函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

スプリンターズS!!

2012-09-30 | 競馬

 

今日はスプリンターズSで勝負

逃げ先行が絶対有利なこのコース。

人気馬が外枠に入りましたのでレースは一段と面白くなりましたね。

 

前走は+22㌔、前哨戦とはいえさすがに響いた⑭カレンチャン。

それでいて0,1秒差の4着に踏ん張ったのですから流石と言えば

流石です

牝馬が圧倒的に強いレース。

連覇期待です

最内枠に入った①マジンプロスパー。

前走では逃げて失速しましたが、2,3番手で折り合えば勝っても不思議

ありません。

①⑭→①⑭→②⑧⑬⑯

早いタイムでの決着が続いている今の中山。

おそらく1分6秒代での決着となる筈です。

高速決着だと外国馬にはきつそうですね

 

 

 

 

 

コメント   トラックバック (2)

ドラマ尋ね人の撮影!!

2012-09-28 | 函館風景

一週間くらい前、「尋ね人」というドラマ撮影について近所の方が

持ってきてくれたのがこれ  

その時は近くでの撮影かと思っていたのですが、何と自宅の隣で

の撮影だったのです

朝の6時から撮影隊の方と女優の夏川結衣さんがスタンバイ

カメラはかなり高い位置から撮っていますね

別の窓から覗き込むと夏川さんの衣装が変わっていました

本人と名前が一致していない僕なのですが、存在感のある女優さんなのでしょうね。

この後、十朱幸代さんも登場したのですが、仕事に間に合わなくなるので断念

このドラマは11月3日WOWOWで19時30分から放送されるそうです。

皆様、是非ご覧になってくださいね

 

 

 

コメント

平清盛、主犯は重盛!!

2012-09-24 | 歴史

殿下乗合事件(でんかのりあいじけん)

後の人がこう名付けたのでしょうが、何とも安直な呼び名です。

殿下とは摂政・藤原基房のことですね。

乗合とは一般的には不特定多数の人が同乗する事ですが、貴人

と出会った時に降りずに乗ったままでいる事も乗合と言うそうです。

貴人である藤原基房に出会ったにもかかわらず輿や馬から降りず

礼を失した事件と言う事でしょうか??

 

平重盛の次男・資盛と摂政・藤原基房の従者による路上での乱闘騒

ぎですが、平家側による報復へと発展します

報復の首謀者はいったい誰なのでしょうか??

二説あるようです。

 

平家物語によると…

重盛の次男・資盛は若い従者と雁狩りを楽しんだ帰り、参内途中の摂

・藤原基房の行列と鉢合わせ。

貴族社会では身分が下位の者が下馬し礼をしなくてはいけないのです

が、資盛側はこれを無視

基房の従者に咎められた資盛一行ですが、下馬するどころか行列をか

け破って通りぬけようとします

怒った基房の従者は資盛や供の者を馬から引きずりおろし、はずかしめ

たとされる事件です。

この時資盛が13歳、とても思慮のある年齢には思えません。

平家の驕り高ぶりは末端までしみわたっていたようすが垣間見えますね

勿論、話はこれで終わりません。

六波羅に帰った資盛は祖父の清盛に泣きつきます

清盛は激高し基房への報復を口にしますが重盛に諌められます

『そもそも下馬の礼をとらない資盛に非があるのだから、かえってこちらが

謝りたいくらいだ』と…

分別のある重盛の裁定、これで収まれば良かったのですが、怒り心頭の

清盛は重盛に内緒で基房への報復を命じるのです

事件から5日後、300余騎の兵が参内途中の基房一行を襲撃。

このことを知った重盛は驚きとともに怒り爆発

関係した者を罰し、資盛を伊勢国にて謹慎させたと言われています。

ドラマではどうやらこの説をとりいくらか脚色したようですね

 

玉葉によると…

法勝寺の法華八講の初日、基房は法勝寺に参る途中、基房の行列

はある一行と出会い見ます。

下馬しない一行を咎め牛車を壊すなど恥辱を与えます

重盛の子・資盛とも知らず…

後で重盛の子・資盛であることを知り、慌てた基房は、乱暴を働いた

従者を重盛に引き渡し、勘当することで事件をおさめようとします

ここで収まれば良かったのですが…

何と重盛はその従者たちを追い返してしまいます

『この程度では済まさぬ!!』という無言の恫喝でしょうか??

基房は震え上がり、さらに多くの従者を勘当したり検非違使に引き渡しますが、

それでも重盛の怒りは収まりません。

3ヶ月後、基房が高倉天皇の元服の打ち合わせのために参内しようとしたところ

重盛配下の武士たちが襲撃、基房は参内できず、天皇の元服の打ち合わせは

延期されたとか…

果たしてどちらが真実なのでしょうか??

平家物語は清盛を悪人と捉えている節が多く見られ書かれたのもこの時代より

ずっと以降の事。

玉葉は兼房の弟・兼実が書いた日記です。

この時代を生きた兼実がリアルタイムで記した日記なのです

個人的には玉葉の方が信憑性が高いと思っている僕なのです。

ところで

この事件に清盛が関与している節が全くないのです

おそらく福原に居たと思われますが…

高倉天皇は清盛にとって義理の甥にあたります。

その高倉天皇の元服を台無しにするような事を清盛がする筈がありません。

基房が襲われたのは十月、十二月には基房は太政大臣も兼務となりますが、

これは清盛による事件に対する詫びの表れだとも言われていま

清盛が主犯どころか重盛の尻拭いをした訳です。

殿下乗合事件は温厚だと言われている重盛の人物像を根っこから覆す事件

だったようですね

 

 

 

コメント   トラックバック (16)

突然の雨!!

2012-09-24 | 店舗

今日の天気予報、

降水確率20%だったのですが、午後1時40分頃…

突然の雨

アスファルトを打ち付けるように降り始めました。

排水溝に流れる水の量も次第に増えてきています

サポートグラスは平屋なので屋根を打ち付ける雨の音が

響き渡っています

雷の音も聞こえます

女心と秋の空、変わりやすいものですね

 

 

 

コメント

神戸新聞杯とオールカマー!!

2012-09-23 | 競馬

 

今日は神戸新聞杯で勝負

宝塚記念でも密かに狙っていた⑪マウントシャスタ。

0,8秒差の5着と健闘しましたね

斤量差が有ったとはいえ古馬と互角に戦ったのですから善戦です。

調教の動きも抜群だったようなので、さつき賞馬⑭コールドシップ

に対しても互角以上を期待こは頭から

⑪→⑭→②④⑦

脚質的に絶好の枠に入った②ユウキソルジャー。

前走ではハンデ戦とはいえ正攻法で古馬を一蹴。

最大の惑星馬だと思っている僕なのです

 

オールカマー

勝ち鞍6勝の内5勝を中山で上げている③ダイワファルコン。

人気の落ちる今回が絶好のねらい目。

絶好調②ルルーシュと名前の通り中山実績抜群の⑬ナカヤマナイト

の三つ巴

 

 

 

 

 

 

 

コメント   トラックバック (1)

平清盛、仏と仏の争い!!

2012-09-18 | 歴史

後白河上皇も出家し法王となりましたね

それを仕切ったのは比叡山と対立する円城寺。

清盛への対抗意識の表れでしょうか

比叡山と結んだ清盛と円城寺と結んだ後白河、出家した者同士が権力をめぐり

争うのです。

仏と仏の争いですね

そんななか藤原成親の知行地で寺社と役人が衝突、死者まで出てしまいます

後白河は寺社側を罰しますが、怒った比叡山側がお決まりの強訴

その強訴が向かった先が後白河ではなく幼い高倉帝の内裏だったからおどろ

です

慌てた後白河は重盛に出兵を促しますが、棟梁とは言っても名ばかりの重盛、

決断する事が出来ません

裏で兵を集め重盛には『動くな!!』と厳命する清盛

重盛には清盛の言いなりになるしかありません。

万策尽きた後白河は泣く泣く成親を流罪にしますが、面子を潰された後白河も

黙ってはいません。

清盛の義弟・時忠の官職を解き流罪にし返す刀で成親を召し返すのです。

いよいよ清盛と後白河の戦いが激化しますが、その後を見ると最期に武力に

った清盛の負けだったようですね。

あくまでも個人的な意見ですが…

ところで

藤原成親、何かと平家を盛り立ててくれた藤原家成の息子ですね。

平家を何度も裏切り遂には島流しのうえ殺されてしまいますが、何故成親は平家

に対しての謀反に加わったのでしょうか?

平家と二重三重に姻戚関係を結んだのも平家を安心させる為だったのでしょうか

何故数度に渡って平家を裏切ったのでしょうか??

平治の乱では仕方ない面もありますが、その後の裏切りは完全な確信犯。

成親は後白河法皇にたいへん可愛がられたと言われています

いわゆる男色関係にあった訳です

成親が反平家として動いた背景には後白河の意向が強く感じられます

父・家成の遺言より男色関係にあった後白河の意向の方が大事だという事なの

でしょうかね

 

コメント   トラックバック (11)

毛蟹!!

2012-09-17 | 頂き物

友人のО君から頂いた毛蟹、通常の2倍はありそうなビックサイズ

いままで見た中で1番大きいかも知れません

色も綺麗です

蟹肉に纏わり付くように蟹味噌がビッシリ。

見るからに新鮮そうです

脚の身も真っ白、食べるのが勿体無いくらいです。

甘味もズワイやタラバよりあり味も濃厚です。

やはり蟹は毛蟹ですね

 

 

コメント

亀田八幡宮、神輿渡御!!

2012-09-16 | 函館風景

亀田八幡宮のお祭り恒例の神輿渡御。

サポートグラスの前を大行列で…

立派な神輿ですね

炎天下の中での神輿担ぎ、見ていてとても辛そうです

休憩です

若い方は比較的元気そうですが…

店舗前に置いてあるベンチも役に立っているようです

やはり高齢の方にはこの天気、かなりきつそうですね

僕も頭をガフリとかじってもらいました。

何か良い事がありそうな予感

 

 

 

コメント

ローズS!!

2012-09-16 | 競馬

今日はローズステークスで勝負

2冠馬⑥ジェンティルドンナが3冠馬に向けていよいよ始動しますね

オークスでは翌週のダービーより早い時計で駆けているのですから

驚きです

ここ10年、オークス馬が連に絡んでいないのが少し気にはなりますが、

オークスでは⑦ヴィルシーナに5馬身差のレコードで圧勝、同世代では

抜けた存在です

八分の出来でも勝てそうですね

 

そのオークスで⑥ジェンティルドンナに惨敗した⑦ヴィルシーナ。

1800㍍なら少しは肉薄出来そうです。

⑥→⑦⑧→③⑦⑧

結局、ディープインパクト産駒の勝負になりそうですね

 

 

 

 

コメント   トラックバック (1)

烏賊漁が好調なせいでしょうか??

2012-09-13 | 函館風景

今日の午前1時半頃…

この時間になるといつもは灯りも少なく暗い感じがする

函館湾ですが、今日は何故かとても明るく感じます

卸市場も煌々としています。

いつもは真っ暗なのですが、烏賊漁が好調なせいでしょうか??

この時間でも荷揚げが続いているようです。

 

 

 

 

コメント