ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

日月潭、廬山温泉、合歓山(登山)等へ向かう拠点になる町≪埔里≫で生活する日本人オーナーの個人日記。

埔里の隣町の国姓郷へ行って来ました。

2022年03月28日 | 日記

【三級古跡 糯米橋 / 国姓郷 北港溪】  
「モチ 米 橋」と呼ばれている橋です。昭和15年(日本統治時代)に建造されました。
場所は国姓郷と言うエリアで、埔里の隣町になります。(スクーターで三十分程で行けます。)
『糯米橋』の名前の由来は、橋の建造時に、もち米や野菜を入れて’粘着剤’にした事からだそうです。


昨日は、午前中の時間を利用して(3時間ほど)スクーターでブラブラして来ました。
日本統治時代には、川中島と呼ばれていた清流部落の少し先になります。
天気はお昼から崩れましたが、午前中は何とか持ち堪えてくれて助かりました。


強烈な香りのする花がたくさん咲いていました。(植物の名前が分かりません。)



台湾では珍しい’綿花’の栽培が行われています。


遠くに空にちょっと怪しい雲が出始めていました。




今の季節、枇杷の収穫が盛んです。道端でたくさん直売していました。



【国姓郷の市内】
’ 国姓爺 ’ と言えば、昔台南の安平古堡をオランダ統治から奪還した ’ 鄭成功 ’ の事。
この辺りの地名は、英雄’ 鄭成功 ’ から取っている様です。



幾つかの原住民部落もありました。
この部落の山の上にはライチの老木(100年ぐらいの)がある様です。



天気が良くて快適な時間を過ごせました。





    





コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本統治時代から続く紅茶畑

2022年03月26日 | 日記


【たぶん100年近く前から育てられているアッサム種(紅茶)の畑】

年月が経って、一つ一つの株(紅茶)が大きくなっているために不規則に植わっています。


日月潭(魚池郷)から埔里へかけての山合いの何ヶ所かで紅茶の栽培が盛んに行われています。

日本統治時代に新井耕吉郎と言う方が台湾総督府中央研究所平鎮茶業試験支所に助手として赴任。
各地の茶畑の土壌や気候の調査などに参画する中で中部南投県にある日月潭湖畔の水社村貓囒山の
中腹・海抜800m付近一帯が紅茶の一大産地になることを確信し、1936年、魚池紅茶試験支所(現在
の茶業改良場魚池分場)を開設して、紅茶の栽培を開始した事が発端らしいです。
新井耕吉郎氏は、「台湾紅茶の父」または「台湾紅茶の祖」と呼ばれているらしいです。
≪Wikipediaより引用≫。




遠くに埔里の町が見えます。

ここ数日、ずっと雨続きの天気でしたが、昨日は久しぶりに太陽が顔を出したので埔里を囲んでいる山合い
へ散歩(私の場合はバイク)に行って来ました。
普段この場所は外国人労働者たちが、可哀相に泥とかを運ばされてコキ使われているのですが、昨日は休業の様でした。





【山を下るとマコモダケがたくさん栽培されていました。】

埔里 / 水尾



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『地母廟』で夕陽を見ました。

2022年03月22日 | 日記

【寶湖宮 地母廟】
私は埔里に住んで既に13年が経ちました。
初めの一年間は私立の小・中・高等学校で日本語教師をして、二年目からはゲストハウスの経営をしています。
こちらの地母廟へは、十数年間少なくても二週間に一度はずっと通っています。
夕陽を見に来たり、お参りに来たり、宿のお客さんのガイドで来たりと色々ですが、基本何となく癒される場所なんですね。
この場所は、かなり歴史のある道教の廟(お寺ではないのでお坊さんはいません。)で、たくさんの熱心な信者の方たちがよく集まっています。
私は宗教とかは信じていない人間ですが、この土地(埔里)が好きなので暇な時等も理由もなく訪れています。
(夏場は、私の大好きなカブトムシやクワガタ虫等もたくさん出没する場所ですから。)


毎日の様に、たくさんの人が夕陽を見に来ています。


屋根の色(緑)が独特です。


お線香を上げる事もできます。
夕陽スポットは、廟入口の両脇にある階段を上った場所です。



【地母廟付近では、マコモダケの栽培も盛んです。夕陽も綺麗です。】

PS:冬場のマコモダケの電照栽培の様子は、空がオレンジ色に染まっています。強烈な光景ですよ。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三泊で南部遠征して来ました。(後半)

2022年03月16日 | 日記

【林鳳營火車站 / 台南市六甲區林鳳營】
南部の駅!と言う感じですね。
私は林鳳營と言う地名を、以前はてっきり牛乳メーカーの会社名だと誤解していました。
流石に北海道とは比べられませんが、台湾の酪農(東部・南部)のレベルは、以前と比べて凄く上がって来ています。
台湾の牛乳の価格は日本の二倍ぐらいはしますが、毎日美味しく頂いています。
この日は酪農をしている場所を探してウロウロしましたが、結局以前見学した場所では見る事ができませんでした。
(たぶん、ちょうど他の場所へ乳牛たちを移動してしまっていたところの様でした。残念奨!)






【新營で朝食屋をしている宿の常連客のお店にも朝食を食べに行きました。】
こちらのオーナーさんも、私以上に台湾中をたくさんバイクで行かれています。
上記写真は昨日送られて来たもので、現在『南横公路(最近開通した東と高雄を結ぶ道)』を横断中との事でした。
私も夏前ぐらいに一度挑戦してみようかと画策中です。

【烏山頭ダムにも寄ってきました。】



八田與一氏の銅像からの目線で写真を撮ってみました。

【台南市へ来ると、いつも食べに行く日本人経営のラーメン屋さん】


以前、『豚骨屋』と言うチェーン展開しているお店の日本人オーナーさんがこちらの『宝来軒』を開業しました。
お店には台湾人の従業員しかいませんでしたが、忠実に日本の味を再現されています。本当に美味しいですよ。


【安平古堡 いつも台南を訪れると立ち寄ります。】


鄭成功さんって、お母様が日本人だったんですね。


【龍崎エリア 台南と高雄の県境に位置する場所です。】
今回も台南在住の同じ歳の友人(小森さん)にいろいろと連れ回してもらいました。





【漁光島 安平エリアのすぐ横にある夕陽の絶景ポイントです。】


本当に美しい夕陽でした。ハムさん、ここ教えてくれてありがとう!


【最後の晩餐】
今回もお世話になった『ゲストハウス・ハム家』の皆さんと、台南の友人の方たちが晩御飯にお付き合いしてくれました。

’ 溫體牛 ’ !! 肉の新鮮さ,肉質が別格! 肉の色が冷凍物とは明らかに違います。

骨髄.... 味わう機会が少ない、たくさんある部位ではないようです。


 

今回の台南旅行も楽しかったです。






コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三泊で南部遠征して来ました。(前半)

2022年03月12日 | 日記

【嘉南平原 走行中!】
今回は私の住む埔里からひたすら南下です。
宿業を始めてから既に十数年が経つので、それなりに常連客も増えています。
中にはご自分でお店をされている様な方たちもいたりします。
今回は、その中の何人かのお店(朝食屋さんと飲食店)にも立ち寄って来ました。

≪今回のルート≫
埔里⇒斗六⇒斗南⇒嘉義⇒白河⇒関子嶺温泉⇒新営⇒嘉南平野⇒林鳳営⇒六甲⇒烏山頭水庫⇒台南⇒龍崎


嘉南平原は、総面積が約4,550平方kmに及ぶ大平原です。
日本統治時代に、降水量が極端に少なかった嘉南平原は農耕に不向きな土地とされていましたが、
八田与一技師が中心になって建造された烏山頭水庫の恩恵(灌漑水路等)を受けて広大な農耕平原となりました。
私はいつもこの辺りを通りかかると、わざわざ灌漑水路地帯をドライブする様にしています。
凄く気持ちが良い場所です。




【民雄 有名なガチョウ料理が食べられるお店】
民雄と言えば、やはりこの料理です。
通り道だったのと、ちょうどお昼だったので、立ち寄っていただきました。
只、私は1人旅の身、ガチョウは最少でも一羽の四分の一を注文しなければなりませんでした。(かなりの量です)。



’泥湯’で有名な関子嶺温泉を目指します。
場所は、嘉義から更に南下して白河エリアの更に先になります。
嘉義から三十キロぐらいの距離です。


関子嶺温泉の少し奥には、’水火同源’と呼ばれている’天然ガスが地中から出ている’観光名所があるので行って来ました。
こちらへは、数年前にも訪れているのですが、その時はまだ荒れ放題で整備されてなく、’まだ火が水中から出ていました。(本来の様子)’
現在は、綺麗に整備されてしまっていて、火も水中からではなく、ただ燃えているだけ状態になっていました。
≪火が消える度に、わざわざ点火が面倒なのでしょうね。(ちょっと残念)≫



カミキリムシも見かけました。


【以下、今回の泥湯入浴】

今回は、統茂温泉開館の入浴施設を利用しました。



日帰り利用のSPAが300元で利用できました。
こちらの施設では、屋外に水着着用利用のSPA設備があって、室内には裸入浴ができる泥湯もありました。

初日1泊目は、新営と言う場所で安宿に宿泊しました。



既に台南エリアに入っているので、やはりこの辺りまで来たら’溫體牛’を食べない訳にはいきませんね。
’溫體牛’とは、食用に屠殺された牛を冷凍せずに新鮮な状態で頂く牛肉の事です。
量に限りがあるので、台南エリア以外で食べるのが難しい牛肉です。
こちらの老舗の料理は、今回の台南エリア旅行の楽しみの一つでもあったので食べれて良かったです。

明日、明後日と宿泊する台南市中心にあるハム家さんまでは、この新営から二十キロほど。

≪後半の台南編は次回ブログに続きます。≫




コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『布而喬亞』最近又通い出しました。

2022年03月01日 | 日記

【 布而喬亞 日本語はブルジョア 】 
私の宿の常連のお客さんの間で、知らない人はいないBARですね。
以前は週に4回ぐらいは通っていましたが、この数年は数週間に一回ぐらいにペースダウンしています。
一昨年、昨年と、コロナ禍の影響で私の宿も大打撃を受けてしまい、観光局からのコロナ補助金も二年続けて頂きました。
だから、自分の中ではお金を援助してもらっている身分、流石にお酒を飲む気になれません。既に二年以上は飲んでいないかと。
(本来、好きではないお酒を付き合いでは飲んでいましたが、現在誘われてもお酒が好きではないとお断りしています。悪しからず。)

幸いにも、こちらのBARのオーナーさんも私以上に珈琲に拘っている人なので、目下私の目的は珈琲になっています。
彼は私の珈琲の師匠で、私は同じ機材(ドリップ使用)を一通り揃えてオーナーさんから珈琲の淹れ方を教わっています。
5年以上前に初めて教わってから、毎朝自宅で珈琲を淹れていますが、未だに納得が行く様に淹れる事ができていません。(很難喔!)


本日は、シダモとエスプレッソ用の豆を少し合わせてブレンドにしてもらいました。

【以下、BARの様子】



本来お酒がメインの場所ですが、こちらのオーナーさんはお酒以外にもいろいろと拘りを持った人です。


【以下、お酒を飲まない人にはお勧めの逸品です。】


ロイヤルミルクティー
こちらのBARで最も時間をかけて作る一品で、20分以上弱火でコトコトと煮込みます。


最近、私の舎弟になってくれた好青年。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久しぶりに廬山温泉へ行って来ました。

2022年02月20日 | 日記

【埔里から霧社へ向う途中で寒緋桜がたくさん咲いていました。】
毎年この季節の楽しみになりますが、私の住んでいるエリアは標高が少し高めなので北部と比べると櫻の開花も少し遅い様です。
数日前になりますが、宿が暇だったので久しぶりに廬山温泉へ行って来ました。
平日だったおかげか、ほとんど人に遭う事もなく、自然と触れ合えてのんびりできました。


たぶんこちらは、苗の保管場所みたいになっている場所だと思います。
現在埔里の近郊では、櫻以外にもたくさんの植物を販売用に育てています。特に松や櫻が多い様に思えます。


霧社を超えると、碧湖(水庫)を見る事ができます。
こちらの湖の水は霧社の人たちの大切な生活用水になっています。


まだかなり紅葉している木々があります。
その他に、私がいつもチェックしているアベマキ(クワガタが好きな樹)は、既に新芽が出だしていました。
アベマキの大量に出だしている新芽は、本当に力強さを感じます。来月初めあたりに見に行く予定です。


この先、あと三キロぐらいで廬山温泉に辿り着けます。




山間に廬山温泉が見えます。こうやって見ると、けっこう奥地です。


【以下、私がいつも入浴している温泉】



この日もいつもの様に’貸切状態’でした。
水着着用が義務付けられていますが、源泉かけ流しで水質が良いので、男性はたぶんあまり気にならないと思います。


お昼を少し過ぎた辺りで、戻り道で行きに見た桜を再び写真に収めました。
朝とは違って、太陽がたくさん当たったおかげか感じが変りますね。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

霧社事件の調査(韓国で出版される予定の執筆資料収集)にお付き合いしました。

2022年02月14日 | 日記

【 花岡山 / スクレダン 】

台湾がまだ日本に統治されていた時代、この山には霧社の原住民出身でありながら ’ 日本人警察官 ’ として最期まで必死に生き抜いた二人の青年(花岡一郎・花岡二郎)の名前が命名されています。
彼らは、霧社事件が起きた時、日本国の警察官と言う立場であったため、’ 原住民でありながら日本の警察官 ’と言う自分の立場に葛藤し、最期は自分の部落の仲間たちを連れてこの’スクレダンの中で集団自殺をしてしまいました。
この責任感ある行動は当時の日本政府にも称賛されました。


台湾原住民に対して,総督府(日本政府) の取った宥和政策で、現在の霧社付近にある原住民部落/春陽村出身の優秀だった青年二人(ダキス・ノービン/日本名:花岡一郎とダキス・ナウイ日本名:花岡二郎)を模範的な原住民青年として教育し日本の警察官(警手:一番位の低い警官)にしました。それとこのお2人を勝手に兄弟にしてしまったそうです。(何か酷い話ですね。)。




以下は彼らが日本への義理立てを示すために花岡二郎が宿舎の壁に残した遺書です。

花岡兩
我等は此の世を去らねばならぬ
蕃人のこうふんは出役が多い為にこんな事件になりました
我等も蕃人達に捕らはれどふする事も出来ません。
昭和五年拾月弐拾七日午前九時
蕃人は各方面に守つて居ますから 郡守以下職員全部公学校方面に死せり
— 花岡二郎
......................................................................................................................................................
花岡、責任上考フレバ考フル程コンナ事ヲセネバナラナイ全部此処二居ルノハ家族デス
— 花岡一郎
......................................................................................................................................................
以前この辺りにはたくさんの原住民部落があったそうです。




上の写真 桃花も咲き初めていました。来週辺りには東埔温泉に桃花を見に出動しようかと思います。




今回一緒にいろいろと調べて回ったお客さんたちと。


碧湖





コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日月潭を一周

2022年02月05日 | 日記

【日月潭 / 水社】 
上記写真の場所は『水社』エリアの船着場ですが、毎年9月に行われる恒例の水泳大会もここから対岸の『伊達邵』の船着場へ向けて泳ぐ事になります。
私が15年ぐらい前に参加した時は、確か参加者が1万6千人ぐらいでした。
昨年、一昨年とコロナ禍で水泳大会は行われていませんが、その前の年の参加者は2万5千人を越えていました。
泳ぐ距離は3.3キロと長いように思えますが、参加者は全員ライフガード・チューブ(以下写真参考)を携帯しないといけないのでそれほど心配する必要はありません。

それと、確か20mおきぐらいに監視員が浮島の上で待機していて、とにかく安全第一で行われます。
実際私が参加した時は、泳いでいる途中で知り合いの叔母さんと偶然に遇ってしまいライフガード・チューブに掴まりながらお喋りをしながらゴールまでのんびりと泳いだ事を覚えています。
この水泳大会はどちらかと言うと、競争ではなく、楽しく1日を過ごす的な感じで行われています。

参加者は台湾人・外国人と、どなたでも(子供から高齢者まで)参加できるので、興味がある人は参加してみるのも良いかと思います。

【日月潭周遊道路】

距離にして、およそ3キロちょっと。
湖に沿ってグルット道路が続いています。
自転車レンタルのお店も多いので、体力がある人は挑戦してみては如何でしょう?
PS:途中数ヶ所のアップダウンがあるので、疲れるのが嫌いな人には電動自転車のレンタルもお勧めですよ。



【玄奘寺】

周遊道路の最上部(大通りの一番高い所)には玄奘三蔵(三蔵法師)の舎利(お骨)を収めている『玄奘寺』があります。
現在コロナ禍の関係で舎利(頭蓋骨の一部)を拝む事ができませんが、コロナ禍が収まったら以前の様に自由に参拝できる様になると思います。


玄奘寺の敷地内には、三蔵法師がシルクロードを旅した時の記録などを紹介した記念館もあります。(入館料は無料)。
三蔵法師が歩いた道程(東アジアもけっこう通過している事)や幼少時の名前が陳韋だった事等もこちらの記念館を訪れて私は初めて知りました。
意外な発見も多かったので、けっこうお勧めの場所です。







このお寺からは、日月潭を一望できます。


【玄光寺】

こちらも日月潭の周遊道路上にある三蔵法師を奉っているお寺です。(どうして一箇所に統一しないのか私はわかりませんが。)
場所は、【玄光寺】船着場から徒歩で感単に行ける場所なので、もしかすると利便性を考えてこちらにも設定したのかなとか思います。
≪玄奘寺までも、【玄光寺】船着場から徒歩で行く事ができますが、かなりの階段を上ることになるので大変です。≫


私が訪れた時、ちょうどこんな偶然の光景を見る事ができました。
何か良い事が起きそうですね。




 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

虎年吉祥 

2022年02月02日 | 日記



新年快樂 !!

虎年吉祥、虎年行大運、福虎賀歲、福虎生豐、如虎得翼、如虎生翼、虎虎生風、虎威笙風、
生龍活虎、如龍似虎、虎虎平安、虎來運轉、虎運當頭、虎來運轉、虎到吉祥、虎運當頭、
虎運亨通、虎轉新機、虎勢暢旺、虎運連連、虎年如意、虎年大吉、福虎賀歲、福虎生風。

今年の干支である『虎』とかけてみました。
私の希望は、今年こそは何とかコロナ禍が落ち着いてもらいたいです。

本日農暦の1/1より正式に『虎年』が始まりました。
(そう考えると、1月生まれの大勢の日本人が自分の干支を誤って認識していますね。)
今年はどんな年になるのでしょうかね、楽しみです。



コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

台湾はこれから本格的な櫻の季節を迎えます。

2022年01月23日 | 日記

霧社へ向う道端には、王海清さんが植樹した桜が今年も咲き始めています。
王海清さんは、著書『トオサンのサクラ』の題材になっている人物で、霧社へ向かう山道に二千本以上
の桜の苗を1人で植樹した伝説の人です。
彼が若い頃、役所に『桜の苗植樹』を申請して許可が下りたがなかなか予算が下りず、痺れを切らした王海清さんは
自費で桜の苗を購入して植え始めたそうです。(本人から以前聞いた話です。)。


以前撮影した王海清さん。 埔里在住です。




私は著書『トオサンのサクラ』を読んでいるので、毎年櫻の季節にこの道を通過する度に、感慨深いものを感じます。


『碧湖』。人止関を通過して暫く坂道を登ると霧社に到着です。


『春陽』。霧社から更に山道を廬山方面へ二キロほど進んだ場所です。
このあたりには部落があって、山を下った川沿いには温泉(春陽温泉)もあります。





アベマキも紅葉中。櫻以外の樹木もまだ紅葉していました。


桃の花も咲き始めていました。本格的な開花はこれからですね。



李(すもも)の花。 この花も本格的な開花はこれからですね。
埔里ではあまり見れませんが、東埔温泉付近では李花をたくさん見れます。来月あたりに温泉浴に出動してきます。


グアバ。ここは廬山付近ですが、埔里の町でもたくさんの場所で栽培されています。




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本日は温泉へ行って来ました。

2022年01月19日 | 日記

今年の’初廬山温泉’になります。
たまたまタイミングが合ったおかげだと思うのですが、年が明けてから本日まで宿のお客さんが途切れていません。
昨日まで非常に忙しい日々が続いていて、やっと本日お客さんの波が落ち着きました。
今年はけっこう金運が良い感じですね。

本日は昼食後になりますが、いつもの様にスクーターで出動です。
本日入浴したのは、廬山温泉の夏都飯店内にある露天風呂です。


こちらの入浴施設に到着した時は、浴槽の掃除が終ってまだ源泉を注いでいる所でした。



これこそ間違えなく ’ 一番風呂 ’ ですね。ラッキーです
だんだんお湯が溜まって来ました。そろそろ入浴が可能です。


入浴開始です。

本日も1人で貸切り常態。従業員がたまたま通りかかったので写真を撮ってもらいました。


『冷水池』地下水を汲み上げているので凄く冷たかったです。
水温はたぶん10度以下かと.......

天気にも恵まれて良かったです。温泉良いですね!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夕暮れ時の埔里

2022年01月14日 | 日記

昨日の夕方。

コロナ禍もやっと落ち着いて来たかと思いつつも、最近又しても感染者が出始めている様です。
私の住んでいるエリアでは相変らず感染者はいませんが、他地域で数人の感染者が出たらしくニュースを賑わせています。
オミクロン株は感染しても重症化する確立が比較的低い様なので、コロナ禍の終息も近づいて来ているのかなと思います。
私もこの数年台湾から出国していないので、今年は一回ぐらいは日本へ行きたいですね。


菜の花が綺麗でした。(菜の花の向こうに見えるのは、サトウキビ栽培)
この辺りの農地土壌改良(連作障害防止等)には菜の花がよく使われています。
因みに私の家の近所では、食用に菜の花も青空市場に並んでいますよ。


マコモダケ:この町の最も有名な野菜です。台湾全土の90%以上を埔里で栽培されています。

(おまけ)

昨日は背中を鍛えてきました。
ちょっと過酷だったので、本日は朝から背中と腰が筋肉痛でロボットの様な動きになっています。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「謹賀新年」

2022年01月04日 | お店や施設

場所:埔里/大坪頂地区


『新年おめでとうございます!』

謹んで新春をお祝い申し上げます

昨年はコロナ禍の事もあり、残念ながら日本からの訪台の方たちにお会いする事ができませんでした。

海外でのコロナ禍の影響もありましたが、宿経営は幸いにも常連客(台湾国内の)が多いので何とか凌ぎ切れました。

今年こそは、コロナウイルスの感染拡大が収束する事を祈るばかりです。

私事ですが、順調に行けば今年春ごろには『台湾国籍の取得』が完了する予定です。

台湾国籍取得後は、ゲストハウスの経営以外にも仕事の枠を更に広げて行くつもりです。
≪外国人ならではの、 ’ 有り有りの制限 ’ がかなり緩和されると思うので≫。

今後も、変らぬご愛顧賜りますようお願い申し上げます

今年もご家族皆様がご多幸でありますよう心からお祈り申し上げます

令和4年 1月4日  渡部健作




コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

奥萬大エリアで梅花と紅葉を見ました。

2021年12月15日 | 日記

本日は朝から日帰りでよく訪れている奥萬大一帯へ紅葉を見に行って来ました。
奥萬大エリアは埔里の町からスクーターで1時間ちょっとで行ける場所で、昆虫の宝庫として有名です。
それと台湾では紅葉の名所としてもかなり知名度があります。




本日ちょっとビックリしたのですが、何と季節がまだ早いはずの ’ 梅花 ’ がけっこう咲いていました。
強烈な甘い香りがかなり遠くまで匂っていたので、私はけっこう感動しました。









今年は去年以上に綺麗な紅葉が見れました。
日本の集中して ’ 真っ赤に染まる楓 ’ とは違って、山にある多種類の葉が色を変える台湾らしい紅葉。
先日の阿里山に続いて、本日も気持ちの良い時間を過ごせました。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする