函館 Glass Life

函館市田家町で眼鏡店「サポートGlass」を営む50代店主の趣味と感じたことの
日記です。

龍馬伝、最終回!!

2010-11-30 | 歴史
龍馬伝も遂に最終回
龍馬の偉業を称え武市半平太や近藤長次郎など亡く
なった人が再登場しました。
大河ドラマにつきもののシーンでしたね

個人的に尊敬してやまない中岡慎太郎ですが、態々
殺されに来ただけのようで何か釈然としません

史実では頭に太刀をあび即死状態だったと言われて
いる龍馬ですが、慎太郎は瀕死の状態で2,3日生きた
と言われています
史実はともかく…
『己の命は使い切ったか?』と瀕死の状態で龍馬に
聞かれ『まだまだこれからや』と答えた慎太郎。
慎太郎の思いや性格を表している様で見ていてぐっ
ときてしまいました

おそらく、生きていれば明治政府の高官となってい
たはずの慎太郎ですが、もしかして不満士族の期待
を一身に背負い西郷隆盛のようになっていたかも知
れません
歴史にもしもはありませんが…

このドラマのもう一人の主人公・岩崎弥太郎。
演じている俳優のせいでしょうか?何とも存在感が
ありましたね。
時には滑稽で時には雄弁で、亡くなるシーンを見て
何故か噴き出してしまいました

大政奉還など出来る筈がないと思っていた岩崎弥太
郎。
もしかして龍馬なら…
おそらく、龍馬の行動力に対し計り知れない可能性
を一番感じていたのは弥太郎だったのかも知れませ
ん。
買い占めていた鉄砲を売り抜きかなりの利益得た弥
太郎ですが、龍馬のお陰で儲けた自分が許せなかっ
たのでしょうか??
凡人なら大儲けした事で満足してしまいますが、そ
こは三菱の創始者、流石です

まるで暗殺されるのを予期していたかのように、
『達者でのぅ』と弥太郎に深々と頭を下げる龍馬。
今生の別れを察していたかのようでしたね

京都見回り組と出くわした弥太郎。
龍馬を殺したと言われている今井に対し『龍馬は
ころされて当然。だが、龍馬は日本を変えようとし
て動いただけ。殺されるような事はしていない』と
必死に弁明していましたね
一見、矛盾している言葉ですが、龍馬に対する思い
の深さを感じます
岩崎弥太郎に会って聞いてみたいものです。
本当は龍馬の事が大好きだったのでしょうと

幕末のこの時、一日一日が緊迫し濃縮された日々を
送っていたこの時、いままで見た事も聞いた事もな
い世の中の到来に誰しもが疑心暗鬼になっていた筈
です
そして弥太郎が言っていたように時代の変化を望ま
ない者が大勢いたのも事実です
一般の武士は勿論、官軍となる薩長を中心とした武
士達でさえ明治維新後反乱(西南の役、佐賀の乱etc)
を起こします
鎌倉時代から続いた武家政権が根底から変わろうと
しているのです。
官軍も幕府軍も勝っても負けても双方に多数の犠牲
が出ます
血を流されなければ新しい時代を迎える事が出来な
いのでしょうか??
人間とは何て愚かな生き物なのでしょうか
現在の世界を見渡しても同じことを繰り返している
ように思えてなりません

歴史は繰り返すと言いますが、そろそろ歴史から学
んで、人の命のやり取りをしなくても良い時代が来
て欲しいものですね

最後に福山・龍馬ですが、龍馬ってもしかしてこん
な人物とと思わせてくれました。
大河ドラマでの歴代のキャスティングの中でも1,2位
ではなかったかと個人的にはおもっています

来年のドラマは戦国時代に脚戻り
女性から見た戦国時代も興味が尽きません
戦国時代が好きな僕にとってとても楽しみなのです
コメント   トラックバック (31)

ジャパンカップ!!

2010-11-28 | 競馬
今日のジャパンカップ、日本馬で逃げそうな馬が
見当たりません
おそらく外国馬が逃げるのでしょうが、ハイペー
スにはならないでしょうね。
ここ10年で1番遅いタイムがジャングルポケットが勝っ
た9年前のレース
その時と同じような展開になるかも…

スローの上がり勝負に強そうな⑧ジャガーメール、奇
しくも9年前の覇者ジャングルポケット産駒ですね
言わずと知れた春の天皇賞の勝ち馬でもあり長距
離実績があるのも心強いのです

8頭出頭している外国馬、何か絡みそうな感じも
しますが、数撃ち当るほどジャパンカップは甘い
レースではありません

⑧→⑥⑦⑯の1頭軸・3連複を押さえ
⑧→⑥⑦⑯→⑥⑦⑯の3連単で勝負

気になるのが人気を落としている④シンゲン。
血統からしてこの距離が駄目だとは思われません
無警戒の中、好位からスルスル何て事も…
3連複に加えようか迷っている僕なのです

予断ですが、僕はいつもジャパンカップをジャカンカップ
と言い間違えてしまいます
僕だけでしょうかね

コメント   トラックバック (5)

京阪杯!!

2010-11-27 | 競馬
今日は京阪杯で勝負

逃げ馬に有利な京都1200㍍戦ですが、何故か?差し馬が
良績を残しています。
京都での実績も見逃せません

狙いは⑨アーバンストリート。
時計的には物足りなさを感じますが、前走の勝ち方は鮮
やかでした
軸はこの馬

スプリンターズSで降着(4着)になったダッシャーゴーゴーの
2頭軸・3連複で勝負

⑨⑬→⑦⑭⑯⑰

京都では負けなしの⑦スカイノダン。
1000万→1600万と連勝した時の時計も良いですね
もしかして?よほど京都の馬場が合うのかも??

⑦⑨⑬の3連単BOXも少し押さえようかと思ってい
る僕なのですが

コメント   トラックバック (1)

大きなササギです!!

2010-11-26 | 頂き物


お客様から頂いた濁川産の野菜、トマトは玉子より
二周り位の大きさ
食べ易いサイズです



とても綺麗なササギ。
ササギとかササゲと呼ばれていると思いますが本当の
名前は分かりません
炒めると美味しいですよね



全長20㌢、とても大きなササギ?ですね
コメント

満月ではないようです!!

2010-11-25 | 函館風景


昨日の夜の月はとても大きかったですね
函館の街を見下ろしているようです



僕のでも結構クッキリと写りました
よ~く見ると満月ではないようですね

コメント

龍馬伝、永井玄蕃頭が首謀者かも??

2010-11-23 | 歴史
いよいよ大政奉還
龍馬伝のクライマックスかも知れません。

ドラマでは在京40藩の重役に意見を問う慶喜ですが、
召集した時点で大政奉還を決めていた筈です

孝明天皇が亡くなり(毒殺説も?)明治天皇が即位すると、
岩倉具視を中心とする倒幕派が暗躍します
岩倉らは薩摩の西郷隆盛・大久保利通と共に天皇から
「倒幕の密勅」を入手し倒幕の大義名分を得るのです
勿論、慶喜もこの情報は得ていた筈です。
事ここに至り幕藩体制の維持の限界を悟り大政奉還を
決断するのですが、裏を返せば大政奉還しか選択肢が
無かったのかも知れません

長らく政治に携わっていなかった天皇や公家達に政権
運営能力が無いと踏んで、何れ自分にお鉢がまわって
くると高を括っていたのも事実でしょうね
実際、少しの間慶喜の思う通りになったようですが、
結局長続きはしません

その後、「王政復古の大号令」が発せられ、慶喜の辞
官納地が強引に決定されます
慶喜の政治的敗北ですね
幕府としては戦う術もあった筈ですが、とうの慶喜は
松平容保らを連れさっさと大阪に逃亡
残された兵達すればたまりませんよね
何の為?誰の為に戦うのか?戦意喪失どころではなか
った筈です。
時代の流れはもう誰にも止められません

おそらく大政奉還が実行されなければ龍馬の寿命もも
う少し長かったかも知れません。
幕府はもとより薩摩・長州・紀州・土佐と龍馬を快く
思わない輩ばかり。
右を見ても左を見ても敵ばかり、全くの四面楚歌状態
ですね
そんな龍馬ですが本当に自身の身に危機感を持ってい
たのでしょうか??
もしかして?大政奉還という大仕事を成し遂げた龍馬
に慢心があったのかも知れませんね

ところで
新撰組や京都見回り組を厚遇していた永井玄蕃頭(永井
尚志)。
龍馬暗殺には永井尚志首謀説があるのです
桜田門の変の後、幕府の政治総裁になった松平春嶽の意
向で京都町奉行として復職した永井。
新撰組や見回り組を使いかなり厳しい取り締まりを行っ
ています

龍馬暗殺の実行犯とされる京都見回り組・今井信郎の弟
省三による証言があります
「今井信郎が永井玄蕃より密会を求められ土佐浪人坂本
龍馬を討取るべき内命を拝せり」というものです
混乱期にはこの手の証言は沢山ありますので、真意の程
は定かではありません。
しかし全く否定出来ないのも事実では…
竜馬暗殺で一番有力とされている京都見回り組説ですが
その見回り組の後ろ盾だったのが永井なのですから、龍馬
を殺したのは永井だったと言ってもいいのです。

龍馬が永井玄蕃頭を説得するために面会したたのは慶応
3年の10月10日。
その時龍馬は『幕府の武力で薩長に勝てるとお思いか』
と永井に問い掛け、それに対して永井は『残念ながら勝
算無し』と答えと言われています。
『それならば大政奉還意外に道は無いのでは』と龍馬に
説得されたそうですが、それに対して永井は何と返答し
たのでしょうか??
興味が尽きません

その永井の龍馬評が残っています。
『後藤象二郎より一層広大にて話も面白い』と言ったと
か??
しかし『大政奉還は現実と遊離しており、時期尚早であ
る』とも…
おそらく大政奉還には賛同していたのかも知れませんが、
慶喜が考えていたようにあくまでも中心に居るのは徳川
家だったのでしょうね。

もし永井が龍馬暗殺の影の首謀者だとすれば、龍馬が永
井に面会した時が龍馬のターニングポイントだったのか
も知れません。
この時の二人の会話のすべてが分かれば面白いのですが…




コメント   トラックバック (25)

六花撰!!

2010-11-21 | 頂き物


お客様から頂いた六花亭の詰め合わせ六花撰
六花亭人気の商品の詰め合わせです
名前からすると六種類かと思ったのですが何故か七種類
入っていました



早速、大好きなバターサンドを…
いつ食べても美味しいですね



懐かし~い、大平原も
相変わらずシットリした感じです

六花撰のネーミングは古今和歌集の六歌仙からとったので
しょうか??
小町サブレとか業平饅頭なんてのもあっても良いかも知れ
ませんね




コメント

マイルチャンピォンシップ!!

2010-11-21 | 競馬
今日のマイルチャンピォンシップ、難解ですね
何処から入ったらいいのか??

4枠~12枠が好成績をあげているレースですので、内外は
バッサリ
前走からの距離短縮馬が強いレースと言う事も加味して…

狙いは⑤ティエムオーロラと⑨トゥザグローリー
ここ10年、牝馬で勝ったのは一昨年のブルーメランブラットのみ
ィエムオーロラにはかなりハードルが高そうです
しかし、傑出馬が見当たらない今年のマイルチャンピオン
なら好勝負になるかも知れません

⑤⑨→③⑥⑧⑯⑰2頭軸の3連複を押さえ

⑤⑨→⑤⑧⑨→③⑤⑧⑨の3連単で勝負

前走と同じ3枠に入ったライブコンサート。
富士ステークス2着の割に人気がありませんね
内枠に入った時のライブコンサートは怖いのです



コメント   トラックバック (3)

東スポ2歳Sと福島記念!!

2010-11-20 | 競馬
今日は東スポ杯2歳Sで勝負

スミヨン騎手に乗り替わりアッサリ好時計で勝ち上がった
②サダムパテック。
2枠を引いたのにも運を感じます

相手はディープインパクト産駒2頭、③サトノペガサス・⑫ダコール。
もう1頭、大外に入りましたが切れが有りそうな⑯ビックセレ
ブアイ

②⇔③⑫⑯の馬単を押さえ
②→③⑫⑯→③⑫⑯の3連単で勝負

福島記念、①ナムラクレセントと②トウショウシロッコが人気のようですね
⑪ディアアレトゥーレの51㌔のハンデ、如何にも恵まれた感じがし
ます

⑪→①②⑬→①②⑬

出走馬を見渡すとマイネルタャールズが出ていますね。
脚部不安からなのでしょうか??
長期休養が続いていますが復活のきっかけを掴んで欲しい
ですね
本来ならGⅢで人気になってもおかしくありません
美浦の坂路で50,5秒、復活はもう少し先の様です




コメント   トラックバック (1)

ブリダースカップのお土産!!

2010-11-19 | 競馬
アメリカで行われた競馬の祭典・ブリダーズカップ
知人のNさんが観戦に行ってきたそうです
羨ましい限りです



お土産に頂いたプログラム二冊



全編イングリッシュ全く意味が分かりません
頂いたのは嬉しいのですが正直……



フログラムと一緒に頂いたのがこれ
蹄鉄をあしらったブラックキャップ



後ろにはケンタッキーのロゴが
間違いなく日本で買ったものではないようですね

蹄鉄も馬もプリントではなく刺繍でした
個人的にはとても嬉しい御土産です
大事に使わせていただきますね

Nさん、ドバイのお土産も宜しく






コメント