きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

OLD GUYS ROCK NHKホール!振り返り~4

2018-09-11 20:20:28 | ジュリー ライブ

 

きょうは一日降ったりやんだり。

そして涼しい!

一気に秋めいてきたかしら。

 

一昨日の神戸ライブの様子があれこれ聞こえてきました。

立ち見もたくさんで盛り上がったんですねー。

そうそう・・昨年は初の遠征!ってことで神戸ライブに参加したのを思い出しました。

・・ぎりぎりになって「行かれない~」「いややっぱり行く~!」って感じでばたばたしたのだったわお恥ずかしい。

あのときも立ち見がいっぱいでした。

本日は愛知県刈谷市でライブ開催

良いライブとなりますようにー。

 

 

ってことで、NHKホール続き参ります。

 

 

若い時ちやほやされてサ、されないときもあってサ、いろんな目にあってサ、ずーっとくるとサ、

さーさー言ってるけどサ。(大笑い。サーサーしゃべりは昨年もどこかの会場でやってらしゃいましたが、かわいいんですよー

早く好きにしたい!って思うのよ。

ほんとは60でそういうの(二人だけのライブ)やろうと思ったけど、ずっと応援してくれてる人のためにもやっぱり沈んだままフェイドアウトするみたいにいなくなるのはなぁ、と。

 

60で最後の花火!って京セラ・東京ドームで80曲やって、次の年から好きなことと思ってました。

ここ(ステージ下手)に現れる鬼籍に入った人たちもそのころはお元気だったから、そういう人たちを呼んでお祭りみたいにやるのが業界の常とう手段だけど、僕はそれはいやだ、自分1人でやる!

ミュージシャンだってそう。今まで一緒にやってくれたメンバーと僕だけでやらなくてどうっするんだ!?と思ったわけです。

でもやったら想定外の人気がでちゃったー

欲しくても手に入らないのが人気。

PYGのときどれだけほしいと思ったか。あのときは「俺も終わりか。東京のどこかで野垂れ死ぬのか」と思ったけど、ひらってくれる人がいたんだねー。

   

   ・・・今年のツアーMC,そういえば関西弁が出ませんー。

   なんと神戸や奈良でも標準語だったそうです。

   ちらりとでた「ひらってくれる」にちょい萌え

 

鉄人バンドも体悪くする人が出たり、倒れる人がいたり・・鉄人じゃないなーと。

いつか別れることになるけどいつかな?で、50周年まではみんなで一緒にやろう。でも70歳になったら僕の好きなことをやらしてもらおう!と思って

用意周到に準備しておったのです。


    ・・なるほど~。だいぶ詳しく語ってくださいました。

    このあとはカズさんへの告り話ですが・・。

 

まずはカズさんに話さないと。 でも・・いきなり重くのしかかって立て板に水のように話して全部うけとめてもらうのは大変だから、

最初に話したのは今から・・・う~~~~~~~~~ん‥忘れた!

10年以内のずいぶん前です。はい。


    ・・「いきなり重くのしかかって」でニヤついたのは私だけではないよね~?ないよね~?

     で、う~~~~~~~~~~~~~~ん と溜めた後の 「わすれたっ!」が絶妙すぎて大笑い。

     もう1回なんかを「~~~~~~~ん、 忘れたっ!」って言ってたけど何をわすれたんだったか私が忘れました


カズさんからは1週間も経たず「やりましょう」と返事をもらって僕はどれほど嬉しかったか


   ・・うんうん

   OKもらったから、スケジュールを考えた通りに行くようにしなくては・・ということで


古希は武道館で始めて武道館3連チャンで終わる!

ふたりだからこそ、武道館で始めたい!そして終わりも武道館、それも3連チャンで!と言うのを考えたわけです。

なぜなら「ふたりだけ」だから。ふたりだけだから!

東京ドームだと大きすぎるの。

わかります?

武道館がちょうどいいのよ~。

       ここで特に大きな声で叫ぶジュリー!


「武道館は いい~~!

      ・・もう一声

NHKホールもいい~~!!」

      ・・あはは。さらに

「テレビで見るNHKホールもいい~~!!」

      ・・これにはちょっと苦笑い。

NHK・・広いよね。けっこう広いわ。歩いてみたら疲れたもん。」


     ・・こういう物言いがまためっちゃキュート

      

 

歳のこともあるから、目が悪くなっていくんです。

標識とか看板がぼやけて、眼鏡新調しなくちゃとかなってくるし。

いちばん大切なのは耳です!耳さえちゃんとしてれば・・いや、耳だけじゃないか。自律神経も三半規管も大事にして。 

音程取れないことには歌えませんから。それでみんなやめていかれる。 

どこまでできるのか?いまのところ80歳まで!

そのために、昨年は50曲やったのを今年は18曲って大胆な刈込してます。

最初は「あ、なんか物足りない」って思ったでしょうけどこれも長く続けるため。

よろしくお願いいたします!

     ・・拍手!歓声!大拍手!!

そんなわけで、貴重な相棒♪ギター、柴山和彦!

     ・・・カズさん登場に大大拍手!

 

ふたりで切磋琢磨してもっともっとみなさんに楽しんでいただけるように、もっともっとやんちゃに、自分を表現できるように

努力を重ねて重ねてかしゃね・・(と噛んで)、かさねて参りますのでよろしくお願いいたしますー! 

 

           ・・決意表明!80歳まで宣言ありがとうございますー!

     ぜひぜひ、お体大事にしながら続けていただければ!、なにも申し上げることございません。

     ついて行きます~!

 

 ってことでオマケも気合十分

ロッケンロールマーチは待ってましたの ダーーーッ! と拳上げ、

ヘイヘイヘイ!!!もジャンプしちゃった。

間奏のジュリー、華麗にくるくる~

盛りあがりに盛り上がったなぁー

エンディングのカズさんギターは圧巻の魅せ場 ギュイーンギュンギュンと聴かせてくれました。

そのカズさんを見つめるジュリーの横顔ったら あぁ~ こっちも幸せになりますわ

激しい拍手と歓声まだまだ聴いていたかった~~。

 

 

ホールに静けさが戻って、ラストナンバー。

ヤマトより愛をこめて

赤い照明が横に帯状に伸びていたステージが印象的。

ジュリーの声はラスト1曲にしてあまりに伸びやかで艶があって・・なんであんなに潤いがあるのでしょうか。

エンディングのギターの最後の一音まで愛おしんで・・

拍手が沸きました。

上手に、下手に、正面に礼をするおふたり。

ジュリーは向いた方向の1階席・2階席・3階席までじっとみつめてから丁寧にお辞儀されるの。

それがとってもあたたかで、またじーんときちゃったなぁ。

ラストコール

「ギター 柴山和彦!・・・ジジィでしたっ!」と来たら

 

ジュリ~~~~~~~~っ!!!

 

にっこり笑って手を振るジュリーがきらきらで

あぁ、幸せでございました。

 

 

 

 次の横浜までしばらく空いてしまいます。

はぁぁ ジュリ~~

 

コメント (8)

OLD GUYS ROCK NHKホール!振り返り~3

2018-09-10 02:09:00 | ジュリー ライブ

昨日は奈良、本日は神戸でライブでしたねー。

あちらは雨だったのかな?

でも会場内はめっちゃアツく盛り上がったみたいです。

なんと今日はステージ下手に加瀬さんと堯之さんがいらしたみたいですよー

関西二連チャン、なぜかMCはすべて標準語だったというジュリーさまですが、お元気でご機嫌だったご様子。

よかったよかった

 

 

ってことで、まだこちらではNHKホール振り返り中~。

 続き参ります。

 

 

アンコール求める手拍子は最初ばらばらそろわないのだけど、次第にぴったりテンポがそろって強くなっていくのがすごいよね。

あんまり速すぎるとお着換えしてるジュリーさま焦ってしまうかなと思って、はやる心を少し抑えたりして。

いよいよジュリー再登場~

 

 

お待たせしましたー

時間がかかってすみません。(・・ちゃんと着たかったんです、とか言ったような)

終わったものだと思って帰った方がいたら、いたしかたありませんー。

 

   あー、やっぱりとってもお似合いスコットランドの貴公子

   「冒頭にお話しした構想12年!」

   ってことで、今回の「出し物」に至るお話を語りだされました。 

 

18歳で売れて、そこから10年はアイドルをやり通しました。

物事には10年周期があるのかな?

ある年齢からライブをやり通そうと決めたけど大都市でに比べて地方での人気はいまひとつ。

「あのジュリーね」って、どのジュリー?

10年かかってやっと地方でもお客さん増えて。

ライブに来るというのはテレビを見るのと違って、切符を予約して会場に行かねばならないでしょ。

見たいと思ってからすぐに見れるわけではないし面倒。

このNHKに来てくれた人、切符はいつ手に入れたんでしょう?これまでよく気持ちを持続してくださってありがとうございます!

手っ取り早くない、面倒、デジタルでないこと、僕はそれが大好きなんですね。   

    ・・・チケットではなく切符と言うところが愛おしい

    そうですね。切符は3月ごろに申し込んでますからかなり前。

    でも、そこからワクワクが始まるのですよね。待つのも楽し♪

    テレビについてのこんなお話も。


テレビは出ない。僕が出たら・・大変でしょう~?(会場はちょっと笑い声。どういう大変?)

スポンサーに苦情が来るんですよ。(これには会場から「えーーーっ!?」の声多数)

なんで「我が窮状」とか反原発とか歌ってるやつ出すんだ?って。

だから出さないの。出されないの。干されてるわけじゃないのよ。

僕がもう出ないってことはみんな知ってるの。TV局の人もみ~んな。

でも、プロデューサーが替わったりすると、「ダメもとで一応連絡しよう!」とか思うかもしれないけど。そういうときはね、いろいろ思わせぶりなこと言った後ね、断るの。

(ね、ね、という言い方が可愛すぎました。で、にっこりして断るというんだから。・・これに会場が拍手!!)

それはなんの拍手?そんなことしなくていいと思うかと思ったら・・意外な賛同いただいて。表参道~!」   

    ・・必殺ダジャレまで出ました

    さらにテレビについてまだ語る。


テレビは40代をターゲットにつくってるわけです。

ときどきおためごかしに・・おためごかしってわかる?調べて見なさい。

な~んでもすぐに調べられるんだから。(と、スマホ捜査の手つき)

すぐ調べられるじゃん~。お・た・め・ご・か・しって。

TV番組に)おためごかしにちょろっと入ってたりするけど、朝の早い時間ぐらいしか僕らの出る余地ないんだよ。

だれが見てるの?じじばばばっかり。   

    ・・・「調べられるじゃ~ん」がめっちゃ可愛かったですわ。

     朝早い時間にやってるじじばば番組って何でしょう?

     で、還暦宣言のお話。

     

還暦になったとかいうのはじじぃを宣言するようなものだから芸能界ではいいたがらない節があるんですね。

言ってみれば僕みたいなタイプの歌い手は言わない。

でも僕は言うの(にこっ)

だって若いころから売れちゃってさ、もういーじゃんと思ったのよ。

 

泉谷は還暦宣言したでしょ。池袋の映画館・・文芸坐とかで(新文芸坐のこと?)60曲オールナイトでやりやがったの。

僕の好きな吉田拓郎っていう人。・・言わないじゃーん。古希過ぎてるけど。うちの兄貴と同じ歳だもん。(ここだけの話誕生日も同じ、とも。ジュリーが小さい声で言ったので小さくかいておこう)

吉田拓郎とは・・メル友♪(おぉ~!の声多数)

布〇明・・言わないじゃ~ん。

〇木ひろし・・言わないじゃ~ん。

おいら 言うじゃ~ん。


   って、もう~!どんだけ可愛いんだ

   拓郎さんとはメル友発言!

   これって、数日前?に拓郎さんがご自分のラジオでも話されたんですよね。

   「暑いね〜とか寒いね〜とかメールやりとりしてる。この間も「今おでん屋で旅の宿がかかってますよ」とメールをくれたりして…」なんて!

   以前拓郎さんのテレビ出たときは拓郎さんの熱度がすごくてジュリーは引いてる気がしたんだけど、ずっと仲良しされてるのねいやん。

   お話絶好調!

   まだ続きますー。

  

 

コメント (5)

OLD GUYS ROCK NHKホール!振り返り~2

2018-09-08 22:46:33 | ジュリー ライブ

 9月に入って1週間。

そのわずか1週間の間に巨大台風と大きな地震があったなんて・・。

どうにも恐ろしすぎます。

どうか少しでも早く復旧が進みますように。

 

北海道のkakoさんからは無事を知らせるコメントいただきほっとしました。

今月26日は真駒内でのライブ。

心待ちにされてるみなさん、無事に参加できますように。

 

 

NHKホールから3日経ってしまいました。

本日は奈良にてライブ!いかがだったかな?

振り返り~、急ぎます。

 

 

 

「ごゆっくり!」

と始まった 「お前なら」 

めっちゃいいお声だったなー。

ジュリーの作曲は独特の、ふと気持ちを不安定にさせるような不思議な音階が出てきますよねー。異国風ともいう?

この日は高音のシャウトが掠れ気味・・(それもよいけど♡)それをパワーでねじ伏せるボーカルがすごかった。

 

FAPP カズさんの歌うようなギターがイントロから炸裂。

手拍子はみんなしないけど「バイバイAPP」はバイバイと手を振るフリあり?

これはやったりやらなかったりしてしまってます。

 

あなただけでいい 情熱的でくらくらするほど色っぽいジュリーの声にお約束の腰砕け

 

風は知らない こちらは心落ち着くさわやかな旋律。

アコギの音色好きなので こういう曲ももっとやってくれたら嬉しいなぁ~。

 

雨だれの挽歌 赤いカズさん、青いジュリー。

さらにステージ床に細い光が落ちていくのが降りしきる雨のようです。

重厚さと切なさ、そしてやっぱり色気ですよねぇ

こんな声でだれも歌えない。

しっとりと名画の余韻。

 

ISONOMIA  

この曲のジュリーはほんと神様。力強くて美しくて。なんて圧倒的な存在感!

・・・自然の底力はなにより凄い 

ほんとうですね。時に、その力の前に人間はなすすべがない・・。

ゆたかな海ー (ワンダフォー)( )の歌詞一緒に歌いたいなー。

まっすぐ腕を伸ばしての手拍子!がんばりました。

 

我が窮状 このときだったか?歌う前に髪を横に漉いて汗をぴしゅっと飛ばすしぐさ。めっちゃかこよかった

あれ?片肌脱ぎはここだったか、次だったか。記憶怪しい~。

声のトーン、歌唱とも最高に男前です。

ゆるぎない歌の力に感服。

 

「新しい歌をやります。3月11日に出しましたOLD GUYS ROCK。

つらつらとお届けします。」

 

スクリーンに深い森、大きな屋久杉。

屋久島MAY 神話の世界に迷い込んでしまったような。

カズさんのフゥ~~は、森の精霊ですよ。

時を忘れさせます。

やはりジュリー作曲は不思議な世界に通じてる。

 

ロイヤル・ピーチ もももももも

甘いのです。とろける ジュリーの「も」がいっぱい。

哀しくもありながらやさしくて華やかで。

もう~ はなびらが はなびらが ・・照明も華やかで見惚れたなぁ。

「きみの笑顔は もも」のアカペラ部分・・わかっているのに毎回「はぅ・・」となってしまう。

 

ガラリ変わって・・暗雲立ち込めて不穏な稲妻の走る 核なき世界。

ロックにとがるジュリーの語尾、低い「いいねぇ」がかっくいいのよ。

逃げおおせても~~~っや~~~~~っ!!

 

粋なワッショイ!

床に踊る光は意外にもカラフルな水玉?でした。

おどけてワッショイ! 弔いワッショイ!  のあとの追っかけ「ワッショイ!」はやっぱり皆さんしないのね。

ひとりでやってしまったよん。

 

しかし‥新曲4曲、どれも好きすぎるー。

なんというか・・ジュリーとカズさんの絡み(声とギターのね)が粋で色っぽいんだもの。

ジュリーとギターだけの曲として産み落とされた曲だから当然なんだろうけれど、その演奏ゆえのよさがいちばん発揮されてるんですよね。

う~ん。素敵だ

 

余韻に浸る間もなくジュリーさま先導で手拍子!からのACBは景気いい~!踊りだしたい踊ってしまう

・・新宿は明治通り~の道案内は宙に指で描かれてました。

あのエロス道案内は和光限定だったかな?得しちゃった

 

「今度はみんなも歌うのだぞ! ダーダダダーダダダーダダ♪ ・・わかるのことあるね?」

かわいいったら

もちろんわかりますとも!待ってましたーとばかりにダダダ大合唱♪

マンジャーレカンターレアモーレ

「自慢の君がいる~」はもちろん全員ジュリーを指さします

ジュリ~めっちゃ楽しいです~

 

めっちゃ盛り上がったあとの静寂・・・

そして Don`t be afraid to LOVE 絶品です

ことに間奏の おぉ~ すごい色っぽい。なのに呼吸のようにごく自然なの。

(ジュリーは呼吸すら色っぽいものね)

素敵すぎてため息しか出ませんー。

はぁぁぁ

 

 

続きますー。


ところで・・昨日、過去のコメントを追っていて過去記事についたコメント一件気づかずにいたのを発見!

うわー、ごめんなさい。

今更なのでもうここお読みでないかもしれませんが、お返事しました。

・・akatsukiさん、失礼いたしました。




 

お披露目見に来てくださった方のバック

古希祝いの気持ちがきらり

 

 

こちらは名前にちなんでいただいたお土産粋ですー

 

 

そして・・

我が家にかわいいスコットランドパブ店長がやってきたー♪♪

ローケンロールマーチ

 

 

コメント (6)

OLD GUYS ROCK NHKホール!振り返り

2018-09-06 21:32:34 | ジュリー ライブ

昨夜は夢のような時を過ごし、ジュリ友さんたちとアツく語り合ってすっかりご機嫌の帰宅。

いつもより飲みすぎたかな・・という酩酊でブログもなんだかふわふわと。

失礼いたしましたー。

 

で、今朝、ふわふわ気分抜けきらぬまま・・PCの立ち上げとテレビつけるのと同時にしたら、

テレビから飛び込んできたのは北海道の大地震のニュース・・!!

え?震度6強??北海道全土停電??

 

つい一昨日の強力台風通過でその被害の大きさに慄いていたら、またもそんな大きな自然災害が。

いったいどうして。

想定外、といわれるような甚大な災害がこうも立て続けとは・・。

停電、断水。少しでも早くライフラインが復活しますように。

いくつもの地滑り跡が映るテレビ画面。苦しくなりました。

北海道といえば・・kakoさん、大丈夫でしょうか。

 

 

こんなときに・・とも思いますが、ライブ振り返り書いておきます。

記憶が確かなうちに少しずつ。

 

NHKホール、満杯だったと思います。

3階の端っこからすべてを見下ろそう・・と思っていた昨日でしたが、ジュリ友さまのお導きで私の席は2階まんなかあたりに。

なので3階の様子はわからなかったのですが、下から見上げたというジュリ友さんの話では2階・3階ともに満杯だった模様。しかもみんなアツイ

私周辺もおおいに盛り上がり、拍手も手拍子も元気いっぱいでした。

 

スクリーンショーのあと、きらきらと現れたジュリーに大拍手!

ほぼ真正面にジュリーです。

まさに頭のてっぺんから足の先までよく見えるし、舞台の端から端まで見えるし。

そう!なにより、二人だけを乗せた広~い舞台が全部見渡せるお席でした。

そこで実感したのが・・・ほんとにほんとに、すごい照明なんだなぁー。

あれは全貌が見えてこそ!素晴らしかったわー

これはまた後ほど。


カサダンの水噴きも 絶妙の勢いと角度で宙を舞うきらめきがばっちり~。

デリケイではみんなの手拍子のそろうこと!この一体感!気持ちいい~デリケイ!デリケイ!の声も力強く!!

ばっちりぴったりでした。

 

会場のアツさが伝わったのか、ジュリーも最初の挨拶の第二声が裏返ってました。

「ありがとーね!・・あ~りがとう~(上ずる涙声?がかわいかった)」

 

「 昨日の大風でよく吹き飛ばされずに よくNHKホールに来ていただけました!ありがとうございます!

もう・・すごかったね。 もう、うちの中にいても吹き飛ばされそうだったよ。

ほんとに・・台風が行ってるとこ(直撃のところ)はどれほどなんだろう!?と。

だけど・・最近おかしいな?おかしいよ。台風からだいぶ遠いこっちのほうまでなんであんな大風が吹くんだろ?」

まったくです。

今回は今までにない大風が吹き荒れた台風でした。

実際、昨日も風はびゅーびゅーすごかった。

日にちが一日違ったら、開催むずかしかったかも。

開催しても来れない方はたくさんいらしたでしょうね。

「大風になっても、大雨になっても僕は絶対外に様子見に行きません!

もう年なんだから、なんかできるなんて思わないほうがいいですよ。ほんと!うちの中でテレビ見てるのが安全です。」

たしかに・・あぶないです。

 「今回の出し物、構想12年。詳しくはのちほど。この物好きなライブに参加してくれる奇特な人でございます・・柴山和彦さん!」

ジュリーのこの呼び方も好き

そして・・舞台にはほかの出演者もいるかも?!というお話。

「なんでこっちに偏ってるのか(向かって左側スペースあいてるのを指して)・・ご存知ですか?」

「ここにはお亡くなりになった方が随時登場されるんです。見える人には、見えるんです。・・どうぞ最後までごゆっくり!」

残念ながら私は見えない人なので昨日どなたがいらしてたかはわかりませんが・・豪華なメンバーがいらしてたのかなぁ?

 

 

続きます。

 

 華やかなる競演、ふたつ

  

 

 

 

こちらはおみやげにいただいた素敵チョコレート

 すみずみまでジュリー

 なんともおしゃれ

 

 

 

コメント (8)

行ってきました!OLD GUYS ROCK NHKホール!

2018-09-06 01:20:24 | ジュリー ライブ

毎度。真夜中の更新ですみませんー。

NHKホール行ってきました

そしてしばらくライブ参加がないなぁ~ってことで打ち上げてきました

気分は上々でございます~。(けっこうご酩酊)

 

 

本日は、限りなく天井に近い席からの予定でしたが、直前になってお譲りいただいた2階席へ移動!

Sさん、ありがとうございました!

とっても見やすい通路側席・・じっくりばっちり鑑賞出来て気兼ねなくノリノリで絶叫もしちゃいました。

 

本日のジュリーさまは、いろいろ・・かわいすぎました

カズさん口説いた日を「え~~と~・・・わすれたっ!」とか

「おためごかしですよ。おためごかし・・意味は調べなさいー」とか、

「ご賛同いただけるとは・・表参道」なんてダジャレやらいろいろありましたが総じてかわいかった~。

歌うとばっちりかっこいいのですが、なんなんでしょうか。あの方は

 

 

 お披露目お寄りいただいたたくさんの、皆様ありがとうございますー。

大盛況でうれしい悲鳴


  

 

ジュリー・コネラナイ様大集合!

お披露目場所には出なかったけどOSAGEさんの小さなジュリーさんも

 

  

人混みが空いたときにささっと撮らせていただきました

 

ハロパンさんの研ちゃんと おけいさんの刺繍も途中参戦刺繍の原画はおプーさん。

 

 

 

細かなことはのちほど。

 

 

 

コメント (6)