医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

マーケティングプランナーから医療ライターへ。地域医療、地域包括ケアシステムの存続にはマーケティングも必要です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラリネットの運動量

2015-10-21 19:48:09 | 医療・健康

ケアネットに連載されている「Dr倉原の”おどろき”医学論文」が好きで時々読んでいます。

これは、近畿中央胸部疾患センターの倉原 優医師が真面目に研究しているのに、どこかおかしい世界の論文を集めて紹介するもの。
これを読むと、一見、何の役に立つのかわからないふしぎな論文も結構あり、研究とひと口に言ってもさまざまだなあと思うわけです。

で、今日のは「クラリネット演奏の運動量はすさまじい」という研究でした(笑)。いやはや。

かつて吹奏楽団やアンサンブルでバスクラリネットを吹いてきたわたし的にはちょっと気になるテーマだったので読んでみました。どうやら倉原医師も同じくクラリネット奏者だったようです。それで目に留まったのでしょうか。(笑)

肝心の研究はというと、15人の奏者にシューマンの幻想小曲集(op. 73)を吹かせた研究で、「その運動量としてはすさまじいもので、激しい運動をした場合と同等の仕事量であり、心拍数が173/分にまで上昇したクラリネット奏者もいた」そうです。
さらに「演奏終了後の血液ガス分析ではSaO2(酸素飽和度)の軽度の低下が観察され」、しかしながら90%を下回るような深刻なものではなく、「心電図変化を起こした奏者は1人もいなかった」そうです。当然です。

つまり、クラリネットの演奏は健康的ではあるがとってもハードな運動ということのようです!
いったいこの研究のどこが医学の進歩に貢献するのかわかりませんが(笑) 

ちなみに、クラリネットは木管楽器で、マウスピースにリードという木の板をとりつけ、息を吹き込むことによってリードを震わせ、管全体を共鳴させて音を出します。
したがって、どうしても息継ぎ(ブレス)が必要なのですが(でないと死亡・・・)、フレーズによっては作曲家の意図から「いくらなんでもここでは切らないでよね」と譜面がささやいてるようなところもあり、そうそうどこででも勝手に息が吸えるってものでもないのですね。(管楽器奏者がバイオリンなど弦楽器奏者を「ずるい」と思う部分はまさにそこです。)
複数の奏者がいれば、こっそり交代で吸ってしまうこともできますが、少人数のアンサンブルとか、オーケストラのクラリネット奏者など、1パート1人という体制だったらどうするのだろ?と思うような譜面に何度も出くわしております。

そういうわけで、この記事の「新人のクラリネット奏者では呼気を調節する技術が未熟で、過換気になったり大きく息を吸い込まねばならなくなったりといった努力が観察された」というくだりには、何とも親近感を覚えました。

そして、クラリネットから離れて丸3年、自分が順調に太りつつある理由もなんとなくわかりました。 

 

倉原医師の記事、原著論文はこちらからご覧になれます(会員登録が必要です)。
Dr.倉原の”おどろき”医学論文 

 

先日、サントリーホールのパイプオルガンを間近で見る機会がありました。これもまた手足をフルに使う、たいへんな運動量のように思えました。

 

いつも読んでくださってありがとうございます!1クリックの応援をお願いします。

 

★中保の最近の仕事については、有限会社ウエル・ビーのホームページFacebookページをご覧ください。

コメント

瓶のなかのりんご

2015-10-15 23:58:17 | 旅★日記

5月に弘前のりんご農園の知人に頼んで、特別な趣向で育ててもらったりんごがみごとに実り、枝から外して収穫されました。

「特別な趣向」とは、弘前の居酒屋さんで見つけたこれ。



おおっ、洋酒の瓶の中にりんごが!一体どうやって?と思うじゃありませんか。

ご主人に種明かししてもらい、翌日さっそく知人の経営するりんご農園へ。



わかります?

りんごの枝をぐいっと瓶のなかにいれ、そのままりんごが育つようにしたのです。名付けて「ボトりんご」。

決して太くはないりんごの枝にはガラス瓶はかなりの負荷。瓶の中のりんごにはなんだかひ弱そう。
ホントに育つのか??と思いつつ、待つこと2か月。


7月のボトりんご。育ってます。


そして、これが10月のボトりんご。
一番左のがわたしのりんごです。


 

でかっ…(汗)。

そ、育ちすぎです。
もはやほとんどアルコールを入れる余地がありません(汗)。

このまま放置していたら瓶が割れるか、瓶の形のりんごになる(!)とのことで急きょ枝から外したそう。それはそれで見てみたい気もしますが…。

さてどんな香りのブランデーができるのか、楽しみです。

 

 

いつも読んでくださってありがとうございます!1クリックの応援をお願いします。

 

★中保の最近の仕事については、有限会社ウエル・ビーのホームページFacebookページをご覧ください。

コメント

お仕事のお問合せはお気軽にどうぞ。

メディカル・健康・美容などの領域を中心に、各種インタビュー取材・原稿作成・編集企画を承ります。 また、医薬・健康関連に特化したマーケティング調査もサポートいたします。 詳しい実績や会社案内をファイルでお送りできますので、お気軽にお声をおかけください。 有限会社ウエル・ビー 鈴木/中保 044-722-2436 【Mail】info@well-be.biz 【HomePage】http://well-be.biz/