医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

マーケティングプランナーから医療ライターへ。地域医療、地域包括ケアシステムの存続にはマーケティングも必要です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

痴漢

2008-09-23 19:35:23 | レビュー

いや、ワタシが遭いました、という話ではありません。

アラフォーをとうに越し、もはやアラフィフなお年頃の私が、痴漢になど遭うわけがない!

 

と思っていたら、近頃はそうでもないらしい。
(別に遭いたいとは思わないけど。)

 

先日、NHKで「某大手銀行員が中目黒で痴漢の現行犯でつかまった」というニュースが。

あれ?と思ったのは、そこでわざわざ

「45歳の女性の下半身を触った疑いで」

と言ってたこと。

なんで被害者の年齢までニュースになるかなあ・・。(笑)

 

このニュースを見た人の感想は2派に分かれるだろう。

「そんなオバサン相手に・・・まあ酔狂な!」と思うか、

「45歳といってもまだまだイケてる女性に違いない!」と思うか。

 

私は同世代女性だから、もちろん後者。

しかしニュース原稿のライターは、どちらの意図をもって書いたのだろう。

被害者の女性には気の毒だけど、このニュースのツボはあきらかにそこにありました。

 

 

今日は某国立大学準教授が酔って意識を失った女子大生のズボンを脱がせたということで解職。

なんでも吐いたものがズボンについてたから脱がせてあげたのであって(親切??)、

「解釈の違い」だとおっしゃってるらしい。

あの~、放っておいてくださって結構ですのよ、ゲロついたズボンでもべつに困りませんので・・・。

 

 

それにしても。

どうしてガマンできないかなあ・・・。

長年、それなりに努力して、築きあげた社会的地位がこれだけのことでパー。

痴漢の快楽は、それにまさるものですか。

 

別に痴漢について書かれてるわけではないが、

精神科医の高橋龍太郎氏が書いた「あなたの心が壊れるとき」(扶桑社文庫)によれば、

本来、子供たちには癒されぬ衝動性が秘められているのだが、

それは進化論的に古い動物脳と新しい人間脳の葛藤とも考えられるし、

動物としての抑えきれないエネルギーの発露とも考えられるそうだ。

 

あくまで「子供」の話だが、大事なことは、

その「衝動性を徹底して封じ込めて初めて、大人として生まれかわることができる」

ということ。

 

痴漢の衝動を抑えられない人はそもそも「大人」でないので、

社会的地位にそぐう人ではなかった、ということね。

 

この本、精神の病が増える背景が腑におちる、

やわな書名の割にはなかなか読みごたえのある文庫本でした。

(あっ痴漢について書かれた本ではありません!)

 

 

写真は、この土日のクラリネットアンサンブル合宿の練習風景。

初日に約7時間、2日目は3時間吹きっぱなしで、こちらもヘロヘロだったが、

宿のスリッパがこれまたヘロヘロで、Y先生が脱ぎたくなる気持ちもわかります。

 

★今週末は沖縄へ。さすがに厳しい初秋の日々です。よろしければ応援の1クリックを。 
人気Blogランキング

 

コメント (3)

今度は、クラリネットで。

2008-09-18 13:10:49 | 音楽

またしても、趣味の話で恐縮です。

三線が一段落したら、こんどはクラリネットアンサンブル。

Grow初の、ミニコンサート開催。

「パークコンサート」と題して、定期演奏会よりもっと気軽に楽しんでもらえるミニ・コンサートを開きます。

 

10月11日(土)14時、川口リリアホール1F「催し広場」にて。

 

JR川口駅西口正面。会場はアクセス良好。

でもって、なんと無料のくせにドリンク付 

でもって、ビールなんかも出してしまう。

おお、なんと太っ腹な(笑)

 

通常の定期演奏会ではお断りしている小さなお子さま連れも、OKです。

なかなかクラシックのコンサートに足を運べないおかあさん方も、

お子様をつれて遊びにいらしていただけると嬉しいです。

 

詳しくは→こちら

要・整理券。

なので、もし、いらしていただける方がいらっしゃいましたら、コメントか、メールでどうぞ。

先日三線の発表会で皆さんにご足労をおかけしたばかりなのに、重ね重ね申し訳ない・・。

よろしくお願いします。

 

 

★今週末は静岡県伊東へ。台風が心配です。よろしければ応援の1クリックを。 
人気Blogランキング

コメント (3)

三線発表会が終わりました。

2008-09-14 22:21:05 | 沖縄民謡・三線

ところで、1週間前に横浜・関内ホールで行なった金城盛長三線教室大船鎌倉三線道場の発表会に、

たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

 

 

今回は自分は舞台監督を務めたので、自分の演目は1曲「西武門節」だけ。

とても好きな曲で、前から唄いたいと思っていた。

 

5月の連休中に演目が決まってから、

師匠や兄弟子にいろいろなアドバイスを受けて唄い方を工夫した過程も楽しかった。

 

遊女なのにあまりにも色っぽくないといわれ、なぜか奥村チヨを参考にしたり(→バカ)。

 

直前には、作曲者である川田松夫さんの娘さん・功子さんのお店

「みやらび」に行って歌詞の意味を教えてもらったり、唄を聴いてもらったりした。

 

最大の難関は、「歌詞の暗記」。(最大の難関が最低の条件

「寝てても歌詞が出てくるようにしないと」と師匠はおっしゃるが、

メモリの少ないハードディスクに7番まである唄はイタイ・・。

相方M木さんと練習していても、歌詞を間違えてばかりで、直前まで成功率22%という超低空飛行だったが、

「ステージ上で自分を救えるのは集中力だけ」

という師匠の教えを思い出し、本番はどうにか切り抜けた。

 

 

本番中、ステージから見ると最前列のお客様(男性)が爆睡していて、

その奥様とおぼしき方が、私と目が合うたびにご主人をゆすり起こしてるのがおかしかった。

・・・って、これ集中してないってことかも

 

 

この教室には、演劇の経験者や、展示制作のプロ、やたら音響に詳しい人・・・と人材に事かかず、

そのおかげで回を追うごとにセットあり、かぶりものありの派手な舞台になっている。

すでに揃いのハッピもあるし、そのうち「全員集合!」みたいになるのは、もはや時間の問題(笑)

 

まあ、そのおかげでお客様たちから、

「発表会というより、立派な舞台」

と言っていただけたのは、舞監としてはとてもハッピーだった。

 

 

特に今回は那覇から琉球舞踊を学んだ兄姉弟子さんたちが来てくれて、

「かぎやで風節」「浜千鳥」「谷茶前」などを披露してくれた。

彼らに踊りを指導してくださっている宮城能舞先生も、

「四つ竹」という華麗な舞を見せてくださった。

 

いつも音響でお世話になっているTさんのほか、

裏方を支えてくれた金沢の教室の兄弟弟子

(正確には、金沢から駆けつけてくれた兄弟弟子を、強制的にスタッフに・・・)。

 

 

こうした方々あってこその「舞台」だった。

心より御礼申し上げます。

 

で、舞台のあとは当然お決まりの打ち上げ。↓

15分間連続カチャーシーの模様です。

 

写真は、札幌の豊平にある「宮越屋珈琲店」。

新橋にもお店があるが、札幌店は蔵のような佇まいが優雅だった。

 

 

 

★今週末は芦屋へ。来週末は静岡県伊東へ。よろしければ応援の1クリックを。 
人気Blogランキング

 

 

 

コメント (2)

ファイターズ号と旭山動物園号

2008-09-12 19:41:01 | 旅★日記

JR苗穂駅近くで遭遇しました。

 

いつも読んでくださっているMariさんのご長男「てっちゃん」に、一方的に捧げます。

 

北海道の2大ブランドがモチーフとなった特急。
JR北海道はなかなか抜け目ないようで。

でも、どこを走ってるんですかね???

 

苗穂駅前には、D51の車輪が。

 

これなんかも、てっちゃん垂涎に違いない。

 

追記)9/12 写真差し替え・加筆しました。

 

★今週末は芦屋へ・・・。よろしければ応援の1クリックを。 
人気Blogランキング

コメント (11)

すすきの23 時

2008-09-12 19:29:43 | 旅★日記

週末に終わった三線発表会の余韻にひたる間もなく、
明日の北大取材のため札幌にきた。 札幌到着23時。

で、夕食は味噌ラーメンでもと思いすすきのへ。。

 

我が社のくいしんぼう社長に教わったラーメンの名店「欅」を訪ねてソープ街を練り歩き、
ようやくたどりついたらこの時間でもざっと見30人の行列!
欅、恐るべし…。

 

 さっさと見切りをつけ別のお店へ。それでもラーメンレベルは充分高い。

 タクシーの運転手さんいわく、「欅」に並ぶのはほとんどが観光客で、
ジモティには「信玄」の方が人気だとか。

 

運転手さんにさらなる地元ネタを聞こうと
「回転寿司もこちらは安くておいしいですよね」と言ったら、

「でも、最近は不況で回転寿司にもあんまり行かないんですよ・・・」と浮かない返事。

今年から「燃料手当」をカットする会社が増えたそうだ。

「死活問題ですよ」と運転手さん。

 

それにしても、さすがは道産子。

現在17度とかで結構寒いのに、みんな、何で半袖でへーきなの?

 

 いつぞや、札幌でイベントを開催したとき、「冷えるから」と言って温かい飲み物をサービスしたら、

お客様のアンケートには「この暑いのに。冷たい飲み物がほしかった」という
不満コメントが続出したことを思い出した。

 

追記)9/12 写真をアップしました。 

 

★今週末は芦屋へ・・・。よろしければ応援の1クリックを。 
人気Blogランキング

コメント

夜間頻尿

2008-09-02 13:47:39 | 仕事

今朝(9月2日)の朝日新聞、日経新聞に、ナカホの広告原稿が載っています。
(※名古屋地域は明3日に掲載予定)

 

レギュラーで書かせていただいている日本新薬様の「健康寿命学その9」。

今回は、「快適おしっこ生活学」。

中高年になると多くなる頻尿や夜間頻尿についてとりあげた。

 

今回の目玉ネタは、もしかしたら、夜間頻尿と生活習慣病とは関係があるかもしれない、ということ。

糖尿病、肥満、睡眠時無呼吸症の人のおしっこの量は多く、夜間のトイレ回数も多い。

ただ、糖尿病以外はじゃあどうしてそうなるかというメカニズムまではわかっていない、
というのが今の段階だそうだ。

 

ここからは単なる「感想」だけれど、

睡眠時無呼吸症なんか、ただでさえ眠りが浅いのだから、

さらにトイレで何度も起きていたら、ものすごく睡眠不足になるんじゃないか・・・と思う。

睡眠不足は心臓などにてきめんに影響する。

まあ、卵が先かニワトリが先か的な話になるのだけど、

今の時代、とりあえず、その気になればどちらも治すことができるということは事実です。

 

余談として、睡眠不足が直接の原因かどうかはわからないが、

スウェーデンでは70歳以上の夜間頻尿の有無が寿命とリンクするという統計が出ているそうだ。

たかがおしっこのこととなめちゃいかん、というモノだったりする。

 

よかったら広告をお読みください。

 

★今夜も雷かなあ~イヤだなあよろしければ応援の1クリックを。 
人気Blogランキング

コメント (4)

お仕事のお問合せはお気軽にどうぞ。

メディカル・健康・美容などの領域を中心に、各種インタビュー取材・原稿作成・編集企画を承ります。 また、医薬・健康関連に特化したマーケティング調査もサポートいたします。 詳しい実績や会社案内をファイルでお送りできますので、お気軽にお声をおかけください。 有限会社ウエル・ビー 鈴木/中保 044-722-2436 【Mail】info@well-be.biz 【HomePage】http://well-be.biz/