如何にか生け簀に戻され命拾いしてきた
今回はもう駄目だろうと覚悟した

  PC2・5煤煙の元凶?客車の操車場 

札幌ロータリから見える客車を見ながら
今日はこの客車に乗り夕方には首都を去り

逃避行となるだろう
何処に行くあてもないのに

焼いても煮ても食えない美味しくない私である
何度も遡上に乗せられる度

のたうちまわり暴れ狂った
何度もこれを繰り返すうち

何となく覚悟みたいなものを会得した
悟ると暴れなくなる

軍人の猛訓練で死を怖がらない猛者の心得

心静かな心境になるというのはこの事なのか
武士とは死ぬことなりの心境である

二月最後の一日である
何も怖くはない

昨日も釜ヶ崎

    

昨日も一昨日に続き愛車で出かける
何時もの場所には立ちんぼもいたし

暖冬で仕事が増えたのか卸市場も忙しそうに見える
こがねをバッグに忍ばせ覚悟の散歩

失意のうちに

  愛用のオリンパスです

最後の審判は最後の28日に決定
真綿でゆっくりと首を絞められるような心境

民族が違うと作法もこうも違うものか
大和民族には想像もつかないやり方

いっそのこと
一閃でアッと言う間もなく椿の花の如く落ちるさまは

潔い作法なのかもしれない

日本が世界でもどかしい生き方を強いらされている事を
私はいまモンゴルで体験している

自棄糞のブービー日である
体中から異臭がして堪らん

逃避も許されず
今日か明日かと

最後の今日、断刀の露と消えるか
凶弾に倒れるか

三枚に下ろされ酒のつまみにされるのか

驚異

    

例の橋の上流と下流の風景である
上流には手を付けず

下流ばかり穴掘りをしている
素人の私に逆に見える

橋桁にかかる負荷は凍結氷の上流の方だろう

これ以上、暖冬が続けば氷が緩み

上流の氷塊の力は橋桁にもっと圧力を掛け
橋を押し崩すだろうに

露と消える爺さんが心配する事でもないだろう
最後まで可笑しな好奇心と心配症は治らん

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント