ホタルの独り言 Part 2

ホタルの生態や生息環境を研究し保全活動をしていますが、趣味で撮影した昆虫や日本の四季
自然風景の写真も紹介しています。

富嶽十景

2020-01-05 12:38:23 | 風景写真/富士山

皆様、新年あけましておめでとうございます。

 今年は Tokyo 2020 東京オリンピックが開催されます。前回の五輪開催は私が生まれた1964年でした。昭和、平成、令和と時代が変わり、失われたものも多くありますが、守り培ってきたものもあります。日本の誇れる数々の素晴らしい自然と伝統文化、そして相対的ではなく絶対的に美しい「日本人の心」ではないでしょうか。五輪プレゼンの際に招致委員会による「おもてなし」という言葉が話題になりましたが、お客様や大切な人への気遣いや心配りをするおもてなしの心は、世界に誇れる日本の文化です。
 今年は、世界に向けて日本の自然と文化の魅力をアピールする大きなチャンスです。私は、本年もホタルの研究、再生及び保全に関する講演や支援活動等、全身全霊で取り組んで参ります。そして、文化昆虫とも言える「ホタル」を通じて、日本、特に東京の自然の素晴らしさ、美しさ、大切さ、そして日本人の自然観を世界に発信し、感動と癒しで「おもてなし」したいと思います。

 このブログもツールの1つでありたいと思います。掲載する昆虫写真においては、ホタルをはじめ未撮影種や絶滅危惧種を中心に極上の図鑑写真と貴重な生態の記録写真を残し、過去に掲載した種についてはできるだけ同じカットは避け、単なる撮影日誌ではない保全の啓蒙となるよう努めます。
 自然風景写真では、「美しい光景を 一番美しい時に 美しく写す。」ことは勿論「冷静に自然と対峙し、自分の心を見つめ、自分が感動し、人々にも感動していただけるオンリーワンの写心」であり「作品」でありたいと思っております。これら信念・信条を貫けるよう、今後ともより一層の努力を重ねて参ります。
 何卒、本年もご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

2020年1月1日 東京ゲンジボタル研究所 古河義仁
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 さて、本年最初の記事は「富嶽十景」と題した。過去に撮影したものと、この3日から4日にかけて遠征した際に撮影した写真の中から10点を選び掲載した。ちなみに「富嶽」とは富士山の別名である。
 正月の富士山は縁起の良いものの象徴で、「一富士二鷹三茄子」と言われるように「初夢」で見ても縁起が良い。特に「赤富士」は、一瞬しか見られないので特別に縁起が良いものとされ、「赤富士」を鑑賞した人には、災厄から免れたり、商売繁盛など願いが叶うと言われている。風水でも、東から東南に赤いインテリアを置くと縁起が良い、仕事が忙しくなる、悪縁が切れるなどと言われ、室内に赤富士を飾る人も多くいる。そこで2020年最初の写真は、験担ぎで「赤富士」を、2~3枚目には紅富士を掲載した。ちなみに「赤富士」とは夏の朝、山の地肌が朝陽で暗褐色に色づいた状態で、一方「紅富士」は真冬の朝、雪が積もった白い斜面が朝陽で照らされ、鮮やかな紅色に染まった状態をさして言う。写真の9枚目と10枚目は、3日から4日にかけて遠征した際に山梨県の西湖と静岡県の田貫湖から撮影したものである。

 新年最初は何を撮るか・・・毎年ではないが、ほぼ「富士山」と決めている。今年は、今まで撮影したことがない場所から撮ろうと考え、丁度、1月4日17時が「しぶんぎ座流星群」の極大ということもあり、富士五湖の中で最も光害が少なく、星景撮影に向いている山梨県富士河口湖町にある西湖を選んだ。西湖からの眺めを撮れば、富士五湖と富士はすべて撮ったことになる。流星を写すには5日未明の方が適しているが、9連休の最終日は自宅で過ごしたい。天候も良いので計画通り3日の午後から勤め先関係の仲間とともに出発した。
 まずは中央道上りのUターンラッシュを横目に長野県の諏訪湖に向かった。ある光景を写したかったのだが今年も暖冬で願い叶わず、代わりに「じゅうじゅうカルビ 上諏訪店」で気持ちの隙間を埋めるべく焼肉(食べ放題フルコース)を食べて胃袋を満足させた。その後、山梨へ移動し、西湖の湖岸から唯一富士山を写せる場所に19時到着。とりあえず一番良い場所に三脚をセットし、月が沈むまで車で待機することにした。
 4日午前0時撮影開始。気温は0℃。晴れで無風。湖面に映る逆さ富士と星々が美しい。流星群の撮影には最高の条件ではないのだろう、思ったよりも撮影者は少なく、時折数人が訪れる程度であった。肉眼では数個の流星を確認できたが、残念ながら写ってはいなかった。インターバルで200枚ほどを撮影すると、風が出てきて湖面が波立ってしまったので終了。新年最初の撮影である「西湖より富士と星空」は、流星群こそ写せなかったものの、湖面に映る逆さ富士と星々という光景を残すことができた。まずまずのスタートである。この後、次の目的地である田貫湖へ移動した。(インターバル撮影は、後にタイムラプス動画でブログに掲載する予定)

 田貫湖は、静岡県富士宮市にある湖で、元々あった小さな沼地を農業用水を確保するために拡大させた人造湖である。4月20日前後と8月20日前後の約1週間は、富士山頂から朝日が昇る光景が見られるため「ダイヤモンド富士」の聖地と呼ばれている。(正月は「富士本栖湖リゾート」でダイヤモンド富士が見られる。)「ダイヤモンド富士」の時期ではなくても、量感のある山肌が眼前にそびえる姿は圧倒的な迫力で、風がなければ湖面に「逆さ富士」も浮かび上がる絶景スポットである。
 田貫湖周辺は、昆虫の撮影で何度も訪れているが、田貫湖から富士山を撮ったことがなく、今回が初である。西湖から移動後、田貫湖では3時間ほど仮眠して、5時半から湖畔で待機。5時41分の日の出前から撮影開始。若干風が吹いているものの何とか「逆さ富士」も拝める状態。空を覆うばかりのカラスの大群や静かな湖面上を横切るオオバンに邪魔をされながらも何枚か撮っていると徐々に雲が広がり始め、太陽が出た7時18分には富士は完全に雲に隠れてしまい湖面も波立ってきたため終了。帰路に就く。
 自宅には午前9時過ぎに到着し、今度は電車で隣駅の立川へ移動。24時間営業の居酒屋で10時前から新年会。飲みすぎて記憶を無くす前に解散した。

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、1024*683 Pixels で掲載しています。ウェブブラウザの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorer等ウェブブラウザの画面サイズを大きくしてご覧ください。

富士山の写真

梨ヶ原より赤富士
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F8.0 1/30秒 ISO 50 -2/3EV(撮影地:山梨県/梨ヶ原 2019.8.11 5:12)

富士山の写真

忍野より紅富士
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F11 1/6秒 ISO 100-1EV(撮影地:山梨県/忍野村 2011.1.03 6:56)

富士山の写真

箱根より紅富士
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F10 1/100秒 ISO 100 -1/3EV(撮影地:神奈川県/大観山 2014.12.21 7:00)

富士山の写真

箱根より芦ノ湖と富士
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F4.5 30秒 ISO 400(撮影地:神奈川県/大観山 2014.12.21 5:59)

富士山の写真

霧ケ峰より雲海と富士
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F18 1/6秒 ISO 100 +2/3EV(撮影地:長野県/霧ケ峰 2011.2.19 6:32)

富士山の写真

山中湖より日没と富士
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / Canon EF17-35mm f/2.8L USM / 絞り優先AE F16 1/60秒 ISO 100(撮影地:山梨県/山中湖 2018.1.13 16:25)

富士山の写真

箱根より夕暮れと富士
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F8.0 2秒 ISO 100 -1/3EV(撮影地:神奈川県/大観山 2014.11.29 16:53)

富士山の写真

水ヶ塚より富士と冬の天の川
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / Canon EF17-35mm f/2.8L USM / バルブ撮影 F2.8 30秒 ISO 1000(撮影地:静岡県/水ヶ塚 2018.1.13 21:47)

富士山の写真

西湖より富士と星空
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / Canon EF17-35mm f/2.8L USM / バルブ撮影 F2.8 30秒 ISO 1600(撮影地:山梨県/西湖 2020.1.04 0:34)

富士山の写真

田貫湖より夜明け前の富士
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / Canon EF17-35mm f/2.8L USM / 絞り優先AE F18 13秒 ISO 100(撮影地:静岡県/田貫湖 2020.1.04 6:35)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) 2020 Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2019年の自己ベスト(風景編) | トップ | 蒲生の棚田(冬の朝景) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2020-01-06 15:50:17
明けましておめでとうございます。いつもながら素晴らしい富士山に感動です。今年もどうぞ宜しくお願い致します。
明けましておめでとうございます。 (ホタル)
2020-01-06 16:34:56
多摩NTの住人様、明けましておめでとうございます。
早速ご覧頂きありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

風景写真/富士山」カテゴリの最新記事