まつかぜ日記

暮らしの中で思うこと



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏の思い出

2018年09月03日 | 暮らし

この夏の思い出~と題して、書くことをはじめれば、

本当に、今年の猛暑の日々が終わるような気がして(願望)

小学生の宿題みたいなタイトルをつけました。

でも、本当は 本格的な夏がやってくる前の

梅や杏、今年のお味噌の事もここに残しておかねば!と。写真だけは撮ってあるのですが。

なかなか進みません。・・・・で、

順番はさておき、今日はこの切手に背中を押されまして(笑)

 

日本に西洋式灯台ができて今年で150年だそうです。150年...長いような~、でもないような~?

しかし、この切手に描かれた灯台を一つ一つ眺めていると 物語がいくつも立ち上ってくるようで

心がざわめきます。 海と陸の間に建つ この建物のまわりでは

人間だけではなく、陸の生物、海の生物、空を渡る様々なモノが その物語を静かに紡いでいる、と。

 

そして我が家の灯台と言えば、長南芳子さんの真鍮の灯台☆ですが

そこへ向かう階段を手に入れられた事は、今年の夏の重要な出来事の一つでした!

 

それから、”灯台”を目にすると、私は必ずこの↓言葉を思い出して 一時、ほんの小さな灯りを胸に感じるのです。

DOUBLE  LIGHT  HOUSE

『I light you up, I light me up.』

(*ほんとうの灯台には存在しない「ダブル」の灯りは「外」と「内」の両方を照らしているのです。)

*boots&sticksさんの【ダブルライトハウスTシャツ】より

コメント (2)

続・こけしさん

2018年07月06日 | 手仕事のもの

連日の猛暑と強風が中断?雨が降っています。

今週末まで開催のこけしEXPO。今日はウレシカさんで”えかきのこけし展”を堪能しました。

密度の濃い個性的なこけしさん。でも、やっぱり”こけし”の基本=可愛らしさ(と私は思う)が満ちていて

見ている私も自然にニコニコ顔になっておりました。

そして木版画作家の保立葉菜さんの厚紙こけしを。

額の中に納めてしまうのも、ちょっと違うような気がしていて・・・

探し出しました♪響き合う額・・・【小さな織りの壁飾り】

森文香さん(旧姓)に教えていただいて作ったモノ。

壁かざりだったのに、なかなかぴったりの場所が見つからないまま8年も経っていたのですねー。

ちょっと乱暴か?と自問自答しつつ(苦笑)、ドアの横の壁に。

コメント

こけしさん  * 訂正と追記あります。

2018年07月01日 | 手仕事のもの

7月になりました。

既に梅雨はあけてしまい、例年より短い期間だったとわかると少しさびしく。

向かう灼熱の太陽に早くも白旗を持ち出す気分のこの頃です。

:::::::::::::::::

ブーツ&スティックスさんと糸コトの初の協働企画『postal bag』は6月30日で受付終了となりました。

ご注文くださった皆様、お気にかけてくださった皆様、そして、このブログを訪ねてくださった皆様

ありがとうございました。

::::::::::::::::

こけしEXPOについて、誤りがありました。大変失礼いたしました。

4店舗の各テーマは下記の通り。全て、7月8日(日)まで!

ところで、西荻窪では只今『こけしEXPO』開催中です。

4つのお店が、こけし愛に満ちた展示を行っている模様です。

“うつくし こけし展”…イトチ館(西荻イトチ)
“にわとり文庫こけし販売部”…にわとり館(にわとり文庫)
“えかきのこけし展”…ウレシカ館(URESICA)
“モチーフといてのこけし展”…もりのこと館(もりのこと)

↑これだけでは、なかなか伝わらないかと思われますが、誰にでも?!心に沁みる出会いがあるのではないかと考えるくらい素敵な企画だと思います。

私は もりのことさんで、尾形かなみさんの とても小さなガラスのこけしを。

尾形さんのガラスのこけし☆ 思いもよらない美しさ楽しさ!がたくさんありました。

その中で一番小さなこの”こけしさん”。どこかか懐かしい感じ?と思いながら見ていたら

昔むかし、母の鏡台にあった香水の瓶に似ているンだ、と気づきました。

黒いすりガラスの小さな香水瓶には小さな丸い栓がついていたのです。

あどけない面差しの中にみえる大人な表情が、あの香水を思い出させてくれたかも。。。などと考えてみたりしています。

 

 

コメント

こちらでも、『お知らせ』。*6月13日加筆しました*

2018年04月17日 | 糸コト

青い文字が加筆部分です。

こんにちは。

今日は久しぶりに『糸コトからのお知らせ』を。

(糸コト・・・の【ときどき売店】をなかなか開けられないのですが

針を進めるコトは”ゆっくりでも続ける”で、います。よろしくおねがいします。)

 

2018年4月20日からスタートした『postal bag』✉

販売期間は今月6月30日までと決まりました!

すでにboots&sticksさんのサイトで発表になりましたが、こちらでもお知らせいたします。

イェーャ!の掛け声とともに動き出したboots&sticksさんとの協働企画☆

始まってしまえば、あっという間の日々。。。残すところ2週間程ーーー、ちょっと名残惜しい様なホッとするような。デス。

postal bagについては、この”今日の報告”↓の後にあります。

6月30日まで どうぞよろしくお願いいたします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

ところで、今日は長らく気にしながら置き去り(?)にしていた細々したことを

朝から幾つも片づける事ができました。何でだろう?奇跡的!で、唐突にココに記録しようと思います(苦笑)

◎木製の味噌汁椀のヒビと擦れ痕に 薄い漆を塗ってみる。(これは、塗ったところで、もう無理かも?のキズで、迷いつつの作業)

◎↑の椀を漆が乾くまで入れておく箱を探すのに納戸の扉を開けたらば、先日取り付けたセンサー付きライトが落下していて(冷汗)

 両面テープを貼り直すもままならず。 さらに壁に釘で打ち付ける荒技へ。

◎難しい色の靴クリームが、昨日やっと見つかり。難しい色の靴磨きを念入りにする。

◎15年近く放置していたタンスのキズ。補修パテは乾いたらとても明るい色に変ってしまい。。。

 久しぶりにアクリル絵の具を買ってきて、細筆で彩色する。

 補修後の明らかな艶の違いを補う事はできないけれど、痛々しいキズよりは・・・と自分に言い訳(笑)

・・・ということで、梅雨の晴れ間のような、すっきり気分です。


::::::::::::::::::::::

 

オリジナルデザインのTシャツを制作しているboots&sticksさんと協働でバックを作りました!

 

=postal bag・ポスタルバック=

boots&sticks10周年記念のデザインの中から、切手のモチーフをそのままに

手紙=封筒のようなバックです。✉

両A面(苦笑)の  表1↑ と 表2↓

さらりと着たTシャツ姿にぴったりのシンプルなカタチです。

私は数か月前から試作のバックを肩から斜めに掛けて使っていますが

予想以上の頻度で使っています。(あくまで私的比デスが。)

雨降りの日は濡れないように肩紐を短くして、上着の内に納まるようにしてみたり。。

postal bag に手紙を入れて、郵便局まで歩く短い道のりは 

いつもより少ーしだけ楽しさが増します♪(笑)

 

postal bag  は4月20日(金)13時から

BOOTS&STICKSHPのカートが開きます。

*一定期間での販売の予定です。どうぞよろしくお願いいたします*

 

◎詳しくはこちらのブログをご覧ください→my favorite things

                    →ガレージスタジオ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

生まれて 出会う

2018年03月23日 | 好きなもの

小さな耳飾りを箱に収め。標本箱みたいだな、と思いながら暫く見つめて。

はたと気づく、

この中の全てのもの《石も真珠も金属も漆も》が、この地球の内にあるもの、その一粒、一かけらなんだと。

今まで特別に意識することもなく手にしてたような。。。

引かれる理由の一つは、そこなのかな?なんて考えてみたり。

私もまた同じこの大地に生まれたモノだから。

 

・・・・・・・・・・・・

写真はLCFさんの箱

現在、伊勢丹新宿店にて開催中(3月27日まで)の『工房からの風から』展で出会った

オニキスのピアスと。

 

*過去のLCFさんの記事→

 

 

コメント (2)