きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

ちょっとお知らせ! と、本日も行ってきました ジュリー~MyLove~ 新文芸坐3

2017-11-30 01:08:36 | ジュリー 映画

まずは・・ちょっとお知らせです!

 

詳しくはこちらのとっても素敵でおしゃれなブログ「クラシノ sakiart.saloon」ご覧いただきたいのですが・・

ジュリーへの熱い想いがあふれています。


   ギャラリーKにチェックイン! その名も「勝手にふたり展」です。

 https://blogs.yahoo.co.jp/sa_lanimoana/29097598.html

 いかがです?!すごいでしょ!

ブログ主サキさんが制作した独自の布アートで表現する華麗なるジュリーの世界

明日から吉祥寺のギャラリーK で開催されます。

        

サキさんとは、ここきんぴらにっきのジュリー作品記事をご覧になってコメントをいれてくださったご縁で知り合いました。

明日、11月30日~12月5日まで開催!

私もぜひぜひ、拝見させていただこうと思ってます♪みなさま、ぜひどうぞ~♪  

 

 

 

 

で・・本日も行って参りました~

池袋・新文芸坐!

ジュリー`s 映画ゴールデンウィーク 3日目。

 

本日の映画は・・

2001年 三池崇史監督作品「カタクリ家の幸福」

1968年 山本邦彦監督作品 「ザ・タイガース 華やかなる招待」

 

むむ?きょうのカップリングの主旨はなに??

 

 

 

 

33年というなが~い月日のふり幅の2本です。

どちらの作品も大スクリーンで見るのは初めて。ドキドキわくわく~

 

先に観たのは「カタクリ家の幸福」

この映画・・今をときめく三池崇史監督作品。

 

題名からは「ほのぼの家族ドラマ」かと思いきや、ホラーのようなコメディのような?さわやかでグロい、でも笑えてほろっともさせる?

そして歌!ダンス!

そうー、これはかなりのミュージカル映画なんですよね。

・・・かなり独特な個性的作品ですねー。

 

冒頭出てくる妙な天使だか悪魔だか?

ここだけ見るとなんの映画かますますわかりません~。

 

ジュリーはペンション「白い恋人たち」のオーナー。

おだやか~な笑顔白いエプロンがよくお似合い~

 

しかしこのペンションまったくお客が来ない。

ようやくやってきた初のお客は部屋で自殺・・・って。

死体をみつけてしまって・・・!!

!!こんなお顔が多いんですが・・

 

こういうお顔するととってもジュリー

やっぱりくちもとが可愛すぎるんだな~。50歳過ぎてもほんとに可愛い人なんだわ。

 

ここから始まるドタバタ悲喜劇。

いや~、笑った笑った

死体が出てくるような映画で笑うって、どうよ?って感じですが・・面白いのよ。

おおらかな奥さんは松坂慶子さん

ふたりとも至って平凡そうなおしゃれ感のないご夫婦なんだけど・・

一転!

まぁ~~華やか煌びやか超美形なおふたりです。大スクリーンに映えること~

さすがスーパースターと大女優!スターオーラが凄すぎる!

おじいちゃん・丹波哲郎さん・・なつかしや。息子は武田真治、娘は西田尚美、詐欺師に忌野清志郎・・とキャストも豪華。

53歳のジュリーさま、だいぶころっとされてきてるところですが・・

まぁ~このマサオさんがかわいいんだわ

 

生真面目で小心者、家族をとっても愛してる・・愛すべきおとうさん。

ほんと可愛かった~

 

で・・休憩時間。

館内放送が入りまして・・

「沢田研二さんブロマイド、販売しております~。ただいま売り切れも出ておりますが、明日には補充いたします。さらに種類を増やして販売いたしております~」って。

すごいでしょ~

売れてます。

 

そして「ザ・タイガース 華やかなる招待」上映~

ジュリー様、一気に33年若返り~

 

 

シーシーシー でポップにはじまり~。

 

学ラン姿の5人。

ジュリーのお弁当はひときわでかいのね

 

「世界はボクらを待っている」から半年後かな?

2度目の映画でちょっとお芝居にも慣れて来たのかコミカルな演技を楽しんでるみたい。

この映画はね。

もう~とにかく可愛い

タイガースのメンバーみな可愛い

もちろんジュリーはひときわ特別めっちゃ可愛い

っていう映画でした。

   

お腹が空いてるジュリーが・・可愛すぎだよ!

 

スケッチを描いてくれた女の子に

「ありがとう。でも僕ごはんのほうがいいんです!」

って

そりゃぁ拾ってかえりたくなりますよね。うんうん

もちろん王子様ショットもあるし

イタズラしたくなる寝顔とか

 

むふふな萌えショットもあり~

 

 

はい~

とにかく可愛さ最高!!の映画でございました~。

 

ってことで、きょうのカップリングは「可愛いジュリー」だったのかな?

 

あ、演奏シーンも多くてね、やっぱり歌うジュリーはいい

本日も大満足でした~~

 

 

さぁ!明日は第4日目。

「リボルバー」と「恋人よわれに帰れ」の上映です。

ケン・オータにまた会える~

 

 

 

コメント (11)

行ってきました♡ジュリー ~My Love~ 新文芸坐2

2017-11-28 23:46:47 | ジュリー 映画

昨夜は佐賀県鳥栖にてジュリーライブ。

ツアーも後半・・お疲れも重なっているのでは?と心配しちゃうけど、ジュリーはばっちり元気にすごいステージを見せてくださったみたいです。

ボールをあげて打つ!トスのアクション?気に入って何回もやってらしたとか。・・かわいい~~っ

MC中におおきなくしゃみをした男性がいらしたようで(しかも2回も)、これにはジュリーも笑っちゃったとか。あ~、かわいいっ

 

 

で・・昨日から始まりました、池袋・新文芸坐のジュリー映画祭り~

本日二日目、行って参りました。

 

昨日は夫婦共演カップリングだったけど、きょうは70年代美ジュリー祭り

1975年藤田敏八監督作「炎の肖像」

1976年出目昌伸監督作「パリの哀愁」

二本立てでした。

 

劇場ロビーには本日の作品の掲示物あり。

 

「炎の肖像」は2015年5月に渋谷の映画館で上映があったので一度スクリーンで見ていますがそれ以来。

「パリの哀愁」はスクリーン鑑賞お初!

70年代真ん中・・まさに美青年ジュリー真っただ中

(とはいえジュリーの美青年時代はすご~く長いし、どこからどこまでと言い難いけど)

タイガースやPYGではない「沢田研二」になったジュリーが主演の映画です。

 

それぞれ以前に記事に取り上げたことあります。

炎の肖像  http://blog.goo.ne.jp/kinpira33/e/901cd9b43efbc3b565441e4ba6466996

(③のみアップ。①②はまだ再掲載してませんー)

パリの哀愁 ・・こちらも再掲載してないかも?みつからない~。

この映画について吉田拓郎さんとラジオで話してる書き起こしはこちらに

      http://blog.goo.ne.jp/kinpira33/e/ee951364a1bf40ab2db0a904f0fce07a

 

本日先に観たのは、スクリーンお初鑑賞の「パリの哀愁」

テレビで見たときは、ジュリーは確かに綺麗だけどお話し的にはベタなラブストーリー・・という感じで。

ま、映画館で観たってお話は変わらないのだけど。でも!

いっや~~~ 思ってた以上にさらにずっとすごく ジュリーが綺麗~~

     

大きなスクリーンで見ることでより鮮明に、より輝かしく・・その美しさが迫ってくるの!

これは感動モノでした。

パリの街にあんなに似合う日本人が学生がいるだろうか。しかも70年代に。

ラブロマンスのお相手はボンドガールでもあったクローディーヌ・オージェ。

グラマーな年上マダムなので華奢なジュリーと並ぶとどうしても恋人というより美人姉弟。

まぁしっかりベッドシーンもあるのだけど。

「マリー」と語尾上げで発音するジロー(次郎)の声がかわいかったー。

 

「炎の肖像」は「スターの虚実を入り交ぜて・・」みたいな煽り文句?ですが・・

ジュリーへのインタビュー場面から始まり、ケンカやらラブシーンやらの迷える青春スターみたいなよくわからないストーリー。

ちなみにこっちのジュリーも役名はジローなんですよね。(たぶんこっちは二郎)

初の本格的ベッドシーン!!ってことでも話題だったようですねー。

ストーリーは・・まぁあってないようなもの。なが~いプロモーションビデオと思えば思えるか?

しかし!1974年のハワイ公演やロックンロールサーカスのライブシーンが出てくるのでこれがかっこいいのよ!

 

この映画については2015年5月の記事でしつこく語ってたかと思います。

きょう久々に見たらラストのライブシーン・・ジュリーの「はぁはぁ・・」という息遣いで終わる、というね。

もう~~ ドキドキしちゃったわ

 

ところで・・私どうもいつも勘違いすることがあるんです。

それは「パリの哀愁」のほうが「炎の肖像」よりも前の映画だろう、と思ってしまうというもの。

なんでだろ?

と不思議だったんだけど、きょう思い当たる原因が。

パリのジロー君は年上マダムに一途な画学生、という設定なのですよね。

怖いもの知らずで愛に貪欲で従順。「マリー」って突っ走ってじゃれついてはなれない子犬のようだし、

「ジュテームジュテーム」を本気で囁ける情熱的なLOVE.

なんともかわいい年下感。

  

 

マリーに往復ビンタされて血が出ちゃうし。・・マリーどんだけ怪力よ!と突っ込みたくなる~

 

炎のジロー君はそのへん正反対で恋人にはドS的冷淡さ。

  

 

ベッドシーンは最高に冷たい顔。これがかっこいいのだけど~

 

ってことで、なんかパリジローくんは年下に思えて、それゆえにパリの哀愁のが先だったかな?と思うのね。きっと。

なるほどなるほど・・と自分的に納得しましたー。


とにかくね、これでもかこれでもか!!のジュリーの美しいお顔

そして美しいか体 ベッドシーンは背中ショットが多いんだけど、肩甲骨の美しいこと

そのまま天使の羽が生えそうな綺麗な背中でしたわ。

美ジュリー祭りでメロメロ~の本日でした。

 

で・・明日は

「ザ・タイガース 華やかなる招待」

「カタクリ家の幸福」

も二本立て~

 

ん?これはどういうカップリングなんだろうか??

どちらもスクリーンで見るのはお初!!楽しみですー。

 

でも、そのまえに仕事終わらせていかなくちゃ~


 

 

コメント (2)

行ってきました♡ジュリー ~My Love~ 新文芸坐 1

2017-11-28 00:20:02 | ジュリー 映画

行ってきました~!

池袋・新文芸坐・・・ジュリー映画特集企画!! ジュリー ~My Love~

本日は初日!!

 

ビル1階の入り口前

  おぉ~!

すごいです

新文芸坐さん!気合入ってるー

 

3階の劇場ロビーにも

チラシがずらり~

 

と、本日の上映作品

   

ポスター掲示!

 

 

 

パンフレットかな?

 

本日は12時5分開始の「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」、14時5分からの「大阪物語」を観に行きました。

初回の大阪物語の上映が終わるのをロビーで待ち、開演の15分前から並んで入場。

お客さんいっぱいでほぼ満席でしたよー。

 

「男はつらいよ」は1982年の山田洋次監督作品・・言わずと知れた寅さん映画。

柴又の風景や人々の人情、九州の温泉町の風景、レトロな遊園地、おなじみの名優さんたち・・とみどころいっぱい。

オープニングは寅さんの夢で、ジュリーが華やかに1曲サービスここは「いかにもジュリー」っていう演出だけど、

 

本編のジュリーは純情可憐な三郎青年役。

二枚目だけど誠実で口下手でおくてで・・寅さんを頼りにして上目遣いで見つめちゃったりすると、あぁ!これは保護欲そそる~

温泉宿の女中さんが三郎くんを部屋に案内して超嬉し恥ずかしといった乙女のようになっていたのが笑いを誘いました。

34歳のジュリーは「6番目のユウウツ」のころの超絶美貌。

とらやのおばちゃんも「いい男」が来るのをわくわく待ってたし~。モテモテの三郎ジュリーでした。

 

でもね、「大阪物語」の夫婦漫才おとちゃんの隆介さん・・これがまた!

私はこの映画・・5年前にいちど見たきりで、いまいち記憶が薄かったんです。

当時は51歳のジュリーにはまったく免疫なくて「え?ジュリー・・こんな役もありなの?だいじょうぶだったの?」とびっくりしたんだよなぁ。

漫才師っていうのもそうだけど、これがまぁ売れない漫才師だし。

しかもやさしいけれど金と女にだらしないダメ男。

そしてモテモテなんだなー。またこれが。

    

51歳・・中年真っただ中のジュリーは30代に比べたらぼてっとした体のライン、無精ひげ、ステテコ姿も披露。

しかしまぁーこれが・・色気ダダ漏れ~ 

ずるいわ~。いけない男なんですよ。でもやっぱり綺麗だもんなぁ~

物語は切なくあたたかく哀しくて。主演の池脇千鶴ちゃんがすごい存在感。

夫婦役のリアル奥さん裕子さんもさすがの演技だし、たくさんの吉本芸人さんも出演。

大阪の街の猥雑だけど魅力的な雰囲気も良く出ていて面白い映画でした。

 

そしてこちら・・ハロパンさんの新作!りゅうすけ研ちゃんステテコ姿~

     

ね?色っぽいわ~

 

明日は 「炎の肖像」「パリの哀愁」二本立て!

美ジュリー祭りですねぇ

張り切って行って参ります。

 

 

コメント (2)

いよいよです!明日から ジュリー'sムービーゴールデンウィーク♡ジュリー ~マイ・ラブ~

2017-11-26 19:55:31 | ジュリー 映画

明日、11月27日月曜日・・・

いよいよなんです!!

ジュリー'sムービーゴールデンウィーク 〜朝から晩までジュリー三昧〜by 新文芸坐

うふふ

すばらしいタイトルでしょー。

こちらTwitterのフォロワーさんが考えてくださったの、そのまま使わせていただきました。

明日から始まる池袋・新文芸坐の上映企画 ジュリー ~マイ・ラブ~

こちら!

 

 

 

ジュリー映画二本立てが6日間!

まさにジュリーファンのためのゴールデンウィーク

 

初日の明日はこの2作!

 

1982年の作品「男はつらいよ」第30作!

 

  

 

私の ど真ん中ジュリー様

三郎青年は初心で口下手な二枚目さん

 

 

そして

1999年の「大阪物語」

 

チラシがありました!

メインは池脇千鶴ちゃんなのね。

 

ジュリーはこの辺に・・小さめに。

 

51歳のジュリー様おとうちゃん役。

ダメ男な感じが妙に色っぽいかも・・

 

こちら2作とも田中裕子さんと共演ってことで・・見ないわよ!という方も多々いらっしゃるかもしれませんが。

私、どの作品も一度は大きいスクリーンで観たい!ので行って参ります~

 

劇場詳細はこちらで!

新文芸坐

 http://www.shin-bungeiza.com/

 

 

コメント (2)

映画館で「世界はボクらを待っている」つづき

2017-11-26 00:59:57 | ジュリー 映画

昨日、一昨日とジュリー様は九州二連チャンライブ!

きょうは一日お休みで、明日はまたまたライブ!

・・う~ん、ほんとパワフルな69歳、ジュリー様。

かっこいい~

 

宮崎では「愛待て」のあたりで会場に異臭があって、ジュリー自らが「臭くない?」って言い始めたらしくて。

こんなご時世だから何かあたっら・・と思うとこわいですよね。

結局電源のプラスチック部分が焦げたにおいだったとかで危険性はなかったらしいのでよかったですが。

ともかく無事に、事故なく、ケガなく、病気なく、安心安全な状態でライブツアーを全うしていただきたいと願っております~。

ジュリ~~!!

 

で、昨日の映画鑑賞からのちょっと書いておきたいポイントをまとめ。

続きです~。

※まとめ直したら長くなってしまった

  お暇なかたどうぞー。

 

 

「私はアンドロメダの王女シルビーよ」と、ぬけぬけおっしゃる少女に

TGメンバーは「・・君、だいじょうぶ?」と焦り気味。

・・ちょっとこわいよね、この笑顔

 

うん。みなさんの反応いたって正常。

しかし!ジュリー様は

じ~~

じ~~~っ

  

「この子は嘘なんかついてないよ。嘘をついてる目じゃない。」と断言。さすがというかなんというか。

魅惑のまなざしでドキドキだー

サリーさんが

「ジュリーまで、だいじょうぶかよ~

って、とってもまっとうに突っ込み入れてます。


シルビーさんは王女という座に君臨してるせいか、はたまた宇宙人だからなのか、いろんなところがふつうの少女とはちがうのよね。

ようするに、よくいえば屈託がなく素直。悪く言えば図々しい、超マイペース。

特徴としては・・宇宙人ゆえの特殊体質なのか髪の毛が伸びたり縮んだり自由自在なのがすごい。

当時、シルビー役の久美かおりさんはジュリーファンからカミソリの刃送りつけられたとか?大変だったらしいですね。ひゃ~

今、私が出会うジュリーファンのお姉さまたちはみな穏やかで優しい方ばかりだけどねぇ。

血気盛んな若いころ・・突出した人気スターの関連ではそういうこともありえたのかなぁ。

まぁー、役柄だからなんだけど・・タイガースにくっついて芦ノ湖デート、お姫様らしくメンバーみんなに護られ大事にされてるし。

挙句の果てにジュリーと結婚するため宇宙に連れていこうとするんだから、うらまれても仕方ないといいますか。

いや、でもあくまで役柄だからねぇ、そこは。(みなさん、冷静に~っていっても今更遅いけど)

シルビーは最初からジュリー狙いで、それはもう隠すことなく素直で大胆。

芦ノ湖こはんでジュリーに「私の星に来て。」とお願いするけど、そこはジュリーに

「無理だよ。そんなことしたら明日のステージに穴が開いちゃう。」

ってあっさりふられちゃう。(棒読み的せりふだけに余計あっさりしてるジュリーさまに笑い。しかもこれってスケジュール的に無理!っていう言い方)

結局その後、マスコミに女の子とばれて(男の子ってことでかくまってたけどばれて)メンバーバッシング。さすがにいたたまれなくなりUFOに戻るも

それならジュリーをお婿さんとして星につれて帰ろうという侍女の計画に乗って‥ジュリー様拉致!

その前に・・侍女が武道館までジュリーを迎えに来たときの会話が笑えたのを思い出しました。

侍女がシルビーを探しに来たのかと勘違いしたジュリーが

「もうここに彼女はいませんよ」とそっぽ向きながら冷たく言うと

「王女さまはもう宇宙船に戻ってます」と言われた時のジュリーの反応が

「ほほう~ぅ。」って。しかも腕組みかなんかしながらで・・この言い方があまりにセリフっぽく言いすぎでかわいかったんだわ

 

人の好いジュリーは「2時間ぐらいなら」って開演前に宇宙船までシルビーに会いに行ってあげるんだけどここで

「一緒にアンドロメダに来て星のプリンスになれるのよ。行っちゃいや!」なんて言われてしまうけど

「シルビー、君が好きだよ。ぼくに声援を送ってくれる大勢のファンと同じように好きなんだ」

って、ちゃーんとファンが納得するようになお答えを言わせてます。

「わかってくれるね?」とあくまでやさしいジュリーだけどだめとわかって強引にさらうという

これじゃしっかり悪役だものなぁ。

「君はぼくをだましたんだね!」となじられ、その後むすっとしてるのを見てたまらず・・

 

まぁ最終的にはジュリーが戻れる手助けするんだけど。

「地球のみんなと話ができるわ。呼びかけてごらんなさい」と変な形のマイクをわたされ

「ええ?」と不審そうなジュリーがまたかわいい。

で、

「みなさんの力でぼくを地球に呼び戻してください。」というわけで・・

サリーの「レッツゴー!シーサイドバウンド!」の掛け声とともにシーサイドバウンド大会!会場はきゃ~~!とゴーバン!の興奮のるつぼ。

子供もおじちゃんもおばちゃんも街のサラリーマンも奥さんも皆さんのゴーバン!大合唱

これが思った以上に延々と延々と。どんどん盛り上がっていく様子がすごくいいんです。

そして

「映画館のみなさんも、ご一緒にお願いします」という丁寧な呼びかけ。(一緒に頼むぜー!とかじゃないのよ。あくまで王子様的にていねいなお願いにまたも萌え)

これにはアツくお応えしたかったけど・・

すみません~、ジュリー王子。

小さく手を振り上げてのゴーバン!にとどまりましたー。

でも無事に宇宙船は航行不能になったみたいで(え?)ジュリーは帰還!!

どうやっておろしたのは不明ですが、ひとり走って会場入りするジュリー。

 

王女は「ジュリー・・やっぱりあなたはみんなのものなのね」とうなだれるけど。

そうです。かわいくて綺麗なジュリーはみんなのもの。

この映画ってこれをいうための映画だったのかしら。

でもあれだけ何度も近くで生歌歌ってもらったんだから。シルビー、うらやましいよー。

 

ステージにあがったジュリーは大変な危機を乗り越えてもけっこう冷静に

「ありがとうございました。では一番あたらしい曲、聴いてください!」

と、歌い出す 銀河のロマンス

 

シルビ~ マイラァーブ

 この「ラァーブ」がちょっと舌足らずな発音で またきゅんときちゃうんだなぁ

 

この歌声にみ~んなうっとり

ファン代表?こちら三人娘がかわいかった

それぞれの推しカラーでお揃いコスプレ?

右端の子は別。社長令嬢のこの子もちょっとした悪役ですが、ライブ会場では仲良く並んでうっとり

こういう一般ファン女子の様子、かわいい

武道館いっぱいのお客さん。白いハンカチを振ってる人がたくさんいるのが印象的。

このころはこれが流行だったのかなー?

ラストは白い浜辺で演奏するタイガース

 

そして宇宙空間に「完」の文字で終了~。


拍手!拍手~!!!

 

その後、ジュリーは宇宙船のくだりをMCで話したりしなかったのかしら?

今のジュリー様ならきっとすごい話芸で落語に仕立てて話してくれるだろうなぁ~、とか思っちゃたりしました。

 

で、

おまけ。

コスプレっていえば、ジュリーは

こんな姿も披露~キレイどころです。 

ほか

お歌のお稽古

きりり 貴公子風 

サリーさんもかわいいのよ。

キリンのコスプレ?(のような模様のパジャマ)

 

全編とおしてジュリー、すっごくがんばってる!それがすっごくわかる映画です。

とっても一生懸命なジュリーがかわいくてかわいくて

こ~んな めっちゃふりつけられて踊ってるシーンも

かわいいよ~

 


ほんと、見ていて気が休まる暇がないったら。

大画面で見るとますます!常にドキドキ(いい意味で)きゅきゅんさせてもらえる映画でした。

 

神保町シアターさん、ありがとう

 


コメント (2)