きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

50周年記念ライブ NHKホール1.25前楽 振り返り~2

2018-01-30 22:07:51 | ジュリー ライブ

きょうも寒かったー。

そして夜はもっともっと冷えてる~。外は冷蔵庫状態。

・・と思ったら、また明後日雪が降るって!?

うっそ~~ん

我が家の周りはまだこの間の雪に囲まれているのよ。

このうえまだ雪が積もったら・・。永久凍土??

早く溶けてくれ~~。


で‥今さらですが振り返っております。

25日の楽前後半ですー。


なぎシャラも席の狭さで踊るのはあきらめて、手だけ踊っておりました。

スクリーンが上がってジュリー登場


「笑っていただけましたでしょうか?」

TGデビューからの50年史をまじめに語られる雰囲気?でしたが・・

「デビューして日本一の人気者になったタイガース。その中でも私はいちばんの人気・・」

と、おっしゃって「ただいま、不適当な発言がありましたことをお詫びします」と、片膝ついた王子様ポーズ

そう~!この日はこの「跪きポーズ」がポイントでした

ジュリーおっしゃる「自画自賛、我田引水、手前みそ」な自慢話が出るたびに何度も跪いてくださる大サービス

あぁ~、このポーズがこんなにも似合う69歳日本男児がほかにいるでしょうか?

具体的に「どんな?」か見たい方はsabaさんちに行ってくださいませー。かわいいじゅり爺が跪いてます

「どうしても自慢話ばかりになってしまうので、ずっとこの姿勢で話しましょうか?」とお澄ましでおっしゃりつつ

「でも年寄りにはこの体勢とてもきついです!」とすぐ申告立ち上がり。

順風満帆ではない人生だけど~、と

どの話をしてもぜんぶ自慢話のようになってしまって・・」と三度跪き

「NHKホールのこの時間は、私におまかせいただいて!」と立ち上がり。

わわわ。こんなに跪いたり立ち上がったり、すごい運動量。

だったら間奏明けの「そのキスがほしぃいい」で一度跪いてほしかったなぁーなどとも思ってしまったけど。


レコード人気が復活?なんていう話の流れから

「ベビーブーマーのわたしたちはすべて還暦越えのジジイとババ・・(と言いかけて)あ!!今、たーいへん失礼な発言があったことを平にご容赦!!」と跪き深く深く陳謝

ババァは禁句でしたか

言い直した言葉が「老人女子」 初めて聞く単語です。

・・老女とか老婦人は品があるけど、かなり年寄りっぽいもんねー。「老人女子」はいちおう女子なわけだし。

・・いやいや!ファンはみんなジュリーの前では今もほんとの乙女よ~

それはさておき何度も売れちゃったジュリー。

レコード売り上げ枚数の記録があったこともあるけど・・

「いまやただのもとタースー」

会場、ん??

「ユー アンダスタンド イット?元スター

なんだかノリノリトークなジュリー様。

年齢を重ねて行き成長し・・「50年経った今日、成長し大きな男になったのであります。」と立派になった体型のネタも。

「亡き父にも京都会館で あんた、えらい大きゅうなったなぁ・・と言われました。。さすが沢田松雄!太ったとは言わない。そこが愛情というもの

あぁあの美しいお父様ですね。何を隠そう、お父様ファンでもあります ほんと美男子親子だもんねー。

そこから見てくれの話・・

「僕は見てくれなんて気にしなくなった。ほんとです。ほんとですよ!だって、僕には証拠の物件がいっぱいあるんです!

若いころのそれは私が言うまでもなく一目瞭然。・・ふっ ればなーるほど、と言われるのでありました。」

証拠物件の数々・・はいはいあんなんとかこんなんとか

あー、だったらこの50周年ツアーも証拠残してほしかったのですが。

「売れなくなっても堅気になれると思いますか?・・できるわーけがない!そんなことできるのタカギさんだけです」

ここで会場は???

「間違えました。タカギ・・カタギ!カタギさん。・・・わかれよ!」とダジャレ解説と突っ込み入りました。ますますノリノリ~w

さらにはこれからの目標!として「なにをいっても許されるジジィになります!みなさん覚悟してください!」

この発言に拍手しつつ・・あら??今までは??という疑問符が会場にいっぱい飛んだような気がしますが~。

と、ここまではたくさん笑わせてくださったけど、このあとは売れなくなってやってきたこと、考えたこと。

地方の会場はいっぱいにならなかったけど、とにかく歌い続けたかった。そのために「一生懸命歌う」ことを続けたこと。

かっこつけて余裕見せるほうが似合ってそうだけど、そうではなく「一生懸命歌う」ことを何年も続けてようやくどこの会場もいっぱいになるようになったと。

そして80曲歌った還暦のお話。

メンバーは81曲の演奏でさらにへとへとだったこと。

この還暦コンまた人気が少し出て、

「いっとき紙袋をさげた人たちがサインくださいーとか駅で待ってたけど、ファンならそんなことしない!とご存知のはず。

それも最近はなくなって。ばんざーいですよ!だけどどふたを開ければ会場いっぱいのお客様!!これが理想ではありませんか?!」

メディアにも出ずこの満員のお客!ですものねー。

駅で握手する・・とかは

「したい人がすればいいんです。おいらはヤ~だよ!」

なんだそうです。

うふふ この言い方が駄々っ子ぽく可愛すぎて笑いましたわもー、このジジィさまは。

「来年は(今年だよー)70歳!好き勝手に言いますから!・・!」と、ここでなんか演じた?セリフは落語の一節だったらしいのだけど、全然わからなかったわー。

ジュリー様のギャグはダジャレから落語まで幅広すぎ~教養ないとついて行けないのね。

しかし最後には

「今は全国どこに行っても会場いっぱいのお客様の前で歌うことができております。

歌い手にとってこれ以上の喜びはありません!それはこうして見守ってくださった皆さんのあたたかいご声援のおかげです!」

と真摯なお礼。

ご祝儀のお礼、さらにこれからも歌い続けます!よろしくお願いします!のご挨拶。

さらに「古希のほうが50周年より派手に祝いのステージをやります!舞台は整いました!」と高らかに。

これに「お!いよいよ日程発表か??」と身を乗り出ししーんとした会場。しかし

「・・・細かくは明日。」

「ええ~~?」の声。そうよね。明日は来ない方もいるのにー。焦らすなぁ~。


ここでバックバンドのメンバーが最後です、のお話が。

「このメンバーの演奏は明日が最後になります。」

「今まで僕を支えてきてくれたたくさんの人に心よりお礼を言いたいですし、長い間鉄人バンド・・それ以前からも一緒にやってくれたメンバーにお礼を言いたいです。

みなさんにもメンバーに大きな拍手をしいていただきたいです」とメンバー紹介。そしていよいよ

「50曲目です。」

ううう

これはじーんと来ちゃいますよ。

「できるならもういちど」からジュリーの声もうるるる・・

だけどとってもいいお声で情感たっぷりに歌ってくれて。

あぁ‥この演奏を聴けるのもあと一回なんだ、と思いながらもしっかり聴き惚れました。


歌い終わって深い長いお辞儀。そして会場全体をやさしく見渡すジュリー。

上着を脱いできちんと小脇に抱える姿がまぶしいなぁ。

 

最後に大きな「ジュリ~~~~~!」を叫んでこの日は終了。

・・さぁ、いよいよラスト1回です

 

 

コメント (2)

50周年記念ライブ NHKホール1.25 前楽 振り返り~1

2018-01-30 00:01:35 | ジュリー ライブ

はぁぁ・・

 

終わったんだなぁ

 

などと今更感慨にひたっているきんぴらです。

ううう

ジュリ~~ カズさ~~ん

千秋楽はもう3日(いやすでに4日?)も前のこと・・なんですよね。

なんだかまだ昨日のことのようにも思えるし、3日よりももっともっとずっと前のことのようにも思えちゃう。

楽しくって素晴らしくってドキドキときめいて爆発して、みんなで笑って乾杯して

朝からびっちり予定を詰め込んだ欲張りな1日は忙しくも楽しすぎてあっという間で。

ことに、ライブのきらきら感はまさに夢の中のことだったみたい。

 

 

いやいや。

あの汗びっちょりで跳ねまくり叫びまくったひととき!あのアツさは夢・幻なんかじゃありません。

あのすごい歌声、あのサウンド、しっかり体感した地響きのきゃ~~!

夢・まぼろしと忘れてしまうのはもったいなさすぎるよ~!!

 

ってことで、だいぶ出遅れましたが思い出せる範囲であの感動の1日を振り返っておきたい、と思います。

まぁ振り返るための時間はたっぷりあるのよね。

なにせ次のジュリーライブまで5か月と1週間ほどあるんだも~ん。

・・ぐぐぐ、長いぞ。

 

ならば、大楽の前日・25日のことも(さらに記憶があやしいけど)ちょっと振り返っておきましょうか。

すぐ翌日に大楽でいろいろ記憶がかぶっちゃってるんで、さらっと簡単に参ります。

 

では、1月25日・・前楽振り返り~


「大寒波襲来!」との予報のなか、行ってきました、ひさびさのNHKホール。

11日の初詣以来のライブ!2階真ん中あたりからの鑑賞。

ファンのほうは17日の大阪でのバンド解散発言を聴いてるから、なんともしんみりというか不安というか、複雑な気持ちがあったのではないかと思います。

もちろん私も。

開演前にはいつものようにお披露目もしていたのできゃっきゃとしていたのだけど、いざ席についてひとりになったら急にドキドキしてきちゃった。

 

そして始まるステージ。

スクリーンが上がるのも待ち遠しく、・・イントロが鳴り響くと私周辺は一斉に立ち上がり!

サイドとバックの髪がすっきりした男前なジュリー様。(前髪はぱっつんな感じでしたが)

2階だけどしっかり「きみのー!」とまっすぐ指さしをいただいて「きゃーーーー!」と最初から絶好調。

そうです。始まったらあれこれうだうだ考えてる余裕はなくて。だってジュリーの歌はこの日もすごいのだもの。

「お待たせしました3度目の渋谷です!寒波の中をよくたどりついていただきました」

はい~。

ちょっと日がずれていたらあの関東大雪の日!ってこともあったわけだから、寒波とはいえ無事に電車が動いてこられる日でよかったわー。

「会場いっぱいのお客様に歌い手としてこの上ない幸せを感じています」

「最後まで上機嫌でお届けします!」

とテンポよくご挨拶の後メンバーコール。

夏に始まったこのツアーもこの日でラストワンを残すだけ。

50曲のセトリもようやく順番が頭に入ったけど、何度聴いても新鮮味が薄れないのがジュリーのすごさ。

お声の調子も11日よりずっとよくなって、艶めかしくもド迫力、センシティブでいて大胆で。ばっちり酔わせてくれました。

いつもお気に入りのGREEN BOYはもちろん、この日はサムライがことのほか色っぽくかっこよかった

極上の「あぁぁ!ああぁ!」にしびれました。

甘い 巴里にひとり の後のご挨拶「メルシ ボクボクボク フランス生活長いから」となぜか標準語。

そしてこの日は曲の速度がスピーディー!

ロックなナンバーはとっても疾走感があってよかった~

ヘアスタイルも汗に濡れるにしたがってかっこよく変化。

どのあたりだったか、横分けっぽくなったのがすっごく男前だったのよー(ダーリングでぐしゃぐしゃにしちゃったけど)

前半最後の盛りあがり 勝手~LOVE LOVE LOVE

あのかっこよさ!!ほんと恐るべき69歳、ロックなジジィさま

アリフのゆらめく色気にドギマギ。野性を呼び起こせ・・のあとのシャウトにクラクラ

STEPPIN STONESの肉を躍らせ激しくはじける姿にワクワク心お躍らせて。(この日は席が狭くて一緒に跳ねるのは無理だったけど)

CHANCEのシャープなかっこよさときたら・・はう~~っ

 

気が付けばセトリは半ば。

「時はあまりにも早く過ぎゆく・・」とお決まりのMCから、

「タロー君がなんでそんなに短いの?って」

毎度可愛い「帰れまテン!」

そして「サクサクいきましょー」

このMCのかわいさとあまりにギャップのある 灰とダイヤモンドの男前ぶりがお見事すぎてまたやられます(野生のシャウト入りでした)

しかもここから声がさらにどんどん若返っていくという不思議。

若い・・というのとも違うのか。なんというか深みはそのままに透明度と艶が増していくのね。

TOKIO~SPLEENはひたすらチャーミングだし。

それとこの日のジュリーは、このツアーで観てきたなかでも特に動きのキレよく、今までとはちがうフリとかも入っててトリッキー。

思わず「おぉ!」とか身を乗り出しちゃう場面が多々ありました・・が、それがどこだったかあまり覚えてないんですー。

かっこいいのもかわいいのもたくさんあったんだけどなぁ。

麗人のカスタネット叩く手の動きとか、忘却の天才はいつも可愛いけど振り返りのところとかすごいキレキレだったり。

当然ポラガもいつもよりパワーアップ!

「ウォ~~ォ ポラロイド・ガール」のあとに「バイバイバイ」とか入ってました。

ISONMIA明けMC。

「今の新曲ISONOMIAでちょうど40曲終わりました。長いですねー。」と穏やかに言った後、

急に「う~ぐぐぐ、う~~!」って声出しつつふるふる体を震わせるというなんとも??なアクション。

トイレ我慢してる?みたいな?謎だけどめっちゃかわいかったわ

「サクサク行っていいですねー」と41曲目に。

いったいあの声はなんだったの??と謎でしたが、大阪でもやったみたいな?

 

さぁ!残り10曲ゾーン・・ここの弾けっぷりはもちろん最強!

シーサイドバウンドではシャイなファンも思い切り「ジュリ~~~!」と叫べるサービス。

3度目ぐらいから「ジジィだぞ!」と煽ってきたけどやっぱり「ジュリ~~!」と叫びます。

愛待ての「きゃぁ~~~!!」はNHKホールを揺るがし、ジュリーのその場高速走りに萌え萌え

ダーリンユーの指差しもも無理やり自分の!ともらって「きゃーきゃー!」

マーチの「ヘイヘイヘイ!」も跳ねたいのを我慢して拳ふりあげ・・

お待ちかね~の そのキス!なんであんなに色っぽいの?指を振るその姿のかっこいいこと!

間奏明けの「そのキスがほしいぃぃ~~!」に大絶叫の「きゃぁ~~!」の応酬。

熱狂のあとに歌われる 永遠に の神々しさを噛み締めて本編終了。

 

 ・・あ、簡単にとか言ったのにやっぱり長い。

続きますー。

コメント

行ってきました 50周年記念ライブ NHKホール 大千秋楽 その2

2018-01-28 02:06:06 | ジュリー ライブ

昨夜は「え?今何時?」という時間に更新し、驚かれたかたもいたみたいなんですが・・

すみませんー。

久方ぶりにけっこうきこし召しての帰宅でした。

とにかくすご~~く欲張りな一日でございました。

午前中からアルディーズさんをお訪ねし、午後から各地のジュリ友さんと逢い、開演前には華やかなお披露目に同行し、本編終了後にはこの楽しきツアーの最後をたくさんのジュリ友さんたちとお祝いして。

帰りの電車が遅れたのもあって深夜に帰宅・・それからあれこれ片づけ、猫様のご機嫌をとり、たくさんのありがたきいただきものを並べたりしたのち

「やっぱりなにか書いておきたい・・」とPCに向かったのはいいけどもう~あんな時間で。

朦朧としながら書いたら写真は間違ってるわ(前日と同じの載せちゃった。直しました)、ライブの様子はよくわからない文章だわ・・の。お恥ずかしいかぎり。

だけどアップしてしまった。

今朝は娘が早出だったから一応起きたのですがどうにも二日分の寝不足+ちょっと二日酔いでグロッキ~

 

で、復活~!(夕方やっと)

・・まずはやはりあの素晴らしきライブを体験できた喜びを書かなければ・・ですね!

うん。ほんっとに素晴らしい、アツいライブでした。

このツアー、行くたびに最高が更新されていつも幸せ度もアップしていたのですが・・なにせファイナル!

聴く側の気持ちも気合が入るし、バンドメンバーが最後と聞いている気構えもあったりして。

ツアーの終わりが淋しいのはいつものことだけど、今回は現バンドメンバーのお別れもあってもっともっと淋しい気持ちで終わってしまうかもという危惧があったのですが・・

ジュリーはすごい!ほんとにすごい!

1曲目から漲る気迫

どこまで伸ばすの??という声の伸び。

キレキレのアクション。

ロックなシャウト、とろけるような艶の声。

変幻自在でありながらつねに「ジュリー」たるジュリーの歌、存分に聴かせていただきました。

昨日はジュリ友様のくじ運のおかげで、NHKホールにて初めての1階席。

左サイド(依知川さん側)から斜め顔を眺められる肉眼鑑賞可能席。

・・でもちょこっとオペラグラスも使わせてもらいました。

しかも「踊るなら通路側にどうぞ」と通路側の席をいただいたので飛んだり跳ねたり思い切り弾けちゃいました

最初は「あぁ!きょうで最後!」という緊張感からちょっと集中しきれないところもあったのだけど、

怒涛のロックなステージに思い切りの「きゃぁ~~~~~」と「ジュリ~~~~っ」を叫んで参りました。

もう~後半は汗びっちょりだったー。あぁ!楽しい!嬉しい!

愛待て~そのキスの「きゃぁああ~~~~~~っ!!!!!」は会場全体が地響きにゆれるかのようなすさまじさ!

みんなのあつあつなハートがジュリーめがけて降っていき、ジュリーはそれに応えてますますかっこよく情熱的に歌い踊って

あのジュリーと客席の応酬はやはりファイナルならではの格別のアツさがあった気がします。


そしてMCではお茶目に笑わせつつも、「やみくもに一生懸命」歌い続けてきたお話、還暦コンの話でジーンと来て・・

楽前に比べると真面目モードで語られていたのですが

「あの、若さと美貌の沢田研二が69歳で歌っていようとはだれも想像してなかったと思います」

「来年は70。(今年だけどね)70まで生きるなんて思いもしませんでした。もっとみじめったらしいだろうと思っていました。

それが・・なんのこれしき!まだまだいけるじゃん!まだまだ声出んじゃん!!」

この言い方がもう~~っ!愛さずにいられないジュリーの真骨頂

なんでこんなにもチャーミングなでしょう?この方は。

そして真摯な感謝の言葉。

さらに満を持しての古希ツアー日程発表式!!

「古希の舞台は整いました!発表します」と晴れがましい堂々の口調。

ここで・・ポケットから紙を取り出して発表する様子がね、これまたとってもかわいい。萌えでしたわ。

一か所なんか間違えて「・・チャウチャウちゃう・・間違ってるがな」とかおっしゃってたのとか嬉しすぎた

「2018年・2019年古希ライブ、スタート・・七月六日金曜日、日本武道館!」

朗々と読み上げる声も誇らしげで、

それにしてもまぁーほんっとにエネルギッシュ!

とどめは1月の武道館三連チャン!全国の8大会場(武道館は4回、大阪城ホールは2回)12回のライブ、それに加えて他64公演。

え?え?ええええーーーーっ!!

ほんと、ジュリー様。古希は50周年より派手って、会場規模もライブ回数もめっちゃ増えてる!!

これは・・淋しがってる場合じゃない!

しかも

「入場料は据え置き!太っ腹だよ!」とお腹をぽん!

「太っ腹だよ!」

大事なことだから二回言ったのね あぁ可愛すぎた。

とか思ってたら

「この歳で日本武道館三連チャンだぞぉ~!やっちゃうんだぞぉ~

って・・さらなる萌え爆弾

どんだけ萌え殺したいの!?

っていうかわいいいおっしゃり方。かわいくてかわいくてかわいくてかわいくて

ここがまたどうにもこうにもジュリーさまの凄いところです。

この晴れがましい発表の後、バンドメンバーとのお別れのお話に。

「メンバーが作ってくれた曲は僕の大事な宝物。」

・・って。

メンバーの皆様もぐっときたでしょうね。

とくに「「グレースが書いてくれた詞が僕は大好きです」

って。

ほんとうに素敵な詞がいっぱいですよね。私も大好きです。

繊細でいて大胆で美しくて強くて。

ひとりひとりのメンバー紹介にも大きな拍手と歓声。

私もはじめて「グレース~!」と叫んでしまった。

メンバーへの拍手はなかなかやまなくて、このあとに歌われた「いくつかの場面」は強烈に心に響きました。

この曲の演奏の時、グレースは全然顔をあげなかったみたい。

位置的に私のところからはシンバルに隠れがちだったのだけど、長い髪でうなだれたような様子が垣間見えました。

ジュリーの目にはきらきらと涙が光って見えて。

昨日は特に大きくいっぱいに腕を広げたくさんの愛するものを抱きとめようとしているかのようでした。

会場のファンの愛も、会場には来れなかったけど遠くからその想いを飛ばしているファンの愛も、きっとぎゅ~~~っと抱きしめてくれたのだと思います。

ジュリ~~~

 

歌の後、再びのメンバーコール。

そして「記念撮影に入りますー」とジュリー。

おぉ!これが例の・・「みなさんも写りますよー」っておっしゃたけど、1階とはいえ左サイドだからなぁ・・

とか思いつつ手をあげてみたりして。

このとき客席に向けたジュリーならびバンドの皆様のお背中がとってもかわいくて。

(無論ジュリーはひと際可愛い素敵なヒップラインも見れたし~

なかなかみられる光景じゃないですよねー。

何回もカメラ替えてスタッフの方が高いところから撮ってましたが、お写真の公表はあるんでしょうか。

澤会さま、アップしてくれないかしら?

今後のバンドについてはなにも言及されなかったのですが、それもインフォメーション待ちかな?


ラストのラストは

「関東一本締め!ご唱和願います。 よぉ~~~おっ!」の音頭に会場一体の手拍子が響きました。

ステージを去っていくジュリーはなんども手を振って。

左サイドの幸運、ステージから消える最後の一瞬の横顔(アンプの陰に入っていくところ)が見えました。

しっかり前をみつめてちょっときびしくも見えたような。きりっと美しかったわ。

ジュリーはまだまだこれから新たな冒険に出るのですものね。

 

 

 ジュリーを愛するひとたちが全国各地から様々な障害乗り越えて集合したラストデー。

大雪や病気、家族の状況、他さまざま事情があって参加したくても参加できなかった方もたくさんいらしたことと思いますが、想いは届いていたはず!と思います。

だって、ジュリー様ですもの。

愛の電波はどこでも届くし


 

 

で、私も記念撮影~

昨日お会いしたジュリ友さんたちからの嬉しきいただきもの

愛がいっぱい

                        ↑ なぞのフワフワ?

 

  かわいい仲間も増えました

 

 

 

ともあれ、まずはツアー終了でしばらくジュリー様には会えぬ日々。

古希ツアーのお知らせが入ったジュリー様からのラブレターを心待ちに、それまでゆっくりじっくりこの楽日・そして前楽を反芻していきたいと思います。

よろしければお付き合いを~。

あぁ けっきょくきょうも深夜のアップ

 

コメント (11)

行ってきました NHKホール 大千秋楽

2018-01-27 04:01:37 | ジュリー ライブ

終わってしまったーー

ジュリー50周年ツアー大千秋楽!!

 

あぁーっ もう。

何度行ってもこの身をアツくしてくれるライブでした。

昨日もそう。そして今日・・

でもこれでおしまい!

ジュリーの気合もめちゃ入りまくり!

ご機嫌も抜群。

なんと客席への話しかけもあり・・ええ!!とどよめいちゃいましたわ。

最前列真ん中席がずっと空いてたんですって。

MC中に現れたその席の方に「やっときましたね」ってね?

あちゃー

そんなお席が当るの自体凄いことだけど、まさかジュリーにいじられようとは!

この方すごい運勢ですわ。

 

いや、それよりなによりほんと、きょうも一切手抜きなしの

「一生懸命「」のライブ

あのエネルギーはすんごいです。

あぁジュリー!

 

すみません。

昨夜も興奮でね損なってしまったのでもう寝なくては。

 

古希ライブの「細かい」発表ありました。

(日程だけですが)


  7/6(金)日本武道館
7/12(木)大阪城ホール
9/19(水)福岡国際センター
9/26(水)真駒内セキスイアリーナ
10/6(土)横浜アリーナ
10/17(水)さいたまスーパーアリーナ
11/3(土)ゼビオアリーナ仙台
11/16(金)広島サンプラザ
1/16(水)大阪城ホール
1/19~21(土)(日)(月)日本武道館

でっかい会場が以上、ほかに64か所とおっしゃったかな?

・・・ジュリー、すごすぎるよ~。

がんばってついて行きますよー。


記念撮影もありました。

どんな写真になってるのかしら。

撮影中のステージに向けたジュリーとバンドのみなさまの背中。

そうそうみられるものじゃない!と良く眺めてしまった。


 

きょうもジュリーはかっこよく、エレガントで美しく、でもかわいかったのです。

70年代h「若さと美貌」で売れて・・っていういう話自分でしておいて「「手前みそ」と言ってたなー。

・・いや、まわりがそう言ってたけど、男に美貌なんていうの変なおとなたちと思った・・とかおっしゃったのか。

あとは・・



とりあえず寝ます。

明日早いしー。

 

明日以降にまたいろいろ書きたいと思います。

 

きょうもお披露目大盛況でした。

来てくださってみなさまありがとうございます。

 

 

 

 

・・・やはり酔っていたらしく、朝見たら前と同じ写真アップしちゃってましたわ。

こちらが昨日の展示。

 

 

それと・・

前オフ、後オフ、ご一緒した皆さま!

楽しい時間をありがとうございました♪

 

コメント (11)

行ってきました! NHKホール楽前

2018-01-26 01:40:39 | ジュリー ライブ

ジュリ~~~っ


2階席、狭いスペースから愛を叫んできました。

 

本日のNHKホール、アツく燃えました

なにせジュリー様が・・かっこよすぎた

姿も声もめっちゃ男前!そしてなんとも艶めいてました

いや、ほんと。

か~みがたが 変わりましたね

サイドと後ろをすっきりカットされたみたいで清々しく。

最初は前髪おろし、途中横に流れ、さらにオールバックやらツンツン立ったスタイルやら・・まぁ~!おひとりでヘアスタイルの見本帳!?

どれもかっこよかったんです~。

歌えばとてつもなくかっこよく、MCはめちゃかわいかったなぁー。

アクションキレキレだし、愛待てその場走りがハムちゃんの車輪回しのようでかわいすぎた

もう~、どんだけ萌え燃えさせてくれるんだか、あのお方は!!

 

ってことで、2階からオペラグラス越しにも最初の「きみだけに~~!」をしっかりいただいて最初から撃沈

 

あぁー サムライがめっちゃ色っぽかったなぁ・・

でもチャンスのかっこよさったら!!

いやいやアリフのあの妖艶さが・・

でもでも鼓動が素敵だしー。

あ!でもやっぱり忘却の天才がどーにもこーにもかわいいし

しかし愛待て・・いや、そのキス!!

・・・次から次へと「今が最高!!」の更新で本日もどれがナンバーワンと言えない状態・・・でした。


「このバンドでは最後」の宣言ありました。

今まで支えてくれたすべての人たちに感謝、とおっしゃってました。

ううう さびしいよね。

でもでも、古希ライブのお楽しみもあるし。

「細かいことは明日話します」だそうです。・・さぁ~、どこまで話してくださるのか。


ってことで、すみません。

まだまだ興奮してるうえに明日もある~~!ってことできょうはこれまで。

きょうも思い切り「きゃ~~~!」「ジュリ~~~!!!」でしたが、明日はツアーファイナルだもの。

もっともっと思い残すことなく燃えなくては!


本日のお披露目もたくさんの方にお越しいただきました。

ありがとうございますー

Wじゅりこさん姉妹、サキさん、そしてハローパンダさんの新作続々。にぎやかでした

 

うぉ~!?

なんとバンドの皆様が!!

ハロパンさん・・めっちゃ早業!そしてそっくり~!!

 

・・あれ?あの宙に浮く白いものは・・?

明日、もうひとり誕生の予定!・・あの細いお体の~・・

・・すみません。

こちらのお方はもうちょっと先になりそうですー・・とのこと。

 

 

明日も同じ場所(あたり)でお披露目の予定。

場所が取れるかわからないので、もしかして多少ちがうところにいるかも。

いなかったら2階ロビー探してみてくださいませ。


明日は研ちゃん1号再登場~~

 

 

コメント (6)