函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

後悔先に立たず!!

2009-09-28 | 歴史
最上攻めから撤退した兼続
一時は死をも覚悟したと言われた戦いでしたが、前田慶次郎
らの活躍もあり見事殿の役目を果たせたのです
撤退劇の最大の功労者・前田慶次郎、二つの関ヶ原と言うの
なら東の関ヶ原?も描いて欲しいと個人的には思うのです
主役が兼続なので仕方ありませんが、それにしても扱いが小
さ過ぎるのでは…

前田慶次郎、前田利家の兄・利久の義理の息子と言われてい
ます
その利久が亡くなると家族を捨てて何故か前田家を出奔して
しまうのです
落ち目の時ならいざ知らず昇る勢いの前田家を何故出奔した
のでしょうか??

その後、京都で暮らしていたみたいですが、そこで兼続と出
会ったと言われています。
関ヶ原の少し前に上杉家に千石で仕官しますが、上杉家は関
ヶ原での敗戦で米沢三十万石に減封されてしまいます。
この時慶次郎は何故か五百石という微禄を持って上杉家に仕
えるのです
沢山の大名から高禄を持って迎えたいと誘われますが、それ
には目もくれず結局米沢に移り住み一生を終えたのです
婆沙羅の慶次郎、僕は室町の初期の大名・佐々木道誉と何故
か重なって見えてしまいます。
慶次郎は道誉ほど名家の出ではありませんが…

京都での慶次郎は公家や文化人との交流もあり、そこで天下
に名を知らしめた様ですね
文武両道の慶次郎、その意味では兼続と意気投合したかも知
れません
前田家出奔の原因はもしかして武だけで伸し上がった前田家
に愛想をつかしたのかも知れませんね

後悔先に立たず!!
徳川家康を討たなかった事を悔やむ上杉景勝
石田三成憎しの感情だけで東軍についた事を悔やむ福島正則
武将としての資質は高かったかも知れませんが政治家ではな
かった様ですね

景勝に至っては武将としての資質をも疑いたくなるほどです
千載一遇のチャンスを訳の分からない義の一言の為に自ら潰
してしまったのですから最悪の大将といっても差し支えあり
ません
義とか正義を掲げても所詮謙信とは違うのです。
謙信の真似は出来ても謙信にはなれないのです。
偉大な親を持った哀れを感じます
仮に家康軍を攻撃しても必ず勝つとは言い切れませんが、少
なくとも戦況ががらっと変わった筈です。
東軍といっても主力は豊臣恩顧の大名。
戦が長引けば長引くほど西軍に有利に働いた様な気がしてな
りません
そういう意味では関ヶ原敗戦の原因は景勝にもあったのです。
今頃反省しても遅すぎます
何を今更といった感じですね

家康を討つ事を強く主張した兼続に『天下に義を守ること、
そのためにこそ生きられよ』と説かれる始末
跡取りがいたのなら直ぐにでも引退した方が良かったかも。
これだけ家老の兼続が世間に認められるという事は、裏を返
せば景勝の凡庸さの表れなのかも知れませんね

三成にも一言!!
敗者に正義はありません。
正義は勝者が作るものなのです。
豊臣家を守る為としょうして戦った三成ですが、その豊臣も
織田から権力を奪ったのですから豊臣から徳川家が権力を奪
う事は不正義なんかでは絶対ありません

正義は常に勝者によって作られたといっても過言ではないの
です



サポグラ 9月号 のCMです




コメント   トラックバック (29)

夜景を見ています!!

2009-09-27 | ミュウ


又々、全く警戒感もなく爆睡中のミュウ



この日は寝起きにもかかわらずいつになく凛々しい顔を
しています
と思ったら…



大好きな夜景の観賞会
一体何を見ているのでしょうかね??




サポグラ 9月号 のCMです


コメント

オールカマーと神戸新聞杯!!

2009-09-26 | 競馬
今日は産経賞オールカマーで勝負

430㌔そこそこの馬体の⑨ドリームジャーニー。
59㌔の斤量が気になりますね
最大の目標は天皇賞、実力は認めても勝ち切るまでは
難しいそうです
休み明けの実力馬は2着に負ける事が多いのです。
ここはドリームジャーニーに勝てる馬探しですね

大器晩成型の②シンゲン。
最近の充実振りには目を見張るものがありますね
右回りを不安視する向きもありますが、完成の域に達
した今ならGⅠにも手に届くかも知れません

分からないのが①マイネルチャールズと③ダイワワイルドボア。
あまり強いとは言えない世代ですが一発があるとすれ
ばマイネルチャールズ。
中山での実績は抜群のものがあります
1枠を活かし2,3番手から抜け出す様な競馬をして欲し
いものです

大外に入った⑮マツリダゴッホ。
全盛期が過ぎたと僕は思っています。
今回は自信の無印

①②→①②⑨→①②⑦⑨

去年の宝塚記念から1年以上遠ざかっていた⑦エイシンデ
ピュティ。
常識的にはからり厳しいものがありますが、すんなり
逃げれそうなメンバー構成。
3着に逃げ粘って欲しいと思っている僕なのです

菊花賞トライアル・神戸新聞杯。
栗東の坂路で50秒を切った⑧アントニオバローズに注目
今年絶好調のマンハッタンカェ産駒
トライアルなら…

⑤⑧⑬でほぼ決まると思っていますが、勝負は

⑧→⑤⑬→②⑤⑦⑬の3連単

堅く決まりそうなレースですね



サポグラ 9月号 のCMです










コメント   トラックバック (9)

ながつきステークス!!

2009-09-26 | 競馬
今日はながつきステークスで勝負

ダートに代わってからすっかり成績が安定した⑬ロラパルーザ。
前走のタイムは3歳馬としては出色でしたね
この馬のダート適正に賭けてみたくなります

ロラパルーザと同じくダート代わりが功を奏した⑭オーロマイスター。
距離に一抹の不安はありますが脚質からも大崩はなさそう
です

この2頭を纏めて負かすとすれば⑨プテアート以外ないでは…
1年の休養明けですがダート戦では長期休養明けの馬がよ
く激走するので是非とも押さえたい1頭です。

中山での持ちタイムが悪くない⑯ニードルポイント。
勝った時も16枠でしたね。
ハイペースにでもなれば面白い存在です。

⑨⑬⑭の3連単BOXを押さえ
⑬→⑨⑭⑯→⑨⑭⑯で勝負

人気の一角①ロールオブザダイス。
1枠に入ったのが凶に出そうな気がしてなりません
外から被されて失速しそうな…



サポグラ 9月号 のCMです



コメント

絶品の油子!!

2009-09-25 | 頂き物


とれ立ての魚、およそ50匹
八雲町のお客様から頂きました
殆どが真鰈ですがその中に…



紛れ込んでいた一匹の油子
全長40㌢、丸々と太っています



見た目だけでも脂が載っているのが分かります
刺身で食べるしかありません



どうです!!この色と艶
もっちりとした食感もたまりません

ここまでの油子は滅多にお目に掛れません。
鰈も刺身にしたのですが今回は油子の方が数段旨かったのです。
やはり魚は魚種ではなく時期なのですかね



サポグラ 9月号 のCMです






コメント

パウンドケーキ!!

2009-09-24 | 頂き物
数日前この方が メガネを購入してくださった
のです

納品時にとても嬉しい物を持って来て下さいました



パウンドケーキ
それも何と手作りなのです



レーズン・オレンジピール・クルミが入っていてラム酒?の
香りがほんのりと感じます



旨~~~い!!
御世辞抜きに旨いのです
しっとりとした食感がたまりません
一気に3個完食

手作りのクッキー・ケーキ・パイなどは食べた事がありますが
このパウンドケーキ、素人の域を完全に超えています
その辺のケーキ屋さんにも勝るとも劣りません

さん又お願いしますね
このケーキに名前を付けてみました

ダックスケーキ!!
ちょっと今一のネーミングですね



サポグラ 9月号 のCMです










コメント

連休最終日の函館!!

2009-09-23 | 函館風景


連休最後の一日、気温も高くとても穏やかでしたね



大きめな客船が停泊しています
明日には出港するのでしょうね



夕方5時の元町公園、流石に連休最終日ともなると
観光客も殆ど見当たりません



公園前の石畳にはナナカマドの実が散乱しています
見上げると



何と!!カラスが実を食べています
今年のナナカマドは赤がとても鮮やかですね

ここ数日、高い気温が続きましたが函館山の紅葉も
もう直ぐです



サポグラ 9月号 のCMです







コメント

秋のタンポポ!!

2009-09-23 | 店舗


今日は定休日ですが、チラシ作りやら納品やらで出勤する
事に…
店の入り口のタイル張りの端に何と!!タンポポが咲いて
いるではありませんか



因みに、このタンポポは春にも一度咲いているのです
ここ数日の陽気で狂い咲きしたのでしょうか??

つぼみも数個あるのでよほど気温が下がらない限り暫
くは楽しめそうです




サポグラ 9月号 のCMです


コメント

関ヶ原!!

2009-09-22 | 歴史
いよいよ関ヶ原
東では上杉が最上の長谷堂城攻めに取り掛かろうとして
いますが、西では三成一世一代のおお戦です

小早川秀秋、実質的に関ヶ原の勝敗を決めたのは彼です

その秀秋に東西の陣営から矢の様な催促
その彼には三成からは関白、家康からは二カ国加増の提
示が…

常識的に考えると関白の方がはるかに良い条件だとは思
いますが、秀秋には秀次事件がとらうまになっていた様
です
実際、戦いのあと発狂して亡くなったと言われている秀
秋ですがかなりの小心者だったのでしょうか??
ドラマの中だけではなく実像の彼も関白就任までは望ん
でいなかったのかも知れませんね

西軍に加担して関白になったところで似た様な運命を辿
ったのかも知れません。
どちらに転んでも一国を束ねる器ではなかった秀秋、悲
劇の武将ですね

ところで
元々三成と武断派と呼ばれる武将達はそれほど仲が悪か
った訳ではないのです
全ては朝鮮出兵から始まったと言っても過言ではありま
せん

秀次事件もそうですね。
連座を恐れた武将達がその後ほとんど家康に近づいてゆ
きます。
家康の執り成しで連座責任を逃れた武将達は家康配下と
なってゆくのですが、必然性があった訳です。

元を糺せば秀吉自ら豊臣政権崩壊の火種を作ったという
事になりますね
秀吉は全国統一を成し遂げましたが、どうやらそこまで
が秀吉の限界だった様な気がしてなりません
豊臣秀長死去→朝鮮派兵→豊臣秀次切腹→前田利家
死去と豊臣家は徐々に崩壊の道を辿っていきます

1600年、いまや徳川家康に面と向かってものが言える大
名はいなくなったのです
秀吉の遺言にも関わらず伏見城から大阪城に入り大名に
対する仕置きも独断で行うようになった家康。
徳川家と他の大名との縁組も秀吉が定めた法を無視する
かのように進めます
もはや事実上の天下人ですよね
その天下人に対して果敢に戦を挑もうとしている石田三
成。
石高からいっても家康とは比べ物になりませんが、情熱
だけを武器に家康に挑もうとしている姿には一服の清涼
感を覚える僕なのです

日本の歴史上最大の戦い関ヶ原。
結果的には東軍の勝利に終わりましたが、どう転んだか
分からない戦だと僕は思っています。
関ヶ原の戦いが長引けば長引くほど勢力地図もがらりと
塗り替えられた可能性があったのでは…
大戦の割にはあまりにも早く決着がついたのが西軍にと
って誤算だったのかも??

九州では黒田如水が勢力を広げ虎視眈々と上洛を狙って
いました
東では上杉景勝と密約を結んでいたのが佐竹義宣
東軍に就くべきと主張する重臣と父・義重を内に抱え身
動きが取れなかった様です

ドラマでは家康に金魚の糞の様に近づいている伊達正宗
ですが、もし?上杉と伊達が盟約を結んだのなら…
確かに佐竹と伊達は犬猿の仲
この二家を繋ぐのは至難の業かも知れません
しかし事実上の天下人・家康に挑むには離れ業を仕掛け
るしかないのです。
それを成し遂げられるのは兼続が適任だったと僕は思っ
ています。
あくまでも個人的なシュミレーションですが…

さて
いよいよ徳川の時代の始まりですが、すんなりといかな
いのもこの時代のややこしいところ
形式的な主・豊臣秀頼がいるのです。
三成憎しで東軍に味方した武断派ですが、自分で自分の
首を絞めた事にはまだ気付いていない様ですね。

絶対的な武力を背景に幕府を開く家康の前にはなすすべ
がありません。
老境に差し掛かった家康ですがいよいよ最後の仕上げ、
豊臣潰しに動き出すのです



サポグラ 9月号 のCMです






コメント   トラックバック (27)

エルムステークスGⅢ!!

2009-09-21 | 競馬
今日はエスルムステークスで勝負

例年札幌で行われているレースですが今年は代替で
直線の長い新潟ですね

大外に入った⑮トランセント。
ダートで無敗と底を見せていません。
タイムも上々、ハンデも53㌔ダートの新星かも知れ
ませんね

前走大敗の①ウォータクティクスと⑦マチカネニホンバレ。
ウォータクティクスの敗因が分かりません
もしかして左回りが駄目なのかも…

マチカネニホンバレはレースを使う毎に体重が増えていまし
たが前走では流石に重かった様です
調教も絶好、今回は狙ってみたいですね

⑦⇔⑮の馬単で勝負

⑦⑮→⑦⑮→③⑨⑩⑬の3連単も少々

3,4才の若駒で勝負しようと思っているぼくなのです



サポグラ 9月号 のCMです





コメント   トラックバック (1)