鉄道模型とテルマエの部屋

懐かしい電車と模型と銭湯と

長野電鉄1100形の小改修

2019-04-23 08:22:24 | 工作記録 津田沼第二工場







先日吉祥寺の某所で行われているレイアウト・ジオラマの神、ボシさんの個展にお邪魔してきました。
車両オンリーで風景のセンスのかけらも無いわたくしにも常日頃から優しくしてくださる彼なのですが、今回は車両を運転して、撮影してくださいと誘われ、お調子者の自分もついふらふらとw
プラ加工品の代表作でボシさんのレイアウトにも似合いそうな長野電鉄1100を選択。いや、カッコよくて堪能させていただきました(*´ω`*)
同時に以前から気になっていた箇所を手直しすることにしました。

カトー201系用の貫通幌を装着していたのですが、質感はともかくデカくゴツすぎてカッコ悪い。中間に入る1102は尚更のこと。
モデルアイコン京成青電フレキシブルキットに入っている幌を切り出してグレーに塗り、取り付けました。これは私鉄旧型の幌らしく細身で、かねてから目を付けていたものです。
元の幌を接着していたG17が塗装を侵していた部分があり、修整に手間取りましたがぐっとスマートになりました。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「鉄道模型趣味」の機芸出版... | トップ | 京福テキ20 トロリーポール... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (@ MACOTO-YA TOKYO)
2019-04-24 11:17:46
何度見ても凄い‼️
Unknown (infobarx100)
2019-04-25 14:11:26
このレイアウトは、日本を代表するモデラーさんが作られたものなので、車両が映えます(*´ω`*)

コメントを投稿

工作記録 津田沼第二工場」カテゴリの最新記事