馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

さんぽ

2019-08-21 16:18:04 | 首都散策・秋季

餌場

いつもの場所を歩いているとけたたましい声がする
カサ詐欺が餌場で一点を見つめ鳴き続けている

場所はビール工場の小麦集積場で
何かを取り合いしているような情景

  ビール工場の操車場

普段は警戒心の強い鳥で10mも近寄れば
飛び去ってしまう鳥が5m程の距離でも動かない

それも私が通り過ぎて気になるので戻ってきても
カサ詐欺は鳴き声を止めず一点を凝視している

場所先で何が起きているのか判明しないが詐欺は動かない
余程、ノッピキならぬ事が起きているのだろう

それにしてもビール工場の小麦集積場が詐欺・雀
ハトの餌場というのも面白いものである

モンゴルで野生の鳥が餌場にしているのは
中国・ロシアから輸入され卸し・販売されている場所である

首都に点在する卸市場と小麦等のサイロ集積場と
小麦を脱穀している製粉会社等です

校庭

  

線路沿いと学校の空き地や土手等に自生している
野生の雑草が春夏から秋にかけ一生を終わらせようとしている

絹糸のようなタムガの糸をモフモフな綿毛に変化させ
何処かへと種を飛ばす準備が出来た?

帰り道道

跨線橋から見る中央駅の様子
以前の時間帯にはなかった列車が乗客を乗せている

地方から新学期に使用する制服や学用品の買出しか

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント