馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

珍しい体験をした

2018-08-18 15:00:43 | 首都散策・秋季

風邪を引きました

色々な悩みを抱えストレスを溜めていたら
体調まで狂ってしまい風邪を引いてしまった

      

昼間は長雨・湿度と暑いので体温調整が出来なくなり
夜は湿度と寒さで体調を狂わされやられました

鼻が詰まり夏風邪特有の症状です

来週から大事な週になるという時期に
踏んだり蹴ったりです

バラも白が13日・ピンクは16日の写真です
毎日、バラばかりじゃバラ便りになるのでまとめて紹介

バラも春先と今の気温が同じようで満開中です

秋晴れ?

  

出かける事もなく一日中家で寝たり起きたり
散歩の時だけ出かける毎日

昔からの知り合いに会うのが嫌になり

最後は金有り気の付き合いだったのかと
情けない結末に自分が惨めでならない

そんな気分の時、MSNニュースでも田舎暮らし特集をしていた
人生の後半で田舎暮らしを決意し家族で田舎へ引っ越し

最初はなんだかんだで上手くいっているようだったが
田舎特有の仕来たりに遭遇し問題が起きる

原因を突き詰めたら最後は金有り気と気が付き
市内へ引っ越し・・田舎暮らしは何だったんだろう?

私曰く

外国生活で気質が合わなく気に病んでいたら
日本も住まいを替える(田舎暮らし)というのは同じなんだ

が意外生活・田舎暮らしも難しんだなぁと
つくづく反省!

抜け道も

    

太陽橋で上の列車に遭遇するといままでいい写真が写せなかった

線路内では迫力満点の写真が写せた

雨続きで急激に気温が低下し秋を通り越して春の気温?

植物は勘違いしている
これから真夏が来るか((´∀`*))ヶラヶラ( ^ω^)・・・

植物も私も
気持ち的に狂うしかない

根が生真面目なだけポジテブな気分にはなれません
まだ体力が弱ってない分だけ元気になれそう

鼻づまりは苦しい!

解体(羊)

      

泥棒土手で地下3階地上七階建てのビルを建設する記事を以前に紹介した
ナーダム祭後の長雨で削った土手が崩落し困っている施工主の記事

やっとビル建設が始まりだし作業員が多く駆り出されて三度の食事にテンヤワンヤ
昨夜、散歩がてら立ち寄ると羊が三頭転がされていました

夕方だったので作業員の夕食前?

施工主がいい所へ来たやるよ!だって( ^ω^)・・・
首都のど真ん中で解体作業を見学できるなんて千載一遇

モンゴルじゃ羊・牛等の裁きは普通です
日本でいうなら魚の
三枚おろし

水炊きに使う鶏の解体処理という処である

驚くことはない!

知り合いの現地人が日本じゃ
羊の解体作業を個人がしたら警察に捕まるのかと質問された

モンゴルも日本も食に関して問題ないと答えた

子供の頃、ヤギ・ウサギ・鶏・魚の解体は各家庭で
普通に行われていました

昔は牛刀・出刃包丁・刺身包丁・菜っ葉包丁は何処の家庭にも
当たり前に有ったよなぁ( ^ω^)・・・

酔っ払い旦那が夫婦喧嘩で出刃包丁を持ち出し
暴れてたのをよく見かけました

モンゴル人が羊解体をする凄さは簡単に素早く
大地に一滴の血も溢さず処理する能力です

その凄さを最初から最後まで45分ドラマで
久し振り見ることが出来、写真に写す事まで出来たことです

帰りも

  

帰りも3地区から直線で抜け道を使い帰ることにしました
如何も回り道を嫌う癖が出来て始末に困る

此の頃、線路を歩く人が少なくなっているのは餓鬼集団のせい?

抜け道を

  

深夜になり帰り道は真っ暗
私的には塀の中を歩いているような気分で

半月を眺めながら一人トボトボと帰宅した次第

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

雲せんか

2018-08-17 17:27:10 | 首都散策・秋季

運こ雲

  

江東区にある某ビール会社を思い出す

外骨雲

  

猿の惑星からやっ来たような雲

黒と白

  

地球が悪に支配されるか然が悪を駆逐するか
見た目は悪が支配しそうな雲行き

雨上がり

  

霊山の上に暗雲が漂う
地上では洗われた大地が光り輝く

水溜り

洗われた線路

  

雨に現れた黒鉄が光る

労働者

  

働けど働けど我が暮らし楽にならず
玉葱の集荷・一時備蓄・出荷倉庫

見ると投げやりな作業である
25%は傷物になり販売不能

始末は全て消費者が負担

近代化

  

一見超近代国家に見える写真の怖さ
見ると住むでは雲泥の違い

机上の論より体験論

暗号発信

  

何やら雲上より暗号が放たれた
何と読み取るか

あんた次第!

暗黒世界

  

迫りくる暗黒星雲から逃れる術は有るのか
あんた次第

帰りは餓鬼集団の棲む道を久しぶり歩いてみた
寒さと雨続きで誰もいなかったように見えた

私の背後から一人の男が付いてくる

寒さで

  

歩いちゃいけない線路内を歩いていると列車が来た
やはりデッカイ!

挨拶すると運転手も挨拶を交わす

デカイなぁ

三日月

  

やはり餓鬼集団が棲む道は近道である
近道とわかると回り道がもどかしくなる

今夜も近道するか

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 

 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント

雨中ドライブ

2018-08-16 10:54:48 | 首都散策・夏季

習慣性

野良の習性か夕方になると矢鱈出かけたくなる

    

外に妾や二号さんを抱えている粋じゃない
出歩かないと落ち着かない

特定の誰に合うわけでもなし
いつも歩く場所を歩きたいだけ

昨夜は雨が止まず、仕方ない車で散歩と洒落る

翌朝の景色

  

散歩したことで万事うまくいくものである
何がと言われても説明付かないが

上手く行ったのだ

気持ちよく眠れた

継ぎ接ぎ

  

夜明けは全て灰色の空だったが
午前八時頃には雲間から朝陽が

首都が継ぎ接ぎだらけの街に見える

    

自宅の花も勢いを増してきた

早朝の機関車

  

ベランダから見る西欧方面は限りなく希望の空

駆け引きが好きな民族が棲む

ゴトbゴトbと動く機関車が美しい

ゴトゴトと

  

空貨車も引かずゴトbゴトbと踏切を横切る
生意気に走る

レールの上しか走れないけど生意気

雨痕

  

昨夜来から降り続けた雨のあと

工場の広場も水溜り
静寂の中、起きているのは私だけ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

野良公と飼い犬

2018-08-15 17:51:56 | 首都散策・秋季

簡単なようで

一昨日は野良猫と飼い猫を紹介
昨日は犬になるなと考えながら自宅を出発

  

何と歩いて200m程の場所で私を待っていたのは野良公です
道路の反対側へ行き車道を挟んで写真を頂きました

近頃、野生化した私はとっさの判断が出来るようになる
以前はそのまま歩いていけば野良公は道を私に譲る

そうなれば写真など写せない
幸先のいい散歩である

簡単ではない

  

調子に乗り昨日は犬専用記事にしようとしたが
そうは問屋が卸さない

昨夜も貴重な野良猫をゲット
それもゴミあさり中の写真

不思議です

出てくる時は出てくるもんです

社会と

      

我が家の植物はマイペース!

有り得る

  

自宅から200mの場所で3匹の野良公を写し100m程歩くと
黒の野良公親子が散歩中?

要するに夕方前の餌探しで野良公はウロウロしていただけ
其処へ私が偶然、散歩中に遭遇しただけ?

いいじゃないですか久し振り動物紹介が出来て

現実

      

怪しい裏道の土手で私と同年配の現地民お爺さんの愛犬と遭遇
管理がいいのか健康状態は良好

中の猫は子供達がサッカーの練習をしているバスケットコート内

右端は散歩から戻る最終地点の集合住宅地内
夕涼みを兼ねた犬散歩時間ですか

犬談義中(ゴールデンレトリバーと101匹ワンちゃんの子犬)

何族?

    

国鉄中央駅前食堂街で見かけたぬいぐるみのような犬と美女
警戒心旺盛で飼い主の裏へ隠れる(美女も恥ずかしがり屋さん)

右の犬たちは何処の国の犬だろう
白と黒の犬みたいな犬じゃないような犬

ちゃんと耳もあるし可愛いのか怖い犬なのか
前足でVサインなんかするところは愛嬌が有る犬?

犬に写せとせがまれ写しただけですよ

操車場

  

静かな操車場です
今日も一日終わりました

散歩に出かける前のひと時
午後八時です

外は雨が降っています

如何しようか悩ましい判断

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

野良猫と飼い猫

2018-08-14 10:48:58 | 首都散策・秋季

いいね!

