馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

秋と孤独

2017-10-31 13:02:50 | 首都散策・風景・冬期

愛は激しく

モンゴルの朝と昼と夜の顔は違う
朝は夢の世界を彷徨っている

私は昼の顔を知らなかった

秋から冬の夜は謎めいた夜を演出する
慟哭する世界かも知れない

この世から抜けきれない
もどかしさと自身の無能さに

誰もがもがき苦しむさまは地獄絵図かもしれない

        ドロドロとした世の中に

  一輪の花に癒され

昨日は昼の世界を覗き見た

久々に歩く世界は明るかった
       汚れを履いた空と地上絵

何か不思議な世界を見ているようで
行き交う人の姿も顔もみな違う

醒めるのも早い

    共生

一期の触れ合いに似ている花たち
            同じようで同じものは一つとない

一つ残らず記録しては
一人で愛でる

激しい愛情も一瞬で消えてしまう

儚いが愛おしくもある

素(根)には愛した分だけの
愛情が春の準備をしている

その様な事を
思いやったことが有るだろうか

秋空

      

如何も秋という季語が嫌になる
一瞬の閃きとときめきに惑わされ

               私はあたふたとし
               よくよく冷静になれば

私だけが晴れ間の場所を探し求め
            彷徨っているようだ

秋は嫌だ
その後に訪れる冬を心空しくさせる   

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

スモッグを見たい

2017-10-30 03:12:29 | 首都散策・風景・冬期

これがスモッグ

モンゴル首都中心地・国会議事堂横
遅くに家を出てウロウロした

今の時期、昼間はスモッグが発生しない

昼間に散歩し太陽が落ちる前に帰宅すれば
健康が保てる

    

靄っとした灰色の雲のようなものがスモッグである
街灯に映るぼんやりしたもの

これを吸い込むのが好きで夕方ウロウロする

肺は汚いだろう
ダウンジャケットを自宅玄関で脱ぐと

異様な臭いがする
石炭のコークス臭が服についている

ゲル生活者の臭いと同じ

二度の体験

      

私は東京環七通りの傍で生きていたので
これと同じスモッグを二度経験している

柿の木坂という最も酷い場所で
排気ガススモッグのなかを生き続けていた

昭和40年から50年代が一番苦しかった

今のモンゴルも凄いの一言

陽が落ちて

  

昨日も太陽が沈むころ自宅を出て首都へ
態々、汚い空気を吸わなくてもと思うが

何故だか
遅くなってしまう

月曜日からは早めに出かけよう

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

緑のなくなる季節

2017-10-29 14:53:51 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

車の中から

週末の道路は空いていると思いきや
首都中心地に入ると無駄な工事をしている

現地人はお祭りが大好きなようである
それも他人が提供したタダ金を浪費するのが

9月25日記事のINSPIRE me FESTIVAL
韓国ソウル通りと言われる通りを歩行者天国にして

フェステバルが行われた(取材は最終日24日だった)
どうせ韓国政府が資金提供し行ったのだろう

ソウル通りを覆うイルミネーションで飾り付ける工事
中央郵便局前からツムルザム(六問ビル手前まで?)

  此処がツムルザム信号機前

此処の信号機まで通りの上をイルミネーションで飾るつもり
此処はホーンオール(王宮)地
区から首都中心地へ出てくる道筋

此処を便利にしたのが日本ODAで作られた【太陽の橋】が有る場所

私は毎日、ここを歩き中心地へ向かう

そこを工事中で毎日交通渋滞をもたらしている
深夜から明け方まで工事をすれば誰にも迷惑をかけない

好きなだけ時間も使える

モンゴル人は目立ちたがり屋
仕事をしているというところを見せたがる

渋滞の信号待ちしている時に
緑の木が目に飛び込んできた

これは一年中、緑の木だ!
如何も盆栽らしく作らている

ホールにも

    

エレベーターホールに飾られている植木鉢も
新しく交換されていた

待ち時間、植物を眺めていたら
茸が二本( ^ω^)・・・恥ずかしそうに

目立たないように生き抜いてと
声を掛けてエレベーターに乗り込んだ

深夜は西部劇然

    

第54学校の校庭を横切る最中に変なものが立ち塞がる
誰だろうと近づくと狸?キツネ?

西部劇に出てくるような枯草だった

学校って子供たちがいなくなると
昼間と違いは河馬的な場所になる

ブランコあり遊戯施設・校舎あり

闇の中の死角が存在するばしょ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

気まぐれ天気

2017-10-28 04:27:19 | 首都散策・風景・冬期

朝から気温が急変

27日の記事じゃ明け方の一番寒い時間に
+3度で夜景を心地よいと写真に収め

記事にした

庄助さんじゃないけど朝風呂に入り
出てきた(午前七時頃)ら屋外は-6度

驚きながら仮眠をとる

  第11学校前のバス停で

午後4時頃かと思われる
粉雪が歩道を走る

モンゴルの雪は乾燥しているから地上では

風で流され
彷徨える雪として暴れまわる

天花粉のようにサラサラと何処までも
さ迷う

草原の道路を走ると粉雪は道路と路肩の
区別をなくさせ運転を誤りさせ

車を路肩へ落とす意地悪をする

深夜などに車を落とすと命取りになる
寒さで凍死する

お昼には-6度

    

昨日まで昼間は+13度くらいまで気温が上がり
モンゴルも平年並みになりました

なんて喜んでいましたが

山中に住んでいる我々の町は急変します
標高1500mの中央アジア山中(大陸気候で寒い)

バス停で美しいカモ(オシドリ)を見つけました
目の前でバスを待っている女性の横顔に

オシドリのオスの風貌を見た思い
きっと髪を染めた色具合と髪の束ね方で

思わず盗み撮り

如何にでもなれ

    

植え込みや歩道に粉雪が薄っすらと積もる
明日以降が寒くなる

歩道にレストランの案内表記が映し出されている

家路へ急ぐ皆さんも気になり
眺め乍ら楽しんでいる

大学街

  国立経済大学前を写す

学生も寒くて授業が終わると家路へ急ぐ
普段は歩けないくらい若者が行き来している道も

暗くて怖いくらい閑散としている

スモッグが風で掃われた空には青空とスモッグと
夜の暗さがコントラスを見せる

歩きもまだ道半ば

子供美術館前

    

子供美術館前に来ると落葉したポプラの樹木に
紅ガラスの大群が鈴なり

街路樹だから車が頻繁に行き来する

人慣れしているというか共生している
彼らは一般市民の集合住宅の

ペントハウスを塒にしている
屋上空気孔が彼らの巣である

モンゴルじゃ最上階は評判が悪い

先進国じゃ最上階は一番贅沢な場所なんだが
モンゴルじゃ鳥専用の住まいになっている

現在の日の入りは日本と同じ時間である
午後6時過ぎると暗くなる

第93学校校内で

    

3地区に向かい93学校と54学校の校庭を横切り
自宅へ急ぐ(まだ4kmは歩かなきゃ)

昨日まで雀たちの水飲み場の天樋が凍っている
ツララになっている

こんな薄暗い場所を老人が一人でウロウロしてます

モンゴルも以前に比べると治安は良くなった
低所得層の人たちが働けるようになったから

お陰で追剥ぎ強盗が激減した

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント (2)

夜明けの煙突

2017-10-27 05:08:27 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

ベランダから

昨日は早めに出かけて早めに帰宅

ブログ記事になるようなネタが落ちていないか
ウロウロキョロキョロしながら歩き回ったが

今日も

成果なし

  ベランダに出られるのも時間の問題

夜のニュースはドラフト一色
日本ハムは如何したんだろう

ダルビッシュ・斉藤・大谷・清宮といい

清宮君面接の時に広島と日本ハムとは
面接していないとのこと

ハムはやるね!

プラス3度

    

もうベランダに出て夜景や風景を写せるのも今月と来月
数えるぐらいしかチャンスはないだろう

マイナス10度になれば窓を開ければ植物が駄目になる

北側連峰の斜面で生活している市民の灯が美しい
皆さんゲルや木材家屋で生活をされている

今の温度が一番、現地人には過ごし易い
外気温度かもしれない

寒くもなく暑くもない温度だろう

日本人の私には現地人の家では
生活できないです

しっかり撮影

    

石炭を運んでいる列車と遭遇した
午前6時で+3度だからベランダに出ると

心地よい気持ちである

国際空港から首都中心地への街路灯が煌々と

煙突からも石炭を燃焼させている炎が赤々と噴き出している
こういう光景を眺められるのも後、少しだけ

これからは窓という窓は来年の5月まで
開かずの窓になる

室内へ

  気象異変で植物は9月から部屋へ

今年は気象異常で9月一杯でベランダに出していた
植物を室内へ取り込んだ

実はハイビスカスを成長させ過ぎ
書斎へ移せなくなった

書斎には親に当たる鉢が鎮座し
水やりする私でさえ身動きできない状態に

繁茂して邪魔しだした

仕方ない旧自宅同様一部屋は
植物に明け渡すしかない

どうせ誰もいない使わない部屋だから

健気に咲き乱れ

    

セントポリアもハイビスカスも
開花時期をとうに過ぎているのに

我が家の植物たちは今年3月から現在まで
まだ花を咲かせ続けている

この状態だと来月も咲き続けるのだろうか

これも温水暖房と太陽の恵みのお陰である
独り身で寂しい思いの私には心強い花たち

植物に明け渡し

  

我が家で一番広い部屋を独占している
最初からこんなに広い部屋は必要なかった

起きて一畳寝て半畳が私には似合う
ウサギ小屋が一番

最初から使うつもりがないから
我が家は物置小屋に成りつつある

植物には環境がいいのだろう
食卓の上が植物の鉢置き場になるとは

最初は美人妻と向き合って
楽しく食べる為に購入した食卓も

思いもよらない使われ方を

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

徹夜の結果とカラスと猫

2017-10-26 05:44:56 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

製品出荷

昨夜、夜通しトンカン・ト手チン
バタンと雷の様な音を立てていた作業場から

出来たばかりの製品が出荷中

  黄色に塗られ

ホークリフトに載せられ出荷作業の準備

散歩に出かける前、エレベーターホールの窓から

結果が出ました

今日は工場も電気が消え真っ暗

またお会いしました

  例の猫です

今日はお隣の珈琲店の前で
同じような姿勢でおねだり中

モンゴル人は動物好き

優しい人が沢山います
外国人にも猫同様に優しくして

ニャンコです

  爪とぎ

来客用のマットで爪を研いでいます

この猫、飼い猫のようで大人しくて
誰にでも優しく対応している

逃げないのが不思議です

どんな猫も人が沢山寄ってくると
警戒して逃げちゃんだが

為されるがまま

カラスの塒

  カラスに監視されていた

官庁街のど真ん中の省庁屋上にカラスの大群

周りはカラスの白い糞が点々と落ちている

デジカメをカラスに向けた途端
カラスが一斉に飛び立った

眼がいい

  薄暮に舞うカラス

鳥の眼がいいのは知っていたが
私がデジカメ向けただけで一斉に飛び立つ

凄さには敬服しました

省庁の屋上縁に一列に並んでいたカラス
ぼんやりしているのかと思いきや

歩いている私たち一人一人をカラスは
監視していたのである

野生の本能なのか

カラスは私たちの寿命も
読める能力を持っているかもしれない

200m以上離れているのに

月と樹木

  この樹木も塒

小さな遊び場なのだが地上は糞だらけ

樹木の間から三日月がみえる

最後の晩秋を月見て一杯と
いきたいものです

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント (2)

頑張り屋の工場

2017-10-25 13:35:50 | Weblog

熱い民族か

私も日本が隆盛する時期に生を戴いた者
日本の基幹産業の真っただ中で育った

一日24時間が勤務時間という
激しい地区で育ったので

昼夜の区別はない

熱い心の持ち主である
自分の利益や役得には無関係だが

  トントン活気が有る槌音

私がこのマンションに移り住んだ時期に合わせ
階下の工場も移転してきた

最初は昼間だけ働いていたが
石の上にも三年という

昨年あたりから営業効果と実績が実りだしたのか
深夜勤務が多くなりだした

以前は我が家だけ消えずの灯だったが

此の頃は階下の工場に私も根負けしている
朝まで忙しく仕事をしているのである

納期を早めに完了する会社は何処の国でも
感謝されるのだろう

いい効果が工場に来ている証でもある
2m×5m程の厚板を工場内で倒す音が

我が家まで響く!
雷が落ちたような音を響かせ

働かないのが美徳とばかりの民族にも
自由社会の利点を会得した会社が生まれてきた

頑固モン

  大岩のように頑固もん

モンゴル人は何千年と他人の話を信用して
騙されたり裏切られたり大金を失っているから

他人の助言を簡単には信用しない

男女問わず信念の持ち主である

頑固もここまで徹底すれば呆れる
この頑固性は地政学的なものか

環境がそうさせたものか

女の頑固は美おも奪う

素直な時は

    

そんな頑固一徹な民族でも驚くほど素直な一面を見せてくれる

ただ飯・ただ酒・無償援助には何とも言えない微笑みを
男女ともする

こんな民族は世界中探してもいない

その効果も一時で持続しても10時間は続かない
奢ってやった数分の時間だけ

高価の物をプレゼントして何年も付き合おうとしても
無駄になる

モンゴル人との付き合いこそ

一期一会と言えるかもしれない

待ち人現れず

  昨夜は街の明かりを灯し

昨夜も一人寂しく夜を明かす予定で
ほの寒いベランダで西の夜空を眺めながら

時間を過ごしていたが

待ち人現れず

淡い期待がいけなかった

寒さと階下の工場で働く人達に気後れして
早々に寝てしまった

深夜の夜風が身にしみた

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

あっ晴れ秋

2017-10-24 15:04:50 | 自然科学・現象・地球

三週間は何だったのか

10月に入り三週(19日まで)
12月・3・4月並みの外気温度

マイナス10度以下という
急激な外気温度降下に驚愕した

  雨と泥濘

四日前から秋らしい普通の気温に戻り
市民は一安心している

しかし雨の後の泥濘は異様な姿である

これから月末にかけ少しづつ気温が下がりだし
11月になると外気温度がマイナスに代わっていく

しかし、今年は現在も昼間はプラス8度くらいだが
深夜はマイナスになってしまう

一度下がった気温は元には戻らない

これが厳寒地方の常識・環境である

明け方は-5度

  急ぐ建材屋

これがモンゴルの仕事事情である
暖かい時は会社も役所も仕事を放りだし

余暇に現(うつす)を抜かす

それだけ厳寒期が厳しいとも言える
多くの日本人や私のブログを読まれてる方は

暖かい時こそ寒い冬に備えて【何故!】
寒さ対策や準備・工夫をして厳寒期に備えないんですかと

私も多少現地人化してきているけど
大汗が出る時期に厳寒期の準備は出来ない

私も過去に何度かやってみたが無理だった

寒さ対策で完璧に仕上げたつもりが
いざ、12月頃から本格的な2・3月になると

完璧に仕上げたはずの防寒対策に欠陥あり

何の為に大金叩いて完璧に仕上げたのにと
対策や改善という意欲よりも

怒りが先立つ(人間の弱さ)

材料市場で高価な材料を仕入れ
夏場に対策しても気密試験は出来ない

厳寒期でなければ

針の穴のくらいの穴が有るだけで
マイナス20・30度の寒さは

ドアを開け放してしているのと
同じであることを自然界から教えられる

マイナス20度でドライバーやスパナを
素手で2分と持てなくなることも教えてくれる

まして寒いから手がかじかみ痺れたからと
暖房の利いた部屋へ戻れる条件が整っていても

今後は冬へ

  幻想的な空模様

マイナス10度くらいじゃ寒さ対策など出来ない
ちゃんと施工したつもりでも-20度30度になると

欠陥が出てきてしまう

寒い時にやらなきゃ収まらない

それが新聞紙を何枚か糊で張り付けると
マイナス30度以下の寒さ対策になることも知った

金掛ければ済むという問題でもない

水漏れを見つける防ぐのによく似ている
露出場所だけ塞いでも直らないのに似ている

これを何千年・何百年を重ねていると

現地人化してくる

ましてモンゴル人は草原を三カ月ぐらいの
期間で移動して生活している

理解できますか

それにしても

  美は美しいだけでいい

選挙が終わり間の抜けた時間に入り込んでいる

外国生活者だから限られた情報しか手に入らない
散逸した記事では合流した事

排斥した事が最大原因とか

国会議員が騒いでいる

本当の原因は国会議員の資質・本質が最大の問題
年間議員歳費の3億円が今の国会議員になる最大の魅力

こんな奴ら全員を日本国から追放すればいい

外国で身分も肩書も通用しない社会で20年間位生活させる
しっかり生き残っていたり成功していれば使い物になる

それで日本人に戻りたければ日本国籍を与えればいい

欲に絡み・貪れば国民一人一人の付託した意味など
議員当選すれば約束事など関係ない

これほど山吹色の小金は魅力が有る

このスモッグ

      

モンゴルの谷間は来年まで石炭スモッグと排気ガスで
肺を洗濯するほど薄汚れた空気になる

写真で見れば西の彼方にある筈の連峰も
霞んで見えない

このスモッグも朝霧や雲で幻想的な景色と
紹介すれば皆さん

何と素晴らしいモンゴルの晩秋かと思われる

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

選挙速報観戦中

2017-10-23 02:53:32 | 首都散策・風景・冬期

出遅れました

昨日も夜更かし寝るのが遅くなり
起きたころはカラスの親子が巣へ

    

二日前から元(例年)の季節になり
階下のビル建築屋も仕事をし始めました

手前の三階建てビルは完成しそう

奥の工場ビルは何年かかるかなぁ( ^ω^)・・・
でも鉄金梁になる骨組みを組みだしたので

やる気まんマン

午後6時に自宅を出て

  太陽が西に落ちそうな時間に

慌てて散歩に出かけました

外気温度6度です

ベランダへ出てしっかり写しました

戻ってきたのは

  日曜日なので車も少ない

習慣て怖い

歩かなきゃ気がすまなくなって

深夜でした

    

色々な場所を歩き回り

戻ってきたのは12時近く

TVを付けてNHK選挙速報を見れば
決着がついていた

壇ノ浦の宮本武蔵が圧勝

少し心配していたが赤の報道機関・TV局(NHK等)
解説委員など苦虫噛んで渋い顔で実況中継中

厚化粧の緑のおばさん築地・豊洲市場で死んでいたんだ

私の言っていた通りになった

東京都民は馬鹿じゃないことも判明した
都民を馬鹿にし騙した厚化粧・白猫の正体は

金の亡者と判明した

石原前馬鹿知事と同じじゃないか
こ奴
此の頃、築地・豊洲問題が何処かへ消えたら

元気出してノコノコ出てきていやがる

厚化粧は死にかけ石原と同じで
オリンピックの闇金・豊洲・築地の闇金に取り付き

都税に食らい付いた吸血女

土建屋闇金にへばり付き
ゴロツキ厚化粧女だったことが判明

なにが将来
女性首相なのだ

笑わすな!

やはり東京都民は常識人

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

行儀よく

2017-10-22 14:54:50 | 首都散策・風景・冬期

帰り際

昨日もゴロゴロしていたら
散歩へ出かけるのが遅くなった

釣瓶落としじゃないが太陽が早い
太陽も地球が嫌になったんじゃないか

  二ヤオーと声がする

あの声は甘えたい声じゃ
わしと同じで好きな人に一番甘えたい時に出す声

声の場所を辿るとお土産屋さんの店先

しきりに声を出して呼びかけている
店員さんも店内から眺めている

私は歩道から鳴き声をまねすると
無視され

余計に店員さんへ早く出ておいでと催促

店員さん

    

何で!

早く出てこないの

此処で随分待っているのに焦らして
店員さんが出てくるとスリスリして

甘えている

私も近づき鳴き声をまねる
始めて顔を見せてくれたが

後はまた、店員さんに甘えている

三人の店員さんが店先に出てきて猫談義

餌もちゃんと頂いている

日本の猫はモンゴルの猫より
大声出して泣き叫びますよ

始めてモンゴルで甘えた声を聴いたのは

雨後

  3地区へ急行

3地区は雨上がりで人気が少ない

寒くはないが駐車している車のフロントガラスが
室内の温かさとしうt外の温度差で曇っている

道を急ぐ私の歩きを邪魔するように
水溜りと泥濘で思うように歩けない

これも千日行の苦行難行のうちか

私の千日行は超緩い苦行で

お腹が空けばレストラン・喫茶店行き可

疲れたら家までタクシー可

美女に声を掛けられたら苦行を一時中断可

市場に立ち寄り摘み食い可

午後の空模様

    エレベーター前で

遅い散歩に出かける前、ロビーから西の空を

気合入れて歩くぞ(ここだけ)

一階駐車場で愛車を見ると
足先が愛車へ向かい車で出かける

ニコンと

    

    

起きざまベランダからニコンで西の空を写す(Mで)

光調整が悪いのか逆行気味の写真だらけ
その中のいいのだけ4枚

昨夜の雨で遠方の山は白い雪をかぶっている 

オリンパスの違い

    

同じものをオリンパスで写す
此方はお任せモードだからカメラが最適で写す

私の目と同じような光景を写してくれた

ニコンもお任せモードで写すべきだったか

私はカメラ・芸術の目もセンスも頭脳もないようだ
私には高級カメラは豚に真珠・宝の持ち腐れと見える

私には馬鹿チョンカメラが似合う

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

異様なモンゴル

2017-10-21 06:34:42 | 自然科学・現象・地球

雨が降っている

木曜日から金曜日まで例年の気温で
昼間で10度前後で汗が出るくらい

その前日まで-10度、昼間で3度という状況だった

    

一度マイナスの世界になるといくら暑くなっても
日本のように穏やかな気温が続くわけがない

この雨は急激に気温低下の恐れがある

煙突から出る煙が南側から北に流れている
台風の影響なのか

風が北から流れ込むと今の雨が
寒さで氷として凍結する

コンクリートより始末の悪い固い氷の塊として
川も大地も固めてしまう

どうなるんだろう

    

現在、明け方の一番寒くなる時間帯
水曜日まで明け方はマイナス10度前後だったのである

初めての経験である

日本みたい

    

いっその事、このまま穏やかな気温のまま
春まで続いてくれればなんら問題はないが

そうもいかないだろう

来るべきものが来ていない
覚悟して待つしかない

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント (2)

竹トンボ遊び

2017-10-20 13:34:15 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

親子で

昨夜も調子が悪いのに散歩に出かけた
行くべきか行かずに静養するべきか

悩みに悩んでいたが

夕方になり
何の取柄もない私は

真面目に散歩へ出かけた

死ぬかどうかという時に
散歩しますか

何という日本の機械文明に飼いならされた
可哀想なサラリーマン根性か

ここまでくれば

外国の社会事情の悪口など言えた
ガラじゃない

世界一国家に飼いならされた歯車サラリーマンです

  親子が楽しんでいました

モンゴルには親子が遊ぶような道具が身近にない

日本じゃ見渡す限り遊び道具には事欠かない

今は日本も馬鹿親が増えて
身近なもので子供を楽しませる術を知らず
遊び道具を作れないし知らない

賢い親は共産党バン万歳で子供の遊び相手など
していられない

週末は選挙日

夕方、第54学校の校庭で子供が竹トンボ遊びをしていた
お節介が好きな私です

死にかけているかもしれないのに近寄り
竹トンボ遊びですかと話しかける

宇宙の勉強

  空高く上がる竹トンボ

近寄ると親が牙を剥き吠えかかる
矢張りモンゴルの親は狼である

知らない人が近寄ると誰構わず牙を剥く

私が惚けて子狼に話しかける
無知なんです竹トンボを知らないで遊んでいる

親狼に私は日本狼ですと声を掛けると
牙を引っ込めた

貴方達が遊んでいる遊びは日本では
竹トンボという名前で子供たちは良く遊びます

此処の竹トンボはゴム銃で打ち上げるんです

雀を打ち落とし焼き鳥で食べたYゴム銃です

何枚か写真を写しました
死にかけ序に青色LIDの講釈までして

この青色LIDを発明したのは日本人研究者で
赤崎・天野・中村三名が発見したものです

2014年にノーベル賞を戴いたんですよ

聞いている狼親子はキョトンとしていた

難しい事は如何でもいい
秋は学びの季節だ

芸術大学を

    

話は前後するが具合悪い体と足を引きずりながら
大学街を徘徊する

9月19日に記載した芸術大学の側道を歩いていたら
教室の明かりで室内がみえる

死にかけていても
覗き魔の習性は息絶えるまで変わらない事を覚醒する

素晴らしい絵や彫刻等が壁に飾り付けてあった

今後、生きていてチャンスが有れば
教室を覗かせてもらおう

面白い事も発見!

モンゴルでは男性より女性の方が好奇心が旺盛
私が覗いているとうら若き学生も真似して覗き込んでいた

目が合うと恥ずかしそうに立ち去っていく

覗き見

    

グラマーな女性が教室にいる
よくよく見ると油絵だった

何だ!
気落ちしたら急に具合の悪いのを思い出し
急に気分が悪くなった

食欲

      

竹トンボの後は自宅へ帰るのみ

夕食の事を考えると家には食料は一切ない

飢餓と餓鬼で飢え死ぬには有り得ない

金なしじゃ仕方ないが
ポケットには万札がびっしりとありゃ
検視官に馬鹿かと笑われる

食べたかった蒸し坊主でも食べて
お線香と坊主除けでもして帰るか

全部、坊主を食べられませんでした
5個食べると坊主が騒ぎ出した胃の中で

食べ残しました

日本のコンビニで売っている肉まんぐらいの大きさ
10個が注文の単位なんです

一個とか二個じゃ販売しない
10個が最低注文定食

モンゴル人はペロッと食べちゃうんです

帰りに持ち帰り皿を戴き詰めてお土産に
憎い坊主を食べたら眠気が襲い

帰宅して前後不覚で午後まで熟睡

まだ私は生きています

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント (2)

モンゴル撮り鉄

2017-10-19 05:06:10 | 首都散策・風景・冬期

帰りの歩道橋で

変な風邪にかかり肺の方から咳がこみあげてくる
良いことで込上げてくるのでは喜ばしいが

労咳なんて洒落になりません

  

記事ネタと考えながら散歩していると
ネタ切れです

鉄道の歩道橋を渡っていると

今日は鉄道記念日にして
私だけの撮り鉄を実行する

今日に限り二重連結列車が
私の帰りを待ってく入れていた

撮り鉄

  最終樽は行き?

何時もの様に空全体を覆うスモッグ

咳と煤煙で調子が出ない

咳しながら撮影をする

最終列車がホームで待機
シベリア方面へいきます 

作業員

    

引き込み線へ貨車を切り離す作業を複数で行っていた
何時もは一人がてきぱきと貨車を切り離していますが

今日は何人もいたので新人研修なのか

見ているとつなぎ目のピンを抜くのが上手い

引いて押して

切り離し作業

    

二重連結列車

  

光の加減で黄色味を帯びた機関車・・
本来の色は青です

食欲

    

風邪を引き死ぬのが怖く
栄養を付けています

卵に焼肉と序に坊主まで食いました
それは私の心の中で生臭坊主が来ないように

今も眠るのが怖く
起きて風邪退治をするぞ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント

たまには一服(^。^)y-.。o○

2017-10-18 02:22:05 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

風邪を引かされた

半年ぶり一日、休ませてもらいました
気分がスッキリしたのか

ネタが三つも収穫できた
前回や済んだのは5月9日

10月に入りモンゴルは真冬並みの気温
毎日深夜はマイナス10度以下です

マンション管理室へ毎日、寒いから早く
冬と同じ暖房を入れろと注文するが相手は

カエルです( ^ω^)・・・馬です( ^ω^)・・・鹿です
マイナス30度でも裸で眠れる現地人です

マイナス10度はそよ風くらいにしか感じないのだろう

とうとう喉の痛む風邪を引きました

私が風を引いて拗らせた今夜
暖房を冬モードにしてくれた

  肉うどん(ゴリル耐えシュル)

モンゴルじゃ死にそうなった人にこのウドンを
食べさせると生き返ると言われている

乾燥させた牛肉や馬肉を細かく砕きスープを作る
スープにうどんを入れた単純なスープ肉ウドン

日本人には美味しくも何ともないウドンである

昔、モンゴルに行き初めの頃
帰国時に空港ロビーで現地人から

日本へ帰られるんですかと尋ねられ
日本の郵便局から住所へ郵送してくださいと

頼まれた経験がある
上質の牛肉を砕き粉末にしたものです

質の悪いビニール袋に入れられた物は
乾燥大麻そっくりです(見た目です)

私は乾燥大麻を知りませんがTV等で見た目で

何度も執拗に郵送を頼まれ押し付けられると
仕方なく預かり待機室で

ゴミ箱に投棄した経験あり

日本で間違われて逮捕されるのは嫌だから

現地人に言わせると外国で体調を壊したら
肉うどんを作り食べると元気になるそうです

私は今、元気じゃありません
乾燥肉の臭いが胃から出てきて

胸焼けを起こしています
夕食に間違って注文しただけです

ネタ切れ

    

風邪薬を大量に飲み寝ていました
ネタもないし体調も悪いし

記事を書く気になれず
一日だけパスしたら元気になりました

第二学校の下校時間を写しました
子供は良いです

元気だもん

第五学校でも

    

寒さの中トコトコと第五学校まで歩いてきました
ここでも子供たちが教室から出てきます

親達も元気です!
寒いベンチに座り我が子や孫を待っています

私も日本にいたら
これをやらされるんですかね

3地区でボヤ

      

3地区まで歩いて来ると帰宅を急ぐ車の渋滞のなか
けたたましいサイレンを鳴らし消防自動車が走る

私が歩いている場所で消防自動車が止まり煩く鳴り響く

野次馬が出てきて何だ何だという状態
私も散歩を休止して野次馬になり見物

如何も浮浪者が夕食の火を板壁に延焼させた模様
日本の援助で活動している消防車

強力ホースで放水

一瞬で鎮火!
何だつまんないという声(野次馬の心の叫び)

こんな時期に家を燃やさないようにしましょう

如何すんの家が無くなると住むの大変だよ
ハワイじゃないから浜辺で夜明かしとはいきませんぜ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント (4)

漲る乙女のエキスをいただきました

2017-10-16 03:35:21 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

今日はネタなしか

備忘録だから毎日、何らかの思い出を
記録しているわけで記事を書いているが

記事を書けない日もある

    

午後3時頃の首都風景
石炭と自動車排気ガスでスモッグ状態

早く出かけて早く戻る
夕方からスラム街のスモッグが首都を覆う

最後の最後に

今日も特ダネ記事を諦めUBパレス前へ来たら大騒ぎ
午後8時過ぎ偶然に通りかかる

乙女の匂いと感性で周りの空気が違う
此処はいつも空気が澱み寒い場所

    

韓国映画の上映会が終わったのか乙女が沢山
首都の乙女が全員集まったくらいの大袈裟な感じ

会場から出てきた乙女たちは開放感あふれる顔して

スケベ爺さんは話しかけが上手

手に持っているパンフレットを大事に持ち
見せろと開かせると朝鮮語が・・

モンゴルは朝鮮人の天国だからね
赤ちゃんの時から韓国ドラマを見せられ続け

現在も理想国家【韓国】だからね

誰もが韓国へ行くのを夢見る

エキスで溺れそうになる

    

家庭の中で電化製品からTVドラマまで韓国製ばかり
食生活もキムチ中心の食習慣になり

キムチなしで生きていけないモンゴル国

そういや乙女の息がキムチ臭いと思ったのは
気のせいか

爺さんは浮かれちゃって
困っちゃうなぁ( ^ω^)・・・

爺さんと若い男が一人携帯片手で
彼女を待ち受けている姿は憐れ

乙女はいい

    

ゾロゾロと乙女群れが切れない
爺さんは高台から乙女が帰る姿を映す

こんなにまとめて乙女を見ることも始めて

乙女たちもこの時ばかりは心此処に非ず状態

おォ今夜のスモッグは美味しかった

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


コメント