まつかぜ日記

暮らしの中で思うこと



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五月の御苑

2012年05月23日 | 新宿御苑さんぽ
新宿御苑へ行ってきました
爽やかで 散歩にぴったりな季節ですね~

数日前に 植物の名前を調べていて 今がユリノキの花の季節と知りました
秋になって すっかり葉が落ちた小梢についている
ユリノキの種を何度も写真におさめているのに 花を見るのは初めてです

*ユリノキの種はこちらの記事にあります⇒

新宿門から真っ直ぐバラの花壇へ向かう途中…ちょうど半分くらい歩いた所に
大きな 本当に大きなユリノキがあります
遠くからは さわさわと揺れる緑の葉ばかりに見えますが
近寄ると たくさんの花が咲いていました

 

開いたばかり?


幹の損傷がひどく やっと支えられているようにみえたモミジバスズカケノキの巨木も
初々しい葉を茂らせ 実をつけていました
枝が目の前まで下がってきているので じっくり観察できます


バラは満開!です


椎の木の花も満開
地味に見えますが 離れて見ると
こんもり丸い樹形が全体に白っぽく見えて公園の緑に奥行きを与えているように感じます 


そして 朴の木の花も咲いています
こちらも始めてみる花でした
大きくて肉厚な花びら モクレンやタイサンボクを連想させます
(すべてモクレン科でした)
そして とてもよい香り~です
フルーティーな・・・どこか覚えのある香りなんですが 思い出せません


終わりゆく花のやさしい色




芝生がふかふかで 歩いていても足を休めている気持ちになります
帰り道 新宿門近くの芝生で体長20~30センチくらいのミドリガメを発見
誰かのいたずらで 池から連れてこられたのかと思ったら 
産卵の場所を探しているのだそうです(ミドリガメ談・・・御苑のスタッフの方に伺いました)
コメント (4)

赤い実と白い花

2012年01月10日 | 新宿御苑さんぽ
去年は様々な事がおこって
なかなか散歩に出かけられませんでした。

昨日は風も殆どなく、この季節にしては過ごしやすい日で。
久しぶりに新宿御苑をゆっくり歩きました。

なんといっても水仙の花
ペーパーホワイトが満開です。



たしか、スイセンの近くにクリスマスローズもあったように記憶していましたが
姿をほとんど見ることが出来ませんでした。
代わりに見つけたのは弾けた種。 何の種でしょう?




その次に目に付いたのが、葉の無い枝に輝く赤い実でした。
遠くからもはっきり見える赤い実は『イイギリ/飯桐』





『ノイバラ』の小さい実 
池のほとりにたくさんありました。



『サンシュユ/山茱萸』の蕾はまだ固く
ぽつりぽつりと赤い実が残っていました。





木々の新芽も赤く 愛らしい





日本庭園の池には氷がはっていましたが
他の水辺ではカモが盛んにエサとりをしていました。



咲きだしたのは蝋梅
こちらは、薫り高い素心蝋梅






三椏は開花までもう少し。。。



ベルベットのような光沢が美しいです!





コメント (6)

1月の新宿御苑

2011年01月16日 | 新宿御苑さんぽ
きょうは午前中に美容院を終わらせて、地下鉄を途中下車
新宿御苑を歩きました。

時々ココへ来るのですが1月の新宿御苑は初めてです。

青空!でしたが、時折つめたい風が強く吹いていて
苑内を歩く人はまばらで、ほんとうに広々~としています。

芝生はすっかり枯れ色になっていますが、歩けば
ふかふかと柔らかく♪
北風に鼻を赤くしながらも、気持ちのいい散歩ができました。

入り口を入ってすぐの、ハクモクレンのつぼみ。
存在感・大。


少し歩くと水仙がちょうど咲きそろったところ(という感じ。)
活き活き 元気。

紅梅もほころびはじめ…。

いつも時期をはずしているので、新宿御苑の水仙がこんなに沢山とは知りませんでした。
こちらでは『ペーパーホワイト』という真っ白な花の水仙がほとんどで
時々、中央が黄色い水仙が混じって咲いています。

もちろん花も素敵ですが、のびのび茂る葉がとても美しく印象的でした。


蝋梅。
 
上:素心蝋梅(そしんろうばい)  下:蝋梅


ユリノキの大木にドライフラワー?と思って写真をパチリ。(苦笑)

本当はユリノキの種だそうです。
冬の日差しの中、不思議な美しさがあります。

八手(やつで)の実


そして、猫たちは日向でのんびり昼寝。


コメント

ゆく秋

2010年12月01日 | 新宿御苑さんぽ
今年の桜の紅葉は、どの木も
ことのほか鮮やかな赤い色!だったように思います。
それも、もう殆ど葉を落としてしまい、近所の桜並木を歩くと
少しさみしい気持ちになります。が。。。

今朝は白棉二つと茶棉一つを収穫。
棉の葉もカラカラに乾いた葉が毎日落ちていきますが
膨らんだ実もまだまだあります。

ここ1週間で、ぐっと色を変化させた楓。
そして、楢の木も黄から茶色のきれいなグラデーションをみせていて
東京では、あと少し「秋」が楽しめそうです。

時間が経ってしまいましたが
11月23日の新宿御苑の写真を。。。
ゆく秋を惜しんで。

曇りがちの天気でしたが美しい秋の日でした。
 

ヒマラヤスギの枝に咲くバラ。
(松笠が離れていってバラの花のような姿になっています。)
 


プラタナスの並木道はふかふか・サクサク♪
大人も子どもも頬を緩めてあるきます。
 大きな葉っぱ!

朴葉も大きい!
そして、裏側は胡粉を塗ったように白い。
秋の葉がこんなに美しくなるとは。。。
 
                        *右下に写っているのは私の足。
コメント (8)

6月の風 =新宿御苑=

2010年06月16日 | 新宿御苑さんぽ
さわさわ吹き抜ける風の中に
微かなタイサンボクの香りを確かめながら撮った写真を、もう少し。。。

つい白い花に眼が向きます。
↑トップの写真はヤエドクダミ(八重ドクダミ)

紫陽花はこれから、という感じ。

透明感のある白。カシワバアジサイ


ニワナナカマド。
小さな花と、さらに小さーい蕾の連なる様子がとても愛らしいです。
名札を見て、秋には赤い実になるのね。と思ってみていましたが
帰ってから調べてみると、このニワナナカマドには実が付かないそうです。


アオスジアゲハが忙しく蜜を吸っていました。


イギリス風景式庭園の隅のほうに
オレンジ色の花?を付けた大きな樹が一本見えました。


幾人か、見上げている人の姿も。
近づいてみると、なんと枇杷の樹でした。
こんなに大きくて、こんもりとした形の枇杷の樹は初めてです。

美味しいのでしょうね!

冬、花咲く姿をぜひ見てみたいと思いました。
コメント (8)