馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

審美眼

2017-07-23 16:47:03 | 芸術鑑賞・自然美

三代の付き合い

先日NHKニュースで人間国宝のニュースが流れた
其処に陶芸家・福嶋善三氏の名前が流れた

記憶有る名前に驚き目を覚ます

爺さんが青年時代だった頃の思い出

2017年度陶芸部門人間国宝に推薦された
福嶋善三氏の話し

昔から陶磁器を見るのが好きで全国を旅行している時
窯元の看板を見ると目的を忘れてヨロヨロと其処へ導かれる

ストリップ劇場の看板見て吸い込まれるエロ様に似ている

貧乏旅行中で東京へ戻るガソリン代を心配しながら伊万里焼へ
その途中に小石原焼の窯元を発見!

頭が軽い分(有田焼まで行くより安上がりと)
歴史的に有田焼と関係があると推測(当たり)
佐賀・有田焼は鍋島藩御用達窯元

小石原焼は一般市民の食卓を賑わす日常雑貨窯元
要するに次男・三男以下の陶器師の窯元

でもそこに隠れた芸術家はいると

私が貧乏な時代

  善三氏の父親(司)の茶器箱

お祖父さんからの付き合いというか出鱈目・偶然な私である
小石原という窯元は県道左右に沿って1km程、店が立ち並んでいる

今回水害が起こった朝倉郡という場所だったのか

40年前だから記憶が定かじゃないが私は端から端まで窯元を見学した
いい作品を置いていたのが善三氏の御爺さんの窯元だった

店先にはごく有りふれた生活陶磁器が飾られていた(百円から何千円まで)

当時、健在だった爺さんが良いもの見せたろうかと奥座敷へ案内してくれた
目の保養になった、素晴らしい作品を見せてもらい

東京へ帰るガソリン代がない時代
爺さん曰く・・
金が出来たらまた来いと言われた

親の茶器

    

30代初め頃、九州を旅行した時、立ち寄ったら爺さんは亡くなられていた
息子の司さんが主人として窯元を守られていた

私より一回りぐらい上になるか彼も曜変天目茶碗の再現を試みていたのか
これは司氏の父親から初対面の時、何となく聞いた話(子供自慢話で)

司氏は優しい人で目立たないが人間的に好きで私は彼の作品を愛した
其処で購入したのが二点の茶器(黒茶器で天目茶碗)

当時として爺さんが買える購入額を越えていたが
清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入した

今も大事にしています(鑑賞用として)

奨励品

  人間国宝の杯を

三度目、爺さんも多少小金持ちになり訪問した

店内には宮内庁御用達品なる案内板が飾られ
窯元の店舗も一変

司氏曰く息子の作品がこのようになり喜んでいますと
あくまで控えめな昔ながらの人徳者である

司氏の作品を購入しようとしたら私のより息子の作品をという
今は不在でいないが息子の作品を是非という

宮内庁御用達作品は飾り大皿で30万円の値段がつけられていた
有名になった人の作品を購入してもという

天邪鬼精神がムクムクと湧き上げる爺さん

でも一点だけでも記念にと薦められる
爺さんから三代のお付き合いならと

薦められたのが手頃な杯である
何とこれが(゚д゚)(。_。)ウン万円もする代物

親として何か手応えなる物を感じられていたのか
私も有名な陶芸家の作品という事ではなく

お父さんの息子さんの作品を頂くという事で
手に入れたんですが

こうなると分かっていれば小皿でも購入して置けば((´∀`))ケラケラ
欲爺です

焼き方・独特の色合いなど聞かせてもらって

四日ぶり麦飯を

      

四日ぶりにご飯を作り焼き餃子と茄子焼で午前様食事を決行!

麦飯を盛り付けている飯茶碗は善三氏の作品である
色合いが好きで杯を購入した時、二点購入

普段の飯茶碗に使用中

人間国宝に指定されたのだから茶碗飯には使えない
お飾りにします

麦はロシア産・マトリョーシカ叔母さんの麦
元気・ピンピンです

餃子はスープ用一口バンシを代用

茄子は中国からの輸入品で

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

素晴らしい時代に生まれたもんだ!

2016-10-14 14:07:09 | 芸術鑑賞・自然美

音楽の第三黄金期

Bob Dylanがノーベル文学賞を受賞した
驚いたが村上が受賞するより私には喜ばしい!

昨夜から今朝まで寝ないで60年代70年代の
音楽を鑑賞する羽目になった

眠いが寝られなかった!

 

古典音楽のヨセフ・セバスチャン。バッハ等が16世紀後半に
クラッシック音楽を花開かせ

100年後にモーツアルト・ベートーベン等が第二期の
クラッシック音楽の花を咲かせた

我々はこの二大音楽を基に素晴らしい音楽を体内に吸収してきた

19世紀後半に英国から少し遅れて米国から世界を席捲する音楽が
砂嵐のように迫り吹き荒れた

世界を争いの時間から吹き払うよう神からのメッセージ?

深夜
Bob DylanをケーブルTVユーチューブで飽きるほど聞いた
何故!
Bob Dylanなんだ!

きっと世界中の人たちが戦争を無くしたいのだろう
戦争など止めてしまえと言いたいのだろう

Bob Dyilanを聞いているとElton Jhon・Simon&Garfunkel
Jon Denver Bee Gees等の音楽が次々に表示されてくる

この後にBeatles等も世界を駆け巡る
日本からも名曲が多く出て来る

我々はこれらの音楽を当たり前のように聞きながら古希を迎えようとしている

恵まれた時代に生まれたものである
徴兵も経験せず安穏と生き永らえてきた事に感謝である

全てが先代の犠牲における賜物であろう
だから爺さんは命を大切にしている

お金や地位や自己欲求願望より争い事をしないように
生きているつもりである


Bob Dyan

 

なんて素晴らしい時代に生まれてきたことか感謝している

そして我々時代の少し先輩たちが次々とノーベル賞を受賞している
次は我々の世代から名誉ある受賞者が沢山出てきてもらいたいものである

60・70年学園闘争派と

   

我々世代の時代は60年安保闘争と我々が学園闘争をした
授業料・大学改革等を理由に菅たち赤軍派等は各大学を破壊しまくり

今は同世代の老後ピクニック山となっているアルプス(八ケ岳)山中で
脱落した仲間を難癖付けて粛清した歴史を持っている

あれは何だったのか
我々の命(血)の中には世界第二次大戦で多くの若い命を失った
若い青年の残り香(存命)が引き継がれたのかもしれない

理不尽な死・無駄死にというものかもしれない
どれもこれも世界の一握り者の我欲による争いごとに

日本も自然に巻き込まれた結果である
これは昔の出来事では済まされない

現在もその我欲に陶酔している末裔集団に中東でアフガンで
アフリカ・アジアで戦争が絶えない

若かりし頃、先代たちの考え至高を破壊した同世代の菅は
日本の首相まで上り詰めたがリーダーとして行った結末は

矢張り日本を破壊から防げなかった
要するに学ばなけりゃならない時代に学ばなかったツケが

露奎(奴に相応しい言葉)したに過ぎない

無関心派

   

爺さんの子供時代は如何だったか!
田舎の秀才たちは次世代の家督者だろうが次男坊だろうが

優秀というだけで陸海空の幼年学校や士官学校へ入学していった
爺さんの伯父さん達も先を競うように士官の道へと進んだ

結果は戦死をし二度と実家・故郷へ戻る事はなかった
彼らの遺品は縁側の片隅に学生時代の書籍やアルバムが

物憂げに積み上げられていた

私や従兄弟たちが伯父さんが残したアルバムを興味本位で
記憶するように飽きもせず見た記憶が有る

6歳頃から10歳前後だろう
とうとう家族から心配され閲覧禁止になり

我々の目の届かない場所に管理されたのを覚えている
それが原因かなにか分からないが爺さんは学園闘争には

無関係な世界へ道を選択した
無関心派と言われても平気だった・・何とも感じなかった

お国の為に尊い命を捧げた伯父さんたちがいて自分達が存在していると
親から教わることなく遺品のアルバムから学んだ

余談だが田舎でも一等兵・二等兵で戦地に出向いて帰還した人もいた
戦死した伯父さんの話をすると帰還した小父さんたちは

ポツリと彼奴は優秀ゆえ生き残る事が出来なかったんだと

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村

 

コメント

感傷の秋

2015-09-15 11:22:49 | 芸術鑑賞・自然美

目的は別?

血迷ってモンゴルに来たので序に人生ゴールまで血迷い続けて穴の中まで
モンゴルは現在でも土葬が中心で火葬は少数派である

やっぱり死んだ後は土に返すが正当だろう・・土地は広いし大らかである
その後始末を誰に託すかで私は今、悩んでいる・・託す相手がいないのじゃ

いい加減な奴に託せば火葬にされかねない・・折角、広い大地にいるの邪険
土葬がいいに決まっている・・・自然だもね!

墓の隣に桜でも植えていれば桜は養分を吸って大きく成長し花を咲かす!
観光できた日本人は桜を見ればこの下にスケベ爺さんが眠っているのが分る 

と言う事でギャラリーに来ている!ここのオーナーは妙玲な23歳の美女!
私に対して愛想はいいが恋愛とまではいかない・・どうも男を別に作ったようである

ところが三ヶ月前から私が目を見張るような美女が社員として働き出した

        

それを目当てに私はせっせとギャラリーへ足を運んでいる
愛想がいい!スタイルがいい!足が長い超美人・・・羨ましいくらい

どうにか引っ掛けようと企むが二人っきりになれない
なりそうな時に必ず邪魔が入る・・神様までが焼餅を焼いているのか!

行くとニッコリ!これだけで10年は若返る・・だから今じゃ私は25歳くらいまで
若返ってしまった・・今年中に私は10歳くらいのマセ餓鬼になるんじゃないかと
心配しているほどである 

        

ギャラリーの宣伝より彼女を鑑賞している時間が長い!

どうせ最終的に私は失意の悲しみに苛まれるのだろうが今は

近い将来を考えるとウハ右派右派で夜も眠れなくなる 

            

絵に描いた餅にならないように頑張るぞ!

にほんブログ村  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

画家もいろいろ

2015-06-12 09:57:47 | 芸術鑑賞・自然美

遊び心?

芸術も時空を越えるとピカソ的絵に近づいてしまうのか・・その途上にある画家は?
彼は使用料が高いギャラリーを個人で貸切中・・・客足はというと見ている人が少ない

でも金持ちなんでしょう・・私はそんな事を思いながら鑑賞していた・・最初は凄い! 

           

自称鑑定人?・を自負している私は鑑賞者の少なさ・・傑作を見て鑑定する・・手抜き発見!

一見、見事な絵筆さばき・・素人を引き付ける絵の具使い!でもよく見ると美人と同じ

ブスの方が見れば見るほど味が出てくるというか新発見をする!・・そうでしょ!皆さん

美人も慣れてしまうとこんなもんかという事になる・・そうなると美しさの反動が激しい!
粗探しが始まると言うか目に付いてくる!美人はこう有るべきなんて決め込んでいる愚かモン

私も探しました・・イヤイヤ鑑定人の癖!よさを引き出す再発見をする為

如何も色使い・・作業工程の乱雑さがキャンパスに出ている・・絵の具をベッタリ使った
部分といい加減というか夏休みの課題を書き上げたような部分とがある・・中学生並み 

           

上記の二枚は雲が好きなんですか独特の個性で書き上げている・・有名な川が好きなの!
それとも懐かしき故郷の原風景なのか・・同じ絵が季節ごとに書き上げられていた

川が中心で支流と本流が入り混じり・・十字路の川が飽きたのか面倒くさくなったのか

信号機状態になっている・・私が載せたのはその中の一番まともなものを礼儀として
載せた・・一番、佳作を・・私は貶してはいない・・モンゴルの芸術を紹介中

表記の絵にいたってはピカソ的な作品・・広大な台地を水が浸食した後がまざまざと
描かれている・・よく見るとスケベ爺さんには女体にしか見えない構図や家畜・恐竜が
描かれているようにしか見えない・・偶然性かもしれないが面白いので代表作として

下の二枚は山下清画伯を真似したのかと驚いた!隣の絵も表記と同じ作品

よく見ると手前はしっかり描かれ美しく見える奥の山並みは中学生並み!
手抜きもはなはなだしい!鋸山でまとめ絵の具もはしょり

題材からしてモンゴルに鋸山は存在しない!台地が古い時代ゆえ高い山脈も平らというか
なだらかな山ばかりなのである・・

自慢じゃないが私は絵画・陶器類にしろ美の鑑賞眼が有る・・私が言いと思う作品は
高価だったり一番の賞・名誉を頂いたりしていた

これは子供の頃、窯元(近所に窯元が有って)で目を養った経験が生きている
陶器を見ていて欲しいと思う作品はみな親の月給の一年分もする値段が貼られて
いた

・・いいものは誰が見てもいいものである 

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

子供絵画を鑑賞

2015-06-03 08:49:26 | 芸術鑑賞・自然美

子供らしさ

            6歳児

これぞ!夏休みの作品集!私でも理解できます・・要するに私は美に対する認識と言うか
鑑賞眼はこの程度です・・いいんです・・

余り美に対する鑑賞眼があると詐欺をする可能性がある・・前回も五月中に大雪が有って
冬が去るなんて言い切ったばかりに自然界から恥をかかされたばかり・・反省中なんです

     ほっとしま     

米国だったか六歳ぐらいの天才画家の話がありました、1号何百万でしたか、子供の
絵を見ると全体的な色使いが上手で構図は子供らしさがある
 

何?・・・・親子共同作品展

    3歳児の作品です  

私は凡人だから天才や秀才の感覚と言うものが理解できない!要するに三歳や六歳の餓鬼が描く絵のよさや構図が理解できない!ここは元共産主義社会国家・・英才教育

それとも親の跡目を継がせる教育なのか・・・如何見ても餓鬼の絵じゃない

     4歳児      4歳児   

私が見た印象では親が構図や配色を下絵まで描いて色だけ塗らした絵に私は興味なし

              6歳児が描けます?

私は絵に関してド素人・・僻み・・妬みがあります・・でもねぇ・・幾らなんでも子供の絵?

天才・秀才児はこんな絵を描くのは朝飯前?・・・それにしても面白くない!

明日の記事をお楽しみ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

子供の日!

2015-06-02 03:24:06 | 芸術鑑賞・自然美

名作?

昨日も遅くなって散歩に出かけた!郊外へ引っ越してからの変化はガソリン代が
必要以上にかかることである!毎日の事なので大変である

片道首都まで3kmの道を歩きながら行くのも乙なものだがイザ住んでみるとズボラが
ムクムクと顔を擡げてくる!住居も最上階で老人には階段上りが健康にいいと記事にした

現在、如何しているか階段など使わない!降りる時に三度ほど階段を利用したが
面倒である!停電の事など忘れて一度も階段で12階まで歩いた事がない私である

今日は子供の日で産業道路も夜中のように静かである!誰も歩いていない!車も
殆ど走っていない!ゴーストタウンのようである 

              

散歩も遅かったが広場に行けば何かあると思いつき!帰りコースで広場を目指した!
いました、コスプレ!顔にペインテイングした子供で一杯!

行くのが遅くなり写真撮りが遅れた!帰宅した子が多く遅くまで遊んでいる子が少ない
それでも満足するだけの写真が写せた!個性的なコスプレ 

              

写真を喜んで写させてくれる子と無言で嫌がる子がいた!嫌がる子に素晴らしい
ものがあったが写させてくれなきゃ紹介の仕様がない!どうぞと喜んで協力してくれた

子供に幸あれ!

そんなに顔中!ペイントして大丈夫!私のほうが心配になる!スパイダー系統が多い
今回は蝶の絵柄と幾何学模様もある・・次回はどんな図柄が参加してくれるか!

親も子供も図案に個性が出てきた! 

              

子供より親が積極的に写してモードだったが親の顔を写しても性もない!
やはり可愛い子供の顔が一番!横で子供以上にはしゃぐ親の顔は御免だ!

可愛い子供も二十年後はこうなるのかとレンズ越しに見つめると色褪せてしまう!

気持だけでも可愛いままがいい!無垢であどけない顔立ちが好きなんだ!可愛いいのだ! 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

山岳写真家

2015-05-28 08:15:51 | 芸術鑑賞・自然美

アルピニストでもある

久しぶりギャラリーを覗いたら登山家であり山岳写真家の個展が開催されていた
本人と家族もいて色々な質問をさせてもらった!

是非、長期滞在者の邦人で写真に興味のある方は早い内に見に行ってください
鑑賞する価値あり・・使用カメラはキャノンと言う事だった・・全てが素晴らしい写真ばかり 

             

山男だけ会って気さくな男である!私が本人を探しているのが分るとやってきた
写真展の場所は全てモンゴル国内での写真と言う事であった

ヒマラヤのような高い山があるのも今回知った、南ゴビ地方にあるという
標高4356mといったか、空気の薄い山で、これだけの写真を写すだけで敬服!

機材の重さを聞くとカメラ機材の重さが12kgという、私には無理な話である
近頃、革ジャンや多少重いバッグが負担になっている・・食料だけは我慢して
5kg前後はぶら下げて家まで歩く事ができる・・これさえ苦痛に鳴り出したらお陀仏さん 


             

上の写真がモンゴルで一番高い山だそうだ!彼はグループを組んで山岳写真を
専門にしているという・・腕も良い!彼は雲を巧妙に取り入れた写真家と見た

そういう私も素人ながら雲が好きで自宅からの夕日を写し続けている
しかし、飽きっぽい性格とカメラを写さず!見てしまう癖が直らない!・・観察力抜群! 

             

湖の氷を写した写真など我慢と忍耐力がいる・・砂漠のオアシスを雲と!

             

私も草原でこんな場面をよく見ているんですが美的センスに欠ける私には
写せません・・カメラはいい物を持っているんですよ!準プロ級のカメラを

構成というか美学が私にはない・・・個展を開いていた彼には才能がある
カメラだけじゃなく何が鑑賞する人に感動を与えるかを知っている

私は山岳乗馬をしているがカメラに収める前に自分だけが感動している
雲も風景も一瞬の美しさを待っててはくれない・・この違いだろう!

鑑賞する価値あり・・早目に行かないとギャラリー使用料が高いので早く!  

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

最高の花見

2015-05-17 04:36:29 | 芸術鑑賞・自然美

いつも一人

この時期は一日勝負の花見会・・一人です!こんな場所まで付き合える美女もいないし
モンゴル人さえ知らない場所でもある、こんな場所だから花は私を歓迎してくれる

半年振りに言ったグレー牧場は荒んでいた、愛馬は瘦せこけ見るも無残と言うしかない

これは人格的なものもある・・今、モンゴルは以前のような貧乏な国ではない
頭を使える人には幸せになれる国になりつつある・・しかし、旧態依然の能力しか
仕来たりを変えられない人間いは老若男女を問わず容赦ない社会でもある 

              

容赦ない社会変化に取り残されそうなグレー一族?今年のキャンプ地は観光ホテルの
雑用のようである。良い事ではあるが時期すでに遅しと言う所か、迷いを振り切り
一から出直せば遅くもないだろうが・・・悲しい事かな! 

              

周りのモンゴル人との生活格差が歴然としだした今日!頑張れるかどうかが鍵である
私としては頑張って欲しいが本人たちは如何考え如何思っているのかは分らない

底辺で働く牧場主と周りは首都から来た成功者とその餓鬼共である

此処まで生活格差が出来ると並大抵の努力では追いつけない! 

              

酒とタバコに溺れ日常生活を省みない生活じゃ!訪問する私が惨めである
愛馬は瘦せこけ・・餌を上げていない・・モンゴル人が見ても一目瞭然!

