コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与と育成の経営コンサルタント団体

■【今日は何の日】 8月12日 君が代は誰が作曲したのか

2019-08-12 13:39:04 | 今日は何の日

【今日は何の日】 8月12日 君が代は誰が作曲したのか

 一年365日、毎日が何かの日です。

  季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。

  これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

 

 君が代記念日、国旗国歌法

 

 「国旗」「国歌」「君が代」などというと「あいつ、国粋主義者か」などと言われることが少なくなったとはいえ、まだまだ話題にする場を見極めないと思いもよらないことがおきかねません。

 

 十数年前のことですが、ある経済団体で講演をする機会があり、アメリカの小学校の話をしたときのことです。どの教室の正面にも国旗が掲揚されているということを話しのツマとして挿入しました。とたんに雰囲気が堅くなってしまったのです。その団体には、左翼系の人が多く、この種の話は御法度なのを知っていながらの失態です。

 

 私は、経営コンサルタントという仕事をしているので、思想とか宗教、政治にはできるだけニュートラルな立場に居ようと心がけています。それどころか、それぞれ、皆良いところを持っているとすら考えています。

 

 話しは変わりますが、なでしこジャパンの優勝については、昨日のブログ日記にも書きましたが、国旗掲揚と国歌斉唱は感動モノです。

 

 一方で、「君が代」が、正式に国歌となったのはいつなのか、知っている人は少ないでしょう。また、それがいつなのかを知ると「エッ!ホント?」という声を上げるのではないでしょうか。

 

 1999(平成11)年に「国旗国歌法」が8月13日に公布・即日施行され、正式に国歌となったのです。

 

 私は、戦前から国歌として続いているモノと思っていましたが、歴史知識の浅さから、国会でそれが審議されることを知ったときには驚きました。

 

 因みに今日8月12日は「君が代記念日」です。1893(明治26)年の今日、文部省が唱歌として君が代他7曲を定めました。それを記念して、今日が「君が代記念日」となったのです。

 

 今日は、モバイルパソコンを新調し、旧パソコンからのデータ移行他の作業をしましたが、まだ完全には利用できる環境にまで至っていません。ブログに引っ越し手順を紹介しようと、メモを取ったりしています。

 

 【今日は何の日】その他

◇ 佐伯江国寺施餓鬼会

◇ 徳島阿波踊り(~15日)

◇ 普明国師忌

(ドアノブ)

【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】

 ◇ 経営コンサルタントへの近道・資格取得  ◇ コンサルタントバンク人材銀行  ◇ 経営コンサルタントになろう  ◇ 経営コンサルタントQ&A  ◇ 独立・起業/転職

 ◇ 心 de 経営  ◇ 経営マガジン  ◇ 経営コンサルタントの独り言  ◇ 経営四字熟語

 ◇ 杉浦日向子の江戸塾  ◇ ニュース・時代の読み方  ◇ 時代の読み方・総集編  ◇ 経営コンサルタントの本棚  ◇ 写真・旅行・趣味  ◇ お節介焼き情報  ◇ 知り得情報  ◇ 健康・環境  ◇ セミナー情報  ◇ カシャリ!一人旅

 

 since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会

 

 ◆【ブログ 経営コンサルタントの育成と資格付与】

 日本経営士協会は、特定非営利活動法人として内閣府による認証を受けた経営コンサルタント団体です。1951年に誕生し、経営コンサルタント育成と経営士・士補資格付与活動を1953年から積極的に行ってきている、日本で最初に設立され、約65年もの永きにわたりまして社会貢献をしてきています。  このブログは、主に次のような方々を対象に、時宜に即した情報を毎日、原則として複数本のブログをお届けしています。経営というのは、根底に流れいるものは、下記のいずれにも共通し、視点を変えるだけでそれを応用することができるという信念を基に、あえて三兎を追っています。

