Activities of FF Nara

You can see various activities of FF Nara with photos.

くろんど池ハイキング

2023年04月20日 | General events

くろんど池ハイキング 4月21日

 くろんど池第4駐車場に11時過ぎ集合で、バス組とマイカー組、15人が参加しました。たくさんあるハイキングコースの中、行きはアップダウンが多く、階段もたくさんある道を1時間半ほど歩き、適度に汗をかきました。椅子とテーブルが点在している広場でお弁当を食べながらおしゃべりを楽しみ、他のルートの山道を帰りました。くろんど池は子供が小さい頃に子供会でキャンプに行ったきりで、ここでのハイキングは初めてでしたが、こんなに近場でちょっとした旅行気分が味わえました。又集合時間が遅く、解散も早かったので、物足りない方もあったかも知れませんが、私はとてもお手軽にハイキングが楽しめました。

   

展望台で休憩、黄砂でちょっと霞んでいました。

 

 

水芭蕉の花がほんの少し残っていました。葉はとても大きくなっていました。

 

 

この広場で適当に分かれてお弁当を食べました。

 

昼食後にトイレ休憩をしてその後集合写真

 

 

 4月5日に下見に行った時は、丁度水芭蕉とカタクリの花がたくさん咲いていましたが、今回はわずかに咲いているだけでした。けれど当日は曇天で風も有ったのでそれほど暑くなく、ハイキングには最適の日でした。駐車場に戻ってから、筋肉痛にならないようにと樋室さんがストレッチ体操のリーダーをして下さいました。帰りはバスの便があまり良くなく、バス組の人たちは40分もバスを待ったそうです。

 FF奈良では3年ぶりに受入れが始まり、カナダのノースベイグループを7日から受入れ、引き続き愛知との一泊国内交流が有り、今回のハイキング、そして5月にもハイキングがあるので、もし雨が降ったら延期ではなく、中止にしようという事になっていましたので、実施出来て良かったです。 道上恵子

 

*下見の時には水芭蕉、カタクリの花の見頃でした。近場で手軽に行けるので来年行かれたらいかがでしょうか。

 


第15回 FF奈良 WFD 

2023年03月25日 | General events

第15回 FF奈良 WFD    3月5日(日) とみの里ふれあい会館において

45名(女性36,男性7、ゲスト1、見学1)

テーマ  :  語り合おう、国際交流の楽しさを!そして繋げようFFの輪を!

豊かで貴重な国際交流をされているメンバーの体験談を聞き、3年ぶりに再開される受入、渡航へのスタートにしたいと考えた。

司会の河村さんのWFDの意義の説明そして、佐々木会長のあいさつで始まった。

 

 

最初に、6名のメンバーによるパネルディスカッション形式で、体験談を披露してもらった。

  • 濱田さん  多くの渡航、受け入れをして毎回、素晴らしい体験をした。コロナ禍で、活動が停止された3年間に改めて、国際交流のすばらしさを実感した。早く再開されることを願っていたが、4月受け入れが決まり、早速ホストを引き受け、楽しみにしている。
  • 辻井さん  ホームスティ後、ホストが来日され、彼らのアテンドを数回体験し、その後も交流が続いている。このようにホストと深い関係を築く秘訣を尋ねた。

    ・言葉ができなくても親密交流はできる。

    ・お互いの趣味を通してコミュニケーションをとり、より濃密な時間が持てた。

    ・お互いの距離を縮めるように日本の文化を伝える準備をしていく、等々。       

  • 山足さん  創立以来のメンバーであり、長く活動を続けるモチベーションを聞いた。FFは退職後の生活を豊かにしてくれたものだ。役員を引き受ける等、常にFFとの関わりを持ち続けることが大切だ。是非皆さんも役員になってその体験を生かしてほしい。また、ホストや、ゲストには、メール交換などで長く繋がりを持つ努力をしてきた。それが、長く深い関係を続けられることだと思う。
  • 浦林さん  両親がFF大阪の会員で、受入等体験して、大学生のころから国際交流に自然に馴染んだ。子供たちが国際交流を体験することで、気持ちを伝えあう手段として英語が必要なことを実感し、興味を持つだろう。そしてそのことが子供たちの将来に影響を及ぼすと思う。準会員に関しては、正会員への移行はハードルが高いが、彼らは忙しい生活環境の中でもで、今できる交流を楽しんでいる。長い目で育ててほしい。
  • 西井さん  和束町で実施されている国際交流の話を聞いた。FFのクラブ対クラブの受入とは形態が違うが、最大2泊のステイ、滞在中のプログラムは、ホストが計画、ホストフィなどが支給される等など約束ごとがある。多くの国内外の人たちと触れ合うことができて毎回楽しいと言われている。FFIが、提案している個人会員制度の実施には参考になる話であると感じた。
  • 藤田さん  最初に、退職後の生活を豊かにしてくれたFF奈良を設立された大西さんに感謝を述べられた。国際交流は、受入、渡航(Both Way)を通じてそれぞれの異文化体験や相互理解ができると感じている。そしていつも、半歩踏み出して行動しようと心がけている。ゲストのところへの訪問や、FFIのクルーズにも2回参加され、広い視野での国際交流には感嘆するばかりだ。藤田さんのいつも2歩、3歩と前へ踏み出していく勇気と元気を学ばなければと感じた。

 特徴的な交流体験を聞くことができ有意義な時間が持つことができた。それぞれが、自分の体験と重ね合わせ、思い出された方も多かったと思う。また、今後渡航を予定している会員にとっては、ワクワク感と期待が持てる時間だった。パネリストの皆様ありがとうございました。 

 ただ、パネリストの発言をうけて、参加者と討議をする予定だったが、時間の都合でできなかった事は残念だった。

 

 次はRaymond Buckerさんのお話(端崎さんのご紹介)

 アメリカの方で、平群町在住。武庫川女子大学、樟蔭女子大、帝塚山大学で英語を教えておられる。

<内容>

・クイズ形式で、参加者に質問をしながら自己紹介

・WFDに因んだ話題として考えてくださったようで、「ジミー・カーター氏」に関する話

・奥様のよう子さんとの馴れ初めのお話

私達が、理解しやすいようにゆっくりと、ゼスチャーを交えながらのお話で、時々会場から笑い声が上がる和やかな雰囲気だった。参加者は久しぶりに英語に触れる良い機会になった。

最後は、道上さん、石橋さん、湯浅さんによる手作りのお菓子でティタイム。お菓子は豪華な内容でとてもおいしかった。「さすが、FF奈良パティシエだ」と、大好評だった。ありがとうございました。

今回のWFDは、例年実施している“お料理”でのイベントは現状ではできず、このような形になったが、久しぶりに多くの参加者で熱気ある会になった。いよいよ始まる受け入れに弾みをつけることができたと思う。(内田記)

 


日本大会新潟

2022年11月04日 | General events

日本大会新潟      2022.10月26~28日

10月26日から28日まで新潟クラブ主催の日本大会が無事開催されました。

コロナ禍で3年ぶりの日本大会でしたが、奈良クラブからは18名の参加があり、日本中のクラブの中で最も参加人数が多く、久しぶりの旅行気分で楽しく有意義な大会参加となりました。

ジェレミ会長も息子さんを伴っての出席でした。

1日目は新潟クラブの40周年記念式典や記念コンサート、パーティー。

 

 

華鳳ホテル

 

2日目は午前中にジェレミ会長スピーチ、FFI理事小泉さんのプレゼン、FFJの金元さんの話、

経済評論家の須田慎一郎氏の講演会と続き、午後の分科会では12グループに分かれて1時間毎にくるくると3回にわたり部屋を変わり、他クラブのメンバーと親しく膝を突き合わせての話し合いでした。他クラブの人達とFFについてじっくり話す良い機会となりました。

FFIから記念バッチ受け取る

 

また、夜のパーティーは新潟の美味しいお酒を楽しみ、各クラブが舞台に上がってパーフォーマンスで盛り上がり弾けました。

3日目はオプショナルツアーで、奈良クラブのメンバーは豪農の館めぐりや信濃川クルーズの2グループに分かれての参加。

豪農の館の一つであり、今は北方文化博物館となっている新潟クラブの重鎮であった故伊藤文吉さんの丁度7回忌にあたり、私的な仏間まで特別にご案内いただきお参りをいたしました。

 

その後、奈良クラブの一行は揃って2泊の佐渡ツアー旅行に向かいました。

お天気も新潟では珍しいと言われるほど連日素晴らしく、今回は旅行支援中でクーポンも沢山利用でき、皆大満足の旅行でした。

取りあえず日本大会の一端を写真でご紹介します。

佐渡旅行は皆さんの感想を交えて後程ブログにアップする予定です、お楽しみにお待ちください。

(佐々木啓子)


7月例会第二部  英語落語を楽しむ会

2022年07月29日 | General events

7月例会第二部  英語落語を楽しむ会

                       7月24日(日) 14時45分~16時30分   記 内田

 大西さんの紹介で、今回英語落語を披露してくださるのは、英語落語道場「にぎわい亭」でけいこに励んでおられる、笑人さん(「にぎわい亭」リーダー)、遊宴さん、利南さんの三人の方々です。

 三人は、寄席、学校関係や会社、海外でも幅広く活躍されています。

*初めに 笑人(しょうと)さんから英語落語を聞くときの大切な3つの事を教えてもらう。

  • イメージを膨らませながら聞く
  • 演者とのコミュニケーションをとりながら雰囲気を大切にする
  • そして、大声で笑いましょう

 

*落語披露

 遊宴(ゆうえん)さん

 あるサラリーマンがお酒を飲み、いい気分での帰り道、その日が妻の誕生日であることを思い出す。プレゼントが無く怒る妻の顔を思い浮かべながら歩いていると、花屋を発見。早速、プレゼントの花を買おうと入ると、店主曰く、「うちの花は、話すことができ歌も歌える」とのこと。試してみると驚いたことに、どの花も生産国の言語で話し、その上歌まで歌う。フランス、スペイン、イタリア、中国、韓国語でのパーフォマンスと歌は、面白く、その熱演ぶりに大きな拍手を送った。最後は、何を尋ねても何もしゃべらない花。最後に一言日本語で、「それはくちなし」。

笑人(しょうと)さん

 あるタクシー会社。今の社会を反映するように、ドライバーは高齢者が多い。ある日の体調及び安全確認と点呼の風景が演じられた。演者は声が大きく、表情豊かで思わず話に引き込まれる。一人一人が抱える、高齢者ゆえに起こる問題を面白く演じられた。笑い中に、わが身と同じと共感する場面もしばしば。わかりやすい英語と切れの良い動作で、英語落語を十分楽しめた。

 

利南(リナ)さん

 とにかく明るくチャーミングなフィリピン人。彼女が登場すると会場が明るくなる。彼女の噺は、日本のうどん屋に入った外国人が、「きつねうどん」というメニューから、うどんの中に狐が入っていると思ってしまいびっくりすることから始まった。きっと、彼女の日本での体験だろうと思われた。写真などの小道具を使い、面白い大阪弁を交えての噺は、とても分かりやすく親しみ身が持てた。そして何よりも面白かった。

 

*小噺体験講座

 

 笑人さんが、一つの小噺を披露。体中に痛みがある患者が、医者を訪れる。結局彼の指が骨折していたことが原因。私達も指導を受けてこの小噺を実演することになった。とにかく気持ちを込めた大きな動作をすることを学んだ。代表して、山内さんがみんなの前で披露した。彼女の堂々とした演技に一同感心した。

 

*全員で写真撮影

 最後に三人の演者を囲んでの写真撮影。久しぶりに皆さんの笑顔が見られた。参加者から、面白い企画だったとの声が聞かれた。

その他

  ・リナさんに吉岡さん手作りのバッグとポーチをプレゼントした。大変喜んでもらえた。

 ・石橋さんがリナさんの浴衣の着付けをお手伝いした。  

 

 

 


第7回 FF奈良 セミナー

2022年07月01日 | General events

第7回 FF奈良セミナー     2022年6月26日(日)

  テーマ  “わくわく、ドキドキ、胸ときめくこれからの活動を語り合おう!” 

 セミナーは、FFの理念や基本方針を確認して、活動の在り方をじっくりと話し合う機会として、2年に1回開催されてきましたが、2020年の開催はコロナ感染拡大のため中止となりました。35名(含む2名の見学者)の参加で久しぶりに開催されました。久しぶりの集まりであったが、司会進行役の福田さんの爽やかで、軽快な語り口で、参加者の気分もほぐれ和やかに始まった。

*吉岡さん手作りのバックを持ったNolaさんと参加者(浦林さん撮影)

 

 第1部

奈良県国際交流員 Nola Lacey さんの話  「カナダの国を知ろう」 

 

・カナダの国の地形、自然、成り立ち、政治、文化や人々の暮らし等を写真を使って説明してくださった。参加者の大半はカナダを訪れていると思うが、初めて知ることが多くとても興味深かく聞けた。

・多民族国家のカナダは、文化や食べ物も非常にバラエティーに富んでいる。

・今もなお、多くの移民や、難民を受入れている。

・Nolaさんの英語は非常に聞きやすく、なおかつ日本語タイトルの写真も手助けになり、参加者一同よく理解できた。久しぶりの英語に触れる良い機会になったようだ。

・最後に質問のなかで、「自然豊かな安全な国カナダにまた、是非渡航を実現したい。」との意見が出たが、これは参加者皆、同じ思いだったと思う。

・吉岡さんが着物で作った素敵な手作りバッグをプレゼントした。

 

 第2部

*会長からの現状報告

2023年度から、FFI会費と、奈良の年会費の2本立てにすることは、すでに総会で了承を得ている。その中で、FF奈良の年会費を過去のデーターを基に4000円にしたいとの提案があり、おおむね参加者の賛同を得た。

 

*テーマに沿った討議のための問題提起(大西さん)

コロナ禍に加え、昨今の国際情勢で海外旅行の環境が大きく変化している。そのような状況の中で、みんなが楽しめ、胸ときめく交換の在り方を従来の形にとらわれず、本音を出して語り合おう。との提案があった。

 

*グループに分かれての話し合い(参考事例をもとに)

参加者が5つのグループ(1グループ7名)に分かれテーマに沿って話し合った。約45分間のグループの話し合い。どのグループも真剣に、活発に討議が進んだようだった。

 

*グループの話し合いを報告する

各グループのリーダから話し合われた内容を報告した。    

 ・渡航して観光だけに終わるのでなく、お互い共有できるものを作り合える渡航。

 ・テーマのある渡航を考えたい。

 ・ホームスティだけでなく、奈良クラブのオプショナルツアー楽しみたい。

 ・受け入れホストはできないが、何らかの形でかかわっていきたい。

 ・今の時期だから、国内交流に興味があるが、今の出されている計画は参加しにくい。奈良クラブは、従来の観光ではないことを提案していけたらいい。等々

*道上さん、石橋さん、若林さん手作りのお菓子が配布された。おいしかったです。

 

 *解散  (福田さん司会ご苦労様でした)

                                         内田 堯子  記