函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

天皇賞!!

2009-10-31 | 競馬
秋の天皇賞、牝馬の2年連続優勝がなるのでしょうか
去年は史上稀に見る激戦、タイムもレコードでした
歴史に残る牝馬2頭の叩き合いは見応えがありましたね。
ダイワスカーレットは引退しましたが、果たして残ったウオッカは…

極端なスローペースになれば別ですが、メンバー的には
ミドルペースと云ったところでしょうか
最後の直線での追い比べが勝敗の分かれ目ですね

府中実績抜群なのは⑦ウオッカ・⑩シンゲン・⑱エアシェディー
3頭共末脚がしっかりしているのが強み、まず3連単BOXは
押さえたいですね

前走、逃げて2着になったウオッカですが、勝ったカンパニーの絶
好の目標になった感があります
2歳から激戦続きなのも気がかりですが、思い入れも含め
て今年いっぱいは頑張って欲しいものもです

晩成型かも知れないシンゲンですが、ウオッカ同様府中では抜群
の成績ですね
GⅠ初出走なのが少し気になりますが、一気のGⅠ制覇も

関谷記念で32,5と究極の脚を使った⑪スマイルジャックと同じく
32,7で4着だった⑱エアシェディーを加えた3連単で勝負

⑦⑩→③⑦⑩→③⑦⑩⑪⑱

前走でウオッカを差し切った③カンパニーですが激走の反動が心配
です
GⅠでは善戦続きですが、もしかして前走で一皮剥けたかも
知れません
最近絶好調の横山典弘、カンパニーにとって生涯一度の究極の
競馬をするかも。
好位で脚を溜め、万が一内がぽっかり空いたら…

③→⑦⑩→⑦⑩⑪⑱



サポグラ 11月号 のCMです







コメント   トラックバック (23)

スワンステークスGⅡ!!

2009-10-30 | 競馬
今日はスワンステークス(GⅡ)で勝負

例年大荒れレースですが今年も例年通りすんなり
とはいかない様です

直線が平坦な京都コース、⑬トレノジュビリーにとって
は待ちに待ったレースではないのでしょうか
前走のGⅠでも6着とはいえ1馬身半差。
京都の1400㍍の実績からしてあっさり勝って不思
議ありません

ポートアイランドSの勝ち馬がここ2年は勝ってい
ますが、今年の勝ち馬⑨クラウンプリンセスは外せませんね
同レースの2着馬⑥アップドラフトもタイム差無しの2着
なので押さえたい1頭です

⑬⇔④⑥⑨⑭の馬連で勝負。
最大の惑星馬④ショウナンカザン。
絶好の枠に入りましたね
久し振りの1400㍍戦ですが調教の動きからして狙っ
てみたいですね

④⑬→④⑬→⑥⑨⑭も少々
かなりの配当だと思いますが3連複の方が良いでし
ょうかね~



サポグラ 10月号 のCMです




コメント   トラックバック (13)

リニューアルしたアニマルスタンド!!

2009-10-29 | メガネ


クッションアニマルスタンドの新製品が入荷
まずはブタポンネコポンケロポンです
前のシリーズよに少しメタボ気味な動物たち
一回りくらい大きくなった感じてす



ウシポンとサルポンはリニューアル
どれもこれも頬杖したくなるほど愛くるしいですよ
¥1,680(税込)ですが、ホームページに張り付けている
クーポンをプリントして来ると20%OFF
是非、手にとって見て下さいね

ホームページ http//www.support-glass.com/ 





サポグラ 10月号 のCMです









コメント

赤い松!!

2009-10-29 | 函館風景


木々もすっかり色付き始めました
我が家の松もご覧の通り



ツタだと思うのですが松全体が赤く覆われてしまいました
7,8年前に電線に引っ掛かる為、しようがなく切ってしまっ
た松なのです



それにしてもツタの繁殖力には驚かされます



おそらく松からの栄養で繁殖しているのでしょうね
という事は…
何れこの松も枯れてしまうのでしょうか??



サポグラ 10月号 のCMです




コメント

スフレの意味!!

2009-10-27 | 頂き物


東京出張のお客様からのお土産
スフレの詰め合わせです



まずは白桃のスフレ
見た目はいたって普通、でも食べた中では一番旨いかも



次は苺
苺の香りが少し強過ぎる感じです



最後はバナナ
白桃よりはいくらか黄色く着色してある様です
ブルーミックスというところのお菓子だそうですが
日持ちするお菓子の割には旨い部類だと思います

ところで
スフレってどう云う意味なのでしょうか??
調べてみました
フランス語で「膨らむ」と云う意味らしいのです
見た目通りですね!!
スフレという響きからしても何となく伝わってくる物があ
ります



サポグラ 10月号 のCMです








コメント

嫌味な事をする兼続!!

2009-10-26 | 歴史
上杉の義??に対して誇りを貫いたのは大国実頼だけ
だったのかも知れません
『世の中捨てたものではない』とか『本多殿のお陰で
助かった』とか、訳のわからない事を言っている兼続
よりはよっぽど筋が通っています

上杉の義などと言う訳のわからない事を掲げなければ
兼続のとった行動は至極当たり前。
本来、家名を残す為なら豊臣でも徳川でも擦り寄るの
は家老としては当然の事なのです

ところで
上杉家中でも3~4番目に高禄を食んでる大国実頼。
兼続ほどではないにしろ上杉家の中ではかなり発言力
があった筈です
ドラマでは実頼が本多政重との婚儀を勝手に断った事
になっている様ですが、実際は兼続が送った使者を殺
しそのまま高野山に出奔してしまった様です
よほど腹に据えかねたとしか思えぬ行動ですね

実頼が何故?本多政重との婚儀にこれほど反対したの
でしょうか??
義?を貫かぬ上杉(兼続)が許せなかったのでしょうか??
上杉を残す為には何でもする兼続の姿勢に上杉の武士
でいる誇りを感じなくなったのでしょうか??

直江家には実子・景明がいるのにもかかわらず徳川の
重臣本多正信の息子に直江家を継がせる事がよっぽど
我慢ならなかったのでしょうね

兼続と実頼はお互い養子にいった身ですが代々上杉家
の家老を務めて来た直江家、そこに徳川の家臣・本多
の血が入る事を良しとしなかったのでしょうね
ある意味、兼続よりは確固とした意思が感じられます

出奔した実頼には娘がいたのですが兼続が引き取って
いました。
本多政重に嫁いだ兼続の娘は間もなく亡くなってしま
いますが、その後添えに何とその実頼の娘を充てたの
です
実頼にとってこれほどの屈辱はなかった筈です
色んな理由があったとは思いますが、婚儀に反対し出
奔までした実の弟の娘を嫁がせるとは兼続も嫌味な事
をしたものですね
その事だけが原因ではないかも知れませんが、この後
兼続と実頼が会う事はありません

もしかして兼続が実頼の娘を嫁がせなければ、もっと
早く米沢に帰っていたかも知れません。
実頼は兼続が亡くなると直ぐに米沢に帰りますが、愛
の武将と言われる兼続に対してかなりの憎悪を持って
いたのではないのでしょうか
他人より近い人間の憎悪の方が根深いものがある様で


その後、子供店長演じる景明が成長すると本多政重は
米沢を去り加賀の前田家の家老となります
直江家の後を継いだ形になった景明ですが、直ぐに亡
くなり直江家は断絶
結果論ですが、実頼のとった行動は全く無に帰した事
になってしまうのです

本多家も同じ様に後を継いだ正純も結局失脚し本多家
も断絶
両家共、歴史の波に飲み込まれてしまった感じですね
勝者も敗者も安穏としていられない時代だったのでし
ょうか??
歴史とは何とも残酷な結果をもたらすものですね



サポグラ 10月号 のCMです






コメント (7)   トラックバック (23)

初ヤリイカ!!

2009-10-25 | 頂き物


昨日、知人から頂いたヤリイカです
型は小さいですが今年初めてのヤリイカ



イカを捌くのが苦手な僕ですが、帰宅すると自宅には
誰も居なかったので仕方なく自分で捌いてみました
鮮度か良いので皮もすんなりと剥けます



やっぱり刺身には日本酒ですね
小さいとは言え八杯のイカ、お皿一杯の刺身を一人で
完食
真イカと違って歯触りが良いですね



サポグラ 10月号 のCMです





コメント (4)

菊花賞!!

2009-10-25 | 競馬
今日の菊花賞、混戦模様ですね

実力では⑤アンライバルドが一番強いとは思っていますが、
2度の坂を上手く下る事が出来るのでしょうか??
ディープインパクトですら一週目の坂で引っ掛かったのです。
今のアンライバルトでは淀の3000㍍はまず持たないのでは…

同じ事が⑨リーチザクラウンにも言えると思いますが、神戸
新聞杯と同様に一人旅が出来れば残る可能性も大きい
のでは…
何かに差される気がするので頭では買いにくいのです


気になる①スリーロールスと③フォゲッタブル
両馬共ダンスインザダーク産駒ですが、3000㍍の距離だと食
指が動きますね。
特に、スローペースでの先行脚質で最後の脚もしっか
りしていそうなスリーロールスに注目
菊花賞では好走するパターンですよね

ステイヤーだったライスシャワーとだぶって見えてくる⑯ナカヤ
マフェスタ。
最後は確実に伸びてくる同馬ですが、不良のダービー
での差しも凄かったですね
届きはしませんでしたが、菊花賞ではと思わせる脚で
した
一発があるとすればこの馬でしょうね

人気の一角⑭イコピコ。
神戸新聞杯では一気の差し脚で飲み込んでしまいまし
たね。
壺に嵌った感じがします。
果たして、下り坂2回の京都3000㍍で同じ様なパフォー
マンスが出来るのでしょうか??
勝ち負けが一戦毎なのも気になります。
しかし強い勝ち方であった事は間違いありません
消せない1頭ですね

⑯→①⑨⑭1頭軸の3連複BOXを押さえ
①⑭⑯→⑨→①⑭⑯
リーチザクラウンの2着固定3連単で勝負

奇しくも4枠の⑦⑧に入ったヤマニンウィスカーとアントニオバローズ。
両馬共マンハッタンカフェ産駒。
気になって仕方ありませんがここまで手を伸ばすと買
い目も増えるので我慢ガマン



サポグラ 10月号 のCMです




コメント   トラックバック (26)

92歳には見えませんでした!!

2009-10-24 | 店舗
今日来店してくださったお客様
御年92歳
亀田本町から態々歩いて来てくれたのです
背筋もピーンとして、もの言いもしっかり。
耳が少し遠いのを除けはとても92歳には見えません

何か話す度にとても素敵な笑顔で答えてくれます
こんな年の重ね方ってどうしたら出来るのでしょうか??

来店時間は30分くらいだったのですが、お帰りにな
った後、何かとても嬉しさが込み上げて来ました

久し振りに穏やかな気持ちにさせてくれる人に巡り合
った様な気がします

お爺ちゃん取りあえず100歳目指して下さいね
又、会いたくなる様なとても素敵なお爺ちゃんでした




サポグラ 10月号 のCMです


コメント

富士ステークス!!

2009-10-24 | 競馬
今日は富士ステークスで勝負

府中に実績のある馬が揃いましたね
内外、どの枠からでも先行出来る①レッドスパーダ。
圧巻はNHKマイル。
ジョーカプチーノには差されましたが、3歳の時期としては
中々のタイムですね
すんなり先行出来ればまず連は外さないのでは…

マイル実績抜群の⑪マイネルファルケ。
楽に逃げれそうなメンバー構成ですが、単騎でいけば
中々しぶとそうです

大外に入った⑱サンカルロ。
古馬初対戦ですが、切れだけをとればここに入っても
ひけはとらない筈です

①→⑥⑪⑯→⑥⑪⑯⑱
⑯ザレマ。
何か一皮剥けた感じもします
勝ちみに遅かった同馬ですが、前走の勝ち方は本物
このメンバーなら一発があっても不思議ではありません
⑯→①⑥⑪→①⑥⑪⑱も少し押さえようと思っている
僕なのです




サポグラ 10月号 のCMです


コメント   トラックバック (1)