医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

マーケティングプランナーから医療ライターへ。地域医療、地域包括ケアシステムの存続にはマーケティングも必要です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若年性アルツハイマー病

2005-10-31 21:15:31 | レビュー

荻原浩・著「明日の記憶」。

いやぁ~、こわい本でした。
久々に小説の面白さにどっぷりつかった、なんて言葉では表現できないようなショッ

ハードカバーなのに、3晩で読み終えてしまった。
ただでさえ仕事が忙しかったのに、かな~り睡眠不足。。

で、この本ですが。
広告代理店勤務の50歳の営業部長が、
若年性アルツハイマー病にかかり、その進行を「本人の眼から」描いたもの
私が知る限りでは、ここで書かれている病態は医学的にも正確だと思う。
著者は私より6つ上の方だが、身近にいたのかしら、患者さん。

会議中に、代名詞ばかりで固有名詞がでてこない・・・。

物語はそこからスタートするのだが、
これって・・・よくあるんだけど。結構ビビる。

社内の会議を忘れ、得意先とのアポイントを忘れ、うつ病ではないかと疑って精神科
そこで「若年性アルツハイマー病の初期症状」と診断される。

娘の結婚を目前に控えた主人公は、自分の病気を会社にはひた隠しにする。
欠けて行く短期記憶を誰にもさとられないように、誰が何を言ったか、速記録のようなメモをとり、
背広のポケットに紙の切れ端をぎっしり詰め込む

この病気をもちながら、会社生活とどう折り合いをつけていくか
そのあたりがとても興味深かった。
そういえば、私の知人にも、定年で退職したあとに発病して、毎日出社してしまうおじさんがいたっけ
あげく、自分が担当していた得意先にまで毎日顔をだしていた。

最近、「そうだっけ?」が多い私にとっては、他人事と思えない。
夢中になって読んだのは、おそらく不安の裏返し
(今のところ支障はないはずだが・・・、ひょっとしたら支障にすら気づかないだけかも。。


ちなみに、原稿やレポートが“多少”遅れることは、不測の事態により正常でも起こり得ます。悪しからず。

★よろしければ、1クリック。ご協力お願いします。
人気Blogランキング

 

コメント (9)

お仕事のお問合せはお気軽にどうぞ。

メディカル・健康・美容などの領域を中心に、各種インタビュー取材・原稿作成・編集企画を承ります。 また、医薬・健康関連に特化したマーケティング調査もサポートいたします。 詳しい実績や会社案内をファイルでお送りできますので、お気軽にお声をおかけください。 有限会社ウエル・ビー 鈴木/中保 044-722-2436 【Mail】info@well-be.biz 【HomePage】http://well-be.biz/