きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

熱中世代・後半 見ましたが・・2

2017-02-28 00:41:01 | ジュリー テレビ・ラジオ

本日はジュリー映画、見に行って参りました。

以前ここでもお知らせしました

「リボルバー」

神保町シアターにてただいま上映中

   http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/keiji_list.html#movie16

これ、おもしろかった!ですよ。

以前一度テレビで見たんですけど、あれこれ細かいところは忘れてました。

1988年作品・・ジュリーはむちっとしてふくらみ気味ですがw いいのいいの。

詳細は近日。

神保町シアターでは3月3日まで。一日1回の上映です。

行かれる方はお早めに~。

 

ってことで、先に「熱中世代・後編」の続きを。

・・・と言っても、内容は思い切りすっ飛ばしてます。

タローさんピー先生のお話をちゃんと知りたい方はきちんと詳細載せてくださってる方のところをご覧くださいませー。

 

 

で、いよいよ!3年ぶりのタイガース オン ステージです!

って感じでタローさん古希祝ライブのシーンに入りましたが・・・

先週も放送された部分も多く、放送終了時間も迫ってる・・これは、と思ったらやっぱり演奏シーンは超短かった・・

ですよねぇ。

タローさん、DVDしっかり発売されるんですもの

しっかり「買ってね!」のフリでしたわ。

青い鳥」と「色つきの女でいてくれよ」の一部。

しかも、音のバランスがひどいじゃ~ん。

ジュリーが遠慮されたのもあるんでしょうけでどボーカルが聞こえにくいのよぉ。

発売されるDVDのほうはもっといい音なんでしょうねぇ?

 

でもまぁ・・

横顔ジュリーとか

  

 

 

手拍子ジュリーとか・・

 

 

      ジュリ~~~~っ

 

歌うジュリーさまのうっとりアップが拝めたので嬉しいってことで

よしといたしますか。

この世でいちばん紫が似合うお方だわ。

 

ラストは

 

  かわいいヤングなタイガースお写真

(あ、紫はサリーさんが着てる・・ジュリーは戦隊ものでいえば主役でセンターだから赤。

うん、赤も世界一似合ってます~

 

かわいい復活タイガースお写真

で締めくくられましたー。

(いや、もちろん主役おふたりのお話はもっとあったんだけどね、すみません)

 

あぁ・・でもな~んか物足りなし。

なので、この日の前半流れた1982年の同窓会タイガース映像の美ジュリーさまアップを

連写!

 

 

 

 

         あぁあ 

        やっぱりうっとり

 

  ジュリ~~~~っ

 

満足

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

熱中世代・後半 見ましたが・・1

2017-02-27 00:34:06 | ジュリー テレビ・ラジオ

 

待ってました~!

先週から続く「熱中世代」後半・・

今回こそはタイガース勢ぞろいのステージ

(って・・まぁ私はジュリーさまが見られて、ジュリーの歌が聞ければよいのですけど。)

さぁさぁどのくらいやってくれるかなぁ~?

 

と、見始めたけど・・

番組はまず先週のおさらいから始まりまして。

それぞれの進んだ道とそれを証言する人のV。

これがなぜか豪華で北大路欣也さん、阿川佐和子さん、市川右團治さん。

そして「Long Good-by」の話では

「3番があまり気にいらなっかたので岸部に悪いけど書き直してと言ったら、沢田に頼んでと言われて・・」

 

   

 

と、詞の説明。

ジュリーが補作したのがはじめとおわりのとこなのね?

 

で、タローさんの歌の場面、返歌の「道」でピー先生の歌の場面・・ぐぐぐっとこの辺我慢して・・


30年ぶりの奇跡の再会

金髪ジュリーさま

 

そしてピードラム復活、タローとの共演・・からザ・タイガース復活!

ってことで

久々の顔Tシャツで万歳ジュリーさま

 

で・・やっと出ました、古希祝いの話!

 

それぞれ誕生日の人が場所を決める・・ってことで。

1月のサリー誕生日はサリーの希望で京都で集まってお食事から3次会まで行って(例のライブハウスに5人でふらっと現れた事件とかですね)、

朝の3時まで飲んで、翌朝8時には朝食に集まって~・・というね。

 

で!やっと出ました!

「11月の古希コンサートでサプライズが起きたんですね!」

2013年のコンサート以来、3年ぶりにメンバー勢ぞろいでステージ。

220人だけが見られたという奇跡の瞬間!

・・・と、だい~ぶ勿体つけられてようやく解禁~

 

まずは

    

「おめでとうございます!」という挨拶から・・「コキっ」 

ま、このへんは先週の放送でも見たところ。

で、タローさんの反応に にこっと笑うジュリーさま 

 

かわい~~

で、このあとサリーさんが「タローさん、おめでとうございます!」と挨拶し

笑わせてくれるんですが、このときとなりにいるジュリーの動きが・・

  

 なんか優雅です。綺麗な指だわ~

で、かわいい笑顔にサリーもにっこり (妄想解釈)

 

そしてようやく演奏シーン・・!

 

ですが・・

 

短かったよ~


で、明日はちょっと早く起きねばなのでとりあえずここまでー。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマト、発進!

2017-02-25 23:43:41 | ジュリー関連

本日25日・・いよいよ始まりましたねー。

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」

2週間の限定上映・・さて、いつ行こうか?

などと思ってましたら、きょうジュリ友さんにコンビニで「ヤマト新聞」なるものが発行されていてジュリー記事も載ってる・・

ってことで買ってきました~。定価500円

   

 

愛、発進。

 

31ページほどあってなかなかのボリューム。

登場するメカの資料やら「ワープは実現可能か?」なんていうマニアックな記事もありますが

昔の「さらば」のストーリーや絵も載っているのでなんとも懐かしい~。

「さらば」と「2202」の対比もあってなかなかの読み応えです。

で、ジュリー関連は

 

そしてこちらには写真が

 

 

78年のはやりもの・・スライムとかなつかしいなぁー。

口裂け女もなんちゃっておじさんもめっちゃ話題になりましたっけ。

サンシャイン60もこのころだったんですねぇ。

 

・・って?!いやいや!そうじゃなくって。

見出しに大きく「ジュリー」ですが、記事には少なかったよー

 

でもでも、この写真はかわいい~

これはいつのどういうときの写真でしょう?

 

そうそう、書きそびれていましたが、

先日、BSプレミアムで放送のあった「アニソンベスト100」で82位にランクインしてました。

けっこう昭和・平成入り乱れたランキングでしたが、ベストテンは平成アニメが占める結果だったかな。

(テレビ版ヤマトの主題歌・歌ささきいさおさんは16位と健闘でした。)

これは毎日1回投票できるリクエストだったんだけど、私は「ヤマトより愛をこめて」の投票1回だけしに行って

あとは忘れてしまっておりました

もっと投票に通えば上位だったかも・・残念ですー。

 

 

で、記事のほう・・・あとは中ほどに監督と脚本家へのインタビューでそれぞれジュリーの歌のことちょっと触れてます。

監督・羽原信義氏のインタビューでは

 >第一章はエンディングも話題になりそうですね。

という問いに

「あの曲が流れますからね。今回も本当に音楽が素晴らしいんですよ。それに乗せて感情が高ぶる映像にはしていきたいですね。」

とわりとあっさり。

脚本の福井晴敏氏は

「『さらば』における愛の描かれ方は、今の感覚とは少し違ったものと思えるかもしれません。

たとえば沢田研二さんの主題歌(ヤマトより愛をこめて)の歌詞が象徴する通り、当時は『愛する人のためだけでいい』だったじゃないですか?

今、俺たちは一方向の愛を是とすると、軋みが出てくる世の中で生きている。---後略」

と、もうすこし踏み込んだお話あり。

でも短いわー。

監督さんも脚本さんもアラフィフ・・ほぼ私と同年代。

やはりこの年代の当時の子供にとって「ヤマト」はなかなり印象的なアニメだったよなぁー・・とか記事読んでてびっくりなことに気づきました。

羽原・・ってどこかで聞いた名前・・あれ?

そうだーー!

子供の小学校時のお友達のお父様。

そういえばアニメーターさんだったのを思い出しました。

ヤマトの監督さんとは・・すごーい 

ご活躍ですね。なんか嬉しいですわ。

観に行くのがより楽しみになりました。

 

いざ・・愛、発進!


あ!それと・・明日は「熱中世代」後編!

