中小企業のための「社員が辞めない」会社作り

社員99人以下の会社の人材育成に役立つ情報を発信しています。

第825話 人事評価はAIに丸投げ?

2019年07月21日 | コンサルティング

「99人以下の中小企業の社員が辞めずにイキイキ働くようになる」を実現する人材育成社です。 

「うち(当社)もきちんとした人事評価制度を導入しようと考えています。上手くいけば、若手社員の退職者も減ると思います。」ある会社の社長さんの言葉です。

この会社は、急成長に伴って毎年新卒と中途を合わせて5~6人を採用しています。一方で、数年前から若手社員が何人か辞めています。退職の理由は様々でしたが、「なぜ自分はそのような(低い)評価なのか」という不満が共通してありました。

そこで、公平・公正な人事評価制度を作ろうと色々と検討した結果、行き着いたのがクラウドベースの人事評価システムの導入でした。

社長さんはその評価システムの「カタログ」を私に見せてこう言いました。

「このシステムにデータを入力すれば、後はAIがしっかりと公平な評価を下してくれます。どう思いますか?」

私はそのカタログの書かれている内容を見て驚きました。

冷静さ、誠実さ、几帳面さ、ストレス耐性、ビジネスマナー、思いやり、行動志向、自立志向、柔軟思考、素直さ、チャレンジ性、目標達成への執着、親密性、ユーモア、第一印象、プレゼンテーション力、傾聴力、新規開拓力、人脈、上司・先輩との関係、ムードメーカー性、チーム精神の発揮、政治力、情報の収集、情報の整理、情報の伝達、情報の活用と共有化、情報の発信、専門知識、文章力、計数処理能力、処理速度、計画性、業務企画力、視点の広さと深さ、アイデア思考、論理思考、状況分析、リスク管理、経営資源の活用、部下・後輩の指導や育成、経営幹部との関係、権限の委譲、システム管理力

こうした数多くの評価基準が「成績」「能力」「情意」という大項目にまとめられ、点数化されるのだそうです。

「社長さん、このデータは誰が入力するのですか?」私がたずねると、社長は少し困ったようにこう言いました。

「若手、中堅社員の上司である課長か部長です・・・いや、言いたいことはわかりますよ。もちろん全項目を使うわけじゃありません。大体15~20個くらいかな。」

「もしかして、管理職の方々にとって面倒な『部下の評価』という仕事を外部に丸投げしようとしていませんか?」

「いや、そんなことはありません。なにしろAIが公平・公正な判断をしてくれますから・・・」

そう言いながらも社長さんは少し不安そうでした。そして、私にこう言いました。

「実は人事部長からこのシステムを入れてくれと頼まれたのです。やはり無理があると思いますか?」

私は「はい。無理があります。まず入力項目が多すぎて、まっとうな判断ができません。適当に点数を付ければ矛盾した結果になります。」と言いました。

「ここにある評価項目は一般的に『良い』とさている特性を並べただけのものです。たとえば『冷静で几帳面だけどチャレンジ精神と行動力にあふている』人なんていると思いますか?ナンセンスです。」

社長さんはちょっとだけ安心したような顔になりました。

その後、システムの導入が中止になったことは言うまでもありません。

お問い合わせ【株式会社人材育成社】 

人材育成のホームページ


コメント   この記事についてブログを書く
« 第824 叱るときには直接伝える | トップ | 第826話 筆圧が弱い人、声が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コンサルティング」カテゴリの最新記事