中小企業のための「社員が辞めない」会社作り

社員99人以下の会社の人材育成に役立つ情報を発信しています。

第877話 働き方改革は「営業」から(その2)

2020年01月19日 | セミナー

「すべての社員がイキイキ働くようになる」仕組みと研修を提供する人材育成社です。 

先日の本ブログ(第876話)では、営業担当者が残業時間にどのような仕事をしているのか調査してみることをお勧めしましたが、あなたの会社では調査をしたことはありますか?

弊社では過去に何度か、営業担当者が残業時間にどういう仕事をしているのか調査をしていますが、様々な理由がある中で最も多かったのが顧客からの急な要望への対応でした。

それでは「顧客からの急な要望」にはどういうものがあるのでしょうか?まずは、この点を具体的に確認してみることをお勧めしますが、営業担当者は様々なことを口にするはずです。

実際に顧客からの要望にはいろいろなものがありますので、それらを聞くと「営業職は大変だな、残業を削減することは不可能かな。働き方改革の実現は難しそうだな」と思えるかもしれません。しかし、ここであきらめてはいけません。

そうすると、営業担当によって大きな差があるはずです。もちろん、担当している顧客の件数や規模、売上金額、また顧客企業の担当者のタイプ(対応方法)などの条件により差は生じますので、一概に比較できるものではありません。

しかし、残業時間が長い担当者は担当顧客に関係なく残業時間が長く、一方で短い営業担当は担当顧客に関係なく残業時間が短いのです。同時に、残業時間と売り上げの大きさにも因果関係はほとんどみられませんでした。

残業時間の長い営業担当者は、「お客様から〇〇の依頼をされたから」というように、「お客様は神様」という言葉の意味を誤解し、お客様からの要望をすべて受け入れることが大切なことだ」と思い込んでいるような発言をしたりすることはよくあります。

しかし、このような考え方をそのままにしていては、働き方改革を進めることはできません。

お客さんは一様ではなく、いろいろなタイプや様々な要求があります。大切なことはそれをしっかり見極めることです。

*****(緊急)セミナー開催のお知らせ*****

  「いよいよ労基法施行! 3つの策で進める中小企業の働き方改革」

日時:2020年2月7日(金)18:30~20:30(18時15分より受付)

場所:SHIP( 品川産業支援交流施設)第2会議室

      品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア4階  TEL 03-5449-6871

     (JR大崎駅より徒歩8分)https://www.ship-osaki.jp/access/    

主催:株式会社人材育成社

    千代田区九段南3-9-11-802

     TEL 03-6272-6335 

内容:仕事の進め方を大きく変える3つの具体策の紹介(実施方法について)

料金:1名様5,000円(消費税別)1月中のお申込みに限り4,000円(消費税別)

お申込みは下記より(2月セミナーと記し)必要事項をご記入し、送信してください。

お問い合わせ【株式会社人材育成社】 

人材育成のホームページ

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 第876話 働き方改革は「営業... | トップ | 第878話 働き方改革は「営業... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

セミナー」カテゴリの最新記事