函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

幻の武田幕府・痛恨の12年!!

2007-09-30 | 歴史
いよいよ、毘沙門天の化身、軍神上杉景虎の
初めての本格的な戦への登場です
出陣にあたって、景虎の願文に聞き入る家臣
の表情は一点の曇りもありません
これだけ短期間で家臣の心を掴むとは天性の
能力を感じますよね

武田と上杉の軍師、勘助と宇佐美の知恵比べ、
実戦もさることながら中々迫力ありました
お互いに裏の裏を読もうとするのは、実戦よりも
臨場感があります

三国志の『蜀・諸葛孔明』、『魏・司馬仲達』の
知恵比べを見る思いで、暫く振りにわくわくしな
がら見ていました

晴信の撤退命令に従わず篭城する諸角、死に場所
を求めていたとしか思われません
しかし、無骨者の諸角の篭城が意外な結果を齎す
とは、皮肉なものですね
二人の軍師の頭脳を、実直な武将の心が惑わすの
ですから分からないものですね
宇佐美でさえ勘助の策略だと勘違いしましたよね??
夜襲をかけて挟み撃ちにするのが武田の作戦だと…

晴信の命令に従わなかった諸角に対する軍法会議。
70過ぎの老将に対する晴信の思いやりには心を打つ
ものがありました
それにしても、老将でも使い道を考えるとは晴信
の器も大きくなりましたね

今日の主演男優賞のガクト謙信、中々の迫力ありま
したよね
晴信、景虎、どちらが主役か分からなくなりました
画面に映る存在感は、今日のところ景虎に軍配が
上がった様な…

ところで
川中島は信濃川からの豊かな水流のお陰で当時、
屈指の穀倉地帯だった様なのです
同時に、東西南北に通じる交通の要衝でもあり、
この川中島一帯を領有出来るかどうかが、その後
の勢力地図を大きく変える事になるのです
ですから武田・上杉の両軍は必死だったと思われます
上杉からすると、川中島が武田に押さえられれば
次に越後に侵攻してくるのは火を見るより明らか
なのですから
何としても食い止めなければ、と云う意気込みは
武田をはるかに凌いでしたかも知れませんね
上杉には、村上・小笠原や武田に追われた信濃衆も
命懸けで戦いを挑んで来るのですから…

一方、武田からすると米の収穫高が格段に増え、
もし越後に進出出来れば、佐渡金山まで手に入るのです
黒川金山・中山金山に加え佐渡金山まで手に入れば
軍資金面では日本一の大名と成り得るのです
天下取りの野望持っている武田信玄にとって願って
もないチャンスですよね
食料と交通と軍資金を押さえれば天下に覇を唱える
のもそう遠くなかったはずです。

今回の川中島はあくまでも前哨戦なのですが、
十二年も川中島に釘付けだった事が、結果的に信玄
の天下取りの野望を挫いた事になるのです
もし謙信が越後に居なかったら??と考えると…
武田幕府の実現性はかなり高かったのではないで
しょうか
武田にとっては、返す返すも悔やまれる十二年なのです
もしかして???
上杉謙信にとっても、同じ事が云えるのかもしれませんが…








コメント (9)   トラックバック (38)

スプリンターズS!!

2007-09-30 | 競馬
今日の勝負レースは久し振りのGⅠ、スプリンターズSです
キーワードは『マイル』

中山の1200㍍、とてもタフなコースですよね
このコースを征服するには近走で1600㍍を経験し、
しかも勝ち負けをした馬でなければウィーナーズサークル
には立てないのです。

⑦アストンマーチャン・⑩コイウタ・⑮スズカフェニックス・⑯キングストレイル
の四頭しかいません

一見、混戦の様に見えますが、意外と『マイル』
と云うキーワードであっさり決着すると思って
いる僕なのです

大外に入って不利な様に見えますが、六ヶ月の休養
明けを一度叩いた⑯キングストレイルに食指が動くのです
大外から一気にさし切ったデュランタルと同じく、SSと
ノーザンテースと云う血統にも魅力を感じます

中山での実績が無いのが少し気になりますが
溜めて行けば必ず切れる⑮スズカフェニックスが二番手です

今日の勝負は勿論⑮⑯の馬単です
⑯→⑮を厚めに買おうと思っていますが、二頭軸の
三連複も面白そうだ
相手は調教の動きが抜群だった⑭クーヴェルチュールを加え
⑦⑩の牝馬三頭に流したい
三連単も⑮⑯→⑮⑯→⑦⑩⑭のフォーメーションです

そろそろ超万馬券が出そうな予感がしている僕なのです



コメント   トラックバック (1)

手造りセルフレーム!!

2007-09-29 | 店舗
セルロイドフレームが昨日当店に新しく入荷しました。
このフレームは普通のと違い、眼鏡職人が一本ずつ丹念に造ったフレームです。
光沢があり、しっかり造られてる高級感があります




ツルの部分に手造りと彫ってあり、もちろん日本製です。
セルフレームはファッションの一つとして多くの人に愛用され、そして、
眼鏡レンズが強度でもレンズの厚みを隠せる利点があります。

顔の印象を大きく変える手造りセルフレームを!!
良かったら、皆さんも!!





手造りセルフレーム
\25000-

サポートグラス

函館市田家町14-30
0138-83-5678

コメント (2)

シリウスステークスGⅢ!!

2007-09-29 | 競馬
一週間が過ぎるのは早いものですね
土曜の勝負レースは阪神11レース
シリウスステークスGⅢです

順調なら⑫アロンダイトで大丈夫だと思うのですが
なにせ十ヶ月振りの実戦では、何とも心許ない
調教でも本来の動きではなかったと思うので
今回だけはバッサリ切ろうと思っています

僕の推奨馬は③ドラゴンファイヤーです
除外を挟んでの三連勝、中々出来るものではないのです
昇級戦ですが若さと勢いに期待しようと思っているのです。
もしかすると、ダートの新星になれる器かも知れない
期待を込めての本命なのです

もう一頭、侮れないのが④ツムジカゼです
1400、1700と使ってきましたが、個人的には
2000㍍位が一番合っていると思うのですが…
スムーズに好位に取り付けば、あっと驚く
シーンが見られるかも知れせんよ

②のマイネルボーノットの出方が気になる処ですが、
すんなり先行出来れば怖い⑤ヒーローアンセム。
徐々に体重が減っているのが気になりますが、
調教を見る限り馬体重も戻っているのではない
でしょうか
僕の最大の惑星馬です

もう一頭の人気馬、⑨タガノゲルニカですが、実力的
には充分通用する筈ですが、助手のコメントでも
『少し重め』と言っているので、人気になるここ
は切りたいと思っています

僕は阪神得意の①ワンダースピードを加え①③④⑤の
馬連ボックスで勝負です!!
③→①④⑤の馬単も少々買おうと思っていますよ
勿論、③→①④⑤→①④⑤の三連単フォーメーションも…
ちょっと買い過ぎですよね


コメント (2)

愛用の双眼鏡!!

2007-09-28 | 函館風景


これは僕の愛用の双眼鏡です
もう10年以上使っているのです。
勿論、変な趣味に使っているのではありませんよ
これで自宅の窓から函館湾を見るのです



折りたたむとこう云う感じになります
長さは10㌢弱でしょうか、コンパクトなボディー
なのですが、これで10倍もの倍率があるのですよ
何でも、ダハプリズムを使っているので超コンパクトで
高倍率なのだそうです。
尤も、10年以上前の製品なので最近はもっとコンパクト
な物があるかも知れません



今日の函館は生憎の雨模様
ガスが架かってて気温20度の予想です

それにしても、今日の函館湾には船が凄く多いのです



ドックにも自衛隊か海上保安庁の船が停泊しています



旧西警裏の桟橋にも5隻の船が係留されています。
今週末、何かイベントでもあるのでしょうかねー
コメント

夜の訪問者!!

2007-09-27 | グルメ
昨日の夜九時過ぎにインターフォンが
誰かなと思って出てみると、中学校の同期のK君
何だろうと思ったら…



何と、採りたての枝豆を態々持ってきてくれたのです
それも豆だけ、もぎ立てなのです
時間掛かったろうなー。本当感謝感謝の一言です

彼が言うには、豆を洗い、豆に直接塩をすり込み
塩を落とさないでそのまま茹でると良いそうです
豆の色が抜けないとK君は言っていたので早速
やってみました



どうでしょうか??
われながら巧く出来たと思っているのですが
僕は硬めが好きなので、10分ちょっとで出来上がり
やはり枝豆にはが一番


茹で方もありますが、やはり素材の新鮮さが一番
K君、態々有難う御座います。
又、お願いしますね




コメント

とみやのワンコインランチ②!!

2007-09-25 | Weblog
今日のお昼は一週間振りに『とみや』のワンコインランチです。
ネットで確認したところ、今日は牛筋カレー目玉焼乗せ



営業中は中々表に出る事が出来ないので、デリバリーは
とても助かります



黄身を崩しカレーと一緒に食べると美味しいですよ
滅茶苦茶辛くはないのですが後で辛さが効いてきます



今回のビックリはこの付け合わせなのです
普通カレーと云えば、福神漬け・ラッキョウ・紅生姜
くらいしか食べた事がありませんが、しし唐or青南蛮
の味噌漬けなのです
多分辛さからすると僕の大好きな青南蛮だと思うのですが
見た目はしし唐の様な…

炊き立てのご飯と一緒に食べると美味しいだろうなー

コメント

不気味な朝焼け!!

2007-09-25 | 函館風景



これは5日位前の写真です
自宅から撮った太平洋側の景色です。

不覚にも又ソファーで寝てしまい、気が付くと
朝の4時半
夜が明けるのも早くなりましたね

それにしても何とも不気味な朝焼けです
天変地異でも起こりそうな感じなのです
太陽の光が雲に反射して、不気味さを増幅して
います



そろそろ夜明け間近です
紫に染まった海も、何となく薄気味悪いものが
あります
天地創造といった感じでしょうか

念の為この日は何も起きませんでしたよ


コメント

風林火山・村上義清のその後!!

2007-09-24 | 歴史
いよいよ、晴信による村上討伐が始まりました。
調略によって次々に武田に下っていく信濃の小領主達
を見てさすがの義清も戦意を失くしてしまいましたね。
無事越後まで落ち延びた義清による援軍要請に答え、
遂に、出兵を決意した景虎、いよいよ長~い川中島の
戦いの始まりです

それにしても、負けた武将の家族は哀れなものです
次々に自害して果てる義清の妻玉ノ井や侍女を見てい
ると、歴史の狭間で人知れず死んでいった人のほうが
圧倒的に多い事を痛感させられます。
もし生きていたならば、歴史に名を残した人物も沢山
出ていたことと思いますが、人間の運命の分かれ目と
云ったところでしょうか

信濃の小領主達が次々に寝返るのも解る様な気がします。
自分の家族や身内を守る為、苦渋の選択をした領主も
さぞ多かったと思います
義理や人情だけでは生きられなかった時代なのです
普通に生きるのが難しかった時代なのです
個人主義が万延している今の時代では考えられない
事ですね
自分だけの事を考えて生きて行くなんて、時代が許さな
かったのです

信濃をほぼ手に入れた晴信、好むと好まざるとを得ず
越後の毘沙門天との戦いの始まりです
ガクト謙信、中々様になってきましたね
僕の中での謙信のイメージにぴったりです
これからが益々楽しみです。

ところで今回の主役村上義清ですが…
上田原の戦いでは板垣・甘利の両職を討ち死にさせたり
砥石崩れでは武田軍1200名を討ち死にさせたりと、二度
までも武田軍を打ち負かした武将は他にはいません。
武勇に関しては、信玄より上だったのかも知れませんね。
その義清のもっとも苦手だったのは調略だったようです。
戦場での実戦の駆け引きは相当のものだったと思います
前にも書きましたが、武田軍は唐突な戦いをする事など
殆ど無かったのです。
間者を放ち、完璧なまでに情報収集をし、その上で調略に
よって敵の武将を寝返えさせるのですから、いかに義清と
言えどもたまったものではありません
殆ど実戦らしき戦いも無く葛尾城から落ち延びる義清を
考えると、典型的な武田軍の戦い方に翻弄された感が
ありますよ。
それも、一度は自分が打ち破った真田幸隆の調略によって、
葛尾城まで失うとは、無念の極みだったと思うのです
「調略に勝る戦法無し」と云う事でしょうか。
その後、義清は謙信のもとに落ち延びて行くのですが、
謙信の助けを得て葛尾城を一時奪い返しますが直ぐに武田
に奪い返されてしまいす

一説にはその後、謙信の有力な家臣となったとの説があっ
たり、川中島の戦いで信玄の弟、信繁を討ち取ったと云う
話も残っていますが、どうも怪しい感じが僕にはするのです
どうやら、上杉謙信の家臣になり、越後根知城を与えられ
たらしいのですが、その根知城で病歿したと伝えられています。
遂に生まれ故郷に帰ることはなかったのです。

村上義清と云う武将は、裏腹なところがなく、正直で非常
に人情味があり信仰心も強い人物だったらしいのです
逆に、この正直で人情味があったところが彼の弱点だ
ったのかも知れませんね
僕は謙信ほどではないにしろ、義に厚く男気が強い
武将だったと確信しています
人間的には、信玄や謙信より僕は好きなのです
天寿を全うしたのがせめてもの救いです


コメント (3)   トラックバック (31)

カトキチ、津軽中華!!

2007-09-23 | インスタント食品
ミートホープの食肉偽装の絡みで話題のカトキチさんの
カップ麺です。
生めん使用のご当地ラーメン「津軽中華」です。
まず、津軽中華って良いネーミングですね。僕はそういうの好きですよ
何か演歌の歌詞みたいですね
パッケージはこういう感じです。



原材料はこういう感じになってますが、表示は大丈夫なのか



でも、僕は全然そういう事には気にしません


まずは、食べてみる。
和風だしの素朴感があり、アッサリしていてとても美味しいです。
一分で完食
Sさんご馳走様でした。又宜しくお願いします


コメント (8)   トラックバック (1)