これじゃ観光ホテル経営者も乗馬に使う気は起きなくなる・・
ちなみに私は帰り際、近所の放牧されている馬を見ると丸々と肥えている・・

半年間、青草のない国だから肉付き良くとまではいかないがそれなりに健康的な
体つきである・・それに比べグレーの馬は明らかに馬を労わっていない・・ 

     

愛馬は私が来たのを喜んでくれたが乗馬する気持にはなれなかった
愛馬の背中は鞍ズレで硬い皮膚が破れている・・どんな乗り方をするとこうなるのか

背骨が浮き出て臀部の肉も削がれ瘦せこけている・・そこを付くと草がないと言い訳を
していたが私の心の中では君が馬の世話をしなかっただけだろう!

トラックは飲酒運転で事故を起こしフロントガラスが壊れていた、何処まで愚かな男か
電話してきた事が理解できる!

悲しい事である!痩せた馬を連れて低いの山頂を目指す!山頂には青草が有るから

私はこの時期、何処に行けば平地の草原にない青草が成長している場所を知り尽くしている

そこで2時間!思い切り青草を食べさせた、愛馬を連れて行きたかったが背中の皮が
敗れている馬に跨ることは出来なかった!

一人最高の花見をしたが気持ちは暗くなった・・・春一番おヤルゴイも悲しそうに見えた 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

天使の歌声(姿)

2015-04-29 02:06:07 | 芸術鑑賞・自然美

なんて可愛い

プロカメラマンの見所が素晴らしい!私も自慢の一枚といきたいがこんな所に目をやる
ところがプロ所以である!二度と見ることの出来ない一コマを見つけ出す技!

私などオバサンの妖艶な姿、胸などに目を奪われ天使の姿どころじゃない

ギャラリー会場で一番に目がいったのはこの写真だった 

    

実は情けない事に歌姫の姿に目を奪われただけでした!でも近くでよく見ると
主役は天使でした!

世間の汚い部分だけ見て還暦過ぎた老人に天使など目に映るはずもない・・・
時々、神様は戒めているのかもしれない

美しいものは妖艶なものではない!心の美を知りなさいと・・フン! 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

私が好きな写真集

2015-04-27 01:19:58 | 芸術鑑賞・自然美

歴史を楽しむ!

何処の国にも昔の元風景と言うものが存在する!首都のように何処の国も一様に
高層ビルが建ち並んだ町並みなど国を代表する物でもない!

国を見たければ地方に出かければその国の原風景が見れる、日本も地方の武家屋敷や
京都・奈良のような神社仏閣を見れば国の歴史を夢見る事もできる

今回、熟女たちの写真集もフイルムで白黒時代のモンゴル国の有様が面白い!

            

現地人は昔のモンゴル国が嫌いな様であるが立派なものである!飾り気がなく
被写体でありながら不自然さがない!私が來蒙した当初に見かけた原風景である

草原の雰囲気といい子供達の無垢な表情は素晴らしい!
義務教育でモンゴル固有の縦文字を黒板に書き込んでいる少女の懸命さが面白い! 

            

日本人と変わらない顔つき、日本人でもこのような顔の人がいる
当時の写真であるが現在、50歳以上の年齢だろう!会って見たいものである

この写真を写した写真家はもう、この世には存在しないが若くて優秀な写真家を
育てている!私の友人も若手を育成中である!

モンゴル国の良いところは男女問わず社会進出が進んでいることである 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

熟女写真集

2015-04-25 09:31:55 | 芸術鑑賞・自然美

熟女と言えば

男女問わず裸体と言えば脳が別の世界へ飛び自己妄想に駆られ何処までも暴走する
還暦過ぎ老境に差し掛かるようになってやっと生命体としての神秘に目覚める

中には老人性妄想症で暴走し続ける人もいるからこのような美を掲載するのは
犯罪の助長に繋がる可能性がある

熟女の目から見た同姓は如何なのか・・・矢張りエロいところが見受けられる
殆どが作りである・・堂々と自然体のほうがいいだろうが被写体が躊躇うだろう 

    

ここまで孕ませるか

日本では孕みすぎて出産時に難産に可能性があるから犬帯などといって胎児の
成長をコントロールする方法がある!しかし、現地では今でも教育不足で胎児の
成長を抑えると健全な子が生まれないと為すがままにパンパンになるまで孕ませ

意気揚々と闊歩する妊婦が市内にウヨウヨしている!見かける私の方が心配する

時々知り合いが孕ませている!日本の国費留学生である・・難しい日本語も理解できる
懇切丁寧に胎児の成長をコントロールさせる話をしても両親や爺婆が反対するそうだ

彼女が出産して赤ちゃんを抱っこしている!出産時の様子を窺うとやはり帝王出産だった 

           

私が如何産もうが勝手でしょ!難しいことを言わんといてなァ!
ハイハイ分りました!ところで帝王切開の痕みせてくれない!

快く見せてくれた!何と切腹したのかと思うくらい潔い切り方!名医!華陀
日本などは5cm程の切開と聞き及んでいる・・・ここは何と20cm程の切腹痕

堪らん!見せてもらって手を合わせて拝んだ!女体神秘と潔さに!
普段、威勢のいい事を言っている吾らがこのような腹切りをされたらその場で
生き倒れるに違いない!

世の女性は強い!10月10日の難行苦行と出産に伴う苦痛と
腹きりに耐える精神を持ちえている女体に再度、手を合わせる!何枚だ!何枚だ!
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

女性プロカメラの定期展覧会

2015-04-24 02:21:36 | 芸術鑑賞・自然美

三人と知り合い

   

知り合いと言うとおこがましい!相手からは面倒な外国人ぐらいしか思われていない
私は顔が広いと思い込んでいるが外国で生き抜くには同邦人より現地人と仲良しに
なるのが鉄則!

ギャラリーのオーナー夫婦とも娘さんとも仲良し!好き勝手に行動させてもらっている
その代わりと言っちゃ何だが無料でモンゴル芸術家の紹介をブログに記載している

私もチャッカリブログネタを此処から無料で提供させてもらっている、河馬と野鳥の関係
河馬の体に寄生している寄生虫を取る代わりに猛禽類(権力者)から守ってもらう!

世界中探しても外国人が困って親身になって助ける民族は大和(日本)民族だけ!

             

世界中探してもこんな民族はいない、外国人が困れば寄って集って身包み剥がす!
これが日本以外の世界である、だから少しでも多く現地人仲間を作るのが得策!

特に子供が一番!子供と友達になるとその子の親までが助けてくれる!
時には悪餓鬼の親玉が子供のお兄ちゃんだったりする

私は何度も子供に助けられている・・外国で生きる知恵として本能的なものを私は
持ち得ているのかも知れない 

そういう関係で誰だろうと相手が親しく接してくれれば直ぐに仲間になる
毎日の散歩は仲間つくりの為の散歩でもある

毎日歩いていれば何処の国でもあの人は近所の人と思い込んでしまう!
私の縄張り範囲は広い!至る所にマーカー(におい)を付け回っている

鎖に繋がれた番犬より自由に動き回る野良犬的人間(私は)は自由でいい!

彼女達と何処でどういう風に知り合ったかは忘れたが知り合いなのである
彼女の旦那さんは嗅ぎタバコ入れ(天然宝石)の彫刻家・製作者でメノウや
色々な宝石で嗅ぎ煙草入れを製作している(一昨年、亡くなってしまった)

彼女の作品は素朴な作品が多く私は好きである!

馬や草原の風景・自然の風景写真!私が写したい写真のプロ
私はド素人マニア!

            

首都でプロとして活躍している13人の女性写真家

頑張れ!   明日から数日!彼女達の写真集を特集します 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

私の愛するウクライナ娘は大丈夫だろうか

2015-02-21 00:43:22 | 芸術鑑賞・自然美

心配でならない

モンゴルは今、旧正月で完全に機能麻痺している、各幹線道路も機能麻痺している
元共産主義社会にはサービス(企業)という概念がない、サービスは権力者だけが
享受できる特権でありサービスを生業にしている人たちは誰よりも先に一番に休暇をとる

それは賢い人にはフンフンと理解できるが一般庶民の馬鹿には死んでも理解できないだろう

悔しかったら私の所まで来れば懇切丁寧に教授(高いぞ!)してやろう

ところで私はモンゴルの旧正月の情景を記事にしたいのだが愛するウクライナ彼女の
安否が心配である、ロシアとドンパチやりだして国に居る両親が心配で帰国してしまった

TVニュースでは軍人が5日間も食事なしで新ロシア派と銃撃戦をしているという、
司令官は弾薬や銃器が無くなり止むなく主要幹線道路を新ロシア派に明け渡したという

私はそれどころではない、あの可愛い愛する彼女の事が心配である、連絡もない! 

          

無事で居てくれればいいのだが、心配でならない、どうしようもない!私はウクライナへ
行く勇気もなく中央アジアの平和な国で心配している・・まるっきり日本人じゃねえか

安全地帯から深く心配する私の心情が分るだろうか、行きたくても金もない足も向かない
何とだらしない私の足だろう!それなら口だけでも動かして平和を祈りたい

ウクライナ東部市民の中には新ロシア派の軍備と最強軍人に恐れをなしてウクライナ国を
批判しだした国民が出てきている、どれもこれも全てが黒人大統領オッバマのせいである

ワルが正義ずらしてちょっかいして世界中の国を紛争国にしクロは後始末しないで軍隊を
撤退したのが今日の紛争を難しくしている!喜んでいるのは戦争兵器を増産している
国家だけだろう、何となく高笑いの声が耳鳴りのように聞こえてくる

常任理事国の軍需産業社長の狂喜する声が耳鳴りして仕方ない! 

          

私の愛しいウクライナ娘よ無事で居てくれ、平和が来たら迎えに行くから
紛争中は渡航を控えろと言われている、私は日本の法律を守る必要がある

必ず!平和になれば飛んで行くからなァー!死なないで待って居ろよ! 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



コメント

子供たちの顔が一番

2015-02-20 00:49:32 | 芸術鑑賞・自然美

見ていて飽きない

今回の展示で一番印象に残った作品である、子供の表情には大きな夢が隠されている
見ていて色々な想像をしてしまう。その夢の大半を私達大人が壊してしまう事も事実である

わたしにも子供時代が有った、夢や希望を願っていたようにもある
思い出すのは風呂上り縁台で仰向けになり宇宙を眺めていた事を思い出す

何もしないで生きていけたらいいと強い光線を宇宙へ発信していたように想う 

         

モンゴルにも上手な絵を制作する人が居るものである、子供達の目には何かを訴える
ものがある 

             

長年、生きていると心が汚れてしまう、この子達の目で見られた私は何となく
言い訳じみたような表情になってしまう、仕方ないんだ!

君達のような純粋な目は取り戻せない 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

寒い一夜の鑑賞

2015-02-18 12:21:15 | 芸術鑑賞・自然美

小用もかねて

表紙の描写は田舎町や草原でよくある光景である、私も牧場に近づき過ぎ番犬に
襲われた経験が有る、現地人も他人の番犬は弱いようで川と犬を極端に怖がる

川は現地人は泳げない人が多い(溺水)、番犬は噛まれると狂犬病を心配する
私も乗馬の時は牧民ゲルを確認してから草原を走る、番犬は縄張りを持っている

旧正月を明日に控え食料ザハは人人でゴッたかえしており・・久しぶりの盛況である

私は関係ないとばかりギャラリーを訪れる!ここでも鑑賞者が沢山いた 

            

今回の展示品は私好みの油絵が沢山展示されており、時間を掛けて鑑賞!

自宅に戻っても独り身じゃ厳寒期の長い夜長を過ごすには寂しい!出来るだけ
現地人と馬鹿話ができる場所が私の最高の社交場!此処は無料でお金も掛からない

現地法人と話込むとお金が掛かって仕方ない!無駄話で小銭がドンドンなくなる
貧乏人がタクシーに乗っかっているようで料金ばかりが気になり面白くない!

そのてん此処は最高である、現地人の愚か者がいない、若くて美しい美女が居る
現地ではハイカラな場所である、少しだけ教養のある若者が集まる場所でもある

外国人にも優しい場所である、時々、日本語が出来る若者も居る、この時ばかりは
若者が可哀想である私は捕まえて話さない、久しぶり日本語の毒を若者にぶちまける 

            

今回は如何だったのか、明日が楽しみである

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント