医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

マーケティングプランナーから医療ライターへ。地域医療、地域包括ケアシステムの存続にはマーケティングも必要です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カロリー分析アプリを使ってみた

2017-10-10 12:53:55 | 医療・健康

食事の写真を写メで送ると、管理栄養士さんが自分の目で判断して手計算でカロリーや栄養バランスを分析してくれる。
そんな時代がかつてありました。
いや、今も続けられているのかもしれませんが、
その手間たるや大変なものだったと思います。

写真でメニューを自動で解析するシステムも、
10年以上前にデモンストレーションを見せてもらいましたが、
当時はあまり精度が高くなかった記憶があります。


では、最近のスマホ搭載のアプリはどうだろう。


第一生命のアプリ「健康第一」を使ってみました。
誰でも使用できますが、カロリー自動分析機能は契約者が対象です。
最近は、保険会社も顧客の健康管理サービスを充実させていますね。


というわけで、さっそく試してみます。


今日のランチは餃子定食です。
まず、食事の全体写真の撮影。



↑これは悪い例。
メニュー全体が収まるように撮らないといけません。
おいしそうに撮ろうとか、インスタ映えとかはこの際置いといて。

撮影できると、メニューが自動認識されます。



わかりやすいメニューだったせいか、わりと正確に認識してくれました。
一昨日フレンチトーストを撮ったら、「鶏のからあげ」と認識し、
昨日チーズトーストを撮ったら、「ドリア」と認識してくれたのでどうなることかと思いましたが…。

「具だくさん野菜スープ」は、正確には「たまごスープ」ですが、これくらいはまあ良しとします。
冷ややっことヨーグルトは自動認識されなかったので、
自分で「追加」を押して登録しました。

「カロリーチェックする」を押すと、即!結果が出ます。




お、いいじゃん♪
やや脂質は摂り過ぎのようですが、
全体としてはまずまずです。

一般的にラーメンのカロリーは高いのです。
一見がっつり食べてるように見えても、
「ごはん+汁+おかず」であれば、そう度を超すことはありません。
タンタン麺なんかだったら、
へたすると一品で1000キロカロリー超えですからね。恐るべし。


食事が終わって、デザートのヨーグルトをいただきました。

で、食べる段になって気づいたのですが。

ヨーグルトじゃなかった。
「杏仁豆腐」でした。

この部分を修正して、もう一度カロリーチェックした結果、こうなりました。




教訓。デザート恐るべし。


読んでくださってありがとうございました。
    よろしければ1クリックの応援をお願いします。

 

★直近の情報はFacebookページをご覧ください。
★中保の詳しいプロフィールや仕事の実績等は、有限会社ウエル・ビーのホームページをご覧ください。
★お問い合わせは info@well-be.biz までどうぞ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「なぜ精神障害者の寿命は、... | トップ | 信頼できるネットの医療情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療・健康」カテゴリの最新記事