医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

マーケティングプランナーから医療ライターへ。地域医療、地域包括ケアシステムの存続にはマーケティングも必要です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダンスはうまく踊れない~琉舞編

2011-08-19 15:22:11 | 沖縄民謡・三線

那覇には三線の師匠と、いつもお世話になっている踊りのN先生がいらっしゃる。
N先生には、イベントがあるたびにきれいにからじを結い上げていただき、着付けもしていただいている。

 

市内の稽古場でおこなわれているお稽古には、那覇にいるわたしの兄姉弟子さんたちも通っていて、だから皆さん唄も三線も踊りもできて素晴らしい。

かつて、初心者向けエアロビクスさえ、ほかの皆さんと逆走していたわたしには、逆立ちしたって琉舞など無理なのだが、「見る」のと「まねる」のは好き。なので、6月の訪沖では、お稽古を見学しにおじゃました。

 

だけど、この教室には、 「見学」という文字はないのだった。

 


兄弟子のG間さんに、扇の持ち方を習うの図。
すでに、この時点からちゃんとできてない…ww

 

足がつりそうになってるの図w

 


だけど、できないなりに楽しかった。とっても!
翌日は筋肉痛になるかと思ったが、意外にも平気。ゆっくりした動きが多いからかも。

カチャーシーのアレンジもいろいろ教わった。
わたしたちナイチャーは、カチャーシーというと、いわゆる扉を開けたり閉めたりのワンパターンで、しかも直線的でワイパーみたいになりがちなのだが、もっといろいろなバリエーションがあるのだ。(っていうか、基本なんでもいいのでしょうね。)

ちなみに、三線の師匠は、那覇の福祉専門学校で講師をされている。もちろん学生に三線を教えるためだ。なんでも、沖縄の老人ホームで仕事をするためには、三線・民謡は不可欠らしい。車いすのおじぃやおばぁが、いざ三線が流れると立ち上がって踊るという不思議。脳卒中で脳の運動野がやられていても、奥深くに眠っていた昔の学習記憶が呼びさまされるのだろうか。

この日習ったのは、「かぎやで風節」「竹富節(貫花)」「浜千鳥」…あと何でしたっけ。(学習記憶がすでにダメ)
また機会があれば、ぜひおじゃましたいと思います。N先生、道場の皆さん、ありがとうございました。

 

Facebook開設しました。中保の最近の仕事の活動などはこちらをごらん下さい。
いつも読んでくださってありがとうございます!1クリックの応援をお願いします
人気Blogランキング

コメント (2)

知らなかった「西原町」

2011-08-03 07:42:43 | 旅★日記

コンクールの帰りに、今回は初めて読谷に行ってみました。
どうせコンクール惨敗の傷心旅行になるだろうと読んでいたので、「ええい贅沢しちまえ」と、勢いでホテル日航アリビラを予約。
幸い、おかげさまで、「傷心旅行」は「昇進旅行」になりましたが。

夕食も食べて、早めに部屋でゆっくりしているうちに、たまたまつけたテレビが、地元局の制作番組でした。
戦没者の遺骨収集にボランティアで取り組んでいる人々のドキュメンタリー。

西原町での遺骨収集作業を映し出していました。
記憶がややあいまいですが、10数名の若者たちによる、わずか数時間の作業で、30柱ほどの遺骨が見つかっていました。

西原町とは、那覇から車で30分。
じつは、わたしの所属する琉球民謡音楽協会が、毎年コンクールを行う場所でもあります。
わたしも前日まで、ここにいたわけです。

西原は、畑のなかに工場がぽつぽつ建っているのどかな町ですが、多くの住民がここで亡くなっていました。
毎年のように西原町に通いながら、初めてそれを知りました。

衝撃でした。
沖縄本島全体の3人に一人がいのちを落とした沖縄戦。
西原町だけでは、じつに2人に1人の住民が砲弾に当たり、亡くなったのだそうです。

知っている方も多いと思いますが、沖縄にはまだまだ多くの遺骨が土の中に残されています。
本来、国費でなされるべきことだと思うのですが、なぜか、国からの予算はもうつかないのだそうです。
時間がたち、戦争が風化したあげくの放棄です。

こういう国の対応を見ていると、福島第一原発の補償問題も、時間がたてばたつほど風化して、なかったことにされないとも限りません。
形だけ支払って、あとはおしまい、そういうことになるんじゃないかとつい穿ってしまいます。
だから、損害補償は早急に進めてほしい。
中途半端な補償で先送りしては、この遺骨収集のようなことになりかねません。
繰り返しますが、本来、遺骨収集は、国がしなければならない事業だと思います。

 

Facebook開設しました。中保の最近の仕事の活動などはこちらをごらん下さい。
★いつも読んでくださってありがとうございます!1クリックの応援をお願いします
人気Blogランキング

コメント

お仕事のお問合せはお気軽にどうぞ。

メディカル・健康・美容などの領域を中心に、各種インタビュー取材・原稿作成・編集企画を承ります。 また、医薬・健康関連に特化したマーケティング調査もサポートいたします。 詳しい実績や会社案内をファイルでお送りできますので、お気軽にお声をおかけください。 有限会社ウエル・ビー 鈴木/中保 044-722-2436 【Mail】info@well-be.biz 【HomePage】http://well-be.biz/