医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

マーケティングプランナーから医療ライターへ。地域医療、地域包括ケアシステムの存続にはマーケティングも必要です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

がん5年相対生存率 64.3%

2015-09-16 11:07:23 | 「がん」について

国立がん研究センターより、最新のがん5年相対生存率が発表されました。

国内のがん診療連携拠点病院177施設のデータをまとめたものです。

全がんの5年相対生存率は64.3%。

「相対生存率」というのは、同じ5年後に日本人が生存している確率に比べてどれくらい低いか、という意味だそうです。
がん治療も実際、だいたい5年がひとつのめどと言われているので、治療成績と考えてよい数字です。

少し前まで50%台でしたが、それでも「半数以上は治癒しているんだから、不治の病とか言わないで。」と言ってきたのです。6割を超えたというのは本当に嬉しい話です。
「がん放置療法」の人ばかりになったら、こうはいかないでしょう。

主要ながん種別の統計では、

胃71.2%、大腸72.1%、肝臓35.9%、肺39.4%、女性乳房92.2%

とのこと。

くわしくは、こちらのサイトをごらんください。
国立がん研究センタープレスリリース「がん診療連携拠点病院の院内がん登録による5年相対生存率初集計」 

 

乳がんは9割。ほとんど「治る」と言ってよい状況になってきました。
胃がんや大腸がんも含め、生存率の高いがんはわりとわかりやすい自覚症状があったり、検診で早期発見しやすいがんだと言えそうです。

逆に、やはり肝がんや肺がんは依然として厳しい状況ですが、とはいえ、こちらはある程度予防の方法が確立しているがんでもあります。
肝がんは C型肝炎ウイルスへの感染を調べ、感染していたら自覚症状がなくても治療しておくこと。
肺がんは、言わずとしれたことですが「禁煙」につきます。

 

S田さん撮影の福島県の光景。

いつも読んでくださってありがとうございます!1クリックの応援をお願いします。

 

★中保の最近の仕事については、有限会社ウエル・ビーのホームページFacebookページをご覧ください。

 

 

コメント

がんの「再発」を本人に伝えますか?

2015-09-14 16:02:32 | 「がん」について

長尾和宏医師の著書「抗がん剤10の“やめどき”」から、印象的なメッセージを勝手にご紹介する第2弾です。前回分は→こちら

以下、本文より引用。

 

がん告知を本人に行うことが当たり前になってもう久しいが、再発したことを伝えないでほしいと申し出てくるご家族は意外に多い。

                                     -長尾和宏「「抗がん剤10の『やめどき』」(ブックマン社)→Amazon

 

正直なところ、「へぇ、そうなのか…。」という印象でした。
おそらく、がんの専門病院や大学病院などでは、再発を伝えるのは当たり前に行われていると思うので。
当然、長尾医師も「告知」するというスタンスです。ですが、家族の反対に遭うことが多い、というわけです。

たしかに高齢の親に再発となると伝えるかどうか、家族としてはつらいところですよね。
避けて通れるなら、できれば避けて通りたいと思うと思います。 

ただ、周囲の人が口裏を合わせてすべてウソをついてごまかすのは、どんなに名優ぞろいでもやっぱり会話がかなり不自然なものになるんじゃないかと想像できます。

微妙な空気のなかで本人はうすうす自分の病状をわかっていても、家族の手前本音をいうことができなくなるし、おたがい不幸な関係のように思えます。
がん診療に携わる医療者の取材でも、よかれと思った「隠しごと」から深刻な溝ができることがあるという話をよく耳にします。
長尾医師もそのような観点で、家族に「再発をお父さんに告げた方がいいと思う」と提案しました。ところが、逆上した家族が「もし勝手に本当のことをお父さんに言ったら、私たちは先生を許しません」とか「訴えます!」とか言うわけです。

 

私に暴言を投げかけてくるのは常に患者さんご本人ではなく、ご家族である。それが、愛だと思っている。しかし本人に本当のことを伝えずに、人生の大切な選択肢を隠し通すことが愛と言い切れるのか。(中略)愛とは、本人が知る権利を奪うことなのか。 (-同上)

 

わたしの親だったら、おそらく「知る権利」が奪われるのはとてもつらいことで、後で知ったらむちゃくちゃ怒るだろうと思います。
とはいえ、初発ではなくて「再発」となると、本人も家族も精神的にはきついです。伝えたところで「言いっぱなし」というわけにはいきません。実際のところ、親と同居とか、近くに住んでいて常に精神的サポートができる環境にあるかどうかでも違うと思います。

家族としてどう患者さん(特に親)に向き合えばいいか、改めて考えさせられました。

ところで、長尾医師はこの本のなかで、「再発は抗がん剤のやめどきを考える一つのタイミングかもしれない」と述べておられます。
でも、これは高齢の患者さんに限るならともかく、若年の方も含めてがん患者全体にあてはめるのはちょっと無理があるのではないかと思いました。
がん種にもよるのでしょうが、わたしが取材などでお会いしてきた40~50代の方々には、再発や再再発でもめげずにその都度化学療法をクリアし、職場に復帰して元気に活躍しておられる方がいらっしゃるからです。
「再発」だからといって、すぐにあきらめる必要はないと思います。

 

Photo by 酩酊カメラマン ラクーン関根さん

いつも読んでくださってありがとうございます!1クリックの応援をお願いします。

 

★中保の最近の仕事については、有限会社ウエル・ビーのホームページFacebookページをご覧ください。

コメント

DVD「子どもの心育て講座」を制作しました。

2015-09-07 14:55:00 | 仕事

ちょっと会社の宣伝をさせてください。
弊社は出版物、ウェブコンテンツの制作だけでなく、DVD企画制作も手掛けております。

で、今回、DVD「子どもの心育て講座」を制作いたしました。
サンフランシスコ州立大学名誉教授、心理学博士の田中万里子先生の講座をDVD用に制作したものです。“撮り下ろし”ですね。

「心の安定という基礎がないと、子どもの本来の能力が伸ばせない」というメッセージが、共感を得ているようで、好評です。
子供に愛されているという実感や、安心感を与えてあげるのって、簡単なようでじつは難しいことなのだそうです。
田中先生はDVD、セミナーを通じて子どもの心理発達から、そのコツを解き明かします。

普段はカリフォルニア日本におられる田中先生は、年に数回来日してワークショップを開催されています。
わたしも何度か参加させていただいたのですが、参加者はお母さんたちが多いのかな、と思いきや、
保母さん、教師、心理カウンセラー、福祉関係者、 医療者などの教育と福祉のプロ!が多いことに、驚きました。
マスコミで見るのはいじめによる自殺などの大事件のみですが、おそらく、現場の方々は無数の悩ましい問題と直面しているのだろうと察せられます。

現在のところ、先生の意向で通販ではなく、ワークショップ受講生のみを対象に販売しています。

が・・・
もしどうしても「ぜひ欲しい!」という方がいらっしゃいましたら、先生と相談しますのでご連絡ください。

DVD、セミナーについてくわしくは、こちらをご覧ください。
http://innercore9.com/information/dvd_info.html

追伸・・・このチラシも弊社で制作しています。 

 

読んでくださってありがとうございます。よろしければ1クリックの応援をお願いします。

 中保の最近の仕事については、有限会社ウエル・ビーのホームページFacebookページをご覧ください。

 

コメント

お仕事のお問合せはお気軽にどうぞ。

メディカル・健康・美容などの領域を中心に、各種インタビュー取材・原稿作成・編集企画を承ります。 また、医薬・健康関連に特化したマーケティング調査もサポートいたします。 詳しい実績や会社案内をファイルでお送りできますので、お気軽にお声をおかけください。 有限会社ウエル・ビー 鈴木/中保 044-722-2436 【Mail】info@well-be.biz 【HomePage】http://well-be.biz/