まつかぜ日記

暮らしの中で思うこと



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

=スウェーデン児童文学フェア=

2007年04月15日 | 
ココを訪ねてくださる方々の中には
絵本の素晴らしさをブログに書かれている方が少なくありません。
そんなご縁で、これまで絵本とはほとんど無縁だった私も、
その魅力をそっと感じられるようになったのだと思います。

今日、図書館で一枚のポスターを見つけました。
『スウェーデン児童文学フェア』
アストリッド・リンドグレーンの生誕100年を記念してスウェーデン大使館にて開催されるそうです。

私、できれば、ちょっと覗いてみたい!のですが・・・
今の所、予定が立ちません。

「最新の展示やリンドグレーンの人生をまとめたドキュメンタリー映画の上映、
リンドグレーン記念文学賞を受賞した荒井良二氏によるワークショップ、
またスウェーデン児童文学作家の日本語の翻訳版を紹介する
といったことが児童文学フェアで計画されています。」
のだそうです!
この他、スウェーデンスタイルのカフェも設営されるとか。。。
なんとも魅力溢れるフェアなのであります。
4月28日から5月13日まで。

これは宣伝でもなんでもなくて、
こういうイベントに興味のある方で、もしまだご存知ない方がいらっしゃるなら
その方への勝手な「お知らせ」なのであります。(苦笑)
コメント (11)   トラックバック (1)

はつ写真

2007年04月10日 | 散歩の途中
クローバーと言うより、私には『つめ草』の方がしっくりきます。

つめ草に散る桜。

近くの公園、まだ茶色い芝生の所々に
こんもりと山形の小さな緑のかたまりが出現しています。
つめ草は伸び盛りなのですね!
周りは桜の花びらが沢山ふり落ちていて、とても穏やかな光景でした。

それにしても、この写真は・・・
中央に横たわる黒い影、手前にはロープまで写りこんでいました。

実は初めての携帯電話写真なのです。
(正確には、コレの前に一枚家人の写真を試しに撮りました。)
なかなか上手くいきませんね。
ズーム機能の存在を忘れていましたし(苦笑)
屋外で、携帯電話でパシャリという行為に慣れないというか
落ち着かないです。
撮影後の確認も、しっかり出来ませんでした。

このご時世に、こんな事を言っていては笑われてしまいますが
できれば日本で最後の一人になるまで携帯電話を持たないと
心に決めていたのです (大げさですけど・笑)

しかし、家族との密な連絡が必要になり。
世の中の公衆電話の数は減っていますし。
先日、とうとう私も携帯することになりました。

何でしょう…ほんの少しの敗北感?と
早速、夜遅くまで機能チェックしている自分(苦笑)

もう少し、感じのいい写真が撮れるようになれば嬉しいのですけれど。
恥ずかしながら、記念?の一枚でした。
コメント (12)

聴いています

2007年04月05日 | 好きなもの
音楽を楽しむ為のいろいろ…CDやMDプレーヤーやスピーカーなどなど…
我家は、ほぼ家の中心にあります。
ゆっくり音楽を聴くというより、なんとなく流しておく。
近頃では、そんな使い方が多くなりました。

しかし!すぐ隣にある台所に入ってしまうと、よく聞こえなくなってしまうのです。
スピーカーの向きを変えてみても同じ事で。。。
この頃は、少なくなりましたが(苦笑)
少し余裕を持って食事の仕度が出来る時などに、お気に入りの音楽が心地よく聞こえてきたらいいなぁ~とずっと考えていました。

お風呂に入るときも、ただボーっと暖まっていくのを楽しむばかりなら良いのですが
それだけではすまない時に、ささやくようなメロディが聞こえてきたら♪~もっとリラックスできるのかも??そんな風にも思ってみたり、でした。

そして先日、新規購入したのが写真の『防水CDプレーヤー』デス。
無印良品のもので、以前より値下げされていたようです。
しかも私が入ったお店では何やら<オープン記念OFF!>のような事になっていて、ちょっと嬉しいお買い物でした。

予想していたより悪くない音質で気にいっています。
家の中を一緒に移動し、音楽のある時間が長くなっています。

そして最近のお気に入り♪
『UKULELE MOZART』です。



クラシック ファンの方々はどんな感想をもたれるのか?
全くわかりませんが、私としてはとても心地よい一枚です。
始めのうちは、ああこの音はウクレレね!など思いつつ聴いていましたが
次第に楽曲そのものの楽しさに、心が軽くなって行くのでした。

演奏は近藤研二さん、松井朝敬さんのお二人ですが
一緒に演奏されているのではなく、それぞれの曲について一人づつ編曲・演奏を全て担当されているようです。
前半は多重録音で構築した迫力ある演奏。
後半はウクレレらしさが良く表れたソロ演奏となっています。

実は・・・
おばあさんになった時、小さな楽器をつれづれに弾けたら…ちょっと楽しいかもしれない。そんな風に思って、昔ウクレレを少しだけ習った事があるのでした。
もう~まったく上達しなくて(涙)

そんな私に、ウクレレの新たな素晴らしさを教えてくたのでした。(笑)
コメント (8)