医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

マーケティングプランナーから医療ライターへ。地域医療、地域包括ケアシステムの存続にはマーケティングも必要です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分の演奏会、そして、航空中央音楽隊 創立50周年記念演奏会のこと

2012-03-22 13:22:39 | 音楽

3月10日に開催した、クラリネット・アンサンブルGrow第3回定期演奏会が終了しました。

いろいろ「あれっ?」なところがあったり、バスクラ全員揃って落ちたりw、じつは自分の楽器がこわれてたりwww ・・・・といったおかしなことはありましたが、亡き師の「演奏会が終わったら、反省したり、悔やんだりしたってしょうがない(だから、楽しく呑もうよ)」という教えのとおり、 終わったら全てよしとしております。
(あっ、お客様からいただいたアンケートは見たいですけど・・)


いいんです、わたしたちはアマチュアで、自分たちが楽しむことが本領ですから(開き直り)。


「シェヘラザード」は1曲で約50分。ちょっと気を抜くと落ちるし緊張感で息をつく間もないのですが、それでもずっと、演奏できるしあわせを感じていられたのは、やはり偉大な作品なのだと思います。

このアンサンブルで22年続けてきて初めて、定期演奏会で「ブラボー」の声をいただきました。仕込みではありません(笑)。
なんか、今回はお客様の拍手もいつも以上にあたたかくて、嬉しかったです。
現団長がプログラムに記した「アマチュアクラリネット吹きの限界に挑戦」に対する、「よくやった」の意味かもしれません。とりあえず、止まらなかったしw

ともあれ、雨の土曜日、お忙しいなか、オペラシティに足を運んでくださった皆様、どうもありがとうございました。

 

 

ところで、昨夜は、GrowのメンバーのU部さん、K部さんという「べ」さん2人といっしょに、東京文化会館へ航空自衛隊の航空中央音楽隊50周年演奏会を聴きに行きました。


当たり前ですがやはりプロはうまい!。
高音で合いにくいE♭クラとピッコロの音程がピッタリ合っていることにまず感動し、自衛隊の音楽隊に素晴らしいソリストがいることにも驚きました。
自衛隊・・というお堅いイメージを覆すようなアットホームな温かい演奏会で(いや全体にもちろんマジメではありますが)、楽しかったです。

招待してくれた友人の1等空曹殿、ありがとうございました!
そして、帰りにビールをおごってくれた二人の“のん「べ」”さんにも感謝です。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます!1クリックの応援をお願いします
人気Blogランキング

★中保の最近の仕事については、有限会社ウエル・ビーのホームページFacebookページをご覧ください。

 

コメント

お仕事のお問合せはお気軽にどうぞ。

メディカル・健康・美容などの領域を中心に、各種インタビュー取材・原稿作成・編集企画を承ります。 また、医薬・健康関連に特化したマーケティング調査もサポートいたします。 詳しい実績や会社案内をファイルでお送りできますので、お気軽にお声をおかけください。 有限会社ウエル・ビー 鈴木/中保 044-722-2436 【Mail】info@well-be.biz 【HomePage】http://well-be.biz/