いよいよタイガースライブ場面が見られる~~っ??

(さわりだけ・・とかあるのかしら完全版をお願いしますー)

朝8時、忘れずに見なくては。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「夢二の秘密」から

2017-02-24 00:45:50 | ジュリー 映画

きょうは一日家におりました。

なかなか終わらぬ作業があって。・・あー、もう。

 

昨日夜中に、鈴木清順監督が亡くなったと知りました。

93歳だったとか。

 

清順映画といえば、私は「カポネ大いに泣く」「夢二」「ピストルオペラ」・・

見事にジュリー出演映画だけ見ております。

正直、ストーリーはよくわからぬ感じなのですが、独特の世界観と映像美は素敵です。

昨年はちょうど映画館で「夢二」を観ました。

家でDVDを観たときは綺麗は綺麗なんだけど、どうにも途中で眠気が

しかし劇場の大画面で見ると、その美しさはすごい迫力ですっかり魅せられました

眠気などぜんぜんこなかったのですが・・夢を見たかのように思える不思議な映画でした。

 

 

この「夢二」のメーキングビデオ「夢二の秘密」を久々に見てみました。

 

 

 

夢二の撮影は1990年10月に石川県金沢市でスタートした模様。

・・ということは27年前?

監督66歳、ジュリー41歳でしょうか。

 

 

 

  

ファーストシーンを撮りはじめて、険しい表情のジュリー

 

 

 

監督と話して笑顔が

   

 

 

監督自らも紙風船膨らませて・・

た~くさんの紙風船を打ち上げるシーン


これが

 

     

       幻想的なこのシーンになります。 すごい!


このメーキングビデオ、撮影のあいだの素顔の役者さんたちもふんだんに出てきてとても興味深いのです。

休憩中とか、リハーサル中とか、カメラに映らない部分のジュリーがすっごく魅力的。

今度アップしますね。

 

 

1991年、映画公開直前だと思われる当時のインタビューでジュリーが映画・夢二について語っている部分があったので抜粋。

 

「夢二に対して、特別な思い入れはなかったですね。ただ、その場その場では誠実に生きているつもりでも人からは決してそうは見てもらえないタイプの人間という気がしました。

脚本を読んでも、彼が素直な男に描かれてなかったし、そういったいいかげんな男を主人公にしたちょっとお行儀の悪い感じがすごく気に入ったんです。」

彼がイメージした、肩の力が抜けた夢二像がこの映画の魅力のひとつであることは確かだ。映画の中の沢田さんには、ヒーローでもなければ、アンチヒーローでもない不思議な存在感が漂っている。

「鈴木さんの演出は、小難しい心理描写は抜きで、俳優に自由に演技させるタイプですね。なにしろ何の指示も出さずに、『とりあえずやってみてください』と言われることもあるんですから、

いってみれば、鈴木さんは、手品師かイカサマ師みたいなもんです(笑)。今でもうまく騙されたなって気がしてますから」

 

 

 

ダンスシーンは撮影もにぎやか監督、いい笑顔です。

 

 

ラストシーン 薄の原の夢二。

ひたすら美しい夢のよう

 

 

 

 

清順監督、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の日 2017

2017-02-22 23:37:36 | ネコ

 

222 にゃーにやーにやーー の日。

久々のご登場

 

 

 

 

子猫のようにキュートだったり

 

サバンナのライオンみたいだったり

 

 

   まっすぐな視線は ひたすら美しい

 

 

 

 

そして

 

          

        

      

      

       奇跡の1枚?

       かくれんぼは天賦の才

 

 

ピノちゃん

モデル、天職だねー。

ほんと綺麗

 

 

ほんと・・

 

 

 

          味わいもあります

 

 

 

 ってことで、ひさびさの猫記事。
猫の日記念~
ピノちゃん、すばらしきモデルぶり!(撮影は息子です。)
 
 
猫とジュリーが好きとうたいながら
ブログは365日中360日ジュリーだけど
リアルは365日猫の日ですよー。

先日母に「猫とジュリーとどっちがかわいいの?」と聞かれ動揺してしまった。
母上、そこは「どっちが大事なの?」と聞くのがふつうでは

でも核心を突かれたようなw

 
 
 
 
ってことで、次回はジュリブロに戻ります
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加