子供達が町へ戻ってきだしました
九月から新学期が始まります

仲良しと久しぶり会う心の昂揚

  

時間は午後九時過ぎ(日本時間)
私の想像では(姿から)

標高2000mの霊山であるボクド山からの帰り
山登りからの帰り道

いいねェ( ^ω^)・・・
私も若い子の手を握り散歩したい

私が触る相手は柔らかい栗毛のフサフサした
可愛いこたち

飼い犬や飼い猫たちである

にっこり☻

  

国鉄中央駅傍に有る新鮮野菜卸し市場で
バイト中の女学生(九月大学生になる)

日本語大学に入学予定

何故、親切で☻か分かりますか(戦略なんです)
タダで私から日本語を教わろうとする魂胆

愛嬌といいサービス満点なんです

私が日本人とわからない最初の日は
果物を何時もの価格より高く言い張り

売らなかった

日本人と知るや豹変し猫なで声で
ミヤオと擦り寄る始末

桑原・桑原です

雨漏り

  

三週間以上になります長雨で雨漏り発見
文字に出来ないような社会事情です

全てがいい加減な元共産主義社会
ビルだろうが道路だろうがいい加減に建てる

倒れなきゃいい凸凹になろうが走れればいい
どうにもならなきゃ継ぎ接ぎ修理をすればいい

という事で
屋上で固形タールを溶かし熱したタールを流すだけ

結末を言えばその場凌ぎの修理?
真冬はマイナス30度以上になる世界

屋上に薄く張った板状タールは
パリパリに焼き上げた薄焼き煎餅と同じになる

人がその上を歩けばヒビが入り粉々に砕けてしまう
屋上の防水対策はこんなものなんです(何処も)

欧米や日本では高層ビルマンションの最上階は
ペントハウスと呼ばれ一般人は住めない階

ところが共産主義国家の最上階は馬鹿か貧乏人が住む
残り物の住まいなんです

我が家も然り(貧乏住居)

雨漏りは当然・寒さも当然・水量もチョロチョロ
暖房も階下より暖かくならない

そんな事情を知り尽くした市民は最上階より
三階以下の階層を競って求める

旧住居の七階以下中高層ビルはエレベーターがない

飼い猫

    

昨日は何故かいろんな猫と遭遇した
首都を東西に走る幹線道路に面した4地区で

食堂の店に飼い猫が二匹いました
一匹は私を警戒して店の中へ退避

片方は体を撫でさせるほど社交的

半々?

      

帰路の途中国鉄中央駅隣のヤッチャ場でコンテナ生活をしている半野良ネコちゃん親子
母親は黒だが子猫は虎模様(生まれて一月ぐらい)

昼間は人の出入りする階段入り口で遊んでいました

写真でフラッシュを当てるとコンテナの下へ
そこで親猫は私を全開で警戒中

以前、ブログに黒猫を載せたことが有る
厳寒期だと思うんですが足元に来て

ナデナデさせてくれるほどだったんですが

これも

    

3地区の植え込みで何をしているんですか
呼びかけても身体を触らせない種族

飼い猫なのか野生なのか分からないが
見た目は飼い猫(毛艶がいい)

野生です

  

第96学校から幹線道路へ出てくる途中の住宅街で
偶然、写真に収めることが出来た野生の猫

車の影からフラッシュを光らせただけで逃走
偶然、写真の中に姿が映っていた

何枚か写したが草むらの中を変則的動き回り
最後は車の下に隠れ万事休す

住み家は高層住宅ビルの地下にある空間が棲み処
出入りは空気孔を出入り口にし住民が出す残飯で

生き延びている

人の手からは絶対に食べ物を食べません

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

変わらぬ日々

2018-08-13 16:32:35 | 首都散策・秋季

バラが乱舞

昼間、太陽が出て春先の日差し
バラは季節を間違えたのか

    

蕾を付けそろそろ春になるかと思い違いをする
蕾を出して周りを見れば秋の気配

慌てて太陽を浴び
慌てて花を咲かせる

出てくるのを間違えた

操車場では

    

操車場司令塔の有る高架橋では西日を浴びて
管制官がいちいち支持を出す

現在はトランシーバーで細かい指示を出し
現場の作業員は指示を正確に実行させている

雨上がりのあとは見すものが清々しい

機関車の

  

入れ替え作業が佳境に入って
機関車が入れ代わり立ち代わり

忙しい!

我が家の花たち

    

咲く前の蕾は開花寸前が美しい

今盛り

    

花も満開とひらかぬか

夜の操車場

  

散歩帰り
深夜の操車場は人影がない

私も静かに足跡を残し去る

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

以心伝心

2018-08-12 13:02:51 | 首都散策・秋季

秋風が吹く

我が心にもまた、秋空にも怪しい色の雲

  

操車場についても以前とは違う景色
機関車も心なしか秋の色

反応する植物

    

心配しているのは我が家の植物たち
私の気配を敏感に察しているのか花の育ちが悪い

私も今はそれどころじゃないので愛でる事も無くなって
義務的に水やりだけをしている状態

花の色も開きも十分ではないまま落下してしまう
申し訳ないが今月で解決できそうだ

それまで我慢して

怪しい

  

太陽橋の下から睨みつける機関車
餓鬼たちがいなくなるまで近道の高架橋を

歩くわけにはいかない

にバラ作

  

草原や山岳地帯に行っても春先に咲く花が咲いている事だろう
昼間の太陽でチャッカリ二度咲きしているバラたち

私も二度咲き出来るといいなぁと願っている

秋の気配と

    

バタバタしているうちに高架橋の下にあるゲルが秋・冬モードに
替わっている(厳寒期用のゲル様式)

真冬になれば壁面にもう一枚冬用フェルトと厚布を覆う

見た目にもヌクヌク状態が伝わる

右側の写真は指令室後ろに建つ高層ビルの宣伝灯
秋の月に見立て長雨で凹みに水溜りが有り

それを晩秋の名月にみたて

秋風と心の風邪を見比べて秤にかけて重きを憂う

夜景

    

心なしか機関車までが我が心を察してくれる

何時か天晴れと言わして見せる心意気
早くこいこい釜の蓋?

飛んでます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

ゲリダ豪雨の痕

2018-08-11 14:31:17 | 首都散策・秋季

車道は冠水

七月末から毎夜のゲリダ雨で市内も河川も増水中
一昨夜の雨は大した事はなかったが保水力のない首都

毎日、少しづつでも続けば大量の水である

  

インフラ整備がない為、道路も車道も住宅地内の
歩道も全てプール化してしまう

此処は住宅地内の車道、冠水している中を車が
水飛沫を上げて走ります

人は迷惑な動くもの車にとって邪魔な存在
私も悪質ドライバーの犠牲になった事が有る

報道を歩いていると態と歩道の水溜りを目がけて
猛スピードで走り去る

私は早朝から詰め板水を全身に掛けられ
👀が覚める始末

逃げ走り去るのも早い!

橋も河川も

  

幹線道路も車道も歩道もいい加減な作りだから
凸凹(微妙に)だらけ雨が降ると水溜りが出来る

歩くのに難儀する

雨を歩く主婦も歩きづらそうに橋を渡る
橋の下の川も水は濁り黄色い色をしている

これは山のスラム街に住んでいる人たちの
土道路の削りだし土で変色している

一雨ごとに寒さが近づき
今年も冬の到来が早くなるか

操車場は新鮮

  

塵と汚れでさっぱりした操車場の全景
何となく風呂上りの景色である

バラは

      

バラが全開中です
最初は10個ぐらいの蕾かと数えたんですが

ニ三日で一気に咲き乱れて敷くと次から次と蕾が出てきた
やはりモンゴルの植物は愛嬌と度胸とサービス満点

隣の蕾の無かった株からいきなり花ですよ

あんたが脱ぐなら私も負けてはいられないとばかり
パッと咲くところなど( ^ω^)・・・オォ・・吉原や・・!

散歩していて良かったとと思う

マツダ?

  

深夜帰りには住宅地内の植え込みにコスモが咲き乱れていた
私はこの花を見るたびマツダ自動車とUFを連想する

昔、マツダ車でコスモというスポーツカーが有った
大阪万国博時代だったか宇宙船みたいなデザインで欲しかった

プリンス自動車の高級車・グロリアの車体ラインも好きだった
50年も前の記憶というか刷り込みは怖いものである

あの頃のプリンス・スカイラインGTRは今も変わらない

ギャラリーで

      

商業モールで学生達と遭遇!
皆で閑散としたギャラリーに押し掛けると

個展を開いていた画家が驚いて何事かと
モンゴルにはまだまだ心の栄養を満たす器官が未発達

鑑賞させてくださいとお願いすると大喜び!

首都から400km離れたハラホリン(旧都)出身の画家
諸々の油絵を展示していた

ゴッホやピカソ的な手法に話が及ぶと喜んでいた
学生たちには分からなかったようである

まだ口を満たす方が先の時代だから
美の賞味を満足するには早過ぎるか

1時間ほどウインドショッピングを楽しみ別れる

夜景

    

夜は一人で3地区探検
雨上がりと湿度で快適な散歩

高架橋では
埃の舞っていない首都の夜景を

綺麗に写すことが出来た

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

コメント

ふります

2018-08-10 17:34:29 | 首都散策・秋季

怪しい雲行き

昨日夕方も降らないだろうと出かけた
コースは餓鬼集団がいない安全道路

  

出かける前にベランダから絶景を
自慢じゃないが首都の煙突はりっぱ

操車場

  

操車場までやってきました
一昨夜の雨で土道は埃の立たない状態

歩き易く快適!

バラが咲いた

    

国鉄中央駅前遊歩道のバラは如何なっているか
一日で激変です

モンゴルの植物も人間も思い切りがいい
蕾を附けたかと思いきや一斉にパット咲きよる

もたもたしていると見損なう
人間様も潔いというか愚図ら愚図らしていません

パッパッと脱いで威勢がいい
気前がいいけど後が怖いよ!

私は石橋ですから性分が合わない
商売でいえば即断即決が出来ない

政治家でいえば岸田大臣かなぁ( ^ω^)・・・
現地の人に言わせりゃ

鈍馬・豚馬・馬鹿・遅いんだよパッとが出来ないのか

ここからが

  

昨夜も3地区を散歩していたら
突風・大きな雨粒がパラパラときて

一気に雨粒がドパッと落ちてきやがった

ビルの軒先で40分悪さした餓鬼のように直立不動

ドラマ

  

現地の皆さんはと言えば土砂降りの中
堂々と歩いている(ずぶ濡れですよ)

私も5分程、普通に歩いてビルの軒先まで

ドブネズミ

  

40分間、直立不動で立っていたら乾きました
モンゴルの雨は日本のように優柔不断じゃない

バッと降ってパッと止む潔い雨

だから瀬古瀬古しないで待つんです
好きだろうが抱きたいだろうが

相手がOKサインを出すまで
いい立場の人が見っとも無い

セクハラといわれりゃ
過去の栄誉なんか全て台無しですよ

瀬古さん

待つんです

優柔不断で辛抱強く

40分待機
触れたら疑いも腫らせます?

濡れた服もじゃないかなぁ
乾くんだよね

雨が止んだから

  

インフラが成されていないから大変です
あっちもこっちも

洪水だらけ

キョンシーのようにピョンピョン飛んで
自宅を目指す

抜け道を歩き

    

雨水は高い所から低い所へ流れます
水は差別などしません

常に低い場所へ流れるんです

怪しい場所を

  

怪しい場所に美女が二人対面から歩いてきました
此処は昔々大変な場所だったんです

そんな場所に美女が二人も

土手には降水で沢が出来ています
水の力は怖いですね

愚図グズしていたら美女は居なくなってしまった

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

天晴れとはいきません

2018-08-09 12:50:55 | 首都散策・秋季

どう

毎日面倒見ているのと時々、面倒見るのも
面倒見る人の時々の事情で気分は変わるもんじゃ

如何?  と  言われても
返事に困るわい

    

此の頃、野良猫が来なくなった
先月末は世話どころじゃなかった

我が身の危機の時に餌くれとせがむ野良猫に餌をやれなかった

猫は好きな時に寄ってきて気が済めばトッとといなくなる
何故とか何でとかも聞かない

一飯の飯や宿を借りている老奴(おいら)には棲み難い所もある
一切お構いなしである野良ちゃん

野良公は違います・・一般の飯を頂けば義理堅い
執拗なくらい詮索してくる( ^ω^)・・・これも厄介である

嫌になるときもある・・吐露したぁところで解決する能力もない
後は野良猫と同じであるが

老奴の顔色を見ることが出来るのは野良公

先月末以来、街角の隅で通りかかると顔を見せていたが
現在は音信不通( ^ω^)・・・(* ´艸`)クスクス気配さえない

わかるか

     

一昨夜もゲリダ雨で深夜に1時間地下駐車場にて待機させられた
昨夜は雨こそなかったが空模様は一昨夜と同じ怪しい気配

そのせいか遊歩道の植物はみな元気

狂い咲のバラとあぶらな?白い花と野バラが蕾を付けてている
一個は狂い咲して可憐な花を開いている

昨年まではこの時期、ルンルン気分で過ごせた時期だったが
今年は様変わりここモンゴルも異常社会になっている

乾燥聞かれても答えられない

それなら

  

市場で一仕事終えた従業員たちが帰宅準備
左肩には誰もが恐れる彫り物がクッキリ写っている

他の写真は鮮明に写されているのにこの写真だけボケ
写真機自体がビビっている

怖いもんね!

私に降りかかる質問 ・ どう って
わかるかい・・(〃艸〃)ムフッ

モンゴルじゃ裏社会の人だけじゃなく一般人だって
その時の気分で簡単に彫りもんを入れるんじゃい

老奴に聞いたってわかるかい
第二のアンガールズ山根に聞けよ

狂っている

    

野バラは春先、寒さがまだ残ている6月頃、咲くのである
こうしてみれば今の季節は春先と同じという事が判明する

寒くなったはずである
狂ってなんかいないんだよ

冬の到来を教えてくれているだけなんだよ

寂しいんだもん

  

操車場の管制塔室と機関車に当たる西陽
当たって光る側面が黄昏ている

何となく嫌な一日だった

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

安全第一

2018-08-08 16:23:44 | 首都散策・秋季

植物も

はなたちも夏なのか秋なのか分からない状態
早朝は西向きだから秋気配

午後遅い時間になると太陽が当たりだし

    

真夏だぜと言わんばかりの気温
お陰で夏風邪?秋風邪?

鼻がグズグズいっている

不安定な気象

  

昨日も太陽が落ちて涼しくなって散歩へ出かけた

メリハリのない空模様
汗が出ないように歩くのにも気を遣う

安全の筈が

    

例の抜け道である距離短縮できる鉄橋道は
悪辣軍団の溜り場で怖くて歩けない

そこでいつもの太陽橋の側にある高架橋を利用している
ところが昨日、高架橋に階部分で機関車を写す為

待機していると耳元で嫌な餓鬼集団の声がする
安全だとばかり安心していたら何と

高温水を流す配管の下に隊列を組んでホバーリングしている
平和主義者の私は喧嘩が嫌いだから腰を抜かさんばかり

耳元で一匹を叩き潰しました
後で判明、矢張り首筋を思い切りやられていました

居るんです

  

逃げました!
脱兎のごとく脇👀も降らず懸命に

でも逃げる前にチャッカリ一枚は確保

若い子に囲まれ

  

その後、遊歩道を速足で歩き知り合いの所まで
餓鬼集団に取り囲まれないように逃げました

追いつきません・・雨を歩く乙女たちに
彼女らも餓鬼集団が嫌いのようです

3地区を周り何時もの抜け道を歩き
ツムルザムのホテル脇を歩いていた時

稲光と雷雨が同時に来た
突然の突風は豪雨の知らせ

来ました

  

私は近くの高層住宅ビルの地下駐車場へ逃げ込みました
此処は地下へ通じる屋根にはトタンが張り付けられている

1時間きっかり雷とゲリダ雨が降り続きました
雨宿りとはいえ同じ場所に1時間立ち続けるというのは

根性がいる

地下駐車場で

    

現地人は土砂降りの中、走るわけでもなく
土砂降りの中ずぶ濡れで堂々と歩いている

歩いて10分ほどの距離なら私も濡れて帰ろうと思うが
3km以上歩かなくちゃならない

夜中の雨ですから身体にはよくありませんよ
1時間後にはピタリと止んでしまいました

家に着いたのは日付変更時間近くになりました

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

のびのーび

2018-08-07 13:40:37 | 首都散策・秋季

夏休みも後、一ヶ月

第96学校サッカーグランドは人工芝のグランド
そこで遊んでいる子供や家族連れには茣蓙の上での広場?

  完璧に寛いでいます

遊んでいる子供達が心得ています
此処で広場を独占してはいけない事を

親子も餓鬼も女の子たちも皆さん寝転んでいる
完璧に憩いの場なのだ

其処を静かに横切らせてもらい
静かに立ち去る

餓鬼も乙女たちも別荘から首都へ戻ってきだした

花も散り

  

第93学校の校舎土手に咲いた烏瓜科の花
モンゴルの象徴であるタムガのような姿

ハーンの下へ集まれ皆ども

人影なし

    

3地区からまだ、陽が落ちない繁華街を抜け裏道を選択

メイン道路を歩くと昨夜来の雨上がりで道路は泥が乾燥し埃化
走り去る運転手にはタイヤが巻き上げる土埃など関係ない

そこで歩行者が土埃を避け裏道を歩く羽目に
野良公と野良猫が歩ければ人も抜けられる裏街道

真南に近道し鉄道道路の住宅街に出てこれた
此処にもガンダン寺の出先支部が有る

抜け道を歩けば

  

見覚えのあるビルが奥にある
一昨夜は土埃を吸いながらあのメイン道路を歩いて来て

振り返りざま夜景をブログに乗せた
昨日は近道をして半分の距離を省き抜け道を歩く

車も一般人も歩かない抜け道

国が見える

  

此処は国鉄中央駅前に有る外国観光客専用ホテル
アジア人は居ません!

欧米人専用ホテル
何故?って

彼らには彼らにしか分からない情報伝達方法が有る
利用客は欧米人と現地人の数寄者だけ

私ですか( ^ω^)・・・数寄者じゃ有りません
野良爺さんです

ホテルの有る場所には必ず裏道あり
野良の臭覚・知恵とでもいいますか

バイク野郎

    

中央駅前の遊歩道まで短縮してやってきました
眼の前に見たこともないバイクが有る

姿かたちからハーレーダビットソンと見た
ハズレである

バイク野郎は皆さん足が長くイケメンである
何故なんだろう?

爺さんはバイク野郎とは真逆の存在です
どこのバイクだと誰何すればカワサキという

見たこともないバイク
証拠にエンブレムを写す

800㏄水冷型

埃を吸いながら

    

早い散歩だったのでこの先の市場内でアイスクリームを購入
普段食べられない高級アイスクリームを買い

品格の無い食べ歩きをしながら
人気の無くなった市場内を行儀悪く食べ歩きした

極悪集団どものいない産業道路(土埃を吸いながら)を歩き
乙女とすれ違い自宅へ向かう

夕焼けと雨雲がコラボし写真以上に美しかった

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

秋らしくなって

2018-08-06 14:16:06 | 首都散策・秋季

惚けたふりして

私の置かれている状況は現在も変わらずじまい
一般国民は10歳から12歳程度の教育しか受けていない大人

怖いです!

  

分かり易い嘘や騙し方をする
結果はバレるのだが理由や言い訳が凄い!

この人は支払ったのを忘れているとか
この問題はとっくに解決しているんですとか

俺を痴呆症にしやがる

気が付かないふりで

    

悪知恵入れた奴はヤバいとばかり逃げます
何処へ?

草原に決まっているでしょう

よそ者にはテント一つのだだっ広い草原で生きていけますか
水も電気もない狼が出てくるような場所なんです

ほとぼりが冷めるまで賢い奴はそこで過ごすんです
そんな寂しい場所でよそ者が諦めるまで

其処は腹を空かした狼が出るんです

狼が出没する日にちも分かるんです
草原に点在するゲルの番犬が夕方になると情けない声を出して

ゲルの中に入れてくれと鳴くんです

草原の四方八方から番犬の情けない悲鳴の鳴き声が
ゲル住民(牧民)も緊張が走るんです

牧民が猟銃(狼・熊撃ち)・空気銃(小型動物)を所持しているか
狼は知り尽くしているんです

旦那が留守にしているゲル
女主人のゲルとかね
怖いです!

威勢のいい啖呵を切ったところでオオカミは騙せない
ソンなぁ草原で生き抜いてきた現地民なんですが

他所モンにちょい悪るんです
餓鬼のような知能でトボケタ振りして

ジワジワと

    

すれ違いの姉弟が傘をさしてやってきた
楽しんでいるようで弟の傘は壊れている

餓鬼は乱暴だから

姉の方は曇りのち晴れの日傘を楽しんで
ツーショットをお願いすると喜んでHiチーズ

変わらない者は

    

極悪集団が怖く散歩コースを元のコースに変更する
ちょい悪爺さんも暴力には弱い

普段、威勢のいい啖呵を切るが所詮
この程度の爺さんなのである

暴力反対!戦争反対
爺さんは喧嘩などしない平和主義者なんだと叫ぶ!

保線区員が何なんだよ  と  軽蔑した👀で
でも暴力は痛んだから平和主義がいいんだ(ノд-。)クスン

規則正しく

    

夜勤の保線区員を乗せた機関車は何処へ働き者の
保線区員を運んで行ったのだろうか

きっと極悪集団のいる場所で働いているかもしれない
彼らは昔から知り合い同士だし脅したり脅かされたり

しないんだろう

安全地帯を歩きながらトボトボと家路へ向かう

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

明るい道を歩いています

2018-08-05 15:16:38 | 首都散策・夏季

行きも

長雨のせいで極悪集団が屯す抜け道の鉄橋は
極悪共が検挙か死滅する10月過ぎまで歩けないようだ

彼らに襲われたら折角の海外生活も台無しになる

    

当分、ゴミ・煤塵舞う産業道路を歩くしかない
ハンカチをマスク代わりに毎日、我慢の散歩にしよう

太陽が沈むまで西日が強く湿度と高温で外にいるだけで
汗が噴き出す

太陽が沈むと極端に涼しくなる(首都は高地だから)
微風を体に受けて散歩する

速足をしない限り汗は出てこない
風ではためく幟を眺め車道の埃を吸いながらの散歩

帰りも

  

帰り道も以前の太陽橋傍の高架橋を利用しての帰り
考えてみれば我が家から真横(真北)に抜ければ

3地区へは直ぐにだが極悪集団には敵わぬ
危険地帯は避けて急がば回れです

3地区奥に立つTV局タワーも電飾が美しい

安全を重視

    

3地区中心地にある映画館と百貨店
此処を真東に向かいガンダン寺手前で真南に南下する

午後10時頃だから商店街も人通りも少なく
微風の中を散歩する快適さ

回り道をしているという情けなさで少々疲れる

校庭で

    

第51学校校庭も電気が消えて街灯だけが闇を照らす
街灯に映る私は何物か、知らない人には恐怖を感じさせる姿

怖い姿である

遠回りして

    

闇夜から抜け出し大通りで出ると電飾で一安心
散歩する時間が遅いので車も人も閑散としている

でも安全である

帰ろ!

  

帰りはいつもの太陽橋側の高架橋である
重油タンクが基地へ戻って行く

私も早く家路にむかう

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 

 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

コメント

抜け道に屯す極悪集団ども

2018-08-04 17:53:16 | 首都散策・夏季

弱り身に

完璧に人生の進む道に仁王立ちした馬鹿に立ち塞がれ
弱っています

こういう時、美しいものを見ても感動すらできない

      

何故かしら目は定まらず西に傾く太陽の残り陽だけを意味もなく見ている
人恋しく知り合いに電話しても誰一人出てくる者もいない寂しさ

憐れというしかない

そういう時に限り( ^ω^)・・・(〃艸〃)ムフッ
居るんですね嫌な奴どもが

通せんぼうをしなくても周りに数えるのも嫌になるくらいの数
鉄橋まで走り反対側まで一気に駆け抜けるか

反対側にも奴らはいるかもしれない
その時は川へ飛び降りて川の中を上流へ走り自宅へ戻る?

奴らは私の体の周りで奇妙な声や口笛に似た音を出し近寄ってくる
こういう時、身近な防御道具を一つでも持ち得ていれば楽なんだがと悩む

手ぶらじゃどうしようもない

祟り露出肌

      

それでも危害を受けることなく国鉄中央駅まで来る事が出来た
夕闇が迫る時刻である

走り疲れ出てくる息は自分ながら臭いと感じる

助けてくれるような人もいない淋しい場所で
ロシア方面へ向かう客車が迫ってきた

意味もなく運転手に手を振る私の姿は助けを求める野良犬である
早くこんな人気の無い場所から一刻も離れなくちゃと焦る

閑静な静けさや侘び寂びに浸る余裕などない

如何りゃいい

  若い国だ

やっと3地区へ向かう新興住宅街まで何事もなく辿り着く
昔は此処も浮浪者たちが帳が下りる頃に集まる塒の跡だった

今は次世代の子供達が遊ぶ場所になっている
10年後には高校生や大学生になる年の子供達

回り道しかない

  何時もの子達

この子達とも7月行われたWSロシア大会で
フランスかクロアチアどちらが勝つかで私は負けた

日本人はやはり半官びいきなのか

餓鬼どもは絶対フランス優勝と譲らない
私と仲間外れ気味の餓鬼一人がクロアチア優勝と

結果は餓鬼の圧倒的勝利!

人は弱ると

  懐かしい板張りの高架橋

太陽も落ち道は暗くなりました
帰りは如何すんべぇ

真っ暗で雑草生い茂る抜け道を通るか
回り道してでも明るい道を通り帰るか

人は弱ると駄目です( ^ω^)・・・
人通りの多い明るい道をトボトボと歩く

毎日歩く半分にも満たない距離なのに
やたら疲れが体を襲う

歩きたくない気分である

暗い藪道の有る抜け道とは反対側の道を
回り道と意識しながら歩く私である

下を向きたがる

    

高架橋へ久し振りやってきました
でも気が付いたことは機関車が少ない事だった

よくよく考えれば中央駅の反対側にある抜け道高架橋の方が
機関車による貨物車の操車場変更(行先場所選定作業)は

以前の高架橋より出入りが盛んだという事も判明した

今の私は環境も自身の心境も完璧に孤立し弱っています
弱った人は皆同じで注意散漫で下を向く傾向に有る

元気な時は全方角に注意を払い👀の位置は常に上を向いている

今は下です( ^ω^)・・・(〃艸〃)ムフッ(* ´艸`)
自分でも驚いています

レールなど写す私が居る事に
鋼色に光るレールを見つめる私

以前ならとっくに自宅へ着いている筈の時間に
レールを見なきゃならない私は弱っている

悔しい!
藪蚊の集団ども👀

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

 

コメント