鉄道模型とテルマエの部屋

懐かしい電車と模型と銭湯と

誕生日とTwitterと山交モハ103と

2023-02-05 08:40:00 | 工作記録 津田沼第二工場


朝起きましたら59歳になっておりました。
無事に?一年が過ぎたことに感謝。
ここのところのイーロンマスク氏による、Twitterアカウント停止祭りに巻き込まれたようで開けずorz
ネットに気を取られず自分の工作をしろという神様のご教示と解釈いたしますw
しばらく彼方は使えそうもないので、ご注意くださいませ(いつ戻るんだろうなあ)


さて先日から山形交通モハ103を弄っておりました。よーりさんのノス鉄を切り継いだ作例を見て作りたくなり、ほぼ完成出来たところでキハ子さんのトレジャーのキットを組んだ作品を拝見して最後のスパートが出来たという。


基本的にノス鉄三弾のダブルルーフなモハを切り継ぎ窓ひとつ分増やしただけです。
元の造形がこの電車を意識したようなところもあって、作業は比較的スムーズでした。
ノス鉄の塗装の剥がしにくさに辟易して、今回はそのまま塗ったので少々ぼってりした仕上がりになってしまいました。
晩年の木造車がペンキでコテコテになった様子を表現したのだ、と強がっております。

二段上昇窓にしなくてはなりませんが、真面目にやったら超絶苦労するのは目に見えているので考えまして…
プラストラクトの0.25×0.5ミリの帯材を窓幅に切り出し、ほぼ真ん中の位置に接着して行きます。


方眼マステをガイドに貼りました。
終わったらその内側に同じ帯材を貼りまして強度の確保をします。なかなか細かくて大変ですが、なんとか終えました。
全く実物とは違いますが、塗ってしまえばそれらしく見えて悦に入っております。
なお木造車ではありますが、簡易鋼体化を行ったことにして特に表現を行っておりません。


小脇に抱えた梯子が剽軽で、この電車を強く印象づけております。
これはGM詰所についている梯子が長さといいちょうどいいので、丁寧にバリを取ってクレオス#313イエロー(イスラエル砂漠迷彩色)とタミヤラッカーLP-33灰緑色で塗り分けて仕上げました。
車体には0.4ミリ真鍮線でフックを作り、取り付けてあります。ピンセットで着脱するのは楽しいです。

パンタは枠が小さくイメージに近いPT44に旧製品のPS13のシュー部分を組み付け、タスキの一部をカットしました。
屋上機器は0.5ミリ厚プラ材と真鍮線で簡単に表現、ヘッドライトはペアハンの100w、テールライトと解放テコは真鍮端材で自作しました。



タミヤのピンクサフで下地を作り、クレオス#313レドームと#81あずき色で塗りました。
屋根はタミヤアクリルのAS-7を缶スプレーでサッと吹いてあります。
下回りとパンタはクレオス#40ジャーマングレー。
側面に「工事電車」のサボが愛らしい。
とりあえず手持ちのステッカーから「配給電車」を貼っておきました。そのうち手当てしたいと思いますw
というわけで、59歳第一弾の完成作は本車になりました。皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします(・∀・)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

腹を括る その2

2023-02-02 22:16:00 | 工房 雨やどり
年末に作った呉線の73系、なんかあっという間にお求めいただいた方がおられたようで、本当に有り難いことです。
来年には還暦を迎えるわたくしとしては、これからの命を活かすにあたり心に決めたことがありました。
それは「これからの人生、自分がやりたいこと以外はやらない」ということです。
別に苦労したくないとか嫌なことはやらないという意味ではなく、辻褄の合わないこと、妻や友人、若い方に顔向け出来ないことはやりたくないという。
いや、だらしない人間なんで、思いだけで終わるかもですけどね。
何かで読んだのですが、50代から60代を迎えられる人は全体の七割くらいらしいんですよ。
案外の少なさにショックを受けました。いや、ワタシの思い違いかもですが、一日一日を無駄に出来ないな、と。

なのでまず自分の工房を作ることにしました。
たまに模型を作って販売とかイベント(ただの飲み会かもw)が出来たらいいな、と。
大好きなシンガーソングライターのさだまさしさん。その往年のヒット曲「雨やどり」にちなんで「工房雨やどり」という名前にしようと思います。
まずはここで販売させていただく模型の告知など致しますね。












今もキットを組んでいるのですが、ちょっと時間がかかりそうなので、手持ちから三つほど。
まずは鉄コレ11弾から小湊鉄道キハ200を。
元塗装に合わせて調色した塗料で塗り替え、質感を向上させました。
排気口を貫通させたことと、床下機器を塗り替え、エンジン周りはガンメタで塗装。
ナンバーまわりはかつてあったクロスポイントのインレタ。検査表記は電車用を利用しました。
カプラーはとりあえずアーノルドを付けましたがTNカプラーが似合うと思います。
MT二両編成で税込25000円でお願いします。











長野電鉄2000系です。
これは塗装は一部タッチアップしただけで元塗装を活かしクリア仕上げ。質感はよい感じです。
ヘッドライトは穴を開けてクリアレンズを入れ、シールドビームを表現。前面Hゴムは色違いだったのを再現しました。方向幕とヘッドマークがめちゃくちゃカッコイイです。
屋上機器を塗装し、軽くスミ入れ。
MTMの三連で税込30000円でお願いします。
なお、秋葉原のモンタさんに委託しているのですが、モンタさんのルールで鉄コレ改造品はネットに載せられないそうです。
なので大変恐れ入りますが、ご覧になってみたい方は秋葉モンタさん店頭でお願いいたします。









カトーの島原鉄道キハ20の車体だけ手に入れたので、ちょっと弄ってみました。
前面窓を拡げ鉄コレキハからガラスを流用し、20系気動車らしい表情になりました。
T車のエンジンとラジエーターも鉄コレキハのを利用し精密化しております。
あとはカトーキハ20系の定番加工である色差しですね。なお分解は車体の裾を広げれば外れるように変え、屋根は固定しました。
それなりにすっきり仕上がっていると思います。これはMTで税込25000円でお願いいたします。カトーベースなのでホームページにも載ると思います。

こういった販売品をほんの少しだけですが出していこうと思います。当面は秋葉原のモンタさんに委託しますが、ヤフオクなどとどちらが良いのでしょうかね。
また、次回の作品展を目指して、よりよい新しい作品を目指します。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夢のあとさき

2023-01-31 23:32:00 | ヒビノニッキ


こういうところで作品展をやらせていただくなんて、本当にモデラー冥利につきます。
しかも大勢の方がそれをご覧になる為にいらっしゃるなんてね。

たとえばM下さんのような偉大なモデラー様ならともかく、自称三文文系モデラーのワタクシですからね。
今回もいろいろなところからいらっしゃって…ちょうど渋谷イモンでコンペ入賞作品の展示もあったとはいえ。正直ビビる程の人数で、一日中喋っていた感じ。
女子高生から普通の高校生大学生、ご夫婦で仲良く、そっとご覧になる方賑やかな方、趣味の大先輩に偉大なモデラー様。
みんなテツドウモケイが大好きなんですね。

生の模型って説得力ありますよね。

これもよく聞かれたな、作り方とか。「何処の電車?」とかね。そういうときに限ってウゴコウツウという名前が出なくてね。

西花マキさんのイラストと。これはTwitterに上げられたイラストを、許可を得てプリントアウトしてワタシの総武流山と並べさせていただいて。
この電車も人気ありました。

つっつんの町屋セクション。実に実に、あの日の京成町屋ですよ。
このサラサラと作った感じが立体イラストという感じで大好き。

Pochi。工房さんの。細く切ったコルクボードを平面のコルクボードに貼って行った労作。
真骨頂たるウェザリングが実感的。
うちの岩手開発と。

つっつんの町屋セクション②
もう15年近く前の旧作である青電514。あの頃は青電の製品なんて無かったから、鉄コレ小田急1600を大改造して作った。懐かし過ぎ。

 

最新作のTT9伊豆箱根。カッチョいい。うとさんに見せないとだな。
これは上様Rさんの盆栽レイアウト。
どこから覗いても様になる、知的で素晴らしいレイアウト。
ストラクチャーや人物、そして道路や小川の配置が実に考え抜かれています。



どちらかと言うと背面で撮ったのだけど、凄くいい感じです。竹の表現素晴らしい!

お馴染み「豊光駅」

今回は丸窓電車を置いて上田風に。

前回イツローさんに「作品展をやるので簡単な展示台を作っていただけませんか?」とお願いしたら、稀代の素晴らしい駅セクションを作って来られてびっくり。
今回は皆さんによく観ていただきたくて真正面に置きました。ご来場の皆様には堪能していただけたのではないでしょうか。

コレはワタシのw

でもね、さかつうギャラリーにご来場された方、特にマダムにめちゃくちゃ評判良かったのです。もうね、自分で書くのも恥ずかしいのだけど絶賛の嵐でね。

これが真骨頂。

あのPochi。工房さんにお願いしたら、こんなとんでもなく素晴らしいジオラマを作ってこられて。開催当日の朝四時半まで作業されていたそうです。
その努力の甲斐あって、繊細かつ雄大なシーナリィに仕上がりました。

これもさっきのジオラマと同様、コルクボードから途方もない手間をかけて作られております。
軌道は枕木から3Dプリントで納得行くまで、実感を追求、特に踏切の付帯設備はほぼ完璧に作り込まれております。
たぶん1/150でいま一番精密な踏切じゃないかな。あ、警報器と遮断機が間に合わなかったそうですが、たぶん次回は素晴らしいものが見れそうで楽しみです。

実際、最初にさかつうギャラリーで作品展を開く際、地面が無いことには…とイツローさんにお願いして始めたのですが、二回目にやってみて気付いたのは、優れたモデラー様の作品を生で観ていただける、よい紹介になっているということです。


前回展示出来なかった(実は持って来ていた)GMキット組みの旧型国電。
ほどほどのディテールで、苦しくならない内容の工作を楽しんでおります。
何気に前面ガラスは全て塩ビ板切り出しの嵌め込みですが。頑張っただけの見栄えはあります。
本当にちょっとしたことの積み重ねなんですよね。

キッチン様には本当にお世話になってましてね。どちらも好きなんだけど、車体素材が無ければ作れなかった模型。

ちょっと引いて西花マキさんのイラストと。
初日に手土産ということで、額ごと置いていかれました。感謝。隣のみすゞ飴もお客様の上田土産。

もう一枚、これも上田。

今回は比較的最近作った模型を中心に展示。


ちっちゃい電車ばかり、よくもまぁ。

湘南交通と、広電。

今回はちょくちょく並びを変えながら二週間頑張りました。
前回を上回るお客様の人数に驚くばかり。
合計五日間会場に居りましたが、お昼ごはんをいただく間もなくあっという間に夕方だと。
最終日の午後は10人以上のお客様で賑やか。中には二回目、三回目のご来場の方も複数おいでになりまして、感謝でいっぱいです。
関西から飛行機でおいでになって、風のように帰っていかれた方、仙台、名古屋から見えた方。
勿論首都圏からみえた方も大勢。本当に感謝です。
面白かったですか?皆様の工作魂に小さな炎が灯りましたでしょうか?
日々の生活の彩りになれたなら幸いです。
Pochi。工房さん、上様Rさん、つっつんありがとう。
そして天国のイツローさん、無事終わりました。


さかつうギャラリー様、今回もお世話になりました。ありがとうございました。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あと二日

2023-01-27 19:39:00 | ヒビノニッキ


今日はつっつんが来てくださったので、予定を変更して午後ちょっとだけ在廊。


この町屋モジュールの作者様。センスいいよねぇ。
今回はなかなかお会い出来なかったので嬉しいです。


あれです。自分の地面が無く苦し紛れに友人に声を掛け作成していただいたりお借りしたりしてたんだけど、結果的に素晴らしいジオラマやモジュールの紹介になっていたことに気づいて、まんざらでもない気分です。
次回があるなら声かけてね、とある巨匠からおっしゃっていただいて、今から楽しみなんですよ。


こないだお見えになった、よーりさんの山交モハ103がとても気になりまして。



自分なりに拵えてみました。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

29日まで延長になりました

2023-01-22 08:40:00 | ヒビノニッキ


ワタシの次の方の予定が無くなったそうで、1/29まで延長になりました。
もし日程の都合でご来場を諦めた方がいらっしゃれば、ゆるゆるやっておりますので是非。




渋谷のイモンでも、今回のコンペ作品の展示が始まりました。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする