馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

朝鮮族の実態

2019-11-22 13:04:19 | 首都散策・冬季

おぞましい著書

歴代首相のなかで愚かな馬鹿曽根が吼える
日本民族は単一民族なりと

これが東大卒というから始末に困る
アイヌ民族も朝鮮・中国・東南アジア海洋民族と

多種多様な民族が織り成す日本国民が実態である
モンゴルも寒さ増し身動きできない日々が続きます

でも口は相変わらず達者です

  昨日、MSNで概略を読みました

自国民族を野蛮で民族主義に犯された頭の狂った民族が朝鮮民族と
私が言葉を発すればクソみたいな言葉しか発しない

朝鮮族の偉い学者が言っているのだから間違いない

一人一人が深く読み解き自分の脳で考えれば良い事である
近かじか月刊誌『文芸春秋』が李栄薫著・『反日種族主義』という

韓国人の自己批判書を日本語版で文芸春秋から出版するそうだ
朝鮮半島ではベストセラーを驀進中との事、是非何らかの手段で読むといい

何でこんな愚かで馬鹿な民族に何千年も付き合ってきたか日本国民は理解するだろう

大陸の闇も知らずして

  馬鹿民族と言うだけ有る

私は吉川栄治の三国志を何年も何年も読み続けた時期が有る
彼がどれ程の中国民族の実態や史実を読み解き日本語にしたかは分からない

最初に読み通した感想から何十回と読み通した後とは三国志の見方が激変した
その後、私は元共産主義国家だったモンゴルで生活しだした

そこで学んだ民族の考え方が日本で取り入れられない思考と覚醒した
中国を友好的に考えていた私の脳から完全に対極の位置に離したのは三国志だった

いや、井上靖や司馬遼太郎の著書も全て否定しなきゃならなく成るほど失望した
現に井上靖・司馬遼太郎も故人だが何処かの世界で忸怩たる後悔をしている事だろうと

中華民族と共産主義とは人を人とも思わない思考をする事である
同胞に平気で銃口向け発射できる心・民族以外の人間を家畜然と見なす心

中華民族と朝鮮民族の血の濃さと繋がりの強さと連帯感を知る事が必要である
三国志を深く読み込んでいくと漢族と朝鮮族の血の濃さと深い繋がりが見えてくる

そんな血縁関係の濃い中へ何故、日本は手を突っ込んでしまったのか

出版される

  朝鮮半島の歴史を学び直せ

朝鮮半島の歴史は日本国民の知らない闇の世界である
漢族と手を組み半島を支配し続けた高句麗族(北朝鮮)が存在する

帯刀(楽浪郡・高句麗の一族)・馬韓(百済)・辰韓(新羅)・弁韓(加羅・任那)
帯刀・馬韓・辰韓・弁韓の少数部族は北朝鮮族にいつも侵略虐殺された歴史である

総称朝鮮民族は何時の時代も漢族の支配民族で中華の一部領地で
常に貧しく年貢と少女等の貢物として精神を病んだ民族である

半島人は日本国が35年植民地政策でインフラから農業改革
独立までさせた事実を大きなお世話でやらなくて良いことをした悪魔と教育されている

これが朝鮮半島の歴史と歴史学者が言っている事と中華主義とが符合する
日本国は血の濃い家族を裂くような事をした事を理解していない

中華民族と朝鮮人をよく比較してみて御覧なさい
顔かたち考え方がよく似ている

日本国は隣国に余計なお節介をし続けている民族と考えられている

読んで

  朝鮮民族は凄い

世界中が朝鮮民族に要求する貢物は将来に災いを残す貢物
売春婦・妾・愛人は世界中の権力者との間に子孫を生み落としている

それが世界中の権力者の次世代権力者と成り
世界中に混乱を招く災いの種として今の社会が成り立っている

世界中で問題を起こしている各国の権力者の姿かたちを
朝鮮民族特有の顔かたちとダブりませんか

私の気に性であればいいのですが

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

夜汽車

2019-11-21 15:17:46 | 首都散策・冬季

渋滞

早く散歩に出掛けなくちゃと思いながら
無意味な事ばかりして肺に良くない

空気を吸い込むため健康がいまいち

日が落ちて自宅を出る私は
始末に困る老人である

  帰宅時間で渋滞中

午後7時過ぎの跨線橋の様子です
渋滞で片側車線だけが数珠繋ぎ状態(帰宅中の車)

二時間後帰路の時は人っ子一人居ない寂しい裏道
一人歩きが寂しい場所です(道路に車の姿なし)

ひとり凍てつく線路内を歩き自宅へ向かう
背後から地方都市へ向かう夜行列車が迫ってくる

これからロシア国境と銅山都市へ向かう列車です
夏のようには人が乗っていませんがかなりの乗客数

到着は翌朝早朝です

午後の煙突

  昨日の表紙と見比べてください

高く積み上げられた石炭から白い湯気が立ち上る
昨日は高々と積み上がっていた黒いダイヤ

今朝は半分ほどまでになっている
首都全体で燃焼している石炭の量です

一貨車63㎥の貨車50杯分は一日で
消費しているのではないか

お陰で命を保持しています

我が家

  セントポーリアも満開中

開花すると日持ちいいセントポーリア(一週間以上)
相方のハイビスカスは一日の命

儚い命も物足りないが長く咲くとまだ根性よくなんて
落語にでも語られるくらい開きっぱなし

時には紹介がてら元気ですよ
寒さは相変わらずですが

平穏に戻っています
喉が風邪にやられそう

ゼェーコゼェゼェです

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

寒々しい風景

2019-11-20 13:51:07 | 首都散策・冬季

歩かなきゃ

昨日も急用で愛車を使い首都中心地へ
約束時間には間に合ったが車使用はよくない

便利ではあるが日常の生活様子が紹介しづらくなる

  ハンドル片手に

昨日は自宅植物と上記の写真のみ
3地区から旭鷲山ビル手前の写真だけ

寒さも足元の危険度も紹介できない
二足歩行の散歩は細かな街事情が紹介できる

南風

  気温が下がる-8度です

昨日までベランダの外壁ドアーが開かない
内からの結露でドアーが氷で固められ開かずのドアーとなる

今日もドアーはコンクリートで固めたようにビクともしない
でも外気温度が平年並みになり室内ドアーを開け

室内の暖かい空気をベランダに流し込むと
外壁ドアーにコンクリート化した氷が溶け出し

簡単に開きました
すかさずデジカメで煙突群と西側の風景を写す

煙突の排煙が南から北へ流れている
シベリア寒気団が香港へ自由市民弾圧応援に行ったか

トランプよ何故、習の香港市民弾圧に声を上げない
チベット・新疆ウイグル民族の弾圧にもダンマリを決め込むトランプよ

香港市民の抗議に実弾を撃ちまくる習に何故・・声を上げない
アメリカ第一を叫び自分の保身だけが大事な大統領なのか

何故、英国もEUも香港市民を助けようとしない
白人国家の自由主義とはこんなものなのか

凍てつく

  寒々しい風景

私の心は表面の寒さだけで寒いと騒いでいるだけ
でも香港市民の寒さは心のやるせない寒さじゃないかと思う

香港の自由社会を弾圧される遣る瀬無さの寒さ

彼らは自由の為に我が身を捧げるとマイクの前で言明
でも習の弾圧には抵抗の限度があり香港は本土に飲み込まれると言う

失望感を嘆いたインタビューであった
トランプよ今こそ香港市民の自由を保障する声を上げろ

それこそアメリカ第一主義じゃないか
なんにでも首を突っ込んできた米国よ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

寒さは続く

2019-11-19 12:45:08 | 首都散策・冬季

寒さの中

我が家の室内温度はプラス26度である
大体が裸族だが近頃は突然死に備え最低限の物を身に着けている

心の準備は出来た、後はピンピンコロンだけ

  久し振りSの開花

寒くなったばかりでそうそう続くものでもないと
高を括っていたが自然界も焼けクソなのか執念で引きずる

いい加減・・元の気温にもどれよ
現在、昼過ぎでマイナス16度である

12月末・1月の気温です
これがモンゴルだとイワンばかりの寒さ

野良公も

  如何見てるんだろう

あいつは餌にならんのかと見られているのか
餌をくれないか・・仲間なのか・・いつも通る奴だ

野良か飼い犬か分からないが
餌探しが大変な季節が到来!

はやい

  落ちるのが早い

今日は馬鹿・朝鮮半島の話をしたい
馬鹿は適当な夢を見るのが好きな民族である

ドイツが統一した現実を夢見てる
経済や政治専門家でない人(普通の人)でも

統一後ドイツが長年に及び苦悶している事を
馬鹿朝鮮半島指導者は認識しようとしない

今の馬鹿・文罪トラは愚かを通り越し蝿である
過去の西ドイツ人たちは統一を失敗だったと後悔している

これは簡単で賢明な仕組みが存在するからである
共産主義制度は国民奴隷制度で国家を運営している事である

奴隷と見立てた国民を暴力と規制で12歳程度の教育を
何百年とし続けると人は考える事も努力する事もしなくなる

北米・中南米大陸の奴隷を見れば一目瞭然
アフリカ大陸を見れば宗主国に依存するアフリカ民族たち
一握りの搾取者による政治経済の行きつくところは暴動しかない世界

共産や軍国等の国家を冷静に観察すれば総国民(奴隷)は諦めとたかり精神
権力に寄り添いながら惰性で命令どおりダラダラと働く精神しかない

現在、自由を失くさないように大学生たちが共産主義制度と戦っています
でも如何ですか米国民主党など先人を切り香港人に軍隊が制圧行為をしている現実を
止めなさいと反対しなけりゃならない立場なのにトランプの足を引っ張っているだけ

中国に科学情報を大量に垂れ流していたのは民主党大統領時代ですよ
米国へ中国人国費留学生を大量に受け入れ先端科学技術を開放したのは

民主党時代の大統領たちですよ(時代の確証をすれば一目瞭然)
習が急に権力を掴んだのではない、過去半世紀前に中国の優秀な学生に

先端科学大学へ留学生を受け入れ中国へ経済と軍需科学だけ発展させ
軍事力を自由国家以上にロシアと共に発展させた事実です

統一と言う言葉は綺麗だが共産主義国家の国民の教育と国民性を見抜かないと
統一をすると言う事は国が崩壊する事でもある

ドイツは経済力は世界でも一二の大国だったからどうにか持ち直している
しかし、韓国が統一すれば数年の間に世界で一番酷い貧困国に成り下がる

北朝鮮国の人たちは南韓国人が考えているように働かなくなる
たかりと惰性的な動きしかしなくなる

強く命令したり強制をすれば抵抗し暴れ狂い経済活動をしなくなる
全ての北朝鮮人は南朝鮮人の生活環境水準を要求してくるだろう

韓国は米中ソ冷戦時の地政学で成り立っている国家
ドイツのような技術・科学で世界を席巻した国家ではない

自由諸国の技術・科学を利用した下請け会社の成り上がり国家
自立した国家じゃない国が統一を叫ぶにゃ百年早い

絶え間なく

  寒いからと鉄を暖めるようなもの

統一は簡単じゃない
家族で考えりゃ4人家族が旦那の給与でやっと
生活している状況

其処へ生活に困窮している
貧乏な兄・姉家族を受け入れるに等しい事なのだ

あなた家族なら出来ますか(血と言うことだけで)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

明け方に作業

2019-11-18 13:10:12 | 首都散策・冬季

保線区員さんの

凍土が融け枕木交換からレールの交換と修正
機関車を走らせ脱線しないように作業点検をする

お陰様で事故もなく鉄道は時間通りに運行されている

  廃線と生きたレール

踏切から廃線と火力発電所へ向かうレールを写す
直線が廃線レール・右カーブしているのが発電所コース

重い石炭を積んで一日に何往復しているんだろう
線路を歩くと色々なものが劣化している

枕木とレール修正は欠かさず点検修理している
私は最上階から汽笛の音で窓を覗く生活習慣が身につく

夏靴

  三日前からマイナス26度キープ

昨夜はマイナス32度を記録した
例年、モンゴルで一番寒い2月のチャガンサル(旧正月)に

記録する寒さを今頃、諸に経験している
私の脳はこの時期、有り得ないだろう脳を発揮し

夏スタイルで散歩に出掛ける
今の季節にして何かが変である

帰宅後、MSNニュース欄(温度表示)を確認すると
驚く事に来年2月並みの温度が表示されている

放射冷却と微風で寒さが身に靴底に凍みる
夏用スポーツ靴と靴下一枚じゃ寒い

歩いていても布製の空気孔から冷気がはいる
立ち止まるとテキ面に足裏が反応する

野良公が片足上げながら歩くのが理解できる
現在、記事を書いている時点でマイナス20度(午後2時半)

頬が痛い

  鉄橋上から西側を眺める

鉄橋付近は矢張り普通の場所より寒さが違う
河川敷には水が流れているから寒さが違ってくる

踏切から鉄橋まで100mくらいだが鉄橋へ付いた途端
寒さが急激に変化する・・・頬が痛い

煙突の煙も上空の寒気団で横へ流れている
北から風が吹いている

寒さに向かって歩く散歩も歩くだけで禊修行です
自宅から往復3時間・10kmの極寒・耐寒ハイク

雪明り

  目線カメラ

人間の目で見た景色です
雪があるだけ歩き易いが靴底がシバレて痛い

明日から靴下二枚で出掛けるぞ!
冬用の靴をまだ、準備していないおっさんです

自宅で韋駄天を見ながらゴロ寝
寒さで起こされ窓を見ると二重窓ガラスから冷気が

ビシビシと部屋へ流れ込んでいる
窓辺の植木や植物を整理し

カーテン・断熱材で窓を防ぐようにする
時間を見ると何と午前6時である

寝る前に外気温度を計測すると
マイナス32度です

此処は二月か・・・
マイナス32度になる前にマイナス10度・20度という

順序が有るだろうが・・
自然界もどんな事が有ろうと順序と言う

ルールは守れよ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

ブログの使命

2019-11-17 11:51:07 | 首都散策・冬季

ブログ村とは

以前はブログ村村長からブログの将来意見を
参考にしたいと年に二三度意見書が来たが今はこない

当時はFacebooh・Twitterも初期で現在のような状況じゃなかった
いまじゃ二社にブログ村投稿者50万人強を奪われたと推測している

当時は百十万人強で右肩上がりの勢いだった
ブログ村のスタッフも肩で風を切っていたように見受ける(私感)

  寂しい!

大体、ブログ村の設立当初の意義は何だったのか
ブログ村に参加する人の個人情報だけが必要だったのか

だらだら書き込む文字・写真にウンザリの参加者・読者は
イの一番にFacebooh・Twitterへ逃げている

私見だが現在の情報機関である新聞社・Tv報道機関は
トラの意を借りる狐や狸と同じである

昔、現在も共産主義・独裁・軍国国家等の犬と同じである
これじゃ社会発展など進歩していないのと同じである

渋谷駅の村長さんよそれじゃ遺憾と思うなら
新たな新聞社・TV報道機関に成り代わりブログ村が

日本で新たな世界の情報機関になればいい

新聞もTVも

  事実は一つ

今の情報機関は嘘と真実を流せないからお笑い番組しか流さない
新聞社もTV報道機関も実は世界の真実の情報を持ち得ている

しかし、真実報道・情報を流すと
世界に君臨している天の声から流すと流した奴を粛清しろと

厳しい命令が下されるから主筆や社長・各局長は
嘘や国民を騙すお笑い芸人を出演させ情報を誤魔化している

真の情報源たれ

  真実を伝えるのは勇気がいる

ブログ記事を書いていて驚く事がある
記事を書くと翌日あたりに私の記事以上の正確な情報が

新聞社からニュースとして流れてくる事実である
実は情報機関は莫大な真実情報を持ち得ている証拠でもある

まずは隗より始めよ
身近な情報をブログ村からはじめては如何か

此の頃、イスラム教哲学者・井筒俊彦(故人)のドキュメントが流されていた
イラン聖職者なら誰でも知りえている人物といわれている

現在、世界中で起きている戦争解決する何かが隠されているのか

もう一人はインド仏教の最高峰に君臨している佐々井秀嶺である
彼がインドに行く前はインド仏教徒は拾何万人しかいなかったという

現在は1億5千万人というから日本宗教を作り上げた
延暦寺開祖の最澄を凌ぐほどの人物である

二名の方を紹介したが私は古稀過ぎて知った恥ずかしい老人である
我々は世の中の真実を知っているようで実は知らない無知者である

検索してみてください
事実を知ると言う事はこのような事じゃないかと思う

青文字を検索すれば記事を読めます

媚びるな

  米国G00gleが親分だからな

記事を検索し情報を得たから如何こうしろと言っているのじゃない
現実にこのような人物が世界の過去・現在で活躍していたいた事を知る

如何ですか日本人も捨てたものじゃないと言うことです

日本ブログ村も米国子会社という制約はあるだろうが頑張れ
Google burogu 村よ!

今日も私はモンゴル首都の事実を写真と記事で
嘘も大袈裟もなく静かに事実だけを伝えてます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

なにかが見えてくる

2019-11-16 15:25:31 | 首都散策・冬季

野良公

モンゴルには二匹の野良公が存在する
一匹は住宅街や草原等で餌をあさり生き延びている野犬

私はこれら自然の中で生きている
野良公と不思議と心が通じて仲がいい

  金持ち野良公

この野良公はトラの威をかる?
いや指示され金儲けが上手な野良公である

私は時々、この野良公の世話になる
その時は道路整備等に寄付していると言い聞かせている

絶対に有り得ない事だが言い聞かせている
此処のボスは取締りの大ボスで絶対権力者である

だから面と向かって喧嘩が出来ない
私は弱い立場の外国人

日本で言う代官様といえば理解できる?

ライトアップ(PM25空襲警報)

  鉄道大学前で

拡大した大顔は無視してください
ライトアップした閃光と欠け出した月が主役です

トラウマのサーチライトが月とコラブする瞬間を
今か今かと待ち受けて大顔が映った

空襲に引きつる顔顔顔
これがモンゴルの日常生活者です

雪景色

  起きてビックリ

昨夜は精神も体も疲れ果て不貞寝と言うか
体が素直に動かなくなって午前十時まで熟睡

情報収集していたら午後の四時になりそう
早く準備して散歩に出掛けます

外は雪が降り積もっています
終末は白銀の世界

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

ブログ遊び

2019-11-15 03:31:30 | 首都散策・冬季

しらける

世界中の生き物が歴史の捏造や嘘のTVドラマを好む
自然界の現象や事実を伝えても世間はしらけムード

昨夜のMSNで倉本聡が『北の国から』を作らなきゃよかったと
後悔している記事が掲載されていた

ドラマの内容が如何のこうのじゃなく
富良野のよさを宣伝したばかりに

観光客が大勢押し寄せ
富良野の大自然を独り占めしようと思った思惑が

台無しになったと言う話しである
歴史ある京都も外国観光客で苦虫をかむ

  外はマイナス20度ですよ

我が家の花たちも
孤独な私に付き合うように可憐な花を咲かしている
自然もあったものじゃない

倉本聡も言っています
富良野の一番好きな季節は真冬だと言う

私もモンゴルの一番は真冬の季節だと思う
宇宙と言う大自然を直に見ることが出来る唯一の時間帯

それも重装備しないで体験できる
宇宙服は一着3億円と言ったか

モンゴルじゃダウンジャケットがあればOK

規則正しく

    

今日もやります・・いま自然界の現実を報告しなきゃいつ出来ますか
嘘だらけの韓流ドラマ見て喜んでいる人が哀れである

日本が支那から独立開放するまで殆どの市民は裸生活していた事実

中国じゃ一国二制度を維持しろと叫ぶ香港人を香港警察官が
実弾で撃つ姿に共産主義国家の実態を見る(同じ民族じゃぞ)

私が銃を持たされ野良公や野良猫を撃てと命令されても撃てません
同じ香港で生まれ育った香港警察官の行為は考えられない行為

チベット民族や新疆ウイグル民族を平気で撃ち殺すことなど
空き缶やペットボトルを撃つのと同じ感覚なんだろう

日本でも中学生が小学生女子をカッターナイフで殺害しようとした

誰でもいいから殺したかった供述している
これも香港警察官が至近距離から実弾を若者に向けて発射した影響だろう

命令と言う安全装置の開放が怖い
香港行政長官の女は冷酷・極悪な女である

暴動の原因は冷酷女の言論違反者を本国送還する
条例案が法制化しようとした事が原因である

国鉄も

  身に凍みる寒さがいい

放射冷却が続いています
いい加減、煙突の煤煙で蓋をしてもらいたい

肺には良くないが寒さが少しは和らぎます
例年、この時期はこんなに寒かったかなぁ

モンゴルで一番寒い2月の外気温度だもん

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

野外授業

2019-11-14 10:57:32 | 首都散策・冬季

心わくわく(川も生き物だ!)

ついにモンゴルの川が全面凍結の準備をしだした
何日か前まで長い秋とか何とか言っていた私です(脳足リンですから)

モンゴルには自然物理現象が幾つか起こる
ダウンバースト現象・河川全面凍結・雷雲と雷現象・ハブーブ

自然科学に興味のある方は検索してみてください
『自然物理の現象』で検索すれば神秘の自然現象等が見れます

モンゴルで見る物理現象は私たち神秘の世界へ引き込んでくれる

  見渡す限り百km先が見える

墨田区に出来たタワーに上れば自然現象を見る事が出来るが
お金と相談し開館するまで上れない実情もある

モンゴルでは私が毎日、窓辺でハブーブを解説している
私の読者なら過去の記事で何回も(5月から6月の記事)

日本へも飛んで行っている黄砂の自然現象(黄砂の発生地は南ゴビですよ)
秒速30kmから55kmで瞬時に空を覆う黄砂の砂塵現象

過去に雷現象を撮影しようとしたが一瞬の光なので
素人の私には無理と諦めました

ダウンバースト現象は深い森の中で起きたばかりの現象を撮影
樹齢何百年と言う大木が円形でなぎ倒されていた(壮観と言うか恐怖)

河川の全面凍結も自然現象であり凍結にも法則があり
その順序で河川は全面凍結する

毎日退屈な授業もこの現象を実際に現場を見れば
勉強が面白くなること請け合います(野外授業)

残念なことに現地の子供たちには興味ないようである
これはロシアから奴隷教育を受けているから教師が

自然科学に無知なだけ(教師も奴隷教育しか教えられていない)

百聞は一見にしかず

    凍結の様子が分かります

私も日本で理解していた氷になる現象は洗面器の水が凍結するぐらいだから無知組でした
モンゴルで最大の一級河川(トーラ川)が全面凍結する現象を見て驚愕した

川幅の広い緩やかな所が一番先に全面凍結すると思い込んでいた私
反対で流れの速い川幅の狭い深い場所が一番最初に凍結する不思議

最初に凍結した水深のある川の初渡りは心臓が止まるほど怖かった(妄想が先走りする)
川幅の流れが緩やかで水深が浅い川が最後に凍結する不思議も学んだ

今日は写真掲載を大盤振る舞いで掲載しました

寒くない

  成る程

凍てつく寒さの中、役にも立たないような水の凍結を
馬鹿面して眺める姿は現地人には頭が少し可笑しな老人としか見えないだろう

急にマイナス二桁で18度です
服装は秋の様相にカシミアを一枚着込み寒さ防止(寒いです)

写真を眺めるだけで悪寒が起こるでしょう
実に寒いんです

何層にもなり

  流れる水が一晩で凍る事はない

以前にも記事で紹介しましたが(バームクーヘン現象)
流れる川の一番河床の水は凍結せず常に一定水量で流れている

最初に凍結した氷の河床水量がオーバーフローすると
凍結した氷の上に水が溢れて流れ出す(これを半年間で10回から20回ぐらい繰り返す)

凍結した氷の上に5cmから10cmの氷が凍結を繰り返し
5回くらい繰り返すと氷の重みで空間が押しつぶされバームクーヘンのような層を成す

地層と同じ現象です
上の写真を見れば最初の凍結が見れる(昨年は2mの高さ
まで氷が張る)

全面凍結する

  日陰や樹木の陰は凍結しやすい

表面が全面凍結すると上流域で水量の関係で全面凍結した氷の上へ
オーバーフローした水が溢れだして氷の層を厚くする

この場所も来年には樹木も氷で覆われ全て凍結してしまう

昨年の1月・2月の記事を見ていただけばご理解できる
比較してみてください

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

雪が降った次の日は

2019-11-13 11:23:06 | 首都散策・冬季

除雪作業

昨日もバスや徒歩で首都を徘徊するには
時間が掛かりすぎるので愛車で出掛けた

順調に徘徊し旧自宅近くの路地裏に駐車
そこで30分ぐらい暇つぶしして戻ると愛車がない

車泥棒に愛車を盗まれた!
警察に連絡すると愛車、預っていますと言う

  芸術大学前で

來蒙した時から私の神経を逆なでする異国の常識(歩道に御影石を敷く)
家畜が毎日使う歩道に花崗岩を磨き上げた石版を敷き詰める動物たち

乾燥地帯で滅多に雨が降らない地域では多用されている
これがマイナス10度以上になると厄介な物に激変(悪魔)する

凍結すると鏡面となり滑って転倒する(雨も同じ)
老人や足腰の弱い人が転倒し骨折して寝たきりになる

そんな中、第5学校校庭でサッカーをして遊ぶ子供たち
車を取り返しに急ぐ私も足元はツルツルでヒョコヒョコしながら歩く

首都でも一番権力者が沢山、住んでいる歩道はピカピカに磨いた
花崗岩石が不気味に光って私たちを誘う

走っておいでと
日々苦しめられている下層市民の恨み辛みの反抗か

車取り返しに

  一路駐車場へ

首都中心地だから盗んだ車は郊外の空き地へ集められる
一時の預り賃がべら棒に高いんです

三人が高級レストランでディナーできるほどの値段なんです
仕方ない無法な警官組織に篤志家として慈善寄付したと考えよう

私が行くと大学生らしき三人組が車を取り返しに来ていた
彼らに話すと彼らはニガ笑いしながら走り去っていった

矢張り首都散策は歩くに限る

放射冷却

  第54学校横にて

車を取り戻しそのまま3地区へ向かう
帰宅時間と重なり渋滞に巻き込まれる

急ぐドライブでもないから安全運転
3地区でも安全地帯に車を駐車し散歩に出掛ける

さすがに用心し絶対に盗まれない場所へ置く
置く人盗む人でこの国は経済が成り立っている

雪が降った翌日は寒いと言うが本当である
昼間は晴天で青空が見える

夜になると満月が燦燦と照り輝く

さむか

  平地から煙突を見る

3地区から西へ走り我が家へと進路を取る
私には首都は鬼門のようである

西から東の我が家と言うことである
信号機で止まり横を見ると普段見れない夜景

寒々とした中、煙突のイルミネーションが
やけに寂しそうである

現在、午後1時過ぎだがマイナス18度である
これから寒いなか出かけますか

健康の為に!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

スキップ

2019-11-12 12:19:48 | 首都散策・冬季

何でも極端

全てが極端な地域がモンゴル
極端に寒い・ドカ雪と一年に一度の大盤振る舞い

朝から粉雪が降り続き夜には綿雪が舞う
ロマンチックな夜になる

何時も混雑する夕方に人影は少ない

  午前様の跨線橋じょう

誰もいない橋の上で規則正しく働く機関車と保線員
珍しく大雪が降り続くなか私と鉄道員だけ

降り積もった新雪の味を噛みしめるように

粉雪に踏み出す足に古稀久喜と音がする(どうして)
粉雪へ踏み出す足に古稀久喜と音を遊びと心弾ませ

如何してなの・・
気持ちよく歌おうと家路に着き暖めた
一気に書いたつもりが歌になっていなかった

こういう日に限って多くの人の目に晒す赤っ恥!
私の人生を如実に物語っている

笑ってください!

何故か気持ちよく歩くわたし

前が見えない

  ひさしぶり

靴底はツルツルのスポーツシューズ
道路は寒さで凍結しその上に新雪である

歩くたびキクッと靴が滑りヨロッと
安全な場所を見つけては歩く

時計を見れば深夜過ぎ
早く帰らなきゃ

深夜の中央駅

  灯火を消し

帰り道、中央駅まで来ると午前様
時計は11時を過ぎています

日本とは1時間の時差

最終バスも電車も関係ない私ですから
心配はいりません

遊歩道の新雪を歩こうと勇んだがガッカり
もう私より先に歩いた御人がいた

いつものことで私のような人が多くいると言うこと

渡るぞ!

  降り積もった鉄橋

此処は私に与えられた新雪の道
思い切り好きな気分で渡るぞ

新雪に心躍らす老い姿こころは何時も幼き息吹

渡り終え振り向きながら足跡を見る
心を洗われるようで清清しい

帰宅時間も忘れ今日一日大雪に喜ぶわたし
ときには幼気分で遊ぶのもよし

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

にたものどうし

2019-11-11 11:42:01 | 首都散策・冬季

天邪鬼が棲むモンゴルの土地
何日か前から現地人が今年の秋は長いと言う

昨夜もまったりとした秋晴れが続きポカポカ陽気?
なんてほざいていたら

今朝は朝から小雪が降り続き
ベランダからの景色は雪化粧

私がいい加減なことを言っているような
ま逆なことをするお天道さん

ああいや

  空は青く

午後早めに散歩へ出掛ける
MSNも老人に好奇心を抱かせるような情報もない

NHK(韋駄天)も全ての国民の義務である納税を無視し
おいらは昔からルーズでだらしないとノタマウ馬鹿が

大松監督役で堂々と出ている
NHKは納税しない馬鹿をよく映像するよなぁ

私が思うにはカットするなり全取替えで過去の映像を写せば済む
大河韋駄天は難しい過去と現在と未来を構成させながらのドラマである

何故に馬鹿を出すか考えられない
私は馬鹿の映像を見て韋駄天を見ないようにした

彼はルーズでもだらしない人間ではないと看破する
興味がないから彼の漫才を見たことないがラジオ番組で脱税・納税無しの

話を得意になってしゃべっていたと言う
税金のかからない義務のない国や地域の話である

世界中の金持ちが納税を免れる方法を熟知した話である
馬鹿がルーズやズボラじゃない事は馬鹿が着込んでいるスーツを見れば分かる

一着百万円はするだろう仕立のいいスーツを着て
髪型も無精ひげもないきちんとした服装(姿)をしていることで見分けられる

吉本の漫才仲間が馬鹿を庇護するのは
吉本の真の大馬鹿どもには彼は税理士に見えるほど能力が有ると言う証である

脱税の仕方を事細かに教えてくれる指南役と私は見ている
馬鹿の真似をしている徳だが実は狐や狸のような狡賢い姑息なタレントである

NHKも受信料徴収には厳しい姿勢で一市民に対処しているが
納税を意図的にしない(納税拒否)タレントには優しいNHKとみた

こういう納税しない徳にNHKは多額の出演料を支払っている
一般国民が少ない所得から真面目に納税しているのが馬鹿に見える

NHK大河ドラマ
徳が出るまでの韋駄天が好きだったんだが・・最後は徳と同じ北海道だね

こうする

  こんなにいい天気だったのに

帰り道もダウンジャケットが必要ないくらい暖かくて
早足をすると汗が滲んでくる

帰りはノタノタと老人歩き
連れでも居るならさっさと歩きなさいと叱られる処である

現地の

  あと何日かで満月

夜になっても気になることもない空気感
スモッグもなく遥か彼方まで見通せる空と彼方

煙突とビルのある場所が我が家地区
休日で車の通りもなくのんびりした日であった

踏み切りで機関車と遭遇したが
天邪鬼同士の駆け引きは私の負けである

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

月三昧

2019-11-10 13:19:12 | 首都散策・冬季

霞む

現地人が今年の冬到来は秋が長いから
当分、やってこないだろうと言う

そういや例年、粉雪が積もったりするのが
今年は雪が本格的に降ったのは二度ぐらいか

  水蒸気雲なら美しいが

煙突の煤煙が山の谷間に止まり空気を汚している
見ているだけで気分が落ち込む光景である

これから半年間、肺を汚して
春の来るのを乗り切るしかない

春よはやく来い!

ぐちゃぐちゃ

  現代山水画

筆でちょちょいのちょいと描けば美しいだろう景色
晩秋・黒雲・何ともいえない侘びしさに気がめいる

そんななかひとりで散歩にでかける
雪雲でもないし雨雲でもないし

黒雲

  月に見立て

黒雲が垂れ込む南の空
何か不運な事が起こるような様相に

カメラアングルよしとばかり
こういう時、ブログ記事にピッタリ

線路を照らす外灯を月に見立て
黒雲とコラボ・・

黒雲に浮かぶ満月や!

帰路

  無事帰館

出かける前に食べなきゃいいのに貪欲に負ける
案の定!足が重くなる・・胃も垂れる

軽快さがドタドタ歩きになる
スキプじゃなく

枕木をドタドタと歩く
3地区は山の中腹である

峰が連なり本当の山頂でもない
日本でも沢山あります

駱駝の瘤のような丘を幾つも越えて山頂へ
酷寒地で1600m級だから寒い

スラム街の人たちは奥の2000m級の山腹に家です
其処から夕餉の薪を燃やすから自然と首都に煤煙が

厳寒期の冬の散歩は昼に限る

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

南風が吹く

2019-11-09 13:10:22 | 首都散策・冬季

火事

普段の動きと違う生活をすると体が悲鳴を上げる
若者と老人の体が完全に違う体質と知る

昨日も東奔西走し3地区徘徊は夜となる
昨夜も煤煙を吸う羽目になるかと覚悟を決める

  新築ビルの火災

役所で証明書を受け取りバス停へ向かう
バス停へ行く前で焦げ臭い煙にハンカチで鼻を庇う

10分ぐらいバス停で目的地のバスを待っていたら
目の前の新築ビルから黒煙が吹き上がる

現地人と日本人の違いが歴然
現地人は他人事と無関心・・これが普通なの?

私はバスどころじゃない・・大変だ大変だ水もって来い状態
火災で濛々と噴き上げる煙りを見上げ血が騒ぐ・・燃えろ萌えろ・・

ふと現実を考えると
ここにいるのはヤバイ・・・

消防車などが来ると現地人は交通を止めてしまう
すると目的地には行きつけなくなる

通行止めになる前に現場から逃げろ
瞬時にやってきたバスに飛び乗り現場から逃げる

私は放火犯じゃ有りません
バス停に居合わせただけ

何と飛び乗ったバスが目的地方面へ行くバスだった

煤煙一掃

  跨線橋から

デジカメはまともです
煤煙が南風に吹かれ首都の煤煙は北の方角へ立ち去る
あの真冬のシベリア寒気団も押しやって心地よい晩秋の暖かさ

空気も綺麗になりもやっとした空気もない
レンズは正直です・・

景色を鮮明に写している

東も

  東の奥まで物が見える

跨線橋の上から東を向き中央駅全体を写す
5日前にモンゴル社会を甘く見て

いらぬ無駄な時間を費やした

今まで何事もなかったのがい異常だったのだ
身分証は必ず携帯しなきゃならないもの

いやな鉄道公安室の部屋がやけに明るく見える

西も

  サイロ搬入が止まる

小麦の製粉作業が止まったのだろうか
サイロ作業が止まって何となく寂しくなる

西側方角も遠くまで明かりが鮮明に見える
煤煙の威力を再認識するチャンスでもある

昨夜も無事に一日が終わる
疲れました

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

秋肥ゆる

2019-11-08 10:36:52 | 首都散策・冬季

大きくなーれ

大きく育てて喜ばれるものと
余りにも大きくなり過ぎると困るものもある

我が家の植物は此の頃、開花前に花芽がポトリと落ちる

  大輪になーれ

成長著しい植物で水のやりすぎで大きな鉢も
瞬時に根を張り巡らし鉢替えをしなきゃならなくなる

ズボラな私は鉢がはち切れそうになるまで
鉢替えをしない

植物には良くない事と
反省はしています・・今しばらく

スモッグ

  一日こんな情景です

隣組の国も排気ガスで責任のなすり合いをしている
ところが昨日、インドでも中国以上に煤煙で困窮していると

インドの場合は農家の焼畑の煙と自動車・企業の煤煙
複合煤煙とでも言えばいいだろう(かなり深刻と言う)

中東・アフリカでは宗教・経済で煤煙が心の煤煙で問題
ブラジルも焼き畑農業・米国じゃ貧富差経済で高級住宅地が山火事煤煙中

ドンパチと煤煙・硝煙で地球は住みづらくなってきた
署名な方が言ってました・・

インディアンの生き方が地球に優しい生き方だと
私も恵まれた環境の中でそう思う

実行しろと言われたら裸で暮らせる
南洋の島を探さなきゃ

あれ!

  如何紹介したらいいやら

表題が秋肥ゆる
モンゴルはとっくに真冬になっています

深夜はマイナス二桁間近です

3地区を徘徊していたら6歳のスパニエルちゃんと遭遇
好きだったカトリーヌドヌーブチャンかと思いました

年齢で言えば一番恥じらいを感じる年頃です
だれのせいでこんな状態になったの?

まるまると肥え太らされて

本人だろう・・いや写真の貴女だろう
太鼓腹を晒けさせられ困った顔の乙女ちゃん

ダイエットを約束して分かれました

息苦しい

  眺めるだけで気分悪し

昨日はお昼から半日、走り回りました
日中の煤煙モニターになり首都大気の汚れ具合を検査した

帰り際にとどめの最終検査
帰宅しいの一番に洗面所で手洗い・うがいをする

内容は文字にしたくない
想像してください

ハンカチで口と鼻を隠しても役に立たない

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント