馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

雪が降った次の日は

2019-11-13 11:23:06 | 首都散策・冬季

除雪作業

昨日もバスや徒歩で首都を徘徊するには
時間が掛かりすぎるので愛車で出掛けた

順調に徘徊し旧自宅近くの路地裏に駐車
そこで30分ぐらい暇つぶしして戻ると愛車がない

車泥棒に愛車を盗まれた!
警察に連絡すると愛車、預っていますと言う

  芸術大学前で

來蒙した時から私の神経を逆なでする異国の常識(歩道に御影石を敷く)
家畜が毎日使う歩道に花崗岩を磨き上げた石版を敷き詰める動物たち

乾燥地帯で滅多に雨が降らない地域では多用されている
これがマイナス10度以上になると厄介な物に激変(悪魔)する

凍結すると鏡面となり滑って転倒する(雨も同じ)
老人や足腰の弱い人が転倒し骨折して寝たきりになる

そんな中、第5学校校庭でサッカーをして遊ぶ子供たち
車を取り返しに急ぐ私も足元はツルツルでヒョコヒョコしながら歩く

首都でも一番権力者が沢山、住んでいる歩道はピカピカに磨いた
花崗岩石が不気味に光って私たちを誘う

走っておいでと
日々苦しめられている下層市民の恨み辛みの反抗か

車取り返しに

  一路駐車場へ

首都中心地だから盗んだ車は郊外の空き地へ集められる
一時の預り賃がべら棒に高いんです

三人が高級レストランでディナーできるほどの値段なんです
仕方ない無法な警官組織に篤志家として慈善寄付したと考えよう

私が行くと大学生らしき三人組が車を取り返しに来ていた
彼らに話すと彼らはニガ笑いしながら走り去っていった

矢張り首都散策は歩くに限る

放射冷却

  第54学校横にて

車を取り戻しそのまま3地区へ向かう
帰宅時間と重なり渋滞に巻き込まれる

急ぐドライブでもないから安全運転
3地区でも安全地帯に車を駐車し散歩に出掛ける

さすがに用心し絶対に盗まれない場所へ置く
置く人盗む人でこの国は経済が成り立っている

雪が降った翌日は寒いと言うが本当である
昼間は晴天で青空が見える

夜になると満月が燦燦と照り輝く

さむか

  平地から煙突を見る

3地区から西へ走り我が家へと進路を取る
私には首都は鬼門のようである

西から東の我が家と言うことである
信号機で止まり横を見ると普段見れない夜景

寒々とした中、煙突のイルミネーションが
やけに寂しそうである

現在、午後1時過ぎだがマイナス18度である
これから寒いなか出かけますか

健康の為に!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

スキップ

2019-11-12 12:19:48 | 首都散策・冬季

何でも極端

全てが極端な地域がモンゴル
極端に寒い・ドカ雪と一年に一度の大盤振る舞い

朝から粉雪が降り続き夜には綿雪が舞う
ロマンチックな夜になる

何時も混雑する夕方に人影は少ない

  午前様の跨線橋じょう

誰もいない橋の上で規則正しく働く機関車と保線員
珍しく大雪が降り続くなか私と鉄道員だけ

降り積もった新雪の味を噛みしめるように

粉雪に踏み出す足に古稀久喜と音がする(どうして)
粉雪へ踏み出す足に古稀久喜と音を遊びと心弾ませ

如何してなの・・
気持ちよく歌おうと家路に着き暖めた
一気に書いたつもりが歌になっていなかった

こういう日に限って多くの人の目に晒す赤っ恥!
私の人生を如実に物語っている

笑ってください!

何故か気持ちよく歩くわたし

前が見えない

  ひさしぶり

靴底はツルツルのスポーツシューズ
道路は寒さで凍結しその上に新雪である

歩くたびキクッと靴が滑りヨロッと
安全な場所を見つけては歩く

時計を見れば深夜過ぎ
早く帰らなきゃ

深夜の中央駅

  灯火を消し

帰り道、中央駅まで来ると午前様
時計は11時を過ぎています

日本とは1時間の時差

最終バスも電車も関係ない私ですから
心配はいりません

遊歩道の新雪を歩こうと勇んだがガッカり
もう私より先に歩いた御人がいた

いつものことで私のような人が多くいると言うこと

渡るぞ!

  降り積もった鉄橋

此処は私に与えられた新雪の道
思い切り好きな気分で渡るぞ

新雪に心躍らす老い姿こころは何時も幼き息吹

渡り終え振り向きながら足跡を見る
心を洗われるようで清清しい

帰宅時間も忘れ今日一日大雪に喜ぶわたし
ときには幼気分で遊ぶのもよし

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

にたものどうし

2019-11-11 11:42:01 | 首都散策・冬季

天邪鬼が棲むモンゴルの土地
何日か前から現地人が今年の秋は長いと言う

昨夜もまったりとした秋晴れが続きポカポカ陽気?
なんてほざいていたら

今朝は朝から小雪が降り続き
ベランダからの景色は雪化粧

私がいい加減なことを言っているような
ま逆なことをするお天道さん

ああいや

  空は青く

午後早めに散歩へ出掛ける
MSNも老人に好奇心を抱かせるような情報もない

NHK(韋駄天)も全ての国民の義務である納税を無視し
おいらは昔からルーズでだらしないとノタマウ馬鹿が

大松監督役で堂々と出ている
NHKは納税しない馬鹿をよく映像するよなぁ

私が思うにはカットするなり全取替えで過去の映像を写せば済む
大河韋駄天は難しい過去と現在と未来を構成させながらのドラマである

何故に馬鹿を出すか考えられない
私は馬鹿の映像を見て韋駄天を見ないようにした

彼はルーズでもだらしない人間ではないと看破する
興味がないから彼の漫才を見たことないがラジオ番組で脱税・納税無しの

話を得意になってしゃべっていたと言う
税金のかからない義務のない国や地域の話である

世界中の金持ちが納税を免れる方法を熟知した話である
馬鹿がルーズやズボラじゃない事は馬鹿が着込んでいるスーツを見れば分かる

一着百万円はするだろう仕立のいいスーツを着て
髪型も無精ひげもないきちんとした服装(姿)をしていることで見分けられる

吉本の漫才仲間が馬鹿を庇護するのは
吉本の真の大馬鹿どもには彼は税理士に見えるほど能力が有ると言う証である

脱税の仕方を事細かに教えてくれる指南役と私は見ている
馬鹿の真似をしている徳だが実は狐や狸のような狡賢い姑息なタレントである

NHKも受信料徴収には厳しい姿勢で一市民に対処しているが
納税を意図的にしない(納税拒否)タレントには優しいNHKとみた

こういう納税しない徳にNHKは多額の出演料を支払っている
一般国民が少ない所得から真面目に納税しているのが馬鹿に見える

NHK大河ドラマ
徳が出るまでの韋駄天が好きだったんだが・・最後は徳と同じ北海道だね

こうする

  こんなにいい天気だったのに

帰り道もダウンジャケットが必要ないくらい暖かくて
早足をすると汗が滲んでくる

帰りはノタノタと老人歩き
連れでも居るならさっさと歩きなさいと叱られる処である

現地の

  あと何日かで満月

夜になっても気になることもない空気感
スモッグもなく遥か彼方まで見通せる空と彼方

煙突とビルのある場所が我が家地区
休日で車の通りもなくのんびりした日であった

踏み切りで機関車と遭遇したが
天邪鬼同士の駆け引きは私の負けである

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

月三昧

2019-11-10 13:19:12 | 首都散策・冬季

霞む

現地人が今年の冬到来は秋が長いから
当分、やってこないだろうと言う

そういや例年、粉雪が積もったりするのが
今年は雪が本格的に降ったのは二度ぐらいか

  水蒸気雲なら美しいが

煙突の煤煙が山の谷間に止まり空気を汚している
見ているだけで気分が落ち込む光景である

これから半年間、肺を汚して
春の来るのを乗り切るしかない

春よはやく来い!

ぐちゃぐちゃ

  現代山水画

筆でちょちょいのちょいと描けば美しいだろう景色
晩秋・黒雲・何ともいえない侘びしさに気がめいる

そんななかひとりで散歩にでかける
雪雲でもないし雨雲でもないし

黒雲

  月に見立て

黒雲が垂れ込む南の空
何か不運な事が起こるような様相に

カメラアングルよしとばかり
こういう時、ブログ記事にピッタリ

線路を照らす外灯を月に見立て
黒雲とコラボ・・

黒雲に浮かぶ満月や!

帰路

  無事帰館

出かける前に食べなきゃいいのに貪欲に負ける
案の定!足が重くなる・・胃も垂れる

軽快さがドタドタ歩きになる
スキプじゃなく

枕木をドタドタと歩く
3地区は山の中腹である

峰が連なり本当の山頂でもない
日本でも沢山あります

駱駝の瘤のような丘を幾つも越えて山頂へ
酷寒地で1600m級だから寒い

スラム街の人たちは奥の2000m級の山腹に家です
其処から夕餉の薪を燃やすから自然と首都に煤煙が

厳寒期の冬の散歩は昼に限る

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

南風が吹く

2019-11-09 13:10:22 | 首都散策・冬季

火事

普段の動きと違う生活をすると体が悲鳴を上げる
若者と老人の体が完全に違う体質と知る

昨日も東奔西走し3地区徘徊は夜となる
昨夜も煤煙を吸う羽目になるかと覚悟を決める

  新築ビルの火災

役所で証明書を受け取りバス停へ向かう
バス停へ行く前で焦げ臭い煙にハンカチで鼻を庇う

10分ぐらいバス停で目的地のバスを待っていたら
目の前の新築ビルから黒煙が吹き上がる

現地人と日本人の違いが歴然
現地人は他人事と無関心・・これが普通なの?

私はバスどころじゃない・・大変だ大変だ水もって来い状態
火災で濛々と噴き上げる煙りを見上げ血が騒ぐ・・燃えろ萌えろ・・

ふと現実を考えると
ここにいるのはヤバイ・・・

消防車などが来ると現地人は交通を止めてしまう
すると目的地には行きつけなくなる

通行止めになる前に現場から逃げろ
瞬時にやってきたバスに飛び乗り現場から逃げる

私は放火犯じゃ有りません
バス停に居合わせただけ

何と飛び乗ったバスが目的地方面へ行くバスだった

煤煙一掃

  跨線橋から

デジカメはまともです
煤煙が南風に吹かれ首都の煤煙は北の方角へ立ち去る
あの真冬のシベリア寒気団も押しやって心地よい晩秋の暖かさ

空気も綺麗になりもやっとした空気もない
レンズは正直です・・

景色を鮮明に写している

東も

  東の奥まで物が見える

跨線橋の上から東を向き中央駅全体を写す
5日前にモンゴル社会を甘く見て

いらぬ無駄な時間を費やした

今まで何事もなかったのがい異常だったのだ
身分証は必ず携帯しなきゃならないもの

いやな鉄道公安室の部屋がやけに明るく見える

西も

  サイロ搬入が止まる

小麦の製粉作業が止まったのだろうか
サイロ作業が止まって何となく寂しくなる

西側方角も遠くまで明かりが鮮明に見える
煤煙の威力を再認識するチャンスでもある

昨夜も無事に一日が終わる
疲れました

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

秋肥ゆる

2019-11-08 10:36:52 | 首都散策・冬季

大きくなーれ

大きく育てて喜ばれるものと
余りにも大きくなり過ぎると困るものもある

我が家の植物は此の頃、開花前に花芽がポトリと落ちる

  大輪になーれ

成長著しい植物で水のやりすぎで大きな鉢も
瞬時に根を張り巡らし鉢替えをしなきゃならなくなる

ズボラな私は鉢がはち切れそうになるまで
鉢替えをしない

植物には良くない事と
反省はしています・・今しばらく

スモッグ

  一日こんな情景です

隣組の国も排気ガスで責任のなすり合いをしている
ところが昨日、インドでも中国以上に煤煙で困窮していると

インドの場合は農家の焼畑の煙と自動車・企業の煤煙
複合煤煙とでも言えばいいだろう(かなり深刻と言う)

中東・アフリカでは宗教・経済で煤煙が心の煤煙で問題
ブラジルも焼き畑農業・米国じゃ貧富差経済で高級住宅地が山火事煤煙中

ドンパチと煤煙・硝煙で地球は住みづらくなってきた
署名な方が言ってました・・

インディアンの生き方が地球に優しい生き方だと
私も恵まれた環境の中でそう思う

実行しろと言われたら裸で暮らせる
南洋の島を探さなきゃ

あれ!

  如何紹介したらいいやら

表題が秋肥ゆる
モンゴルはとっくに真冬になっています

深夜はマイナス二桁間近です

3地区を徘徊していたら6歳のスパニエルちゃんと遭遇
好きだったカトリーヌドヌーブチャンかと思いました

年齢で言えば一番恥じらいを感じる年頃です
だれのせいでこんな状態になったの?

まるまると肥え太らされて

本人だろう・・いや写真の貴女だろう
太鼓腹を晒けさせられ困った顔の乙女ちゃん

ダイエットを約束して分かれました

息苦しい

  眺めるだけで気分悪し

昨日はお昼から半日、走り回りました
日中の煤煙モニターになり首都大気の汚れ具合を検査した

帰り際にとどめの最終検査
帰宅しいの一番に洗面所で手洗い・うがいをする

内容は文字にしたくない
想像してください

ハンカチで口と鼻を隠しても役に立たない

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

雀も落葉樹のにぎわい

2019-11-07 01:53:16 | 首都散策・冬季

飲み場

一昨日のバタバタした忙しさで
帰宅後、バタン休で熟睡しお昼近くまで

芋虫でした
昨日はすっきりして午後3時に家を出て

明るい内に散歩完了と出掛ける

  水のみ場

10月19日記事の賢い野良公で紹介した番犬です
土手の傍にある大型トラックヤードの番犬らしい

見られたくない場面を写真に撮られおかんむり
鉄橋を渡るぐらいだから賢い野良公じゃなく番犬です

日本の犬とモンゴルの犬は産み落とされた場所の悲劇です
日本で生まれりゃ天国・・モンゴルに生まれりゃ地獄です

餌は基本的に骨と奥さんが料理した鍋の水洗いのスープ
残飯より酷い食事です(汚れた茶碗の洗い汁等)

モンゴル人は肉食で骨付き肉をボイルする
肉はもちろん筋や軟骨まで綺麗にナイフで毟りとり骨だけにする

番犬は骨を牙で噛み砕き髄液を食べるしかない
だからモンゴルの番犬は野良公と身分が同じなんです

腹が減ると草原で野鼠・地リス・タルバガン(プレリードッグ)
などを捕獲し腹の足しにしなきゃ生き残れない

まして犬の飲み水など家族は無視
喉が渇き水が飲みたけりゃ水場を探し飲みに行くしかない

モンゴルは犬権無視の国である
日本で我侭ばかり言う飼い犬がいたらモンゴル犬の話を

是非、話して日本に生まれたことのありがたさと幸せを
とうとうと説明し分からせてあげてください

愛犬家がモンゴルの実態を見ると
必ず涙を流します

カラス

  外灯にカラス

何故か私が跨線橋に行くと突然、飛来し
外灯に止まり私を見下している

写せとばかり睨まれた
二枚写すと物言わぬまま飛び去った

あ奴は一体何だったのか
黒い花びら静かに飛んだあの人の叶わぬ遠い夢

俺は知っているあんたの未来 だからだから
もう外国などに住むモンじゃない住みたくないんだ

あぁ不吉な歌!

飼い猫

  10月29日の木登り猫

昨日は駐車場の傍で胸焼け対応の枯葉を食事中
猫語で会話をしました・・みやおみやおと声掛けしました

先月は大変だったね・・猫が野良犬を追い払ってくれて感謝みやお
こんどわたしが何かお返しをしなきゃね

若くて美人の子がいたら紹介して
お礼にキャットフード10kgを差し入れするよ

分かったニャン

野良猫

  こちらさんは野良ちゃん

場所や位置で野良猫か飼い猫の判断が出来る
人の歩けない場所にいるのは野良猫です

野生の猫は人間に姿を見せない・鳴かない
雉とは逆で絶対に鳴かない見向きもする

雉も鳴かずば撃たれまい
野良猫は敏感です危害を感知する能力がある

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

汚れた空気

2019-11-06 12:41:50 | 首都散策・冬季

帰り道

朝一番から健康診断で一日を費やした
羊・ヤギと健康診断している

受付のヤギは目先の指示しかしない
これが共産主義国家で学ばされた社会ルール

レントゲンと血液採血の二箇所巡り
何と5時間を要した

レントゲン3時間・血液採血3分の行為に3時間
病院通いを得意とする老人の無軌道は世界中共通している

割り込み方が超得意で巧妙な割り込み方をする
羊の世話をした人なら納得できる割り込み

10cmの空間があると足を入れ優しく話しかけ列に割り込む
割り込まれた人が文句を言うと急いでいるだと大声だし喚き散らす

何処かの民族と同じである
お隣、ェベンキ族と同じである

前列に15人いて私は16番目で3時間を要した
私の後ろには英国人が3人いて我慢強く待っていた

中国・韓国・モンゴル人も列に並ぶのは無能階級者と見ている
順序良く列に並びルールを守る人は馬鹿だと教育されている

  碁盤の目は生き辛い

他の区役所で健康診断しても自由社会のルールに覚醒した
職員がいれば空いている場所から先に行うことを許している

レントゲンが込んでいれば血液採取を先にしても可能である
私の住居区の担当は頭が固い?古代からのルールで運営中

反抗でもしようものなら、その場で射殺されかねない
命令が多い・そして知り合いには割り込みを許す

レントゲン撮影は男女混浴だから婆さんが先だと時間が掛かる
恥ずかしいからドアーをちゃんと閉めてやおら十二単を脱ぎ着て何ぼの時間

男は撮影に2分とか掛からない(3時間待たされてたったの2分)
レントゲン後、健康診断書を受け取るのにまた時間が掛かる

3時間待たされている間に血液採血部屋を覗くとガラガラ
親分格に談判すると駄目の一点張り(此処で診断書を管理する)

レントゲン後、再び此処へ書類を持参しますからと懇願しても
渋滞解消の一環でお願い他の区では行っていますよ と言うと・・・睨まれた!

あかん・・オバン女帝は怖かぁ・・
元のレントゲン室前で延々と3時間順番待ちさせられた

その後、在日大使館まで証明書申請に行く
帰り道、3地区へ行こうと新しく出来た高架橋を渡ると

3地区方面への支線が出来上がってなくて
我が家へと戻る道で西陽をもろに受ける

再度、出直し

  汚れた空気を吸いに

ベランダから西陽にむせぶ首都へ散歩に出掛けた
早朝から出歩いたから疲れと睡眠不足で足元が重い

それでも跨線橋まで早く戻ってきた
此処が一番、空気が澱んでいる場所

見ただけで息苦しくなる
石炭の煤煙をタバコの煙と思えば

奇妙な喫煙嗜好の趣あり
気にならなくなる

息苦しい

  化石燃料タバコ喫煙と思え

毎日散歩の中、平気な時も息苦しい時もある
これは日常の煩悩の成せる業と考えている

幸せな時は何とも思わない
息苦しい時は何か心の中に煩悩を感じている時である

ならばいま、私は煩悩に苦しんでいる

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

芸術の?

2019-11-05 06:56:23 | 首都散策・冬季

秋と冬

日本列島はこれから黄葉から紅葉へと
北へ北上していくシーズンになる

モンゴルは8月から黄葉が始まり今は
季節を間違えた樹木が紅葉している

冬です

今朝の外気温度はマイナス9度
ベランダの窓も結露が凍り窓が開きません

  少女と愛犬

首都中心地に有る遊歩道の作品です
反対側にも小鳥や小動物の作品もありますが

親子連れが楽しんでいたので写せなかった
表紙の写真も生きた芸術品です

太陽橋の階段で遭遇した飼い猫の作品

自宅から歩いて3km強歩きました
日本だと考えられない歩き距離ですが歩いちゃいます

バスで目的地まで行く予定でしたがバスが来ない
信号という信号の渋滞でバスが来ない

原因?
渋滞を解消する為、重要信号機で車を捌いている交通警官のお陰です

何時も感じる事は警官がいない時の方が流れがスムーズです
信号機内で事故が起きた時は警官が出動した方がスムーズに流れる

様変わり

  跨線橋から月を眺める

首都中心地から3地区へ移動し帰宅途中です
午後3時に出掛けて規約は8時頃になりました

5時間ぶらり歩き旅
足腰の訓練には程よい運動

歌の一つも

  支線からの眺め

炭坑節の一つも歌いたくなる映像です
無風なので煙が真上に上がっています

半月の月と煙のコラボ
この先、ただ酒を一気飲み?吸い込み

ほろ酔い加減での帰宅となる

酔いしれて

  いい香り

此処はモンゴルで一番大きな酒造メーカー
観光客なら一度は飲むかお土産に購入した事のあるメーカー

チンギスハーンと言うウオッカメーカのビール工場
作業員に聞くと90度近いアルコールも製造していると言う

工業用アルコールも製造(エチルアルコール)
それにしても配管から流れ出る水蒸気の薫は格別です

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

時間の使い方

2019-11-04 12:32:57 | 首都散策・冬季

務所帰り

MSNを見ていたら堀江モンが自著の『時間革命』
不満を垂れ流す人に言いたいこと で

不満・ストレスは抱え込むのではなく段拾離することと言っている
彼は滅多に入れない刑務所暮らしを経験している

それも誰もが出来ない服役犯の寝たきり介護の世話と言う
いま大問題になっている介護問題を身をもって体験している

私も子供によく言い聞かせた事がある

悪い空間・場所に行けば悪い空気・行いを吸わざるを得ない
逆にいい環境・空間に行けば自ずと将来がよくなると

何を言いたいかといえば世界中が素晴らしい日本国と言う場所・空間を
隣国等の民族を使い悪い世界(西欧・米国)へ引きずり込んでいることである

それにお花畑の日本人が引きずり込まれていると言うことなのだ
務所帰りだけあり立派なことを諌言している

21世紀以降の理想地球国家は日本国に有る(戦後昭和時代)
年齢や地位に民族に関係なく受け入れられる名言である

以前の日本国生活環境こそ世界の理想とすべし 

紅葉

  鉄橋から河川敷を

一昨夜の忌々しい出来事を払拭するように自然に目を配る
贅沢な自然を当たり前と思い感謝しない動物に自然は辛く当たる

いま心改め周りの自然を見ると
自然が美しいだろうと話しかけてくれる

ウン美しい!

忌々しい

  昨日の現場を歩く

支線から本線へ合流するこの場所で昨日、中国人
不法労働者を何百人と収容し中国へ強制送還していた現場です

昨夜の突発事故の話を現地人に話すと笑われた
ニュースで流していたよ!だって

何百人と中国へ不法滞在・就労強制送還されたとニュースで流していたと
それに私も引っかかり査証不携帯で散々な目にあったと

散歩コース場所が悪いんじゃ
これこそ時間の使い方だろうが

砂浴び

  雀の砂遊び

自然に諭され昨日の悪夢場所を見てわが愚かさを思いだし
後悔しながら3地区まで足を伸ばす(証明書携帯で)

第54学校の校庭では子供たちがいないつかの間の時間
雀たちが我が物顔でお風呂時間を満喫していた

そういや私も表紙写真のように深夜、熱い風呂で一昨夜の
悪夢の取り憑き物をお湯で流した

さっぱりして流れ落ちる汗をマイナス外気に当て
悪い憑きも良い憑きも落としてしもうた

月・憑き

  アフリカ大陸へ行ったぞ

いままで国鉄中央駅のイメージは最高の場所だったが
一昨日からは近寄るべし場所と変化した

至る所でスパイの下働きをさせている元共産主義国家

開設70周年記念で作られた記念モニュメント地球儀
鞘月も今は半月に近づき地球儀の間から憑きでも写すか

整理中に良く見ればわたしゃアフリカ大陸から憑きを見ている
何と運のいい爺さんだ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

あまくみていた

2019-11-03 08:19:58 | 首都散策・冬季

跨線橋

近頃、不法滞在・不法就労者の摘発が厳しいモンゴル
昨日、早めに散歩へ出掛けたのはいいが災いに巻き込まれた

普段、散歩へ出掛ける時に身分証明書証を持ち歩いるが
昨夜に限りポケットのかさばりと紛失防止で不所持だった

魔が差した2時間の出来事

  思い返せばおかしかった

鉄橋を渡り本線合流へ出ると引込み線内で物々しい警察官
引込み線内でバスから大量の中国人と思われる人を客車へ

荷物は貨車へ積み込まれていた
線路内には警官がビッシリ配備され不気味な光景だった

写真を写すのが憚れる様子で写す勇気もなかった
わたしの前方に引込み線から歩いてきた二人の人物(岡っ引きだった)

私と本線で合流しアレは中国人労働者たちかと話し合う
私への話し方も後で思い返せば質問調の話し方だった

デブとチビコンビで跨線橋まで私を追い越すわけでもなく
後ろから付いて来るような歩き方である

表紙写真が岡っ引きの後姿(チビがしきりにメールをしている)
実はこの後、私は跨線橋を降りたガソリンスタンド前で警察官に尋問された

身分証提示を要求されたが持たないので
中央駅(国鉄公安警察)本庁へ50mパトカーに乗せられ拘束

歩いて15分の場所が自宅だから身分証を持参すると言うが聞き入れない
そうだろう収監現場で検察官を跳ねてでも逃げる日本人もいる

何と2時間(本庁内で待機させられた)
警官の中で日本人大好き警務官いて事務所内から出され帰れといわれた

私を拘束した公安警察官が本庁のボスだから解放されても喜べない
そこで私は自宅へ引き返しパスポート・滞在証明証を持ち中央駅本庁へ戻り

拘束されていた事務所で証明書を提示
突然いなくなった私が現れ証明書を提示するから係官たちが笑う

日本人は真面目だね!
来なくてよかったんだよと笑いながら証明書を見つめ確認

無事、何事もなく開放された(1時間拘束・証明書を取りに帰り戻る1時間)
2時間と言う無駄な時間を費やしてしまった

岡っ引きに話しかけたのが運のツキだった
私は保線区員だとばかり思い込み話しかけた(まさか岡っ引きだとは)

戒め

    

昨日の状況は不気味な光景でした
パトカー先導で囚人護送大型バスが何十台と引込み線へ消えていく

60人乗りバスに警護官と拘束された中国人が40人ぐらい?
私はバスを数えながら楽しんでいた(まさか私まで拘束されるとは考えず)

昨夜は国外追放移送日だったのだろう
散歩コースが一番、警戒中の場所で私は飛んで火入るはぐれ虫だったのだ

それにしても中国人の拘束者は半端じゃない
世界中で中国人は鼠算で爆発的に増え続けているさまを見た気がした

先月から製粉会社でも大量の中国人労働者の帰省を見ていたので
昨夜の事件で納得しました

トボトボと

  見るものが全て灰色

3地区まで散歩です
証明書を所持していれば何の問題も起こらない私のポカ

帰りの線路歩きをしていると線路内から光が
私を照らしている

私は線路から自動車道路へ降りて
鉄橋まで表道を歩く

国鉄関係の製粉工場・建設会社に人がいなかった
後から思えば道理のつくことばかり

外国人は身分証を何時も所持するのが義務です
いつの世も岡っ引きはくわばらです

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

首都ひとまわり

2019-11-02 13:18:56 | 首都散策・冬季

UB市図書館

昨日は待ちに待った郵便が日本から届いていた
役人の馬鹿さ加減は日本もモンゴルの役人に負けず劣らず馬鹿が多い

国際化が叫ばれて半世紀が過ぎようとしているのに
海外で活動している人への優しさが皆無(証明書発行の為)

二週間もあればどんなに遅い郵便物も届くが
一ヶ月以上掛かりやっと届いた(私書箱所有)

モンゴルと日本は一番遅い郵便物でも5日で着く
遅くても二週間あれば問題なし

それを一ヶ月余り通い続けた郵便局
いつも下車するドラマ劇場前のバス停

  市図書館前で下車

下車して5分の場所に中央郵便局があり局内に私書箱を所有している
モンゴルは海外郵便物が正確に受け取れるのは私書箱しかない

現在は自宅まで郵便物を配送するシステムがあるが盗難もある
品物や中味で高価な物・現金などはなくなる場合が多々ある

私書箱でも年金通知書が現金書留に見えるらしい
封のりを巧妙(プロ集団)に剝がし中味を見る・盗むなど朝飯前

元共産主義国家の実態である(国家全てが集団スパイ)
見られて困るような事で滞在していないから問題ない

裸にされている私です

中央郵便局と国会議事堂

  スパイビル

外国生活で一番困る事は何かあった時、助けてもらえない時
私の正体が丸裸だと誰も私を捕まえたりしない役立たず外国人であること

そういうことで私は裸の外国人です
言い方をかえれば利用価値のない老人と言うことである

昨日は女性にだけしか理解できない57577らしき歌を書いた
嬉しかったね初めてポイントが増えていた事を見たとき

女性は大切にすべき事を改めて感じた日でもある

空襲警戒

  お決まりの跨線橋から

若い時にTVとレンタルビデオ戦争映画の見過ぎとしか言いようがない
刷り込み現象が宵闇に浮かぶサーチライトを空襲警報と思い込む

この単純な脳が堪らなく愛おしい
サーチライト=戦争・空襲警報・爆弾と連想される

首都で照らし出されるライトは市民に戦争の怖さを
刷り込んでいる暗示ライトなのか

家族連れ

  久し振り家族連れ

跨線橋上でサーチライトを写し跨線橋を降りようとしたら
反対側から賑やかな家族連れがやってきた

背後から写せとばかり立ち止まり待つ
何処の家族?

子供たちは私を見て訝しんでいた

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

おもうこと

2019-11-01 12:13:24 | 首都散策・冬季

陽落ちはや

此の頃、太陽に急かされ
早く歩けと背後から言われているようだ

夏場など歩いても歩いても太陽が動かない
ジリジリと薄毛の頭を焼き付けられたのが懐かしい

今はこんがり焼きたいのにサラリと弱火が過ぎる
もう少し時間を掛けて焼き上げろと叫ぶんだが

  こんな美しい写真も来年までお預け?

首都が碁盤の目のような地形だから
西から東へ向かっている

夏は背後からジリジリと太陽が焼き付ける
いまは早く歩かないと跨線橋まで行く間に太陽が手を振り終わる

足元危ない爺さんが急かされヨロヨロと走る嫌だねェ・・
歳を重ねると言う事は・・腰に負担がかかりヤダヤダ

歳を重ねるだけじゃなくブログも此の頃、皆さん掲載数が減ってきた
わたしゃ日記のつもりだから他愛もないことを書くことにしている

ツイッター・フェースブックに蹴散らされて
愛好者も減少気味・・わたしゃ愛着があるんだが

夕陽

  急かされて

跨線橋から駆け下りて中央駅前の遊歩道まで来ました
此処で一息つきたいです

歩き疲れ息が上がった所で安全な遊歩道で腰を揉む
この時間にいつも会うおばさんとすれ違う

輝く夕陽と後姿が美しい
夜目遠目後姿傘の内とはよく言ったものである

医者は口で作家は筆で人を殺すとは本当だね

思い出す

  あるときから月につかれて

鞘月が出てくるたびに想いだすきつい呼び出し従うわたし

若い頃、ふとした出会いから我侭な子がいた
確かな理由も分からず長い月日振り回された

そのお陰で我慢強くなったのは確かである
切れそうな時も有ったが堪え忍んだ日々

そんな時、ふと月を見ると決まって鞘月なのである
理由は後で判明したというか理解したのだが

昨夜も鞘月であった
ふと懐かしさをしみじみと感じた

美しい月である

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント