医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

マーケティングプランナーから医療ライターへ。地域医療、地域包括ケアシステムの存続にはマーケティングも必要です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

香害

2014-12-29 13:00:50 | 医療・健康

「香りつき柔軟剤禁止になったマンションがあるらしい」と友人。

え、ホントかいな?と思いましたが、ネット記事を見るとどうやら実際にあるらしいですね(場所は特定できませんでしたが)。

会社勤めの友人たちは、「職場の男性のシャツとか、 何人も同じ匂いがかぶるので相当キツい!」「プアゾンのほうがまだまし!」などとのたまっていました。
「プアゾン」をご存知ない方のために説明しておくとバブル期に大流行したディオールの香水で、「プアゾン(毒)」の名の通り、かなりインパクトのある香りでしたね。でもそれなりにお値段のするものだったので、集団的プアゾンになることはありませんでした。

先日、環境系の科学者とお話しする 機会があったので、香りの持続する柔軟剤についてちょっと聞いてみました。すると「揮発性の化学物質が長く室内環境に浮遊するということですからね。僕らの立場からするとあまり勧められることではない」とのこと。なるほど。だからシックハウス症候群ほどではないにしろ、頭痛がしたり、気分が悪くなったりする人もいるわけです。何しろ柔軟剤の場合「集団的」になるのがまずいわけで、こうなるともう、ちょっとした公害って感じですかね。いや、「 香害」か。

ちなみに、抗がん剤治療中の方のお見舞いに行くときは絶対NGです。
抗がん剤の影響でにおい敏感になり、それまで愛用していたシャンプーや化粧品のにおいすら「う…。」となっちゃう。つわりの妊婦さんが「ごはんを炊くにおいがダメ」というのと同じで、がん治療中用に、無香料の石けんやシャンプーなんかがあるくらいです。

こんな患者さんの前に、甘いにおいプンプンで現れたらかなりつらいはず。患者さんの本音としては「即、出入り禁止!」としたいところでしょうが、わざわざ見舞いに来てくれた人にそうも言えず、だまって耐える人も多かろうと。香水と違って、本人が意識的につけているわけではない香りですから盲点になりやすいのですが、くれぐれもご注意ください。

というわけで、今年も1年お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。どうぞよいお年をお迎えください。 

 

 

読んでくださってありがとうございます。よろしければ1クリックの応援をお願いします。

 

★中保の最近の仕事については、有限会社ウエル・ビーのホームページFacebookページをご覧ください。

コメント

週刊朝日と「新・名医の最新治療2015」

2014-12-07 18:33:48 | 仕事

「週刊朝日」で初のお仕事をさせていただきました。

既にバックナンバーになってからのお知らせとなり、まったくもって申し訳ないのですが、12月5日号、「新・名医の最新治療」に、わたくしの取材記事が掲載されております。

 

 

テーマは「ニキビ」
2008年にニキビの治療ガイドラインができ、それまで抗生物質くらいしかなかったところに新薬「アダパレン」(商品名「ディフェリン」)が登場したことでニキビ治療は大きく変わりました。

6年前から行われているのに「最新治療」なのかという突っ込みは甘受しますが、でもまだまだ知らない人が多いんじゃないでしょうか。「ニキビなんて、膿んだらつぶせばいいだけのことでしょ」なんて思っているおとうさん、おかあさんはもはや古いのですよ。なんでもかんでも抗生物質を塗っておけばいい、と思ってる人も。個人的にはアダパレンが登場して、長期に抗生物質を使わなくてよくなったのは歓迎すべきことだろうと思います。

ただ、このアダパレン、ちょっと乾燥感があったり、刺激を感じたりするらしく、私の周囲にも「結局使えなかった」という人が何人かいます。そのあたりは皮膚科医では織り込み済みで、ちゃんと症状を言えば、保湿剤を一緒に使うという対応策をとってくれるはず。保湿剤をもらっても皮膚科医の指導不足で、使い方がわからずそのままにしたという話も聞きましたが、もったいない話です。

皮膚科の薬は、塗る順番とか、使う量とかが難しいですから、医師が説明するだけでなく、薬剤師さんがちゃんと服薬指導してほしいですね。

電子書籍もあり、バックナンバーもこちらで購入できますのでどうぞご覧ください。
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16507

 

以下、追記です。。

↑の文章を書きつつ、「週刊誌のバックナンバーを買って」ってあまりにも現実味がないよなあ・・・と我ながらあきれていたところ、12月8日に週刊朝日MOOK「新・名医の最新治療2015」も発売になってました。書いた本人はすっかり忘れていましたが、こちらにも同じ記事が載っております。書店で並んでいたら、見てやっていただけたら幸いです。

Amazonからもご購入になれます。⇒こちら

 

読んでくださってありがとうございます。よろしければ1クリックの応援をお願いします。

 

★中保の最近の仕事については、有限会社ウエル・ビーのホームページFacebookページをご覧ください。

コメント

お仕事のお問合せはお気軽にどうぞ。

メディカル・健康・美容などの領域を中心に、各種インタビュー取材・原稿作成・編集企画を承ります。 また、医薬・健康関連に特化したマーケティング調査もサポートいたします。 詳しい実績や会社案内をファイルでお送りできますので、お気軽にお声をおかけください。 有限会社ウエル・ビー 鈴木/中保 044-722-2436 【Mail】info@well-be.biz 【HomePage】http://well-be.biz/