函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

いよいよ!!

2012-05-31 | 函館風景

今日の函館、とても良い天気です

港には多くの船が係留していますね

どうやらイカ釣り船のようです。

明日からのマイカ漁にむけての準備でしょうか

大き目の船です

10艘くらい停泊しています。

明日の初水揚げが楽しみですね

今年は豊漁を期待したいものです

 

 

コメント

平清盛、ほうげんの乱らしいです??

2012-05-29 | 歴史

今の今まで保元の乱を「ほげんのらん」と思っていた僕

正しくは「ほうげんのらん」らしいのです

40年以上も「ほげんのらん」とばかり思っていたなんて何

とも…       

 

叔父と甥、父と子、兄と弟、実際戦うのは天皇や上皇では

なく勿論摂関家でもありません。

後の戦のように全国の有力武士達が大軍を擁して戦う戦

とは少し違うようです。

在京武士による局地戦と言った方が正しいのかも知れま

せん。

何れにして最高権力者を決める戦いだった事には間違い

ありませんし、武士の武力が勝敗を握っていた事も事実で

すね

 

劣性になった上皇側ですが、流石の為義も『戦を知らぬ者

は耳を塞いで待っておれ!!』と頼長に向かって罵声を浴び

せます

負けを覚悟したからこそ言えたのでしょうね

もう少し早く吹っ切れていれば勝敗の行方も違ったものにな

ったのかも知れません。

為義ばかりか上皇にも『そなたを信じた朕が愚かであった!!』

とまで言われる始末

公家として頂点に上り詰めた頼長ですが、最期が何とも惨め

です。

人心が離れ、気がつけば自分の周りには誰も居なくなってい

たのです

聞く耳を持たない人間の哀れさを感じますね。

 

それにしても頼盛が何故上皇側に付こうとしたのかが??い

まいち説得力に欠けます。

頼盛を清盛の許に残すため忠正が上皇側に付いたと言う事

なのでしょうが、その意味も分かりません

戦国時代では家を残すため当たり前のように親子兄弟が敵

味方に分かれ戦っていますが、その考え方とはかなり違った

もののように感じますね

各々が敵味方として戦ったのには理由があった筈です。

鳥羽上皇の王子・重仁親王の乳母だった宗子(池禅尼)の事

や、悪左府・頼長の家人として仕えていた忠正の事などが描

ききれていません

頼盛がどちらかにつくかで大げさに言えば戦況は一変した可

能性が高いのです。

保元の乱は頼盛の動向が大きな鍵だったと僕は思っています。

色んな思惑が入り乱れ天皇につくか?上皇につくか?平氏も

源氏もぎりぎりの選択をした筈です。

 

来週はいよいよ信西の命により叔父、父を斬首する清盛と義朝

現代の感覚ではとても信じられない事ですが、戦国時代でも実の

父を斬首した話はあまり聞いた事がありません

史実はともかく、斬首されるまでの人間模様、葛藤をドラマらしく感

動で演じて欲しいものです

 

 

 

コメント   トラックバック (17)

ダービー!!

2012-05-27 | 競馬

今日のダービーは良馬場で行えそうですね

先週のオークスも2分23秒6のレコード決着

超高速馬場の府中、ダービーも早いタイム

での決着となりそうです。

天皇賞を驚異のレコードで勝ったトーセンジョーダン

半弟の⑭トーセンホマレボシも京都新聞杯で従来の

レコードを大幅に更新しました

2着だった⑤ベールドインパクトも0.4秒差のレコード

だった事を考えるとタイムが出易い馬場状態だった

のは間違いなさそうです

中2週のローテーションのせいでしょうか??ダービー

では良績が無い京都新聞杯組、そこに目を瞑ってでも

狙いたくなります

おそらく鼻を切る③ゼロス。

大逃げに持ち込む可能性も大きいと思っています

⑩ディープブリランテと共に2,3番手に着ける事が出来

ればしめたもの

逃げる③ゼロスを交わし…

⑭→⑥⑧⑩→⑥⑧⑩⑰

運に見放された感じがする⑰グランデッツア。

17枠は如何にも…

流石にこの枠から差し切るまでは無理そうですが、抜群

の調教内容からして馬券には絡みそうです。

⑭⑰→⑥⑧⑩2頭軸の3連複も少々

 

 

 

コメント   トラックバック (1)

平清盛、信西VS頼長!!

2012-05-22 | 歴史

後白河VS崇徳、いよいよ保元の乱が始まりそうです

後白河ではなく崇徳上皇の息子・重仁親王を即位させていれば

保元の乱は起きなかったかも知れません。

重仁親王は美福門院得子の養子となっており養母にあたる美福

門院得子も我が子同然に可愛がっていたと言われているのです

実の息子・近衛天皇が亡くなった今、得子にとって権力の保持が

最大の目的だった筈です。

実の子・近衛天皇が亡くなったのですから義理とはいえ可愛がっ

ていた重仁親王が即位する事に不服はなかったと僕は思ってい

ます

問題は鳥羽法皇。

危篤になっても『崇徳上皇が見舞いに来たら追い返せ』と寵臣に

言っているくらいですから、想像する以上に崇徳上皇を嫌っていた

のでしょうか??

ドラマでは清盛が太刀を抜いて『遅すぎました!!』と言って崇徳上皇

を追い返しますが、上皇に対してあんな態度をとる事などあり得ませ

少し度か過ぎた演出のような気がしますね

 

崇徳帝側につくと決めた頼盛ですが、実母の池禅尼に諭されます。

池禅尼には天皇側が勝つとの確信があった筈です

実子である頼盛を殺す訳にはいかないのです。

それでも上皇側に馳せ参じようとする頼盛ですが、何故か忠正が

上皇側につき頼盛は説得された形になりました。

忠正が平家の分裂を防ぐ為に身代わりになったと言う事なのでし

ょうか??

ドラマとしては泣かせる場面かも知れませんが、全くあり得ません

忠正は頼長に仕え出世して来たのです。

今更、天皇側につくなどあり得ません

忠正に時流を見る目が有れば上皇側につく事はなかつた筈です。

池禅尼の方が世の流れをしっかり見極めていたという事になりま

すね

ところで… 

信西の画策により謀反人の烙印を押された頼長、正当性を得るた

めには崇徳上皇と組むしか道が残されていなかったようです。

賊軍として戦うという事は、戦う前から負けを意味しているのです。

保元の乱は見方を変えれば二人の秀才、信西VS頼長と戦いと言

っても過言ではありません

武士を押さえつけ戦略にも口を出した頼長、武士の言う事を聞き戦

略は武士に任せた信西。

結果は火を見るより明らかですね

 

 

コメント   トラックバック (15)

オークス!!

2012-05-20 | 競馬

今日のオークス、桜花賞の上位馬に肩を並べて⑧ミッドサマーフェアー

が人気のようですね

重の美浦坂路で48,8秒、この時期の3歳馬としては出色のタイムです。

今年に入って6戦目、使い詰なのも気になりますが、調教も動きすぎた

気がしてなりません

一皮剥けたのかも知れませんが、ここ10年を見てもフローラSの勝ち馬

がオークスでは善戦止まり

馬券に絡む可能性はありますが、頭からは狙い辛いですね。

 

桜花賞では⑭ジェンティルドンナに半馬身届かなかった⑨ヴィルシーナ。

1800~2000㍍戦を経験している強みがあります。

今度は逆転出来る可能性が高いと思っています

 

桜花賞では出遅れて全く競馬をしていない④オメガハートランドとけがの

為桜花賞に出れなかった⑩ハナズゴールを加え勝負

⑨→⑭→④⑧⑩⑯

桜花賞3着馬①アイムユアーズ。

絶好調のウイリアム騎手に乗り替わったのが気になりますが、ファルブラ

ウ産駒はオープン以上の芝2000㍍以上では殆ど馬券に絡んでいません

絶好の1枠、超スローにでもなれば侮れませんが、流石にそこまでのペー

スになるとは考え辛く…

 

 

 

 

 

 

コメント   トラックバック (1)

逆さ夜景!!

2012-05-18 | 函館風景

久し振りの夜景です

遊覧船乗り場から撮った写真です

8時頃でしょうか?全くの無風状態。

逆さ富士ではなく逆さ夜景ですね

緑の島の水銀灯もロウソクの炎のように写っていますね。

思わず手を合わせたくなります

言葉がありません。

何とも言えない綺麗さです

綺麗な夜景を見たせでしょうか??

夜の10時頃に不覚にも眠りについてしまいました

おかげで4時に目が覚める始末。

窓を見ると朝焼けが函館湾を覆っています。

ズームして見るとさざ波に反射して複雑な模様を描いています。

今日の函館は暖かくなりそうですね

 

 

コメント

平清盛、性格に問題があった義朝!!

2012-05-14 | 歴史

後白河天皇を即位させた事に後悔する鳥羽法皇と恨みを募らせる

崇徳上皇

このまま何事もなく時が過ぎる筈がありません。

全ての争いの元は後白河天皇を即位させた鳥羽法皇にあるようで

鳥羽法皇晩年の失策と言ってもよいですね

権力を維持したい者、権力を奪い取りたい者、行き着く先は戦しかな

いのです

動き出した船は中々止められません。

 

平氏では…

清盛の義母・池禅尼が重仁親王の乳母だったのは事実ですし、その池

禅尼が宮廷を牛耳っていた美福門院へ多数の荘園を寄進していたのも

事実です

義朝を除く源氏の殆どが頼長側についたのとは対照的に平氏は全方位

外交を展開していたようですね。

八方美人といえばそれまでですが、一族の運命がかかっているのですか

ら仕方ありません。

政治的にみても清盛を頂点とする平氏の方が一枚上手です

 

源氏では…

身内同士で相争うのが源氏の血のようですが、保元の乱では長男・義朝を

除く殆どの兄弟が為義側についています

親子の契りを結ぶほど仲が良かったと言われている次男・義賢と四男・頼賢

は勿論、五男頼仲・六郎鳥宗・七郎烏成・九郎為仲も…

九州で暴れまわっていた鎮西八郎為朝までもが為義と行動を共にしているの

です

義朝だけが別行動をとっていた事になりますね

行動が分からない三男・義範は後に甥の木曽義仲と行動を共にし最後まで頼

朝に敵対しているところを見るとおそらく反義朝側にたっていた筈です。

この事からしても為義と義朝との距離がかなり離れていたのは間違いないなさ

そうです。

保元の乱は源氏にとって父と子の主導権争いと言っても過言ではありません

結果的に義朝が勝ち源氏の棟梁となりますが、平治の乱では負け家来に殺され

てしまいます。

壇ノ浦で滅亡した平氏と比べても義朝の死に様は惨めです

親兄弟全てから見放された義朝、その性格に問題があったと言わざるを得ません。

人に好かれない性格だったのでしょうか??

いくら信西の命令とはいえ実の父を斬首するなど中々出来る事ではありません。

そんな人間が武家の頂点に立つことなど出来る筈がないのです

義朝が敗れたのは必然性があったのではとさえ思います。

 

大蔵館事件ですが…

ドラマでは義朝の長男・義平が源家の宝剣「友切」を奪うため義賢の屋敷を襲っ

た事になっていますが、関東で頭角を現してきた義賢との主導権争いが原因です

けっして「友切」を奪うためではなかった筈です。

義賢が「友切」を為義から拝領したかも疑わしいですね??

結局、「友切」は頼朝の物になるようですが、その経緯は闇の中…

保元の乱の後、義朝の物になった可能性が高いのではと思っている僕なのです

 

 

コメント   トラックバック (24)

ヴィクトリアマイル!!

2012-05-13 | 競馬

今日はヴィクトリアマイルで勝負

あのオルフェーブルにも勝った事のある⑫ホエールキャプチャ。

前走の中山牝馬Sでは休養明けの重馬場、14㌔増の馬体重

にも関わらず善戦

やはり力は有ります。

今回は絞れて来る筈なので頭から狙ってみたいですね

 

最近の戦績を見ると食指が動く⑭オールザッツジャズ。

個人的にはGⅢまでの馬だと思っているのでここは無印。

 

去年の覇者⑦アパパネと昨日の京王杯でサダムパテック

を久し振りの勝利に導いたウィリアム騎手に乗り替わった

⑯ドナウブルーを加え勝負

 

⑫→⑦⑯→①③⑦⑯

 

ゲートさえ上手く出られれば好勝負になると思っている③

キョウワジャンヌ。

人気落ちの今回は絶好の狙い目

 

③⑫2頭軸の3連複でも高配当ですね

 

コメント (2)   トラックバック (3)

白いロールケーキ!!

2012-05-12 | 頂き物

スタッフのnaoの札幌土産

石屋製菓の「白いロールケーキ」。

パッケージもオシャレですね

名前の通り真っ白です。

卵黄を使わず卵白でスポンジを作っているようです

見た目は食パンのようです。

切ってみても、スポンジとクリームの見分けがつきませんね

口に運ぶとミルクの香りが漂ってきます。

匂いからも美味しさが伝わってきます。

美味しいですよ~

 

 

 

 

コメント

母との花見!!

2012-05-10 | 函館風景

桜も満開のようですね

昨日の定休日、母を連れ桜を見てきました

五稜郭公園に行こうとも思ったのですが、駐車場が大変なので

桜ヶ丘通りへ…

満開ですね

まるでアーケードの様に空を覆っています。

薄いピンクのソメイヨシノ、何とも綺麗です。

桜を見ていると穏やかな気持ちになるのは何故なので

しょうか??

日本人だからなのでしょうかね

サポグラの近くにある枝垂桜

五稜中の裏側辺りでしょうか?

ソメイヨシノより濃いめのピンク色をしています。

満開とまでいきませんが、とても鮮やかですね。

枝垂桜も中々のものです。

亀田川沿いに咲いているのですが、散歩道も整備されているので

散策しながらの花見にピッタリ。

お勧めのスポットです

 

 

 

 

 

 

コメント