Activities of FF Nara

You can see various activities of FF Nara with photos.

H29総会・新年会

2017年01月27日 | General events

2017年 総会・新年会  General Meeting of 2016& New Year's Party

                           1月22日(日) AM10時から  会場は「とみの里」

総会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・総合司会は樋室さん

役員改選、各活動報告、予算案など

出席者 48名 委任状  17通 1名の見学者 ゲストにロビンさん  退会 10名 準会員 0名

仮家会長からは、今年は堅苦しくならず、各種行事を通じて会員全員が楽しめる事を優先して企画推進するとの挨拶がありました。

 

今年の役員さんたちです。

吉川さん、阪井さん、濱田さん、畠中さん、道上さんの5名が退いて、河村さん、渡辺さん、福田さんが新たに加わりました。

2年前に役員の役職の見直しがあり、昨年会長が替わり、そして今年は更に新しい役員構成でスタート。プロジェクト制を導入してグループを編成して、行事内容を具体的に計画、予算などを討議する全員参加型の組織運営にし、会長、副会長、事務局、会計、会計監査、顧問以外の役員は無任所役員とし、各行事ごとのプロジェクトリーダーを担当することになりました。

昨年正式にスタートした準会員制度は窓口を作り、制度が定着するよう準会員同士の話し合いの場を設け、次世代のFF会員の養成課程として位置づけていきます。

新年会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

総会終了してすぐ皆さんで一斉に新年会の会場作り、今年もごちそうがいっぱい並びました。

 

 

  

今年はゴミを減らして後片付けが早く終わるように、各自がそれぞれがお皿、お箸、スプーン、コップを持参しました。

 

食事の後はゲームです。早速新年会プロジェクトリーダーの内田さん、阪井さん、渡辺さんが計画して、スタート!

今年は渡辺さんのピアノの伴奏も加わってのゲーム、体操です。ゲームの賞品もいっぱい集まりました。

 

まずはタオル体操、スクワット体操。1月から順番に誕生日の皆さんが出て、パフォーマンス。

 

ゲストのロビンさんです。

  

手作りグループに寄付された着物や帯、帯から作られたテーブルランナーの販売もありました。

 

ハッピーガールズのメンバーによる新しいダンスも披露されました。チームで頭の体操ゲーム?で盛り上がりました。

  

 

 

 


コメント

台湾渡航

2017年01月07日 | Outbound Exchange

台湾渡航   12月5日~10日(新竹クラブ)  10日~14日(高雄クラブ)

太田群馬クラブのお誘いで新竹クラブと高雄クラブとの交流に参加しました。太田群馬クラブから8名、奈良クラブから7名合計15名の合同渡航でしたが、大変和気藹々の楽しい交流を楽しむことが出来ました。

 

 

新竹クラブ歓迎ランチ

 

 

 

世界最高温記録を持つ登り窯(新竹)          サヨナラ パーティーでのアトラクション

 

                                                                      

八田與一のお墓と銅像の前にて

              世界最大の仏教寺院

 

               高雄クラブサヨナラ パーティー

 

 


               ・・・・・・・・・渡航メンバー感想分・・・・・・・・・・

 大西弘・博美

 今回の渡航は新竹、高雄ともに夫々に違った良さがあり、素晴らしい交流が出来たと喜んでいます。新竹では、会長宅にホームステイしました。会長のWang Fanさんは極めて穏やかな人格者でした。バードウォッチングとバターフライウォッチングが趣味で立派な本を頂きました。奥様のJoyceさんは家庭的で快活な人でした。86才になるお父さんが同居しておられ、日本語がお上手なので、毎日日本語の会話がはずみ、リラックスすることが出来ました。高級住宅街の中での散歩、ダウンタウンでの買い物、近くの蝶々園でのバターフライウォッチング、など彼らの日常生活の一部を垣間見る事も出来、肩の凝らない温かい家族との素敵な一週間でした。

写真の真ん中がWang Fan会長、右隣が奥さんのJoyce, 左がお父さん、一番右が創始者の一人Rogerさん

 高雄では一人暮らしのKathy会長宅にステイしました。Kathyさんは台湾のクラブの中でもFF会員歴が最も長い一人で、FFに対する思いも並々ならぬものがあり、毎晩遅くまで過去の色々な経験談や悩み事など色々話し合いました。そのせいか、最後にはお互いに兄妹と呼び合うほどの信頼感が生まれました。デイホストとしてお世話をして頂いたのは現地在住の阿部さんご夫妻で、奥さんのアンジェラさん共々本当に親身になっていろいろ面倒を見て頂きました。アンジェラさんは殊の外人懐っこい人で、私達ともすっかり打ち解け、とうとう奈良パパ・奈良ママと呼ばれるまで、すっかり仲良しになりました。彼女は京都が大好きで、早速4月にしばらく我が家に滞在する事になりました。何だか、急に台湾に親戚が出来たような感じがします。こんな経験は初めてですが、FFマジックの一つなのでしょうか。これから台湾との交流が深まりそうな予感がする素晴らしい交流でした。

 左がKathy会長、右が阿部さんご夫妻

 

濱田延子

私は今回初めて台湾に行きましたが 私が想像していた以上に親日家の国で食べ物も美味しいしとても楽しい渡航が体験できました。先ず、最初の新竹クラブではホストのLilyとLilyのお母さんとお母さんの兄の叔父さんが新竹駅まで迎えに来て下くれました。Lilyの家系は実は原住民の出身で叔父さんは警察官を28年務めた後で、議員をされて退職してから今は山岳地方にLilyのお母さんと一緒に住んでおられますが姪の家に日本人が来ると聞いてわざわざ会いに来てくださったのです。私達は叔父さんから日本の統治時代に遊牧民であった原住民を平地で暮らすように勧められ農業や酪農や文字など教育をして貰ったおかげで皆の暮らしが随分良くなったので日本には感謝すると言ってくれていました。私は原住民の事は余り知らなかったので叔父さんに色々質問をして興味を持ち始めました。韓国や中国の人達が反日感情を持っている人が多いのに何故台湾の人達は日本を好きで日本の事を認めてくれているのでしょう。それが私にとって一番の謎です。因みにLilyの叔父さんは原住民の歴史を若い層の人達に教えて行く事が義務だと思っているそうです。

新竹でのもう一人のホストは2日間だけでしたが、新しいメンバーで70歳のMONICAでした。彼女はいつもニコニコして人気者で楽しい人でした。そして大変なお金持ちで新竹のダウンタウンにビルを10棟それとは別に自家用にマンションを4部屋を持っていてそのどれもが中心地にありました。私達は其の中の本宅とは別のマンションに泊めて貰いました。この部屋とは別に彼女は美術品のコレクターでその美術品を飾る為だけに他に又別のマンション2部屋を持っていてその部屋も見せて貰いましたが凄くゴージャスな部屋でした。私達が新竹を離れ高雄に発つ朝、近くの店に朝食を食べに連れて行って貰いましたがその店で私は貴重品が入ったリュックを置き忘れて新竹駅まで行ってしまったのです。私が駅でリュックを置き忘れた事に気づき又MONICAにその店まで戻って貰ったのは40分後だったのですが私のリュックはちゃんと棚に置いてくれていて無事に戻って来ました。台湾は日本と同じく安全な国と言えると思います。

 

高雄クラブではEDのMay,Linさんがホストで日本人のメンバーの鈴木さんがデイホストとドライバーを兼ねてお世話して下さり言葉の不自由もなく快適に過ごす事が出来ました。MayさんはEDで忙しくされていたのに全行程に付き合って下さり色々と細かい気遣いをして下さってお2人には本当に感謝しています。日本に帰国する日は午前中時間があったのでMayさんのお宅で小泉さん中森さんとホスト畑さんとホスト達をお呼びして日本から持ってきた材料でお好み焼きパーティをして楽しんでもらいました。お好み焼きはどこの国で作っても好評ですね。台湾の渡航は私にとって一番思い出深い渡航と言えるでしょう。


上山よし子 

  新竹のホストの家は、少し田舎の方にあった。家の前は、畑が広がっていて大家族で暮らしていた。言葉はあまり通じなかったが、少し前の実家の原風景が、そこにはあった。それが、すごく自然でとても居心地が、よかった。

 新中のホストは、ガラッと変わって町で暮らす明るい人だった。ケタ外れの金持ちのはずなのに表にでるのは、笑顔のみ。新しいベンツをぶつけて修理といえば、紐でくくっただけ。私達を乗せて2日間走り回ってくれた。走る度にキュンキュンと車が鳴く。きっと壊れてるよと知らせてくれているんだ。少し心配になった。

 高雄のホストは、日本語が上手。彼女の職場におじゃましたのだけど、若い同僚が、私達の傍に集まってきて、一緒に会話に入ろうとお茶や、お菓子で歓待してくれた。仕事は大丈夫なのかと、少し心配になった。ホストからこんな質問をうけた。今でも男の人は(主人は)亭主関白なの?私達はすかさず答えた。いいえ今は、女性の方が強いよ。よかったのかな??意思の疎通がはかれるのは、こんなに楽しい事なんだと改めて思った。

 

 

畑邦子 

 台湾桃園国際空港からバスに乗り、その後、新幹線に乗り継ぎ新竹駅に着くと出迎えの中にひときわ目立つ女性が、笛をピーピー鳴らし、場を盛り上げてくださっておる女性が、私のホストDorisと、すぐに判りました。7日から2件目のホスト宅、Springさん宅で、お子さん二人の母親。彼女は、誇らしげに客家(ハッカ)族の末裔だと言われ、その伝統的な食事をご自宅でいただく。8日は懐かしい2年前にお世話になった銀髪協会の人達と交流食事会に。FF新竹のメンバーとこの銀髪協会のメンバーが知り合いと判り、お互い狭い世界だなと思ったのと新たに紹介しあえ、皆で楽しい会食となりました。

 後半のホストMandy宅では、小学生と中学生の男の子が二人。12日中学生のお子さんのクラスメートが、Mandyさん宅に一部集まりパーティを。彼らとジャンケンでいっしょに遊ぶ。私から大阪で有名な’リクロおじさん’のチーズケーキをプレゼント。ホストのMandyさんが切り分けてくれました。日本語を習っている子供たちもおり、会話を英語・日本語と楽しみました

いろんな形で、台湾の人達と交流できました。今回はこの両親とは、会話がなかなか難しい時もありましたが、その子供たちの英語力に助けてもらう場面もありでした。楽しい一時を与えてくださった台湾の人達に感謝致します。

                                

中森恭子

 新竹では50才台のホストと  ホストと同じマンションの 友人の デイホストで 台湾事情や 家庭の 事情など 外国からの ゲストだからこそ 言える話を 夜遅くまで お喋りしました。

 高雄では オイルマッサージを 体験させていただき 次の日は 体調も良くなりました。冬でも暖かい台湾には 毎年でも 来たい所です。どちらの ホストも 若くまだFFに 入ったばかりで 至れり尽くせりの おもてなしでした。小学校2年生ぐらいの男の子は 毎朝「オバアチャン さようなら」と 言って おじいさんの お迎えの車で 出かけました。幼稚園の女の子は お母さんのバイクで 行きます。朝夕は 幼稚園や 学校の 送迎 通勤の バイクで いっぱいです。色々 台湾の事が 知れて 楽しかったです。

 

小泉くに子

台湾では、日本語の話せるデイホストが、いつも一緒に行動してくれ、自宅にも招いてくださり大歓迎でした。一つのベットで、二人寝るのも初体験でしたが、キングサイズだったので大丈夫でした。もうひとつの初体験が、美容院での洗髪です。ゴシゴシと30分、マッサージお茶付きで600円でした。台湾では、喫煙者にまったく会わず、とても快適な旅行でした。又、行きたいです。

 



 

 

 

コメント