  ◇ 経営者・管理職の皆様   ◇ 経営コンサルタントを目指す人   ◇ プロの経営コンサルタント

 トップページ

 

 

コメント

■ 高齢者運転免許更新を体験から語る上手にやる法 3-2 認知機能検査の判定法 総合点と結果の判定

2019-08-12 12:03:00 | 高齢者運転免許更新体験記

■ 高齢者運転免許更新を体験から語る上手にやる法 3-2 認知機能検査の判定法 総合点と結果の判定

 

 70歳を超えますと運転免許証の更新方法が異なり、高齢者に時間講習を受講しないと免許更新ができなくなりました。

 近年、ブレーキとアクセルを踏み違えたり、高速道路を逆走したりと、高齢者による交通事故が急増しています。その防止策の一環として、75歳以上には認知機能検査と講習が3年毎に義務づけられました。

 認知症検査に合格する自信がないので、免許を返納しようかと迷っている人、実は私もそうでした。でも、自信を持っていえることは、事前準備をしておけば、心配するほどのことはないという、体験談をご紹介します。

 東京都における75歳以上の高齢者の場合を例に、自分の経験をもとにまとめてみましたので、ご参考にして下さると幸いです。

【これまで】

 1 高齢者の運転免許更新の流れ

  1)認知機能検査の受検

  2)高齢者講習受講

  3)更新手続き

 2 認知機能検査とは

  1)受付 認知機能検査はこの時点で始まっている

  2)認知機能検査検査用紙の記入

  3)問題用紙1 「時間の見当識」検査

  4)問題用紙3 「手がかり再生」の準備

  5)問題用紙2 数字選択検査

  6)問題用紙3 「手がかり再生」(自由回答)

  7)問題用紙4 「手がかり再生」(手がかり回答)

  8)問題用紙5 時計描写

 3 認知機能検査の判定はどのように行われるか

  1)認知機能検査の採点方法

■ 認知機能検査の判定はどのように行われるか

 認知機能検査は、30分ほどで終わります。短時間であるにもかかわらず、終わるとドッと疲労感を覚えるのではないでしょうか。

 検査結果は、私の検査場では、その日のうちに結果がわかるようになっていました。試験は30分で終わりますが、発表までの待ち時間が加わります。東京都の場合には、今の時期は込んでいるのか1時間以上待たされましたが、30分位で結果がわかる都道府県が多いようです。ただし、場所によっては、発表が後日になるところもあるようです。

 それでは、この検査の判定はどの様になされるのでしょうか。

 前回から、その認知機能検査の採点基準となる検査のしかたをお話しています。これを知っていますと、どの様なところに注意を払ったら良いのかが解るかもしれません。

2)総合点と結果の判定

 

 記述の算式で総合点が計算され、その結果、下記のように判定されます。

  ア 記憶力・判断力が低くなっている者(第1分類)

     総合点が49点未満

   イ 記憶力・判断力が少し低くなっている者(第2分類)

     総合点が49点以上76点未満

   ウ 記憶力・判断力に心配のない者(第3分類)

     総合点が76点以上

 

 既述の通り、「記憶力・判断力に心配ありません」という第3分類の人は、「高齢者2時間講習」を受講します。その講習は、運転適性検査(30分)、双方向型講義(30分、座学)、実車指導(60分)という内容になっています。

 「記憶力・判断力が少し低くなっています」という判定の人は、「高齢者3時間講習」を受講します。「記憶力・判断力が低くなっています」という第1分類の人は、臨時適性検査の受検(専門医による診断)または医師の診断書の提出などが求められ、認知症と診断されますと免許取り消し等の行政処分の対象となります

■ もくじ

 

1.高齢者の運転免許更新のながれ

2.認知機能検査とは

3.認知機能検査の判定

4.運転適性検査と座学

5.まとめ

 

 ◆ 定年後、コンサルタントで社会貢献しませんか ◆  

 
 
  長い経営コンサルタント経歴に基づいて、経験をもとに書かれています。
  経営コンサルタントになるひとの60%ものの人が目を通しています。
 
 
コメント

◆【お節介焼き情報】 中小企業は営業部門強化に経営資源を集中せよ

2019-08-12 11:52:23 | お節介焼き情報

◆【お節介焼き情報】 中小企業は営業部門強化に経営資源を集中せよ

 

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。

 

 その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

 

◇ 中小企業の強みを活かせ

 

 中小企業の経営者・管理職の中には、「うちは中小企業だから、大企業のようにお金をいっぱい使うことはできない」と、先行投資に対して消極的な人がいます。

 

 それでは、現状を肯定することと同じことですので、現状打破をすることはできません。

 

 現状打破をするのは、中小企業の強みを活かすことです。

 

 中小企業の強味というのは、小回り性と意思決定のす速さにあると言えます。

 

 ◇ 中小企業を強くする第一歩は?

 

 中小企業が強くなるには、企業によっては出血を止めることが先決です。

 

 次に行うべきは、攻めの戦略です。

 

 攻めの戦略の第一歩は、営業部門の強化です。

 

 難しそうな営業部門強化ですが、中小企業では、「あたり前」ができていいない企業が多いので、あたり前をあたり前にできるようにするだけで売上も利益も改善することができます。

 

◇ 営業部門の強化は温かい管理ができる管理職づくりから

 

 温かい管理の基本は、社員の自己管理です。

 

 自己管理の基本は、PDCAです。

 

 しかし、このPDCAは、誰もが知っているにもかかわらず、実行できている企業は皆無と言っても過言ではありません。

 

 また、“真”のPDCAを理解している人も、残念ながらごく少数です。

 

 “真”のPDCAを理解し、導入し、推進して行くのは、多大な資金が必要なわけではありません。

 

 知恵を絞れば実現可能です。

 

 しかし、生兵法は怪我のもと、自己流ではなかなか効果に結びつきません。

 

 その方法とは・・・・・<続き>

 

  http://www.glomaconj.com/keieisha/shohin/service/eigyokanbu.htm 

コメント

修善寺4 修善寺の鐘楼と境内諸堂・諸物 SZIZ-644-9808

2019-08-12 09:31:15 | 写真・旅行

【映像で見るカシャリ!ひとり旅】

修善寺の鐘楼と境内諸堂・諸物
「インスタ映え」という言葉が市井を走っていますが、何も飾らない、ひとり旅の旅先で感じて、見て、カシャリとした写真を、動画としてお届けしています。

 

全国有数の美しい構造・石積を持つ鐘楼、宝物館

 

https://youtu.be/JQV7a70aY8k  
コメント

◆【話材】 令和元年8月11日(日)のつぶやき 「頑張れ、前畑!!」金メダリストがママさんスポーツ教室の創始者

2019-08-12 07:06:09 | ブログ

◆【話材】 令和元年8月11日(日)のつぶやき 「頑張れ、前畑!!」金メダリストがママさんスポーツ教室の創始者

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

毎日複数のつぶやきをブログでしています。

昨日は、このようなことをつぶやきました。

本日の【今日は何の日】も、発行済ですので、そちらもどうぞ

  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/1fbb8bbcfe4bf6f3a7f1ab8d1e87a836

 b5

 

■ 

12
国旗国歌法
 1999(平成11)年に「国旗国歌法」が8月13日に公布・即日施行され、正式に国歌となりました。  私は、戦前から国歌として続いているモノと思っていましたが、歴史知識の浅さから、国会でそれが審議されることを知ったときには驚きました。
 因みに今日8月12日は「君が代記念日」です。                        1893(明治26)年の今日、文部省が唱歌として君が代他7曲を定めました。それを記念して、今日が「君が代記念日」となったのです。・・・・・<続き ←クリック

   

ドアノブ)

 

konsarutanto   昨日のつぶやき 

 

コメント