goo

ヒガンバナ・2~農道

 今年の夏は尋常ではない暑さが続いたが、ようやくお彼岸で暑さもおさまってきた。私は夏は嫌いではなく、昔から外で太陽光線を浴びるのが普通だったが、さすがに今年の夏はそれを少し抑えざるを得なかった。これから寒い冬に向かうと思うと少し寂しくもある。
 写真は東京薬科大学付近の農道に咲く「ヒガンバナ(彼岸花)」。ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、染色体が3倍体のために果実が出来ず、鱗茎で増殖している。一方、染色体が2倍体のコヒガンバナは花期が1ヶ月ほど早く、今は果実が出来始めている
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

ヨウシュヤマゴボウ

 ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の「ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)」。夏に可愛らしい花を咲かせるが、果実は毒々しく色付く。英名は「インク・ベリー(inkberry)」で、昔はこの果汁をインクとして使っていたようだ。写真は果実が出来始めたところ。
 さて今日はお彼岸の中日だが、9月23日は “万年筆の日” でもある。今から200年以上前の1809年に、イギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが金属製の軸内にインクを貯蔵できる筆記具を考案し、その特許を取ったのが9月23日だったという。中学生になった時、初めて万年筆を買ってもらって少し大人の気分になったもの。大学生の頃まで日常で使うことが多かったが、最近、万年筆を使うことはほとんど無い。引き出しの中でモンブランの万年筆が淋しそうにしている。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ムカゴイラクサ・5~連生寺公園

 連生寺公園 “さえずり橋” 下の藪に生えている「ムカゴイラクサ(零余子刺草)」。イラクサ科ムカゴイラクサ属の多年草で、写真中央に長さ3~4ミリの薄っぺらい痩果が見える。
 さてNHKバラエティ番組 “チコちゃんに叱られる!” が大人気のようだ。5歳の女の子に投げかけられる日常の素朴な疑問に答えられないと 『ボーっと生きてんじゃねえよ!』 と叱られてしまう。先日は 『イライラするのイラってどういう意味?』 と聞かれて回答者が答えられず叱られていたが、この問題は私はしっかり答えることができた。チコちゃんは 『イライラするのイラは、植物のトゲ!!』 と説明し、ご満悦顔だった。草木のトゲのことを古くはイラと言い、それが刺さって不快なことをイライラすると言うようになっている。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

コボタンヅル・2~長沼公園

 長沼公園 “野猿の尾根道” に蔓延っている「コボタンヅル(小牡丹蔓)」。キンポウゲ科センニンソウ属のつる性落葉木本で、ボタンヅルの葉が1回3出複葉になるのに対して、コボタンヅルは2回3出複葉になる。先日は小雨で花弁が濡れていたので撮り直しに来てみると、既に花は終わり綿毛が出来始めていた。
 さて今日は4ヶ月に1度行っている昔の会社の同期の連中との歩く会。今回のテーマは、今、旬の “西郷どん”。 JR田町駅からスタートし、江戸開城の西郷南洲・勝海舟の会見之地(薩摩藩蔵屋敷)、三田の薩摩藩上屋敷跡、日本橋人形町の西郷隆盛屋敷跡、上野の西郷隆盛像を見て、ゴールは鶯谷駅付近の銭湯に浸かり明るいうちからしっかり飲んできた。歩行距離は13キロで約4時間の行程。ずいぶんゆっくりのペースだった。幹事によると来年1月は新宿山ノ手七福神巡りを企画しているようだ。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

ヒヨドリジョウゴ・2~開花

 南大沢4丁目 “四季の丘” の道路脇に咲く「ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)」。昨年、ここで見つけた株だが、その後、その場所を忘れてしまい果実を撮り損なっていた。果実を撮ったのは10年前だったが、この場所はしっかり覚えたので、今年は果実が久し振りに見られるだろう。ヒヨドリジョウゴの葉は基部が牛の耳のようになる特徴的な形で花が無くても見つけ易い。
コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

キジョラン・2~長池公園

 キョウチクトウ科(←ガガイモ科)カモメヅル属の「キジョラン(鬼女蘭)」。1ヶ月前に高尾山 “3号路” で初めて見たが、ここ長池公園 “中央園路” でもフェンスに絡んでいる株に花が咲いた。キジョランの花は直径6~7ミリでなかなか大きく開かない。この花には蜜があるのか、アリがたくさん集まっていたが、上手く受粉して果実と綿毛が見てみたい。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

ニワウルシ・2~葉

 上柚木公園で見られる「ニワウルシ(庭漆)」。ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木で「シンジュ(神樹)」という立派な名前もある。葉の様子がウルシに似ているが、樹に触れてもかぶれることはなく欧米では街路樹などに利用されている。しかしその材はスカスカで建材には向かず、また葉を揉むと臭気があるので、原産地の中国では “臭椿(しゅうちん)” とも呼ばれている。
 さて先日、NHKのバラエティ番組 『日本人のおなまえっ!』 で “樗木(おうてき)” という名字の由来について解説されていた。これはニワウルシのことを指し、それには “役に立たないもの、無用の長物” という意味があった。 “樗木(おうてき)” を名字に持つ方が登場し、何年もこの名前に悩んでいたというが、中国の思想家の荘子が 『役に立たないニワウルシも高木になれば日陰を作って人の役に立つ』 と説いた “無用の用” という格言が紹介され、樗木さんが大いに満足されていた。その葉を実際に揉んで見ると確かに臭い。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

ヒメホウキタケ

 別所地区のバス通り脇で見つけた「ヒメホウキタケ(姫箒茸)」。ホウキタケ科ホウキタケ属のキノコで高さは5~6センチ。手前にドングリが落ちているのでその大きさがわかるだろう。珊瑚のような形でなかなか魅力的。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

マキエハギ・3~開花

 長池公園自然館前の道路脇で咲き始めた「マキエハギ(蒔絵萩)」。マメ科ハギ属の落葉小低木で細く伸びる花柄の先に花を付ける。この風雅な様子を蒔絵の筆使いに見立てて名付けられている。花後は小さな豆果が出来るが、閉鎖花からは大量の果実が出来る。
コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )

ヤマドリタケモドキ

 カミサンの要望で時々駅前で外食をすることがあり、中華、イタリアン、和食からの選択になる。イタリアンの場合は、最近はポルチーニのパスタにはまっており、その風味ある味を楽しんでいる。このポルチーニはヤマドリタケと呼ばれるキノコで、ヨーロッパでは珍重されている。
 写真は松木日向緑地の歩道脇に生えている「ヤマドリタケモドキ(山鳥茸擬)」。イグチ(猪口)科イグチ属のキノコで、ヤマドリタケに似ているので名付けられている。世界三大キノコはトリュフ(truffle)、松茸、ポルチーノ(porcino)と言われているが、そのポルチーニは単独の種を指す言葉ではなく、ヤマドリタケやその近縁種をまとめた総称で、食材として珍重されている。日本ではヤマドリタケモドキが普通に生えているので、これをポルチーニとして利用していたようだ。ヤマドリタケ(ポルチーニ)は針葉樹林に生えるのに対して、ヤマドリタケモドキは広葉樹林内に生える。両方の食べ比べをしたことはないのでわからないが、駅前のイタリアンチェーン店のポルチーニはさてどちらだろう。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